池田 大作 死亡 公表。 創価学会幹部「池田大作名誉会長は生きている」…それを証明する驚きの事実

創価学会幹部「池田大作名誉会長は生きている」…それを証明する驚きの事実

池田 大作 死亡 公表

wikipedia. 日本の宗教法人である創価学会は、1930年に創立されました。 信者は日本国内だけでも827万世帯がいると言われています。 現在は減少傾向にあるようですが、それでも日本で一大勢力であることに違いはありません。 「生命の尊厳」を確立し、「万人の幸福・世界の平和」を実現させるために活動しています。 活動では機関紙を発行しており、「聖教新聞」「創価新報」「大白蓮華」などは創価学会発行です。 1964年に結党した日本初の宗教政党 「公明党」の支持団体でもあります。 池田大作は1947年、小学校時代の同級生に誘われて仏教や哲学の話を聞く座談会に出席しました。 講義や折伏を受けてすぐに入信を決意し、創価学会への入信手続きを行ないました。 入信後は「青年部(男子部)第1部隊長」「青年部参謀室長」「情報部最高顧問」「創価学会理事」への就任を経て、1960年5月に 創価学会第3代会長に就任しました。 1975年には、創価学会の世界的組織「SGI(創価学会インターナショナル)」の会長にも就任。 1979年にはポストを新しく設立し、現在の役職でもある「名誉会長」に就任しました。 創価学会では、初代会長の牧口常三郎、2代目の戸田城聖、3代目の池田大作の3人を「永遠の指導者」とし、中でも創価学会を世界規模にした池田大作は、 史上最高のカリスマと言われます。 そんな池田大作は宗教人以外にも、随筆や小説執筆、対談集や仏法哲学の解説書などの出版の他、子ども向けの童話も執筆し、写真家や詩人としても活動するなど幅広く活動しています。 また、他国の国家指導者を始め、文学者や芸術家といった著名な文化人や、教育者、科学者、社会活動家など、様々な分野の人物と会談を行なってきました。 活動の結果、池田大作は国家勲章や名誉学位、国連や学術機関からの表彰など、多くの表彰を受けることに。 海外の数々の大学からも「名誉博士号」や「名誉教授称号」を授与され、 日本では自身が創設した創価大学から「名誉教授」「名誉博士」を授与されています。 池田大作がこのような授賞を得る度に創価学会の機関紙である「聖教新聞」は一面を使い、池田大作の功績を大々的に報道してきました。 しかし、 在日韓国人という噂があり、韓国側も池田大作は韓国人であると主張しています。 韓国の創価学会インターナショナルや在日韓国人の創価学会員が、「池田大作は在日韓国人であり、先祖は朝鮮半島から連れてこられた」と発信しているのです。 日本国籍を持つ池田大作は本当に在日韓国人なのか、韓国側と日本側からの見解を調査しました。 韓国の創価学会インターナショナルが発行している機関紙「和光新聞」では、2001年11月15日号に「我が同胞、池田会長」と記述されていました。 実際、池田大作も「和光新聞」のコラムで韓国について、 「 韓国は日本の文化の師匠の国で、教育でも兄さんの国です。 私は心深い所から尊敬しています。 貴国を侵略した日本はいくら愚かだったか」 といった旨の発言をしています。 さらに池田大作は、 日本と韓国は友情を結ぶべきで、日本は韓国を尊敬して学べば平和と繁栄に進むことができるといった発言もしています。 また、 韓国に対して傲慢になれば日本は衰退して滅亡するといった過激的な発言もしており、韓国への想いが厚いことは証明されてきました。 韓国のマスコミも、池田大作が韓国人であるという根拠はないと韓国SGIに反論しました。 韓国創価学会インターナショナルの会員数は、60万から70万人と言われています。 実際のところ、「 反日活動などで韓国創価学会が主張を行う上で、名誉会長の池田大作が日本人だと都合が悪い」という見解がなされました。 現実的にも池田大作が在日韓国人という証拠はありませんが、韓国に創価学会を広げるためには 名誉会長が韓国を敬っている姿勢が重要なのかもしれません。 実際に韓国に対して日本文化の恩人と言い、ビデオ「韓日友好シリーズ」では「日韓」を「韓日」と表記するなど、反日感情を持つ者も多い韓国に対しての配慮は数多くあります。 ネット上や一部のジャーナリストは今も池田大作の在日韓国人説を押していますが、池田大作は 日本国籍で在日韓国人でもない、という結論となりました。 livedoor. 創価学会の幹部を務めている兄弟の情報も含め、池田大作の実家と家族をまとめました。 1928年1月2日、東京府荏原郡入新井町(現在の東京都大田区大森北)に誕生した池田大作。 実家は のり製造業を営む貧しい家で、父親の名前は「子之吉(ねのきち)」、母親の名前は「一(いち)」で、4人の兄の下に五男として生まれました。 池田大作が生まれて約10年後に第二次世界大戦が始まり、戦争に苦しみながら生活の困窮や病とも闘っていたといいます。 現在の妻「 香峯子(かねこ)」と結婚してからは3人の子供に恵まれ、自分の家族を持つことになりました。 1988年、 弟子だった藤原行正が自分の息子を創価学会の会長にするため、池田大作の暗殺計画を立てています。 藤原行正は暴力団関係者と繋がりを持ち、暗殺を実行寸前まで進めましたが、金銭トラブルにより暗殺計画が発覚することとなりました。 その後、藤原行正は「池田大作の素顔」という暴露本を出版しています。 また、 オウム真理教による暗殺計画もありました。 1993年12月、オウム真理教は池田大作が創価大学の演奏会に出席するという情報を手に入れ、サリンで殺害しようと暗殺計画を実行しました。 計画は会場の警備を担当していた創価学会員により阻まれ、会員数名が負傷したものの、池田大作に被害はありませんでした。 goo. そのため、この頃から重病説や死亡説がマスコミに報じられ、ネット上でも死亡説が囁かれるようになりました。 2011年には、池田大作が 厳戒態勢の病室で入院していることを週刊文春が報じ、「担当していた元看護師が語る『厳戒病室』本当の病状」という記事を掲載して一悶着ありました。 ネット上でも「池田大作はすでに死んでる」といった声が多数挙がるなど、死亡説や重病説が囁かれている現在、もし本当に死んでるとすれば、何故創価学会側は公表しないのでしょうか。 それは「 池田大作の死亡が明らかになると創価学会は崩壊する」という理由から、池田大作の死を隠蔽しているという説が有力と言われています。 2010年頃から体調不良を理由に姿を消した池田大作ですが、その後表舞台に姿を現わすことはなく病状も伏せられ、週刊文春の記事以外に現在の病状が分かる情報は全く出てきていません。 創価学会の幹部らは、池田大作の体調を問うメディアのインタビューに「 会長は元気である」と答えています。 2010年から2年ほど池田大作の病状について沈黙していた創価学会ですが、2012年頃より機関紙「聖教新聞」を通じて池田大作の様子が報じられるようになりました。 テレビ東京の特番「池上彰の参院選ライブ」で創価学会を取材した際には、池田大作の現状を問う質問に対して会員が「おかげさまで大変お元気です」と答えています。 具体的には、 聖教新聞での執筆活動や、各地を回って会員を激励しているという答えが返ってきました。 妻の香峯子夫人も、2013年1月号の「文藝春秋」で夫について「 ラジオ体操をするのが日課。 先般も来日中のアフリカの青年達に会って激励した」と近況を語りました。 しかし、池田大作の近況はどれも創価学会の幹部や妻といった近しい人物から語られるのみで、 新しい動画などは全く公開されていません。 過去には、2代目会長の戸田城聖も3年間死亡が伏せられていた事実があります。 池田大作も同じ状態である可能性は十分にあり、死亡説が流れるのもおかしくない状況となっています。 池田大作が表舞台から姿を消して10年。 90歳を超えている彼が本当に元気なのかは、創価学会内部の幹部にしか分かりません。 名誉会長となり圧倒的なカリスマ性で創価学会を大きくした池田大作が死んだともなれば、 一気に求心力が落ちて学会が衰退する可能性もあります。 今後も 池田大作の死亡説の真相について判明することなく、しばらくは生きているとしたまま活動を続けていくのではないかと見られています。 まとめ 創価学会の名誉会長・池田大作の在日韓国人説、実家や家族の情報、死亡説とあわせて現在についても紹介しました。 現在、池田大作がどのような状態にあるかは不明なままで、今後も創価学会の動向に注目が集まりそうです。

次の

皇室の秘密 雅子=股子は池田大作の子だった!?: くろたろう ごめんな!!

池田 大作 死亡 公表

しかし、ある時さる学会幹部の口から聞いた次の言葉には、説得力があると思った。 「池田名誉会長がお亡くなりになってるわけがないでしょう。 もしお亡くなりになったら、われわれが即、公式発表します。 われわれが最も恐れているのは、その情報が外部のにスクープされてしまうことです。 そんなことになったら、の権威なんて何もなくなってしまう」 つまり、いま日本社会で人が亡くなると、医師が医学的見地からの死亡診断書を作成なくてはならない。 近親者などは、その人の死を知ってから7日以内に死亡診断書を役所へ届け出る義務があり、また死亡診断書に虚偽の内容を記載することは違法行為だ。 かつ、突然死や指定感染症による死、犯罪行為の結果の死と疑われる場合などは、警察の検視を経る必要さえある。 日本の法制度下で「人の死を隠す」ことは(特に著名人の場合)に近く、またがそういう画策をしていたと知れたら、それ自体が猛バッされるだろう。 現在92歳になる氏が公の場から姿を消したのはのこと。 以後、もしくはで闘病中などといった風聞がさまざまなところで語られているが、その真偽はともかく、池田氏の肉声が世間に伝えられなくなったことだけは事実である。 その「池田先生と生身で触れ合うことができた」感動を糧にして、多くの員たちが過激な折伏(布教)やの票数獲得に奔走、今の巨大なとをつくり上げたのである。 ただ池田氏には『』全30巻ほか、膨大な著作があることは周知の通り。 今のの名目上のは第6代会長・原田稔氏だが、彼をの真の指導者だと思っている人は、ほぼいないだろう。 の真のは、今もなお氏をおいてほかにない。 の教団職員たちに会うと、彼らは一般のが自社の社長を敬称略で呼ぶように、現会長を「うちの原田が……」と呼ぶ。 しかし話題が池田氏におよぶや、彼らの口調は「池田名誉会長」「池田先生」と一変す るのだ。 において池田氏の存在は今もなお、これほど抜きんでている。 初代会長・、第2代会長・とも、それぞれの時代に自らの力でを発展させてきたであり、池田氏も第3代会長にはその実力で就いた。 ただし4代以降の会長は、ことごとく「池田名誉会長」の下にあった存在で、露骨に傀儡 かいらい 視さえされてきた。 その差は「宗教指導者としての会長は池田先生まで。 それ以降の会長は、単に組織の代表者というに過ぎない」と、学会の幹部層に位置する人々が取材に対してあっけらかんと認めるほどだ。 池田氏が達成した827万世帯の会員数(公称)を、内でこれ以上増やすことは難しいという現実は厳然と存在し、また事件後に決定的に定着した、に対する・の影響も大きい。 かつ、それはに限ったことではなく、や、世界救世教など、日本の多くの団体が近年分裂騒動などを起こし、大きく規模を縮小させている事実もある。 かくなる現実のなかでは今なお、公に生身を見せることもできない92歳の老人に、の看板を背負わせ続けているのだ。 、学会は勤行要典(学会員が毎日唱えるお経の内容を定めた文書)を改訂。 「三代会長」(牧口、戸田、池田氏)を「永遠の師匠」として、日々「報恩感謝」しようと定めた。 17年には新たに「会憲」を制定し、「『三代会長』は、(日蓮)大聖人の御遺命である世界を実現する使命を担って出現されたの永遠の師匠である」と定めた。 実際これらの学会の動きは、池田氏の徹底した神格化を通じた「池田」時代の準備ではないかというのが、多くの見方である。 は着々と、三代会長を神格化したの上に組織を動かす体制に移行しつつある。 つまり92歳の老人個人の肩から、の看板を下ろそうとしている。 代表的なのが、その10年のうち8年を占める政権の期間中に極めて強化された自公連立のなかで、やといった、いわゆる池田平和主義と相反する政策が推進されてきたことだ。 ただ池田氏の沈黙は一部の学会員たちに、「現執行部およびは、池田先生の教えに反し暴走している」と思わせる方向に作用し始めている。 その象徴が、各種選挙で一部の員が野党を応援し始めているといった光景だ。 昨年のでは「今のはおかしい」と訴える学会員が、(落選したものの)から出馬する事態にまでなった。 もまさかその轍を踏むことになるのか、息をひそめて見守っている宗教界の目は、実は少なくない ----.

次の

創価学会幹部「池田大作名誉会長は生きている」…それを証明する驚きの事実 姿を消して10年…学会で生じた亀裂

池田 大作 死亡 公表

池田大作は、自分のことを日本の最高指導者だとか精神界の王などと名乗り、教団内で絶対的権力者として振る舞ってきました。 部下を信用せず、お金の管理や人事は一人でやってきたこともあり、教団の分裂もなく長いこと組織を維持できた反面、後継者は育ちませんでした。 池田を「永遠の指導者」と位置づけ、生き神様として信者に拝ませてきた弊害です。 池田が表に出なくなって10年が経ち、さすがの信者も不審に思いはじめています。 経営能力の劣る現在の会長では、組織の維持は難しいようで、ほころびが出てきました。 教団内では職員3名が本部前で抗議行動を起こしたり、会長が現地入りして推薦した議員が大敗北した去年の沖縄選挙は話題になりました。 信者の公明党への批判も強く、もはや組織の統制を取ることが難しくなっているのです。 また、創価の悪質性、危険性、詐欺的な面はネットの普及とともに露見し、日本人の宗教離れも相まって、信仰心の低下を抑えることができなくなりました。 脱会者が増えるばかりで入会者はゼロに近い状態。 こんな状態で池田の死亡発表をすれば、信者の大量脱会を招き、組織が分裂すること必至です。 創価学会はついに経営コンサルタントに経営方針を委ねた。 ジリ貧になった創価学会は2013年頃から現状脱却のためクーデターを計画、一昨年実行に移します。 創価学会が得意としている、信者や一般個人を悪者に仕立て上げて集団で攻撃するあのやり方で、一般市民の方をスケープゴートにして、大がかりな宣伝を始めます。 被害者を悪者に仕立て上げ、つきまとい、盗聴、誹謗中傷、個人情報の漏洩を繰り返し、部外者には嫌がらせやストーキングをするよう煽ります。 警察などにも犯罪を指示し、調書の改竄、捜査情報の漏洩、通報者への脅迫などを繰り返し、創価学会の暴走を制止できる機関の無くなった日本は犯罪国家へと一直線に向かいます。 創価学会の読みでは、被害者は圧力に屈し、反学会勢力はひれ伏し、馬鹿な日本人は創価の嘘(宣伝など)を信じ込み、「地ならし(印象操作のこと:創価学会が使う隠語)」が終わった段階で、池田の死亡を発表する予定でした。 創価学会幹部の話では、この計画の読みは外れ、公表をするタイミングを逸してしまったとのこと。 それどころか創価はテロ組織なのではないかと日本人は思い始めています。 次は、このテロ犯罪が社会問題になり、解散か分裂へ猛烈なスピードで向かうこと必至です。 法令遵守、透明化、国際化が叫ばれるな現代国家において、地下で公務員がこぞって犯罪をしたり、信者が組織的に悪評を流布し集団ストーキングする馬鹿なことが続けられるわけがありません。 創価学会は、墓穴を掘ったわけです。 池田は死後、テロリストの指導者として何世紀にも亘って語り継がれるでしょう。 一説では、手足が腐れ落ち、重度の脳障害を煩い、病室を這い回っているとも噂されています。

次の