ヨハネス イッテン。 テトラ―ド(テトラ―ド配色)の意味とは|試験に出る色彩用語

ペンタード配色の意味とは|試験に出る色彩用語

ヨハネス イッテン

ヨハネス・イッテンが残した著述や草稿の中には、彼の教授法や色彩論を導く中心モチーフとして、「道」の概念が繰り返し登場する。 「道」の誓えを用いて彼は、自らの教えを注意深く説いたのだった。 そこで常に問題となるのは、独自で新しい芸術のあり方に至る道はいくつもある、ということである。 上に引用した1919-20年[日本巡回展では1921年作とした。 この素描は、 ワイマールのバウハウスで彼が取り組んだ色彩論がいかなるものだったのかを示すひとつの例証になっている。 二十数年後、彼の色彩論が初めて体系だったかたちで紹介されたときにも、イッテンは同じ形式の色立体を踏襲した。 それは1944年、 チューリヒ工芸美術館で開催された展覧会でのことで、 この図式はパネルとなって会場に掲げられたのである。 パネルはその後も講演や授業に転用された。 色彩の帯の上に記された矢印は、経線、緯線、内径に沿って辿り得る5本の道を指し示している。 暖色から寒色へと進む道、白の極あるいは黒の極へと向かう道、そして棟内部の灰色の領域を抜ける道。 イッテンの色彩論が完全明確に定式化されるのは1961年のことであるが、その原形を1920年に彼がものしたとき、こうした色立体の表現はすでに纏めあげられていた。 色彩の世界は、造形芸術への道を拓く。 と同時にそれは、全的な人間像を促すべく働きかけるものでもあろう。 それぞれ違った道が造形芸術へと通じている、という格言は、 造形論・形態論の分野でイッテンが行った教授法、その全体性への志向にも当てはまる。 その方法とは、主観的なもの、客観的なものの双方の領域でまず出発点となる手掛りを探り、それを 基に幅広い課題を与えることで、 生徒を独自な芸術活動へと導くものだ。 一本であれ数本であれ、そこに正しい道などないということ、そしてイッテンが教師として、どういう役割を自分は果たすべきだと考えていたかを、1954年の彼の発言は示している。 「ヨガを修行する者の道を説くウパニシャッドの書には、こうある。 修行者が教典や導師から学ぶこと一切は、一台の車に過ぎない。 この車に乗って彼は、他人が敷いた道の上を進むことができる。 けれども、修行者がもし最高の目標に到達しようと欲するなら、ある地点が彼を待っている。 そこで彼は車・・・学んだことの全て・・・を捨て去らねばならない。 そして己れの足で己れ自身の道を、さらに先へと歩んでいかねばならない。 芸術的才能に恵まれた者が学べることの一切もまた、一台の車に過ぎないのである。 だがこの事に乗って、それが良い車であればの話だが(!)、すでに通じている道をはるばると、彼はあの地点まで旅することはできる。 そう、彼が己れの道を伐り拓くべく踏み出すあの地点まで」。 彼に従えば、教師の目標は、あり得べき道の存在を示すことであって、その方向を示すことではなかった。 そのことを、バウハウスの生徒だったグンタ・シュテルツルも1919年に書き残している。 「イッテンはわたしたちに、描くことや芸術制作を学ばせようとはしなかった。 そんなことは誰にもできない。 彼が意図したのは、 わたしたちが自分を自由だと感じるようになること、こうしようという思い込みや受けて来た教育のこわばりを解きほぐすこと、自分自身へと通ずる道を各自が見つけ出すこと、これだけだった。 その道の方へ、彼はわたしたちを連れていこうとしたのだ。 わたしたちが一旦そちらへ向かい出せば、写実であろうと抽象であろうと、そんなことはもう大した問題ではなかった。 芸術となるものは、ひとつしかないのだ。 それは一個の統一体から育ち、それ自体が一個の統一体であり、その人その人に対し、自分だけの感覚世界を体現したものとしてやって来る」 わたしの最良の生徒は、自分の直観から出発し、これまでにない新しい道を往った者たちだ。 「予備教程」、「予備教習」、「基礎教程」など、時期によってその名称は変わったものの、それはバウハウスにとって不可欠のものとなり、 19533年に学校が閉鎖されるに至るまで、その授業体系の中で決定的に重要な要素であり続けた。 のちに多くの芸術学校がこれに倣い、そのシステムは今日まで受け継がれている。 けれども、周知のようにイッテンは、バウハウス就任前にも教育活動を行っていたし、またバウハウスを辞した後には、それはいっそう活発化した。 ベルリンでは数年のあいだ自身の学校を主宰するとともに、クレーフェルトに織物学校を開設し、その後チューリヒでは工芸学校と織物専門学校の校長を勤めている。 したがって、・・・文献に散見されるように・・・「イッテンの授業」を一義的に定まったものとして語ることはできない。 彼の生涯にわたる教育活動は、固定された図式に則ったものではなかったのだ。 例えば、バウハウスでの予備課程にしても、それを完全に再構成することはできない。 彼が残した日記や手稿、生徒による証言やその作品、マイスター評議会の議事録などを参照してみても、ただ断片が引き出されるに過ぎないのである。 さらに、いくつかの問題によって、バウハウスでのイッテンの授業を再構成することはいっそう困難となる。 おそらくはグロピウス・・・イッテン抗争の結果、バウハウスで最初に展覧会が開催された際のカタログ『 ワイマール国立バウハウス1919_1923』では、イッテンは 代表的指導者の地位から引き降ろされ、単に教員のひとりとして、ただ一箇所、 形態の授業についてのページで言及されているだけだ。 彼の授業で制作された生徒作品の方は、 多数、図版が収録されているにも拘わらず、である。 1963年のイッテンの著書『バウハウスでのわたしの予備課程」をひもといてみても、この困難は解決しない。 この本は、イッテンが自分の造形論・形態論をまとめて出版した最初で最後のものなのだが、ここで図版を掲載され、言及されている生徒作品のうちの多くは、 バウハウスを去ったのちに彼が別の場所で行った授業でのものだからである。 イッテンのワイマール時代の日記もまた、教育活動についての言及が乏しく、授業の再構成に資する有用な資料とはならない。 さらに問題なのは、予備課程で制作された作品と、工房での形態教育で制作された作品とは、ときに区別できない場合がある、ということだ。 その上、イッテンは予備課程を終始ひとりで指導したのではなく、1921年以降は学期ごとに、と交代で受け持った。 ムッヘがどこまでイッテンの方法を踏襲したのか、あるいは独自の授業を行ったのかは、明らかになっていない。 ただ、彼らはかなりの程度まで、基盤を共有していたと推察される。 といのは、ふたりはそろってを信奉していたし、形態論の授業を共同で行っていたからである。 1927年から3年の間、ムッヘはベルリンのイッテン・シューレ(イッテン学校)でも授業をしている。 イッテンが残した覚え書きには、授業の方法や具体的な練習課題については触れられていても、それらがどのような順番で一連の授業を構成していくのかという点については述べられていない。 ワイマール時代の日記からもベルリン時代の日記からも、芸術教育の時系列的な構成についての情報は得られないのだ。 1930年に出版された大部の『ヨハネス・イッテンの日記』[イッテン・シューレのテキストとして刊行されたもの。 以下、「イッテン日記』と略記する。 訳者にしてみても、事情は変わらない。 このことは、全人教育を志向し、生徒ひとりひとりの創造性を伸ばそうとしたイッテンの教育方針に起因するのだろう。 予め設定された融通のきかないカリキュラムは、彼の哲学とは相容れなかった。 彼が目指したのは、 特定の価値基準に捕われず、各個人が自らの芸術を発展させていく道を見出せるようにすることだったのだから。 それゆえイッテンは、使い回しのきくような型にはまった方法ではなく、彼自身の教師としての人格を、授業に色濃く持ち込んだのである。 そうやって彼は日ごと新しく課題を生み出し、授業の内容を違った仕方で更新していった。 イッテンが自身の授業法を体系的なかたちにまとめて出版したのは、最初が1930年になってからであり、その後1960年代にようやく個々の項目が集成されるに至った。 したがって、現存する生徒作品は、時代のドキュメントとして貴重なものとなってくる。 それらが芸術作品として構想されたのではなく、練習のために描かれたものであり、また多くは・・・1939年の展覧会カタログでイッテンが書いているように・・・「最良の成果というわけではなく、長年授業を行っていく中で、たまたま教師の手許に集まったもの」だったとしても、その資料的価値が減じることはない。 生徒作品は、イッテンの方法が芸術的にどのように応用されていくかを示す、豊富な例証なのである。 これらを手掛りとすることで、イッテンが新たに授業に採り入れた方法を時系列上に位置づけることが部分的には可能となり、またイッテンの作品と教育との間にある平行関係がさらに明らかになってくる。 行き着く先は同じだ。 いずれも道は険しく、恐ろしい奈落を横目に、降り掛かる危険を抜けていかなければならない。 二本の道は、正反対の方向に分かれたかと思うとまた交わり、ある場合には幅を広げて並行すると、可能性へと赴く者は歩を速めることができるようになり、その足取りは軽くなる。 第一の道の道標となるのは、暖かにする愛の力であり、 第二の道の道標となるのは、照らし出す知の力である」。 ここで述べられているのは、芸術教育の原則となるふたつの可能性についてである。 これと同じものを、30年後、イッテンはやはり色彩論の根底にも据えた。 曰く、「造形芸術への道としての、主観的体験と客観的認識」。 イッテンの全方法は、このふたつの主要なカテゴリー・・・ 体験によって把握し、可能な限り客観的に合法別的なものを造形する・・・に分類される。 これがつまり、彼の芸術教育を構成する唯一の区分なのである。 テーマに即してまず、観察によって生き生きとした感覚を呼び起こす。 それに基づき、素描のかたちをとった練習をみなで行う。 さらに、理性的に説明し把捉するという作業がそれに続く。 そうした手順を踏んでようやく、課題は実現されることになる」。 主観性と客観性との弁証法は、イッテンの創作活動、教育活動に、それぞれ一貫して認められる。 一方では、 創造する存在を個人として築き上げ、生かしめることが肝要となり、また他方では、彼を表現手段の法則性に親しませなくてはならない。 この法則性を手中にすることで、 独創的で新しい着想を造形化することができるようになるからである。 イッテンが目指したのは、こうした 全人的な教育であった。 この目標に到達するため、イッテンによれば、ひとりひとりの生徒は個人として、その全体性・・・ 身体・魂・精神・・・において育てられねばならない。 この要求を満たすべく、その方法としてイッテンは、人格タイプないし気質の三類型、という説を用いた。 それは人を識別し養成するのに有効である・・・と、1920年代のドイツでもてはやされたのだが、今日では、ドローステも指摘するように、学問的に否定され、時代遅れのものとなっている。 タイプに従った分類は、イッテンが記したワイマール・テンプル騎士団日記の中の1920年7月8日の書き込みに、すでに現われる。 そこには人の頭の形が三つ描かれ、それらに 「物質的」、「精神的」、「理知的」という概念が付せられている。 各タイプに合わせて用意された練習を行えば、生徒はそれぞれの資質に応じて、その才能を開花させることができるだろう、と考えられた。 生徒はしかし、自分とは別の気質のための教材も知る必要があった。 それらをも作品に応用できるようになるためである。 つまり生徒は、ひとつのテーマにつき三つの練習をしなければならないことになる。 最もよく知られた例は、サボテンを用いたものであろう。 これについてイッテンは記している。 「 今日、年長者のクラスで行った課題は、構成的に、表出的に、見えるまま自然に、の三通りの仕方で、植物/サボテンを素描するというものだ。 その後、四番目の段階として、インスピレーションに従った個人的な描写がくる。 構成的に見て描くことは何より、 対象(テーマ)を可能な限りあらゆる側面から描写する練習になる。 平面図、側面図、正面、断面、彫塑的観点、明暗の観点、有機的構成など。 この練習を通じ、 対象をイメージする能力が強化され、綿密な観察も促される。 生徒はそれぞれ自分の気質に従い、いずれかの側面を重視し、いずれかの側面には頓着せずに、課題を解いていく」。 三通りの描き方をこなした後、その人だけの 芸術的表現が試みられることになる。 「自然を研究する際、よくわたしが与えた課題は、対象をまず表出的に、次に構成的に、さらには印象に従って解釈する、というものである。 それを受けて、三つの条件すべてを満たす、こう言って良ければ 総合的な描写を探るのだ」。 このようにして、感覚に基づく練習と客観性に基づく練習とが交互に行われた。 生徒ボリス・クライントは1960年にこう回想している。 「彼[イッテン]にとって非常に大事だったのは、主観的な資質や方法を客観的な洞察と突き合わせることだった。 イッテンはそこに、各々の生徒に適合する可能性を探っていたのである。 と同時に、各自の人格タイプを見抜くことで、その特定の傾向を脱し、調和のとれた人格を形成することが目された」。 しかし、これで教育の問題がすべて解決されるわけではないことは、イッテンにも分かっていた。 授業の構成について記した1930年の文章で、彼は告白している。 「物質的・印象的研究(とくに素材研究を通じて行われる感覚の訓練)、精神的・表現的研究(表出研究と自由な感覚形態)、理知的・構成的研究(空間研究と、基本的にはコントラストおよびその組み合わせ・ヴァリエーションのすべて)。 こうした三部構成からなる授業であらゆる問題を解決できるわけではないということを、わたしは重々承知している」。 この宗教運動は主として ゾロアスター教に由来し、人間の本性が物質的、精神的、理知的の三つに分かれるとする考え方を根幹に据えていた。 この三気質を統合することで最高の目標が達せられる、と信じられていたのである。 こうした教義と、イッテンによる形態論・色彩論とのつながりは、とりわけ1930年の浩翰な「イッテン日記』の中で、具体的なかたちをとって現われてくる。 当時、ドイツでのマスダスナン信徒の数は1000人そこそこに留まった。 いくつかが支障あって、総本山がドイツにではなく、スイスに置かれることとなったためである。 ある人間の姿形と、その人が芸術作品として作り出す形態の間には、親操関係が存在する。 マスダスナンとの最初の短い接触は、イッテンがまだ学生だったベルン時代に遡る。 そのとき彼は、友人の姑を通じて、この運動が推進していた 菜食主義のことを知ったのだった。 だがイッテンがマスダスナンの宗教的活動に深くのめりこむようになったのは、その後、おそらくの勧めによるところが何と言っても大きい。 1916年 28歳 、ヘルヴァルトヴァルデンのシュトゥルム画廊でふたりがそれぞれ展覧会を行った際に両者は知り合ったのだが、その時点ですでに、マスダスナンはムッヘの人生にとって決定的な役割を演じるものとなっていた。 このときを境にイッテンは、 秘教の典籍や仏教哲学、そしてキリスト教神秘主義の書物を読み耽るようになる。 ほどなく、ゾロアスター教の生活哲学が定めた日々の規則を、彼は実践するようになった。 後にこれを、 イッテンとムッヘはバウハウスにも持ち込んだ。 その内容をなすのは、断食・ダイエットを伴う菜食主義、呼吸練習や瞑想などである。 この食事法は忍耐を要求するものだったので、生徒たちにいつでも快く迎え入れられた訳ではなかった。 そう判断する根拠には事欠かない。 例えばも、食事法への当てつけと取れる素描を残している。 ヘルリベルクにイッテンは、織物と絨毯を作るための「存在工房」を開設した。 そこで彼の片腕となったのは、かつてバウハウスに学んだである。 「存在工房」のが示すように、併設された芸術学校でイッテンは「自然研究、コンポジション、形態論および色彩論、グラフィックアート」の授業を行った。 と同時に彼は出版部を指導し、マスダスナン関連の書籍を編集している。 イッテンの創作と教育活動にとって、マスダスナンの思想は本質的な基礎をなしていると言ってよい。 その人格タイプ論を、彼は再三引き合いに出した。 とはいえ、これが人格の発展を旨とする彼の教育理念の唯一の源泉であると言うなら、それは的外れだ。 イッテンの個人史のうちには他にも、造形、色彩、形態に関する幾多の理論、そして改革教育運動との出会いがあった。 気質タイプ論を奉じたイッテンはそう考えるに至った。 直観的に描く生徒は、作品の中で、必然的にその生徒の本性を反映した仕方で言いたいことを言い表す。 イッテンはこれを主観的性格と呼んだ。 主観的性格は、まさにそれ自身のような形態のうちに己れを映し出す。 これはしかし、見方を変えれば己れに囚われてしまっているということでもある。 それに対するイッテンの処方はこうだ。 自分のタイプを意識した上で、他のタイプに属する方法に習熟すること。 そうすれば自在な表現に達するだろう。 イッテン自らが組織した生徒作品の展覧会では、タイプ論を証明すべく、 作品の多くに作者の写真が添えられた。 1960年代に出版された色彩論、造形論、形態論に関する著作でも、 作品と作者を併置して見せる、という方法は踏襲された。 そこには、各々の生徒と彼らの手になる「自由な」芸術表現との間には明瞭な平行関係がある、とするイッテンの解説が付されている。 例えば、生徒 ゲルステンべルクについて彼はこう書く。 「この生徒が描いた自由コンポジションはどれもみな、線の要素が強く、彼女の髪のように縮れた形態をしていた」。 あるいは ロッテ・アイゼンバールトの作品について。 「これは彼女が学び始めた当初の作品で、明・暗によるプロポーション練習が課題となっている。 その中の、大きく見える効果を示す形態。 これは単純で、大きな感じのする作者の顔立ちに対応している」。 パウラ・シュミットの描く人物座像がみせる、体をねじ曲げた姿勢については、作者の股関節疾患に由来が求められる。 ———————— パウラ・シュミット 裸体像 1928年 同じ生徒による別の素描に対しては、イッテンは作品の余白に直接、次の言葉を書き込んだ。 「このモデル自体はたいへん美しく、均整のとれた体つきをしている。 シュミット嬢は左足にひどい怪我を負い、大きく引きずって歩いていた。 それで、この裸体もやはりそうなのだ」。 イッテンが指摘して注意を促すまで、シュミットの描く素描はずっとバランスの悪いものだった。 以上、形態についてみてきたのと同様、色彩論の分野でもやはり作者と作品の平行関係が認められる。 ある患者が描いた静物画についてのイッテンの解釈は、その例証である。 「高熱の状態(肺結核)で描かれた静物画。 この構造、そして色彩の陰鬱さは啓発的だ!」。 全人教育を目指したイッテンにとって、生徒の人格は大きな関心事だった。 教育者にとって「自分自身の気質を知り、生徒たちの性向を突き止めることは、何にも増して重要」だからである。 それらを知るための道を、 彼はタイプ論によって見出した。 1926年 38歳 、わたしはベルリンに私立の芸術学校を創立した。 絵画、グラフィックデザイン、建築、写真を志す着たちが2、3年のあいだ勉強しにやってくる。 ここでわたしは、ワイマール・バウハウスの予備課程で敢えていたときよりもさらに深く、造形論全般について手ほどきをすることができた。 1926年 38歳 より、彼はベルリンで教育活動を再開する。 手始めは、ポツダム通り154番のシュトゥルム画廊のスペースだった。 1月と2月、彼は 素描と呼吸法のコースを開講し、5月と6月にその続きが行われた。 これが大きな成功を収めたことは疑いない。 その結果、私設の芸術学校を開こうという彼の計画に弾みがつく。 1926年9月以降、イッテンは自分の講座を「 近代芸術学校」の名で呼ぶようになった。 授業が行われた場所は、最初がブランデンブルク通り16番で、のちにはノレンドルフ広場1番に移転する。 続く3年の間に学校の名は何度か変わり、引っ越しも度々行われた。 最終的に学校の名称と場所が定まるには、1929年 41歳 を待たねばならない。 1928年と29年の学校の出納簿を見ると、生徒の名前と支払われた授業料の額が整然とした文字で並んでいる。 その人数は相当なもので、最終的に 「イッテン・シューレ」となったこの学校の順調な滑り出しが窺われる。 ここに移るひとつ前、ポツダム通り75番にあった教室の様子といわゆる イッテン・スツールについてが残した報告は、現場の質素な雰囲気をよく伝えている。 イッテン・スツールとは、全面がふさがったサイコロ状の椅子で、5種類の高さがあった。 「ここイッテン・シューレでは、すべてはごく簡素だ。 小さい方の教室には、生徒のための戸棚がふたつ、そして長い机がひとつだけ置いてあり、その周りを椅子がぼつりぼつりと取り巻いている。 大きい方の教室は隅の方までがらんとしている。 そこに一朝ごとに新しくサイコロ椅子[イッテン・スツール]が積み重ねられていた。 これは、薄いけれどもしっかりした合板からなる六面体で、上面には持ち手となる穴が開いている。 灰色の塗料によるステイン仕上げで、表面は滑らかだった。 生徒たちは、教室の中の思い思いの場にサイコロを持っていき、その上に座を占める。 それはまるで島の上に居るようにもみえた。 それから、各人各様に課題に取り組む。 こうした授業風景は日ごと新たにその姿を変え、同じ配置は二度と繰り返されなかった。 このサイコロは、まるでそのために作られたかのように、建築の習作を行うのにも適していた。 固いものから柔らかいものまで揃った鉛筆やその他の絵の道具に加え、みなが使っていたのが、真白い紙を束ねた イッテン・ブロックと、丸い木炭棒だった。 もっとも、カリキュラムないし授業の進行計画といったものは、ここでもやはり見られない。 以下の各コースはどの学期でも行われていたのだろう。 1週間あたり最低で、全課生は26時間、聴講生は2時間の講座をひとつ、聴講しなければならなかった。 生徒の入学許可についてはただひとり、校長であるイッテンが判断を下した。 学校案内には時間割が一応載ってはいるものの、そこにはただ午後の時間のところに「聴講生」と記されているに過ぎず、全課生については、週日の9時から13時まで授業が行われること以外には何も示されていない。 ただ、個別に授業に申し込む必要があった聴講生には、要項で詳細が知らされた。 時 間 月 火 水 木 金 15-17時 聴講生 色彩 聴講生 初級 初級 体操 上級 17-19時 聴講生 幾何学的形態 聴講生 上級 コンポジション 体操 19-21時 教育哲学 呼吸法 歴史的巨匠 夜間コース の分析 添削なし 木曜、金曜、土曜の授業はハンブルク、アルトナ、ハノーファーで交代に行う〔10月より〕。 これに加え、イッテンはスライドを用いた5本の講演を別々のテーマで行った。 この時期、イッテンは初めて自分の理論を文字にまとめ、体系化しようと試みた。 その文字と日付をはっきりと読み取ることができる。 「ヨハネスイッテン芸術学校、ベルリン、1928年10月1日」。 イッテンは日記のこの部分を「造形七書」とし、続くページの側面に付せられたインデックスが示すように、草分けして書き綴っていこうと考えていた。 どれくらいの数量の図版や素描が見込まれるか、それを具体的に指定する書き込みまで記されているものの、結局、計画は実現されずに終わった。 ほとんどのページは手付かずのまま残され、あるいはずっと後になってから、全く無関係のメモを書くのに使われている。 この部分の後には、最後のページから書き始められたテキスト「わが生涯より」がある。 これは1948年にチューリヒで執筆されたものである。 1929年11月30日付の「ベルリナー・シューネベルガー・ターゲブラット」紙で告示されたとおり、1929年12月1日 41歳 にイッテン・シューレはコンスタンツ通り14番の校舎へ移って新規開校した。 新築されたこの校舎の設計は、イッテンと親交のあった建築家、ヴイルヘルム・ベータースによる。 ベータースの息子と娘はイッテンの授業を受講している。 6階建て平屋根造りのこのモダンな建物のうち、イッテンが借りたのは上3階分だった。 うち2階分は教師と生徒のためのアトリエ・住居として使われ、屋上は体操を行うための場となった。 この校舎には ゲオルク・ムッヘも住み込んでいる。 彼は1927年にバウハウスを辞した後、イッテンのもとで授業を担当していたのだった。 のちに、や(アルドン・モルデカイ)もここに加わった。 新校舎への移転と同時に、学校の名称も最終的に「イッテン・シューレ」と確定した。 ベルリンの多くの新聞が、この新校舎について、イッテンについて、また彼がこれまで行って来た授業とその意義について報じている。 開校にあたり、イッテンは「授業で描かれた習作、イッテン教授の絵画と素描、フレッド・フォルバットによる建築・図面・模型、ウムボによる写真、ヨハネス・イッテンのデザインに基づく家具」の展覧会を開催した(註46)。 この新しいイッテン・シューレの最初の学期、1929/30年 41-42歳 の要項では、入学が随時受け付けられること、そして年齢制限は設けられていない・・・つまり子ども向けのコースも用意されている・・・ことが初めて表明された。 教育内容についてはこれまでとほとんど変わらないが、幾何学的素描、呼吸法コース、緊張をほぐす練習と集中力をたかめる練習、教育哲学コースは、まとめて補充科目の位置づけとなった。 また、解剖学が新たに加わるとともに、展覧会や公式行事も開催されるようになった。 学校の再出発にあたっては、「校長と各部門の担当教員」が決められた。 いまやイッテン・シューレの規模は広がり、基礎教程のほか、それぞれひとりの教師が指導するいくつかの部門ができたからだ。 デブスも伝えているように、イッテン自ら、基礎教程の他に芸術造形の手ほどきをした。 友人のムッヘもそれに手を貸している。 が、ムッヘは1930年にブレスラウのアカデミーからの招聴を受け、そこへ移った。 マスダスナンの教えについては、週に一度、健康や食事、そしてリヒヤルトザムゾン博士の「人間学」について、生徒による発表が行われた。 イッテンによる講演もたびたび行われている。 1929年 41歳 以降、基礎教程には少なくとも20時間が割かれるようになった。 生徒はみな、短くても1学期から2学期の間は、この教程を受講しなければならない。 各専門に進んだ後の生徒にも、基礎教程の聴講が求められる。 こうして基礎教程は、予備教習の役割と、専門各分野を補完する基礎教習の役割とを兼ねることになったのである。 提供される授業内容が新しくなったのに応じて、それを紹介する案内の形式もまた新たになった。 その構成は次のようなものである。 A:基礎としての絵画、素描、彫塑。 B:建築。 C:写真。 D:広告。 E:モード。 F:タイポグラフィーその他。 1930年 42歳 の要項で初めて、「形態コース、幾何学的形態の法則」と「色彩コース、色彩の法則」という概念が登場する。 また、マネキン制作者、複製技術者、オートクチュール・デザイナー、モード広告の専門家の養成に対応しでいるのも新しい点である。 ワイマール・バウハウスとは違って、イッテン・シューレに工房はなかった。 むしろ生徒には、「基礎教育を終えたのちはここを卒業し、見習いとして働く」ことが求められた。 学校指導部は、学校内で制作された作品を展覧会その他の目的のため、返却せずに保有することができる。 学校はこれについての公開権をも有する。 1933年 45歳 以降、 ドイツの政治情勢が緊迫感を増すにつれ、イッテン・シューレの生徒たちはベルリンを離れていくが、学校に置き去りにされた数多くの生徒作品を、イッテンは大切に保管した。 それゆえ、生徒作品の多くが今日まで伝わっているのである。 1934年 46歳 の復活祭の日、学校はついに閉鎖に追い込まれた。 ナチスが政権を掌握した後、スイス人であるイッテンがクレーフェルトとベルリンのふたつの学校で授業を続行することは、許可されなかったからである。 さて、イッテン・シューレの成功に話を戻そう。 新校舎へ移転する前からミニリマウハウスとまで賞賛されたイッテン・シューレは、 小さな私立美術学校ではあったが、バウハウスと同じように、画家、建築家、手工業者、そして産業界を対象としていた。 開校以来、学校を紹介する新聞記事の数は、ドイツ国内に留まらず増えていく。 モダニズムの芸術学校がこうして定期的に報告された背景には、積極的な広報活動、系統だった宣伝活動があった。 学校を成功させるためには、まず生徒を確保し、よい評判を作り上げることが重要である、とイッテンは自覚していた。 例えば、イッテン・シューレが開校した際、数多くのベルリンの新聞紙上で、編集部による告示が掲載されたのだが、その文面は、どれもたいへん似通っていた。 それはおそらく、学校側で用意した広報テキストをもとにしていたためであろう。 ベルリン時代のイッテンは、今日のマーケテイングと全く同じ意味合いで、学枚のための宣伝を常時行った。 また、1927年以来、イッテンは学期ごとに、何ページにもわたる大判のパンフレットを刷らせた。 パンフレットには、募集対象、授業目的、教材、入学条件、授業料、講演テーマなどが記載された。 さらに、1950年 62歳 にイッテン・シューレから刊行された大著『イッテン日記』のためにも宣伝用パンフレットが印刷され、また新聞広告でもこの本が宣伝された。 こうした宣伝のかいがあって、新聞雑誌はこぞってイッテン・シューレを時勢に適った学校であると賞賛し、「造形芸術のあらゆる科目が、新しい原則に従って教えられている」と報告した。 1930年9月12日付の『チューリッヒ画報』では1ページ全面にわたって「 ベルリンのスイス美術学校」というタイトルで、イッテンと彼の学校が母国スイスで誇らしげに紹介された。 学校の活動を公表するためのさらなる手段をイッテンが導入したのは、おそらく1927年のことであろう。 その手段とは、 授業で制作された生徒作品を紹介する展覧会を催すことであった。 展覧会リストによれば、展示は最初、ベルリンに集中していたが、続いて、リューベック、ハンブルク、ダンツイヒ、クレーフェルト、ケーニヒスペルク、チューリヒでも披露された。 イッテン・シューレは1933年、 遠くでも紹介されている。 授業を紹介する展覧会を催すことは、以前からイッテンが得意としていたものであった。 1918年の時点ですでに、彼は最初の展覧会をウィーンで開催し、多くの好意的な反応を得ている。 1919年にバウハウスに就任した直後にも、ウィーンの生徒たちの作品を用いて展覧会を企画し、彼自身の授業を紹介した。 イッテン独自のこの方法はバウハウスに定着する。 イッテンが書いたとされるワイマール・バウハウスの無署名のチラシ(1922年)は、最初の展覧会「ワイマール・バウハウスの職人と徒弟の作品」の開催を知らせているし、また翌年、イッテンがバウハウスを去った後にも、展覧会が行われた。 イッテン自身、授業を紹介する展覧会、という原理を生涯にわたって実践した。 1939年、チューリッヒ工芸美術館と工芸学校を統率する館長兼校長に就任してまもなく、彼は今までの教育活動を工芸美術館において紹介している。 以上のことから、イッテン・シューレでは、予め展覧会を念頭において、授業で制作された作品が保管されていたことが看取される。 つまり、この方法は最初からイッテンのコンセプトに含まれていたと理解されよう。 こうした展覧会は、一方で、学校紹介という純然たる宣伝を目的としている。 また他方で、イッテンが成功した教育者として自己を表明する手段でもあり、 彼の理論と方法の解説・立証にも役立っている。 学期要項に記載された条件が証明するように、展覧会は、授業運営のための手立てでもあった。 生徒たちは、すでにコースの始まる前、 彼らの作品を紹介する展覧会が学期の終わりに催されることに照準を合わせ、授業に参加していたのである。 こうした前提条件を知ることは、生徒たちが自身の動機をたかめ、真剣に制作に打ち込むために重要であっただろう。 展覧会では一部、イッテン自身の作品も展示され、生徒作品を補充した。 イッテンの学校と教育活動を世間に知らせるのに、宣伝活動や展覧会と並んで大切な役割を果たしたのが、彼の著述と講演会である。 講演は多くの都市で行われ、その都度チラシで予告された。 そのプログラムでは、彼の方法が現代的であることを強調するため、 講演は多数のスライドを使って行われる、と謳われている。 こうして、世間に対するイッテンのイメージは次第に、秘教徒から堅実なビジネスマン、教育者へと変わっていった。 その変化は彼の外見にも反映されている。 例えば、肖像写真を撮影する際、イッテンは、バウハウス時代のようにマスダスナンの服装や制作着をまとうことはもはやなく、 ネクタイにスーツという姿に収まった。 かつて剃髪された頭部は、模範的な短髪に取って代わられた。

次の

イッテンの考え方【色彩調和論】

ヨハネス イッテン

「ペンタード(pentad)」には、「5個一組の」という意味があります。 色相環上でペンタードを構成する色を線でつなぐと、正五角形になります。 ただ、12色や24色の色相環の場合、五等分することはできませんよね。 そこで、そのような場合は、トライアド(同じくイッテンが提唱した配色調和の形式で、三色配色)に白と黒を足したものをペンタードとしています。 24色相のPCCSが用いられる色彩検定で、ペンタードの問題が出るとすれば、ほとんどがこのトライアド+白、黒のタイプだと思っていいでしょう。 photo credit: via なお、ヨハネス・イッテンが提唱した調和する配色調和の形式のうち、色相環上の用いられる色を結ぶと多角形になるものには、ペンタードとトライアドの他に、スプリットコンプリメンタリー、テトラード、ヘクサードがあります。 スプリットコンプリメンタリーは三色配色、テトラードは四色配色、ヘクサードは六色配色です。 特に、テトラード、ペンタード、ヘクサードの三つは、どれが何色配色だったか混乱しがちなので、しっかり憶えておいてください。 色彩検定と、カラーコーディネーター検定、ともに2級以上では必須の知識です。 理解度クイズ(正解は記事下) 次のうち、ペンタード配色と言えるのは? A ダイアード+白+黒 B テトラード+白+黒 C トライアド+白+黒.

次の

【前編】「色彩の芸術家」に近づくための配色理論(基礎知識&色彩心理)

ヨハネス イッテン

デザインを勉強している方はもちろん、そうでない方も1度は「BAUHAUS バウハウス 」と言う名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。 バウハウスとは、第一次世界大戦後にドイツ中部の街ワイマール共和国に設立された、美術学校のことです。 1919年から1933年の14年間、そこでは工芸、写真、デザイン、美術、建築など総合的な教育を行っていました。 その歴史は短いながら、その功績は大きく、モダンデザインの基礎を作り、今もなお世界中の建築やデザインなど、さまざまな分野に多大な影響を及ぼしています。 バウハウスとは一体どんな存在なのか、歴史を中心に見ていきたいと思います。 バウハウスが誕生するまで バウハウスのルーツは、19世紀末にイギリスで起こったアーツアンドクラフト運動までたどることができます。 アーツアンドクラフト運動とは、産業革命により粗悪な工業製品が大量に生産された状況に異議を唱え、中世の手仕事に回帰しようとする運動のことです。 このアーツアンドクラフト運動の影響を受けドイツでは、建築家や工芸家により結成されたドイツ工作連盟が誕生し、芸術と産業の融合をかかげ、製品の質の向上を目的に規格化を推進しました。 バウハウス ワイマール校 引用元:Wikipedia そして、バウハウスは当時ドイツ工作連盟で活動していた建築家ワルター・グロピウスを初代校長とし、第一次世界大戦後の混沌とした政治状勢のなか、1919年にワイマール共和国に設立されました。 バウハウスが築いた教育システム バウハウスは校長であるグロピウスを中心に、建築を最終的な教育の目標とした上で、すべての芸術の統合を目指す独自の教育システムを確立していきました。 当時を代表する芸術家ヨハネス・イッテンやワシリー・カンディンスキー、パウル・クレーなどを講師として招き、バウハウス美術教育の基礎を築きました。 バウハウスの教育システムは予備教育 基本教育 と実技の2つのコースから構成され、それぞれのコースにいるマイスター 親方 と言われる教員のもと学習するものでした。 予備教育では理念や表現、構成を学び、その後に工房にはいり木工や金工、ガラス、陶器などより実践的な技術を学ぶシステムがとられていました。 ヨースト・シュミット 1923年バウハウス展 ポスター 引用元:100 years of bauhaus 1923年に開催されたバウハウスの展覧会では、芸術と技術の新たな統一や、機械生産を前提においたプロトタイプ制作への取り組みが行われ、バウハウスは世界で注目を受ける存在となりました。 バウハウスの終焉 1925年バウハウスはワイマール共和国の経済情勢、政治的混乱により閉鎖を余儀なくされます。 しかし同年、ドイツ国内の街デッサウでバウハウスは再出発を果たし、1928年には建築家であるハンネス・マイヤーが2代目校長に就任しました。 マイヤーが校長に就任することによりバウハウスの国際的評価は高まりましたが、徹底した機能主義を方針とするマイヤーは次第に共産主義色が強くなり、校内から反感を買い解雇されてしまいます。 マルセル・ブロイヤー 「ワシリー・チェア」 引用元:Wikipedia このデッサウ時代に今日のバウハウスのイメージを形付ける作品、グロピウスの「デッサウ・バウハウス校舎」やマルセル・ブロイヤー の「ワシリー・チェア」、ハーバート・バイヤーの書体「ユニバーサル」などが次々と生み出されました。 1930年にはマイヤーの後任として、近代建築の三大巨匠の1人であるミース・ファン・デル・ローエが3代目の校長に就任。 しかし、1932年にナチスによる弾圧でデッサウ校は閉鎖し、ベルリンに移転後、1933年に完全に閉鎖します。 多くの教師陣はアメリカに亡命し、シカゴにバウハウスの意思を継ぐニュー・バウハウスを設立し、世界中にバウハウスの理念を広めていきました。 身近なところで生き続けるバウハウスの意思 設立から閉鎖まで14年間という短い期間でしたが、バウハウスの誕生は現代の美術教育の規範になる教育システムの構築、合理主義・機能主義的考えを重視した方針、大量生産を前提とした工業化社会と芸術のあり方など、バウハウス閉鎖から約80年たった今もその思想は色褪せることなく、さまざまなデザイナーや芸術家に影響を与え続けています。 わたし達が普段使っている椅子や照明は、もしかしたらバウハウスの影響を受けたものかもしれません。 近年、デザインのトレンドとなっているフラットデザインもまた、バウハウスからインスピレーションを受けているものの1つであると言えるでしょう。 LAMY 2000 引用元:LAMY公式サイト 筆記具で有名なや、のロゴにも使われている書体「Futura」なども、バウハウスに影響を受けた代表的なものであり、今もなお輝き続けています。 弊社でも意識的にバウハウスの理念を取り入れており、ヨースト・シュミットが原案素描をしたポスターを飾っています。 時代によって必要とされるものが変わるなか、変わらず今も必要とされ影響を与え続けるバウハウス。 それには時代に翻弄されながらも持ち続けた、強い信念があったからなのだと感じました。 3 2004年 株 エクスナレッジ 訂正とお詫び 掲載時「バウハウスとは、第一次世界大戦後にドイツ中部の街ワイマール共和国に設立された、世界初の美術学校のことです。 」と記していましたが、東京藝術大学が1887年に東京美術学校として設立されていたため「バウハウスとは、第一次世界大戦後にドイツ中部の街ワイマール共和国に設立された、美術学校のことです。 」に修正致しました。 訂正とともにお詫び申し上げます。

次の