ヒートロトム 育成 論。 ヒートロトムの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ヒートロトム育成論 : 【キッス&リザ】尻尾ヒートロトム【絶対止めるマン】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ヒートロトム 育成 論

1%~114. 副産物としてSをある程度伸ばしたレも抜ける。 4振りミミと同速になるのでHを2つ落としてSを2つ上げてもいいと思います。 Dはちょうど テテフのFサイキネを耐えるラインになってます。 最速カグヤ抜きのSラインの調整は多いのでHかCを落としてSを1つか2つ、ないし3つ上げても良い。 だいたいのの上から動けるので無傷で後続へつなげやすい。 調整元の配分がやや過剰な部分があると思ったので少し削ってHを伸ばしました。 3%で木の実込3耐え D:C252リザYの晴れ文字を約97. 7%で木の実込3耐え S:余り やリザを意識した図太い HBD調整。 残念ながら意地思念の攻撃を2耐えできないのでBラインは最低限。 そしてなんと オバヒでが落ちない。 を倒すには削りが必要。 色々数値が足りてない。 参考構築の調整はCを多めに割いているものが多く耐久ラインとSラインがまばらだったんですが、 4振りグライ抜きが有用だと思ったのでここにSラインを合わせて耐久ラインを バシャの膝耐えで合わせました。 Cはへのダメージが足りていたので削りました。 の下からボルチェンしたいならSは抑えたほうが良いです。 その場合もう少しCに振れますね。 CはオバヒでASをやっと確定にできる程度。 ポリクチガッサに強め。 役割対象であるポリ2に投げることができる穏やか。 一応特殊電気炎勢にも投げられなくはないですが、明確な返しの打点がないので瞑想悪だくみで打ち負けます。 弱いな~。

次の

ヒートロトム育成論 : 剣盾S1 基本型眼鏡ヒートロトム|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ヒートロトム 育成 論

もくじ• また、技『どくびし』『まきびし』や特性『ありじごく』の効果を受けない。 耐性 「0. タイプが「でんき・ゴースト」から、「でんき・ほのお」に変化しています。 フォルムチェンジの方法は、 シュートシティのポケモンリーグ南にある民家のリーグスタッフにポケモン勝負で勝つと貰える「ロトムのカタログ」を使用し、【電子レンジ】を選んでください。 その他のロトムは、他の家電に入ることでフォルムチェンジできます。 フォルムチェンジすると、変化したロトムに応じた技を習得できますね。 ヒートロトムの場合は「オーバーヒート」を覚えます。 ヒートロトムの弱点は「じめん」なのですが、 特性「ふゆう」により弱点が無くなるので、半減タイプも多くて耐久力も高いです。 特性「かたやぶり」のスカーフドリュウズやオノノクスには弱いですが、弱点が無いので多くのポケモンと戦えるのは強みです! ヒートロトムの育成論 特性 【ふゆう】 じめんタイプの技を受けない。 また、技『どくびし』『まきびし』や特性『ありじごく』の効果を受けない。 弱点 「4倍」じめん 耐性 「0. まず、スカーフにより上からボルトチェンジを使えます。 不利対面で負荷を掛けつつ、有利なポケモンを展開することで、サイクル戦を有利に進められます。 ただ、 ボルトチェンジ読みをしてくる場合も多いので、それを読んで別の技を出すことも大切です。 でんき技でもう少し威力を出したい場合は、10まんボルトの採用も視野に入れること。 メインウェポンである「オーバーヒート」は、受け枠として採用される「ナットレイ、アーマーガア」などの鋼を処理できます。 鋼タイプは「でんき・ほのお」に有効打を持たないことが多いですし、スカーフヒートロトムの上はまず取れません。 そして、ダイマック時にはデメリットなしで威力140のほのお技が使えるのも大きいです。 「にほんばれ」状態により、ほのお技の威力も上げることができます。 攻撃と耐久だけでなく、トリッキーな動きも出来るのがロトム系の魅力ですね! まとめ ランクマッチでは鋼が多い環境なので、かなりヒートロトムの人気があります。 今作では、ほのお枠がそこまでいないので、ヒートロトムは優先的に育成するといいでしょう!.

次の

【ポケモン剣盾】ヒートロトムの育成論と対策【ポケモンソードシールド】

ヒートロトム 育成 論

ロトム タイプ でんき・ほのお 特 性 ふゆう 重量威力(けたぐり等) 20 種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 50 65 107 105 107 86 520 個別考察 FCロトムのひとつで、ユウキさんの代名詞でもあるヒートム。 全フォルムの共通項でもある特性《ふゆう》により地面タイプを無効にしつつ、独特のタイプ耐性があるため、一部のポケモンにピンポイントで対策ができます。 明確に仮想敵が決まっているため、《ボルトチェンジ》により積極的にサイクルに介入できる点がロトムの強みです。 ヒートムはフェアリー飛行に耐性を持っておりトゲキッスの対策になります。 また、鋼技も全然効かないのでアーマーガアやナットレイに役割を持たせてボルチェンから有利対面を作ってダメージレース上の優位性を作りましょう。 合計種族値は決して低くはないですが、HPがかなり低めに設定されていて、防御・特防の値だけ見ると結構耐久がありそうに見えますが、タイプ受けできないと割とHPゲージを持ってかれてしまうので、《オボンのみ》や《とつげきチョッキ》といった耐久を向上させるアイテムを持たせるといいでしょう。 水岩が弱点なので、抜群ダメージが想定される場面も多いと思います。 素早さ関係だけ確認を取って、ボルチェンなり即引きで後続に繋ぎましょう。 技考察 ボルトチェンジ 基本はボルチェンでサイクル介入します。 相手のパーティを見てロトムの技の通りが良さそうだと思ったら、10万ボルトやオーバーヒートで負荷をかけにいくと強いです 10まんボルト 電気技として抜群の知名度を誇る10万ボルト。 威力命中重視の安定択ですが、3割で麻痺を狙える放電も強力です オーバーヒート ヒートムの最高打点。 鋼タイプとの対面を作ったら眼鏡オバヒで相手の後続に超火力を押し付けましょう あくのはどう まともなサブウェポンと言えるのは悪波かシャドボのみ。 習得可能な特殊技で固めました。 火力を落とす代わりに特殊耐久に努力値を多めに回したりチョッキにシフトさせるのもありです。

次の