すけ さん。 高知さんさんテレビ

池松壮亮

すけ さん

ブログ「開店休業 インデックス投資Way」を運営する「けいのすけ」さん(30代後半の男性)は、東京・霞が関の中央省庁で国の政策立案に携わる国家公務員。 同じく国家公務員の妻、長男の家族3人そろって、非課税口座もフル活用しながら指数連動型のインデックスファンドでコツコツ投資を続けている。 官僚の身を明かした投信ブロガーは珍しく、投資家イベントにも積極的に参加し交流を深めている。 ブログ名にある「開店休業」は学生時代からのファンである邦楽ロックバンド「ユニコーン」の知る人ぞ知る名曲のようだ。 インデックス投資の「ほったらかし」のイメージにぴったり合うとして選んだという。 けいのすけさんのインデックス投資Way(道のり)を聞いた。 「2006年に、ネット証券でFX(外国為替証拠金)取引を手掛けていた知人から『手軽に口座開設できる』と教わり、日経平均株価連動のETF(上場投資信託)を購入したのが、私のインデックス投資の始まりです」 「その頃はまだ、投資が『資産形成』に役立つという考えは全くなく、ギャンブルに近い『一獲千金』ものととらえていました。 知人からもFXで大勝ちしたとか、大負けしたという話ばかり聞かされていました」 「そのため臆病な性格もあってFXや個別株には手を出せず、普段からニュースでなじみのある株価指数に連動するETFを選んだというわけです。 個別株とは違い、ETFが多くの銘柄に分散投資しているのは知っていました。 それでも最初に30万円ばかり投入した時はまさに『清水の舞台から飛び降りる』心持ちでした」 「ETFといえば、その数年前に竹中平蔵金融・経済財政担当相(当時)が『絶対にもうかる』という趣旨の発言をして物議を醸したことがあります。 最初に買ったのがETFだったのは『ETFはもうかる』と脳裏に刷り込まれていたのかもしれません。 「16年にブログを立ち上げました。 投資を始めてからそれまでの10年間はいくつかの投信ブログを参考にしながら『見よう見まね』のインデックス投資を続けていました。 そのうち次第に『せっかく大事なお金を運用するのだから、もっと自分の頭で理解しておきたい』と思うようになり、それには考えたこと・学んだ内容をブログに書き込んでいくのがいいと思い立ちました」 「何より私のインデックス投資の道は、常に孤独でした。 投資しているのを隠しているわけではありませんが、同じ話題を共有できる人が周囲に見当たらず、ブログを一つの契機にして、多くの投資家の方々と交流できるのではないかと考えたのです」 「面白いことに、引っ込み思案な性分にも関わらず『インデックス投資ナイト』や『投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year』などの投資家イベントにも参加してみたくなりました。 こうした交流の場で『同志』の方々と、普段はできないような投資の話をすると孤独からの解放感に満たされ、投資を続ける励みになります」.

次の

note【Amazonアソシエイト】稼げるか検証した結果|すけさん|note

すけ さん

DQ2 の名前候補の1つ。 中世風の世界観なのになぜか水戸黄門というブッ飛んだネーミングセンスには脱帽。 当時の子供たちにはの次くらいに不評であったことだろう。 また、かの救世主を出現させた場合、仲間になるサマル王子の名前もコレ。 なお、武器屋などですけさんに何かを買わせると、店主から「ほらよっ!すけさん さん」と呼んでくることから、本名「すけ」に敬称「さん」がついているのではなく、のように「さん」までが名前の一部であると思われる。 「なんでわざわざ「さん」付けた?」とツッコミたくなるだろうが、助さんの本名は佐々木助三郎(ささきすけさぶろう)なので「すけさぶろう」は文字数で大オーバー。 「すけさぶ」「さぶろう」も濁点が1文字になるので不可能。 「ささき」や「すけ」だとイマイチわかりにくいので、「さん」まで入れたのは無難と言えるかもしれない。 ちなみにFC・MSX版のみだが、主人公の名前を「みつくに」にした場合も、狙ったのか偶然なのか、サマルの名前はこの「すけさん」になる。 さらに、主人公の名前を「すけさん」にすると、サマルの名前も「すけさん」になるが、分かりにくいのでやめておこう。 当然だが、格さんが登場したり、の名前が「かくさん」や「おぎん」になるようなことはない。 名前を変えることはできるが 解説 に行く直前の分岐にいる、のスカモンの名前。 ルカナンを使うことができる。 能力値がそれなりなのでCランクまではチームに入れていても良いかもしれない。 しかし最大値は低いとまでは言えないものの微妙であり、なおかつHPは一切伸びないので、受けるダメージの多い後半ではさすがに厳しい。 どうしても使い続けるのであれば、微々たるものではあるが、ゾンビ系2体と組ませてHPを補強してあげよう。 、と組めば上記ボーナスに加えが使えるし、ルカナンで元々攻撃力の高いほかの2体を微力ながら援護できるので、コイツの活躍の場を増やしてあげられるかもしれない。 まぁ、十中八九足を引っ張ってしまうのだが… ところで、なぜサマル王子の名前がコイツについているのかは……詮索しないことにしよう。 むしろ、がいこつ=スケルトンだからすけさんなのであって、サマルとは無関係であることを願いたい。 もっとも、通り名を見る限り、王子とは関係なさそうである。

次の

けいのすけさん、官僚も家族で運用(投信ブロガー) :日本経済新聞

すけ さん

今回はnoteの収益化について、note始める人が興味ありそうな内容を書いてみます。 ・noteの収益化とは? ・Amazonアソシエイト運用方法とその結果を知りたい 私のnoteは 月間7~8,000Viewで、これまでに読まれた回数は2. 4万回を越えました。 月間View 年間View 今回、よく読まれているnoteにアソシエイトのリンクを貼った結果を掲載していきます。 1ヶ月前からAmazonアソシエイトリンクを貼って運用してみると、意外な結果になったのでnoteにまとめてみました。 それでは本編のスタートです。 noteの収益化 noteの収益化には、主に下記の方法があります。 ・有料note ・Amazonウィジェット プレミアム会員限定 ・Amazonアソシエイト noteを通じて仕事を受注など、媒体として利用する方法もありますが、note単体で収益を得るのは主にこの3つとなります。 有料noteのメリットは、出版社やメディアなどに依頼する必要もなく、noteによる規定の範囲内であれば、好きな額で販売ができます。 自企画から販売まで全て自分で行えるので、自由度が高い反面、中々売れなかったり、適正な価格設定が判断できないと、内容が充実していてもリピーターを獲得するのは難しいです。 さらに、価値の高いオリジナルコンテンツ・メディアでなければ、継続性のある安定した収益化は難しい。 となればAmazonウィジェットとアソシエイトで稼ぐ方法はどうか? Amazonウィジェットは有料会員にならなければならず、個人的にAmazonウィジェット単体で、そんな収益も期待できると思えません。 noteで商品紹介をして商品に興味を持ってもらい、その商品を買ってもらえるのはモチベーションアップにも繋がるので、noteの収益化を考えている方は、Amazonアソシエイトを導入する意味は大きいでしょう。 Amazonアソシエイトとは とは簡単に解説すると、Amazonの商品を売って報酬を得られるサービスです。 Amazonアソシエイトをnoteで始める場合、まずはAmazonアソシエイトに合格しなければなりません。 本来、Amazonアソシエイトは、ブログでの商品紹介をするためのアフィリエイトプログラムですが調べてみると、noteでアソシエイトに合格している方もいるみたいなので、ぜひチャレンジしてみましょう。 Amazonアソシエイトに合格する方法は、まずはAmazonのに沿ったコンテンツ作りを目指してください。 私の場合、無料のはてなブログで1,500文字以上の記事を4本執筆し、審査を受けて合格することができました。 しかし、同じような条件でも合格できない方がいるので、単に記事の執筆数等のみで合格できる訳ではありません。 更新頻度やコンテンツの内容 有益性 、サイト完成からの日数など、様々な基準で精査されます。 また、あくまでもネット上でよく言われているのが、Amazonでの購入実績や、加入の有無などが有利になるとも言われています。 Amazonアソシエイトの公式内容ではありません。 ほとんど同じ表示ですがよく見ると、記載されたURLに違いがあります。 amazon. jp アフィリエイトを知らない方が見れば、まず瞬時に判別できないので、アフィリエイトリンクを自然にnoteへ貼り付けできます。 個人的に、リンクは商品画像のようにも使えるので、せっかくならアフィリエイトリンクを使って、魅力ある商品を紹介するようにしましょう。 noteでAmazonアソシエイト運用結果 noteが読まれるようになると、Amazonアソシエイトで商品を紹介するのが楽しくなります。 単に、報酬がもらえるだけでなく、誰かが自分のnoteを読んで、気になった商品を見に行ってもらえるだけで、書いて良かったと思えます。 1ヶ月間、よく読まれているnoteを重点に、Amazonアソシエイトのリンクを貼って運用した結果を公開します。 公開と言っても、Amazonアソシエイトのレポートをそのまま公開するのは規約に抵触する可能性があるので、一部分のみを紹介します。

次の