テセウス 感想。 テセウスの船ドラマ最終回ネタバレ感想!心と文吾の結末はどうなった?|ライトのよかよかビデオウェブ

テセウスの船ドラマ最終回ネタバレ感想!心と文吾の結末はどうなった?|ライトのよかよかビデオウェブ

テセウス 感想

ドラマ「テセウスの船」最終回あらすじネタバレ これまでの事件の犯人にされた佐野文吾は連行されます。 誰かに青酸カリを飲まされたみきおが入院する病院へ心が行くと、木村さつきにみきおに近づくなと言い、みきおは目を覚ましたが記憶喪失になっていると言って心を追い払います。 その頃、警察に勾留されている佐野文吾の元に1冊の本が差し入れされます。 翌日、和子と心は佐野の面会に行くと、佐野は自分が犯人だと言い出します。 佐野の言葉が信じられない和子と心。 鈴は母和子にお父さんが信じられないのかと聞きます。 和子はお父さんが自分で犯人だと言ったことを明かします。 それでも鈴と慎吾はお父さんを信じたいと言います。 心はもしかしたら家族で埋めたタイムカプセルに佐野が何か書いていたから分かるかもしれないと言って、みんなでタイムカプセルを掘り返します。 佐野が入れていたのは家族に宛てた手紙でした。 佐野は子どもたち一人一人に向けて手紙を書き、みんなと家族になれて本当に良かったと書いてありました。 それを聞いて、子どもたちはお父さんを守りたいと言い、和子もみんなでお父さんを待つことにしました。 真犯人のことを聞き出そうともう一度みきおの入院している病院に行くと、みきおがいなくなっていました。 ベッドの下に落ちていた「THE END」と書かれたメモを見て、心は慌てて学校に向かいます。 学校に行くと、そこにはみきおが心のことを待っていました。 みきおは、鈴のヒーローになりたかったが、鈴は父佐野文吾みたいな正義の人が好きだから、佐野文吾が邪魔だったからこれまでの事件を起こしたと犯行を全て細かく自供しました。 しかし佐野が捕まって鈴が学校でいじめられていることを知ったみきおは、鈴が今望んでいるのは佐野文吾を無罪にしてあげることだと言い、ポケットに仕込んでいたボイスレコーダーを出し、みきおは心の前で青酸カリを飲んで自殺を図ります。 みきおが自供した声が全て入ったボイスレコーダーを持って、心は警察署に行きます。 みきおが犯人だと知った警察は、佐野文吾を釈放します。 家族に迷惑をかけたと謝る佐野に、佐野家はまた家族一丸となり笑顔が戻りました。 心と佐野はみきおの共犯者は誰なのかと考えます。 心は音臼村祭のチラシを見せ、佐野にこの時何があったのかと聞きます。 すると佐野は、毒キノコを入れたのは田中義男の妻だったこと、田中義男は妻が入れたということを県警にかけあって妻が罪にならないようにもみ消しにするように言ったことを思い出します。 翌日、音臼村祭りの当時の調書を見直していた佐野は、石坂校長の息子が祭りに来ていてケンカに巻き込まれて軽い怪我をしたと書かれていたことを見つけます。 石坂校長に話を聞こうと心と佐野は学校や自宅に向かうも、校長はどこにもいませんでした。 先に駐在所に戻った心は、扉に佐野文吾宛ての封筒がはさまっていることに気付きます。 その手紙には、かつての由紀のノートのコピーが入っていて、最後に佐野家の家族皆殺しが嫌なら音臼神社へ一人で来いと書かれた紙が入っていましたが、心は佐野に手紙のことを見せませんでした。 翌朝、和子が慌てて、布団がたたまれていてその上に佐野家で過ごした日は一生忘れないと感謝の言葉が書かれた心からの手紙が置かれていましたと佐野に言います。 その時、30代男性が山小屋付近で倒れていると無線が入り、それが心だと思った佐野は急いで山小屋へ向かいます。 家族の未来を守る為に音臼神社へ一人で向かった心は犯人を待つも犯人は現れませんでした。 急いで駐在所に電話をし、和子から佐野が山小屋へ向かったと聞き、山小屋へ向かいます。 先に山小屋へ着いていた佐野は背後から何者かにナイフで脇腹を刺されます。 振り返ると、刺したのは田中義男の長男正志でした。 正志は音臼祭りの後、そんなキノコを入れただけなのに母が捕まり、父親に捨てられ、苦労して死んでいったこと、殺人犯の子どもとしていじめられ、それを苦に正志の妹は自殺したと言います。 そして父義男が大病して久しぶりに音臼村に戻ってきた正志はその時、佐野から家族は大事にしないとと佐野にのんきに言われたことが許せなかったと話します。 みきおは佐野文吾が邪魔だという目的が一緒だったから共犯したと言います。 再び佐野に襲い掛かる正志は、心は殺したと言うと佐野は逆上し、ナイフを取り上げ、正志の上へ馬乗りになってナイフを向けます。 しかし、心のことを裏切れないと言う佐野はナイフを下ろし、正志が今まで苦労してきたことに気付いてあげられず申し訳なったと謝ります。 そこへ心がやってくると、正志はお前を殺人犯にするから殺せと言って、なんとか自分をナイフで刺させようともみあい、心も加わり、3人で正志のナイフを取り上げようとしていると、ナイフが心の胸に刺さってしまいます。 心は、家族の未来を守る為にここにきたと言い、佐野はお前は俺の息子だと言うと、心は笑顔を浮かべながら死んでいきます。 30年後、佐野家は家族みんな集まって外食を楽しんでいました。 そこへ心と由紀夫婦がやってきて、由紀が女の子を妊娠したと言います。 佐野は子どもの名前を提案させてほしいと言い、明るい未来へと進んでいく、未来と書いて「みく」と言う名前を提案すると、心は全く同じ名前を考えていたと言います。 佐野は心がタイムカプセルに入れた指輪をポケットからこっそり出して、指輪の内側に刻まれた「YUKI TO SHIN」の刻印を感慨深く見つめるのでした。 ドラマ「テセウスの船」最終回感想!結末にガッカリ? 原作漫画のストーリーとは全く違い、ドラマオリジナルだったので、最後まで気を抜くことなく見入ってしまいました。 みきおの犯行の動機は原作漫画とほぼ同じだったのでなんとなく受け入れられたのですが、まさかみきおの共犯者が正志(霜降り明星・せいや)だったことには驚きです。 せいやは芸人ですし、他の俳優陣に比べると演技力はそんなにないだろうから、犯人という重要な役はないと思っていただけに、まさかの大どんでん返しでした。 でも、迫力ある演技でとても惹きつけられて、手に汗を握りました。 心が死んでしまうところも、原作漫画では、佐野を守るために自分が犠牲になって死んでしまいますが、ドラマではもみあっていてナイフが刺さってしまうという事故のような形でしたが、佐野を守るためだったという点では、原作漫画と同じでしたね。 心が死ぬ時、佐野が俺の息子だと叫ぶシーンは、漫画でもドラマでもやはりぐっとくるものがありました。 佐野と家族を守るために未来からきた心の目的は果たされたということですよね。 心が死んでしまうのは悲しいけれど、今まで味わえなかった家族のしあわせをタイムスリップした後、十分味わえたという意味では、心の人生はいい人生だったのではないでしょうか。 心が死んでしまって悲しい気持ちになりましたが、数十年が経った未来では、佐野家は昔と変わらず家族団らんで幸せそうでしたのでとてもほっこりとしましたね。 しかし、最後のシーンでどうしても気になることがありました。 大人になった佐野慎吾役で、ハライチ・澤部が出てきて、一気に目が覚めたというか、ちょっと残念な感じがしたのは私だけでしょうか。 子供の時の慎吾の髪型(坊主)と同じ髪型だから澤部がキャスティングされたと考えられても仕方ないですよね。 せっかくほっこりした最後のシーンで、もちろんストーリーも最後キレイな結末を迎えていたのですが、澤部に一気に全部持って行かれたような気がして・・・。 ある意味ガッカリはしましたが、ずっと緊迫していただけに、緊張と緩和で思わず笑ってしまい、それはそれでよい結末だったのかな、と思っています。 最後の澤部で若干の引っかかりを感じはしましたが、たいてい原作漫画のドラマはハズレというか、やっぱり原作の方が面白いと思うことが多いですので、ドラマ「テセウスの船」に関しては原作漫画と同じくらい、素晴らしいオリジナルストーリーで、とても面白く、楽しませてもらいました。 来週から、なんともじれったい心と文吾のコンビがもう見られないと思うと、しばらくはテセウスロスになりそうです。 また、続編や映画化などで二人のコンビを見られる日が来ることを期待して待ちたいと思います。

次の

テセウスの船最終回【第89話】 最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

テセウス 感想

tbs. 冤罪で逮捕された佐野文吾や、自分達の家族の悲しい過去を変えるために動いていた田村心の捜査は大詰めを迎えていた。 やっと真犯人らしき人物の証拠をつかんだのだ! そのことを文吾に報告し、平成元年6月24日。 ついに事件が起こった音臼小学校でのお泊り会当日を迎える。 心と文吾は警戒態勢を強め、各所から持ち込まれて飲料や食料は全て子供たちに食べさせないよう村中に呼びかける。 しかし、楽しみにしていた子供たちからはブーイングが響きわたる。 そして保護者達からもやりすぎだとクレームが! しかし絶対に事件が起こってはならないため、村人の反論にも屈せず、警戒を強める。 そんな中教室では。 黒板にあの 真犯人の絵がまたしても描かれていた。 その頃。 山道を歩いていた紀子。 すると慎吾が倒れているのを発見する。 そしてすぐさま村へ連れて帰る紀子。 そこで慎吾が、心と文吾に衝撃の言葉を口にするのだった。 和子と鈴が知らない男に連れ去られたと。 tbs. ココからは完全ネタバレ。 まだ ドラマの結末を知りたくない方は要注意です。 木村さつきの失踪とクラスの黒板に書かれた不吉な絵 平成元年6月24日。 音臼小学校のお泊り会当日。 遂にあの事件の日が来たのだ。 心は高学年教材室にいた。 そこで教材室担当の先生に出会い、ある狐のお面について問いかけた。 するとその お面は音臼村で毎年1月7日にお祭りが開催される時に使用されるもの。 子供が稲荷のお面をして、お供えをもって山に入る風習があるとのことだった。 そして 1月7日こそが、田村心がタイムスリップしてきた日だった。 心はさっきまで職員室にいたはずの木村さつき先生がいないことを報告。 慌てて文吾に無線を飛ばし、お泊り会会場となる教室へ向かう。 すると教室の黒板には、 真犯人が書いたと思われる不気味な絵が! そう加藤みきおが書いたのだ。 更に、廊下の窓ガラスが割れていた。 鍵は閉まっていないのになぜ? スポンサーリンク 音臼小学校での持ち物検査 音臼小学校の外では持ち物検査が行われていた。 村人は、「何で自分たちが持ち物検査されなくちゃいけないんだ!!」と不満をぶちまける。 心の活躍によって、過去の記録が書き換えられている音臼村。 勿論みきおの行動も、事件が起こった原因も書き換わっていた。 そんな中、 校内放送が流れる。 加藤みきおの声だ! すぐさま放送室へ向かう心と文吾。 するとそこにはリュックを背負った加藤みきおがいた。 加藤は「また鈴ちゃんと会いたいな!」と意味深な挑発。 その一言に 不信感を感じた心と文吾は、加藤のリュックの中を調べようとするが・・・。 取り上げた リュックの中には水筒以外何も入っておらず・・・。 さらには、他の教職員たちから「少しやりすぎでは?」との声も上がっていた。 心たちは加藤の水筒の中身を全部捨てる。 そして文吾はこういった。 18時には火災報知機を鳴らして会を中止にする。 それまでに子供たちに一切飲食をさせないと。 そして小学校にやってきた木村さつきの父に、さつきがどこに行ったのか聞くが・・・。 消息は分からず。 文吾は村人全員から食べ物と飲みものを全て回収し、18時までは絶対に飲食しないで欲しいと伝えた。 加藤みきおが子供たちに怪しい粉末を配る 一方図書室では。 加藤が子供たちを集め、密かに謎の粉末を配っていた。 大人たちには絶対に内緒だと言って・・・。 これを水に溶かすとジュースになるのだとか。 すると心が図書室に現れ・・・。 加藤を警戒するためにずっと後を付いて行く心。 そして遂に18時が近くなり、全員は多目的教室へ集合することとなった。 スポンサーリンク そして18時。 火災報知機を鳴らす心だったが、鳴らない! 慌てて多目的教室に戻る心。 すると子供たちが謎の粉を水に混ぜて飲もうとしていた。 心は慌てて止めに入り、飲料の中にドクが入ってる可能性がある事を話した。 その時だった! 加藤が謎の粉入りの水を飲み苦しみ始める。 ・・・というのは自作自演の演技。 この粉末は、本当にただのジュースだったのだ。 山道で倒れていた慎吾を助けた紀子 小学校に向かうため山道を歩いていた紀子。 すると慎吾が道中で倒れているのを発見する。 慌てた紀子は慎吾を背負い、雨に濡れながら小学校へと連れ帰ってきた。 慎吾は、 「お母さんと、お姉ちゃんがいなくなった」と話していたそう。 その話を聞き、お泊り会を中止して警察署へ通報する決意をした文吾。 また 慎吾のポケットの中には 1枚のメモ用紙が入っていた。 そこに書かれていたのは、 謎の絵と18の番号。 そしてもう一つ持っていた紙には 30の番号と風車が書かれた。 恐らく18時30分に何かが起こるかもしれない。 でも二人が小学校を離れるのは危険と判断し、心が計測小屋に向かうことに。 心が謎の男に襲われる すぐさま車を飛ばし到着。 計測小屋を開けようとした瞬間。 後ろから何者かに襲われた。 気を失った心。 気が付いた時には、手錠をかけられ動けない状態で、小屋の中に閉じ込められていた心。 すると心を襲った謎の男が登場。 実は この男の正体は、 現代の加藤みきお。 加藤も過去にタイムスリップしてきていたのだ。 そして加藤は計測小屋に火をつけた。 いったい心はどうなってしまうのか? 加藤みきおが事件を起こした理由 加藤は心にこう話していた。 お泊り会の事件にはもう興味はないと。 自分はただ 純粋な最初の頃の鈴が欲しかっただけだと。 加藤が音臼小学校に転校してきた時のこと。 孤独だった加藤に優しく接してくれたのが鈴だったのだ。 その頃から加藤は、ずっと世界が自分と鈴だけの世界を夢見てきたのだとか。 スポンサーリンク そしてある日、加藤は鈴に 好きな人について聞いたのだとか。 すると鈴は、「将来結婚するならお父さんみたいな人がいいな」と回答。 この事がきっかけで加藤の恋の歯車が大きく狂い始め・・・。 あの事件に繋がっていった。 明音ちゃんを閉じ込めたのも加藤。 なぜなら、鈴を傷つけたから。 そして加藤はある日、夢を見たという。 佐野文吾が事件の犯人となり逮捕される夢を。 それから夢を実現させるために加藤が起こした行動だった。 鈴の居場所を探し続けていた加藤 事件の後、加藤はずっと鈴の居場所を探していたのだとか。 児童養護施設、学校、職場・・・。 整形していたことも。 そしてある日、リハビリ施設で鈴をみつけた。 でも再会した時には、あの頃の好きだった鈴とは別人となっていた。 だから加藤は1月7日の祭りで全員を巻き込んで、自分もこの世を去ろうとしていたのだ。 その瞬間、心が平成元年に現れたのだ! つまり、 加藤は心がタイムスリップする前からタイムスリップしていたことになる。 加藤は平成元年当時の加藤みきおに接触。 自分がしたことが原因で車椅子状態になることを説明し、思ってる事と違う行動を取る必要がある事を話した。 自分の夢を実現させるためには、佐野文吾と田村心。 この二人をけすしかない!! そう助言した。 和子と鈴が連れ去られた真相 和子と鈴が自宅に待機していた時の事。 大人の加藤が現れ、文吾が戻るまで駐在所の方で待つように仕向け、音臼小学校の旧体育館、物品室に閉じ込めた。 本来起こった事件のような内容では、鈴の心が変わってしまう。 そのため 一番ベストなのは、佐野文吾と言う男をけすことだった。 田村心を事件の犯人だと仕立て上げるため、計測小屋に閉じこめ、火を放った。 そして 誰だかわからない状態で警察たちに遺書と共に見つけさせるという作戦。 全ての罪を告白して最後には、加藤信也としてこの世を去ってもらう。 その時正義の味方になるのは一人だけ。 そう、 加藤みきお! 事件を自ら起こし、他人に擦り付けることで自分を英雄にするという思惑だったのだ。 スポンサーリンク 自作自演 音臼小学校が混乱する中、皆は体育館に集められていた。 そこに加藤みきおが学校の物品室に閉じ込めていた鈴を助け出し、体育館へ運ぶ。 そして和子の居場所も文吾たちに伝えた。 更に自作自演の遺書となる加藤信也のメモ紙を文吾に手渡す加藤。 しかし、加藤を信用できない文吾は反論。 「お前が加藤信也とやったんだべ?」と言い放つ。 だが、周囲の村人たちは自作自演とは知らず・・・。 加藤みきおが鈴と和子を発見したと思い込み、感謝の言葉と賞賛の声が飛び交う。 文吾と心の決定的瞬間 文吾はふと心の事を思い出し・・・。 車で山小屋へ向かう事に。 山小屋周辺での捜索が進む中、加藤信也が文吾の背後から忍び寄り・・・。 文吾を襲おうとしたその時だった! 横から心が現れ身代わりに。 実は火の付いた山小屋内で心は、手錠が繋がれた壁を壊し脱出していた。 そして心は、加藤が犯人だと決定づける証拠のカセットテープを文吾に渡し、この世を去って行った。 文吾は反応しない心に対し・・・。 「お前は俺の子だ!俺の息子だ!」と訴えかけ・・・。 涙を流しながら何度も「起きてくれ!」と叫んでいた。 事件から28年後 心が亡くなり、 加藤が捕まってから28年後の2017年6月10日。 音臼村の閉村が決まり、閉村式が6月24日を控える中。 文吾・和子・鈴・慎吾の4人は音臼村の田村心の墓参りに来ていた。 そして4人は平成元年に埋めたタイムカプセルを開封。 慎吾はキン消し。 鈴は当時使っていた筆箱。 和子はインスタントカメラ。 スポンサーリンク 文吾はもう探していないと言い・・・。 それよりも他に探したい人がいると言った。 その人物は 岸田由紀という女性。 心の奥さんになるはずの女性だ。 その時慎吾がタイムカプセルに入ってたインスタントカメラを現像してきた。 中には、田村心の写真が! 和子は写真を観て「ちょうど今の心と同じくらいの年じゃないかしら?」と話す。 えっ!? もしかして心は生きてたの? 現代で心は生きていた! 実は当時和子のお腹の中にいた子供の名前を 『正義』にする予定だった。 しかし文吾たっての願いで 『心』と命名することに。 そして文吾は心に、ある画像を送った。 それはタイムカプセルの中身のメモ。 そこにはこう書かれていた。 『どんな過去があろうとも過去に逃げず、今を生きろ!By父』。 メールを受け取った心はというと。 学校の教員になっていた。 そして 同じ職場の女性といい関係に。 そう!その女性こそ、 岸田由紀でした。 その昔、クレタ島から帰還した英雄、テセウスの船を人々は後世に残そうとした。 時と共に古くなり朽ちた部品を新しい部品に交換するうちに、当初の部品は全てなくなった。 ココで矛盾が生じる・・・。 この船は最初の船と同じと言えるのか・・・。 おわり。 テセウスの船のドラマをお得に視聴する方法は。 こちらの詳細はドラマ放送後に追記させていただきます。 最終回の放送は2020年3月末頃と予想。 更新までしばらくお待ちください。 最終回後のTwitterの反応や感想 テセウスの船最終回後のTwitterの反応や感想ついて。 こちらの詳細はドラマ放送後に追記させていただきます。 最終回の放送は2020年3月末頃と予想。 更新までしばらくお待ちください。 最終回の視聴率 テセウスの船最終回の視聴率について。 こちらの詳細はドラマ放送後に追記させていただきます。 最終回の放送は2020年3月末頃と予想。 更新までしばらくお待ちください。 テセウスの船のドラマをお得に視聴するには? テセウスのドラマ録画を忘れて視聴出来ない。 観るのを忘れてた! そんなことってありますよね? でも大丈夫です。 テセウスの船のドラマを初回から最終回までマルッと視聴できるお得な方法があります。 その詳細については別記事にてご紹介中。 現時点でのこの記事の内容をまとめると以下になります。

次の

テセウスの船|最終回(10話) ネタバレ感想【黒幕も心と同じ人生だった】3/22|DRAMARC

テセウス 感想

心先生が、また余計なことをしているらしい。 今さら過去は変えられるはずがない。 僕の鈴は、絶対に渡さない。 一方、心たちを止めたい人間がもう1人。 みきおが音臼小事件に関与していることに気づいていたサツキ。 何としてもみきおを守るために、藍に強いプレッシャーを与え続ける。 そしてついに、藍がサツキの睡眠薬で倒れる。 しかし、サツキの歪んだ愛情はみきおには届かない。 やっと一番欲しいものを手に入れたのに。 邪魔するヤツは許さない。 それが、誰でもあっても。 — おじいさんの古い斧 gfsoldaxe 愛する藍を傷つけたサツキは、みきおにとってはもうただの敵。 みきおが鈴を愛していたことまでは、サツキと共有できていなかった…。 そんな中、みきおを邪魔する人物がもう1人現れていた。 僕を脅すなんて、何を今さら。 完全犯罪の達成者は僕一人だ。 正志は何もできなかったくせに。 心の登場によって、再び音臼小事件が掘り返される。 共犯だった真相が明らかになることを恐れた正志は、みきおに余計な動きをしないよう脅迫したのだった。 藍からも距離を置かれるみきお。 狂い始めた世界は正さなければ、みきおは邪魔者を全て消すために動きはじめる。 ただ1人、真相を知る正志を殺し、心にその罪をなすりつけ逮捕させる計画だった。。 嘘のクレームで協力者の由紀を引き離し、心を1人で正志のもとへ向かわせる。 念入りに、慎重に。 幸せな未来に、もうあなたはいらない。 — おじいさんの古い斧 gfsoldaxe すべてがみきおの思い通りに進んでいたが、由紀の協力で心は釈放されてしまう。 そしてみきおはついに、心を直接消すことを決める。 Sponsored Search テセウスの船「犯人の日記」後編の感想 テセウスの船「犯人の日記」後編の感想です。 Paraviの「犯人の日記大公開の後編」見た。 やっぱりまさしは31年後にみきおに殺されることを知ってみきおを捨てたんやな。 犯人の日記大公開 後編。 やや駆け足だったけど、納得できたし、スッキリした。 でもやっぱ最終回にこれを含めて、放映してくれればと、誰もが思うはず。 みきおは更生してるのか? と、唐突にブッコム鈴木亮平ほんといいね。 まで、全13タイトルが 無料で見放題できます。 突然失礼します。 今Paraviにあがってる、 「完全ネタバレ! 犯人の日記大公開」 を見ると、回収されます!! 私はこれを見るために先ほど会員登録したのですが、2週間無料体験期間内に解約すれば、料金はかからないようです。 けっこう「なるほど」ってなりましたよ! — みっきー takemikky 「テセウスの船 完全ネタバレ! 犯人の日記大公開」後編ご覧いただけましたか?来週はディレクターズカット編が公開されます。 未公開シーンも入ってます、是非見てくださいね。 本ページの情報は2020年3月時点のものです。 最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。

次の