キッチン タオル掛け。 100均のふきん掛け6選!ダイソー・セリア別!ふきん干しも

タオル掛けハンガーライン取っ手用|JUG30KYE3|ハイ・パーツショップ

キッチン タオル掛け

システムキッチンのタオルかけ にはタオルリング(タオルハンガー)が付属していました。 このタオルリングは挟んでネジで止めるものなので、レール上ならどこでも設置することができます。 しかし、使用してみると場所が限られます。 長いタオルをかけると、下の段の 扉を開閉するたびにタオルが挟まってしまうというのがあるからです。 最初はシンクの下の段の扉についており、その位置は扉の開閉時にタオルが挟まれるという心配はタオルが短ければありませんが、位置が低くなってしまい使うたびに屈まなければならず面倒です。 タオルリングが取っ手になる 子供には要注意! タオル掛けを右の開き戸につけると高さ的にもちょうどよく、下に扉がないのでタオルが挟まれることもありません。 すごくいい位置なのに問題点が・・・ このタオルリングをつかんで子供が扉をあけるようになったのです。 まだ歩き始めたばかりの頃にこれを取っ手代わりにして扉をあけて右の隙間部分に指を挟んでしまい、子供が泣き叫んでいるのに指が抜けないという青ざめる出来事がありました。 なんとか指を抜くことができましたが、それ以来この位置にハンガーを置くのはやめました。 扉ロックをつけるなり事故を防ぐ方法もありますが、手の届くところにタオルがあると引っ張られて落とされたりもするので小さいうちはハンガーを使うことを諦めました。 よくみると『リングを持って扉を開閉しないでください 破損しケガをする恐れがあります』という注意のシールが貼られています。 大人なら注意書きを読んで掴まないようにすることができますが、子供はそうもいきません。 別にタオルかけを置く タオルハンガーが使えないので冷蔵庫にタオルかけをつけることにしました。 マグネットタイプなら動かすのも簡単で貼り付けタイプと違って跡も残りません。 これはキッチンペーパーホルダーですが、タオルもかけられます。 冷蔵庫に貼る場合も手の届く位置だと引っ張られていたずらされてしまうので高い位置にしなければなりません。

次の

タオル掛けハンガーライン取っ手用|JUG30KYE3|ハイ・パーツショップ

キッチン タオル掛け

ではさっそく100均で買えるタオルかけを見ていきましょう! ラインナップはこちら。 セリア・扉掛けタオルハンガー• ダイソー・磁石タオルバー• セリア・吸盤タイプのタオルかけ• セリア・アイアンバー• セリア・キッチンワイヤーフリーバー• セリア・木製タオルハンガー• セリア・L字型アイアンバー• ダイソー・シンク扉用タオルかけ• セリア・タオルホルダー• セリア・マグネットタオルバー 10種類の100均タオルかけはデザインも形も様々で バリエーションが豊富なので、ぜひ参考にしてくださいね。 こちらのタオルかけは、扉の部分に差し込めばすぐ使用できるタイプのもので、壁に取り付けたりする必要がなくすぐ取り入れることができますよ。 真ん中にはロゴマークが入っていますが、真っ白なボディでシンプルなデザインになっているので、生活感を隠しながらすっきり収納できる優れもの。 扉の厚みは12㎜~24㎜まで対応しているので、ご家庭のキッチン扉や洗面台の扉の厚みを確認してから購入しましょう。 L字型アイアンバーは、片方だけを壁に取り付けて使うタイプの商品なので、とにかく見た目がおしゃれ。 手を拭くタオルをかけたり、ダスターを乾かしたり、トイレットペーパーホルダーとして使ったりと色々な使い方ができますよ。 壁に取り付けたり、裏にマグネットを貼ったりとアレンジできるので DIYが好きな方におすすめのタオルかけです。 こちらのタオルかけは扉に引っ掛けて使うタイプのタオルかけなので、キッチンや洗面所などの扉に取り付けて使いましょう。 タオルをかける部分が扉にくっつかないようになっているので、 通気性が良く衛生的にも安心して使えますね。 真っ白でシンプルなデザインなので、インテリアにも馴染んでくれるのでおすすめ。 こちらのタオルかけは吸盤でぺたっとくっつけたあと、タオルを挟み込んで使うタイプのタオルかけになっているのが特徴。 一度タオルを差しこんでしまえば簡単にはタオルが落ちてこないので、使い勝手も悪くありません。 コンパクトなサイズなので、収納スペースがあまりない場所でも活躍してくれますよ。 タオルかけ以外の使い方のアイデア 100均のタオルかけをいくつか紹介させていただきましたが、このタオルかけは色々な使い方ができます。 洗濯グッズ収納• お風呂グッズ小物収納• キッチングッズ収納• スリッパラック• 傘の収納• トイレットペーパー収納 なかなか思いつかないような使い方のアイデアが登場します。 洗濯機の上に棚がある方は、棚の裏にアイアンバーを取り付けてハンガーを収納するのがおすすめ。 洗濯兼物干し場として使っている方に最適のアイデアです。 洗濯機は磁石・吸盤どちらもくっつけることができるのでタオルかけを設置して、バススリッパを収納するのもおすすめ。 お風呂場は吸盤だけではなく、磁石がくっつくお風呂場もあるのでどちらのタオルかけでも使うことができますよ。 体を洗うタオルや、掃除グッズなど重くないものを収納するのに最適です。 すぐに取り外すことができるので掃除もしやすく衛生的にも安心して使えますね。 磁石がくっつくタイプのレンジフードであれば、ここにタオルかけをかけてキッチンツールを吊るせますね。 冷蔵庫も磁石がくっつくので、ハサミを収納するのもおすすめ。 濡れたダスターを乾燥させる専用スペースを作れば、衛生的にも良いですね。 アルコールスプレーや掃除用のスプレーの部分を引っ掛けて吊るせたりと、キッチンは タオルかけが使いやすいので色々な使い方ができるのでおすすめ。 勝手口で履くスリッパは外に出したままにしてしまうとすぐに劣化してしまいますので、家の内側の窓の部分にタオルかけを取り付け、スリッパをかけて収納しておきましょう。 玄関先のドアの内側にタオルかけを取り付けてスリッパを収納すれば、スリッパを出しっぱなしにしなくて済みますね。 画期的なアイデアなので、ぜひ取り入れてみましょう。 靴箱の内側にタオルかけを取り付ければ、 外からは見えずに傘を収納することができますよ。 もちろん扉の内側でなくても収納可能なので、傘の収納場所に困っている方はぜひ試してみてくださいね。 L字型のアイアンバーを壁に取り付ければ、トイレットペーパーを差しこんで収納することができますよ。 おしゃれなデザインなので、トイレットペーパーのストックを収納しても様になります。

次の

キッチンのタオル掛け(タオルハンガー)のおすすめは?人気デザインを紹介!

キッチン タオル掛け

システムキッチンのタオルかけ にはタオルリング(タオルハンガー)が付属していました。 このタオルリングは挟んでネジで止めるものなので、レール上ならどこでも設置することができます。 しかし、使用してみると場所が限られます。 長いタオルをかけると、下の段の 扉を開閉するたびにタオルが挟まってしまうというのがあるからです。 最初はシンクの下の段の扉についており、その位置は扉の開閉時にタオルが挟まれるという心配はタオルが短ければありませんが、位置が低くなってしまい使うたびに屈まなければならず面倒です。 タオルリングが取っ手になる 子供には要注意! タオル掛けを右の開き戸につけると高さ的にもちょうどよく、下に扉がないのでタオルが挟まれることもありません。 すごくいい位置なのに問題点が・・・ このタオルリングをつかんで子供が扉をあけるようになったのです。 まだ歩き始めたばかりの頃にこれを取っ手代わりにして扉をあけて右の隙間部分に指を挟んでしまい、子供が泣き叫んでいるのに指が抜けないという青ざめる出来事がありました。 なんとか指を抜くことができましたが、それ以来この位置にハンガーを置くのはやめました。 扉ロックをつけるなり事故を防ぐ方法もありますが、手の届くところにタオルがあると引っ張られて落とされたりもするので小さいうちはハンガーを使うことを諦めました。 よくみると『リングを持って扉を開閉しないでください 破損しケガをする恐れがあります』という注意のシールが貼られています。 大人なら注意書きを読んで掴まないようにすることができますが、子供はそうもいきません。 別にタオルかけを置く タオルハンガーが使えないので冷蔵庫にタオルかけをつけることにしました。 マグネットタイプなら動かすのも簡単で貼り付けタイプと違って跡も残りません。 これはキッチンペーパーホルダーですが、タオルもかけられます。 冷蔵庫に貼る場合も手の届く位置だと引っ張られていたずらされてしまうので高い位置にしなければなりません。

次の