エンドロール 作り方。 エンドロールを手作りする方法

エンドロールの作り方(Windows Live ムービーメーカー 2012 エンドロール)

エンドロール 作り方

「エンドロールムービー」や「エンディングムービー」などのテンプレートが用意されているので、写真とテキストを入力するだけ、効率的且つ簡単にエンディングを作成できます。 LightMVを使ってエンドロールの作り方は下記ご参考ください。 公式サイトを開き、「動画作成開始」をクリックします。 または下記のボタンでスマホアプリを利用することもできます。 「エンドロールムービー」または「エンディングロール」テンプレートをプレビューしてから選択します。 短いエンドロールが必要な場合「エンディングロール」を選択して、長いエンドロールを作りたいなら「エンドロールムービー」を選択してください。 エンドロールを編集する画面で、「Please inter your text」をクリックして、クレジットタイトルを入力します。 画像アイコンを押して、エンドロールに使う写真または画像をアップロードします。 「他のミュージックにする」をクリックして、好きな音楽をエンドロール動画に追加できます。 編集が完了したら、「無料作成」をクリックします。 後は作成が完了するまで待つだけです。 クラウドで生成するので、作成ウィンドウを閉じてもかまいません。 作成は無料ですが、ローカルにダウンロードする場合、お金がかかりますので、ご注意ください。 Cute CUT(Android・iPhone) Cute CUTはAndroidとiPhone両方で使えるエンドロールムービー作成に利用できる動画編集無料アプリです。 画像・動画の加工と編集、トランジション効果、ピクチャー・イン・ピクチャーなどの機能が搭載されています。 友好なインターフェースがあるので、Cute Cutを使えば、簡単な操作でエンドロール動画が作れます。 アプリを下記からスマホに入れて、起動します。 左上の「+」をタップして、新しい映画を作ります。 「+」をタップして、エンドロール作りに使うビデオまたは写真素材をインポートします。 またトラックの「+」をクリックして、テキストを選択して、エンドロールに使うクレジットタイトルを入力します。 鉛筆のようなアイコンをタップして、「+」をタップして、トランジション効果から「下にイン&上にアウト」を選択します。 シェアボタンをタップして、端末に保存またはYouTubeやFacebookにシェアします。 iMovie(iPhone・iPad・Mac) Mac OSユーザーなら、エンドロール自作に最適な無料ツールはiMovieです。 エンドロールムービーを作成するため、既成の様々なエフェクト、切り替え効果、テキストスタイルから選べます。 さらに、バックグラウンドミュージックを加えることも可能です。 iMovieを使ってエンドロール動画の作成方法は以下です。 「スポットライトサーチ」から、iMovieを開きます。 「タイトル」タブをクリックすると、全てのタイトルが一覧表示されます。 エンドクレジット用のタイトルには「エンドロール」という専用のものがあります。 このタイトルをタイムラインにドラッグして、プレビュースクリーンをクリックして、キャプションを編集します。 BGMを加えたいなら、タイムラインにドラッグして、タイトルに合わせた長さに設定します。 BeeCut(Windows・Mac) 映画エンドロール作成には、多機能搭載の無料のビデオエディターを使うことができます。 初心者むけなので、使い方が簡単で、いちからビデオを作ったり、クレジットタイトルを入れたりなどが楽にできます。 また、フィルター、切り替え効果などを手軽に活用して、エンドロール自作には特にスキルなどが必要ありません。 下記のダウンロードボタンからBeeCutをパソコンにインストールします。 ソフトを立ち上げて、アスペクト比をご必要に応じて選択します。 「テキスト」タブをクリックして、「EndStyle1」を選定して、ドラッグ&ドロップしてトラックに配置します。 鉛筆のような編集ボタンを押して、テキストを編集します。 「出力」をクリックして、エンドロール動画をローカルに書き出します。 後書き 以上はエンドロールやED動画の作り方の紹介でした。 エンドロールがしっかり作られているとムービー全体がきれいにまとまって、より印象的な動画作品として視聴者の思い出にも刻まれます。 エンドロール自作にチャレンジするなら、ぜひ上記の無料方法で試してみてください。

次の

結婚式のエンドロールムービーの作り方!全5ステップを徹底解説!|WeddingMovieLabo

エンドロール 作り方

エンドロールってどうやって作るの?• カッコいい雰囲気のあるエンドロールを余興動画の最後に流してみたい! 映画の最後に必ずと言っていいほど、流れるエンドロール。 作品に携わるキャストや監督、協力会社などの名前が流れるとともに、エンドロール用の音楽が流れ、映画を締めくくります。 個人で作成する余興動画にもエンドロールを設けることで、一段とクオリティの高い作品に仕上げることができます。 この記事では、Premiere Proを使った基本的なエンドロールの作成方法を紹介します。 また、これまでに実践したことがあり、見ている方に「おっ!」と楽しさを与えるような、ちょっとした工夫やアイデアを紹介しています。 エンドロールが合う動画• 結婚式や二次会などで流す余興動画• 誕生日などで友人や知人からのお祝いメッセージ動画• 結婚式などで流す出席者へのお礼を伝える動画 結婚式での自己紹介動画など、大勢の人へ向けた動画にはエンドロールは不向きです。 エンドロールの内容 私達が見ている一般的な映画だと関係者が多く、エンドロールに出てくる内容もたくさんあります。 個人で動画を作成する場合には、作品の内容にもよりますが、以下の内容を記載して流すことでエンドロールに近づけることができます。 登場人物の名前 動画に登場いただいた方の氏名やニックネーム• 動画内で使用した音楽の曲名、アーティスト名• 撮影した場所の名前• 監督や脚本家の名前 そういった役割の方ががいた場合• 動画の編集者名 内容があまりにも少ないと、物足りないエンドロールになってしまうので、上記を参考に流す内容を決めていきましょう。 また、エンドロールの再生時間が本編に比べて長すぎると、見ている方は飽きてしまいます。 余興動画だとすると、再生時間がだいたい5〜15分ぐらいになることが多いはずです。 エンドロールの時間は2、3分程度に収めることで、バランスの取れた動画作品になります。 次章で実際にPremiere Proでの操作方法を紹介します。 補足 無料で更に簡単にエンドロールを作りたい方は、も参考にしてください。 名前を入力して、「OK」ボタンを押します。 タイトルを編集するためのウィンドウが立ち上がるので、左上にある「T」 横書き文字ツール を選択します。 中央の画面表示部分でクリックし、エンドロールとして流したい内容を記述していきます。 入力した文字を中央寄せにします。 記述した文字を全選択 Macであれば「Commond」+「A」、windowsであれば「Ctrl」+「A」 して、赤枠内の「中央揃え」ボタンをクリックします。 次にエンドロールとして、表示する内容の追加を行います。 通常エンドロールは下から上に文字が流れていくので、画面内に収まる内容だけでは短く、どんどん縦長に内容を追記していくことで流れるエンドロールを実現することができます。 最初に左上赤枠の「選択ツール」をクリックします。 先ほど書いたテキスト全体をクリックで選択して、矢印の方向にテキストを移動させます。 移動した後、テキストをダブルクリックすることで、テキストの編集が可能になるので、続きから内容を追記していきます。 一番下まで記述したら、再度選択ツールでテキストを全体的に上に移動して、追記を繰り替えしてエンドロールを作り上げていきます。 記述が完成したら、選択ツールでテキストを選択して、一番先頭が画面上にくるように全体的に下に移動しておきます。 上図のように先頭のspecial thanks!! が画面上にくるように戻しておきます。 戻しておかないと、エンドロールの途中の内容から流れるようになってしまいます。 最後エンドロールとして、記述したテキストが流れる設定をしていきます。 画面左上の赤枠のボタンをクリックします。 「ロール・クロールオプション」ウィンドウが立ち上がるので、以下のとおり設定して「OK」ボタンをクリックします。 「ロール」を選択• その際はテキストを縦長ではなく横に記述いていく必要があります。 配置後、再生しエンドロールの流れるスピードを確認します。 エンドロールの流れるスピードが速い場合は、再生時間を長くすることで調整します。 タイムライン上のエンドロールを選択して、右端をクリックしながら右にマウスを移動させることで長さを伸ばすことができます。 再生の長さを短くしたり、長くしたりすることでエンドロールの流れる時間を調整することが可能です。 エンドロールの再生時間を長くしたくないけど、テキストが流れるスピードをゆっくりにするには、記述内容を削って短くすることで調整可能です。 最後になりますが、以下にまとめとして、エンドロールを作成する一連の流れを動画にしています。 「おっ」と思わせるエンドロールのちょっとしたアイデア エンドロールなので文字が順番に流れていくことをイメージしますが、ひと工夫アイデアを足してあげることで、エンドロールも飽きずに見ている方を楽しませることができます。 NG動画、ボツ動画をエンドロールで流す 映画の場合でもエンドロール中にNG動画や本編では使われなかった映像が流れることがあります。 個人で作る動画の場合も真似して、エンドロールと共に流すことで、飽きずに見ていて楽しい演出が可能です。 この際はエンドロールを中心から右にずらして、動画や画像を左側に配置することで見やすい構図になります。 是非、動画を集める場合は失敗したNG動画も送ってもらったり、集まって撮影する場合は、合間の何気ないところでカメラを回すようにして、とりあえず素材を集めておくことをオススメします。 エンドロール後にサプライズ動画を流す エンドロール後にサプライズ映像を流すことで、よりビックリ感を演出できます。 エンドロール自体の工夫というよりは、構成のアイデアです。 エンドロールが流れ終わると、動画も終わりと思う方が大概なので、より効果を強めることができます。 僕自身、 「知人からのお祝い動画を流して、エンドロールで締めくくった後に、実は新郎から新婦へサプライズメッセージ映像を流す」 というような構成を良くやります。 エンドロール作成のまとめ エンドロールの作成方法、および、おっと思わせるアイデアの紹介でした。 Premiere Proのレガシータイトルでは、クロールオプションが準備されているので、簡単に映画のようなエンドロールを作成することができます。 エンドロールを更に引き立てるアイデアとして、以下も是非試してみてください。 NG動画、ボツ動画をエンドロールで流す• エンドロール後にサプライズ動画を流す エンドロールを付けて、よりカッコいい動画作りを目指しましょうー!!.

次の

エンドロールの作り方

エンドロール 作り方

エンドロールの作り方 エンドロールを作って上映するという機会がある方はそれほど多くはないかもしれませんが、結婚式では披露宴の最後に出席したゲストの名前を紹介しながら感謝やお礼のメッセージを表示していくという形のエンドロールがよく上映されています。 エンドロールで基本となるのが名前一覧(クレジット)の縦方向のスクロールアニメーションです。 この縦方向に名簿一覧が動いていくというシンプルなアニメーションは、映画やドラマなどで作られるエンドロールでもおなじみの表現なので、エンドロールといえば皆さんこのタイプのレイアウトをイメージされるかもしれません。 縦方向にシンプルにテキストが動いていくというタイプのエンドロールと、他にも固定や横スクロールアニメーションなどもありますので色々なタイプのエンドロールの作り方を見ていきましょう。 エンドロールの王道レイアウトの作り方 「」と聞くとイメージできる画面のレイアウトはこのようなタイプのものかもしれません。 特に結婚式では披露宴に参加してくださったゲストの方々の写真を紹介する必要があるので、スライドショーや編集した動画を見せるためのスペースを確保しておく必要があります。 このタイプのエンドロールの作り方は画面の半分にスライドショーを配置して、反対側の半分に名前の一覧を配置し縦方向にスクロールアニメーションを加えるという形になります。 背景にもデザインを加える場合には背景用の素材や作詞したモーション、前景に光の合成も加える場合には前景への光の合成編集も必要になります。 機能的にできる編集ソフトであれば問題はないのですが、ムービーメーカーやiMovieなど初心者の方が多く利用する編集ソフトではそもそも作れないので注意しましょう。 固定レイアウトのエンドロールの作り方 エンドロールの作り方を考えていく前に、そもそもエンドロールのデザインはどんなものにしたいかというイメージを持っておくと良いかもしれません。 このタイプのエンドロールでは名前の一覧が縦方向にスクロール表示するアニメーションは加えられていません。 しかしエンドロールとして重要になるスライドショーの配置や名前一覧の表示は行うことが出来ています。 スクロールアニメーションをさせずにクレジットを表示する場合、表示する写真と完全にタイミングを同期させて名前やメッセージを表示することが出来るというのが大きな特徴になります。 写真にタイミングをしっかりと合わせて名前やコメントを表示したい場合にはこのタイプのエンドロールを作ると良いでしょう。 このタイプのエンドロールの作り方は比較的簡単で、スクロールアニメーションが出来ない編集ソフトでも作れます。 このサンプルはパワーポイントを使って、写真の表示アニメーションを作った後に、名前とコメントのアニメーションも作り画面内に配置されています。 パワーポイントでも作れるレイアウトなので、パワーポイントユーザーにもおススメ出来ます。 画面を半分に割るエンドロールの作り方 画面を左右半分に割る形でえ作ることが出来るエンドロールです。 このタイプのエンドロールはiMovieで簡単に作ることが出来ます。 iMovieはiPhoneやiPadでも利用できるので、iMovieを使ってエンドロールを作りたいという方も多いかもしれません。 しかしiMovieとはいってもiPhoneとipadとmac版とでは機能が異なり、このタイプのエンドロールを作成できるのはmac版のみとなります。 iMovieにあるスプリットスクリーン(画面分割)の機能を使って、写真とテキストを2分割した画面レイアウトに配置することが出来ます。 タイムラインの別々のトラックにテキストと写真を配置したらスプリットスクリーンを適用してみてください。 全画面表示のエンドロールの作り方 写真のスライドショーや動画のムービーを背景に配置して、その前景に名前の一覧をスクロール表示させるというタイプのエンドロールの作り方です。 このタイプのエンドロールは最も簡単に作ることが出来ます。 画面内の要素が背景に配置する写真や動画と前景のテキストの2つしかないので、大抵の編集ソフトでこのエンドロールのレイアウトを作ることが出来ます。 このサンプル画像ではムービーメーカーを使ってエンドロールが作られています。 ムービーメーカーの中でズーム付きのスライドショーを作った後に名前の一覧を配置して、スクロールアニメーションを適用しただけです。 簡単にサクッとエンドロールを作りたい時にはムービーメーカーを使ってみても良いかもしれません。 エンドロールの作り方は意外と簡単 エンドロールの作り方を色々と模索されている方の多くは、もしかすると編集ソフトの機能がそもそも不足しているという可能性も高いかもしれません。 よくあるエンドロールの画面レイアウトの作り方は編集の難易度としては初心者でも作れる簡単なものなので、機能がしっかりとある編集ソフトを利用していればそれほど難しくなく簡単に作ることが出来ます。 しかしiMovieなどのように名前の一覧のテキストを画面内で自由にレイアウト出来なかったり、ムービーメーカーのようにスライドショーだけを画面の横に配置することが出来なかったりと、編集ソフト側の機能不足によってつくることが出来ないエンドロールのレイアウトもたくさん出てきてしまいます。 PremiereProやAfterEffectsといった高度な編集ソフトであればこのページでご紹介した全ての画面レイアウトを作ることが可能なので、編集ソフトの機能的な限界にぶち当たっているという方は別のソフトへの切り替えもお勧めしたいと思います。 エンドロールの作り方を習得して、納得のいくエンドロールが作れるといいですね。 素敵なエンドロールが作れますように・・・。

次の