株式投資とれーにんぐ。 【株取引シミュレーション】ゲームアプリを使って株式投資の練習・体験ができる!

オンライントレード(おんらいんとれーど)とは

株式投資とれーにんぐ

株式投資のトレーニング方法 株式投資のトレーニングについて、リアルなお金じゃないとメンタル面が全然違うから意味が無いという人も多いです。 確かにゲームと実際の取引は、精神面で全然違いますし、意味がない部分もあります。 ですが、何も練習せずに相場に飛び込むよりも、バーチャルであろうと株取引の流れを経験していた方が良いことは間違いありません。 バーチャルの世界で成功したり失敗したり、こういう経験が現実の投資でも確実に活きてきます。 ですので、これから株式投資を始める初心者は、必ず一度はトレーニングをしてから実践に移りましょう。 まず紹介したいのは、こちらです。 ・ トレダビは、株取引の体験や勉強をしたい初心者、株取引を練習して腕を上げたい経験者のためのゲームです。 東京証券取引所に上場されている本物の株式の実データを利用していますので、現実の注文状況を類推しシミュレーションを行うので、リアリティがあり、知識と実力が身につく内容となっています。 1千万円の仮想マネーをもとに仮想取引に参加して、大会ランキングや週間ランキングで競いあいながら投資を学ぶことが出来て、更に大会で上位に入れば、賞品獲得のチャンスもあります。 参加登録はもちろん、ゲームの利用にもお金はかかりませんし、損失も手数料もバーチャルなのでノーリスク。 またPCでもスマホでも、いつでもゲームに参加できますので、手軽に遊びながら株式投資を体験出来ます。 その他にも、 や、 、 など、いろいろなゲームがありますが、ゲームで何種類もやっていても時間が勿体無いので、自分がやりたいものを1つ選べば十分です。 ちなみに僕はトレダビをやっていました。 ということで1つ目のトレーニングは、ゲームで株取引の経験をするということでした。 次に紹介する方法は、かなりアナログなトレーニング方法です。 それが、 手書きトレーニングです。 「えっ?」って思いますよね。 (笑) これは、僕が昔、株式投資の本で学んだトレーニング方法なのですが、実際の相場を見ながら纸に書きデモトレードをやるという方法です。 「こんなことするならゲームでいいじゃん!」と思いますよね。 僕も最初はそう思っていました。 (笑) で、実際にやってみたら… やっぱりめんどくさくて、ゲームに戻りました。 ^^; しばらくして、トレーニングのつもりでやっていたゲームが、ただの遊び感覚になってきて飽きてしまいました。 そんな時に手書きのトレーニングを思い出して、再びやってみた結果あることに気付きました。 ノートに書くことで、頭の中にしっかりと入ってくるのです。 しかも、実際の相場を見てやっているので、あとから取引を振り返ることも出来て、すごく効果的なトレーニングだということに気付きました。 以前にブログを書くことの重要性を説明しました。 参考 : 記録に残すことで振り返ることが出来て、そこから改善策を考え、次の行動に繋げることができます。 ブログを書いていたつもりは、全くありませんでしたが、僕はデモトレードの時点でこの行動を無意識に行っていました。 人間は インプット ( 勉強、情報収集)した情報を、 アウトプット ( 実践、行動)することで脳や体にすり込まれ、これを積み重ねることが成長へと繋がります。 デモトレードをやって、ノートに書くという行動は、立派な アウトプットになります。 さらに、デモトレードの内容が書いてあるノートで インプット(復習・改善策)して次の日のデモトレードに繋げることで、更なる成長に繋がります。 これから株式投資を始める人にも、このサイクルをクセにして欲しいのです。 株式投資を始める前から、自分の取引を分析出来ることは、とても大きなことです。 デモトレードでロスカットが下手だと気付けば、実際のトレードでも気を付けるはずです。 エントリーが下手ならエントリーを気を付けるはずです。 これらの情報を持っているか、持っていないかでは、今後の成長に大きな差が出ることは間違いないでしょう。 僕の経験を踏まえて、このような理由から、アナログではありますが、手書きトレーニングをおすすめします。 是非、自分の成長のためにも取り入れてみてください。 で、これらのトレーニングと実践トレードでの大きな違いもありますので、次にその点について書きたいと思います。 スポンサーリンク デモトレードと実践トレードの違いは? トレードをするという意味では大きな違いが無いように思えますが、実は全く違う部分があります。 それが、最初の方にも書いています、 精神面です。 僕自身、リアルなお金が動くことでの精神的負担は、本当に大きく感じました。 これはデモトレードと実際のトレードの両方の経験がある人にしか分からない感覚なのですが、最初は本当にびっくりするくらい思うようにいきませんでした。 株を買えば必ず下がるし、売れば上がるし、もう一度買ったらまた下がって、でも上がるだろうと思って売らずにいると、どんどん下がっていき、渋々ロスカットしたら急騰する。 「絶対に仕組まれている!」と思いましたね。 ^^; 上手く利益がでなくて、お金がどんどん減っていき、エントリーする度に心臓がドキドキしていたのを今でも覚えています。 精神状態がボロボロになり、やがて冷静な判断が出来なくなり、とんでもないタイミングでエントリーをするなどミスの連続… 今でこそ稼ぎ続けることが出来ていますが、当時は完全に自信喪失で、株式投資の世界でやっていくことは絶対に無理だと思っていましたからね。 デモトレードと実際のトレードにはそれくらいの差がありました。 ゲームで例えるなら、デモトレードはレベル1で、実践トレードはレベル50くらいあるんではないかと思うほどです。 きっとデモトレードの方が楽に稼げるようにできているんでしょうね。 ですので、デモトレードでは、株取引の感覚に慣れるということ、手書きトレーニングで行ったノートで、復習や改善策を考えるクセを付けるための練習だと思うようにしましょう。 実践トレードに移る前は心機一転、1からやるつもりで気持ちをリセットし、冷静にトレードしてください。 本当にデモと実践は違いますからね。 ということで、 デモトレードと実践トレードの違いは、リアルなお金が動くことでの 精神面に大きな違いがあるということでした。 最後に… ということで、今回は 株式投資のトレーニングにおすすめな方法!株取引に慣れよう!について書いてみましたが、いかがでしたか? デモトレードから、実践トレードに移った時には現実の厳しさを知ることになると思いますが、デモトレードをやったことが全く無駄になるわけではありません。 経験を活かすも殺すもあなた次第です。 今回僕が書いた記事の内容をしっかりと理解してもらえれば、必ずデモトレードでの経験が活きてきます。 自分の経験を未来に繋げましょう。 スポンサーリンク.

次の

便利で効果的な株式投資トレーニングツールを活用する|勝つために学ぶ株式投資の教科書

株式投資とれーにんぐ

トレダビの特徴• 株初心者から上級者まで使える• リアルデータやリアル取引ルールを用いるため予行演習に最適• 1999年にサービス開始し、65万人の利用実績• 登録も利用も無料• バーチャルなのでもちろん損失も手数料も無料 準備された仮想マネーは1,000万円。 初心者が予行演習の場として利用• 経験者だがブランクがあるため利用• 現役トレーダーだがさらに腕を磨くためトレダビ開始 と、 投資歴やレベルに関係なく活用されているサービスであることが分かりました! トレダビは安心? トレダビの運営会社は、金融情報ベンダーQUICKの子会社である株式会社K-ZONE。 会社名 株式会社K-ZONE 設立 2013年3月1日 資本金 7,500万円 事業内容 投資情報サービスの構築・運営 公式サイト K-ZONEは、トレダビの他に個人投資家向け資産運用応援サイト「」 も運用しています。 トレダビは証券会社の研修でも使われているバーチャル投資ゲーム。 1,000万円という仮想マネーを使いますが、 あくまでゲームなので、実際に自分のお金が増えたり減ったりするものではありません。 トレダビのメリット・デメリット トレダビのメリットはなんと言っても、 実際の取引に近い形で株式取引の練習ができること。 東京証券取引所に上場している株式のリアルデータを利用しているため、実戦さながらの投資体験が可能です。 また、一定期間の投資シミュレーションで好成績をおさめると、 現金やカタログギフトなど賞品を受け取ることができます! たとえば、現在開催中の大会ランキング賞品は、次のようになっています。 とは言え、かなり現実に近い状況でシミュレーションできるので、基礎知識や投資を学ぶことはできます。 トレダビで学んだ経験は実際の取引でもおおいに活かせるでしょう! トレダビ以外にもあるバーチャル株式取引 バーチャル株式取引ができるゲームやアプリはトレダビだけではありません。 ここからは、無料で利用できるバーチャル株式取引システムをいくつか紹介していきたいと思います! 選抜株式レース 選抜株式レースは、 選択した銘柄の利益率から順位を競うというバーチャルゲームです。 レースは年間4回開催されており、参加するためにはまず出場登録(無料)が必要。 登録者のうち予備レース成績上位者にランクインしたユーザーのみが、本レースに参加することができます。 選抜ありきのシステム上、まったくの株初心者にとっては使いづらく感じるかもしれませんが、レースに出場せず会員として投資方法を学ぶだけも可能。 ただし、会員となる場合は年21,000円の有料制となっています。 今回のまとめ• 「トレダビ」とは、リアルデータを利用して仮想の株式投資ができるゲーム• 実際の取引に近い形で株式取引の練習ができるというメリットがある• ただし、必ずしも実際の株式取引がうまくいくわけではない• トレダビ以外にもバーチャル株式取引ができるツールは多数!• まずはバーチャル環境で予行練習しよう! バーチャル株式取引ツール「トレダビ」について、特徴やメリット・デメリットを見てきました。 株式取引に関する情報をどれだけ仕入れても、実際に売買してみないと利益を上げることはできません。 だけど実戦はまだ勇気が出ない……。

次の

仮想で株式投資をしたいんだけど?

株式投資とれーにんぐ

Contents• 一般的な株式売買は単元株(100株や1000株)での売買となります。 例えばトヨタ自動車の株価は2020年5月21日現在6,362円(終値)です。 トヨタ自動車の単元株数は100株なのでトヨタの株を買おうとすると636,200円必要となります。 ユニクロで有名なファーストリテイリング社であれば、2020年5月21日現在の株価は52,960円(終値)もしています。 単元株100株を買おうとすると、5,296,000円もしてしまいます。 このような取引できる一単位の株式に対する制度を「 単元株制度(たんげんかぶせいど)」と呼びます。 しかし、有名企業の株は株価も高い会社が多く、相当、資力のある投資家でなければ、なかなか株式市場に参加できません。 そこで、できるだけ多くの人に投資に参加してもらおうということで、単元株より少ない株数(1株、もしくは、10株単位)でも株式投資が始められる 「ミニ株(単元未満株)」が始まっています。 その仕組みは、証券会社が保有する株式などを分割して売り出すといったものです。 証券会社ごとに多少仕組みと呼び名は異なりますが、1株から購入できる会社もあります。 これなら、ファーストリテイリング社のような株であっても5万円ほどあれば購入できます。 みずほファイナンシャルグループであれば、2020年5月21日現在の株価は123. 3円です。 これなら、本当に缶ジュース1本の値段から株式投資をスタートすることができます。 ミニ株のメリット 少ない資金で株式投資の練習ができる 本来、株式投資はそれほど難しいものではありません。 やるべきことは以下の3つ。 成長株を見つける これは会社四季報や日経新聞に今年度の業績予想が掲載されていますので、誰でも見つけることができます。 株が安いときに買って、高くなれば売る これも証券会社に口座を開き、チャートを見れば、株価の動きが分かります。 最安値で買うことは無理にしても、ある程度、安いところで購入することは可能です。 この3点を守りさえすればいいのですが、いきなり自分にとって大きな資金で運用すると、ストレスが溜まり冷静な判断ができなくなります。 ミニ株投資なら、数万円もあれば、ほとんどの株が購入できます。 したがって、これから株式投資をスタートしようという方ならば、まずは、数万円を使って1年間ミニ株投資を行います。 その間に節約して資金を貯めておき、継続して利益が出るようになれば、本格的な株式投資に移行するという方法をオススメします。 数万円以下の少ない資金で株式投資を試してみることができる 「まだ、本格的に株式投資をする予定はないが、一度、投資を経験してみたい」 という方もおられると思います。 ミニ株投資なら、最低数百円あれば、株式投資を経験できますので、こんな方にも最適です。 NISAの非課税枠ギリギリまで使うことができる NISAの投資枠は年間100万円までと決まっています。 ミニ株を使えば、ギリギリ100万円まで株を購入することも可能です。 ミニ株(単元未満株)のデメリット リアルタイムでの株式取引が出来ない 証券会社によって多少異なりますが、多くの証券会社では、市場への注文タイミングが前場始値と後場始値の2回だけになっているところが多いです。 株主優待が受けられない、株主総会に出席出来ない 配当金については、持ち株数に応じて配当金相当額が支払われます。 しかし、株主優待・株主総会については権利が単元株以上の保有者に限定されていることが多いため、資格が得られません。 ミニ株のオススメ証券会社 ミニ株を提供しているオススメ証券会社の手数料や注文受付時間は上の表の通りです。 その中でも特にオススメなのが、 LINE証券と SBIネオモバイル証券の2社です。 LINE証券の特徴 手数料・諸費用が業界最低水準 売買手数料は無料です。 ただし、その代わりにスプレッドが0. 最低手数料は定められていませんので、ほぼ業界最低水準です。 株が割引価格で買える??? LINE証券では時々株のタイムセールを実施しています。 2020年5月現在は月に1回程度のペースで開催されています。 筆者は毎回参加していますが、平均すれば、毎回1,000円程度の利益が出ています。 3株プレゼントキャンペーン 2020年5月現在、口座を開設し、クイズに正解すれば、3株(最大2,100円まで)の株の購入代金がプレゼントされます。 これから株式投資をはじめようとするならば、まず、オススメしたい証券会社です。 余っているLINEポイントでも投資ができる LINEの場合、現金だけでなく、LINEポイントでも投資ができます。 したがって、口座を開設した後に、余っている125円を使ってみずほファイナンシャルグループの株を購入することもできます。 また、最初は、ミニ株だけの取り扱いだったのですが、2020年5月からは通常の単元株投資に加えて信用取引も開始されました。 デメリットとしては、ミニ株の取引可能時間帯が基本的に9時以降なので、会社員の方にとっては、朝の注文が出しにくいという点があげられます。 ただし、それでもキャンペーンを狙うだけでも十分にメリットのある証券会社です。 既に、LINEペイを使っている方ならば、スマホだけで本当に数分で口座申し込みが完了します。 SBI ネオモバイル証券の特徴 手数料・諸費用が業界最低水準 こちらもLINE証券と同じく手数料無料(1ヵ月の約定代金合計額が50万円以下の場合)です。 ただし、月額220円(税込)の固定費が発生します。 スイングトレードの練習で毎月1回程度、自分が注目している3銘柄を繰り返し売買したいというのであれば、SBI ネオモバイル証券がオススメです。 一般的な証券会社であれば、ミニ株の売買手数料は約定代金の0. SBI ネオモバイル証券ならば、毎月220円の固定料金しかかかりません。 なお、1ヵ月の約定代金合計額が50万円を超えると以下の料金が発生しますが、それでも他社と比べれば、格安の料金です。 月間の国内株式約定代金合計額 サービス利用料(月額) 0円~50万円 220円 税込 300万円 1,100円(税込) 500万円 3,300円(税込) 1,000万円 5,500円(税込) 以下、100万円ごとに1,100円(税込)が加算されます。 (上限なし) 毎月Tポイントが200ポイント加算されます。 口座の維持費用として、毎月220円(税込)が発生しますが、その代わりに毎月Tポイントが 200ポイントもらえます。 ご存知の通り、Tポイントは1ポイント=1円で利用可能なので、 実質20円で口座を維持でき、1カ月の約定合計代金50万円まで売買可能です。 余っているTポイントでも株が買える LINEと同様に、余っているTポイントでも株を購入することができます。 10万円の資金を1年間かけて12万円に増やせるようであれば、100万円の資金を使えば1年で資金を120万円に増やせる可能性が高くなります。 これから株式投資をはじめようという方は、まずは、ミニ株投資から始めることをオススメします。

次の