ワオン チャージ。 電子マネーにデビットカードからチャージはできる?可能なものもありますが基本ポイントは貯まりません

WAONへのチャージ方法8通り、クレジット利用でポイントが貯まる最強の1枚は?

ワオン チャージ

この記事の目次• お客さまわくわくデーの仕組みと特徴 まずはお客さまわくわくデーの仕組みや特徴を解説します。 このサービスはとても単純なポイントアップサービスなので、複雑な説明は不要ですから簡単に一覧で紹介します。 割引額 ポイントが2倍 (200円で2ポイント)• 参照 イオンのお客さまわくわくデーはテレビCMでも紹介されていますので、有名ですよね。 イオングループのカード(クレジットカード・電子マネーWAONカード・WAONPOINTカード)を持っていれば、付与されるポイントが2倍になるわかりやすいサービスです。 ではそんなポイント2倍のサービスがあるお客さまわくわくデーを一番お得に利用する方法を紹介します。 お客さまわくわくデーを一番お得に利用するポイント2重取りの裏ワザ全手順 この裏ワザのポイントは、 「イオンカードセレクト」と「オートチャージ」にあります。 概要を解説すると、• イオンカードセレクトで電子マネーWAONへのオートチャージ設定を行う• お客さまわくわくデー(5日・15日・25日)にオートチャージが行われるようにWAONを利用する たった2つだけです。 この2つを行うとポイントが二重取り&お得に貯まります。 では具体的に解説します。 イオンカードセレクトを用意し、オートチャージの設定を行う 電子マネーWAONをチャージするには、• イオンやミニストップなどのレジで現金チャージする方法• イオン店頭にある専用機(WAONチャージャー)から現金またはイオンカードでチャージする方法• イオン銀行ATMから現金またはイオンカードでチャージする方法• WAONステーションからイオンカードでチャージする方法• WAONネットステーションやモバイルWAONからイオンカードでチャージする方法• イオンカードセレクトからオートチャージする方法 などがありますが、このうち「イオンカードセレクトからオートチャージする方法」を行います。 通常、現金などで電子マネーWAONのチャージを行っても、WAONポイントが付与されません。 しかし、イオン銀行から引き落としされる仕組みの「オートチャージ」の方法だけはWAONポイントの対象となるのです。 (200円につき1ポイント、0. JMB WAONカード・JALカードはマイルが貯まります。 ) そのオートチャージができるイオンカードは、• イオン銀行キャッシュ+デビット• JMB WAONカード• JALカード この4枚だけです。 上記のカードは、上2つが「イオン銀行」と一体となっており、下の2つはJALと一体となっており、その結果「マイル」が貯まるのです。 イオン銀行キャッシュカードと一体となっているイオンカードであるイオンカードセレクトは、銀行口座と繋がっていることから、「普通預金口座から自動的に、直接チャージできる」ため、ポイント還元の対象となっているようです。 さて、上記の表を見ても分かる通り、• 電子マネーWAONでの支払いで1ポイント• オートチャージの利用で1ポイント これを足すと2ポイントとなります。 つまりポイント二重取りですね。 ただ、これだけだと「超お得」とは言えません。 200円で2ポイントなら還元率は1%なので、楽天カードとかと同じなのでお得さは少ないでしょう。 お得ポイントはこれからです! 5日・15日・25日にWAONで買い物する WAONポイントは、電子マネーWAONを利用すると200円につき1ポイント貯まります。 その還元率は0. ただ、5日・15日・25日の5が付く日のお客さまわくわくデーにWAONで支払いするとポイントが2倍となります。 この時点でかなりお得ですね。 ただ、さらにお得に利用するなら、「 オートチャージによるポイント還元」を手れる必要があります。 そのためには、オートチャージの設定金額を下回るようにWAONの残高を下回る必要があります。 例えば、オートチャージの設定金額を5,000円としていた場合、電子マネーWAONの残高が5,000円を下回らなければいけません。 残高が下回った段階で、オートチャージが実行されます。 オートチャージされWAONポイント付与(ポイント2重取り) イオンカードセレクトを含む4つのカードだけが利用できる「電子マネーWAONへのオートチャージ」 このオートチャージを行うと200円につき1ポイントが付与されます。 (還元率0. この1. 数年前まで実施されていたイオン銀行のポイントプログラムによって、以前はオートチャージによるポイント還元が最大3倍となっていました。 現在は一律0. 復活を期待したいです。 ポイント2重取りの注意点 ポイント二重取りはイオンをお得に利用するオススメ活用法ですが、一方で注意点もあります。 実は「ありが10デー」の方がお得 ここまで紹介してきた「お客さまわくわくデーとオートチャージ」を活用した二重取りの方法ですが、実はお客さまわくわくデー以外にもポイント二重取りができる日があります。 それは「ありが10デー」という毎月10日のタイミングです。 ありが10デーはポイントが5倍付与される超お得日です。 5倍というと還元率は2. なお、ポイント二重取りの方法は「お客さまわくわくデー」も「ありが10デー」も同じ方法です。 オートチャージの設定金額に注意 一番注意しなければいけないのは「オートチャージの設定」です。 オートチャージには「1日1回だけ」「普通預金口座に残高がなければ実行されない」などのルールがあります。 これらの条件に該当しないといけないので、ご自身である程度把握しておく必要があります。 なお、WAONにチャージできる金額の上限は、50,000円なのでそれ以上はチャージできません。 ご注意ください。 詳細は「」のページがわかりやすいのでご覧ください。 まとめ お客さまわくわくデーは、ありが10デーより還元率は劣るものの、毎月3回開催されているため、利用するチャンスが多いお得日です。 そのお得なタイミングで買い物するなら、少しでもお得に利用したいところですよね。 イオンカードセレクトを持っていれば、誰でも簡単にオートチャージ設定ができますので、個人的にはオススメのお得活用法です。

次の

【完全版】GooglePay(グーグルペイ)からWAONカードにチャージして支払うメリットとは? | キャッシュレス決済(スマホ決済)ニュース「キャッシュレスPay」

ワオン チャージ

Gマーク付 ・JMB WAONカード ・モバイルJMB WAON ・イオンJMBカード JMB WAON一体型 ・三井住友カードWAON ・VJAグループ加盟各社発行のWAONカード ・VJP BANK カード WAON ・JP BANK カード WAON ・吉野家WAON ・スポーツオーソリティWAONカードプラス これらのWAONを持っていないのであれば、そもそもクレジットカードチャージはできません。 自分が持っているWAONの種類を確認し、対応しているかどうかチェックしましょう。 イオンカードセレクトなら「銀行残高がない」 イオンカードセレクトを使ってのオートチャージを利用しているなら、 オートチャージは「イオン銀行の口座」から引き落とされます。 よって、銀行残高が足りない場合は、オートチャージされません。 オートチャージの設定をしているにも関わらずオートチャージされずに困った方は、一度オートチャージできるだけの銀行残高があるか、確認してみてくださいね。 オートチャージされるのは「直接銀行口座から」ということを知らない方も多いので、覚えておきましょう。 チャージができないクレジットカードを使おうとしている 電子マネーWAONにクレジットチャージできるクレジットカードは、種類が限られています。 詳しくは後の解説しますが、その種類以外のクレジットカードを使っても、絶対にチャージはできません。 また、チャージ可能なクレジットカードでも、その都度チャージではポイントはたまらないことにも注意しましょう。 自分が持っているクレジットカードでチャージしようと思ったら、できなかった! という方は一度「条件」にあったクレジットカードを使おうとしたかどうか、確認してみてくださいね。 WAONにチャージができるクレジットカードはかなり限られていますので、一般的なクレジットカードのほとんどは利用不可能となっています。 オートチャージなら「設定をしていない・対象外」 オートチャージ対応のWAONなのに、オートチャージができない……という場合は、そもそも オートチャージの設定が正しくできていないケースが考えられます。 オートチャージの設定やクレジットカードの紐付けがきちんとできているか、今一度確認しましょう。 POINT WAONにチャージできるクレジットカードの種類• イオンカード• 三井住友VISAカード• JALカード(VISA、JCB、MasterCard)、TOKYU POINT ClubQ WAONにチャージできるのは、上記の3種類だけ。 さらに、紐付けできるWAONにも制限があります。 それぞれのカードについて、紐付けできるWAONカードを簡単に解説します。 イオンカード イオンカードに紐付けられるのは、イオンカードに付帯しているWAONのみ。 追加カードとしてWAONカードプラスというカードも発行できますが、基本はイオンカードと初めから紐づいているWAONだけです。 いくらイオンカードでも、レジ横で売っているWAONにはチャージできないので注意しましょう。 基本的にはクレジットカードでのチャージに対応している「イオンカード」シリーズですが、オートチャージでポイントが貯まるのはイオンカードセレクトのみ。 しかもチャージの方法が少し特殊で、クレジットカードではなく、イオン銀行から直接の引き落としです。 デビットカードのように機能しながらオートチャージされるイメージですね。 ほかのクレジットカードでは、JALカード以外はオートチャージでポイントが貯まりません。 イオンカードセレクトなら、200円チャージにつき1ポイントのWAONポイントが貯まります。 WAONでのお得さを求めるなら、イオンカードセレクトがおすすめです。 WAONでクレジットカードのチャージができない時は「クレジット・WAONのカードの種類」を確認して WAONでクレジットカードチャージができるクレジットカードは、基本的には以下の3種類。 ・イオンカードシリーズ ・JALカード ・三井住友VISAカード しかも、それぞれに紐付けができるWAONも限られており、レジの横などで販売されている普通のWAONカードではクレジットチャージが使えません。 クレジットカードでのWAONチャージができずに困った時は、まず「クレジットカード」と「WAONカード」の種類をチェックして、本当にチャージに対応しているか確認しましょう。 ぜひ、チャージできない原因を解消し、快適なWAON生活を送ってくださいね。

次の

チャージ(入金)方法 |電子マネーWAON|イオン銀行

ワオン チャージ

クレジットカードでWAONにチャージする方法 クレジットカードでWAONにチャージする方法 クレジットカードでチャージできるWAONは限られ、WAONの種類ごとにチャージできるクレジットカードが異なります。 そのため、WAONを利用している人の中には、クレジットカードによるチャージ方法がわからないという人も多いですよね。 クレジットカードでWAONにチャージする方法は、「クレジットチャージ」「オートチャージ」「クレジットカード登録」の3種類です。 チャージ方法ごとに向いている人が異なるため、仕組みを理解していない人は事前に確認しておくことをおすすめします。 クレジットカードでWAONにチャージしたい人は、WAONをより使いこなすためにも、それぞれの詳細を確認しておきましょう。 クレジットカードでWAONにチャージする方法は3種類ある クレジットカードでWAONにチャージする方法は、大きく3種類に分けられます。 【クレジットカードによるWAONへのチャージ方法】 チャージ方法 詳細 クレジットチャージ 希望金額を必要に応じてチャージする方法 オートチャージ 残高が設定金額未満になった際に、事前に設定した金額を自動でチャージする方法 クレジットカード登録 WAONにクレジットカードを紐づけてチャージする方法 クレジットカードでWAONにチャージする方法は、「クレジットチャージ」「オートチャージ」「クレジットカード登録」です。 そして、 チャージ方法ごとに利用できるクレジットカードとWAONの種類が異なります。 【クレジットカードでチャージできるWAONと利用できるクレジットカード】 たとえば、「WAONカードプラス」の場合、「クレジットチャージ」と「オートチャージ」に対応しています。 どちらのチャージ方法でもイオン銀行が発行するクレジットカード(一部を除く)を利用可能です。 また、「JMB WAONカード」の場合、「クレジットカード登録」に対応しています。 「JAL・Visaカード」や「JAL・MasterCard」などの一部のJALカードを登録できます。 チャージ方法ごとに利用できるクレジットカードとWAONの種類が異なるため、クレジットカードでWAONにチャージしたい人は、それぞれのチャージ方法を確認しておきましょう。 必要に応じてチャージしたい人はクレジットチャージがおすすめ クレジットチャージは、希望金額をその都度チャージすることになるため、WAONを必要に応じてチャージしたい人におすすめです。 クレジットチャージを選択する場合、店頭またはWEBから手続きを行えます。 【クレジットチャージの手続き】 手続方法 手続きできる端末 店頭の端末による手続き ・WAONチャージャー ・イオン銀行ATM ・WAONステーション WEBによる手続き ・WAONネットステーション クレジットチャージの手続きができる端末は、イオングループ各店に設置されている3種類の店頭端末およびWAONネットステーションにアクセスできるPCやスマートフォンです。 それぞれ手続きの方法が異なるため、事前に流れを確認しておきましょう。 店頭端末によるクレジットチャージの手続きの流れ イオングループ各店に設置されている3種類の店頭端末は、「WAONチャージャー」「イオン銀行ATM」「WAONネットステーション」です。 それぞれのクレジットチャージの手続きの流れは、下記の通りです。 【店頭の端末によるクレジットチャージの手続方法】 店頭の端末 クレジットチャージの手続方法 WAONチャージャー 1. 残高照会画面の「クレジット」を選択する 2. 暗証番号を入力後、テンキーのENTボタンを押す 4. 「クレジットご利用明細」を受け取る イオン銀行ATM 1. 「クレジットからチャージする」を選択後、WAONカードをかざす 2. 暗証番号を入力後、テンキーの「確定」ボタンを押す 4. WAONカードをかざして音が鳴るまで待つ 5. 「クレジットカード」と「クレジット支払い明細」を受け取る WAONステーション 1. 「メニュー」を選択後、「クレジットチャージ」を選択する 3. WAONカードを所定の場所に置く 4. 暗証番号を入力後、テンキーの「確定」ボタンを押す 6. 「WAONカード」と「レシート」を受け取る 「WAON一体型クレジットカード」以外のクレジットカードを利用する人は、「WAON一体型クレジットカード」を利用する人よりも手続きが複雑です。 不安な人は、WAON公式サイトにある「」「」「」のいずれかのページから詳細を確認しておきましょう。 WEBによるクレジットチャージの手続きの流れ WAONのクレジットチャージには、WEBによる手続き方法があります。 WEBによる手続きを選択する場合には、「WAONネットステーション」にログインする必要があります。 【WEBによるクレジットチャージの手続方法】• WAONネットステーションにログイン後、「チャージ」を選択する• 「クレジットチャージ」を選択後、WAONカードをICカードリーダライタにかざす• 「クレジットカード情報」「チャージ金額」「メールアドレス」を入力後、「次へ」を選択する• 表示内容を確認し、「チャージ」を選択する WAONネットステーションにアクセスできる環境があれば、時間や場所に関係なく、クレジットチャージを行えます。 そのため、 端末を設置している店舗が生活圏内にない人には、WEBによる手続きがおすすめです。 ただし、 WEBによる手続きには、クレジットカードの情報を読み取る「ICカードリーダライタ」が必要です。 カード番号の入力による登録はできず、カード券面にあるICチップを読み取る必要があるため、ICカードリーダライタを持っていない人は、「店頭の端末による手続き」を選択しましょう。 チャージの手間を省きたい人はオートチャージがおすすめ オートチャージは、その都度チャージする必要がないため、チャージの手間を省きたい人におすすめです。 オートチャージを利用する際は、店頭またはWEBでのオートチャージ申請が必要です。 【オートチャージ申請できる場所】 手続方法 手続きできる端末 店頭の端末による手続き ・WAONステーション ・イオン銀行ATM WEBによる手続き ・WAONネットステーション オートチャージ申請は、イオングループ各店に設置されている2種類の端末およびWAONネットステーションにアクセスできるPCやスマートフォンから行えます。 オートチャージを希望する人は、それぞれの手続きの流れを確認しておきましょう。 店頭端末によるオートチャージ申請の流れ オートチャージに利用できる店頭端末は、「WAONステーション」「イオン銀行ATM」の2種類です。 クレジットチャージ同様、オートチャージ申請の方法は店頭端末の種類ごとに異なります。 【店頭の端末によるオートチャージ申請の方法】 申請できる端末 詳細 1. WAONカードをかざすもしくはWAON POINTカードを挿入する 2. メニューから「各種設定・変更」を選択後、「オートチャージ設定・変更」を選択する 3. WAONカードを所定の場所に置く 4. 「申請」を選択後、「承諾する」を選択する 5. クレジットカード挿入後、暗証番号を入力する 1. 「WAONステーションを利用する」を選択後、WAONカードをかざす 2. 「メニュー」、「各種設定・変更」、「オートチャージ設定・変更」と選択後、「申請」を選択する 3. WAONカードをかざし、「承諾する」を選択する 4. 希望の金額を入力し、「次へ」を選択、表示を確認後「はい」を選択する 5. クレジットカード挿入後、暗証番号を入力する 6. 利用明細書について「必要」もしくは「不要」を選択する 7. WAONカードをかざし、「ワオン」と鳴るまで待つ 店頭にある端末のうち、クレジットチャージに対応している「WAONチャージャー」は、オートチャージ申請に対応していません。 「WAONチャージャー」と「WAONステーション」は混同しやすいため、店頭端末でのオートチャージ申請を希望する人は、またはから「WAONステーション」と「イオン銀行ATM」の設置店舗を確認しておきましょう。 WEBによるオートチャージ申請の方法 クレジットチャージ同様、オートチャージ申請はWEBによる手続きに対応しています。 WEBによるオートチャージ申請は、「WAONネットステーション」から行います。 【WEBによるオートチャージ申請の方法】• WAONネットステーションにアクセスする• 「各種変更手続き」を選択後、「申請」を選択する• 案内に従いWAONカードをICカードリーダライタにかざす• 画面の各項目を入力後、「次へ」を選択する• 表示される入力内容を確認し、「設定する」を選択する WEBによるオートチャージ申請には、ICカードリーダライタが必要というデメリットがありますが、場所や時間に関係なく手続きできるメリットがあります。 昼休みや就寝前など、空き時間にオートチャージ申請を済ませたい人は、WEBによるオートチャージを選択しましょう。 一部のWAONはクレジットカード登録が必要となる 一部のWAONは、クレジットチャージおよびオートチャージのために、クレジットカード登録が必要です。 クレジットカード登録が必要となるWAONは、「JMB WAONカード」「モバイルWAON」「モバイルJMB WAON」の3つです。 たとえば、「JMB WAONカード」は、カード発行後にWAON公式サイト「」でのクレジットカード登録が必要です。 クレジットカード登録の際にカード券面にあるICチップを読み取る必要があるため、ICカードリーダライタを持っていない人は、「JMB WAONカード」を利用できません。 一方、「モバイルWAON」「モバイルJMB WAON」は、クレジットカード登録からチャージまで、Android用のアプリ上で完結します。 カード番号の入力によりクレジットカード登録できるため、ICカードリーダライタを持っていない人も、「モバイルWAON」「モバイルJMB WAON」を利用できます。 ただし、「モバイルWAON」と「モバイルJMB WAON」は、対応機種が限られます。 「モバイルWAON」と「モバイルJMB WAON」を希望する人は、WAON公式サイト「」からキャリア別の対応機種を確認しておきましょう。 WAONへのチャージはイオンカードセレクトがおすすめ クレジットカードによるWAONへのチャージを希望する人は、「イオンカードセレクト」がおすすめです。 イオンカードセレクトは、チャージでポイントを貯められる唯一のクレジットカードだからです。 【イオンカードセレクトで貯められるポイント】 名称 詳細 電子マネーWAONポイント 電子マネーのWAONによる支払いで貯まるポイント WAON POINT WAON POINT加盟店でWAONカードを提示後、現金や商品券による支払いで貯まるポイント ときめきポイント クレジットカードによる支払いで貯まるポイント 3種類のポイントのうち、WAONへのチャージで貯められるポイントは「電子マネーWAONポイント」です。 そして、電子マネーWAONポイントはWAONによる支払いでも貯められます。 つまり、「WAONへのオートチャージ」と「WAONによる支払い」の両方を活用すれば、ポイントを二重取りすることも可能です。 貯まった電子マネーWAONポイントは1ポイント=1円として電子マネーのWAONに交換することもできるため、電子マネーWAONポイントを貯めつつ、金銭的なお得感を味わいたい人は、イオンカードセレクトを選択しましょう。 JMB WAONカードとJALカードでJALマイルを二重取りできる JMB WAONカードとJALカードを併用する人は、WAONの利用でJALマイルを二重取りできます。 一部のJALカードは、WAONへのチャージでJALマイルを貯められるからです。 【JMB WAONカードへのチャージでマイルを貯められるJALカード】• JAL・Visaカード• JAL・MasterCard• JALカード TOKYU POINT ClubQ• JAL・JCBカード JMB WAONカードにJALカードを登録することにより、WAONへの「クレジットチャージ」と「オートチャージ」が可能になります。 どちらもJMB WAONカードの利用時と同等の200円につき1マイルが付与されるため、JMB WAONカードとJALカードを併用する人は、通常の倍のJALマイルを貯められます。 ただし、 JALマイルの二重取りは、2020年3月31日に終了予定です。 終了予定日以外にも条件が定められているため、JMB WAONカードとJALカードによるJALマイルの二重取りを希望する人は、「」から詳細を確認しておきましょう。

次の