柴咲 コウ ツイッター。 柴咲コウ「炎上ツイート」で法的措置検討も、今度はYoutubeに飛び火(2020年6月1日)|BIGLOBEニュース

柴咲コウ「種苗法改正案」見送りのウラで、“ツイ消し”後も行われていた署名運動

柴咲 コウ ツイッター

「日本の農家さんが窮地に立たされてしまいます」 「新型コロナの水面下で、『種苗法』改正が行われようとしています」。 柴咲さんは2020年4月30日、ツイッターでこう切り出した。 ネット上では、感染拡大への対応ぶりに注目が集まる陰で、政府が論議のあるいくつかの重要法案を国会で通そうとしていると、話題になっている。 柴咲さんは、そのことを意識したらしく、次のように問題提起した。 「自家採取禁止。 このままでは日本の農家さんが窮地に立たされてしまいます。 これは、他人事ではありません。 自分たちの食卓に直結することです」 著名人の発言だけに、柴咲さんのツイートは大きな反響を呼び、その反応を報じたスポーツ紙もあった。 しかし、その意見については、賛否が分かれている。 種苗法については、政府が3月3日に改正案を閣議決定して国会に提出した。 農水省サイトの説明によると、日本で開発されたブドウやイチゴなどの優良品種が海外に流出し、第3国に輸出・産地化されるケースがあるなどとして、国内で品種開発を滞らせないよう、新品種を保護するのが目的としている。 米や果物、野菜の9割前後の一般品種は制限せず、ゆめぴりかのような米やシャインマスカットのようなブドウといった登録品種について、自家採種などを制限する内容だ。 ところが、国会上程の前後から、農水相経験者や農業ジャーナリストらがブログなどで問題点を指摘し、地方議会からも慎重な審議を求める意見書が可決されるようになった。 「農家の経営圧迫につながる」「権利者を保護するための改正だ」 札幌市議会は、3月30日付の意見書で、農家の自家増殖の権利を著しく制限したり、許諾の手続きに負担が生じたりして、農家の経営圧迫につながる懸念もあると指摘している。 東京新聞も、問題点を追及しており、4月25日付社説では、「農業崩壊にならないか」のタイトルで、農家は民間の高価な種を毎年購入せざるをえなくなり、自給率の低下にもつながるなどと疑問を呈した。 一部の農民団体も、外資企業が日本になだれ込むといった批判をツイッターなどで繰り返し、改正に反対するネット署名運動も始まっている。 一方、種苗法改正に理解を示す声も、農業研究者やジャーナリストらから次々に寄せられている。 新しい品種の権利が侵害され海外に流出するケースがあって権利者を保護するための改正だ、国際競争力を持つ日本の種苗企業に対してその開発力を育てる発想が必要になる、といった意見だ。 こうした声が柴咲さんのツイッターにも寄せられ、柴咲さんは、前出のツイートを削除したうえで、「何かを糾弾しているのではなく、知らない人が多いことに危惧しているので触れました」と説明した。 そして、「きちんと議論がされて様々な観点から審議する必要のある課題かと感じました」としている。 農水省「国内からの持ち出しを止めるための非常に重要な改正」 農家が窮地になるとの批判に対し、農水省の知的財産課は5月1日、J-CASTニュースの取材にこう反論した。 「プロが作った種で品質が下がるのを止めることが可能で、むしろ産地形成にプラスになります。 農業を発展させるための改正ですので、農業崩壊はしないと考えています。 許諾などの手続きが煩雑になる懸念は確かにありますので、煩雑さをできるだけ少なくしたいです。 一般品種については自家増殖できますので、誤解が解ければ反対する理由はないのではと思っています」 そのうえで、種苗法改正の意義をこう説明した。 「国内からの持ち出しを止めるための非常に重要な改正であり、もちろん海外での品種登録も進めたいと考えています。 日本の品種は、海外に比べても優れていますので、外資企業などから高価な種を買わないといけないということは考えられません。 海外に負けない品種を作るためのモチベーションになりますので、制限しないことは逆に外資の攻勢を許すことにもつながります」 (J-CASTニュース編集部 野口博之).

次の

柴咲コウ、事実と異なる記事には「法的措置も」 種苗法発言に改めて言及: J

柴咲 コウ ツイッター

俳優の窪田正孝(31)が主演を務めるNHK連続テレビ小説「エール」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)の第7話が7日に放送され、朝ドラ初出演の女優・柴咲コウ(38)が初登場した。 主人公夫婦に大きな影響を与える世界的なオペラ歌手・双浦環(ふたうら・たまき)役で、吹き替えなしの圧巻の歌声をいきなり披露。 インターネット上には絶賛と驚きの声が相次ぎ、反響を呼んだ。 朝ドラ通算102作目。 モデルは全国高等学校野球選手権大会の歌「栄冠は君に輝く」などで知られ、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而(こせき・ゆうじ)氏(1909~1989)と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)氏。 昭和という激動の時代を舞台に、人々の心に寄り添う曲の数々を生み出した作曲家・古山裕一(窪田)と妻・関内音(二階堂)の夫婦愛を描く。 男性主演は14年後期「マッサン」の玉山鉄二(39)以来、約6年ぶり。 第7話は、大正12年(1923年)。 のちに裕一の運命の人になる音(清水香帆)は、まだ11歳。 元陸軍の獣医で、今は馬具を卸す仕事をしている父・安隆(光石研)と母・光子(薬師丸ひろ子)の下、姉の吟(本間叶愛)と妹の梅(新津ちせ)とともに、豊橋ですくすくと自由に育っていた。 ある日、音のクラスで最高学年恒例の学芸会の演目を決めることに。 音の提案をきっかけに、演目は「竹取物語」に決まるが、翌日の役決めで…という展開。 そして、琴の演奏のため、父と教会に向かった音は、のちの人生に大きな影響を与える人となるオペラ歌手の双浦環(柴咲)の歌を聴き、その姿にクギ付けになった。 柴咲のオペラ「私のお父さん」歌唱はラスト約20秒。 その高音域は視聴者も魅了した。 SNS上には「柴咲コウさんの歌声、きれいすぎてビックリ。 感動」「コウちゃん、オペラ凄かった…予想を遥かに超えました」「アッという間の出演シーンだったけど、そのお姿と歌声に自然に涙が出てきた。 本当に天から舞い降りてきた歌姫だ」「(音にとっての)『生涯忘れることのない瞬間』に説得力がありすぎる柴咲コウ」「吹き替えなしでご本人が歌っているとのことだから、立派だ」「番宣で吹替なしって言っていたから、これも柴咲コウの生声なのか」「柴咲コウちゃん、吹き替えなしの本人?オペラ歌えるの?」「美声は柴咲コウの声?凄いな」などの書き込みが続出した。 「柴咲コウ」がツイッターのトレンド入り。 双浦環役のモデルとなった日本人初の国際プリマドンナ(オペラの主役となる女性歌手)三浦環さん(1884~1946)もYahoo!リアルタイム検索の11位に上昇した(午前9時現在)。 1998年の女優デビューから20年以上のキャリアを誇るが、朝ドラ出演は今回が初。 地上波連続ドラマへのレギュラー出演は、主演を務めた2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」以来3年ぶり。 歌手役は03年公開の映画「黄泉がえり」以来17年ぶりで、テレビドラマ初となった。 02年に歌手デビュー。 03年に映画「黄泉がえり」の主題歌「月のしずく」(役名RUI名義)がミリオンセラーとなった。 作詞も手掛け、定評がある。 ドラマは昨年9月中旬にクランクイン。 柴咲は11月中旬に合流したが、その前の7月上旬から歌の練習を開始。 最低週1~2回、1回2時間近くのレッスン。 声楽の基礎から学び直した。 今年1月のインタビュー時は「練習でカメラが回っていないと、どう撮られているかを気にしないで純粋に『あんなに声が出た』のに、いざ本番になると、20年以上やってきたお芝居のスイッチが入って邪魔してしまうのか、声が出にくくなって。 本当に壁にぶち当たっています。 繊細な部分が声に影響してしまうんだと感じています」と苦戦ぶりを吐露したが、不安は杞憂。 圧倒的な歌唱力を示した朝ドラデビューとなった。 2020年04月07日 09時16分 芸能.

次の

柴咲コウ「炎上ツイート」で法的措置検討も、今度はYoutubeに飛び火(2020年6月1日)|BIGLOBEニュース

柴咲 コウ ツイッター

女優・柴咲コウ(38)が27日、公式ツイッターを更新。 自身の情報発信について「事実とは異なる投稿、捏造(ねつぞう)、誹謗(ひぼう)中傷、脅迫行為、ミスリードしさらなる事実誤認した記事の作成元に関しては法的措置も検討しています」と投稿した。 柴咲は4月30日に「皆さん、『種子法』『種苗法』をご存知ですか?」と投稿し、種苗法の改正案に「種の開発者さんの権利等を守るため登録品種の自家採種を禁ずるという認識ですが、何かを糾弾しているのではなく、知らない人が多いことに危惧しているので触れました。 きちんと議論がされて様々な観点から審議する必要のある課題かと感じました」と警鐘を鳴らしていた。 この日、更新したツイッターではメモ画像2枚を掲載し自身の考えを伝えた。 1枚目は「今回のことに限らず、例えば学校や会社などで何かを決めるときに、誰か一部の人の意見で物事が決まっていってしまうと、残された人の懸念や不安が置いてきぼりになってしまいます。 意見を言うことは、誰にも平等に与えられた権利です。 賛成、反対だけでなく、その間にある声も聞きながらベストを探っていく。 その時間が必要だと思うのです。 そうしていくことによって、当初のものよりも、より磨かれて抜け目のない強い決定になっていくはずです。 一筋縄ではいかないことだからこそ、たくさんの知恵と意見が必要だと思います」と持論を展開。 「伝統野菜を作っている農家さん、家族でこだわりを持って営んでいる農家さんが、未来に笑顔で仕事ができるように祈っています」と農家への思いを伝えた。 2枚目で、自身の情報発信について「私は完璧な人間ではないので誤字脱字ミスも起こします。 適切でないものは今回のことに限らず気づいた段階で削除し言い直したり更新しています。 (もしそれにより困惑してしまった方がいらっしゃったら申し訳ないです。 )」と説明。 「しかし事実とは異なる投稿、捏造、誹謗中傷、脅迫行為、ミスリードしさらなる事実誤認した記事の作成元に関しては法的措置も検討しています」と考えを示し、最後に「様々な人が健全にオープンに物事を語り合える高尚な社会をこれからも期待します」と結んだ。

次の