バリスタ エクセラ。 【20年最新】どれがオススメ?ネスカフェバリスタ全種類の違いと比較まとめ

【口コミ評判】ネスカフェ バリスタを実際に2年間使った本音の感想

バリスタ エクセラ

2019年2月25日最終更新 こんにちは。 管理人のひまわりです。 コーヒーが好きで、「ネスカフェ」のインスタントコーヒーを入れる機械「バリスタ」を愛用 しています。 現在は「バリスタ50」と言う機械を使っています。 お湯を沸かす手間がなく、 コーヒーの泡(クレマ)も立つので、毎日美味しいコーヒーを頂けて幸せな気分です。 この「バリスタ」と言う機械は、お水を入れるタンクに水を補給。 そして機械内部のタンクには インスタントコーヒーを補充しておいて、飲みたい時にボタンをポン!でお湯とインスタント コーヒーが抽出口から出てくる…と言う仕組みで、時々お水とインスタントコーヒーを補給 しなければいけません。 ある日、コーヒーを飲もうといつもの様にバリスタのボタンをポン! お湯だけ出てきたので「あ~インスタントコーヒーが切れたか」と内部のタンクを見ると、 なぜかまだインスタントコーヒーは入っています。 タンクを取り出して確認してみると・・・ インスタントコーヒーが半分くらい固まっていました!! 固まってしまって詰まって出てこなかったんですね。 バリスタにはネスカフェからちゃんと詰め替え専用のパッケージのインスタントコーヒーが 発売されていて、それを使用しなければいけないんですが…最近他のインスタントコーヒーも 使えるよと聞いて、 別のメーカーのインスタントコーヒー を入れて使っていたのでした。 ネスカフェさんごめんなさい。 (ちなみにAGFの ブレンディ使用。 カフェオレにすると 美味しいんだよね) この後、タンクから大きな塊を取り出したり、複雑に組み立てられた内部に溶けて べたべたにこびりついたコーヒーを掃除するのに一苦労。 使用環境にもよるでしょうが、「バリスタ」に他メーカーのインスタントコーヒーが 使えるのかどうか、検証していきたいと思います。 他メーカーの商品使用にてバリスタが故障した場合はサポート対象外ですのでお気をつけ 下さい。 当サイトは一切責任を負えませんので自己責任でお願いします。 粒の細かい 「スプレードライタイプ」は使用できません。 下記で検証したもの以外は 確実ではありませんので自己責任で使用してください。 フリーズドライタイプの商品(使用可) AGFマキシムシリーズ UCCザ・ブレンドシリーズ キーコーヒー スペシャルブレンド ドトールコーヒー トップバリュ 芳醇な香りのインスタントコーヒー ネスカフェ ゴールドブレンドシリーズ ネスカフェ 香味焙煎シリーズ ネスカフェ プレジデントシリーズ UCC ブルーマウンテンブレンド UCC 職人の珈琲シリーズ カフェグレコ エスプレッソロースト マキシム ちょっと贅沢な珈琲店 マウントハーゲン オーガニックシリーズ クライス カフェインレスコーヒー 珈琲問屋 インスタントコーヒー ハマヤ ブルーマウンテンブレンド 丸福珈琲 インスタント珈琲 むそう商事オーガニックインスタント珈琲 インスタントコーヒー業務用 ヒルス ブレンドゴールド ダーボン 有機インスタントコーヒー モッコナ コンチネンタルゴールド 澤井珈琲 インスタント珈琲 スプレードライタイプの商品(使用不可) AGF ブレンディ ネスカフェ エクセラ ネスカフェ クラシック UCC クラスワン カルディ カフェモカ ファームランド フレーバーコーヒーシリーズ キーコーヒー グランドテイストシリーズ キーコーヒー しっかりとした苦みとコク クライス エクスプレスコーヒー プライベートクラブ フレーバーシリーズ 加藤珈琲店 業務用オリジナル珈琲 トップバリュ 奥深いコクのインスタントコーヒー トップバリュ インスタントコーヒー(スプレー) UCC BEANS&ROASTERS インスタントコーヒー 検証~Blendy ブレンディ AGF ~ 検証結果 使用不可(8月~9月) ネスカフェゴールドブレンドより粒が小さめ。 見た目からも粉に少し水分が残った様な感じで、すぐに使い切るには問題ないが、湿気やすいので避けた方がいい。 コーヒータンクの中や通り道に湿気ってべたべたに固まったコーヒーが詰まりの原因になりました。 検証~MAXIM マキシム(AGF ~ 検証結果 使用できました(9月) 粒の大きさもゴールドブレンドに近く、さらさらして乾燥もしっかりしていました。 半月ほど使用しても詰まりなく問題なく使用できました。 まだ気温の高い時期でしたが湿気ませんでした。 検証~THE BLEND ザ・ブレンド 114(UCC) 検証結果 使用できました(10月) ゴールドブレンドと同様、半月ほどでしたが問題なく使用できました。 大きめな粒はゴールドブレンドと同じくらいの大きさですが、ゴールドブレンドに比べて粉状のものが混ざった(一部砕けたのか)感じですが、詰まる事はなかったです。 検証~KEY COFFEE スペシャルブレンド(KEY COFFEE キーコーヒー) 検証結果 使用できました(11月~12月) 詰まりもなく問題なく使えました。 粒の大きさもゴールドブレンドと同じ感じなので特に気にする事もないかと思います。 検証~DOUTOR ドトールコーヒー)~ 検証結果 使用できました(1月) 粒が大きめ?詰め替え時にさっと入っていかなかったので詰まらないか恐る恐る検証中。 1瓶使用しましたが詰まりもなく普通に使えました。 検証~芳醇な香りのインスタントコーヒー(トップバリュ) 検証結果 使用できました(2月) 詰め替え時に見た印象では、粒の大きさも問題なさそうです。 中身が見えないパッケージで心配でしたが半月の使用も問題なく使えました。 他のトップバリュ商品はスプレータイプでしたのでお気をつけ下さい。 検証~インスタントコーヒー(澤井珈琲) 検証結果 使用できました(3月) 楽天市場で人気の物をお取り寄せしてみました。 見た目は粒も大きく他の商品以上に乾燥している様に見えました。 専門店と言う事でパッケージのせいかも。 湿気て詰まる心配がなかった。 丁度一袋150グラムがバリスタ50のタンクが満タンになるサイズで、詰め替え頻度が減って楽でした。 検証~インスタントコーヒーフリーズドライ(トップバリュ) 検証結果 使用できました 4月) トップバリュの「芳醇な…」は検証済みですが、もうひとつのフリーズドライ商品がこちらです。 粒の形状は問題なさそうですが、ちょっと色が明るい茶色っぽい。 問題なく使用できましたが澤井珈琲の後に飲んだからか味が・・・。 検証~業務用インスタントコーヒー(セイコー珈琲) 検証結果 使用できました 6月・7月) 200グラムの大容量なのでタンクには2回に分けて入れました。 梅雨時なので残りは冷蔵庫で保存。 2回分問題なく使用できました。 色は明るめの茶色ですが苦みがあるのでカフェオレにピッタリです。 検証~ネスカフェエクセラ バリスタ専用(ネスレ) 検証結果 使用できました 8~9月) やっとバリスタ専用のエクセラが発売されましたね。 エクセラ派には嬉しいですね。 バリスタ専用なので粒の大きめのフリーズドライタイプになってます。 番外編 詰め替え方法 「バリスタ」に別メーカーのインスタントコーヒーを使用するのはいいのですが、 詰め替えが問題ですよね。 バリスタのコーヒータンクの口は大きくふたが開く 仕様にはなっておらず、詰め替えパッケージもそれに考慮してタンクの口周りから 入る特殊な作りになっています。 これはもうなかなか入れる方法も見つから ないので、一度ネスカフェのバリスタ用商品を買い、容器を取っておいて 別メーカーを詰め替える場合はその容器をはめて流しいれるしかなさそうです。 試行錯誤していますので、いいアイデアが見つかったら追記します。

次の

【ネスカフェ バリスタ】使えるインスタントコーヒー検証~ブレンディは使えない・114・マキシム他

バリスタ エクセラ

この記事の目次(もくじ)• ネスカフェバリスタの詰め替え用コーヒー粉「エコ&システムパック」とは 私たちが普段手軽に飲めるコーヒーの多くは、「 レギュラーコーヒー」と「 インスタントコーヒー」の2種類に分類されます。 レギュラーコーヒー……コーヒー豆を挽いたうえでドリップして飲むタイプ• インスタントコーヒー……抽出液を乾燥させて粉末状にしたタイプ• レギュラーソリュブルコーヒー…抽出液と微粉砕したコーヒー豆を合わせて作っているもの それに対して、ネスレの「 挽き豆包み製法」で作られたコーヒーは、「 レギュラーソリュブルコーヒー」と呼ばれています。 カップなどに乗せてドリップするレギュラーコーヒーとレギュラーソリュブルコーヒーの大きな違いは「 お湯に溶けるかどうか」。 お湯に溶けるレギュラーソリュブルコーヒーは手軽で扱いやすいため、 下準備も必要なく美味しいコーヒーを淹れられます。 そして、 微粉砕されたコーヒー豆が含まれているため、普通のインスタントコーヒーより香りが良くなっています。 ネスカフェバリスタのエコ&システムパックと瓶タイプの違い では、ネスカフェバリスタ専用のエコ&システムパックは従来のインスタントコーヒーとどう違うのでしょうか。 その違いは 「容器の仕組み」です。 コーヒーの美味しさは、淹れ方だけではなく豆の鮮度も重要。 瓶タイプのインスタントコーヒーの欠点は、 蓋を開け閉めする度に空気に触れてしまうこと。 空気に触れると、酸化のスピードが速くなります。 ネスカフェバリスタでは、エコ&システムパックを 直接コーヒータンクに挿して詰め替えを行うので空気に触れる機会が減り、「 コーヒー粉の酸化」が起こりにくいのです。

次の

【バリスタ】ネスカフェ

バリスタ エクセラ

普段主にインスタントコーヒーを飲んでいる方は「バリスタアイを使うと逆に手間がかかるのでは?」と思われると思います。 また、「バリスタアイとインスタントコーヒーの違いは?」などの疑問も抱かれると思います。 そこでバリスタアイとインスタントコーヒーの違いはどこなのか紹介していきます。 バリスタアイはインスタントコーヒーと香りが違う バリスタi [アイ]で作るコーヒーと一般的なインスタントコーヒーの違いは香りです。 バリスタアイで使う詰め替えパックはすべて「挽き豆包み製法」と呼ばれるネスカフェ独自の製法によって作られています。 挽き豆包み製法は、微粉砕したコーヒー豆の粉をコーヒーの抽出液に混ぜ込み、その液体を乾燥させて粉末化させる製法です。 この挽き豆包み製法によって作られたコーヒーを「レギュラーソリュブルコーヒー」と呼びます。 レギュラーソリュブルコーヒーはコーヒーの抽出液を乾燥させた粉末(インスタントコーヒー)のみならず、コーヒー豆の粉が入っているので風味や香りが一般的なインスタントコーヒーよりも高い特徴があります。 バリスタアイでレギュラーソリュブルコーヒーを淹れると撹拌部でしっかりとかき混ぜられてから抽出されるので自分でお湯を注いで作るよりも香りが引き立ち、香り深くなります。 また、香りが逃げないようにコーヒーの表面にクレマ(泡)も作るので一般的なインスタントコーヒーよりも香りの豊かさが明らかに違うコーヒーが出来上がります。 バリスタアイで香りの広がり方が変わる レギュラーソリュブルコーヒーでもバリスタアイでコーヒーを淹れるのと、淹れないのでは出来上がったコーヒーの香りが違います。 そもそもなぜ香りが違うことに気が付いたのかというとお歳暮でネスカフェ エクセラのスティックタイプをもらって飲んだのがきっかけです。 お歳暮をもらったときはバリスタアイをすでに持っていたのですが、バリスタアイを使わずにネスカフェのインスタントコーヒーを飲んだことがありませんでした。 バリスタアイを持っているのでわざわざマシンを使わない選択肢がなかったのです。 ただ、お歳暮でもらったネスカフェ エクセラはスティックタイプだったので、わざわざバリスタアイのコーヒータンクに移す必要もないと思って普通のインスタントコーヒーと同様に自分でお湯を注いで作ってみました。 そしたら明らかにバリスタアイで淹れたコーヒーより香りの無さにびっくりしました。 本当にびっくりで、言っちゃ悪いかもしれませんが、香りがないに等しいぐらいで唖然としました。 一方はバリスタアイ、一方は自分の手で淹れたレギュラーソリュブルコーヒーは匂いの確認をするまでもなく、バリスタアイを使ったほうが豊かな香りでした。 バリスタアイはインスタントコーヒーより味が安定する バリスタアイは、メニューごとに規定量のお湯を使ってコーヒーを作るので抽出量が固定されています。 また、お湯とインスタント粉末を撹拌部でかき混ぜてから抽出するのでインスタント粉末の溶け残りがなく、コーヒーの濃さが安定します。 これがもしインスタントコーヒーならコーヒーに必要なお湯を少し多めに作って不足しないようにするので注ぐお湯の量にばらつきがでるのは当たり前ですし、カップの底にインスタント粉末が少しだけ溶け残ったりなどコーヒーの味が薄くなったり、濃くなったりブレてしまいます。 バリスタアイはコーヒーの濃さが固定されているならコーヒーを作ってみて自分好みではなかったときに困ると思うかもしれませんが、バリスタアイはコーヒーの濃さも調節できます。 それにスマホからネスカフェアプリを使えばコーヒーの粉末量と水の量を比例させながらコーヒーの量も調節できるので自分が持っているカップの大きさ合った量のコーヒーが作れます。 コーヒーの濃さの調節は一度設定をしてしまえばバリスタアイの電源をオフにしてもリセットされないので最初に一度だけ自分好みのコーヒーを作ってしまえばそれ以降は毎回、同じ量・同じ味が作れるの重宝します。 バリスタアイはインスタントと同じ手軽さ インスタントコーヒーを飲む人は手軽にコーヒーを飲みたい人だと思います。 そこでバリスタアイを使ったときに手軽さはどうなんだと思うはずです。 水を沸騰させるまで沸かさないので電気ケトルでお湯を沸かす速度より早くコーヒーが作れます。 なので、手軽さの側面ではインスタントコーヒーと同じで簡単に作れます。 でも、問題はお手入れです。 お手入れはインスタントコーヒーと比べるとやらないといけないところが複数あります。 なんせバリスタアイは機械ですからね。 バリスタアイで毎日洗わないといけないところは「撹拌部」と「給水タンク」です。 (バリスタアイの内部はお湯を瞬間的に作って撹拌部でコーヒーを淹れる形になるので内部が汚れたりすることはありません) 撹拌部は、お湯とインスタント粉末がかき混ぜられるところで詰まると大変だから、使うたびに洗う必要はないけど、やっぱり一日一回は洗ったほうがいいです。 給水タンクは、水道水を使っているなら塩素入りなのでそこまで気を使う必要がありません。 軽くゆすいで中の水を変えるだけで十分です。 でも、ミネラルウォーターを使うなら管理をしっかりしてください。 水の中に塩素が入っていないので雑菌が繁殖しやすく、何日も給水タンクの中の水を放置すると良くないです。 汚れたら洗わないといけないところは「ドリップトレイ」と「抽出口カバー」です。 バリスタアイで抽出が終わったあとはわりと滴が落ちないようになっているのでそこまで汚れません(動画内1分頃)。 しかし、コーヒーができてすぐにカップを取り出したりすると何滴かコーヒーが落ちていたりすることもあるので汚れが気になったら洗うことが必要です。 抽出口カバーは黒色なのでブラックコーヒーを淹れるなら色合い的に汚れが目立ちません。 だから気になったら洗う程度で大丈夫です。 でも、ラテメニューのとくにカプチーノを飲むならネスレ ブライトの泡立ての際に勢いよくお湯を噴射するので跳ね返りがひどいです。 抽出口カバーに白い斑点模様の汚れが付いてしまうので定期的に洗う必要があります。 バリスタアイが気になっているなら以上のように汚れを洗わないといけないことを理解した上で使ってみるか考えてください。

次の