あな 番 秋元 康。 あな番伏線未回収を回収SPはHuluでいつ?伏線は全部明らかになる?|ENTAMENOTE

「キミモテ」の企画原作は「あな番」秋元康だった

あな 番 秋元 康

【内容情報】(出版社より) Twitter世界トレンド1位! 】 2019ユーキャン新語・流行語大賞ノミネート! 超人気ドラマ「あな番」を完全書籍化!!! 謎だらけの事件…様々な伏線…… シナリオのセリフを読み解くと 衝撃の事実が見えてきたーーー 超難解な連続殺人が起こる マーダー・ミステリーの傑作、ついに登場! 手塚菜奈 原田知世 と翔太 田中圭 は、 15歳年の離れた新婚夫婦。 念願のマイホームを購入した2人だが……。 疑心暗鬼になる住人たち。 次々に犠牲者が出る中、 マンションでまたもや 恐ろしい事件が起こってしまう。 悲劇の連鎖は、止められないのかーーー? 念願のマイホームを購入した2人だが…。 作詞家。 東京藝術大学客員教授。 高校時代から放送作家として頭角を現し、『ザ・ベストテン』など数々の番組構成を手がける。 1983年以降、作詞家として、数多くのヒット曲を生む。 テレビドラマ・映画・CMやゲームの企画など、幅広いジャンルでも活躍 福原充則(フクハラミツノリ) 1975年、神奈川県生まれ。 脚本・演出家。 2002年にピチチ5(クインテット)を旗揚げ。 その後、ニッポンの河川、ベッド&メイキングスなど複数のユニットを立ち上げ、幅広い活動を展開。 2018年、『あたらしいエクスプロージョン』で第62回岸田國士戯曲賞を受賞。 近年の活躍はテレビから映画まで多岐に渡る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです).

次の

『あな番』映画化で日テレと秋元康が衝突!? 業界内に飛び交う“衝撃のシナリオ”とは|日刊サイゾー

あな 番 秋元 康

(視聴率は関東地区、ビデオリサーチ調べ) 同ドラマは、田中圭(35)と原田知世(51)がダブル主演を務めた連続殺人が起こるミステリー。 同局では25年ぶりの2クール(4~9月)放送だった。 第1話は8・3%という低調なスタートで、6月までの第1章は視聴率は1桁で推移したが、第2章の「反撃編」に入ると、ネット上で犯人捜しが盛り上がり、それにつれて視聴率が上がっていった。 2桁視聴率が当たり前になり、今月8日に放送された最終回では19・4%を記録した。 最終回で、元乃木坂46の西野七瀬(25)演じる黒島沙和が真犯人と判明。 放送後、ツイッターのリアルタイム検索のトレンドランキングで「あなたの番です」「黒島ちゃん」「あな番」が1~3位を独占するほどだった。 第1章で謎をちりばめ、第2章で謎を回収していくという戦略に視聴者は次第にくぎ付けになっていった。 「『あな番』がヒットしたのは、秋元さんが放送後に毎週、プロデューサーや脚本家と打ち合わせをして、ストーリー展開や役者のしぐさに至るまで細かな指示を出していたからと言われている。 ネットの反応とかを参考に、企画や原案を最初に渡しっ放しにするのではなく、毎話、細かな指示を出してたんですよ」(ドラマ関係者) 企画・原案を担当した秋元氏のもとには、次の「あな番」狙いで「各局からドラマの企画・原案のオファーが殺到している」とは前出のドラマ関係者。 だが、秋元氏が次に力を入れるのはドラマではない。 女性アイドルグループ「ラストアイドル」だという。 「現在、秋元氏はAKB48などは楽曲制作などのクリエーティブなプロデュース部分に専念しているが、『あな番』のようにスタッフと綿密に打ち合わせをし、細かく指示を出しているコンテンツが、実は『ラストアイドル』なんです」(芸能関係者) AKB48グループ、乃木坂46などの坂道シリーズなどトップアイドルの総合プロデュースを手掛けた秋元氏が、新たなアイドルグループを誕生させるべく、2017年8月にスタートした同名オーディション番組から生まれたラストアイドル。 「11日に発売されたばかりの新曲『青春トレイン』は、『バブリーダンス』が話題となった登美丘高校ダンス部総監督として有名なakane氏が振り付けと指導を担当した。 楽曲の完成度と、史上最高難度のダンスは、アイドルファン以外からも反響を呼んでいる。 こうした仕掛けも秋元氏によるものでしょう」(前同) 現在、アイドル界は「飽和状態」とも言われているが、秋元氏はラストアイドルに関してどんな企画を考えているのか、お手並み拝見だ。

次の

『あなたの番です』のヒットの背景にあるマーケティング|ざっきー|note

あな 番 秋元 康

「彼女の役者としてのキャリアを考えると及第点であると感じました」 最終回を見た視聴者からは、西野さんについての感想がネット上に続々。 あるツイッターアカウントは、 「あなたの番ですの総合的な感想 1話から19話はくそおもろかった!しかし最終日ちょっとな。 西野七瀬の演技力がな。 ちょっと下手だなって思った笑」 と、演技力が役柄にやや追い付いていなかったのではないかとツイート。 また、別のアカウントは 「子供な殺人犯、て感じで、切実感のなさにゾッとしたが、もっと共感なり怒りなりを呼び起こす演技をしてほしい人が多かったんだろう」 と、やはり物足りなさを感じたとツイートした。 また、これとは逆に、 「西野七瀬さんの演技を酷評する声が多いけど、彼女の役者としてのキャリアを考えると及第点であると感じました」 と、昨年のNHK紅白歌合戦で乃木坂46を卒業後(卒業コンサートは19年2月)、1年に満たない時点では合格であるとする声が上がったほか、 「最終回を終えて西野七瀬を嫌いになったとか、演技下手とか言ってる人多いけど俺はより好きになったよ!」 との声も。 放送開始直後から注目を集めていた西野さんだけに、番組終了から半日が過ぎても西野さんをめぐる視聴者からの声は後を絶たない。 「秋元康が西野七瀬の卒業に贈る大舞台だった」 このほか、西野さんをめぐる視聴者からの声で多いのが、 「#あなたの番です、結局、#秋元康がグループ出身の#西野七瀬ちゃんをフィーチャーしたかっただけなのではという気もしています」 と、どうにも下駄をはかされすぎではないかとしてモヤつく視聴者からの声だ。 この手の声は続々と上がっており、ほかにも「2クール使って、秋元康が西野七瀬の卒業に贈る大舞台だった」と指摘する声もある。 確かに、グループ卒業から1年もしないうちにグループのプロデューサーが企画・原案を担当したドラマで大役を務めていれば、当然、このような声は上がってしまうだろう。 ただ、その期間の短さゆえに西野さんには今後は女優としての伸びしろはあるとも考えられる。 事実、ほかの視聴者からは、「どんなにアンチが増えても... 結果的に名前は知られたしインスタのフォロワーは増え、秋元康の作戦は成功」と指摘する視聴者もいたほどである。 (J-CASTニュース編集部 坂下朋永).

次の