ファスナー 開か ない。 ファスナーが動かない・開かないの対処法まとめ

ファスナーが閉まらない原因とは?ファスナーの直し方の裏技!

ファスナー 開か ない

目次です。 もし生地に食い込んで動かないのなら、生地を横に引っ張ってください。 そしてファスナーを反対に向けて動かすと外れます。 ドライバーを使用する方法 それでも無理な場合は、薄い定規かマイナスドライバーを用意します。 そして生地に食い込んでしまった部分に滑らせていきます。 すると隙間ができるので、それにより食い込みを解消することができます。 鉛筆を使用する方法 生地に食い込んだわけでもないのにファスナーが動かない場合の直し方は、鉛筆を使います。 鉛筆でエレメントをこすってから動かすと、元に戻ることがあります。 それでもダメな場合は、石鹸やワセリン、リップクリームを塗ってみてください。 動くようになるかもしれません。 ファスナーが噛んで動かない場合の直し方 生地にがっちりと食い込んでしまっている場合は、エレメント部分を曲げてしまうという方法もあります。 しかし、これは工作に自信のない人でないと、二度とその服やカバンを使用できなくなる恐れもあります。 どうしてもファスナーを開けたい時の方法• まず、生地に食い込んでいる部分にマイナスドライバーを差し込みます。 固いでしょうが、無理矢理差し込むのです。 そしてペンチを使い、エレメントを曲げてしまうのです。 服が脱げない、カバンが開かないという場合の最終手段として、この方法を行ってみてください。 手先が器用なら、曲がったエレメントをペンチを使用して元に戻すことも可能でしょう。 お店に修理を依頼する 元に戻したいけれど、どうしても直し方がわからないという場合は、自分で行うのはあきらめましょう。 お金はかかりますが、修理屋に依頼するという方法もあるのです。 服やカバンのリフォームを行っているお店に持ち込めば、直してもらえます。 スポンサーリンク ファスナーが壊れて閉まらない場合の直し方 ファスナーが動かない以外に、閉めたくてもすぐに開いてしまって閉まらない、ということも起こり得ます。 ペンチで直す方法 スライダー部分がゆるくなっているなら、ペンチを使って締めることで直すことができます。 ただし、締めすぎると動かなくなってしまうので、注意してください。 もしエレメントが飛び出していることで閉まらないなら、その飛び出した部分を整えます。 これもペンチを用いるのですが、エレメントの並びがまっすぐになるように整えてください。 以上のように、ファスナーが動かない場合は自分で直すことが可能です。 しかし、無理に修理しようとすると使えなくなる可能性もあります。 大事な物であったり、洋服を脱げない、カバンの中身を取り出せないといったことでない場合は、プロに任せてしまいましょう。 最後に 管理人自身もお気に入りの財布のジッパーが壊れた時は、このページの方法を試しました。 この方法を試す前の段階では「新しい財布を買おうか」と迷っていましたがこの方法を試した所、簡単とまでは行きませんでしたがペンチを使いスライダー部分を締めることで管理人の財布は無事今までどうり使用することができるようになりました。 その他、リュックやズボンのチャックが壊れた際も役立つので参考にしてください。

次の

ファスナーが動かない・開かない時の対処法!間ができた時の直し方は?

ファスナー 開か ない

しっかり洗ってからファスナーも閉めてしまってあるので綺麗です。 「どれどれ一度袖を通してみるかな」とファスナーを開けようとしましたがファスナーが動きません。 接着剤で固めたかと思うぐらいにビクともしません。 「なんで?」と思いファスナーを見てみてビックリ ファスナーが青緑に染まっています。 サビついて動かないようです。 裏側もがっつり変色してます。 サビで固まってしまっているようですね。 驚くほど固いです。 試しにペンチで動かそうとしましたがまったく動きません。 あまり無理な事をすると布の方に影響が出そうです。 そこで秘密兵器、シリコンスプレーの出番です。 このシリコンスプレー、ルービックキューブの滑りをよくするために購入したんですが様々なものを潤滑してくれる優れものです。 ファスナーの頭部分の隙間にストローを差し込みスプレーします。 困ったので一度お湯につけてみることにしました。 熱湯に浸すこと10分。 火傷しないように水で薄めてファスナーを動かします。 ググッとファスナーのつなぎ目を開いてシリコンスプレーします。 しかしまったく動く気配すらありません。 お手上げです。 諦めて放置することにします。 ・・・・ ・・・・ それから5時間後。 何となくチャックを開いてみたら 簡単に開いた! ファスナーの頭の内側をみると錆が見えます。 ファスナー側を見てみると目地にがっつり錆が入り込んでます。 この錆が接着剤のようになっていたようです。 結論として、• お湯に漬込んで錆を浮かす?• シリコンスプレーをたっぷりかける• 数時間放置する(ここが大事) この手順で青サビファスナーが開くようになりました 仕上げとしてカッターで青サビをこそげ落としてシリコンスプレーをしました。 これでしばらくは大丈夫そうです。

次の

ファスナーが閉まらない原因とは?ファスナーの直し方の裏技!

ファスナー 開か ない

しっかり洗ってからファスナーも閉めてしまってあるので綺麗です。 「どれどれ一度袖を通してみるかな」とファスナーを開けようとしましたがファスナーが動きません。 接着剤で固めたかと思うぐらいにビクともしません。 「なんで?」と思いファスナーを見てみてビックリ ファスナーが青緑に染まっています。 サビついて動かないようです。 裏側もがっつり変色してます。 サビで固まってしまっているようですね。 驚くほど固いです。 試しにペンチで動かそうとしましたがまったく動きません。 あまり無理な事をすると布の方に影響が出そうです。 そこで秘密兵器、シリコンスプレーの出番です。 このシリコンスプレー、ルービックキューブの滑りをよくするために購入したんですが様々なものを潤滑してくれる優れものです。 ファスナーの頭部分の隙間にストローを差し込みスプレーします。 困ったので一度お湯につけてみることにしました。 熱湯に浸すこと10分。 火傷しないように水で薄めてファスナーを動かします。 ググッとファスナーのつなぎ目を開いてシリコンスプレーします。 しかしまったく動く気配すらありません。 お手上げです。 諦めて放置することにします。 ・・・・ ・・・・ それから5時間後。 何となくチャックを開いてみたら 簡単に開いた! ファスナーの頭の内側をみると錆が見えます。 ファスナー側を見てみると目地にがっつり錆が入り込んでます。 この錆が接着剤のようになっていたようです。 結論として、• お湯に漬込んで錆を浮かす?• シリコンスプレーをたっぷりかける• 数時間放置する(ここが大事) この手順で青サビファスナーが開くようになりました 仕上げとしてカッターで青サビをこそげ落としてシリコンスプレーをしました。 これでしばらくは大丈夫そうです。

次の