クレーター 消す方法。 凸凹クレーターニキビ跡を消す方法とは?

【ニキビ跡のボコボコを治すには?】クレーター・赤みをケアする方法

クレーター 消す方法

ボコボコのニキビ跡を見るたびに落ち込む• このクレーター状のニキビ跡さえなければ・・・• ニキビ跡はずっとこのまま治らないの? ニキビ跡のクレーターは、見た目にもひどく深刻な悩みです。 月面のような肌を見るたびに、落ち込んでしまいますよね。 ニキビ跡を隠そうとすると、つい厚化粧になってしまいます。 キレイになるためのメイクが、クレーター隠しの作業時間になっていまうのは悲しいです。 「ボコボコのニキビ痕さえなければ、毎日を明るく過ごせるのに・・・」 なんて思ってしまいますよね。 一度できてしまったニキビ跡やボコボコなクレーターは諦めるしかないのでしょうか? そんなことはありません! 毎日できるケアがあります。 今回はニキビ跡のボコボコなクレーターや赤みをケアする方法について解説していきたいと思います。 1.クレーター状のボコボコが残るタイプ• 2.赤みが残るタイプ ニキビの症状の度合いでニキビ跡のタイプが変わります。 ニキビの炎症が肌の表面だけだった場合は、赤みが残る程度です。 炎症が肌の奥深くの組織まで破壊してしまうと、ボコボコのクレーターになってしまいます。 それでは、タイプ別に自宅で治す方法をご紹介します。 1.ニキビ跡のボコボコなクレーターを治すケア クレーター状になってしまったニキビ跡は、自宅で治すのは簡単ではありません。 このあとに紹介している「皮膚科での治療」が有効となります。 最新の治療では、以前では治すのが難しかった重症のクレーターを治せるようになってきているんです。 いまは昔と違って、クレーターニキビ跡を諦めることはないんですね。 とは言っても、 皮膚科での治療は簡単な選択ではありません。 通院というのは、やはり負担になりますし、何より費用もかかりますから。 そこで、まずは自宅でできるケアをご紹介していきたいと思います。 クレーター状のボコボコのニキビ跡は、肌の傷です。 肌の傷の回復には「肌の再生をサポート」するしかありません。 そこで、 やるべきは肌の生まれ変わりのサポートです。 私たちのお肌は、日々新しく生まれ変わっています。 古くなった皮膚が垢として剥がれ落ちるのも、新しい皮膚が下から生まれてきているためです。 この新しく生まれてくる力をサポートしてあげることが大切。 スキンケアでできることは、徹底した保湿。 質の良い保湿を日頃から心がけることで、肌の再生が早まります。 潤った肌というのは、肌が健康的になります。 凹んだボコボコなクレーター跡をケアするのに、保湿でしっかりサポートしてあげましょう。 ニキビ後のボコボコ肌に必要となるのが「肌の土台から立て直すケア」 ニキビ跡のケアに大切なのは保湿と説明しました。 しかし、ただ単純に保湿をすれば良い結果がでる訳ではないんですね。 その理由は、ニキビ後の肌は奥深くまでダメージを受けています。 そのため、 肌表面の保湿だけでは不十分だからです。 ニキビの後は、3つのケアを同時にすることが大切! 保湿の重要性はご説明してきた通りです。 保湿と合わせて、ニキビの後のケアには3つの条件が揃っている必要があります。 ニキビの後の集中ケアのために開発された専用ケアセット• リピート率98%の満足度• 医学専門誌にも掲載された実績 ニキビの後を気にしていた私が、嘘みたい! 「使用者の98%がリピート」する、驚きの実感!と話題のニキビ跡ケアセットなんですね。 今度こそ 肌の土台から立て直したい!という方にピッタリです。 いまなら、トライアルセットが 「71%OFF」で試せますよ! ニキビ跡のボコボコ肌を治すには食生活の見直しも大切です よく聞くアドバイス「食生活に気をつける」 これを言われても困りますよね。 肌を綺麗にするために、食生活が大切! そんなことは当然わかっているんですから。 そこで、ニキビ跡の改善するためのポイントとなる食事をご紹介します。 意識して摂ってほしいのが「タンパク質」です。 お肌のために、フルーツや野菜を多くとる方がいます。 しかし、ニキビ跡を治すのに必要なのは、肌の材料となる「タンパク質」。 ターンオーバーをいくら促進しても、肌の材料が不足していては意味がありません。 お肌の材料となるタンパク質を意識的に摂ってください。 ニキビの炎症を抑える• 色素沈着をさせない• ニキビを同じ場所で繰り返さない• 徹底した保湿 肌に赤みを帯びているのは、まだ炎症が残っているからです。 まずは、その炎症を抑えましょう。 肌の炎症を抑えるためには、炎症抑制の効果がある化粧水が有効です。 選ぶべき成分は「ビタミンC誘導体」です。 ビタミンC誘導体の効果 ・炎症を抑える ・メラニン色素の生成を抑制 ・抗酸化作用 ・皮脂を抑える 肌の炎症を抑え、メラニン色素の生成を抑制することで色素沈着も防げます。 また、皮脂を抑える効果もあるので、ニキビ再発を防げるんです。 ニキビ跡の悪化原因となるのが、同じ場所で繰り返すニキビ。 何度も肌が炎症を繰り返すことで、ニキビ跡が深くなってしまいます。 ニキビ再発を防止することは、ニキビ跡を治すためにとても重要です。 ニキビ跡の赤みを治すには「ビタミンC誘導体」が配合された化粧水で、肌をしっかり保湿ケアしていくことが大切となります。 ビタミンC誘導体が配合されたニキビ肌に適した化粧水とは? ニキビの赤みがまだ残っている肌は、炎症を起こしていてとても敏感な状態です。 使用する化粧水も慎重に選ぶ必要があります。 ニキビ肌に適した化粧水をお探しなら、敏感肌用の商品を選ぶことをおすすめします。 ニキビ肌にも安心して使える化粧水といえば、などですね。 敏感肌専用に開発された化粧品で、ビタミンC誘導体がしっかり配合されています。 ニキビ跡の赤みの残る肌にも、最適な化粧水と言えますね。 ニキビ跡の赤みに悩まれている方はをチェックしてみてもいいかもしれません。 赤みが悪化していまうNG行為 ・ニキビ跡を消そうとゴシゴシと洗顔してしまう ・ピーリングで無理やり皮膚を剥がしてしまう ニキビ跡を早く治そうとして、余計に悪化させてしまっている方がいます。 ニキビ跡には、なるべく刺激を与えてはいけまんせん。 上記のような行為はやめて、優しくケアするのが一番です。 スポンサーリンク クレーターになったニキビ跡を、病院で治すという選択 初期の症状の軽いニキビなら、肌の再生能力で修復が可能です。 自宅でニキビケア用品を使用して、ニキビ跡を残さないことができます。 しかし、肌が陥没してしまってクレーター状になったニキビ跡は厄介です。 凹んだニキビ跡を平らに戻すのは、自宅では簡単にはいきません。 肌の内部まで破壊され、ボコボコのクレーター跡になってしまった場合は、皮膚科での治療も選択肢に入れてみるのもいいでしょう。 ニキビ跡にはケミカルピーリング治療が効果的 ニキビ跡のボコボコを治すのに効果的なのが「ケミカルピーリング」です。 ピーリング作用によて、肌の古い角質を除去します。 肌の生まれ変わりを促進させて、ニキビ跡を治す方法です。 ニキビ跡の赤みや色素沈着が目立たなくなります。 また、クレーター状のニキビ跡にも有効です。 ピーリングの作用によって、陥没した肌の周辺組織の再生が促されます。 それによって、陥没部分が修復される効果が期待できます。 ケミカルピーリングの治療方法は、肌に薬を塗ります。 主に使用されるのが、グリコール酸、乳酸などのフルーツ酸、サリチル酸です。 酸性の薬剤が、表皮の角質部分を取り除き、きれいな肌にするんですね。 薬剤による毛穴の殺菌作用もあります。 毛穴に詰まったアクネ菌を殺菌することができます。 悪化してしまった赤ニキビにも有効な治療方法です。 スポンサーリンク ボコボコ肌のクレーター跡はレーザー治療で目立たなくすることが可能 「クレーター状になってしまったニキビ跡は諦めるしかないの?」 そんなことはありません! 「自宅で色々なニキビケア化粧品を使ってもダメだった・・・」 そんなことで、もう治らないなんて思わないでくださいね。 今はニキビ治療に関しての、医療技術がとても進歩しています。 特に肌の再生医療の進歩は目覚ましいものがあります。 クレーター状になってしまった肌をキレイに戻ることも可能です。 陥没したニキビ跡を治す方法としては、レーザー治療がおすすめ。 いつまでもただニキビ跡に悩んでいても、肌はキレイにはなりません。 希望を持って、皮膚科に相談してみましょう。 美肌再生のレーザー治療に関心のある方は、専門皮膚科の公式サイトを一度チェックしてみても良いかもしれません。 最新の美肌レーザー治療を受けられる評判の皮膚科をご紹介しておきますね。 ニキビ跡のボコボコを治すには?まとめ 以上、ニキビ跡のボコボコを治すには?について、クレーター・赤みをケアする方法をご紹介してきました。 ニキビが治っても、ずっと悩まされ続けるのがニキビ跡です。 特にボコボコ肌のクレーターは深刻な悩みとなってしまします。 クレーターとなってしまう一番の原因は、ニキビをつぶしてしまうことです。 ニキビができると、つい自分でつぶしてしまいがち。 しかし、ニキビ跡を自分で作ってしまう行為なので絶対にやめましょう。 自分でつぶしても、毛穴に溜まった膿を出し切ることは難しいです。 アクネ菌を多く含んだ膿が外に排出しきれずに、肌内部で広がってしまいます。 それによって、余計にニキビが悪化してしまうんです。 肌の内部の炎症が広がり、皮膚の奥深く破壊してしまいます。 この状態になってしまうと、せっかくニキビを治しても問題が生じます。 ボコボコと凹んだクレーターが、肌に残ってしまうんです。 ボコボコのニキビ跡を残さないために大事なこと.

次の

鼻クレーター・鼻ニキビ跡は目立つ! 原因を知り、きれいに治す改善治療方法

クレーター 消す方法

Contents• 【ニキビ跡の赤みを消す5つの方法】赤みは自力で治せる?皮膚科治療やケア方法まとめ! ニキビは治ったけど、ニキビ跡の赤みがなかなか消えないことで悩んでいる方は多いと思います。 私もかつて、ニキビを潰して赤いニキビ跡ができるという繰り返しでした。 ニキビとニキビ跡を治すために、色々なスキンケア商品を買ったり皮膚科で治療を行い、100万円以上のお金を使いました。 その経験から学んだ結論は、 ニキビ跡の赤みを消す方法は「皮膚科で治す」「自分で治す」「自然治癒を待つ」の3つです。 つまり、ニキビ跡の赤みは正しいスキンケアをすれば 自分で消したり目立たなくすることが可能です。 今回は、ニキビ跡の赤みができる 原因、どのくらいで治るのか、皮膚科で消す方法、自分で消す方法、どうしても隠したいときの対処法について私が学んだ全てをご紹介します。 ニキビ跡の赤みができる原因は? ニキビ跡の赤み・色素沈着が発生する原因は2つあります。 ニキビで炎症した肌を回復するため、毛細血管が集中• ニキビの炎症で血液が傷つき、周辺に血液が流出 この2つについてご説明します。 ニキビで炎症した肌を回復するため、毛細血管が集中 簡単にいうと、ニキビによって 傷ついた皮膚を回復するために血管が集まることで、血液の赤みが発生している状態です。 通常、ニキビの炎症が起きると、皮膚が損傷してしまうため組織を治す必要があります。 組織を治すために、炎症した箇所に毛細血管が集中することで血液が集中し、血液の赤い色素が濃く見えているというのが正体です。 ニキビの炎症で血液が傷つき、周辺に血液が流出 これは、ニキビの炎症によって 損傷した皮膚の血液が周りに流出することで血液の赤みが発生している状態です。 ニキビの炎症がひどく、肌の深い部分(真皮)にまで及ぶと血管が損傷してしまいます。 その結果、傷ついた血管から血液が流出してしまうのです。 また、紫や茶色のニキビ跡ができてしまう原因は、血液に含まれるヘモグロビンという赤色の色素が酸素を失うことで、紫や赤黒い色に変わってしまうためです。 ニキビ跡の赤みや色素沈着はどのくらいで治る? ニキビ跡の赤みが自然に治るまでの期間 ニキビ跡の赤みは放っておけば自然に治るものです。 しかし、完全に治るまでにはかなりの時間が必要になります。 一般的には 「3ヶ月〜1年以上」です。 これはニキビの炎症の酷さにもよりますが、私の経験だと 大きいニキビ跡の場合は1年以上かかりました。 つまり、自然治癒は可能ですがかなりの時間がかかってしまうのです。 治るまでに時間がかかる理由 時間がかかってしまう理由は、炎症が肌の深い部分にまで及ぶと、 正常なターンオーバーができなくなるためです。 通常、20代の肌の ターンオーバーは28日周期で行われると言われています。 しかし、炎症ニキビによって肌の真皮層まで傷ついてしまっている場合は、通常のターンオーバーでは時間がかかってしまうのです。 これは、炎症したニキビの種類が紫ニキビなどの重症ニキビであるほど赤みが深くまで残ってしまいます。 ニキビ跡の赤みは自分で消す・治せる? 最初にお話ししたように、正しい対策やスキンケアをすれば、 ニキビ跡の赤みは自分で消すことができます。 自分で消すことができる理由は「ターンオーバーを繰り返せば色素が元に戻るから」です。 そのため、自分で消すためには「 正常にターンオーバーさせる」「 メラニンの生成を防ぐ」ということが大切です。 一方、クレーターのニキビ跡はターンオーバーを促すだけでは凹みが治らないので、自分だけで完全に治すのは難しいとされています。 食生活を改善する• 睡眠(ノンレム睡眠)を確保する• ニキビ跡に効くサプリを飲む• ニキビ跡専用の化粧水を使う• 洗顔を正しく行う 1〜3は体内から赤みを改善する方法、 4・5は体外から改善する方法です。 私が実践して最も効果があった、この5つについて詳しくご紹介します。 食生活を改善する ニキビ跡の赤みを治すためには、基本的な生活習慣を整えることが非常に大切です。 特に、普段の食生活ではニキビ跡の赤みに効く栄養素を摂ることで改善ができます。 赤みのニキビ跡には 「ターンオーバー」「メラニン生成の抑制」が重要なので、ビタミンCや亜鉛、トラネキサム酸といった栄養素が効果的です。 ビタミンCは野菜類、亜鉛は納豆やナッツ類から摂取ができるため、普段の食事で摂取できるように心がけてみてください。 睡眠(ノンレム睡眠)を確保する 睡眠は肌のターンオーバーに大きく関わっています。 特に、ノンレム睡眠と呼ばれる入眠後の3〜4時間は 肌を回復させる成長ホルモンが分泌され、ターンオーバーを促進します。 この成長ホルモンが正常に分泌されない場合、ターンオーバーが乱れてニキビ跡が治りにくくなってしまいます。 質の高い睡眠を摂るためには、寝る前に暖かいお湯を飲んだり入浴すると効果的です。 ニキビ跡の赤みに効くサプリを飲む 先ほどご紹介した食生活について、毎日気遣うのが難しい方もいるでしょう。 私も仕事が忙しくて栄養のことを考えた食事ができていませんでした。 しかし、サプリメントであれば食事と一緒に摂取できるため非常に楽です。 また、各栄養素の1日に必要な分量を摂取できるため食事よりも効果があります。 赤みには 「ビタミンB」「ビタミンC」「トラネキサム酸」が効果的とされています。 ニキビ跡専用の化粧水を使う ニキビ跡の赤みを消すには、日常のスキンケアが非常に大切です。 残念ながら、いくら 値段の高い化粧水を使っていてもニキビ跡の赤みは治りません。 ニキビ跡をケアするという目的なのであれば、それはお金の無駄遣いです。 しかし、 ニキビ跡専用の化粧水を使えばしっかりと赤みに効き目があることを実感できます。 その際には、効果のないものを買わされるなど騙されないように、 効果のある成分がちゃんと含まれているか?を見る必要があります。 ニキビ跡の赤み消しに有効な成分は「 ビタミンC誘導体」「トラネキサム酸」です。 この成分は、サプリを飲むことと同様に化粧水としても効果があるとされています。 私も、 美容クリニックでこの2つの成分が含まれた化粧水や美白化粧品を おすすめされました。 私は何十本と化粧水を試してきましたが、ほとんどが騙されたといっていいくらい効き目のないものが多かったです。 成分とかも確かめずに購入して完全にいい消費者でした。。 その中で、唯一効果を実感できた化粧水が「」と「」でした。 は ビタミンC誘導体が入っていること、 ナノカプセルという肌への浸透力をあげる成分が入っていることから、ビタミンCや保湿成分が肌の深い部分まで浸透して効果があります。 私は 使い始めて2ヶ月経ったくらいで、ニキビ跡の赤みが薄くなっていることを実感できました。 もビーグレンと同様に 肌に浸透する成分が入っているため、通常の化粧水よりも保湿能力が高く、色素沈着している深い部分まで効果があります。 私はビーグレンよりも先に試しましたが、同様に2ヶ月ほどで効果が現れました。 自宅で行えるスキンケアなので、まずは試してみることをおすすめします。 ビーグレンについて 商品名 ビーグレンQuSomeローション 価格 初回1,800円(通常4,422円) 保証 365日間の全額返金可能 効果 ニキビ跡の赤みを改善 成分• 高濃度のビタミンC誘導体• 肌の深くまで届く浸透テクノロジー「QuSome」 リプロスキンについて 商品名 ビーグレンQuSomeローション 価格 初回2,240円(通常4,980円) 保証 60日間の全額返金可能 効果 ニキビ跡の赤みを改善 成分• ニキビ炎症を抑えるグリチルリチン酸ジカリウム。 (特に赤みのあるニキビ跡に効果あり)• 成分が肌に浸透しやすいナノBテクノロジー• 新陳代謝を活発にし、肌のターンオーバー機能を整えるプラセンタエキス。 洗顔を正しく行う 1日2回の洗顔を徹底しましょう。 洗顔は肌の古い角質や皮脂を落とすために重要なスキンケアの1つです。 洗顔をすることで 肌のターンオーバーが正常に行われることを維持できます。 また、洗顔の効果を最大化するためには 洗顔前に温かい蒸しタオルを顔に当てると良いでしょう。 これは上記で毛穴を広げることで毛穴の奥にある汚れをしっかりと落とす効果があります。 タオルを水で濡らし、レンジで30〜40秒ほど温めるとちょうど良い温度になります。 蒸しタオルがめんどくさい場合は、しっかりと入浴するだけでも毛穴の開きが変わってきますのでぜひ試してみてください。 ニキビ跡の赤みを皮膚科で消す方法 皮膚科やクリニックでニキビ跡の赤みを消す方法についてご紹介します。 皮膚科ではニキビ跡の状態に合わせて専門的な治療を行ってくれる反面、 保険が適用外になるため治療費が高額になります。 私がクリニックで行ってきたニキビ跡の赤みを消す代表的な治療メニューについて効果をご紹介します。 ニキビ治療にも効果があるとされています。 私の場合は、色素が肌の真皮層に沈着していたためほとんど効果を実感できませんでした。 ピーリングは表面的な角質除去等に効果があるので、重症のニキビ跡には適していないのかもしれません。 また、しみ・そばかすの元となるメラニン色素に反応し、細かいかさぶたを形成し、それがはがれることで、しみ・そばかすを薄くしていきます。 私は2〜3回しかライムライトを受けることができなかったので、ほとんど効果を実感できませんでした。。 ニキビ跡の赤みをどうしても隠したい時の方法 ニキビ跡の赤みを消すには、一定の時間がかかります。 自然治癒は1年以上、皮膚科や自力で治す場合も3ヶ月〜最長1年くらいは必要になるでしょう。 しかし、仕事やデートなど どうしてもニキビ跡を隠したいときがあると思います。 そういった場合は「 コンシーラー」を使うことをおすすめします。 コンシーラーには様々な種類がありますが、肌荒れしないためにできるだけ「 オイルカット」されているものが良いでしょう。 私もニキビ跡を誤魔化すために頻繁にお世話になっていました。 最初はコンシーラーを塗ることで肌荒れしないか心配でしたが、肌に刺激のないものを選べば問題なかったです。 まとめ 今回はニキビ跡の赤みを消す方法についてご紹介しました。 ニキビ跡があるだけで普段の生活でモチベーションが下がったり、楽しめなくなっちゃいますよね。 赤みはクレーターと違って自然に治るものですが、できるだけ早く治すためには ニキビ跡のためのスキンケアや治療が必要です。 今回ご紹介した改善方法を参考にして頂き、少しでも皆さんのニキビ跡の悩みが無くなると嬉しいです。

次の

顔の凸凹(クレーター)肌を治す方法!早くニキビ跡をなくしたい!

クレーター 消す方法

赤ちゃんのお肌って、つるんとしていてキレイですよね。 クレーター型のニキビ跡で悩んでいるあなたの肌も、 昔は綺麗だったはずなんです。 では、どうしてそうなってしまったのか・・・ それはニキビができた時の 「間違った対処法」にあります。 クレーターができるニキビ対処法 ニキビを潰す ニキビを潰してしまうと、 ニキビ内に溜まっている物質が皮膚内に広がってしまい、炎症をさらに悪化させてしまう原因となります。 刺激を与える事によって皮膚の免疫機能が働き、白血球が炎症を鎮めようとします。 その際に 皮膚組織を破壊してしまうという事態が起こってしまいます。 間違ったニキビケア ニキビは皮脂や古い角質が溜まる事によって引き起こされます。 だからと言って洗顔のし過ぎは、肌にもニキビケアにも良くありません。 洗顔をしすぎると必要な皮脂まで失い、それを補うために、過剰な皮脂分泌を繰り返してしまいます。 さらに、洗顔のし過ぎにより、古い角質だけでなく新しい角質まで取り去ってしまうと、 肌のバリア機能が低下し、肌荒れまで引き起こしてしまいます。 クレーターはどんな状態? 皮膚は、真皮とそれを覆う表皮の2層で出来ています。 表皮は通常28日程度の周期で新しいものに生まれ変わるようになっています。 28日間で新しい表皮が形成され、古いものは自然に剥がれおちる様になっているのです。 これが 「ターンオーバー」の仕組みです。 しかし、真皮は1度破壊されると表皮の様に再生されません。 つまり、 間違ったニキビ対処法によって破壊された真皮の部分が落ち込み、クレーターとなるのです。 特に 「ニキビを潰す」という行為がクレーターになる大きな原因と言えるでしょう。 クレーターは、皮膚の真皮の部分が破壊され、 落ちくぼんでしまっている状態です。 真皮は一度壊れてしまうと、表皮の様に再生する事ができません。 クレーターニキビ跡の対処方法として、以下の様な方法があります。 ピーリング ピーリングはニキビケアの中で、 自宅でも手軽にできる方法として有名です。 ピーリング効果のある石鹸を使って洗顔することで、 古い角質を取り除き、新しい角質に生まれ変わらせることができます。 ピーリングで凸凹を消す事は難しいですが、 ニキビ跡が目立たなくなった、マシになったという報告もあります。 美容整形外科での治療 クレーターについては 自宅でのケアが難しく、美容整形外科での治療が望ましいです。 美容整形外科では、ケミカルピーリング、レーザー、ヒアルロン酸注入といった方法が取られます。 クレーター型のニキビ跡は、ニキビ跡の中でも治り辛い、重度の状態にあります。 医師の指導の基、正しいケアを行う事をおすすめします。 残念ながら、クレーターとなったニキビ跡は、自分でのケアで治す事はほぼ不可能です。 赤みのニキビ跡や色素沈着の対処法の様にターンオーバーを促しても、 表皮は再生されますが、真皮はそのままなので意味が無いという事になります。 医療技術を以ってしても、 クレーターを完全に消し去るのはとても難しいと言われています。 しかし、完全に治らないにしても、 目立たない状態にすることはできます。 効果のある化粧品を使って、スキンケアを念入りに行う事が一つの方法です。 化粧品で徹底的にケアする事でも、化粧で隠せる程度に改善した、以前よりマシになったと言う方も大勢いらっしゃいます。 何もしないで諦めるより、一度試してみる事をおすすめします。 違った化粧品でケアする事で、今まで悩まされていた症状が良くなるかもしれません。 クレーター肌が目立ってしまう原因は、 光の反射によりお肌のへこんだ部分に影が出来てしまう事です。 凹凸部分の 肌を滑らかにすることで、お肌の凹みは目立たなくなります。 この方法は美容外科のレーザー治療でも行われていますが、クリニックに行くとなると勇気がいりますよね。 クレーターニキビ跡の解消は、クリニックでしか出来ないと思われがちですが、 実は自宅でのスキンケアでもクレーターニキビ跡を目立たなくすることが可能です。 そこで使っていただきたいのが、 ビーグレンの「ニキビ跡ケアプログラム」です。 ニキビ跡に特化した化粧品のセットで、ビーグレン独自の浸透テクノロジーにより、お肌の奥までニキビ跡に有効な成分を届ける事ができます。 お肌に潤いとハリを与えることで、クレーター凹凸を目立たなくする効果が期待できます。 また、ターンオーバーも促進されるので、ニキビ・ニキビ跡の予防も可能です。 「人が自分のニキビ跡を見ている気がしていつも不安」 「ニキビ跡が気にならない生活を送りたい!」 「ニキビ跡が無かった頃の健康な肌に戻りたい」 このような悩みをお持ちではありませんか? クレーターニキビ跡ができてしまうと自然には消えず、「一度できると治らない」と思われているかもしれません。 しかし、 クレーターニキビ跡は、病院での治療により完全に消すことができます。 治療によりクレーターニキビ跡を消すことに成功している方は、たくさんいるのです。 当ページでは、 実際に病院で行われているクレーターニキビ跡の治療法と具体的な費用例をご説明します。 さらに、 費用の問題で今すぐ治療を受けるのが難しいという方への解決策もご紹介しています。 クレーターニキビ跡を改善し、自分に自信が持てる肌になれるように、この記事がお役に立てれば幸いです。 クレーターニキビ跡はなぜできるの? クレーターニキビ跡ができる最大の原因は「ニキビを潰すこと」です。 ニキビを潰すと、中から白い膿が出てきます。 これは「ニキビの芯」とも言われており、この芯出しが不十分だと、ニキビ内に溜まっていたアクネ菌が肌の表面に広がってしまいます。 そして、広がったアクネ菌は毛穴に詰まっている皮脂を栄養として増殖し、かえってニキビの炎症を悪化させることになります。 そうすると、悪化したニキビの炎症を鎮めようと体内の白血球が過剰に働いてしまい、その時に皮膚組織も同時に壊してしまうため、クレーターニキビ跡となってしまうのです。 ただし、 ニキビを潰してもニキビ跡が出来ない場合もあります。. ポイントは 「まだ炎症が起きていないニキビ 白ニキビ であること」と、「ニキビの芯を完全に出し切ること」です。 この場合に限り、ニキビを潰せばニキビ跡が出来ずにニキビの治りを早めることができます。 しかし、 白ニキビであるかの判断が難しかったり、ニキビの芯を完全に出し切れなかった時のリスクが大きいので、ニキビを潰すことはあまりおすすめできません。 真皮は再生不可!傷ついた部分が窪んでクレーターに 白血球が皮膚組織を壊すことでクレーターニキビ跡になるのですが、「皮膚って古いものは剥がれて、新しいものへ生まれ変わるんじゃないの?」と思う方もいると思います。 たしかに、 皮膚は一定の間隔で新しいものへと生まれ変わる「ターンオーバー」が行われます。 しかし、皮膚には「表皮」と「真皮」という2つの組織があり、このターンオーバーが行われるのは、外側の部分の表皮のみなのです。 つまり、表皮は傷ついてもターンオーバーをすることでどんどん新しいものに生まれ変わりますが、 肌の内側にある真皮が一度傷ついてしまうとターンオーバーでは再生不可能になります。 そして、 真皮が破壊されてしまった場合、その傷ついた部分が窪んでクレーター状のニキビ跡となってしまうのです。 クレーターニキビ跡を消す2つの治療方法 真皮は一度傷つくと再生不可能なため、クレーターニキビ跡を完全に消すためには病院で治療をする必要があります。 病院での治療方法は以下の2つです。 ・ケミカルピーリングによる治療 ・レーザーによる治療 では、それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。 ケミカルピーリングによる治療と効果 ケミカルピーリングとは、「chemical 科学的な 」+「peeling 皮むき 」の通り、 化学薬品を使って肌の表面にこびりついている古い角質を取り除き、デコボコになった肌を滑らかにすることでクレーターニキビ跡を消すという治療法です。 ケミカルピーリングで主に使われている薬品は「グリコール酸」と「サリチル酸」になります。 グリコール酸 分子が小さいため毛穴の奥にまで浸透し、古くなった角質を溶かすことでターンオーバーの正常化を促す。 コラーゲンやエラスチンといった、肌に必要な成分の生成を促進する作用もあるため、肌のハリや保湿効果も期待できる。 サリチル酸 肌の表面を削ることでデコボコになった肌を整える。 肌に削るという適度な刺激を与えることで細胞が活性化されるため、肌のターンオーバーを促す効果もある。 レーザーによる治療と効果 レーザー治療とは、 医療用のレーザーを照射することで、デコボコになった肌を滑らかにしてクレーターニキビ跡を消すという治療法です。 レーザーには様々な種類がありますが、多くの病院で使用されているレーザーは以下の3つです。 アクネライト アクネ菌を殺菌する効果のあるアクレライトを照射するレーザー治療法。 施術後のニキビ予防も同時にできるのが特徴。 CO2フラクショナル CO2 炭酸ガス を高出力で照射し、肌の表面に刺激を与えるレーザー治療法。 他のレーザー治療法に比べて痛みが少ないのが特徴。 フラクセル 約0. 1mmの極小レーザーを照射するレーザー治療法。 均一にレーザーが照射されるため、ムラや強弱が出ないことが特徴。 クレーターニキビ跡の治療にはお金がかかる!具体的な費用は? ケミカルピーリングは医療用の特別な薬品を使用し、レーザー治療はレーザー機器と専門的な技術が必要なため、治療にかかる費用は高額になってしまいます。 一回あたりの費用は、 ケミカルピーリングが一回3千~2万円、レーザー治療が一回3千~30万円となります。 そして、施術する回数のおおよその目安は、 ケミカルピーリングが3~10回、レーザー治療が3~5回程度ですが、施術の効果が出始める回数は個人によって異なります。 以上より、病院でのクレーターニキビ跡の治療は、通う病院、治療方法、部位、ニキビ跡の状態、回数などによって大きく変動するので注意が必要です。 以下はあくまで一例ですが、参考にしてみてください。 治療費はローン支払もできる!ローンが組めるクリニックはシロノクリニック 病院での治療、特にレーザー治療は費用が高額になるため、ローン支払が可能な病院もあります。 たとえば、シロノクリニックには「メディカルローン」という制度があります。 治療総額が3万円以上からこの制度を利用でき、毎月の支払いは3千円からで、支払い回数は最大60回まで可能です。 ボーナスが入った時に追加で支払いたい場合も加算金額を自由に設定できたり、クレジットカードでの支払いも可能なので、病院で治療をしたいけど費用が高くてなかなかお金の準備ができないという方は、一度検討してみてはいかがでしょうか。 ローン支払の例 ・施術費用:240,000円 ・支払回数:60回(5年) ・手数料:24. しかし、いきなり治療を始めるのではなく、まずはスキンケアを始めてみることをおすすめします。 なぜなら、スキンケアには次の2つのメリットがあるからです。 費用が断然安いので治療費を貯められる! 上記のようにローン支払が可能な病院もありますが、すべての病院で導入されているわけではありません。 また、たとえローン支払が可能であっても、 手数料が上乗せされた高額な費用を支払うことには変わりませんから、病院での治療をするためにはお金の準備が必要になります。 しかし、お金の準備ができるまでクレーターニキビ跡を放置したまま生活するわけにはいきませんよね。 そのため、まずは病院で治療をする前に自宅でスキンケアを始めることをおすすめします。 スキンケアなら、 費用を病院での治療費の10分の1以下に抑えられるので、肌環境を改善しながら治療費を貯めることができます。 症状が改善されて治療が必要なくなるケースもある! 冒頭で説明した通り、自宅ケアだけでクレーターニキビ跡を完全に消すことはできません。 しかし、 スキンケアを行うことで症状が改善されて、病院での治療の必要がなくなるほどクレーターニキビ跡が目立たなくなる場合もあるのです。 また、病院での治療は自分の肌に合わずにうまくいかなかい場合があります。 そのため、 高額でリスクが大きい病院の治療より、まずはお金をかけずに手軽に始められる自宅でのスキンケアから試してみることがおすすめです。 クレーターニキビ跡はスキンケアで改善できる!その効果とは? スキンケアで根気強くスキンケアを続けることで、少しずつ肌環境を改善していくことが可能です。 スキンケアには、次の3つの効果があります。 肌のデコボコを滑らかできる ヒアルロン酸やコラーゲンといった保湿成分が含まれている化粧品でスキンケアをすると、肌にハリを与えることができます。 肌の内側からハリを与えてデコボコを滑らかにすることができ、ニキビ跡を目立たなくすることが可能です。 炎症を抑えることで症状がマシに見える クレーターニキビ跡ができている肌は敏感で、 炎症により赤みを伴っている場合も多く、その状態ではニキビ跡がより目立ってしまいます。 そこで、抗炎症成分が含まれている化粧品を使用することでニキビ跡の炎症を抑え、症状を目立たなくすることができます。 化粧品に含まれる抗炎症成分は、ビタミンCやグリチルリチン酸ジカリウムが代表的です。 ニキビ跡を繰り返さない肌を作る ニキビ跡ができている肌はとても敏感で肌環境が整っていないため、 再びニキビやニキビ跡ができてしまう可能性が高いです。 それを防ぐためには、 継続的なスキンケアでニキビやニキビ跡を繰り返さない健康な肌作りが必要です。 また、病院で治療をしてニキビ跡が消えても、肌状態はそのままなので、治療と併用してスキンケアを行うことも大切です。 以上のように、毎日のスキンケアで、デコボコの肌を目立たなくしてニキビ跡を繰り返さない肌を作ることができます。 スキンケアだけではニキビ跡は消すことはできませんが、日々のニキビ跡ケア・予防にスキンケアは欠かせないのです。 クレーター肌におすすめの化粧品ランキング クレーター肌のスキンケアは、上記で紹介した ヒアルロン酸、コラーゲン、ビタミンC、グリチルリチン酸が含まれている化粧品を選ぶようにしましょう。 そして、クレーターができている肌は傷つけられて敏感になっているため、刺激が抑えられているものであることも重要です。 また、 傷ついた真皮にまで有効成分が届くように、浸透力があるものであればより効果的です。 ビーグレン ニキビ跡ケア ビーグレンの独自技術「QuSome キューソーム 」で、有効成分を肌の奥にまで浸透させることができます。 ニキビ跡に特化した7日間のトライアルセットがあるので、気軽に始められるというのも嬉しいポイントですね。 アクレケア 化粧品業界でも珍しいデコボコ肌用の美容液です。 アクレケアに含まれる月下香エキスが、デコボコニキビを潤いベールで包み込み、肌の表面を滑らかにすることでデコボコを目立たなくしてくれます。 リプロスキン 2017年4月にリニューアルし、さらに赤み・シミ・デコボコ肌に強くアプローチできるようにパワーアップしています。 化粧品の原料をチェックしてコメド 初期ニキビ を誘発しにくいことを証明するテスト ノンコメドジェニックテスト 済みなので、ニキビ予防の化粧水としても使用できます。 ビーグレンが1位の理由 ビーグレンは、ニキビ跡に特化したトライアルセットがあり、ニキビ跡で敏感になった肌でも安心して使えます。 トライアルセットに入っている4つの商品(洗顔、化粧水、美容液、保湿クリーム)で、デコボコ肌を滑らかな肌へと導きます。 そして、 超微小のカプセルで成分を包み込むビーグレンの独自技術である「QuSome キューソーム 」によって、化粧品に含まれてる有効成分を肌の奥にまで浸透させることができます。 また、QuSomeは肌になじみやすく、それぞれの成分を必要な部分へと確実に届けられるので、効果に即効性があることもポイントです。 そして、 浸透後はしっかりと効果を持続させ、ニキビ跡の原因に徹底的に働きかけます。 有効成分は、肌の表面に付けるだけでは効果がなく、肌の奥にまで届けてあげなければ意味がありません。 QuSomeは必要な成分を含むだけでなく、肌の奥までしっかり届けて、効果を発揮させるところまで考えられています。 ニキビ跡で悩んでいるなら、是非この機会にビーグレンのニキビ跡ケアトライアルセットを試してみることをおすすめします。 クレーター状のニキビ跡とは?特徴は? クレーターとは、ニキビの後にできた肌の凸凹した部分のことを指します。 特に、触っても段差が感じられるようなものがクレーターと呼ばれ、ファンデーションではなかなか隠すのが難しい、目立つために人の目が気になる、完治までに時間がかかるということでお悩みの方も多いです。 クレーターはどうやってできるの? クレーターを治すためには、まずクレーターができるメカニズムを知ることが大切です。 クレーターができるまでの流れは以下の通りです。 まず、毛穴の奥に皮脂や角質が溜まり、ニキビの原因となるアクネ菌が発生して炎症を起こします。 すると、アクネ菌と戦うために免疫が働き、白血球が集まります。 これがニキビの膿となります。 その後、炎症を治そうとして瘢痕組織という元の状態に戻すための皮膚組織が形成されます。 通常であればこの瘢痕組織は平らな皮膚に戻りますが、炎症が大きい場合、凹んだ状態のまま修復が完了となってしまいます。 これがクレーターとなって肌に凸凹をつくってしまうのです。 クレーターを治すのに時間がかかるのはなぜ? ニキビ跡の中でもクレーターは特に治すことが難しく治療に時間がかかるもの。 その理由は、他のニキビ跡は炎症や色素沈着によるものであるのに対し、クレーターのニキビ跡は肌の細胞自体が壊れた状態になっているからです。 これを治すには、 ・コラーゲンの生成を促し、肌のターンオーバーを正常化させる ・レーザーなどで患部を削り取り正常な肌を再生させる という2つの方法しかないと言われています。 ターンオーバーの周期は28日前後ですので、これを改善するにはかなり長いスパンに及ぶケアが必要です。 患部を削り取る方法も1度で終わることは少なく数回の通院が費用となり、時間と労力を要します。 ですので、クレーターを治すには時間がかかるということを頭に置いたうえで、焦らずゆっくりと適切なケアを続けることが大切なのです。 クレーターの種類は? 一口にクレーターと言っても実は、形や深さによって3種類の呼ばれ方があります。 ・ローリングタイプ ローリングタイプは、幅が4ミリ以上で深さもあるタイプのクレーター。 丸みのある溝の形をしていています。 広範囲に炎症が及んだ場合にこの形になります。 ・アイスピックタイプ アイスピックタイプとは、その名の通り、アイスピックで刺したような形状のニキビ跡のことを言います。 炎症の幅は2ミリ以下と狭く深さがあるのが特徴です。 メイクで隠しやすく、比較的軽症なタイプと言えます。 ・ボックスカータイプ 底が平らになっているクレーターのタイプです。 サイズは4ミリ以上と大きく、目立ちやすいですが、深さは浅いので、ケアによって改善しやすいことが特徴です。 クレーターを治す&ニキビを予防するための生活習慣は? クレーターニキビ跡を治し、再発しない為にニキビの発生を予防する方法をご紹介します。 睡眠をしっかりとる 肌は寝ている間に再生しますから、ニキビ跡を治すためにはしっかりと睡眠をとることが大切。 早寝早起きをして体もお肌も健康な状態を作りましょう。 まず6時間以上の安定した睡眠時間を確保することが重要です。 さらに、質の良い睡眠をとるためには、眠る1時間前には脳を落ち着かせることが重要ですので、スマホやパソコンは見ないようにしましょう。 また、お昼寝をすることで夜の睡眠が浅くなる場合もあるのでできるだけ夜にまとめて睡眠時間を作るようにしましょう。 栄養管理をする 食べるものは、お肌の状態に直接影響します。 ですから、揚げ物やスナック菓子はできるだけ食べない等にし、健康的な食生活を心がけましょう。 お肌の再生にはタンパク質が重要な役割を果たしますので、お肉や魚、卵を意識的に摂ることは重要です。 また、野菜や海藻類も多くとり、ビタミン・ミネラルの補給を心がけましょう。 紫外線対策を怠らない ニキビ跡に紫外線が当たると、症状が悪化してしまうこともありますので注意が必要です。 外出する際は、日焼け止めを必ず塗り、帽子をかぶるなどして対策しましょう。 軽い運動をする 軽い運動をすると、ストレスの解消・血行の促進につながり、肌状態も改善する場合があります。 ただし、過度な運動はニキビの敵となる活性酸素を発生させてしまうこともありますので、軽いランニングやウォーキング、ストレッチなど、弱い筋力で継続的に行える有酸素運動をするようにしましょう。 保湿をしっかりする うるおいを与えることで、肌が健康な状態に戻っていきますので日ごろから保湿を意識したスキンケアを行いましょう。 乾燥肌の方はもちろんですが、オイリー肌の方にも保湿は大切。 化粧水、美容液、乳液、保湿クリームをしっかり使い、乾燥しないお肌を作りましょう。 ストレスを溜めないようにする ストレスが溜まるとホルモンバランスが乱れ、肌に影響が及んでしまいます。 運動や趣味など自分の気持ちがすっきりすることをできるだけ生活に取り入れましょう。 皮膚科・美容外科でのクレーター治療って? クリニックでクレーターニキビ跡を治療するとなると、どういった治療があるのか見てみましょう。 レーザー治療 レーザー治療は、患部に直接レーザーを当てることでクレーター周辺の組織を壊し、フラットなはだを再生させる方法です。 一般的には、フラクショナルレーザー、フラクセル、イントラセルといった名前のレーザーが用いられます。 フラクショナルレーザーには皮膚の細胞分裂を促す作用があり、フラクセルは肌自体を新しく生え変わらせて悩みを改善させます。 また、イントラセルは、損傷している真皮層に直接レーザーを当てて治療する方法です。 肌の状態を見ながら、どの種類のレーザーが適切か判断して治療が行われます。 ただし、過去にヘルペスを起こした人や他のレーザー・光治療を受けている人、病気の治療をしている方、肝斑と呼ばれるシミがある方、妊娠中の方、敏感肌の方などは、治療を受けられない場合がありますので注意してください。 【料金】 3万~5万円程度 ピーリング治療 ピーリング治療は、古くなった角質を薬剤や機器で取り除くことで、肌の再生を促す治療です。 ある程度の回数と時間がかかりますが、肌表面の角質がなかなか入れ替わらないと言う方には効果が期待できます。 ピーリング治療については下記の「専門家によるピーリング法は?」の項目でも詳しく解説しています。 【料金】 3000~2万円 FGF治療 FGF治療は、細胞が増殖する特殊な因子を損傷した真皮に注入するというもの。 細胞が増えることで、コラーゲンも復活し、凹んだ部分が改善します。 1回~3回程度で治療が完了するところが魅了ですが効果が現れるまでには2週間~1ヶ月程度時間がかかります。 【料金】 1回1万から4万円 光治療 特殊な光で皮膚の内側に刺激を与えることで、コラーゲンを増やし、皮膚を活性化させる治療です。 痛みや副作用が少ない分効果も少しずつ現れるタイプの治療です。 痛みに弱い方や敏感肌の方によく適応されます。 【料金】 3万~6万円程度 皮膚移植 患部以外の皮膚を凹んだ部分に移植する方法です。 症状がひどい方に効果がありますが、治療期間が半年~1年と長いというデメリットもあります。 【料金】 35万円~ PRP皮膚再生療法 PRP皮膚再生療法は最新の再生医療で、最近注目され始めた技術です。 これは自分の血液から血小板を集め、クレーター部分に注入することでフラットな肌に戻すというもの。 1時間程度で治療が完了し、メイクをして帰ることもできます。 【料金】 10万~15万程度 クレーター治療に保険は効くの? 基本的にニキビ跡治療で保険が効くのは、外服薬・内服薬までと考えておきましょう。 ケミカルピーリングやレーザー治療には保険がききませんので、治療を始める前に料金をよく確認することが重要です。 通院回数も考慮し、総額どれくらいの料金がかかるのか事前にしっかりチェックしてください 皮膚科・美容外科による治療のメリット・デメリットは? 皮膚科・美容外科による治療には、メリットもあればデメリットもあるのは当然です。 良い点と悪い点を把握したうえで治療を検討されてみて下さい。 【メリット】 ・セルフケアでは得られない効果を期待できること ・原因や適切な治療法を見極めてもらえる可能性が高い 【デメリット】 ・お金がかかる ・医師のレベルにばらつきがある ・クレーター治療の場合ほとんど保険がきかない ・何回か通院しなくてはいけないことが多い ・治療が長期間にわたる可能性がある ピーリングの種類と方法は? ピーリングとは、科学的・物理的な方法で肌の表面の角質を取り除く方法のこと。 自宅でできるホームピーリングから、皮膚科で行われているものまで種類は様々で、肌のターンオーバーに問題があるためにニキビ跡が改善しないという場合に効果を期待できます。 ここでは、ピーリングの種類や方法についてご紹介します。 自宅でできるピーリング法1:ピーリングアイテムを使う ホームピーリングアイテムは、自宅で簡単にケアができるため人気があります。 費用も安く、皮膚科や美容外科に行かなくてもいいので、気軽に行えるところも魅力です。 基本的には、フルーツ酸など自然由来の成分でできているので、肌にもやさしく安心です。 デメリットとしては、使い方を間違えると炎症が出る可能性があるということが挙げられます。 使用する際は説明をよく読み分量や使い方を間違えないようにしましょう。 自宅でできるピーリング法2:クエン酸ピーリング こちらもお家でできるホームピーリングの一つですが、用意するものは精製水100mlとクエン酸10gのみで特別なケアアイテムは使用しません。 これをお顔全体につけ、5分放置し、洗い流すだけで、ピーリング効果が期待できます。 頻度は週に1・2回程度、濃度は10%以下にするという点に気をつけて行いましょう。 自宅でできるピーリング法3:ヨーグルトを使った乳酸ピーリング ヨーグルトにはフルーツ酸の1種である乳酸が含まれており、ピーリング効果があると言われています。 ヨーグルトピーリングのやり方はとても簡単。 ヨーグルトの上澄み液をコットンにつけて、優しく角質をふき取ります。 その後は水洗いするだけでOK。 簡単なので、ぜひやってみてください。 専門家によるピーリング法1:ケミカルピーリング お肌に酸性の薬剤を付けて角質を溶かす方法。 AHA(フルーツ酸)、TCA(トリクロール酢酸)、フェノールなどの薬剤が使用されます。 薬剤によって特徴があり、症状や肌質によって種類が決定されます。 クレーターには、トリクロール酸使用されることが多いです。 【料金】 5000円~1万2000円 【通院】 3回~10回 専門家によるピーリング法2:レーザーピーリング 肌に特殊な薬剤を塗り、そこにレーザーを照射して角質を除去させる方法。 コラーゲンの生成も促し、肌の回復力を高めます。 【料金】 1回5000円~3万円 【通院】 1~4週間に1度、5回以上通院 専門家によるピーリング法3:肌を削るピーリング 物理的に角質を削る方法には、ダイヤモンドピーリングやクリスタルピーリングがあります。 ダイヤモンドピーリングは、微粒子のダイヤモンドがついた機器のヘッドで角質をはがす方法で、クリスタルピーリングは、酸化アルミニウムの細かい粒子を肌に照射し、古い角質を取り除くというものです。 【料金】 1回1万~2万 【通院】 2~4週間に1度、5~6回 ピーリングとゴマージュはどう違うの? ゴマージュもピーリングと同じく古い角質を取り除き、肌の再生を促すために行われるものです。 大きな特徴としては植物や種、ハーブなどからできたペーストを塗り、マッサージすることで角質ケアを行うということが挙げられます。 薬剤を使わない分お肌に優しい反面、激しいクレーターの症状には効果が期待しにくいというデメリットもあります。 ピーリング治療のデメリットは? ピーリング治療のデメリットはやはり、時間・お金・労力を費やさなくてはいけないところです。 ピーリング治療の効果は、1回で確実に得られるものではありませんので、長期間にわたる通院が必要となり、その分金額も大きくなります。 ただし、セルフケアではどうにもならないお肌を改善させてくれる可能性は十分あるため、デメリットを理解した上で、適切なクリニックや治療方法を選択することが重要です。 クレーターをメイクで隠す方法は? クレーターが目立つと憂鬱ですが、上手にメイクをすることで隠すこともできます。 ポイントはまず、下地を塗る前にしっかり保湿をすること。 これがあるとなしでは、メイクのノリもずいぶん変わってきます。 次に下地ですが、肌の凹凸を埋めてくれる効果のあるものを選びましょう。 コンシーラーは固めのテクスチャーでカバー力のあるものを使用してください。 ファンデーションは、パウダータイプよりクリームタイプのほうが断然おすすめ。 凹凸が隠れるようにスポンジで均一に伸ばしましょう。 その後はフェイスパウダーで仕上げます。 全体としては、固めのテクスチャーの商品を選ぶことが重要です。 ただし、厚塗りすると濃い印象になり、モチも悪くなるので、薄く重ね塗りすることを心がけましょう。 正しい洗顔の方法って? 正しい洗顔に重要なことは、清潔さと優しさです。 まず、洗顔をする前には手を清潔にするために石鹸でしっかり洗います。 そして、泡立てネットで洗顔料を泡立て、肌を優しくなでるように洗います。 この時、Tゾーンなどオイリーになりやすい部分から洗うことを心がけましょう。 その後は汚れが落ちやすく刺激も少ない32~35度のお湯で洗い流します。 タオルは、洗い立ての綺麗なものを使い、肌に優しく当てて、水分を拭き取りましょう。 おすすめの洗顔石鹸は? クレーター肌の方には、「NonA」というニキビ肌専用石鹸がおすすめです。 泡立ちがよく通常の泡の4倍も弾力があり、刺激を与えずに優しくお肌を洗うことができます。 さらにローヤルゼリーやヒアルロン酸、リピジュアといったもたっぷり配合され、肌を労わりながら余分な皮脂をスッキリ洗い流してくれます。 ニキビ予防に効果的な化粧水は? ・ビーグレン 天然クレイでうるおいの膜を作ることで肌を刺激から守ってくれる優秀アイテム。 ニキビの原因にもなる皮脂詰まりや乾燥も改善してくれます。 ・NOV 臨床心理学に基づいた処方でニキビ肌を改善させてくれるNOV。 敏感肌・乾燥肌の方でも使える優しい成分でできているから、安心です。 ニキビ跡の赤みやシミも気になる!原因や化粧水の選び方は? クレーターにお悩みの方の中には、ニキビ跡の赤みやシミも気になると言う人もいるのでは?ここでは、それぞれの原因や化粧水の選び方を解説します。 ニキビ跡の赤み ニキビ跡の赤みは、ニキビの炎症により毛細血管が集まることで出てきます。 また、ダメージにより肌自体が薄くなり血管の色が透けやすくなる場合もあると言われています。 赤みにお悩みの方には、ビタミンC誘導体やグリチルリチン酸、サリチル酸といった成分の含まれた化粧水がおすすめです。 これらの成分には抗炎症作用があり、出てきてしまった赤みを消す効果を期待できます。 ニキビ跡のシミ ニキビ跡のシミには紫や茶色のものがあります。 紫の物は、毛細血管が炎症を起こすことで内出血のような状態になってしまったもので、茶色のものはこれがさらに紫外線を浴びて色素沈着を起こしたものです。 色素沈着には、ハイドロキノンやトラネキサム酸、プラセンタエキスといった成分が有効です。 これらは、いずれもメラニン色素に働きかける作用があります。 化粧水にもよく利用されている成分ですのでチェックしてみてください。 正しい化粧水の使い方って? 普段のスキンケアに化粧水のステップは必須!正しい使い方を確認して、お肌を労わりましょう。 まず、化粧水を手のぬくもりで少し温め、顔全体になじませます。 そして、目元や口元などの皮膚が薄い部分、乾燥しやすい部分に重ねて化粧水を塗ります。 その後、手のひら全体で顔を包むようになじませ、化粧水をしっかり浸透させましょう。 コットンを使うという方もいますが、手の方が刺激も少なく、体温で浸透しやすくなります。 合わないニキビケア用品や化粧水はどう判断する? 肌に合わないアイテムを使った場合は通常1日~3日の間にヒリヒリとした刺激やかゆみ、痛み、赤みが発生しますので、このような症状が出た場合は、ただちに使用を中止してください。 使い始めは問題なかったのに、1週間以上たってから症状が現れる場合は、生理やストレスなどご自身の体調変化が原因となっていることもありますので、何が原因か考えてみましょう。 肌の弱い方は、使用前にパッチテストをされることをおすすめします。 赤くなっているけど腫れている状態ではないのが赤みのあるニキビ跡。 ニキビができた部分にうっ血している(血が滞っている)状態です。 赤みのあるニキビ跡は、比較的軽度で、正しいケアを行えば自分で治す事ができます。 一見シミの様にも見えるニキビ跡が茶色い色素沈着型ニキビ跡です。 ターンオーバーが正常に行われず、メラニンが肌に残る事でできてしまいます。 色素沈着型ニキビ跡は、美白化粧品によるケアが効果的です。 お肌が落ち込み、でこぼこの状態になっているのがクレーターニキビ跡です。 間違ったニキビケアにより、皮膚の真皮が破壊される事で起こります。 クレーターは、自宅での治療は難しく、医療機関での治療が最も効果的です。

次の