お断り し ます。 断りの文例 ~注文依頼への断り~(社外メール)

お断りメールの書き方&マナーまとめ!ビジネスで使える例文や注意点も紹介!

お断り し ます

会社の規約で禁止されている• 家の方針で決まっている• 相手との関係が遠い• 形式上で贈られてくる• お互いの環境や状況が変わった• 以前は交流が有ったが、ここ数年はお付き合いが途絶えている 会社や企業間では、お中元・お歳暮を一切受け取らないことが規則になっていたり、慣例として儀礼的な贈りものを禁止している場合も多く見られます。 一方、 個人同士のお中元の場合、受け取る理由がなくなることもあります。 たとえば、贈り主と懇意にしてきた夫が他界し、仕事上でのお付き合いだったため自分とは付き合いが殆どないケース。 頼まれて仲人をしたものの、その後ほとんど付き合いがないケース。 個人間の場合、こうした 贈り主と受け手側に心理的な距離が遠くなるケースはとても多くあります。 受け取る立場からすると、 「 結構です、とも言いづらい・・・」 「 ありがたいが、気を遣わせて申し訳ない」 「 お世話もしていないのに、受け取る理由がない」 というように、 相手からお中元を受け取ることがいつしか負担になっていることも少なくありません。 疎遠になっている相手からギフトが贈られてくるのも気がひけるものですよね。 また、個人の考えとして、盆暮れのやり取りはしない・したくないといった意見も少なくありません。 お中元を断るのは失礼? 「 お中元はもういらない、贈らないでほしい」 「 儀礼的なやり取りはしたくない」 そう思う気持ちは自然な感情で、悪いことじゃありません。 お中元・お歳暮は継続的に行われるもので、 マナーとしてお返しは不要とされてはいるものの、実際には、毎回お返しをしている場合も多いです。 お返しの品物を贈らなくても、その都度、お礼の手紙や電話をすることが面倒に思えて、気が重くなることだってあります。 こちら側がもらって嬉しくない、迷惑に感じる相手からのお中元は辞退しましょう。 お中元を断るのは、せっかく贈ってくれた相手の好意を無にするみたいで、心苦しいかもしれません。 お中元を受け取る側は、相手の感謝の気持ちをありがたくいただくことが大人としてのマナーという考え方もあります。 ですが、日本人に根付いている『いただいたらお返しをする』というならわしや気質は、お中元などで贈り物が届くと、いただいてばかりでは申し訳ないという気持ちになるものです。 相手と疎遠だったりする場合は申し訳ない気持ちが先に立って、お返しやお礼状を考えること自体が、それはそれでストレスになってしまいます。 お中元というのは、一度始めるとキッカケがない限り続いてしまう性質を持っています。 なので、もしかしたら、贈ってくれる相手も、止めるキッカケがつかめないまま贈り続けているということもおおいにあります。 上述の頼まれ仲人などはその典型ですね。 お中元を断ることはマナー違反ではありません。 贈ってほしくない相手からお中元をいただいたら、辞退する意思表示をするのがお互いにとってベターなケースはたくさんあります。 あなたから言ってもらって相手もホッとするかもしれません。 お中元を贈ってくれる相手と角が立たずに、これからも良い関係が続いていくのがベスト。 何らかの理由があって、お中元の品を受け取ることを辞退する場合でも、お中元の品物だけを返送したり、理由も述べずに断ったりするのは失礼にあたります。 お中元をお断りするにも、まずは相手の厚意に対してきちんとお礼を述べ、礼を尽くすことが大切です。 スポンサードリンク お中元を断る方法とお断りの文例 お中元を頂いた時、辞退する方法はいくつかあります お中元を断るときの例文を交え、お中元の断り方についてお伝えしますね。 お中元のお礼状で断る お中元をいただいたお礼状で、 次回からやり取りを辞退したい旨を伝えます。 この方法が最もスマートで、角がたちません。 今までどおり、お中元を贈っていただいたことへの感謝の気持ちを述べますが、 「 今後はお気遣いなさいませんように」 「 お心遣いは誠に有り難いのですが次回からは辞退させて頂きます」 といった文面を入れて、次回よりお中元を辞退させていただく旨を伝えます。 その際、 「 今後も変わらぬお付き合いはお願いしたい」 という文面を付け加えれば、相手の厚意に感謝していることも伝えられます。 さて、この度はお中元の品を頂戴しまして、誠にありがとうございます。 いつも何かとお心にかけていただきまして感謝申し上げます。 日ごろご無沙汰ばかりで何のお役にも立てませんのに恐縮しております。 あたたかなお心遣いに対し、堅苦しいことを申しますようで誠に心苦しい限りではございますが、今後も末永くお付き合いのほど、お願い申し上げます。 略儀ながら、書面をもって、お礼とお詫び申し上げます。 時節柄、ご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 敬具 「拝啓・敬具」といった頭語と結語は、親しい相手に送る手紙なら使わずに、時候のあいさつから始めた方が他人行儀にならないこともあります。 相手との関係性で臨機応変に使い分けてくださいね。 同等もしくは倍返しで品物を贈る お中元のお返しは原則不要とされていますが、お返しをする場合は、いただいた品の半額程度のものを送るのが一般的です。 お中元は、お世話になった方に贈るもので、本来なら特にお返しを必要としないのです。 お中元を今後お断りしたい場合の方法として、 贈られた品物と同額~倍額の品物を贈ることで、「お気持ちは充分伝わりました」という意味合いをこめることがあります。 品物だけではなく、上記でも紹介した 「 今後はお気遣いなさいませんように」 をお礼状に添えることで、相手にこちらの気持ちが伝わります。 断り状と一緒に返送する 立場上受け取れないのに贈られてきたり、一度お断りをいれたにも関わらず、またお中元が届く、という場合もあります。 このようなときは、 包装を開けずに上からさらに包装を重ねて、お断りの文面を添えて返送します。 お中元の品物だけを返送するのは失礼にあたりますので、お礼をかねたお断りの手紙は必ず添えましょう。 この度は、お心尽くしのお中元の品をお贈りいただき、ありがとうございます。 ご厚意を頂きながら心苦しいのですが、ご贈答は辞退させていただいております。 なにとぞ、ご理解のほど宜しくお願いします。 いただきました品はお気持ちだけ頂戴しまして、はなはだ失礼とは存じますが、ご返送させていただきました。 今後はどうかお気遣いをなされませぬように、お願い申し上げます。 誠に勝手なことでありますが、どうかお気を悪くなさらないでくださいませ。 まずは、お礼かたがたお詫び申し上げます。 敬具 お中元を断りたい!失礼にならない断り方とお断りや辞退の手紙文例 まとめ 夏のご挨拶として広く行われているお中元ですが、贈られることに負担を感じる場合もあります。 今後のお断りをする場合は、心をこめたお礼状の中に、はっきりお断りの意志を表明するのがポイントです。 お中元をお断りすることで、相手との関係を断つということではなく、贈答品のやりとりがなくても、 「今後も変わらぬお付き合いはお願いしたい」 という気持ちを伝えることが大切です。 贈る方も贈られる側も大事なのは相手を思う心。 お中元を辞退するのは勇気がいるものですが、相手に敬意を持ってこちらの事情を伝えれば察してもらえますよ。 虚礼廃止が話題になる時代です。 これからのことを考えて、今後はお中元を受け取りたくないのであれば、きちんと相手に伝えるようにしたいですね。 ・ ・.

次の

ビジネスでのお断りメールのマナー・断りメールへの返信方法

お断り し ます

「論理的に伝わる文章の書き方」や「好意と信頼を獲得するメールコミュニケーション」等の文章力・コミュニケーション力向上をテーマに執筆・講演活動を行う。 そんな山口さんに、今回は「断りメール」について解説していただきます。 断りのメールを送って、相手との関係性にヒビを入れていませんか? あなたは、断り上手ですか? それとも、断りベタですか? 提案、依頼、お誘いに対して断りのメールを書くことは、思いのほか難しいものです。 断りのメールを書くときには、相手の気持ちを害すことなく、しかし、はっきりと断る。 そのバランス感覚が求められます。 【断りメールB】 ご提案いただいた新商品企画案の件でご連絡いたしました。 あいにく今回は採用に至りませんでしたが、 企画は悪くありませんでしたので、 またの機会に検討させていただきます。 よろしくお願いいたします。 メールAは「そっけない断りメール」で、メールBは「思わせぶりな断りメール」です。 メールAは相手に冷たい印象を与えがちです。 場合によっては、「本当に検討したの?」「偉そうな断り方だ」と不信感を抱かれる恐れがあります。 一方、「またの機会に検討させていただきます」と書いたメールBは、相手に「検討……ということは、まだ脈があるということ?」と勘違いされる恐れがあります。 角が立たない断りメールに必要な3つの要素 【断りメールの修正文】 ご提案いただいた新商品企画案の件でご連絡差し上げました。 社内で検討を重ねた結果、今回は採用を見送らせていただきました。 初期コストが予算に見合わないほか、 商品Zのリリースと時期が重なるため、 「市場を奪い合う恐れがある」との判断もございました。 熱心にご提案いただいたにも関わらず、 ご期待に添えず申し訳ございませんでした。 上層部を説得できなかった私の力不足です。 これに懲りず、今後ともご支援、ご協力いただけますよう、 よろしくお願いいたします。 メールAやBと比較すると、誠実かつ納得しやすい「断りメール」ではないでしょうか。 「断りメール」に求められる要素は、以下の3点です。 (1) 断る理由を示す(可能な範囲で) (2)お詫びの気持ちを示す (3) 誠意を示す 修正文では、「予算に見合わなかった」「市場を奪い合う恐れがある」と断りの理由を示すほか、「ご期待に添えず〜」「〜私の力不足です」などの言葉で、お詫びの気持ちを示しています。 「私の力不足です」という言葉には誠意を感じます。 遠回しに「あなたの企画が悪かったわけではありません」と伝えることによって、相手の気持ちを害すリスクを減らしています。 まだ脈がある場合の断り方 もしも、この商品企画案が完全なボツでなければ(脈が残っているようであれば)、終盤に次のような文章(赤字部分)を入れてあげればいいでしょう。 <前半省略> 熱心にご提案いただいたにも関わらず、ご期待に添えず申し訳ございませんでした。 上層部を説得できなかった私の力不足です。 一方で、今回の商品企画に対する社内の評価は、決して悪いものではありませんでした。 私のほうでも、企画通過に必要な改善点を洗い出してみます。 ご検討いただければ幸いです。 引き続き、ご支援、ご協力いただけますよう、よろしくお願いいたします。 このように「完全な断りではないケース」や「条件付きで断るケース」では、その理由を具体的に書く必要があります。 取引先の「新商品発表会」にうかがえない。 どうする? 別の例を挙げましょう。 お誘いに対して断りを入れるケースです。 【断りメールの修正文】 このたびは、新商品発表会のご案内をいただき、誠にありがとうございます。 あいにく当日は地方出張が入っており、参加がかないません。 いち早く商品を拝見したかったので本当に残念です。 もし新商品の資料をお送りいただけるようであれば、 小誌の「Brand New Goods」のコーナーでご紹介させていただきます。 お手数をおかけいたしますが、 ご検討いただけますよう、よろしくお願いいたします。 「不参加でお願いします」を「参加がかないません」に変えるだけでも、相手に与える印象が変わります。 加えて「本当に残念です」と添えることで、「行きたいけど、行けない無念さ」が伝わります。 また、「地方出張が入っており」と、理由を明らかにしている点も好感ポイントです。 この断りメールであれば、角が立たずに済むでしょう。 言うまでもありませんが、断る理由をでっち上げるのは(ウソをつくのは)よくありません(ウソがバレたときに一気に信用を失います)。 具体的に言うと角が立ちそうなときは、「どうしても外せない仕事が入っており〜」「先約があるため〜」などの表現で対応しましょう。 さらに、「もし新商品の資料をお送りいただけるようであれば〜ご紹介させていただきます」と、相手が喜ぶオファーをしている点も心憎い配慮です。 大切にしたい取引先などであれば、「何か相手にメリットを与えられないかな?」と考えてみましょう。 プライベートでも重視される「文章で断る技術」 仕事上のメールに限らず、プライベートでも、「断る文章」を書かなければいけないケースが多い昨今です(スマホのメッセージ機能やチャットアプリを含む)。 知人や友人に対して、角を立てずに断ることができれば、人間関係を壊してしまうリスクも減るはずです。 仕事ができる人ほど、断りメールの書き方がうまいものです。 彼ら彼女らの多くは 「相手の気分を害さないこと」を最低限のノルマに据えつつ、「断りメール」の文面を工夫しています。 なかには、心遣いにあふれる「断りメール」を書くことによって、今まで以上に良好な信頼関係を築いていく人もいます。 あなたも、そんな達人の域を目指してみませんか?.

次の

お断りメールの例文3選と状況ごとに使えるフレーズ一覧

お断り し ます

ビジネスのお誘いの上手な断り方 「ビジネスシーンで断るときの決まり文句」をはじめ、「様々なシーンに使える断り方の基本公式」「残念な気持ちを伝えるバリエーション」「NOと言わずに断る裏ワザ」「断っても印象をアップできる魔法のセンテンス」「断る理由の嘘」、そして「もう誘われたくない時の断り方」などを解説しましょう。 <断り方の極意!ビジネスでの丁寧&上手な断り方 目次>• ビジネスでの断り方の「決まり文句」 ビジネスシーンでの断り方には、「決まり文句」があります。 マイルドに断れるだけでなく、デキる人に見える効果もあるので、まずはこの基本パターンを覚えておきましょう。 「断り方の基本公式」は様々なシーンで使える 様々なシーンで使える、断り文句の基本公式を覚えておくと、咄嗟の時にも失敗が少なくなります。 来週以降なら落ち着くんだけど、その頃どう?』 都合がつかないなどで、丁寧に断りたい時には、この公式を思い出してください。 以下に詳しいポイントを解説します。 「断り方の基本公式」のポイント1:「残念な気持ち」を表現 断り文句を組み立てる「断りの基本公式」、ここでの最初のひとことは「残念な気持ち」を表現する言葉。 誘ってくれたことに対する配慮になるだけでなく、断わられる側に心の準備ができるというメリットがあります。 同じ相手からの誘いを何度も断ることもあると思いますので、いくつかバリエーションを用意しておきましょう。 残念な気持ちを表現する言葉1:せっかく声を掛けていただいたのに……• 残念な気持ちを表現する言葉2: 願ってもない機会なのですが……• 残念な気持ちを表現する言葉3: ぜひ行きたいのですが…… 「なんだそんなこと…」と思う方もいらっしゃると思いますが、この「残念な気持ちを伝える」という技に磨きをかけると、NOと言わずに断る裏ワザが使えるようになります。 「断り方の基本公式」のポイント2:「NO」を言わずに表情をプラス この方法は、上司やお取引先、お姑さんなど、パワーバランスがある相手からの誘いを断る場合には、残念な気持ちを表す言葉に、精一杯の表情をプラスして悔しがりましょう。 これで、NOを言わずに断れるだけでなく、断られたほうのダメージも少なくなります。 例文)新しくできた店に誘われた時 うわー、うらやましい。 あー、なんでその日に限って残業なんだろう……。 残念過ぎます。 残念すぎます!あー、なんでこんな時に……。 「断り方の基本公式」を効果的に使うポイントをまとめると以下の通りです。 残念な気持ちを表現すること• 直接NOと言わず、表情で大げさに悔しがること• 断る時の「理由」「嘘」を上手に伝える セールスの電話なども恨まれずに断りたい 「行きたくない」というのが本当の気持ちであっても、断る時には「行けない」に変換して伝えるのが大人。 これは断るときの基本です。 「本当はやりたいのだけれど、できない……」 断る時にはその理由を伝えるのが一般的ですが、すぐに嘘だとわかるような理由をつけると人間関係を悪化させてしまいます。 具体的な理由は言わずに、ぼかす表現を覚えておきましょう。 筆者が「このくらいは方便か」と思う「断るための理由」をいくつか挙げておきます。 参考になさってください。 逆恨みされそうな場合には、語尾をゴニョゴニョと濁すと、申し訳ない感じが伝わるのでやってみてください。 「もう誘われたくない」場合の断り方 先程お伝えした「断り方の基本公式」は仕事相手やそこまで親しくない方に使う丁寧なものです。 残念な気持ちも伝えないようにするとさらに断りの意思が強く伝わります。 その代わりに「相手を気遣う一言」を付け加えましょう。 私の分も楽しんできて』 例文)行きたくない勉強会に誘われた場合 『 なかなかタイミングが合わず参加が叶いません。 ご盛況をお祈りしております』 それでも誘われる場合には、こんなセンテンスはいかがでしょうか。 『 何度もお断りしていて申し訳ないのですが……、本当にごめんなさい』 いつも断っている相手への変化球!3つの上手な断り方 同じ相手から何度も誘われる。 いつも断っている。 どうしても断りたい……。 そんな時はこんな変化球を使ってみましょう。 しつこく誘われた時などにどうぞ。 例) うわー……どうしよう……今週はどうやっても時間を作れそうにないな。 前回引き受けた時も部のみんなに迷惑かけちゃったしな……。 うわー、困ったなぁ…… 最終的に引き受ける場合でも、相手には無理を言ったという自覚を持ってもらいたいところ。 こちらの感情や状況だけでも伝えておくといいでしょう。 「それでも断れない」あなたへ 人間関係を壊したくないという気持ちがジャマをして頼みごとを断れなかった、つい無理をして引き受けてしまった……。 そんな経験のある方もいると思います。 相手を思いやる気持ちは重要ですが、どちらか一方ばかりが我慢を続ける関係はいつか破たんしてしまいます。 短期間ならともかく、長い期間良い関係を続けるためには、Noを言うことも必要です。 そうわかっていても断れない時は、「驚く」「困る」「悩む」といった表情を見せるところからはじめてみましょう。 少しずつ状況が変わっていくはずです。 良い人間関係を作っていくことと、相手の言いなりになることは違います。 上手な伝え方で良い関係を築いていきましょう。 【関連記事】•

次の