バー コード リーダー 読み取り。 スマホでQRコードを読み取る簡単な方法 リーダーアプリ不要【Android/iPhone】

スマートフォン、タブレット、PCの液晶画面のバーコードは読めますか|株式会社エイポック

バー コード リーダー 読み取り

この記事の目次• バーコードリーダーの選び方 読み取り性能・その2|読み取り精度(デコード性能)編 バーコードリーダーの選び方を【読み取り性能】・【コスト削減】・【運用最適化】に分けて連載していきます。 読み取り性能|読み取り精度(デコード性能)編(本記事はコチラ)• 読み取り性能|分解能編(近日公開)• 読み取り性能|一括読み取り編(近日公開)• 読み取り性能|プラグイン機能編(近日公開)• コスト削減|データ編集機能編(近日公開)• コスト削減|キッティング編(近日公開)• 運用最適化|用途に合わせた機器編(近日公開) バーコードリーダーの読み取り精度|デコーダーとは? 読み取り精度を決めるデコーダーの分析処理能力=デコード技術は、長年の開発で培われてきたバーコードリーダー製造メーカーの技術の結集です。 特許技術として公開されているものから、ブラックボックスとして公開されていないものまで、デコード技術はエンジニアの汗と涙の結晶といっても過言ではないでしょう。 Honeywellのバーコードリーダーのデコード技術は他メーカーの追随を許さない圧倒的な読み取り精度を誇ります。 そしてその技術に対して数多くの特許が取得されています。 2019年にもHoneywellが所持する特許への特許侵害とその和解金として、900万USドルを受け取るというニュースが話題となりました。 タグ:•

次の

バーコードリーダーの選び方|読み取り距離(DOF)編|自動認識の【じ】|自動認識を”みじか”にするメディア

バー コード リーダー 読み取り

フリーソフトでQRコードが読み書き自在! 右の画像のような図形を駅のポスターや雑誌、Webサイト上などで見かけることはありませんか? この図形、「QRコード」といって、いわばバーコードが進化したもの。 この図形のなかに様々な情報を記録することができます。 携帯電話にも、このQRコード読み取り機能を搭載したものが多く市場に出回っており、長いURLやメールアドレスを入力することなくQRコードを読み取るだけでWebやメール送信が可能になることからその利便性に注目が集まっています。 近ごろでは個人ブログをQRコードでアップしたり、mixiなどSNSサイトの自己紹介欄にメッセージを格納したQRコード画像を掲載するなど、商業やビジネスだけでなく個人のプライベートやエンターテインメントの領域にも応用されてきました。 自分のPCでQRコードを読み書きできる機能は、搭載しておいて損はないといえるでしょう。 QRコードの基礎知識~サイトの本文や自己紹介にも応用可能~ QRコードは横だけでなく縦にも情報が格納できるなど、バーコードに比べて省スペースで多くの情報を格納できる QRコードは、バーコードなどと同じ2次元コードの一種です。 「リーダにとって読み取り易いコード」を主眼にデンソーウェーブ社が開発し、1994年に発表しました。 2004年にJIS(日本工業規格)により標準化され、市場にも急速な普及が進んでいます。 QRコードは、バーコードに比べて小さいスペースで格納できる情報量が多いことや、日本語のかな・漢字文章にも対応可能なこと、汚れや破損があっても誤り訂正機能により復元して読み取りが可能であるなどの点で優れているとされます。 携帯電話でQRコードの読み取り機能を搭載した機種が増えてきたこともあり、ビジネスの現場では駅のポスターや雑誌の連絡先にQRコードが使われるのが一般的でした。 そのQRコードを携帯電話で読み取ると、面倒なURLやメールアドレスの手入力作業を省略して、Webサイトにアクセスしたりメールを送信できるというわけです。 雑誌のアンケートページに掲載されたQRコード。 携帯電話でこのコードを読み取ることにより、Web上のアンケート回答サイトにアクセスすることができる ところが最近になって、このQRコードで個人ブログを更新したり、などSNS ソーシャルネットワーキングサイト)の自己紹介欄にオリジナルのQRコードを掲載するなど、プライベートな楽しみ方のバリエーションが目立つようになってきています。 今後もいろいろな応用が見込める、注目すべき技術といえそうです。 本文がすべてQRコードで書かれた『世界一読み難いBlog』こと QRコード読み取りソフト「Q太郎」 「Q太郎」は、Web上のQRコードを読み取り、内容を解析して表示するフリーソフトです。 前のページで例に挙げた「」の本文QRコードを「Q太郎」で解析して表示したのが下の図です。 コードを解析するための操作が面倒といえばそれまでですが、直接ストレートに文字で書かれたブログを読むよりも、ヒミツを解く面白さが味わえるともいえるでしょう。 QRコードBlog本文を「Q太郎」で解析した結果。 本文が明らかになった QRコード読み取りソフト「Q太郎」のダウンロードとインストール QRコードのある位置まで画像を移動させるには手カーソルを、QRコード部分を範囲指定するには十字カーソルを選択する 「Q太郎」ツールバー部分にある「手カーソル」と「十字カーソル」を使ってQRコード部分を選択します。 「手カーソル」を選択した状態では、「Q太郎」ウィンドウ内ではマウスポインタが手の形になります。 ここで左クリックしたままマウスを動かすと、手があたかも画像を握って動かしているかのように画像が移動します。 こうしてQRコード全体がウィンドウ内に表示されるようにしてください。 次に「十字カーソル」を選び、今度はQRコードに相当する部分を点線の四角で囲みます。 選択し終えると自動的にQRコードの解析がはじまり、解析結果が別ウィンドウで表示されます。 十字カーソルでQRコード部分のみを範囲選択しよう 読み取った結果は、自動的に別ウィンドウが起動して表示される 試しに、に表示されているQRコードを読み取ってみてください。 なんと表示されましたか?正解は、 「フリーウェア・シェアウェアのサイトへようこそ!」 でした。 これで読み取りの仕方はバッチリですね。 いろいろな応用が利くQRコード。 PCでコードを読む機会は滅多にないのが実情ですが、万が一のときのためにこうしたソフトを備えておけば楽しみが広がりますよね。 【関連記事】• 【関連サイト】•

次の

【AQUOS sense3】QRコードの読み取り方法(※バーコードも読み取り可能です)

バー コード リーダー 読み取り

この記事の目次• バーコードリーダーの選び方 最適な機器はどれ?|基本の【き】編 バーコードリーダーの選び方を【読み取り性能】・【コスト削減】・【運用最適化】に分けて連載していきます。 本記事はバーコードリーダーの選び方に関して、【基本の使い方】・【読み取り性能】・【本体性能】といった3つの視点からバーコードリーダーの種類を紹介する記事となります。 バーコードリーダーの選び方 基本の【き】編(本記事はコチラ)• 読み取り性能|分解能編(近日公開)• 読み取り性能|一括読み取り編(近日公開)• 読み取り性能|プラグイン機能編(近日公開)• コスト削減|データ編集機能編(近日公開)• コスト削減|キッティング編(近日公開)• 一般的な使用方法では専用ドライバのインストールが必要なく、パソコンに接続することですぐに使用できるため、 バーコードリーダーは外付けのキーボードと表現されることが多いです。 ワイヤレスタイプのバーコードリーダーであっても、ケーブルを使用する有線タイプと同じようにマウス・カーソルの位置にテキストデータを出力します。 バーコードリーダーとバーコードスキャナー|どちらが正しい? バーコードリーダーと表記されている製品とバーコードスキャナーと表記されている製品がありますが、呼び名が違うだけでこれらは全く同じ製品です。 他にも、QRコードなどの2次元コードの読み取りが可能な機器をQRコードリーダーや2次元スキャナーなどと呼ぶことがあります。 こちらは1次元コードのみ読み取れるバーコードリーダーと比較する形で呼ばれることもありますが、大きな枠組ではバーコードリーダーの種類の1つ、というふうに考えておけば問題ありません。 本記事を読んでいただければQRコードリーダーや2次元スキャナーとバーコードリーダーの違いが分かります。 バーコード・エンジンはその名の通りバーコードリーダーの心臓部であり、 バーコードリーダーの読み取り性能は搭載されているバーコード・エンジンによって決まります。 *バーコード・エンジンの他、スキャン・エンジンなどと表記されています。 バーコードリーダーは大きく分けて2タイプ バーコードリーダーには搭載されたバーコード・エンジンの種類によって、1次元コードのみを読み取る1次元バーコードリーダーと、QRコードなどの2次元コードの読み取りも可能な2次元バーコードリーダーの大きく2つのタイプに分かれます。 【レーザーエンジン】バーコードリーダーの特徴 読み取りにレーザー光を使用した1次元コード読み取り用バーコードリーダー• 読み取りにレーザー光を使用• 製造ラインや物流現場で根強い人気• 構造上、壊れやすい• スマートフォンに表示されたバーコードが読めない 【CCDエンジン】バーコードリーダーの特徴 接触読み取りが必要だった旧タイプのCCDバーコードリーダーと対比する形で、最大15cmほど離れた距離からも読み取りが可能なことからロングレンジCCDやリニアイメージャーと呼ばれることも。 読み取りにLED光源を使用• レーザー光タイプのデメリットを補う立ち位置• レーザー光タイプに比べ、壊れにくい• レーザー光タイプに比べ、LED光源のため視認性が劣る• スマートフォンに表示されたバーコードが読める 業務用途には2次元バーコードリーダーが最適? 2次元バーコードリーダーは1次元バーコードリーダーに比べ、圧倒的な読み取りスピード、難読バーコードや一括読み取りなどのバーコードの読み取り性能、機能追加などの拡張性、製品ラインナップが豊富です。 2次元バーコードリーダーはその革新的な性能から、10年ほど前から物流や製造業といった現場から小売店や病院まで、さまざまな業界で急速に普及しました。 【2次元】バーコードリーダーの特徴 デジタルカメラに使用されるCMOS素子を使用したCMOSエンジン搭載のバーコードリーダー 10年程前から急速に普及し、現在の主流。 1次元バーコードリーダーに比べ、読み取りスピード・性能が格段に良く、拡張性や製品ラインナップなどが豊富。 読み取りにLED光源、イメージセンサーにCMOS素子を使用• バーコードの読み取りスピードが早く、精度が高い• かすれや汚れなど難読コードの読み取りが可能• 複数あるバーコードを一括読み取りが可能• スマートフォンに表示されたバーコードが読める 2次元バーコードリーダーの種類 2次元バーコードリーダーにも搭載するバーコード・エンジン(特にカメラ性能)のグレードによって性能が異なります。 読み取り可能距離や読み取り可能なバーコードのサイズ、移動体への読み取り精度など、実際には細かなラインナップがありますが、ここでは大きく3つのバーコード・エンジンをご紹介いたします。

次の