福島 県議会 議員 選挙 2019。 柳津町議会議員選挙の結果速報、立候補者一覧(2020年3月22日、福島県)

福島県議会議員選挙【いわき市選挙区】の結果速報2019 開票結果速報と立候補者の情勢|ホテル中の島速報

福島 県議会 議員 選挙 2019

概要 [ ] 2011年3月11日に発生したによる()との影響を考慮してより延期されていた ため2019年度の選挙も、同様と同一日程ではなくこの日程となった。 基礎データ [ ]• 選挙事由:県議会議員の任期満了• 告示日:2019年10月31日• 投票日:2019年11月10日• 議員定数:58名• 選挙区:19選挙区(うち9選挙区で無投票 )• 候補数:75名(うち15名が)• 各党候補者数:35名、4名、12名、7名、3名、2名、12名 選挙結果 [ ] 自民党は改選前より2議席増の31議席となり、単独過半数を獲得した。 公明党は選挙区で初めて候補者を2名擁立し、元衆議院議員の新人、現職共に当選させ過去最多の4議席を獲得した。 国民民主党は1議席減となった。 共産党、社民党、立憲民主党は勢力を維持した。 当選した議員 [ ] 自民党 公明党 国民民主党 共産党 立憲民主党 社民党 無所属 西山尚利 宮本しづえ 伊藤達也 紺野長人 佐藤雅裕 高橋秀樹 渡辺哲也 大場秀樹 佐藤義憲 渡部優生 佐藤郁雄 宮下雅志 今井久敏 鈴木優樹 神山悦子 勅使河原正之 佐藤憲保 山口信雄 長尾トモ子 椎根健雄 佐久間俊男 山田平四郎 坂本竜太郎 矢吹貢一 安部泰男 古市三久 宮川えみ子 青木稔 鈴木智 西丸武進 吉田英策 ・ 三村博隆 渡辺義信 満山喜一 ・ 宗方保 渡辺康平 水野透 ・ 瓜生信一郎 江花圭司 ・ 荒秀一 遊佐久男 高宮光敏 ・ 先崎温容 三瓶正栄 ・ 太田先秋 高野光二 ・ 佐々木影 亀岡義尚 大橋沙織 ・ 佐藤政隆 星公正 小林昭一 杉山純一 宮川政夫 円谷健市 吉田栄光 橋本徹 脚注 [ ].

次の

福島県議会議員選挙【いわき市選挙区】の結果速報2019 開票結果速報と立候補者の情勢|ホテル中の島速報

福島 県議会 議員 選挙 2019

福島県議会議員選挙【石川郡選挙区】2019の結果(開票速報)と立候補者一覧名簿 今回、2019年11月10日投票の福島県議会議員選挙【石川郡選挙区】の「全立候補者一覧名簿」は以下のとおりです。 福島県議会議員選挙【石川郡選挙区】(2019年11月10日投票)の概要• 野崎 正夫 69 男 無所属 新• 円谷 健市 65 男 無所属 現• 大野 峯 64 男 自民 新 開票結果確定待機中。 福島県議会議員選挙【石川郡選挙区】 2019年の選挙日程(告示日・期日前投票期間・投票日等) 2019年実施の 福島県議会議員選挙【石川郡選挙区】の日程。 告示日・期日前投票期間・投票日(選挙日)等は以下のとおりです。 福島県議会議員選挙【石川郡選挙区】の2019年の日程と投票場所など• 【告示日】 2019年10月31日• 【期日前投票期間】 2019年11月1日から11月9日• 【投票日及び開票日】 2019年11月10日• 【投票時間】 午前7時から午後8時(各地域投票所入場券を確認のこと)。 【投票場所】 投票所入場券を確認します。 【開票場所・時間】 即日開票。 【投票率(%)】 投票結果待機中。 【執行理由】 任期満了• 【定数/候補者数】 1/3 対象行政区: 福島県議会議員選挙【石川郡選挙区】2019の選挙情勢と立候補者 この度実施の福島県議会議員選挙【石川郡選挙区】では、定数「1」に対して3名が立候補しています。 前回2015年の福島県議会議員選挙【石川郡選挙区】に於いては、定数1に3名の立候補者があって、全立候補者中2名が落選しています。 今回の福島県議会議員選挙【石川郡選挙区】では、『2名落選』となる選挙戦が展開されます。 告示後の届出状況(立候補状況)の確認です。 立候補者の内訳は、現職1人・元職0人・新人2人。 党派別には、自民1人、無所属2人、となっています。 福島県議会議員選挙【石川郡選挙区】2015の結果(当選者・落選者の名簿一覧) 前回2015年の福島県議会議員選挙【石川郡選挙区】の当開票の結果(当選者・落選者)一覧は以下のとおりでした。 福島県議会議員選挙【石川郡選挙区】(2015年11月15日投票)の投開票結果• 福島県(ふくしまけん)• 福島県議会議員選挙(2015年11月15日投票)石川郡• 告示日:2015年11月5日• 投票日:2015年11月15日• 執行理由:任期満了• 有権者数:34,615人• 投票率:61.

次の

2019 福島県議選

福島 県議会 議員 選挙 2019

私が平成23年の選挙で再び県政の場に送っていただいてから8年となりました。 また、ちょうどこの年に起きた東日本大震災・原発事故から8年半が過ぎております。 政治活動を始めて以来、私は、皆様の応援をいただきながら、「日本一住んでよかった福島」創りを目ざしてまいりましたが、大震災と原発事故によって、未来に向かう福島の進路は大きく阻まれました。 以来、私は、福島の復興に全力を注ぎながら、さらなる豊かなふるさと創りに取り組んでまいりました。 しかし、あの未曽有の大震災の記憶は風化する一方、放射能に対する風評、誤解は根強く、原発事故の完全な収束にはあと数十年かかるという事実に福島の真の復興は未だ道半ばであることを痛感しております。 しかし、私たちは、こうした困難の中でも知恵と力を結集して、一歩づつ前に進んでいかなければなりません。 私の好きな和歌があります。 「しろがねも黄金もたまもなにせむに まされるたから子にしかめやも」ー万葉集の歌人・山上憶良が詠んだものです。 子供に勝る宝はない、という心はいつの世も変わらないものですが、少子化が激しい勢いで広がる今日、千三百年も昔に詠まれたこの歌は、私たちの心を、今あらためて深く打つのではないでしょうか。 福島の子供たちは、郷土の宝、日本の未来そのものです。 その子供たちは心身ともに健やかに育てることが、私たちの大きな責務であります。 誰もが、「生まれてよかった」「住んでよかった」といえる福島、誇りをもって「自分は福島っ子」といえるふるさとを、みんなで創ってまいりましょう。 主役はみなさんです。 みなさんが輝く街へ。 ふくしまの価値と競争力を創りだしましょう。 ふくしまは未来に向けて大きく歩み始めました。 躍動し、輝くふくしま。 つぎつぎとつながる新たな価値の連鎖。 ふくしまの未来創生への私たちの新たな潮流を生みだす挑戦がはじまります。 子ども達の笑顔があふれ、私たちが誇りを抱き自信に満ち、世界中が感嘆するふくしまを創るために皆さんと歩んでゆきます。 福島市議会議員として2期、震災・原発事故からのちょうど8年間、復興・再生、元気と魅力あふれるふくしまの創造に全力で取り組んでまいりました。 復興創生期間も残りわずかとなってくる中、多くの問題・課題が山積しており更なる復興の加速化が必要となります。 新たな時代をつくるのは、ふくしまを愛する私たちです。 ふくしまに暮らす私たちこそ、さらなる希望を持って、より大きな復興・再生へのうねりを創りだしていかねばなりません。 生まれ育ったふくしまをより暮らしやすい場所に進化させたい。 皆さまと手を取り合ってさらなるふくしまの発展を目指し、この先の末来を切り拓いていきたいと強く思っています。 私は20年務めた福島民友新聞社を退社、立候補を決意しました。 在職中の平成23年3月11日、東日本大震災、東京電力福島第1原発事故が発生。 その日以来、未曽有の災害から復旧・復興の道を歩む福島県、県都・福島市の取材を重ねてまいりました。 その中で目の当たりにした県民生活の安全・安心と希望を求める姿が政治、県議選への立候補を志した原点であります。 政府の復興・創生期間後の財源確保や県づくり、復興庁の後継組織の談論など、本県復興の根幹は道半ばであります。 イノベーション・コースト構想の具現化や風評・風化対策、農林水産業の再生、福島第1原発の燃料デプリの取り出しなど難題が山積する上、県民の健康指標の悪化や避難住民の帰還、中小零細企業の事業承継など、震災、原発事故後の新たな諸課題も顕在化してきました。 こうした状況の中で、これまで、新聞記者として培った知識と経験、人脈を生かし、福島県、福島市のために力を尽くします。 国が定めた、東日本大震災からの復興・創生期間が来年度末で終了します。 しかし、福島の復興には未だ課題が山積しており、それ以降も残る復興課題解決のため国・政府との交渉はこれからも絶え間なく続くことが予想されます。 また、福島県は残念なことに少子化が加速度的に進行しており、安心して子どもを産み育てることのできる環境の整備も急務となっています。 東日本大震災、原発事故から8年半が過ぎ、復旧復興や風評風化対策を県民一丸となり、進めて参りました。 特に、私は、幼児教育に45年間携わって来ているだけに「子どもたちを守る」ことを必死に行動し、実行して来たことにより、多くの施策を県政の中で実現して来ました。 私は、これまでの実績と経験を活かし、情熱を持って行動して参りますので、皆様のご支援を宜しくお願い致します。 福島県は、生活インフラの復旧、住宅再建及び産業・生業の再生など復興が着実に進むー方、原子力災害に起因する風評被害対策等、取り組むべき課題はいまだ山積しております。 引き続き復興・創生期間後も残る課題にしっかりと対応してゆくことが重要であり、住民に最も身近で窮状を把握し、被災市町村を支援できる立場にある県議会議員の役割はたいへん大きなものがあります。 子育て環境や医療・福祉の充実など安心して子どもを産み育てられる環境を整備したうえで、福島の未来を見据え、地域ぐるみで支援し合う「地域共生社会」の実現、新産業の創造と育成・集積で地方創生の実現、全国に誇れる健康長寿県の実現など、安全で安心な福島県の再生を一刻も早く実現させていかなければなりません。 私も県議会議員として、今後とも提言や意見を積極的に県当局に申し入れ、様々な課題に取り組んでいく所存です。 この度、福島県議会議員選挙に立候補させていただくことになった鈴木ゆうきです。 平成18年より前厚生労働大臣 根本匠の秘書として、政治の世界に身を置いてきました。 この経験と35歳という若さを生かし、これまでの県議の枠にとらわれない、長期的・広域的な視点でふるさと福島のために心血を注ぐとともに、福島県の持つポテンシャル「県力」を押し上げる取り組みを実行してまいります。 その中でも、我が国が直面する人口減少社会において、周辺市町村との広域連携が重要となっています。 とくに、県中15市町村で構成する「こおりやま広域圏」が担う役割は大きいものがあり、住民サービスの向上や活力ある地域づくりを維持するためにも県の中央にあって然るべきもの、子育て支援やコミュニティ、高度医療の充実は急務です。 福島県が全国47都道府県の中で「最も子育てしやすい県」となるべく、抜本的な改革に取り組んでまいります。 県民の皆さんの幸福を実現するため、「魅力ある 地域づくり まちづくり」を合言葉に、地域の特性を生かした産業の振興健康で安心した暮らし個人が輝く地域づくりの推進を目指した政治を展開してまいります。 具体的には、震災・原発災害からの復旧・復興にさらに務めてまいります。 健康・保健・福祉や子育ての充実に努め、これらの分野で働く全ての方も、明るくやりがいを持って生活できるようなシステムを目指します。 また、風評に未だ苦しめられる農林水産業を全体的に支援するとともに、中小企業が経済の底辺を支えている現状を認識して支援してまいります。 更に、道路や河川等などの社会資本の整備を推進するとともに、教育・文化・スポーツの振興に努め、県民の全ての年代が、明るく健やかに楽しく暮らせる社会を目指します。 新元号「令和」の時代が始まりました。 日本が大きく変わりゆく時代において、私たちの福島県はどうでしょうか? あの東日本大震災と原発事故から8年が経過しました。 長期にわたる廃炉作業、世界的な風評被害、そして少子高齢社会の到来など、私たちの住む福島県は課題が山積しています。 前例のない様々な課題に対し、前例の踏襲だけでは太刀打ちできません。 私たちの暮らしと故郷、子供たちの未来をより良く次世代に託していくためにこそ、護るべきものを護りつつ、令和の時代に相応しい変化も必要です。 新時代を迎える私たちには、私たち自身の選択によって明るい新時代を創りだす責任があります。 私は、みなさまとともに考え、歩み、日々の暮らしに直結する具体的な政策を提言し続けることによって、須賀川市・鏡石町・天栄村をはじめとした福島県のより明るい未来を切り拓いていくために全力を尽くしていく覚悟です。 福島県の最優先の課題は、避難地域の復興再生を始めとした原子力災害の克服です。 被災者の生活再建、廃炉・汚染水対策にしっかりと取り組んで、県民の皆さんが安心して暮らせる環境づくりを一歩ずつ着実に進めてまいります。 また、風評・風化対策、産業振興、人口減少対策などの重要課題に力を尽くして福島県を元気にしていきます。 本年は、復興・創生期間の後半の年となります。 私は、現代社会が持続するには「産業振興」が基本だと考えております。 ここで言う「産業」とは、製造業・建設業・サービス業・観光業、そして農林水産業・教育・福祉と言ったあらゆる人の営みです。 産業が振興する事により、雇用が生まれ家族が成り立ち、公への収税につながり更に公共からの再投資によって新たな産業に繋がって行くと言うプラスのスパイラルを形作るのが大切と考えます。 ただ、その各種産業の中で、需要と供給・国の安全保障・地域の持続・弱者支援の視点で言えば、必ずしも単純なプラススパイラルに収まるものばかりではありません。 民間活力のみで事業化出来るもの、事業スタート時の支援だけで継続出来るものから、日常的に公共の支援が必要なもの迄、様々な環境にあるのが現実であります。 政治と行政は、その産業それぞれの現実を理解し、地域と国家が持続する為に「不易流行」を進めて行くのが肝要と考えます。 私は、政治を志してからの16年、中小企業経営者として、農業者の端くれとして、最前線の皆様の肌感覚を理解できる政治家として行動してきましたが、今後も初心を忘れる事なく邁進する覚悟であります。 この度自由民主党から公認を頂き、11月の福島県議会議員選挙に立候補することになりました石川郡石川町出身の大野たかしです。 石川町で生まれ石川町で育ち、石川町議会議員として4期16年働かせていただいた中で、今求められている喫緊の課題は待ったなしの状況にある高齢福祉に係る人材の確保と地域の未来を支える子供の増加を図ることであり、人口増加に繋がるあらゆる施策の実現であると考えています。 これらの施策の実現に必要な自主財源を増やすには、人口増加が必要です。 人口増加には、産業の安定、振興が必要です。 産業の安定、振興には、地場産業の育成進展こそが根幹であり、石川地方の産業振興は、石川地方にある、豊かな土地、穏やかな環境そして忍耐強い風土という資産を活用するものでなければならないと思い、実現に向けて精励します。 福島県は、東日本大震災による、今も続いている風評被害による影響を受けています。 佐藤いくおは、その風評被害を払拭し、復興を加速化して、安心して生活できるまちづくりに取り組んでいきます。 また、会津若松市の現状を正確に福島県に伝え、地元のために、自分が生まれ育った会津のために、子供からお年寄りまで、皆さまが笑顔で暮らせるせるまちにして行きたいと考えています。 そのためには何をなすべきか、佐藤いくおは、下記の様に取り組んで行きます。 1 少子高齢化対策 2 医療福祉の充実 3 若者の雇用と定住 4 防災意識の充実 5 農業の育成と活性化、中小企業の振興 6 観光誘客・ 地場産業の活性化 わたくし 佐藤いくおが行いたい取り組み、そして決意を申し上げました。 子ども達が夢を描き、挑戦できる社会の仕組みを共に創っていきます。 そのために、耶麻郡・喜多方市(ヤマキタ)住民の身近な声に耳をかたむけ、意見・要望を集約する。 「政策集団ヤマキタポリシー 」を組織し、各自治体に働きかけを行い、早期に問題解決をする。 先人が築き上げてきた「ふるさとの豊かさ」をその時々の政治情勢に侵害されないようにするため、今回の選挙では以下の「8つの提言」をいたします。 自然災害の猛威の前に私たちが如何に無力であるかは、東日本大震災において痛切に感じましたが、ここのところ自然災害が劇甚化、頻発化しており、台風15号においては、千葉県において大規模な停電が長期化するなど甚大な被害がもたらせられました。 昨年は、西日本豪雨や北海道胆振東部地震の発生など、近年、「観測史上最大の」という言葉を耳にする機械が多くなり、豪雨による河川の氾濫、土砂災害、地震などが多発しております。 今日、だれもが一番希求しているのは「安心」ではないでしょうか。 しかし、現実には 「不安」 が蔓延している状況にあります。 愛する故郷が恐ろしい災害に見舞われることが無いよう「備えあれば憂いなし」の原点を忘れず、県民生活の安全・安心の確保に向けて、県土の防災、減災、強靭化を通した「いのちと暮らしをまもる!」をモットーに地域防災力の強化に積極果敢に挑戦してまいります。

次の