ひと よ 映画 ネタバレ。 ひとよ(映画)の原作ネタバレラスト結末とあらすじ!キャストやロケ地も

ひとよ

ひと よ 映画 ネタバレ

USA /アンナプルナ・ピクチャーズ 日本興行収入 1. 4億円 世界興行収入 0. 批評家と一般は単純平均 映画『her 世界でひとつの彼女』あらすじ 近未来のロスアンゼルスで、セオドアは他人の代わりに手紙を書く代筆ライターの仕事をしていた。 妻のキャサリンと別れたばかりで傷心してたある日、コンピューター用の最新の人工知能OS・サマンサに出会う。 彼女との会話は楽しくて、しだいにひかれていく。 サマンサ以外の女性.. ネタバレ感想『her 世界でひとつの彼女』考察や評価レビュー この先は ネタバレありの感想考察です。 他の映画はも参考にしてください。 本当に近い将来に起こりそうです。 この映画のおすすめ、5つのポイント• 愛や夫婦について考えさせられる• 理想の異性像や恋する理由• 相手だけに求めてもダメ• 自分も成長することが大切• スカーレット・ヨハンソンの声が良い 少し残念? つっこみどころ、3つのポイント• 人工知能に恋する物語のマンネリ• セオドアに感情移入できない• ラストに納得感がない 『her 世界でひとつの彼女』ネタバレ感想 人工知能やロボットなどに恋するラブストーリーというのはよくあるので、観る前から予想してしまい期待値が上がらなかったのですが『her 世界でひとつの彼女』は リアルな人間との愛についても考えさせられるという点で新しかったです。 でも全体的にはマンネリ感を脱していません。 セオドアは妻キャサリンと別れたばかりで、まだ離婚届を承認できない状態です。 過去につきあったエイミーとは今も友人で、セオドアがキャサリンと別れた後も、エイミーの夫婦がなぐさめてくれたりしました。 しかし突然、仲良かったエイミーたちも離婚します。 エイミー夫妻が離婚した理由は、夫がエイミーに考えを押し付けてくるからでした。 これはセオドアがキャサリンに自分の理想を求めて、最後は離婚にいたった理由と同じです。 リアルな夫婦関係では、理想と現実の妥協点を見つけないと、どちらかが奴隷のようになってしまいます。 セオドアは手紙の代筆業をしていますが、そこでも多少押し付けっぽい部分もありますが、素晴らしい言葉を返しています。 エイミーたちの離婚理由を聞いた時も「そんなささいな理由で?」とびっくりします。 自分の事は見えないのに、他人のはよく見えるんですよね。 一方で 人工知能OSのサマンサは、セオドアに気にいってもらうために成長していく(後に悲劇にもなるけど)ので、常に理想の彼女なんです。 リアルな人間もある程度は相手にあわせるけど、自分の理想もあるし、元は他人だったので、つきあう時間が長いほど、お互いの理想とはかけ離れていくのが普通です。 やがて、人工知能OSのサマンサとも肉体的なつながりを持ちたいと思い、仲介してくれる(職業の?)若い女性とつきあおうとします。 しかし言葉はサマンサだけど、心と体は若い女性のものなので、うまくいくはずがありません。 逆にうまくいったなら、セオドアは変人ですよね。 サマンサと幸せな時間をすごすうちに、セオドアはキャサリンとの離婚を決断できます。 しかし実際に会うと、まだ未練が残っています。 当然だと思います。 そして正直にサマンサとの関係を話しますが理解されず、人工知能なら理想の妻になるかもね、とまで言われてしまいます。 そのキャサリンの言葉どおり、セオドアはサマンサにも少しづつ理想を押し付けていきます。 リアル人間なら軽く流すところを、人工知能OSは学習により最適化しようと試みるため、他のOSや人間との交流により情報量を増やそうと努力します。 これはセオドアが特別悪いわけではなく、リアル人間の成長スピードなんてAIに比べれば知れてるので当然の結末です。 ここでセオドアは自分がキャサリンにした仕打ちを、今度は自分がされて気づいたことでしょう。 劇中では語られてないので推測ですが。 そして同じく人工知能OSに捨てられたエイミーと寄り添うシーンで終わるので、リアル恋愛のリベンジを期待したいです。 人工知能との恋愛物語としては地味な話ですが、人を愛するとは、夫婦関係の維持とは、というのがテーマになってる気がしました。 サマンサの声がスカーレット・ヨハンソンなので、気になる人は、ぜひ字幕版で観ることをおすすめします! 他の映画はも参考にしてください。 『her 世界でひとつの彼女』含む映画ランキングや映画賞•

次の

ひとごろし : 作品情報

ひと よ 映画 ネタバレ

どうぞお楽しみに🌖 — 映画『ひとよ』 hitoyomovie 「あなたたちが生まれた夜、わたしがどんなに嬉しかったか。 」 どしゃぶりの雨降る夜に、タクシー会社を営む稲村家の母・こはる(田中裕子)は、愛した夫を殺めた。 それが、最愛の子どもたち三兄妹の幸せと信じて。 そして、こはるは、15年後の再会を子どもたちに誓い、家を去った— 時は流れ、現在。 次男・雄二(佐藤健)、長男・大樹(鈴木亮平)、長女・園子(松岡茉優)の三兄妹は、事件の日から抱えたこころの傷を隠したまま、大人になった。 抗うことのできなかった別れ道から、時間が止まってしまった家族。 そんな一家に、母・こはるは帰ってくる。 「これは母さんが、親父を殺してまでつくってくれた自由なんだよ。 」 15年前、母の切なる決断とのこされた子どもたち。 皆が願った将来とはちがってしまった今、再会を果たした彼らがたどりつく先は— 引用: 桑原裕子さんによる「劇団KAKUTA」が2011年に初演した作品を原作に映画化されました。 暴力を振るう旦那を殺めてしまう母親。 その瞬間で時が止まったようになり一家はバラバラになってしまうが、15年後、再会した家族が、止まった時からまた動き出そうとしていく、 家族の愛と絆を感じられる切ないストーリーになっています。 本作は、 2019年11月8日公開予定です!さらに、12歳未満(小学生以下)の鑑賞には、成人保護者の助言や指導が適当とされる区分、 PG12指定となっています。 キャスト 稲村雄二:佐藤健 稲村大樹:鈴木亮平 稲村園子:松岡茉優 丸井進:音尾琢真 柴田弓:筒井真理子 歌川要一:浅利陽介 牛久真貴:韓英恵 稲村二三子:MEGUMI 友國淳也:大悟(千鳥) 堂下道生:佐々木蔵之介 稲村こはる:田中裕子 佐藤健さんは 俳優として活躍されています。 2006年テレビドラマ 「プリンセス・プリンセスD」で 俳優デビューされました。 また、同年8月公開の 「仮面ライダー電王 俺、誕生! 」で 映画初出演・初主演されました。 2010年1月NHK大河ドラマ 「龍馬伝」で時代劇初挑戦され、2012年映画 「るろうに剣心」や2018年映画 「億男」等数々の作品に出演されています。 松岡茉優さんは、 女優、タレントとして活躍されています。 2008年 おはガールとしてテレビ東京「おはスタ」に出演され2010年「おはスタ」卒業後は、女優の仕事に専念されたそうです。 2013年NHK連続テレビ小説 「あまちゃん」に出演され、2016年 「真田丸」で NHK大河ドラマ初出演されました。 2017年映画 「勝手にふるえてろ」で初主演し、2018年 「万引き家族」等々たくさんの作品に出演されています。 スタッフ 監督:白石和彌 脚本:髙橋泉 原作:桑原裕子 音楽:大間々昴 製作総指揮:佐藤直樹 製作:新井重人、千葉伸大、加太孝明、宮崎伸夫、瓶子吉久、渡辺章仁、永田勝美、豊田勝彦、有馬一昭 エグゼクティブプロデューサー:福家康孝、安藤親広 プロデューサー:高橋信一、長谷川晴彦、安田邦弘 アソシエイトプロデューサー:関根健晴、飯田雅裕 撮影:鍋島淳裕(J. ) 美術:今村力 照明:かげつよし 白石和彌監督は、 映画監督として活躍されています。 2009年 「ロストパラダイス・イン・トーキョー」で 長編デビューされる。 他にも2013年映画 「凶悪」や2016ドラマ 「火花」等数々の作品の監督をされています。 「ひとよ」のロケ地・撮影場所はどこ? 「監督のパブリックイメージとは異なる作品をその監督にオファーする」ことをモットーにしていた プロデューサーは、当時『凶悪』のイメージが強かった 監督へオファー。 『』の始まりです。 — 映画『ひとよ』 hitoyomovie 茨城県、千葉県、東京都内でロケが行われたようです! 終盤の撮影がナイター撮影(夜の間の撮影)のみで、完全に夜型に生活をシフトさせていたから、日本国内で時差ボケ。 まったく眠くならない汗 写真はある日の の撮影。 放水が花火のよう。 作中では 「稲村タクシー」として使われています。 また、茨城県の 大洗いサンビーチでも撮影が行われたようで、 映画のポスターもそこで撮影されたようです。 香取市小見川地区にて、佐藤健主演映画『ひとよ』のロケが進んでいる。 昨日も、小見川の路地を通行止めにし、ロケをしていた。 — かく kakuyan9600 千葉県香取市でも撮影が行われたようです。 「ドコモショップ小見川店」裏で目撃情報がありました。 また、千葉県印旛郡酒々井町にある、 東日本旅客鉄道成田線の駅「酒々井駅(しすいえき)」前で佐々木蔵之介さんの目撃がありました。 同日、ひとよの映像を担当した高橋信一さんのツイッターには酒々井駅前のせんどう酒々井店前から撮影の報告もありました。 ひとよを劇団に書き下ろした、2011年は東日本大震災があった年で、福島生まれの桑原裕子さんが 震災への思いも含めて書いているそです!震災の事を書いているとかではなく 「絆」という意味で、震災への思いが含まれているものと思われます。 そして、タイトルになっている 「ひとよ」とは、過酷な状況にあった家族を大きく変えたある 「ひとよ」=「一夜」で家族の時間が止まっていましたが、家族の 「絆」があって止まっていた時間がまた進み始めていくという事を伝えたいのだろうなと思います。

次の

ひとよ

ひと よ 映画 ネタバレ

映画『ひとよ』のあらすじとネタバレ C 2019「ひとよ」製作委員会 港町の大洗。 15年前の大雨のある夜、両親の帰りを待っていた高校生の兄・大樹、弟・雄二、妹・園子の前に母・こはるが帰ってきます。 母親は3人の子供に震える声で「お母さん、さっき……お父さんを殺しました。 」と伝えます。 その父親は子供たちに暴力を振るっていました。 こはるは子供たちを守るため父親を車で轢いたのです。 そして、15年後には必ず戻ってくると伝え、警察へ出頭します。 15年の時が過ぎ、雄二(佐藤健)は東京で大衆雑誌の編集者として働くフリーライターになっていました。 大樹(鈴木亮平)は地元の電気店の娘と結婚し、雇われ専務として働き、そして園子(松岡茉優)は美容師の夢を諦め、地元のスナックで働いていました。 3人の実家「稲村タクシー」は、親族が経営を引き継ぎ、嫌がらせを受けながらも「稲丸タクシー」として営業を続けていました。 その日も、酒もタバコもしない新人運転手の堂下(佐々木蔵之介)を雇用し、仕事を教えていました。 そして3人は事件の傷が癒えないまま、それぞれの日常を送っています。 ある日の夜、大樹と園子の前に母こはるが帰ってきます。 大樹は母親が帰ってきたことを雄二に電話します。 電話を受けた雄二は実家に帰省します。 何も変わらない実家を見た雄二は、父親に暴力を受けていた日々を回想します。 次の日の朝、朝ご飯の食卓を4人で囲みますがそこには会話がありません。 3人は突然帰ってきた母親を前に何を話して良いのかわかりませんでした。 こはるは、名前を変え守り続けてくれたタクシー会社の皆に恩返しをするため、再び働き始めます。 そんな母を雄二は冷めた目でみます。 大樹と園子は母親を迎えたものの、雄二だけは事件後の出来事から母親を許せないでいました。 雄二は事件のことについて記事を書き、公表したことで再び嫌がらせが始まります。 また大樹は妻の二三子(MEGUMI)と別居しており、上手くいってませんでした。 そして雄二の書いた記事を見た二三子は事件のこと、母親のことを秘密にされていたことに腹を立て、大樹と言い争いをします。 言い争いの中で頭に血が上ってしまった大樹は、妻を殴ってしまいます。 その暴力性を父親と重ねた大樹は、こはるに「母さんは立派だから、暴力を振るった僕を殺すのか?」と怒りをぶつけてしまいます。 その言葉に腹を立てたこはるは、15年前に雄二がエロ本を万引きした店屋で、エロ本を万引きします。 周りの謝罪もあり、通報は免れたこはるに対して、雄二は「周りを巻き込むな」と言います。 それを聞いていた稲丸タクシー会社の社長の丸井(音尾琢真)は「巻き込まれてやれよ。 行動でしか思いを伝えれない人だって知ってるだろ」と雄二を叱責します。 その言葉に3人は、こはるは血の繋がった母親であることを痛感します。 一方で、新人運転手の堂下は会社から給与を10万円前借りします。 その夜、堂下は別れた息子と会います。 次の日、出社した堂下はこはると昨夜のことを話し、「親というものは仕方がないもので、子供の行動ひとつに一喜一憂する」と言います。 堂下に一人の顧客が接触します。 その顧客は、以前ヤクザをしていた堂下の後輩でした。 そして堂下は覚醒剤の運び屋の送迎を依頼されます。 依頼当日、堂下は運び屋をタクシーに乗せます。 しかし送迎の途中、その運び屋が自分の息子であることに気がつきます。 C 2019「ひとよ」製作委員会 その夜、絶望した堂下はウイスキー片手にタクシーを運転し、こはるを連れ去ります。 それをたまたま目撃したタクシー運転手の同僚の牛久(韓英恵)は、タクシー会社に無線を入れます。 その無線を聞いた大樹、雄二、園子の3人は母親がまた自分たちの元からいなくなってしまうと思い、追跡に向かいます。 3人と堂下のカーチェイスの末、雄二は、こはると共に海に飛び込み自殺を図ろうとした堂下の車に車をぶつけ、間一髪のところで阻止します。 雄二は堂下に飛びかかります。 堂下は雄二に「母親を出版社に売ることで母親のせいにして逃げるな」と言います。 その言葉に対して、雄二は今まで心に秘めていた思いをぶつけます。 その思いは、「母親が罪を犯してまで作ってくれた自由・夢を捨てるわけにはいかない」「母親を踏み台にしてでも夢を叶えなきゃならない」と言ったものでした。 園子はこはるの髪を切るため、外でこはるを待たせ、ハサミを取りに行きます。 兄妹3人で外で待つこはるを見ると、日光に照らされ、まるで聖母のような穏やかな表情で空を見上げていました。 互いに家族の繋がりを確認し、それぞれが日常を過ごす日々に戻りました。 映画『ひとよ』の感想と評価 C 2019「ひとよ」製作委員会 2018年の過去作『孤狼の血』や、同じ年の『止められるか、俺たちを』などで、擬似家族のような関係性から人間の信頼関係のあり方を描いてきた白石監督が、今回制作した映画『ひとよ』は、 血縁関係の呪縛という新しい視点から家族を説いた秀でた作品と言っても過言ではありません。 本作品『ひとよ』では、ギリシャ神話にあるオイディプス王の父親殺しをきっかけに、家族4人の間に軋轢が生まれます。 シリアスとエンターテイメントのバランス C 2019「ひとよ」製作委員会 本作では、とても重くなりがちなテーマを扱いながらも、ユーモアとアクションを巧みに挿入していくことで、重くなりすぎず、伝えることは、しっかりと伝えるという白石監督の見事な手腕が光る作品です。 そして脚本もとても素晴らしい完成度になっており、張っていった伏線を回収することは当たり前とし、 物語の核心を映像表現で視覚的に訴えかける演出は、お見事としか言いようがありません。 ラストのカーチェイスからの車同士のクラッシュは原作にはない演出ですが、母親が乗った車と子供たちが乗った車をクラッシュさせることで 家族同士でも衝突がなければ互いの思いは理解し合えないことを表現しているのでしょう。 ここには並々ならないほどの白石監督の 映画だからこそできる情熱を感じました。 さらに白石監督の魅力の1つに、 俳優の演技を引き出すことの上手さがあります。 もちろん実力ある俳優陣をキャスティングしていますが、俳優の持つポテンシャル以上の力を引き出し、さらに上の段階に上げています。 血縁関係にない俳優陣に血を通わし、血縁関係にあるように錯覚させるほどとても魅力的なものにしています。 また、母こはる演じる田中裕子さんの演技には 目が離すことができないほどの迫力がありました。 しかし個人的に混乱する演出もあり、それは「回想と現実」「家族4人の視点」が繋がったシークエンスのまま展開されていくため、時間軸と視点の持ち主に混乱しました。 2020年には『孤狼の血』の続編も公開されるそうなので、白石和彌監督の今後のご活躍にも大いに期待しています。

次の