アン バランス x3。 オッサンがバランス接続を試してみた

FiiO、最上位DAP「X7 Mark II」やエントリー機「X3 Mark III」、ポタアン、イヤホン等全6モデルを一挙発売

アン バランス x3

グレード名 価格 X3 xDrive20i 6,240,000円 X3 xDrive20i xLine 6,520,000円 X3 xDrive20d 6,530,000円 X3 xDrive20i M Sport 6,730,000円 X3 xDrive20d xLine 6,760,000円 X3 xDrive28i 6,900,000円 X3 xDrive 20d M Sport 6,970,000円 X3 xDrive28i xline 7,130,000円 X3 xDrive28i M Sport 7,340,000円 X3 xDrive35i 7,880,000円 X3 xDrive35i xline 8,080,000円 X3 xDrive35i M Sport 8,280,000円 X3には十二個のグレードがあり、その最低価格と最高価格の差は約200万円です。 グレードが十二個と多いことを考えれば、小さめの価格差と言えるでしょう。 BMWの通常シリーズの価格差が大きすぎるだけかもしれませんが、BMWの中では圧倒的に小さいです。 BMWは各グレードで装備内容に大きな変化を持たせない傾向がありますし、価格差が小さいことからも考えると各グレードの性能以外の違いは小さいのかもしれませんね。 「xline」「M Sport」というのがありますが、こういった特徴の追加くらいしか違いが無いのでしょう。 各グレードの特徴や違いを解説 X3の十二個のグレードは、エンジンの特徴ごとに「20i」「20d」「28i」「35i」の四つに大別できます。 装備内容や「xline」「M Sport」の特徴を見る前に、まずはそれぞれの動力性能にどのような特徴があるのかについて見ていきましょう。 4気筒ターボということで加速に不安を感じる人も多いでしょうが、加速がトロイということは少なくともありません。 トロイと感じるどころか、とてもスムーズです。 発進時から発生する太いトルクに引っ張られるようにして、車は確実に加速していきます。 瞬間的に速度が上がるというわけにはいきませんが、グーーッと引き付けられるように速度が伸びていく感覚は面白いですよ。 爆発力よりも、安定感です。 4気筒でもエンジン音は気持ちが良いし、低回転域での快適性は抜群だし、国内では何も困らないほど加速もできる。 特にエンジン音はBMWのこだわりを強く感じます。 4気筒のものとは思えないほど上質で、思わずうっとりしてしまうほどです。 SUVに求められる気持ちの良い走りができる、良い4気筒。 20iとの違いはガソリン車かディーゼル車かというところだけですね。 その違いによって、性能も変わってきています。 20iよりも加速がキビキビしているという印象を受けます。 ディーゼル特有の圧倒的なパワーが、車を後ろから押し上げてくれる感覚です。 押し上げられるままに回転数も上がり、速度も上がる。 20iと同じ最高出力ですが、20iより低い回転数で発揮されるため、加速が圧倒的に楽になりました。 胸のすくような加速感覚を感じられることと、ディーゼル故の燃費の良さが魅力です。 ディーゼル特有のカラカラ音は感じられませんが、エンジン音すら感じられなくなっています。 静かな車が好きな人には良いでしょうね。 エンジン音が聞こえるほうが良いなら、ディーゼル車は候補から外れるでしょう。 20dは胸のすくような気持ちよさを感じましたが、20iは「必要十分な範囲内での気持ちよさ」といった程度でした。 28iは性能が向上したことにより、ディーゼル車同様かそれ以上の加速の気持ちよさを味わうことができます。 市街地や高速道路はもちろん、峠道でも活躍が期待できるでしょう。 20iから既にSUVらしい力強い走りができましたが、ここまでくるとSUVらしさがより追求されてきた感じがします。 20dと比べられることが多いですが、明らかな28iの利点として「アクセルを踏んだ瞬間にリニア中即感覚が得られる」ということを挙げたいですね。 もちろん高回転域での加速の鋭さや面白さは断然28iのほうが良いんですが、それよりも実用域での加速の自然さというか力強さのほうを推したいです。 そういった加速の自然さを普段は堪能しながら、たまには高回転まで引っ張ってワイルドに走りたいときには思い切り加速することができる。 アクセルを思い切り踏み込めば高回転まで引っ張れるし、エンジンの鼓動を20dよりも強く感じることができるんです。 そういう意味で、28iはSUVらしい楽しみ方ができると言えるでしょう。 このエンジンが少しじゃじゃ馬感があって、楽しいんですよ。 洗練されたような安定感はあまり感じられないものの、その分ガンガン走らせていて楽しい。 X3全体が重いハンドリング設定になっている点や、若干振動のある乗り心地も相まって「加速している感覚」「車を運転している感覚」を強く感じます。 その割にはボディの大きさを感じさせないほどに加速がスムーズで、運転していて疲れません。 ちょっとした用事で出かけたのに、思わず遠出をしてしまうほどの楽しさと快適さがあります。 洗練された感覚よりもワイルドな運転感覚のほうが良いという、SUV好きの方々に受けそうな車と言えるでしょうね。 装備を基準に各グレードの特徴を見てみる 各グレードの性能を見てきましたが、どれもSUVらしいパワフルなエンジンですよね。 その中で燃費を重視したいのか、ワイルドさを重視したいのか、その中間を取りたいのかによって選ぶべきグレードは変わってくるでしょう。 そして、グレード選びに欠かせないもうひとつの要素が、装備内容ですよね。 今度は装備を基準にして、各グレードの特徴を見ていきましょう。 なお、装備内容はBMWのWEBページやWEBカタログから抜粋しています。 全グレード共通標準装備• フロント・ドア・ポケット• リヤ・ドア・ポケット• センター・コンソール カップホルダー2個、スライド式カバー付• 40:20:40分割可倒式リヤ・シート• ラゲージ・エア・ネット• リバーシブル・ラゲージ・フロア• パーセル・レール• ダイナミック・ダンピング・コントロール• BMW xDrive 4輪駆動システム• パフォーマンス・コントロール• 電動パワー・ステアリング• ブレーキ・エネルギー回生システム• ECO PROモード• コースティング機能• ECO PROルート• ドライビング・アシスト• HDDナビゲーションシステム• iDrive 気になる装備が色々あると思いますが、まずはインテリアから見ていきましょう。 最初に収納関係をいくつか書きましたが、X3は本当に収納が多彩で利便性が高いです。 フロントのドアポケットは1. 5Lのペットボトルを入れられるほどの余裕があり、リヤのドアポケットには1Lのペットボトルを入れられる余裕があります。 カップホルダーにスライド式カバーがあるのもありがたいですよね。 その他、アームレストの下にボックスがあったり、リヤのオープン・コンパーメントを収納として使えるなど機能性は抜群です。 また、機能性で言うならばリヤシートとラゲージルームの活用の幅が広い点も好印象ですよねえ。 インテリアだけでなく、走りを支える機能やシステムも充実しています。 DSCと連携してステアリングの切れ角やホイール回転速度などのデータを検知して危険を察知し、必要に応じて最適な駆動力配分を行うxDriveが、その例です。 xDriveと連携をしてエンジンとブレーキを制御するシステムもあったり、走行モードを選ぶことができたりと効率良く車を走らせることに余念がありませんよね。 それだけでなく、ドライバーアシストや燃費を良くするための機能が豊富なところも憎いです。 特に燃費関係は特徴的。 ECO PROモードという燃費重視の走行モードがあるのはもちろん、そのモード選択時に燃費効率の良いルートを表示してくれる「ECO PROルート」という機能があります。 これによって、エンジンがミッションから切り離されて、アイドリング状態で惰性走行をしてくれるようになります。 信号が赤に変わるのを予測して早めに足を離して惰性走行をすることで燃費を抑えたりと、使いどころを考えるのも楽しいかもしれませんね。 こうして装備内容を見ていると、BMWらしさと同時にSUVらしさを感じます。 SUVなら当然こういう装備があるだろう、こういう装備があれば嬉しいと思うようなものが大抵は用意されていると言えるのではないでしょうか。 M Sportの装備• ドア・シル・プレート Mロゴ付• スポーツ・シート 運転席&助手席• ネバダ・レザー・シート• ブラッシュド・アルミ・インテリアトリム• BMW Individualアンソラジット・ルーフ・ライニング• マルチファンクションMスポーツ・レザー・ステアリング・ホイール シフト・パドル付• ステンレス・スチール製ラゲージ・ルーム・シル・プレート• M Sport専用リモート・コントロール・キー• Mエアロダイナミクス・パッケージ• BMW Individualハイグロス・シャドー・ライン・エクステリア• BMW Individualハイグロス・シャドー・ライン・ルーフレール• Mエクステリアバッジ• スポーツ・サスペンション• パフォーマンス・コントロール ブラックを基調とした高級感ある内装と、スポーティな印象をより強く演出したエクステリアが特徴です。 伝統的なMスポーツらしいスタイリッシュなデザインを踏まえながらも、SUVらしいワイルドさが盛り込まれていて、とてもカッコイイですよね。 スポーツサスペンションが標準搭載されて、足回りがより硬くなるのも良いところです。 多目的スポーツカーというSUVらしい走り心地のバランスを、若干スポーツ走行寄りにすることができます。 通常グレードは若干やわらかいですから、ガンガンスポーツ走行がしたいならM Sportが良いわけです。 xlineとは• xLine専用ドア・シル・プレート• ネバダ・レザー・シート• ハイグロス・ダーク・コッパー・インテリア・トリム• ステンレス・スチール製ラゲージ・ルーム・シル・プレート• クローム・アクセント付リモート・コントロールキー• マット・アルミニウム仕上げキドニー・グリル・バー• xLine専用フロント・エプロン、リヤ・スカート、サイド・スカートのインサート マットアルミニウム仕上げ• サテン・アルミニウム・エクステリア サイド・フレーム・モールディング• エキゾースト・テールパイプ マット・クローム仕上げ M Sportが磨き上げられたようなツヤと輝きのあるスタイリッシュな車だとすれば、xlineはオフ車のようなワイルドな車だと言えるでしょう。 マット・クローム仕上げという一種のツヤ消し加工がされていて、若干ダークで大人びた雰囲気と共にSUVらしさが感じられます。 基本、通常グレードやM Sportとの違いはエクステリアとインテリアだけです。 各グレードの評価 こんな方にオススメ! 価格・性能・装備とX3シリーズの特徴をグレードごとに見てきました。 通常版、M Sport、xLineと三タイプから装備を選ぶことができるのが良いですよね。 ほとんどが内外装の違いですが、M Sportはしっかり足回りにも調整がされていて、好印象です。 性能で選び、内外装で選ぶ。 これだけ色々特徴があると、選ぶのも一苦労でしょう。 そこで、個人的にどんな人にどのグレードをオススメしたいのかについて、独断と偏見で語りたいと思います。 スポーティな走りをガンガンに楽しみたいのなら、20d以上のスペックが必要です。 SUVは「スポーツ・ユーティリティー・ヴィークル」ですが、その実は多目的車ですからね。 基本は普段使いを楽しくするためのもので、時には加速を楽しむ程度の用途が一番合います。 その枠の中でどれくらいの性能が必要かを、自分なりに考えてみましょう。 週末に郊外に出てガンガン加速して走らせてみたり、家族連れで出かける際の高速道路の移動で加速感を楽しんでみたり、楽しみの幅は20iよりも広がります。 それでいて、ガソリン車と比べて燃費が良いのでオススメです。 また、燃費効率を高めるための機能が多数搭載されていることも、ディーゼルをオススメする理由のひとつとなっています。 ECO PROモード関係の豊富な機能を見ていると、BMWは20dを選ばせたいのではないかと思えてならないんですよねえ。 これくらいの性能があれば、市街地での普段使い・郊外での加速・高速道路の追い越し車線での加速……いずれの用途でも思い切りドライブを楽しむことができます。 状況や気分に応じて走行モードを変えながら、ゆったり走ったりガンガン攻めてみたりドライブの楽しみをシームレスに変えられるのが、良いところです。 飽きがこなくて、ずっと乗っていたいという気持ちにさせてくれます。 スポーツセダンやクーペでなくて、あくまでもSUVとして考えるのであれば、とてもハイパフォーマンスです。 重厚な走りを楽しむこともできますし、キビキビとした圧倒的な加速性能を楽しむこともできて面白い車と言えるでしょう。 Xシリーズ X3の総合評価 人気な3シリーズを踏襲したSUVなだけあって、とてもクオリティが高いですよね。 多目的利用を前提としたSUVらしく快適で広々とした室内空間と、ワゴンのようなシートアレンジやラゲージの活用ができるところがとても魅力的です。 大きなボディを4輪駆動で動かしていて、高性能という燃料消費が激しくなる要素が満載なんですが、動力性能を高めながらも燃費をどうにかして抑えようという気遣いが見える点がとても好印象。 今や日本国内の車市場は、高級車・大衆車関係なく「燃費を抑えたい」という共通の需要が大きなウェイトを占めていますからね。 室内快適性と機能性が高く、燃費も良い。 それでいて、3シリーズらしい走りの楽しさもしっかりと感じられて、SUVとしての面白さがギュッと凝縮されている……。 X3は、BMWの中でも現代日本の車需要に、とてもマッチした車だと言えるのではないでしょうか。 日本人的には、とても選びやすいですよね。 車を安く乗り換える上で最も大切なことご存知ですか? 車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。 私はこの方法で毎回新車を 30万円安く購入しています。 覚えておいて損はありません。

次の

【新型BMW X3試乗】さすがはBMW!SUVなのに抜群の安定感と軽快な走りが素晴らしい。

アン バランス x3

エクステリア・デザイン 見紛うことのない外観、 モデル・バリエーションごとにそれぞれの特徴を強調 ニューBMW X3は、先代モデルの独特の躍動感あるデザインに、新たに彫りの深さが加わりました。 ミドル・クラスにおけるプレミアム・スポーツ・アクティビティ・ビークル(SAV)のパイオニアであるこのモデルの第3世代の外観は、BMW Xファミリー特有のスポーティーな表現とオフロード・モデルならではの堅牢さが組み合わされています。 ニューBMW X3のエクステリアの寸法は先代モデルとほとんど変わりませんが、ホイールベースは5 cm長くなっており、長いエンジン・フードと極めて短いフロント・オーバーハングによって一層バランスの良い外観を実現し、同時にフロント・アクスルとリヤ・アクスルへの重量配分が50:50の理想的な状態であることを可視化しています。 フロント・エンドでは、三次元的な造形のキドニー・グリルと、BMW Xモデルに初めて採用した六角形のフォグ・ライトが、ニューBMW X3の積極的なキャラクターを強調しています。 リヤ・エンドでは、特にオプションのフルLEDテール・ライトが三次元的な外観による豊かな表情を見せ、下向きの角度を持つルーフ・スポイラーと左右に配置されたテール・パイプがたくましさを引き締めています。 ニューBMW X3には3つのモデル・バリエーションが用意されており、見た目のキャラクターという面でも、より一層ユーザーの好みに合った選択ができるようになっています。 例えばxLine(エックスライン)モデルでは、マット・アルミニウム製のラジエーター・グリルや他のエクステリア・エレメント、専用デザインのアロイ・ホイールなどがこのスポーツ・アクティビティ・ビークルSAVの頑丈さを強調しています。 BMW X3シリーズに初めて登場したラグジュアリー・ライン・モデルでは、クローム・メッキされたラジエーター・グリルのバー、フローズン・グレイとクロームのツートン仕様のアンダー・ボディ・プロテクション、クラシックなデザインのアロイ・ホイールがエレガントなエクステリアを強調しています。 これに対してM Sportモデルでは、Mエアロダイナミック・パッケージ、ブルーに塗装されたブレーキ・キャリパーが特徴的なスポーツ・ブレーキ・システム、特に目を引くホイール・デザイン、およびオプションのファイトニック・ブルーのボディカラーが、ニューBMW X3の躍動感あるキャラクターを強調します。 さらにニューBMW X3には、今回初めてBMW Individual塗装が用意され、モデル専用のサンストーン・メタリック・ペイントを選ぶことができます。 インテリアおよび装備品 快適性を重視したインテリア・スペース、 ラグジュアリーな雰囲気 ニューBMW X3の室内空間は、ブランド特有のドライバー・オリエンテッドで人間工学的に最適な配置のコックピットとなっており、多くの点でエクステリア・デザインと同じ原理に従っています。 たとえばインテリアにおいても六角形のモチーフや精密なエッジが主役を演じています。 インテリアの素材や仕上げは極めて高品質であり、しかも極めて機能的です。 例えば収納スペースの数は従来よりも多く、手が届きやすいよう入念にデザインされています。 BMW Xのロゴが様々な形で多く配されていることも、インテリア・デザイナーの細部へのこだわりを示しています。 たとえばフロント・ドアやリヤ・ドアのマット・アルミニウム・アクセント部にはXの刻印が、BピラーにはX3の刻印があります。 またマット・アルミニウム・アクセント・パッケージがオプションで用意されており、パワー・ウィンドウのスイッチ、スタート/ストップ・ボタン、センター・コンソール上のスイッチ類にクローム・エレメントを追加して高級感を演出しています。 モデル・バリエーションごとに特有の雰囲気を演出 ニューBMW X3のモデル・バリエーションごとにそれぞれの外観が特定の方向性を示しているのと同様に、各バリエーションのインテリアもそれぞれ異なる特徴を持っています。 xLineモデルは純粋で優雅な雰囲気を放っており、標準装備のスポーツ・シートはクロス/レザー・コンビネーション・シート仕様ですが、オプションでコントラスト・ステッチ入りフル・レザー・シートと、マット仕上げされたファインライン・コーブ・インテリア・トリムが用意されます。 ひときわ上質な印象のラグジュアリー・ライン(Luxury Line)は、レザー・シート、コントラスト・ステッチ入りセンサテック・ダッシュボード、パール・クロームのアクセント・ストリップ付きダーク・オーク・ファイン・ウッド・インテリア・トリムを装備しています。 ニューBMW X3のM Sportモデルは、Mスポーツ・レザー・ステアリング・ホイール、Mモデル特有の仕上げが施されたスポーツ・シート、BMW Individualアンスラジット・ヘッドライナー、および新たに採用するアルミニウム・ロンビクル・インテリア・トリムを備え、エクステリアのMエアロダイナミック・パッケージと相まってダイナミックなキャラクターを押し出します。 さらにニューBMW X3のオプションとして、極上のメリノ・レザーを素材とする3種類のBMW Individualインテリアが提供されます。 ニューBMW X3では、先代モデルと比べて快適性を高めるオプション装備品が豊富に用意されています。 例えば3ゾーン・オートマチック・エア・コンディショナーでは、運転席と助手席の他、後席をそれぞれ独立して温度設定ができます。 さらに運転席と助手席にはパーフォレイテッド・レザー・クライメート・シートが用意されており、寒い日にはシート・ヒーターを、暑い日には快適性を高めるシート・ベンチレーションを利用することができます。 後席は40:20:40分割可倒式のバックレストが標準装備されており、オプションのカーゴ機能を利用すればそれぞれ数段階のリクライニング調節が可能で、快適性が一層改善されます。 さらに機能性を高めるオプションとして収納パッケージがあり、ラゲッジ・ルームから遠隔操作できるバックレスト・ロック解除機能、アダプティブ・ホルダー・システムなどが利用できます。 ラゲッジ・ルーム容量は、550リッターの標準積載量から最大1,600リッターまで拡張することができます。 また大型のパノラマ・ガラス・ルーフを装備すれば、爽快感が味わえるだけでなくインテリアの高級感も一層高まります。 フロント・ウィンドウにはアコースティック・ガラスが標準装備されており、室内の騒音レベルを極めて低く抑えます。 またさらにオプションでフロント・サイド・ウィンドウにもアコースティック・ガラスを装備することができます。 これによってドア・ミラー周りで発生する風切り音が室内へ侵入することをさらに抑止でき、特に高速走行時の騒音が改善されます。 ニューBMW X3でも、BMW 5シリーズおよびBMW 7シリーズでお馴染みのオプションであるBMWディスプレイ・キーでロック/ロック解除することができます。 さらにBMWディスプレイ・キーでは多くの追加機能が利用できます。 たとえば燃料残量やサービスおよびメインテナンスの時期の確認、ウィンドウやサンルーフが閉じているかどうかの確認などができます。 オプション装備品の補助ヒーターもBMWディスプレイ・キーで操作できます。 さらなるオプションとして、ダッシュボードのトリム・ストリップ上部の間接照明やアクセント・トリムから照明を行うアンビエント・ライトの組み合わせがあり、インテリアに高級感と同時にリラックスできる雰囲気を演出し、夜間にはセンター・ディスプレイの輪郭をダッシュボードからくっきりと浮かび上がらせます。 照明の色は6種類(オレンジ、ライラック、ミント、ブロンズ、ブルー、ホワイト)から選択できます。 新しい装備品としては、アンビエント・エア・パッケージが提供されます。 これは8種類の香り、3段階の強さを選択することができ、室内に快適な香りを漂わせ、同時に車内の空気をイオン化させて浄化し、乗員の快適性を向上させます。 詳細は添付のプレスキットをご覧ください。 市場導入時のモデル・バリエーション 高効率の4気筒/6気筒ガソリンおよびディーゼル・エンジン......................... 2 エクステリア・デザイン 見紛うことのない外観、 モデル・バリエーションごとにそれぞれの特徴を強調...................................... 4 インテリアおよび装備品 快適性を重視したインテリア・スペース、ラグジュアリーな雰囲気...................... 5 運動性能とサスペンション どのような路面でもよりスポーティーに、より快適に........................................ 7 パワートレイン 駆けぬける歓びとトップレベルの効率性........................................................... 9 ニューBMW X3 M40i ダイナミックなキャラクターを強調した X3シリーズ初のMパフォーマンス・モデル.................................................. 12 BMWコネクテッド・ドライブ 人・クルマ・環境をシームレスにつなぐネットワーク.......................................

次の

機動戦士ガンダムオンライン超攻略 Wiki

アン バランス x3

製品名:X3 Mark III Black , X3 Mark III Red 品番:FIO-X3MK3-B, FIO-X3MK3-R JANコード:4562314012682, 4562314012699 商品ジャンル:デジタルオーディオプレーヤー 希望小売価格:オープン価格 X3 Mark IIIは日本での販売予定数が完了したことから、販売終了とさせていただきます。 主な特長• 8MHz DSDの再生に対応• ディスクリート構成のDAC部、LPF部、アンプ部によりノイズを大幅に低減• 広大なサウンドステージを実現する2. 5mmバランス出力端子搭載• ロスレス・オーディオフォーマットを幅広くサポート• ワンプッシュで様々な機能を実現するマルチファンクションボタン• デュアルモード対応のBluetooth機能• DSDtoPCM変換出力とDoP DSD over PCM 出力に対応した多機能ライン出力/同軸出力• 2種類の省電力モードを搭載• 最大512GB対応のmicroSDカードスロット搭載• 8MHzのDSDデータの再生に対応しています。 バランス出力・バランス伝送を採用した回路構成と、デュアル・モノラルDAC構成によって、効果的なノイズ除去と高いSN比を実現しています。 すべては、リスナーに純粋な音を届けるため、エントリークラス最高峰の名に恥じないモデルが誕生しました。 ディスクリート構成のDAC部、LPF部、アンプ部によりノイズを大幅に低減 X3 Mark IIIは、DAC、ローパス・フィルタ(LPF)、およびヘッドホンアンプ回路の全てがディスクリート設計となっています。 これにより、外部干渉が音質に与える重大な悪影響を大幅に低減しています。 さらに、X3 Mark IIIの内部は3つに分割された設計となっており、デジタル処理用、アナログ増幅用、Bluetooth用で相互に悪影響を及ぼさないよう入念な設計が施されています。 これにより、無線接続でも有線接続でも、優れた音質を実現しています。 広大なサウンドステージを実現する2. 5mmバランス出力端子搭載 X3 Mark IIIは、3. 5mmシングルエンド出力と2. 5mmバランス出力を搭載しており、お使いのヘッドホン・イヤホンに応じて高品位なサウンドを体験いただけます。 X3シリーズでは初搭載となるバランス出力は、広大なサウンドステージを実現するとともに、これまで以上にディテールに富む表現を獲得するために特別な設計が施されています。 ロスレス・オーディオフォーマットを幅広くサポート X3 Mark IIIは、WAV、APE、WMA、FLAC、ALAC、DSF、DFFなど、さまざまなロスレス圧縮を含む高音質オーディオフォーマットに対応。 8MHzのDSDデータの再生にも対応します。 ワンプッシュで様々な機能を実現するマルチファンクションボタン X3 Mark IIIは新しいマルチファンクションボタンを採用。 ワンタッチで再生コントロールやイコライザにアクセスしたり、プレイリストとテーマを切り替えたりすることができます。 音楽体験はここまで簡単になりました。 音楽再生に最適化されたBluetooth 4. 1対応モジュール X3 Mark IIIのBluetooth 4. 1対応BTモジュール部には、低レイテンシーのデータ送信を可能にするF1C81チップセットを採用しており、音楽信号のドロップを限りなく低減し、充実した音楽体験をサポートします。 デュアルモード対応のBluetooth機能 X3 Mark IIIは、Bluetooth信号の同時送受信をサポートするデュアルモードBluetoothに対応しています。 これにより、BluetoothリモコンとBluetoothヘッドセットを同時にペアリングすることが可能です。 例えば、FiiO RM1 Bluetoothリモコンとお気に入りのBluetoothヘッドセットを使用することで、有線接続の限界から解き放たれたプロフェッショナル・グレードのサウンドシステムを構成できます。 Macでお使いいただく場合には、ドライバーをインストールする必要はなく、接続すると自動的に認識されます。 Windows PCでは専用ドライバー・ソフトウェアが必要となりますが、WASAPIのほかASIOもご利用いただけます。 お詫びのうえ訂正いたします。 DSDtoPCM変換出力とDoP DSD over PCM 出力に対応した多機能ライン出力/同軸出力 X3 Mark IIIのライン出力は、同軸デジタル出力機能も兼ね備えています。 接続された外部DACがPCMデータの再生のみに対応する場合を考慮して、X3 Mark IIIの同軸デジタル出力は、DSD信号をPCM信号にリアルタイム変換して出力することも、DoP形式でDSD信号を出力するも可能です。 PCM専用のDACをお使いの方でも、DSDファイルを手軽に再生することができます。 2種類の省電力モードを搭載 X3 Mark IIIでは、新しい省電力スタンバイ・モードのほか、新しいディープスリープ・モードを搭載しました。 新しい省電力スタンバイ・モードの場合、X3 Mark IIIが19日間という驚くべき長期間待機することが可能で、思い立ったときに音楽をすぐに楽しむことができます。 幅広いインライン・コントロール対応 X3 Mark IIIは、多くのインライン・コントロール信号に対応しています。 最大512GB対応のmicroSDカードスロット搭載 X3 Mark IIIは最大512GBのmicroSDカードに対応するスロットを1基搭載しており、数多くの音源を持ち運ぶことができます。 使いやすい5ボタン&スクロール・ホイール搭載 X3 Mark IIIは、これまでのX3シリーズの設計を継承し、トラディショナルな外観を採用しています。 プレーヤーの正面に使いやすい5ボタンとスクロールホイールが配置されている点では従来製品同様ですが、X3 Mark IIIではホイールの品質を向上させたほか、より機敏な動作を実現して操作の応答速度を改良することで、より使いやすい製品に仕上がっています。 ポータブル・プレーヤーで重要な、携帯性を重視した新デザイン X3 Mark IIIは、耐久性のある強化ガラスと滑らかにカットされたアルミフレームを採用した特徴的なデザインとなっています。 フロント部、アルミフレーム部、リア部で構成されたユニークな「サンドイッチ」構造と調和の取れた色彩設計により、X3 Mark IIIは繊細でありながらシックな外観を演出します。 さらに、従来機種と比較して、X3 Mark IIIは20%薄く小型化したほか、重量も126gと軽量化を進め、より薄くて手に馴染みやすいようデザインされています。 優雅な黒、情熱的な赤の2モデルをご用意 X3 Mark IIIでは、優雅な黒色と情熱的な赤色の2種類のカラーバリエーションをご用意しました。 普段身につけるものだからこそ重要なカラー・コーディネートで、音楽をより身近に。 5mm ヘッドホン出力:10時間 2. 設計や仕様は予告なく変更されることがあります。

次の