騒音 おばさん 現在。 奈良県の、あの騒音おばさんは現在は反省していますか?懲役何年ぐらいでしょ...

引っ越しおばさんの現在は?真の被害者は?事件の真相で驚きの真実が!

騒音 おばさん 現在

奈良騒音傷害事件 場所 標的 近隣住民 日付 11月 - 4月 終日 — 終日 攻撃手段 攻撃側人数 1人 武器 、、の 負傷者 2名 犯人 主婦 動機 近隣トラブル 対処 、慰謝料の支払い 謝罪 なし 賠償 200万円 奈良騒音傷害事件(ならそうおんしょうがいじけん)は、の主婦が約2年半にわたり大音量の音楽を流すなどの方法でを出し続け、それにより近所に住む夫婦を不眠・目眩などで通院させた事件。 2005年4月、の容疑でに逮捕され、2007年で実刑判決が確定した。 騒音を出す現場が被害者夫婦により録画、マスコミ各社に提供され、テレビので主婦が「引っ越し、引っ越し」などと大声で叫ぶ様子が何度も流れ、 騒音おばさんの名前で有名になった。 経緯 主婦は、1988年に大阪から奈良県に転入した。 翌年、主婦は被害者夫婦の隣の住民とけんかになり、両者の争いは裁判にまで発展したが、このときは被害の大きかった主婦側が勝訴し、敗訴した隣の住民は引っ越していった。 その後は、被害者夫婦がターゲットとなり、1991年に最初のトラブルが発生する。 被害女性によると、1996年のある日を境に、24時間365日、音楽が鳴り続くようになった。 同年、被害住民は最初のを起こし、1999年に最高裁で60万円の慰謝料を認める被告側敗訴の判決が確定した。 しかし、嫌がらせは止まず、翌年、防犯カメラに被害者宅の玄関を蹴っている映像が記録されると、主婦は器物損壊の容疑で逮捕された。 音楽が止んだのはこの逮捕勾留中だけであった。 被害女性によると、主婦の夫と子供は病気で入院しており、娘2人も逮捕の5年ほど前に相次いで亡くなっている。 主婦が騒音を出し始めたのは、朝6時に布団をたたいていることなどを隣家の人に注意されたのがきっかけ。 逮捕容疑では2002年11月から2005年4月に逮捕されるまで、からや、などの音楽を大音量で24時間流し続けた。 それ以外にも、車のクラクションをむやみに鳴らしたり、取材に訪れた記者にものすごい形相でまくし立てるなど奇行を展開し、隣家の主婦は不眠や頭痛で約1ヶ月の治療が必要と診断された。 主婦の行為を写したビデオはテレビのなどでも盛んに流されたが、警察官が訪れたときだけ騒音行為をやめるなど、証拠が不十分であったために、奈良県警は音の大きさの測定や被害者の診断書提出を受けて、ようやく逮捕に踏み切ったのである。 一審のでの求刑公判で側は、「隣人に苦しみを与えた陰湿な犯行で、嫌がらせは約2年6ヶ月にわたった。 弁護側は音を流したことは傷害の実行行為とはいえないとしてを主張した。 また、第2回公判では、被告の主婦は「謝ってしもうたら、を認めることになる。 自分に罪はない。 認めるつもりはない!」などと罪状を否認し、証拠として採用された「引っ越し、引っ越し」と叫びながら布団をたたく映像が法廷で流されると、その映像の音楽に合わせてリズムをとる場面もあった。 裁判長は判決理由で、「音楽を大音量で鳴らし続ける行為は、被害者に精神的ストレスを与え、身体の生理的機能を害するもので傷害罪にあたる」と認定し、「執拗かつ陰湿。 反省の態度が感じられず、再犯の可能性も強い」として、懲役1年のを言い渡したところ、主婦は判決を不服として即日した。 地検側も「2年以上にわたり積極的に危害を加えたのに、量刑が軽すぎる」などとして控訴した。 の控訴審では、弁護側は「音楽を鳴らす行為は傷害罪には当たらない」などと改めて無罪を主張したのに対して、検察側は「長期にわたって警察などの警告を無視し、被害者に苦痛を与え続けており、1審判決は軽すぎる」と指摘した。 騒音行為を行うようになった経緯について、大阪高裁の被告人質問で加害者の主婦は「子供の泣き声がうるさいなど近所から苦情を言われ裁判を起こされたので、生活音を消すためするようになった。 亡くなった娘の悪口を言いふらされたり、鍵穴を塞がれるなど虐めに遭っていた」と答えた。 裁判長は、「傷害の確定的な故意があり犯行は陰湿。 1審判決の量刑は軽い」として、1審の奈良地裁判決を破棄し、それより重い懲役1年8月を言い渡した。 被告の主婦はしたが、2007年4月、は被告側の上告を棄却する決定を下し、2審大阪高裁判決が確定した。 2005年の逮捕以降拘置が続いており、この未決拘置日数のうち約500日が刑に算入されるため、実際に服役するのは約3ヶ月となった。 主婦は2007年7月に刑の満期を迎え出所した。 2004年には被害住民から300万円のを求めた二度目の民事訴訟を起こされ、2006年に最高裁は被告側の上告を棄却し、200万円の賠償を命じた2審大阪高裁判決が確定した。 事件の影響 一審の実刑判決のニュースはで週間1位のアクセスを得た。 英字新聞でも報道され、見出しには「Mrs. Noisy」という呼び名が使われた。 また、「騒音おばさん」はの「」の・キーワードの週間ランキングにもランクインした。 の報道番組『』では、出演していた元衆議院議員のが加害者の映像を見て「これの顔ですわ」などと発言したため、司会のが不適切な発言であるとすぐに謝罪した。 2006年3月、事件のあったでは、「騒音おばさんの町」の汚名返上を目指すべく、音やなどの近所迷惑行為を禁止する「平群町安全で安心な町づくりに関する」が24日にで可決され、同年6月1日から施行された。 町は近隣住民から100回以上の苦情を受けていたが、これまで取り締まる根拠がないため、口頭で注意を促すことしかできなかったという。 同条例では、公共、私有地の区別なく昼間(午前8時 - 午後8時)は65以上、夜間(午後8時 - 午前8時)は60デシベル以上を騒音と規定し、罰則はないが違反者には制止命令や文書での警告を行うとされている。 身近な例では、の音が60デシベル以上とされる。 教授で音が専門のによると、には訴訟に至る前に近隣トラブルを解決する公的な専門機関が約30年前から設置されており、訓練を受けた民間ボランティアがを行うという。 調停機関を視察した際に担当者に「騒音おばさん」のテレビ映像を見せたところ、「なぜこれほど深刻化するまで社会が放置したのか」と絶句されたといい、日本でも米国型の調停機関を設置すべきではないかと提案した。 事件後、千葉 、大阪 、茨城 などでも騒音を巡って逮捕された女が「騒音おばさん」として報道された。 ポップカルチャー 一部のインターネットユーザーによって、「騒音おばさん」を題材とした音楽やなどが作られた。 2007年、ののソロアルバム『』には、が作詞した「騒音おばさんVS高音おじさん」が収録されており、干渉するのが大好きな近所のおばさんに、甲高い声の高見沢が翻弄されるさまが描かれている。 2008年にはこの事件をモデルにしたテレビドラマ「 4 ご近所トラブル殺人事件」がで放映され、女優のが太鼓やフライパンを叩きながら大声で歌い、近隣住民を悩ます「迷惑おばさん」を演じた。 参考文献• 2006年3月7日• 2006年4月21日• 2005年6月28日• 2005年11月16日• 2006年2月25日• 2006年4月22日• 2006年5月2日• 2006年9月13日• ( 元ソース: WEBNEWS 2006年10月26日)• 2006年12月27日• 2007年4月13日• nikkansport. com. 2007年4月12日. の2007年4月15日時点におけるアーカイブ。 2011年10月17日閲覧。 2006年7月21日• 2006年4月30日• 2006年4月29日• 2006年4月22日• 2005年4月17日. 2010年1月8日閲覧。 2013年4月17日閲覧。 2006年3月18日• 2006年3月7日• 2006年3月18日• 片山圭子 2008年3月29日. 2007年7月14日• 2007年9月22日• 2009年2月27日• 2005年4月15日• 「」、『』47巻20号(2005年5月26日号)、、 pp. 41-43• 2007年8月9日• 2008年4月17日• 「テレビ「報道番組」は絶滅寸前」『』2009年5月13日号。

次の

奈良騒音傷害事件

騒音 おばさん 現在

監督は、『カメラを止めるな!』の製作で知られるENBUゼミナールの卒業生の 天野千尋さんです。 天野さんの作品は、チリ女性映画祭で入選を果たした『うるう年の少女』(2014年)や、結婚をテーマにしたオムニバス『ハッピーランディング』(2016年)などがあります。 主人公の小説家を演じるのは、『さよならくちびる』(2019年)の 篠原ゆき子。 隣人役を『どうしようもない恋の唄』(2018年)の 大高洋子が演じています。 その他キャストととして、主人公の娘役を「Foorin」のメンバーでもある子役の 新津ちせが演じました。 今作は、すれ違いから生まれた隣人同士の対立が、やがて社会を巻き込む大事件へと発展していく、というストーリーです。 当時、「騒音おばさん」のマスコミ報道には過熱感と偏りがあるのでは、と物議を醸しました。 今作のオリジナル脚本を手がけた天野千尋監督は、下記のようにコメントしています。 「物事は、見る角度によって見える景色が違う。 人も別の角度から見ると悪人にも善人にもなる、そういうことを盛り込んだ映画にしたかった」 「SNS炎上」や「メディアリンチ」など、現代の社会事情や、子供のケンカから国や民族の紛争や戦争まで、あらゆる「争い」という普遍的な真理をテーマにしたかったそうです 映画化モデルとなった「騒音おばさん」事件とは? 天野監督も言われていますが、『ミセス・ノイズィ』のモデルになっているのは、2002~2005年に起きた 「奈良騒音傷害事件」です。 この事件は、当時海外でも取り上げられ、そのときの「Mrs. Noisy」が今作のタイトルになっているようです。 今から15年ほど前、奈良県平郡町で近隣トラブルが発生しました。 加害者となったのは、以前から平郡町に住んでいた主婦。 彼女は隣に引っ越してきた被害者夫婦に対して、大音量で音楽を流すといった嫌がらせ行為を何年も続けました。 「引越し、引越し、さっさと引越し!しばくぞ!」と暴言を放っていました。 逮捕される前、ワイドショーはこぞって主婦の「奇行」を取り上げ、バラエティ番組やインターネット上でもパロディ化される事態にまでなり、彼女は「騒音おばさん」の名前で全国に知れ渡ることになりました。 しかし事件後、当時の過熱した報道を批判する声が上がるようになり、いわゆるメディア・スクラムだとして言われるようになりました。 『ミセス・ノイズィ』のあらすじは? 主人公の小説家・吉岡真紀はスランプに陥っていました。 ある日突然、隣の住人・若田美和子の嫌がらせが始まります。 それは日ごとに激しくなっていき、美和子の攻撃に心の平穏失い、家族との関係もギクシャクしていく真紀。 そこで、彼女は美和子をモデルにした小説を書くことで、報復を試みます。 しかし、その行動が予想していなかった事態に発展してしまいます。 2人の争いはマスコミやネット社会を巻き込む大騒動に・・・。 騒音おばさんは実はいい人なのかも? メディア・スクラム 当時、隣人夫婦が撮影した騒音おばさんの動画には、夫婦の声が一切入っておらず、撮影している間も笑っていたそうです。 騒音おばさんが「先にやったのはお前たちだ!」と言っていたりする場面もありましたが、そういったところはマスコミが動画を編集し、夫婦の笑い声などは消し、騒音おばさんの音声のみにしていたこともありました。 騒音おばさんを面白おかしく取り上げて、大事なところを映さないというのも、真実から遠ざかってしまった要因だったのではと思います。 天野監督は、当時のそのような報道の在り方から、 「物事は、見る角度によって見える景色が違う。 人も別の角度から見ると悪人にも善人にもなる。 」と訴えたかったのだと思います。 どちらが被害者なのか 被害者である隣人夫婦は、創価学会の信者でした。 夫婦が引っ越してきた当初、夫婦とおばさんはお茶を飲んだりするような仲でした。 次第におばさんを創価学会へ勧誘するようになります。 おばさんは断り続けていましたが、何度も勧誘され、頑なに拒んでいたことから、夫婦がおばさんに嫌がらせを始めるきっかけになったと言われています。 また、夫婦が嫌がらせをするために集めた30人近くの人も、創価学会のメンバーだったとされています。 なぜメディアはこのことを報道しなかったのでしょうか。 勧誘の仕方や断り方が大事件に発展してしまったのではないかと様々な憶測が生まれていましたが、そこについては、いまだに真実は明かされていません。 事件のその後と騒音おばさんの現在 騒音おばさんが逮捕されたのち、別の近隣住民が被害者夫婦に対し嫌がらせを行っていたという情報もあります。 現在は、被害者とされる夫婦は町から転居し、服役を終えたおばさんは元の家で平穏に暮らしているそうですよ。 まとめ 今回は2020年5月に公開予定の映画『ミセス・ノイズィ』のあらすじや騒音おばさん事件についてお伝えしました。 日常的に誰にでも起こりえる「争い」という身近でありながら重厚なテーマで、考えさせられる点もある作品ですね。 この『ミセス・ノイズィ』は、新たな社会派映画としておすすめしたいと思います。

次の

騒音おばさんの河原美代子さんは今どこで何をしてますか?

騒音 おばさん 現在

もう10年以上昔になりますが「騒音おばさん」が話題になった時期がありましたね。 もうそんなに経つんだと思わないでもないですが、隣に住んでいる住人に性質の悪い嫌がらせをして、逮捕されたのは「騒音おばさん」こと、本名河原美代子さんという女性でした。 奈良県のある町で起こったこの事件は、別名「奈良騒音傷害事件」などとも呼ばれていましたが、かなりワイドショーでも取り上げられて、一種のブームみたいになってたこともありましたね。 というのも、騒音おばさんの人柄が、かなり強烈なキャラだったこともあり、流行語になるんじゃないの?くらい世間を賑わせていましたね。 数々の名言 迷言 ?も生まれ、近所にいて欲しくないおばさんランキングがあったら、絶対に一位になるよね?くらいに、本当に人騒がせなおばさんでした。 でも実は、騒音おばさんは被害者だったのかも知れないんです。 ということで、何故、騒音おばさんなんて呼ばれていたのかなど、当時の状況と騒音おばさんの現在を、以下にまとめてみました。 これらの迷惑行為は、他の近隣住民にも苦情が殺到し、特に隣に住んでいた夫婦に精神的ダメージを与えることになり、その迷惑行為の一部始終がテレビで報道されたりもして、話題になりました。 裁判も起こされており、隣に住む夫婦が勝訴したにも関わらず、嫌がらせは更に悪化の一途を辿ります。 布団たたきやラジカセの騒音に加えて、隣の家のドアを蹴り続けたり、車のクラクションを何度も鳴らすなど、逆に嫌がらせが酷くなったんですね。 ただ、嫌がらせがエスカレートしたことで、インターホンを壊すなどしたため、やっと器物損壊容疑で、警察も動き、逮捕されたとのことです。 結局1年8カ月という懲役刑が言い渡されましたが、刑期を終えた今、騒音おばさんはどうなったのか? 以下にご紹介します。 騒音や数々の嫌がらせで、近隣住民を苦しめてきた騒音おばさんですが、騒音おばさんは実は被害者だったみたいなんです。 何故騒音おばさんが被害者と言われるようになったかと言いますと、ある根拠があります。 大きな理由の一つとして、騒音おばさんの家族に降りかかった不幸と合わせて、被害者でもある隣人夫婦との衝突していたことが理由みたいなんですね。 どういうことかと言いますと、騒音おばさんの家庭では、子供が二人とも若いうちに遺伝病にかかり亡くなっているんですね。 加えて、騒音おばさんの夫も寝たきりの状態だったそうで、そんな時に、隣人夫婦が騒音おばさんの娘の声を「うるさい」などと騒ぎ、自治体にも報告していたそうです。 更には、死んだ娘の悪口を隣人夫婦が町内に言いふらしていたこともあるそうです。 奈良の事件の始まりとも言える「外灯」の件でも、騒音おばさんの病気の娘が「まぶしい」と訴えたため、騒音おばさんが当時の隣人夫婦に、灯りを消して欲しいとお願いしていたという経緯があります。 家族の不幸を笑われ、単純なお願いですら却下されてるわけですから、騒音おばさんは怒り心頭になり、嫌がらせは悪いことかも知れませんが、気持ちはわからないでもないです。 騒音おばさんとか騒音ババアと呼ばれた浅野さんが、実は被害者だったかも知れないと書きましたが、根拠の二つ目として、被害者が持ち込んだ証拠テープもまた、今ではねつ造だったのではないか?と疑われたことがあると言います。 奈良事件の真実として、奈良事件は実はデマだったのでは?と言われるのは後のことですが、テレビ局が偏った報道をしていたとの意見もあるんですね。 私達が証拠のテープを見ている限りでは、騒音おばさんの怒り狂った顔だったり、大声でどなり散らしていたりと、誰もが騒音おばさんの方が悪いと信じられる内容でした。 テープで流れる声は、騒音おばさんの怒声のみ。 これでは、真実はわかりませんよね? テレビ局もまた加害者では?と言いたくなるほど、偏った報道がなされ、視聴率を上げるために、おばさんの怒声だけをやり玉にあげ、被害者夫婦には何のおとがめもなし。 そう考えると、騒音おばさんが被害者だった説も何だか頷ける所です。 とは言え、被害者夫婦の声がカットされただけだとしたら、やはりおばさんの騒音騒ぎは、誰の目で見ても嫌がらせ以外の何物でもなく。 ただ、嫌がらせのきっかけになった出来ごとは、報道されなかったとしたら、何となく騒音おばさんも可哀想だなと思います。 真実が報道されないまま、決して短くない刑罰を与えられた騒音おばさん。 今こそ、テレビ局は真実を明らかにして欲しいですね。 騒音おばさんが被害者と言われる理由の一つとして、ある宗教団体が関与していたとも言われています。 それが、創価学会です。 というのも、奈良県平群町周辺には創価学会の組織が多数存在していたこと、被害者夫妻もその創価学会の信者だったということから、創価学会の関与が疑われていたんですね。 とは言え、創価学会の関与はデマだったとの情報もあり、こちらも真実は定かではありませんし、奈良事件が終わった後なので、現在ではわかりようもありません。 そう考えると、テレビ局にも絶大な圧力をかけられる程の力を持った創価学会ですから、もしかしたら、騒音おばさんから、被害者夫妻を守るために、報道が偏るように圧力をかけた、創価学会のいやがらせをした、もっと言えば、ねつ造したのではないか?との声もあります。 実際の所、この騒音おばさんが実は良い人で、被害者夫妻以外に問題を起こしていないことからも、現在では伺い知れませんが、当時は真実が隠されていたのではないか?なんて言われたりもしています。 何故創価学会が出てきたかというと、騒音おばさんの元に、被害者夫妻が創価学会の信者を30人ほど連れてきて、抗議したからです。 デマということもあり得ますが、もし創価学会の信者が実際大人数で来たら、普通の人は恐怖感を覚えますよね? これは実際の話ですが、妹が一人暮らしをしていた時に、創価学会の信者が3人ほど妹を訪問し、信者になるように説得されたとのことなので、創価学会が信者を引き連れてと言うこと自体は、真実でありデマではないのでは?とも思います。 ほぼ一人暮らしの騒音おばさんの元に、創価学会の信者が来たら、フェアじゃないですよね? 抗議したいのなら、被害者夫妻だけで行くべきです。 現在 今 では、騒音おばさんが被害者だったのでは?という話も出ていますが、当時は全面的に悪物扱いされたこともあり、真実は闇の中に葬り去られたと言えます。 騒音おばさんが実際には、良いおばさんだったとしたら、報道の影響で、世論も逆に操作されてしまうのかと考えると、ちょっと怖い気もしますね。 真実は、定かではありませんが、それでも逆の説があると、本当はどっちが正しいの?と思うかも知れません。 あるテレビ番組でも、塩川正十郎さんがワイドショーで「あのおばさんの顔はきちがいの顔ですよ。 」のような発言をしていましたが、もしかしたら、真実は違うのかも?と思ってしまうと、背景を知ってしまうと、創価学会とある政党の結びつきすら感じてしまいます。 しかも、こんな仮説もあるそうです。 それは、騒音おばさんは、たった一人で大きな宗教団体と戦ったというものです。 もしおばさんが正しいことが真実だとしたら、スケープゴートに利用されたのだとしたら、今でこそ悪物扱いされていますが、昔はもっとですね。 引っ越ししろ!は言い過ぎだったと思いますし、創価学会との関与がデマだった可能性はあります。 でも、現在新たな視点がわかることで、真実は意外な所にありそうとも思える事件でした。 騒音おばさんが、あれだけ報道された理由を考えてみると、やはり被害者夫妻がテープに取っていた映像でも明らかですが「引越し!引越し!」と叫んでいたのが、怒声にも聴こえて、視聴者もまたとんでもないおばさんだと思ったのではないでしょうか? 真相や真実は、未だに明らかにされてはいませんが、引っ越ししろ!と叫んだのは不味かったと思いますね。 でも騒音おばさんは、最初からああなったわけではなくて、被害者の老夫妻が引っ越してきてから、豹変したそうです。 自宅に重症の娘がいた時に、老夫妻が庭に明るい照明をつけて、それを娘さんがまぶしいと言ったので、「せめて囲いをつけて、灯りがこないようにしてくれませんか?」と頼んだこともあるそうです。 でも被害者夫妻は、それを無視した上で、わざと音が聞こえるように布団たたきをしたそうです。 布団たたきは、騒音おばさんが始めた嫌がらせではなかったようなんです。 対する騒音おばさんは、対抗して布団たたきを始めます。 これがテレビで報道され、なんて嫌がらせをするんだと、評判を悪くしていたと言います。 報道に利用されたテープでは、創価学会の信者を集め、くすくす笑いながら撮られていたなんてことも言われています。 現在は、この報道に問題があったのでは?と言われたりもしますが、当時は見事に情報操作をされて、騒音おばさんが悪い人と思った人も多いのではないでしょうか? 確かに、真実はおばさんが悪かったということもあり得ます。 でも、騒音おばさんの怒声ばかり報道されて、老夫妻が騒音おばさんにした行為は全く取り上げられていないなんて、真実を語るべき報道の体勢がこれで良いのか?と思ったりもします。 「引越し引越しさっさと引越ししばくぞ!」こんなセリフばかり、報道をしていたテレビ局にも問題ありだと現在では思いますね。 騒音おばさんこと、河原美代子さんは、老夫妻が引っ越ししてくるまでは良いおばさんとして、近所でも評判だったそうです。 」なんて、菓子折を持参して、謝りに行くような人だったそうです。 実際今になってわかったことですが、近所の人もインタビューに対して、「普通の女性だった。 」と言っています。 つまりは、最初からあんな態度を取っていたわけではなかったんですね。 その騒音おばさんが豹変したのは、近所に学会員の老夫妻が引っ越ししてきてからです。 一説では、創価学会への勧誘を断ったことで、学会員の嫌がらせが始まったんだとか。 騒音おばさんが悪いと受け取られているのは、案外偏向報道が引き金になってたせい?と今では思いますね。 報道関係は、騒音おばさんからまともな取材をせずに、学会員の夫妻の話だけをクローズアップし、騒音おばさんは、とんでもない人という情報操作を行っていたかも知れません。 もちろん!真相はわかりません。 でも、もし騒音おばさんが冤罪だとしたら、マスコミの報道の仕方にも問題があったのでは?と思いますね。 騒音おばさんのその後ということで、ネットでは一部現在の騒音おばさんらしき人物の画像がアップされているそうですが、これはデマで、全くの別人だということです。 確かに似てはいますが、現在こんな姿で街を歩くなんてほどの豹変ぶりはそうそうないでしょう。 画像で挙がっているのは、現在の騒音おばさんではなく、ラジカセおばさんのミルクおばさんという方なんだそうな。 このおばさんが、現在の騒音おばさんだなんて言われるのは、何故なのかわかりませんが、確かに似ていますね。 騒音おばさんが刑期を終えた今現在、どこで何をしてるのかはわかりません。 ただ、騒音おばさんのことを面白おかしく報道したり、別人の画像を同一人物して挙げるというのには、やはり抵抗を感じますね。 現在こうなってる!?みたいな言い方をすれば、ほとんどの人が「ああ、あの人か。 」と思ってしまいます。 全くのデマにも関わらず、真実のように語られるのは、本人にとっても不本意なことでありますし、勝手に現在を作るな!とまた一喝されそうですね。 個人的には、騒音おばさんは刑期を終えたわけですし、冤罪の可能性も否定できないわけですから、面白おかしく「ラジカセおばさん」なんて、現在の河原美代子と比べること自体が、失礼だと思いますね。 マスコミが報道しなかった内容として、色々な事実が隠されて報道されていたようですが、例えば、こんな真実が明らかにされていなかったと言います。 その一部をご紹介しますと。 1:被害者の老夫妻は学会の勧誘員で、勧誘を断ったことで、老夫妻の嫌がらせが始まったとする点 2:勧誘員にとって、困っている人は、格好のターゲットであった点 3:学会員を20~30人集めていた点 4:常識人であった加害者を、一部の情報だけで悪人に仕立て上げていた点 5:老夫妻が、盗み聞きしたことを周囲に漏らしていた点 6:監視カメラで24時間加害者を見張っていた点 などなど、問題のある事例は数多くありますが、事件ではこれらに触れられることはほとんどありませんでした。 実は近所でも評判の明るい常識人であったという騒音おばさんこと浅野さんですが、収監されてる奈良の拘置所に励ましのお手紙をもらった時に、丁寧に返信している手紙を見ても、異常人物されていたのと同一人物?と思われるほど、丁寧で優しい印象を受けます。 テレビの報道は、情報操作も出来る危ないメディアです。 ネットがある現在だからこそ、もっと色々な情報も収集しないと、真実は闇に葬られてしまうのかも知れませんね。

次の