シフト エクセル テンプレート。 エクセル関数でシフト表を自動作成する方法|無料テンプレートダウンロード可能

Excelで作る「シフト表・勤務表」無料テンプレート

シフト エクセル テンプレート

シフト表・勤務表テンプレート一覧 ビズルート 1か月単位のシフト表、1週間単位のシフト表、1日単位のシフト表と別れて掲載されています。 勤務区分で分けて記入させる表や開始時間と、終了時間を記入させてシフトに入っている人数をチェックするテンプレートなどがあり自動計算もできて便利です。 シフト表をエクセルでつくろう 一覧で人数把握が簡単なシフト表や、店舗ごとの人数把握ができるものなど、各種のシフト表がダウンロードできます。 シフト表に特化したページなので様々な形式のシフト表がダウンロードできます。 Free Excel Template ガントチャート形式で作成された店舗のシフト表・ワークスケジュール表のエクセルテンプレートです。 15分単位のメモリで時間を入力すれば、ガントチャートを自動で設定してくれます。 他にも多数の勤怠管理表、シフト表エクセルテンプレートがダウンロードできます。 こだわりEXCEL(エクセル)テンプレート 時間シフト制で使用される勤務シフト表をエクセルで作成できるテンプレートです。 従業員ごとにラインの色が自動変更されます。 休憩時間も入力できます。 作成は従業員マスタと作業時間を入力するだけです。 パステルIT新聞 職員勤務シフト表です。 「月」を選択すると、自動的に日付と曜日が表示されるようになっています。 特にマクロや関数などは使われていませんので自分で入力していくタイプです。 Free Excel Template ガントチャート形式で作成された店舗のシフト表・ワークスケジュール表のエクセルテンプレートです。 15分単位のメモリで時間を入力すれば、ガントチャートを自動で設定してくれます。 他にも多数の勤怠管理表、シフト表エクセルテンプレートがダウンロードできます。 ビジネステンプレートファクトリー 承認印、備考欄がついたA4縦型の勤務整理簿です。 始業、終業、休息、実働の項目で勤怠を管理します。 1ヶ月で1枚の形式になっています。 勤務表の他にも、勤務チェックリスト、勤務評定表などの勤務に関する書式のテンプレートもあります。 Excel Access A4横型の勤務表テンプレートです。 開始時間、終了時間に時間ごとにチェックがつけられるようになっています。 Office. com 1時間刻みのカラフルなシフトスケジュールです。 縦の項目には曜日と氏名を入力する欄があります。 アルバイトやパートの出勤管理に使えそうです。 数は多くありませんが、カラフルでデザイン性の高いシフト表テンプレートがあります。 勤務表、シフト表 — FeedSoft 出勤、退勤、時間外、遅刻早退、出勤日数が入力できるオーソドックスなタイプの勤務表が3種類です。 2009年作成のものなので年月は自分で修正する必要があります。 勤務時間表 — 無料テンプレート シンプルな勤務時間表が2種です。 年と月を入力すると、自動的に日と曜日が表示されるので、 新しい月のシートを作る際に便利です。 ビズオーシャン カラフルなテンプレートに業種別のタイムシフト管理表がそろっています。 マスタ設定やデータを操作できるタイプのテンプレートもあります。 経費削減実行委員会 グリーンのカラフルな業種別のシフト表テンプレートです。 一般的な勤務表、サービス業、運送業の種類があります。 サテライトオフィス GoogleApps用のテンプレートでWeb上で使用できます。 メニューからExcel形式を選択するとエクセルでローカルにダウンロードできます。 〔無料版〕飲食店のワークスケジュールシート 「飲食店のワークスケジュールシート」無料版です。 飲食店のシフト管理、スケジュールを管理できます。 リンク先は無料版ですが、有料版だと飲食店だけでなく、サービス業全般のシフト管理もできます。 売上、人件費も同時に見ることができます。 dlmarket.

次の

シフトの作成を簡単にするExcelテンプレートの作り方

シフト エクセル テンプレート

機能1|シフト表をカレンダーで閲覧する 機能2|シフト表の総業務時間を計算する 機能3|シフト表の時間帯を選択できる 機能1|シフト表をカレンダーで閲覧する この記事で紹介するシフト表では、カレンダーをガントチャート風に右に伸ばしていくことで、記入していきます。 動画で紹介しているとおり、開始日と終了日を入力することで自動で日付を入力することが可能です。 機能2|シフト表の総業務時間を計算する この記事で紹介するシフト表では、シフト表の下部で業務日数を確認することができます。 総業務時間はシフト表下部の業務日数にシフト別の業務時間をかけ算することで算出可能です。 また人員が「0」の場合は、セルが黄色くなり、不足している人員を可視化することもできます。 機能3|シフト表の時間帯を選択できる シフト表上部の一覧表で、「シフトの分類」を作成・管理することができます。 分類ごとに「開始」「終了」時間を入力することで業務時間を変更可能です。 また一覧表を拡張すれば、シフトの分類を増やすこともできます。 エクセル関数でシフト表を作成する手順 ステップ1|開始日と終了日 ステップ2|No, 氏名, 役職 ステップ3|日付 ステップ4|曜日 ステップ5|見た目を整える ステップ1|開始日と終了日 画像のように「開始日」と「終了日」の一覧表を「B2:C3」の範囲に作成します。 ステップ2|No, 氏名, 役職 次に、「No」「 氏名」「 役職」を入力します。 「B6」「C6」「D6」に文字列を入力したら、それぞれのセルを一つ下のセルと結合しておきましょう。 続いて、人員の数に応じて、罫線を引きます。 ステップ3|日付 日付を入力します。 すると、「F6」に入力した数式が終了日セルまで入力されます。 次の手順で操作します。 ホームタブのにある書式横のドロップダウンを開く• 「その他の表示形式 M 」をクリック• 最後に、日付が入力されている列を選択し、列幅を「4. 5」に修正します。 これで、日付の入力は完了です。 ステップ4|曜日 日付ごとに曜日を入力します。 これで、一つ上のセル「E6」の日付に対する曜日が一文字で表示されます。 あとは、「E7」セルを終了日までコピーすれば、各日付ごとに曜日を表示することができます。 ステップ5|見た目を整える 値の入力ができたら、最後に画像のように見た目を整えます。 まず、日付と曜日が入力されているセルの表示を「中央揃え」にします。 続いて、シフト表全体に罫線を引きます。 これで、シフト表の必要情報が全て入力できました。 手順2|シフトの分類を記載していく 次にシフトの分類を一覧表に記載していきます。 画像のように、「E2:K4」セルに一覧表を追加します。 なお、分類の数が多い場合は枠を増やすことで対応できます。 手順3|開始日と終了日を記入したら、カレンダーが自動で出力されるようにする 続いて、開始日と終了日から、自動でシフト表の日付を出力されるように修正を加えていきます。 ここで使用しているのは「IF 論理式, 真の場合, 偽の場合 」を利用した数式です。 あとは、「F6」の数式を残りの日付セルにコピーすれば「開始日」と「終了日」から自動でカレンダーが出力されるようになります。 手順4|土日を条件付き書式で色を変える 次は、画像のようにカレンダーの内、土日の列に色をつけていきます。 手動で色をつけるのではなく、「条件付き書式」という機能を使用して日付と連動して自動で色がつくように設定していきます。 まずは、「日曜」列に自動で色付けをする設定をしていきます。 下記の手順で操作しましょう。 「E6」セルを選択• ホームタブの「条件付き書式」をクリック• 「ルールの管理 R 」をクリック• 上部のドロップダウンリストから「このワークシート」を選択 続いて、次の手順で条件を設定します。 「新規ルール N 」をクリック• 「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択• 「土曜」列に色付けする場合も同様の手順で、「次の数式を満たす場合に値を書式設定 O :」に入力する数式を次のように修正すれば設定完了です。 まず、「祝日」がいつかを把握するため、次の手順で「祝日」マスタを作成します。 「祝日」という名前のシートを追加• から「祝日マスタ」をコピー• 「祝日」シートに「テキスト」で貼り付ける 次に、作成した「祝日マスタ」を利用して、条件付き書式を設定します。 「E6」セルを選択• ホームタブの「条件付き書式」をクリック• 「ルールの管理 R 」をクリック• 上部のドロップダウンリストから「このワークシート」を選択• 「新規ルール N 」をクリック• 「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択• 「書式 F 」をクリックして、適用したい書式を設定• これで土日に加えて、祝日についても色がつくように設定できました。 手順6|シフト表にシフトを入力する シフト表へ、画像のように、シフトの分類で記入していきます。 手順7|COUNTIFでシフト数をカウント 各シフトの分類がいくつあるかを自動でカウントさせて表示させます。 画像のようにシフト数が「0」の場合はセルを黄色で表示します。 続いて、表示が「0」だった場合に、黄色く塗りつぶす条件付き書式を設定します。 「E18」セルを選択• ホームタブの「条件付き書式」をクリック• 「ルールの管理 R 」をクリック• 上部のドロップダウンリストから「このワークシート」を選択• 「新規ルール N 」をクリック• 「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択• 「書式 F 」をクリックして、適用したい書式を設定• 手順8|見た目を整える 最後に、見た目を整えたら完成です。 画像のようにシフト表以外の部分を選択した状態で、塗りつぶしを実行しましょう。 動画で紹介しているシフト表のテンプレートを無料ダウンロードする この記事で紹介しているシフト表のテンプレートは以下のフォームから無料でダウンロード可能です。 ぜひ、ダウンロードして活用してみてください。 読み込んでいます… エクセルマクロVBAでシフト表を作ってみる この記事では、エクセルマクロVBAを使った方法は紹介していません。 しかしマクロVBAを使えば、さらに機能を増やすことができます。 一か月分の集計から、報告資料作成までうまく連携させることが可能です。 エクセルマクロVBAで出来ることを以下の動画でまとめているので、それらをシフト表を組み合わせることでさらにラクに仕事をこなすことが可能です。 もしエクセルマクロVBAを勉強したいのであれば、の動画講座をオススメします。 私も実際に試して、良い教材であることは確認済みです。 実際に教材を試して、以下のように短期間で難易度の高いマクロを書けるようになりました。 また「パソコンスキルの教科書」のYoutubeチャンネルに参加いただけると情報をいち早く受け取れるので、ぜひ登録をお願いいたします。 Filed Under:.

次の

シフト表はエクセルで簡単作成!作り方を伝授します。

シフト エクセル テンプレート

2019年4月現在、無料版は 累計約3万回ダウンロード、有料版及びカスタマイズ版も50を超える事業所でご利用いただいております。 ありがとうございます。 Excelで簡単便利に月間のシフト表・勤務表を作るための無料テンプレートです。 人数22名以下、シフト数15以下の勤務表ならカスタマイズ無しですぐに使えます。 レイアウトを大幅に変更したVersion2. 00を公開しました。 また、従業員数と勤務パターン数を40まで増やし、人件費や労働時間も集計機能などを実装した、有料版のシフト表をリリースしました。 シフト表のカスタマイズも行っており、シフト表作成の効率化だけでなく、残業指示・残業許可申請といった勤怠管理も含めた業務効率化に成功しております。 ぜひ、シフト表作成の効率化をご検討いただければと思います。 シフト表を作る事で、時間別・日付別の人数集計もできます。 また時間帯別の人数集計も把握できます。 配置にバラつきがないか?休日に多く配置できているか?といった確認が簡単にできます。 このテンプレートは無料でお使い頂けますが、貴社向けにカスタマイズして欲しい。 操作方法を詳しく教えて欲しいといったサポートは有償での対応になります。 以下のようなカスタマイズ事例があり、製造業はもちろん、レジャー施設、介護施設、保育園、ホテル・ウェディング施設などで導入いただいております。 勤怠管理(残業計算)と連携できるようにして欲しい。 行事予定などを複数行入れられるようデザインを変更して欲しい。 基本勤務パターンで一括作成できるようにして欲しい。 (100名まで)• 時間帯チャートを部署ごとにわけて表示できるようにして欲しい• 時間帯チャートでの表示順を始業時刻順にして欲しい。 時間帯チャートを15分単位にして欲しい。 24時間営業に対応して欲しい。 1日2回勤務の場合も時間帯シートでチャート表示して欲しい。 社員名と時給単価を設定し、シフトを組む段階で人件費が把握できるようにして欲しい。 人数やシフト名(勤務パターン)を増やして欲しい。 休憩時間は違う色でチャート表示して欲しい。 手当の計算に使いたいので、特定のシフトの回数(夜勤とか)を集計して欲しい。 個人毎にプリントアウトできるようにして欲しい。 カスタマイズ事例を動画で見る!! 当テンプレートを使って、シフト表を作る方法を簡単に解説します。 特に難しくはないと思いますが、サンプルシートを参考にして色々いじってみるとわかりやすいと思います。 このテンプレートは、5つのシートで構成しています。 初めてお使いになる場合は、シフトの設定を行って下さい。 シフト名と時間、従業員氏名を設定しておきます シフト名シートをクリックし、シフト名、始業時間、終業時間、労働時間、休憩時間を入力して下さい。 時間は時間別のチャートに必要なので、必ず半角で24時間形式(例17:00)で入力して下さい。 休憩時間は特に集計していないので無くても構いません。 あくまでシフトを組んだときに、ざっくり労働時間や人件費を把握するための時間管理です。 厳密な勤怠管理ではありませんのでご承知おきください。 また、 従業員の氏名は、「シフト作成」シートに入力して下さい。 これで準備は完了です。 開始年月日を指定します シフト表を作る前に、まず開始日の設定をします。 この指定でカレンダー部分を作る事ができます。 年、月、開始日を数字だけ入力して下さい。 2016年9月1日から9月30日までの勤務表を作る場合、年に2016、月に9、開始日に1と数字だけ入力して下さい。 勤怠締日にあわせて作る事もできます。 例えば、15日締めの場合は、開始日を16と入力してもらうと、16日から翌月15日までの勤務表を作る事ができます。 シフト表はシフト名をリストから選択するだけ 基本的にシフト作成シートより、シフト名をリストから選択するだけで作成できます。 シフト名の上のセルには、ちょっとしたコメントを入力できるようになっています。 ちょっと早く来て欲しい、この日は本社で会議がある、といったコメントを入力すると便利です。 従業員の増減がある場合は、シフト作成前に変更して下さい。 勤務表を印刷します シフト入力シートを印刷して壁に貼る。 といった使い方を想定しています。 ページ設定を確認して印刷して下さい。 ページ設定の調整を行いたい場合は、以下のページを参考にしてみて下さい。 集計表の作り方.

次の