ハクビシン 殺し方。 ハクビシン駆除に有効な6つの方法

ハクビシン駆除に有効な6つの方法

ハクビシン 殺し方

ハクビシンの習性や被害 都心部でも見かけることがある野生動物の一つがハクビシンです。 狸と思っていた動物が、実はハクビシンだったということもあります。 ハクビシンの特徴としては、鼻から頭蓋骨に向かって白い縁取りがあり、耳元まで伸びています。 大きさはしっぽを含めて1mにもなる大型害獣です。 また、丸い指や黒い短い手足をもっているので、電柱すら登れるほど運動能力が高い害獣なのです。 夜行性で、明るい昼間の時間帯はねぐらで寝ているため、ハクビシンを捕獲しようとしてもめったに見かけることはありません。 他の害獣とは違い、母子を中心として家族単位の群れで行動します。 餌は果物や植物を中心に好んで食べるため、畑などの農作物の被害が多くなっています。 他にもハクビシンはなんでも食べるため、家で飼っている亀や金魚などを食べられてしまうケースもあるようです。 また、ハクビシンは同じ場所に繰り返し糞尿をする習性があり、家にすみつかれてしまうと糞尿被害がでます。 ハクビシンの糞尿は衛生的にも問題がありますが、それだけでなく家に臭いが染み付くこともあります。 家の近くでハクビシンを見かけるようであれば早めの対策をおすすめします。 ハクビシンの捕獲には許可が必要です。 ハクビシンを捕獲しようとしても勝手に素人が行うことはできません。 ハクビシンは鳥獣保護管理法の対象となっているのです。 人家にて被害を与えますが、ハクビシンは特定外来生物指定ではないので、駆除対象の動物にはなっていません。 これを知らずに勝手にハクビシンを駆除してしまうと問題になる可能性があるので注意が必要です。 しかし、ハクビシンの被害は重大です。 そのため地方自治体によっては、申請などをすると駆除をすることが可能なところもあります。 事前に管轄機関に問い合わせをすることが重要です。 鳥獣保護管理法という法律が日本にはあり、ハクビシンは保護の対象ですが、しっかりと対応方法知ると駆除もできます。 ハクビシンを捕獲する方法 ハクビシンを捕獲する捕獲器は主に3つあります。 ・餌式捕獲器 誘引餌を使用し、誘引条件に合った害獣を捕獲するトラップになります。 ハクビシンは果物を非常に好むので、果実をトラップとして使用します。 ・踏板式罠 動物の重さを利用した捕獲用箱わなです。 体重の重いハクビシンには有効的に使用することができます。 ・扉式罠 捕獲箱内部にあるワイヤーに触れることで、入口の扉が閉まる動物用捕獲わなです。 ハクビシンなどの力が強い動物にも耐えることができるように改良された駆除罠もあります。 駆除だけが捕獲を目的としているわけではく、その生態調査や生息数などを調べるときに用いられることもあります。 こうした罠が近くにあるのであれば、犬や猫などのペットが誤って捕まってしまわないように注意が必要です。 ハクビシンを捕獲したらどうすればいいの? 許可を得ずに、勝手に害獣を駆除することは法律で禁止されています。 しかし、「捕獲」はどうなのかというと、これも違法になるかもしれません。 たとえば、自宅にハクビシンが来るようになったとしても、捕獲して人里離れた場所で放すことは禁じられています。 この行動は、「害獣に直接危害を加えた」とは言えませんが、鳥獣保護管理法によって禁止行為とされているのです。 捕獲や巣の移動についても、許可なく行ってしまうと罰則が課せられるおそれがあるので、注意しましょう。 もし思わぬ形でハクビシンを捕獲してしまったら、お住まいの地方自治体にすぐに連絡することをおすすめします。 ハクビシンの捕獲は業者に頼りましょう ハクビシンの捕獲は大変難しく、行動範囲も広いので素人では完全なる駆除は難しいと言われています。 もしハクビシンの痕跡を見つけたときには早めの対策が必要となってきます。 駆除だけでなく、寄せ付けない忌避したり、家に入り込ませないように遮断をしなければなりません。 半端な対策をしてはいつまでもハクビシンに悩まされることになり、のちに健康被害に発展するおそれもあります。 そうなる前に、ハクビシンの生態や特性を理解し、効果的な対策を起こってくれる業者に頼るのをおすすめします。 まとめ ハクビシンは一見可愛い動物にみえますが、その被害は拡大する一方です。 年中、活動や繁殖が可能なハクビシンは、捕獲はもちろん、駆除も難しくなります。 放置しておくと、あっという間に個体数が植えて、被害が拡大していきます。 そうならないためにも早めの対策が必要です。 屋根裏害獣を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。

次の

ハクビシンの捕獲申請方法は2つ!罠での捕獲方法・捕獲後の処分法も解説

ハクビシン 殺し方

ハクビシンの特徴 ハクビシンの特徴は、その名の通り「白鼻」の風貌です。 幼獣の頃から鼻から頭蓋骨に向かって白い縁取りがあり、耳元まで伸びています。 大きさは1メートルにもなる大型害獣で、黒色の短い手足を持っており、発達した丸い指によって電柱すら登れるほど運動能力が高いと言われています。 生態 ハクビシンは外来種説や在来種説など諸説あり、祖先がどこから来たのか未だ判明していません。 食事は雑食に分類されていますが、好物は果実などの植物になり、日本全土で農作物の被害が増加していることから有害鳥獣にも指定されています。 繁殖生態 ハクビシンは年中繁殖期で、交尾後に群れ行動をする個体もいますが、基本的には年に一回のみ出産するようです。 しかし、寿命が10年以上と長く、出産できるようになる歳も早いのが、生息頭数増大の原因と考えられています。 ハクビシンが生息しやすい場所 ハクビシンの行動特性は夜行性。 昼間はねぐらなどの隠れ場所に潜み、夜中に餌場周辺に移動します。 行動内容は器用な手足を使って高所にある木の実を食べることから、森林や山間部で生活し樹木の上を住まいとしています。 しかし、環境適応能力や学習能力が高いハクビシンは都市部で生き残る知能も持っており、郊外区域だけでなく、都市部での生息数が日本全国で増えています。 屋根裏や天井裏は、本来の隠れ場所によく似た環境となっているので、ハクビシンが営巣しやすい場所の1つに挙げられます。

次の

ハクビシンとタヌキとアナグマの違い

ハクビシン 殺し方

いわゆる動物愛護観点からのコメントには応じかねます。 近年、鳥獣被害対策として箱罠やくくり罠、囲い罠等を用いて、イノシシやシカ等を捕獲する取り組みが広がってきています。 それに伴い、捕獲するまでのノウハウや、食肉活用についての事例紹介は多く目にするようになりましたが、実際に獣が罠にかかった場合、どのような処理が必要となるかについては、あまり議論が多くないように感じます。 この記事では、捕獲した獣にできる限り苦痛を与えず、安全かつ速やかに「止めさし」を行う技術について、説明いたします。 止めさしの前に まずは、獣が罠にかかっている現場の状況をしっかりと確認することが重要です。 イノシシの捕獲では、わなの見回りや捕獲個体の止めさしの際に、最も事故が発生する確率が高くなります。 いきなり近づいて確認せずに、まずは遠くから双眼鏡などを用いてチェックするのがベストです。 遠くからゆっくりと近づき、傾斜のある場合は高いほうから徐々に近づくことが基本です。 くくり罠の場合は、以下がチェックポイントになります。• ワイヤーが獣のどの部位を括っているか• 括った箇所が抜けかかっていたり、切れかけたりしていないか• 括った部分の体の部位が、ちぎれかけていないか• 支点にしている部分からワイヤーが抜けたりしないか• 獣の可動範囲はどの程度か 箱罠の場合は、以下がチェックポイントになります。• 箱罠に破損はないか• 獣が逃げ出す恐れはないか(扉やストッパーの確認) 離れた場所から、手をたたいたり、大きな声を出して、捕獲された獣の反応を観察するとともに、捕獲された個体の近くに他の個体が潜んでいないかも確認しましょう。 止めさしの種類 止め刺しの種類としては、大きく分けて4つあります。 銃器を使用する方法 最も威力が大きい方法です。 基本的には一発弾のスラッグ弾を使用します。 威力の高いプレチャージ式の空気銃が使用されることもあります。 使用する銃器に応じて、「第一種銃猟」または「第二種銃猟」の免許と、「銃所持」の許可が必要です。 前提として、獣の脚や鼻などをワイヤーやロープでしっかりと保定しておく必要があります。 動き回る獣の止めをさすのは、相当難しく、危険です。 例えば、イノシシの場合、保定する道具には以下のようなものがあります。 鼻くくり イノシシの牙によるしゃくり上げを封じるための道具で、最も一般的な保定具です。 イノシシの鼻や首、足に掛けることで、イノシシの動きを制限することができます。 くくり罠にかかったイノシシの動きをさらに制限する際に用います。 棒を突き出した瞬間にロープを引き絞るように操作します。 ロープ・足錠 足を固定して、獣の動きを完全に封じます。 チョン掛け くくりわなのバネやワイヤーに引っ掛け、イノシシが自由に動ける範囲を制限します。 以下の動画では、鼻くくりやロープでイノシシを保定し、動きを封じています。 シカを刃物で止めを刺す場合は、首に刃を入れて頸動脈を切るようにします。 開口部をなるべく小さくして、食道まで切ってしまわないように注意しましょう。 イノシシを刃物で止めを刺す場合は、喉元や心臓などに刺しましょう。 箱罠の場合は、刺した後に獣が暴れて柄が折れたりする場合があるので、すぐに抜くよう心がけましょう。 なお、止め刺しに使う刃物については、軽犯罪法第 1 条第 2 号により「正当な理由がなく携帯すること」は禁止されているため、捕獲時以外は携帯しないよう注意が必要です。 電流で感電させる方法 自動車やバイクに使われるような小型バッテリーを用いて、捕獲獣に電極を接触させて電気を流す方法です。 捕獲獣の動きがある程度制限されている状態でないと実施できない方法なので、獣の可動域が広い場合は、保定具等を使って脚や鼻などをしっかりと保定しておく必要があります。 基本的には、片方の電極を顔や首などの上半身に、もう片方の電極を臀部やモモなどの下半身に接触させ、心臓に電気を流します。 この際、脂肪が少ない部位を狙います。 金属でできた箱罠の場合、罠自体をアースにして通電する場合もあります。 電気の性質や装置の構造に関する基本的な知識があることが前提で、漏電や感電に十分注意する必要があります。 電圧が高いほど、事故が発生する確率が高くなりますので、過剰に昇圧することは避けましょう。 事故を避けるため、使用時には、ゴム手袋やゴム長靴など、電気を通さない装備をすること、川の中や降雨時の使用を避けることを留意しておきましょう。 炭酸ガスなどを用いた化学的な処理 箱罠で捕獲した際に、罠ごと専用の箱に入れて、箱に炭酸ガスを注入し、箱内に充填させ、殺処分する方法です。 ガスによる処理は、シカやイノシシのようにある程度体のサイズが大きい獣においては、装置自体が大掛かりになるため適していませんが、アライグマなどの小型獣に対しては有効な方法であり、広く用いられています(安楽死のための規定基準に従って実施する必要があります)。 まとめ 安全かつ迅速に処理を行うためには、状況に応じて様々な止め刺し方法を用意しておくことです。 罠を設置する際に様々なケースを想定しておき、対処方法を予め用意しておきましょう。 ターゲット以外の獣がかかった場合は、放獣することも考えなければなりませんし、たくさんの罠に一度にかかる場合の対処方法も考慮しておく必要があります。 銃による処置が自身で行えない場合は、銃猟師と事前に連絡をとっておきましょう。 あらかじめ、かかる労力や時間、費用などよくシミュレーションしておきましょう。 関連する記事• 2018. 09 イノシシによる農作物被害は、年間約50億円ほどに達しています。 イノシシは繁殖力が高く、統計手法を用いた環境省による野生鳥獣の個体数推定結果によると、イ[…]• 2017. 15 日本人とイノシシの関係は、稲作よりも古いものであり、農耕が広がるにつれてイノシシ被害も増えていきました。 猪垣などにもみられるように、日本人は古くからイ[…]• 2018. 29 野生鳥獣による農作物被害のうち、イノシシ・シカに次いで被害金額が多いのが、サルによる被害です。 その被害金額は、近年では年間約10億円程度、母数としては[…].

次の