世田谷区岡本 芸能人。 世田谷区の高級住宅街はどこ?高級住宅街ランキングも!

世田谷区にある芸能人の自宅・家まとめ総特集!目撃、数億円大豪邸!~等々力・成城・深沢~

世田谷区岡本 芸能人

(等々力渓谷) 世田谷区は、の南西部に位置し、東京特別区の中ではからは遠い場所にあり、では、では、の、と同じ都心15km圏である。 と接する南側にはが流れ、多摩川が概ね都県境を構成する。 都心から放射状にが通り、鉄道間の連絡や各駅と住宅地を結ぶように路線が走る。 などと接する区北部は道路網が狭隘で非常に入り組み、交通網の発達が十分とはいえない地域となっている。 貧弱な道路網の一因には、農地から宅地を造る際、を基礎としていることも理由に挙げられる。 までは東京特別区で最大の面積であった。 用地の拡大(埋め立て)などにより、現在の最大面積はである。 地形的には大部分がの内、南部(多摩川の段丘上)に位置し、地形の起伏が多い。 南部は多摩川に沿い、区内他地域と比べて全体的にが低い。 多摩川の段丘の斜面の連なりを「」と言い、区ではその一帯を「みどりの生命線」と呼ぶ。 区は、、、(きぬた)、(からすやま)の5つの地域に分けられている。 各地域に行政機構の一部として総合支所が置かれる。 からにかけて(通称玉川通り)が東西を横断、都道のが南北に縦断。 これら主要道路の内側を網の目のようにバス路線が設定されている。 段差の少ないを多く導入するなど、公共交通の確保と高齢化対策を図っている。 (上3桁)は154・155・156・157・158。 主な祭事、催事 [ ]• :毎年・、・の2回開催されるの風物詩。 400年前の楽市を起源とし歴史は長く、現在では区最大のフリーマーケット・イベントになっている。 5地域 [ ] 世田谷区は、下記の5地域に分けられる。 各地域は独特の歴史と特性を有する。 地域といっても世田谷地域、玉川地域などは、面積、人口で中野区、渋谷区レベルの大きさがある。 区内の町丁数は277で、これは東京23区の中で最も多い。 (典拠:東京都総務局統計部人口統計課 編集・発行「住民基本台帳による東京都の世帯と人口」平成22年1月分、平成22年3月発行、p. 22) 三軒茶屋や国道246号・世田谷通り、沿線、区役所周辺を中心にした商業的な色合いが強い地域。 のは都道427号はじめ比較的狭隘である。 の世田谷区成立前には、おおむね世田ヶ谷町および駒沢町であった地域である。 (一〜三丁目・四丁目1番〜32番) - - - (一丁目・二丁目に限る) - - - - - - - - - - - 下北沢駅周辺を除き、静かな住宅地の色合いが濃いものの、道路網が脆弱な地域。 おおむね旧:荏原郡下北沢村、代田村および松沢村に当たる。 池尻(四丁目33番〜39番のみ) - - - - - - - - - - 深沢、玉川田園調布、尾山台、等々力、上野毛、玉川等がある。 幹線道路から街区1つ入ると閑静な住宅地が広がる。 深沢、上野毛、等々力など住宅街の色合いが濃い。 国分寺崖線にはがある。 おおむね、世田谷区成立前の旧:荏原郡玉川村に当たる。 - - - - 駒沢(三丁目〜五丁目に限る) - - - - - - - - - - - - - - 地形の起伏が多く、国分寺崖線には多くの緑が残る。 砧公園や多摩川河川敷をはじめとする多くの公園が存在する。 などの農地が残る。 1932年の世田谷区成立時点では砧村であり、に千歳村とともに世田谷区に編入された。 - - - - - - - - - - 区の北部に位置し、商業地・住宅地が半々の地域。 烏山等に武蔵野の面影を残す緑の多い地域があるほか、祖師谷付近では狭隘な道が入り組んだ住宅地となっている。 烏山には寺町が形成されている。 概ね旧:北多摩郡千歳村に当たり、砧地域と同じくに世田谷区に編入された地域である。 - - - - - - 商業地 [ ] 国道246号(通称玉川通り)・・が合流する周辺、・の乗換駅の周辺、の周辺、との乗換駅の南口側周辺、大井町線との乗換駅の周辺がそれぞれ区内の商業地として求心力を持つ。 住宅地 [ ] 当区区域は、に属し、農村地域であった。 しかし農地や空き地が多かったこの地域に、上京者等がよく移り住み、現在では都内有数の住宅密集地域となっている。 江戸時代は御府内(の市域・)には含まれず、明治・大正時代の旧15区にも含まれない地域であった。 そのため、東京市街の中間や等にとって世田谷南部の玉川や等々力渓谷は景勝地、行楽地であった。 松方別邸のように、別邸を設ける地域などとしても人気があった。 による神社仏閣や被災者難民の疎開地として下町から多くの人が流入して住み着き、現在にあってもやをより困難なものとしている。 東京郊外という立地から当時多くの私立学校・大学などが移設・開設され、現在においても絶え間なく上京する学生や若者たちを多く受け入れている。 区内には、開発の実験地に選ばれたほど、区画整理されずに細かく細い道が続く住宅街がある。 一方、や東京信託会社などによる早期の沿線開発により一区画100m 2内外を一軒とした大規模な住宅街区も点在する。 公園・緑地 [ ] 大規模な都市公園以外に、区域内を流れる主要河川を暗渠化した後に緑道や親水公園にした、一般にビオトープと呼ばれるものを合わせると、区内に455箇所の公園施設がある。 在外公館 [ ] 大使館 [ ]• 共和国大使館• 共和国大使館• 共和国大使館 名誉総領事館 [ ]• 在東京共和国名誉総領事館• 在東京共和国名誉総領事館 ナンバープレート [ ] 世田谷区は本庁舎の管轄エリアで、かつては「品川」ナンバーが交付されていたが、以降はである「世田谷」ナンバーが交付される。 CATVエリア [ ] 世田谷区のケーブルテレビエリアは、鉄道沿線により3局に分かれている。 ケーブルテレビ局 町名(五十音順) 備考 一〜三丁目 四〜五丁目 一〜五丁目 六丁目 一〜二丁目 三〜四丁目 五〜七丁目 一〜四丁目 五丁目 ケーブル敷設外 一〜二丁目 三丁目 一丁目 二〜五丁目 一〜五丁目 六丁目 気候 [ ] 23区としては珍しくの特徴を持つ。 特に冬はと比べて最低気温が低くなることが多く、は珍しくない。 冬場はに近い気候である。 しかし夏場は内陸側にしては涼しく、最高気温もと同じかそれを下回ることが多い。 世田谷アメダスでは降水量のみが観測されている。 降水量は他の都内のアメダスと比べ多めである。 世田谷 1981-2010 の気候 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 年 mm inch 54. 3 2. 138 61. 8 2. 433 124. 8 4. 913 130. 8 5. 15 139. 8 5. 504 164. 0 6. 457 162. 5 6. 398 192. 9 7. 594 225. 1 8. 862 200. 6 7. 898 98. 6 3. 882 53. 3 2. 098 1,608. 4 63. 323 出典:• :、、、、、、、、、、(丑川)、(旧六郷用水〔旧次太夫堀〕) 人口 [ ] 世田谷区(に相当する地域)の人口の変遷を以下に示す。 現・世田谷区の範囲(旧・・・・、・の範囲)における国調人口は、(9年)には39,952人と、現・に当てはめると16位相当に過ぎなかったが人口増加とともに順位も上がり、戦後は(昭和30年)から(昭和40年)の期間(23区中2位)以外は23区中1位となり、特に期に人口が著増した。 しかし、高度経済成長末期になると人口増加が鈍化し始め、(45年)以降は80万人前後で横這いになった。 特に、地価が高騰した期には人口減少に見舞われた。 世田谷区のは、(昭和7年)の発足時には133,249人(北多摩郡の砧・千歳両村未編入)であり、中で最少であった。 (平成27年)に初めて90万人を突破。 2020年6月1日現在、東京23区中で最多の944,841人である。 なお、の際の市町村合併支援プランに基くは総て当区の人口より少ないが、これら以外の13は総て移行時も現在も当区より人口が多い(参照)。 (平成17年)の夜間人口は820,320人、は736,040人であり、昼夜比は0. 897倍と昼間に約1割減少する型の日内変動がある。 全国と比べた年齢別の人口比率では、大学生辺りの年齢から40歳代半ばまでの比率が大きいが、未成年、および、40歳代半ばから80歳くらいまでの比率が小さい。 将来推計人口の予測ではに人口100万人を超え、その後も増加を続けると予測されている。 世田谷区と全国の年齢別人口分布(2005年) 世田谷区の年齢・男女別人口分布(2005年) 町名 町名の読み 町区域新設年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施前の町名等 備考 せたがや 1966年2月15日 1966年2月15日 世田谷1、弦巻町1、弦巻町2の各一部 1966年2月15日 1966年2月15日 世田谷1、世田谷4、弦巻町2の各一部 1966年2月15日 1966年2月15日 世田谷1の一部 1966年2月15日 1966年2月15日 世田谷1、若林町の各一部 さくら 1966年2月15日 1966年2月15日 世田谷4、世田谷3の各一部 1966年2月15日 1966年2月15日 世田谷4の一部 1966年2月15日 1966年2月15日 世田谷4、世田谷1の各一部 つるまき 1966年10月1日 1966年10月1日 弦巻町1、弦巻町2、上馬町2の各一部 1966年10月1日 1966年10月1日 弦巻町1、弦巻町2、上馬町3の各一部 1966年10月1日 1966年10月1日 弦巻町2、弦巻町3の各一部 1966年10月1日 1966年10月1日 弦巻町2、弦巻町3の各一部 1966年10月1日 1966年10月1日 世田谷4の全部と弦巻町2、弦巻町3、世田谷1、新町3の各一部 町名 町名の読み 町区域新設年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施前の町名等 備考 みやさか 1966年2月15日 1966年2月15日 世田谷3の一部 1966年2月15日 1966年2月15日 世田谷3の一部 1966年2月15日 1966年2月15日 世田谷3、赤堤町1、上北沢町1の各一部 さくらがおか 1966年2月15日 1966年2月15日 世田谷5、世田谷4の各一部 1966年2月15日 1966年2月15日 世田谷5、経堂町の各一部 1966年2月15日 1966年2月15日 世田谷5の一部 1966年2月15日 1966年2月15日 世田谷5、砧町の各一部 1967年6月1日 世田谷5の一部 1968年3月15日 1968年3月15日 世田谷5、船橋町、砧町の各一部 きょうどう 1967年6月1日 1967年6月1日 経堂町、世田谷3の各一部 1967年6月1日 1967年6月1日 経堂町、世田谷3の各一部 1967年6月1日 1967年6月1日 経堂町の一部 1967年6月1日 1967年6月1日 経堂町、世田谷5の各一部 1967年6月1日 1967年6月1日 経堂町、世田谷3の各一部 町名 町名の読み 町区域新設年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施前の町名等 備考 しもうま 1968年7月15日 1968年7月15日 下馬町1の一部 1968年7月15日 1968年7月15日 下馬町1、池尻町、三宿町、三軒茶屋町、上馬町1の各一部 1968年7月15日 1968年7月15日 下馬町3、上馬町1の各一部 1968年7月15日 1968年7月15日 下馬町3の一部 1968年7月15日 1968年7月15日 下馬町2、下馬町3の各一部 1968年7月15日 1968年7月15日 下馬町2、下馬町3の各一部 のざわ 1967年2月1日 1967年2月1日 野沢町1、上馬町1の各一部 1967年2月1日 1967年2月1日 野沢町1、野沢町2、下馬町3の各一部 1967年2月1日 1967年2月1日 野沢町2の一部 1967年2月1日 1967年2月1日 野沢町1の一部 町名 町名の読み 町区域新設年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施前の町名等 備考 だいた 1964年9月15日 1964年9月15日 代田1の一部 1964年9月15日 1964年9月15日 代田1、代田2の各一部 1964年9月15日 1964年9月15日 代田1、代田2の各一部 うめがおか 1966年2月15日 1966年2月15日 世田谷2の一部 1966年2月15日 1966年2月15日 世田谷2、世田谷1、若林町の各一部 1968年7月15日 1968年7月15日 世田谷2、若林町の各一部 ごうとくじ 1966年2月15日 1966年2月15日 世田谷2、世田谷3、赤堤町1の各一部 1966年2月15日 1966年2月15日 世田谷2、世田谷1の各一部 町名 町名の読み 町区域新設年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施前の町名等 備考 はねぎ 1964年11月1日 1964年11月1日 羽根木町、大原町、代田2、松原町4の各一部 1964年11月1日 1964年11月1日 羽根木町、松原町4の各一部 おおはら 1964年11月1日 1964年11月1日 大原町、羽根木町の各一部 1964年11月1日 1964年11月1日 大原町、松原町1の各一部 だいた 1964年9月15日 1964年9月15日 代田1、代田2、松原町4の各一部 1964年9月15日 1964年9月15日 代田2の一部 1964年9月15日 1964年9月15日 代田2の一部 町名 町名の読み 町区域新設年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施前の町名等 備考 あかつつみ 1965年4月1日 1965年4月1日 赤堤町1、世田谷2、世田谷3の各一部 1965年4月1日 1965年4月1日 松原町4の全部と赤堤町1、松原町3の各一部 1965年4月1日 1965年4月1日 赤堤町1、赤堤町2、上北沢町1の各一部 1965年4月1日 1965年4月1日 赤堤町2、松原町3の各一部 1965年4月1日 1965年4月1日 赤堤町2、上北沢町1の各一部 さくらじょうすい 1966年10月1日 1966年10月1日 世田谷3の全部及び上北沢町1の一部 1966年10月1日 1966年10月1日 上北沢町1、上北沢町2の各一部 1966年10月1日 1966年10月1日 上北沢町1の一部 1966年10月1日 1966年10月1日 赤堤町2の全部と上北沢町1、上北沢町2の各一部 1966年10月1日 1966年10月1日 上北沢町2の一部 町名 町名の読み 町区域新設年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施前の町名等 備考 おくさわ 1970年3月1日 1970年3月1日 玉川奥沢町2、玉川田園調布2の各一部 1970年3月1日 1970年3月1日 玉川奥沢町2、玉川田園調布2の各一部 1970年3月1日 1970年3月1日 玉川奥沢町3の一部 1970年3月1日 1970年3月1日 玉川奥沢町3、玉川等々力町3の各一部 1970年3月1日 1970年3月1日 玉川奥沢町3の一部 たまがわでんえんちょうふ 1970年3月1日 1970年3月1日 玉川田園調布1、玉川田園調布2、玉川尾山町の各一部 1970年3月1日 1970年3月1日 玉川田園調布2、玉川奥沢町2、玉川奥沢町3の各一部 町名 町名の読み 町区域新設年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施前の町名等 備考 たまづつみ 1968年3月15日 1968年3月15日 玉川等々力町1、玉川尾山町の各一部 1968年3月15日 1968年3月15日 玉川等々力町1の一部 1970年3月1日 玉川等々力町1の一部 とどろき 1970年3月1日 1970年3月1日 玉川等々力町1、玉川尾山町の各一部 1970年3月1日 1970年3月1日 玉川等々力町1、玉川等々力町2、玉川中町1の各一部 1970年3月1日 1970年3月1日 玉川等々力町2、玉川中町1の各一部 1970年3月1日 1970年3月1日 玉川等々力町2の一部 1970年3月1日 1970年3月1日 玉川等々力町2の一部 1970年3月1日 1970年3月1日 玉川等々力町3の一部 1970年3月1日 1970年3月1日 深沢町2の全部と玉川等々力町2、玉川等々力町3の各一部 1970年3月1日 1970年3月1日 玉川等々力町3、玉川中町1、玉川中町2の各一部 おやまだい 1970年3月1日 1970年3月1日 玉川田園調布1、玉川奥沢町3、玉川尾山町の各一部 1970年3月1日 1970年3月1日 玉川尾山町の一部 1970年3月1日 1970年3月1日 玉川奥沢町3、玉川等々力町1の各一部 町名 町名の読み 町区域新設年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施前の町名等 備考 かみのげ 1969年2月1日 1969年2月1日 玉川上野毛町、玉川野毛町、玉川中町1、玉川中町2の各一部 1969年2月1日 1969年2月1日 玉川上野毛町、玉川野毛町、玉川町の各一部 1969年2月1日 1969年2月1日 玉川上野毛町、玉川町、玉川瀬田町の各一部 1969年2月1日 1969年2月1日 玉川上野毛町、玉川中町2、玉川瀬田町の各一部 のげ 1969年2月1日 1969年2月1日 玉川野毛町、玉川等々力町1の各一部 1969年2月1日 1969年2月1日 玉川野毛町の一部 1969年2月1日 1969年2月1日 玉川野毛町、玉川上野毛町の各一部 なかまち 1969年2月1日 1969年2月1日 玉川中町1、玉川野毛町の各一部 1969年2月1日 1969年2月1日 玉川中町1、玉川等々力町2の各一部 1969年2月1日 1969年2月1日 玉川中町2の一部 1969年2月1日 1969年2月1日 玉川中町2、玉川上野毛町の各一部 1969年2月1日 1969年2月1日 玉川中町2の一部 町名 町名の読み 町区域新設年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施前の町名等 備考 かみようが 1968年3月15日 1968年3月15日 玉川用賀町2の一部 1968年3月15日 1968年3月15日 玉川用賀町2、玉川用賀町3の各一部 1968年3月15日 1968年3月15日 玉川用賀町2、玉川用賀町3の各一部 1968年3月15日 1968年3月15日 玉川用賀町3の一部 1968年3月15日 1968年3月15日 玉川用賀町2、玉川用賀町3の各一部 1968年3月15日 1968年3月15日 世田谷5、玉川瀬田町、玉川用賀町3の各一部 ようが 1971年9月1日 1971年9月1日 玉川中町2の全部と玉川用賀町1、玉川上野毛町の各一部 1971年9月1日 1971年9月1日 玉川用賀町1の一部 1971年9月1日 1971年9月1日 玉川用賀町1、玉川用賀町2の各一部 1971年9月1日 1971年9月1日 玉川用賀町1、玉川用賀町2の各一部 たまがわだい 1971年9月1日 1971年9月1日 玉川瀬田町、玉川用賀町1の各一部 1971年9月1日 1971年9月1日 玉川瀬田町、玉川用賀町1、玉川用賀町2の各一部 町名 町名の読み 町区域新設年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施前の町名等 備考 たまがわ 1968年7月15日 1968年7月15日 玉川町の一部 1968年7月15日 1968年7月15日 玉川町の一部 1968年7月15日 1968年7月15日 玉川町、鎌田町の各一部 1968年7月15日 1968年7月15日 玉川町、玉川瀬田町、大蔵町、鎌田町、岡本町の各一部 せた 1971年9月1日 1971年9月1日 玉川瀬田町の一部 1971年9月1日 1971年9月1日 玉川瀬田町の一部 1971年9月1日 1971年9月1日 玉川瀬田町、玉川上野毛町、玉川用賀町1の各一部 1971年9月1日 1971年9月1日 玉川瀬田町、岡本町の各一部 1971年9月1日 1971年9月1日 玉川瀬田町、岡本町の各一部 町名 町名の読み 町区域新設年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施前の町名等 備考 こまざわ 1967年11月1日 1967年11月1日 弦巻町1の全部と上馬町3、新町1の各一部 1967年11月1日 1967年11月1日 新町1の一部 1967年11月1日 1967年11月1日 深沢町1、深沢町2の各一部 こまざわこうえん 1967年11月1日 1967年11月1日 上馬町3、深沢町1、深沢町2、新町1の各一部 しんまち 1967年11月1日 1967年11月1日 深沢町3、深沢町4、新町2の各一部 1967年11月1日 1967年11月1日 深沢町4、新町1、新町2の各一部 1967年11月1日 1967年11月1日 新町2の一部 さくらしんまち 1968年3月15日 1968年3月15日 深沢町4、新町2、新町3の各一部 1968年3月15日 1968年3月15日 弦巻町3の全部と新町2、新町3の各一部 ふかさわ 1968年3月15日 1968年3月15日 深沢町1、玉川等々力町3の各一部 1968年3月15日 1968年3月15日 深沢町1の一部 1968年3月15日 1968年3月15日 深沢町2、玉川等々力町3の各一部 1968年3月15日 1968年3月15日 深沢町2の一部 1968年3月15日 1968年3月15日 深沢町3、玉川等々力町3、玉川中町2の各一部 1968年3月15日 1968年3月15日 深沢町3の一部 1968年3月15日 1968年3月15日 深沢町3、深沢町4、玉川中町2の各一部 1968年3月15日 1968年3月15日 深沢町4の一部 町名 町名の読み 町区域新設年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施前の町名等 備考 せいじょう 1970年3月1日 1970年3月1日 成城町、砧町、喜多見町、大蔵町の各一部 1970年3月1日 1970年3月1日 成城町、砧町の各一部 1970年3月1日 1970年3月1日 成城町、喜多見町の各一部 1970年3月1日 1970年3月1日 成城町、喜多見町の各一部 1970年3月1日 1970年3月1日 成城町の一部 1970年3月1日 1970年3月1日 成城町、祖師谷2の各一部 1970年3月1日 1970年3月1日 成城町、祖師谷2の各一部 1970年3月1日 1970年3月1日 成城町、祖師谷2の各一部 1970年3月1日 1970年3月1日 成城町、祖師谷1、祖師谷2の各一部 町名 町名の読み 町区域新設年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施前の町名等 備考 そしがや 1971年9月1日 1971年9月1日 祖師谷2、砧町の各一部 1971年9月1日 1971年9月1日 祖師谷2の一部 1971年9月1日 1971年9月1日 成城町の全部と祖師谷2、砧町の各一部 1971年9月1日 1971年9月1日 祖師谷2の一部 1971年9月1日 1971年9月1日 祖師谷2の一部 1971年9月1日 1971年9月1日 祖師谷1の全部と祖師谷2の一部 ちとせだい 1971年9月1日 1971年9月1日 世田谷5の全部と廻沢町、祖師谷2、船橋町、砧町の各一部 1971年9月1日 1971年9月1日 廻沢町、祖師谷2の各一部 町名 町名の読み 町区域新設年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施前の町名等 備考 ちとせだい 1971年9月1日 1971年9月1日 廻沢町、船橋町の各一部 1971年9月1日 1971年9月1日 廻沢町、船橋町の各一部 1971年9月1日 1971年9月1日 廻沢町の一部 1971年9月1日 1971年9月1日 粕谷町の全部と廻沢町の一部 ふなばし 1969年2月1日 1969年2月1日 船橋町、経堂町、世田谷5の各一部 1969年2月1日 1969年2月1日 船橋町、廻沢町の各一部 1969年2月1日 1969年2月1日 船橋町の一部 1969年2月1日 1969年2月1日 船橋町、廻沢町の各一部 1969年2月1日 1969年2月1日 船橋町、八幡山町の各一部 1969年2月1日 1969年2月1日 船橋町、八幡山町の各一部 1969年2月1日 1969年2月1日 船橋町、廻沢町の各一部 町名 町名の読み 町区域新設年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施前の町名等 備考 きたみ 1971年5月1日 1971年5月1日 喜多見町、宇奈根町の各一部 1971年5月1日 1971年5月1日 喜多見町の一部 1971年5月1日 1971年5月1日 喜多見町、宇奈根町、鎌田町の各一部 1971年5月1日 1971年5月1日 喜多見町の一部 1971年5月1日 1971年5月1日 喜多見町の一部 1971年5月1日 1971年5月1日 喜多見町、大蔵町の各一部 1971年5月1日 1971年5月1日 喜多見町の一部 1971年5月1日 1971年5月1日 喜多見町の一部 1971年5月1日 1971年5月1日 喜多見町の一部 うなね 1971年5月1日 1971年5月1日 宇奈根町、鎌田町の各一部 1971年5月1日 1971年5月1日 宇奈根町、喜多見町の各一部 1971年5月1日 1971年5月1日 宇奈根町、鎌田町の各一部 かまた 1971年5月1日 1971年5月1日 鎌田町の一部 1971年5月1日 1971年5月1日 鎌田町の一部 1971年5月1日 1971年5月1日 鎌田町、岡本町の各一部 1971年5月1日 1971年5月1日 鎌田町、岡本町の各一部 町名 町名の読み 町区域新設年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施前の町名等 備考 おかもと 1968年10月1日 1968年10月1日 岡本町、玉川瀬田町の各一部 1968年10月1日 1968年10月1日 岡本町、鎌田町の各一部 1968年10月1日 1968年10月1日 岡本町、大蔵町の各一部 おおくら 1971年5月1日 1971年5月1日 大蔵町、玉川瀬田町、玉川用賀町3の各一部 1971年5月1日 1971年5月1日 大蔵町の一部 1971年5月1日 1971年5月1日 大蔵町の一部 1971年5月1日 1971年5月1日 大蔵町、岡本町の各一部 1971年5月1日 1971年5月1日 大蔵町、喜多見町、鎌田町の各一部 1971年5月1日 1971年5月1日 大蔵町、鎌田町、岡本町の各一部 きぬた 1971年5月1日 1971年5月1日 砧町、世田谷5の各一部 1971年5月1日 1971年5月1日 砧町、世田谷5の各一部 1971年5月1日 1971年5月1日 砧町の一部 1971年5月1日 1971年5月1日 砧町の一部 1971年5月1日 1971年5月1日 砧町の一部 1971年5月1日 1971年5月1日 砧町の一部 1971年5月1日 1971年5月1日 砧町、大蔵町の各一部 1971年5月1日 1971年5月1日 砧町の一部 きぬたこうえん 1971年5月1日 1971年5月1日 玉川瀬田町、玉川用賀町2、玉川用賀町3、大蔵町、岡本町の各一部 町名 町名の読み 町区域新設年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施前の町名等 備考 かみきたざわ 1966年10月1日 1966年10月1日 上北沢町2の一部 1966年10月1日 1966年10月1日 上北沢町2、上北沢町3の各一部 1966年10月1日 1966年10月1日 上北沢町3の一部 1966年10月1日 1966年10月1日 上北沢町2、上北沢町3の各一部 1966年10月1日 1966年10月1日 上北沢町3の一部 はちまんやま 1969年2月1日 1969年2月1日 八幡山町、船橋町の各一部 1969年2月1日 1969年2月1日 八幡山町、船橋町、粕谷町の各一部 1970年3月1日 1970年3月1日 八幡山町の全部と粕谷町、烏山町の各一部 町名 町名の読み 町区域新設年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施前の町名等 備考 かみそしがや 1970年9月1日 1970年9月1日 祖師谷1、給田町、烏山町の各一部 1970年9月1日 1970年9月1日 祖師谷1の一部 1970年9月1日 1970年9月1日 祖師谷1、祖師谷2の各一部 1970年9月1日 1970年9月1日 祖師谷1、祖師谷2の各一部 1970年9月1日 1970年9月1日 祖師谷1の一部 1970年9月1日 1970年9月1日 祖師谷1の一部 1970年9月1日 1970年9月1日 祖師谷1、給田町の各一部 かすや 1970年11月1日 1970年11月1日 粕谷町、船橋町、廻沢町の各一部 1970年11月1日 1970年11月1日 粕谷町、烏山町の各一部 1970年11月1日 1970年11月1日 粕谷町、祖師谷1、廻沢町の各一部 1970年11月1日 1970年11月1日 粕谷町、烏山町の各一部 町名 町名の読み 町区域新設年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施前の町名等 備考 きゅうでん 1970年9月1日 1970年9月1日 給田町、祖師谷1の各一部 1970年9月1日 1970年9月1日 給田町、祖師谷1の各一部 1970年9月1日 1970年9月1日 給田町の一部 1970年9月1日 1970年9月1日 給田町、烏山町の各一部 1970年9月1日 1970年9月1日 給田町の一部 みなみからすやま 1970年9月1日 1970年9月1日 烏山町の一部 1970年9月1日 1970年9月1日 烏山町の一部 1970年9月1日 1970年9月1日 烏山町の一部 1970年9月1日 1970年9月1日 烏山町の一部 1970年9月1日 1970年9月1日 烏山町の一部 1970年9月1日 1970年9月1日 烏山町、給田町の各一部 きたからすやま 1970年9月1日 1970年9月1日 烏山町の一部 1970年9月1日 1970年9月1日 烏山町の一部 1970年9月1日 1970年9月1日 烏山町の一部 1970年9月1日 1970年9月1日 烏山町の一部 1970年9月1日 1970年9月1日 烏山町の一部 1970年9月1日 1970年9月1日 烏山町の一部 1970年9月1日 1970年9月1日 烏山町の一部 1970年9月1日 1970年9月1日 烏山町の一部 1970年9月1日 1970年9月1日 烏山町の一部 行政区 [ ] 総合支所 [ ] 区内は行政上5つの地域に分けられ、各地域には総合支所が設置されている。 総合支所は、特別地方公共団体である「区」の行政機能の一部を分担し、「地域の区役所」的な機能を果たす。 世田谷総合支所 所在地:世田谷四丁目22番33号 区役所第3庁舎内 北沢総合支所 所在地:北沢二丁目8番18号 北沢タウンホール内 (北沢出張所を併設) 玉川総合支所 所在地:等々力三丁目4番1号 (等々力出張所を併設) 砧総合支所 所在地:成城六丁目2番1号 (成城出張所を併設) 烏山総合支所 所在地:南烏山六丁目22番14号 歴史 [ ] 近世以前• 当時の貝塚が多数存在する。 古墳時代以降、何らかの旧王朝・豪族の存在を疑われつつも、宅地開発が優先され歴史研究はほとんど行われていない。 野毛大塚古墳、稲荷塚古墳、第六天塚古墳、玉川台古墳群、浅間神社古墳、亀山古墳、等々力三号横穴、砧大塚古墳などが公園となっている。 他に世田谷区役所・の地下や砧中学校周辺、公園、宅地、商業地の地下など、数多の遺跡がある。 古来より にあり、当区区域は、に属していた。 近世 末期に両郡内に42の村々が存在し、御府内(江戸の市域・城下町)には含まれていない。 近・現代 明治・大正時代も旧東京市15区に含まれない地域であった。 昭和時代の世界恐慌後に荏原郡および北多摩郡から旧に編入された。 ができる。 世田谷区ができる。 が開通する。 区の鳥・花・木が決定される。 が整備される。 区の沿革• 廃藩置県により現世田谷区の範囲の内、中部・東部の村々は荏原郡に、西部の村々はに属す。 北多摩郡についてはおよびを参照• 施行に伴い現世田谷区の範囲の内、荏原郡の村々は合併して世田ヶ谷村(後の世田ヶ谷町)・駒沢村(後の駒沢町)・松沢村・玉川村に、北多摩郡の村々は合併して・千歳村になる。 三多摩(北多摩郡砧村・千歳村を含む)が神奈川県より東京府に編入される。 現世田谷区の範囲の内、荏原郡の町村は東京市に編入されて「世田谷区」になる。 発足当時の人口は、・・・133,249人を基準とする。 北多摩郡砧村・千歳村が東京市世田谷区に編入される。 により7月1日より東京都世田谷区。 としての世田谷区が従前と同一の区域をもって誕生。 新制中学校ができる。 観光商業スポット [ ]• :区南部の多摩川沿いに位置し、国内最初の型である玉川SCを中心に大小さまざまな店舗が集中している。 通称ニコタマ。 :商店街地区。 のの名残のままの路地が残っている一方で、近年ではキャロットタワーを中心に地域再開発が進んでいる。 通称サンチャ。 :周辺住宅地域からに至る道筋のを扱うから発生し、現在はファッション・雑貨・サブカルチャーを中心に発展している。 小劇場が集中している地域がある。 通称シモキタ。 産業・経済 [ ] 、に近いの東部や、に近いの周辺では、商業が盛んである。 西部の・では、農業が行われ、などを出荷している。 区内には世田谷目黒・東京中央の二つのが存在する。 主な事業所 [ ]• (東京本部、登記上の本店は)• 未上場• 所得 [ ] 世田谷区の平均世帯所得は時点で649万円となっている。 (693万円)や(673万円)に次ぐ水準となっている。 しかし、世田谷区は、2022年には、生産緑地法による指定が解除されるため、不動産価格の下落が避けられない。 固定資産税の問題が絡み高級住宅地も例外とはならない。 特に、過去に大手デベロッパーの主導で販売された物件は、本来の価値以上の値段で売り出されていた為、下落がはじまればハイスピードで価値が落ちていき、「今の半分まで不動産価格が下がる」という分析結果が出ている。 区政 [ ] 区長 [ ]• 区長: (3期目)• 任期:2019年(平成31年)4月27日から2023年(令和5年)4月26日まで 区長選挙 [ ] 2019年4月21日 最終投票率: 43. 税収は、年々減少しており、2019年度には53億円にのぼる税収が減少した。 税収減による行政サービスへの影響について、世田谷区は「税収の減少による行政サービスの低下は住民全体で受け入れなければならない。 」としている。 外国人差別禁止 [ ] 外国人差別に特化した「苦情処理委員会」を設置。 「苦情処理委員会」は、区長の諮問機関。 外国人差別に特化した相談を区民から受け付ける。 条例には「区長が必要に応じて適切な措置を講ずる」と定められた。 苦情は、区の業務として処理される。 条例制定後、世田谷区区役所内で「外国人差別を禁止した世田谷区の条例」を学ぶ勉強会が、開かれた。 世田谷区の区議が条例の趣旨や制定過程を解説。 勉強会には、川崎市をはじめ他自治体の市民や議員らが参加した。 教育 [ ] かつては教職員の異動区域は区内が2分割されていたが、現在は異動区域は統一されている。 2007年度、従来の教科の一つである「」に加え「日本語」という新教科を区内小中学校に導入している。 緑化 [ ] 23区の中で緑の多い区として知られるが、集合住宅の開発増加により、は1986年の59. から資金調達の対策としての「せたがや区民債」を発行している。 犯罪 [ ] 世田谷区は、平成26年に認知件数8508件を記録し、東京都内で最も犯罪認知件数が多い自治体となった。 区内で発生した大きな事件はを参照。 区内の犯罪発生件数は概ね減少傾向にあるが、とくに、、などの発生件数が多くなっている。 外郭団体・関連団体 [ ] 詳細は「」を参照• 定数:50名• 任期:(元年) - (令和5年)• 議長:和田ひでとし(自由民主党)• 副議長:高橋昭彦(公明党) 会派名 議席数 世田谷区議団 13 世田谷区議団 9 世田谷 8 無所属・世田谷行革110番・ 4 Setagayaあらた 4 世田谷区議団 3 世田谷区議団 3 減税せたがや 1 レインボー世田谷 1 世田谷無所属 1 1 1 無所属 1 計 50 都議会 [ ]• 定数:8名• 選挙区:世田谷区選挙区• 任期:2017年(平成29年)7月23日 - 2021年(令和3年)7月22日(「」参照) 議員名 会派名 当選回数 福島りえこ 1 木村もとなり 都民ファーストの会 1 栗林のり子 都議会公明党 3 里吉ゆみ 日本共産党東京都議会議員団 2 三宅茂樹 東京都議会自由民主党 6 山口拓 都議会立憲民主党・民主クラブ(無党籍) 3 小松大祐 東京都議会自由民主党 2 大場やすのぶ 東京都議会自由民主党 3 衆議院 [ ]• 任期:2017年(平成29年)10月22日 - 2021年(令和3年)10月21日(「」参照) 選挙区 議員名 党派名 当選回数 備考 (の一部、世田谷区の一部) 4 選挙区 4 比例復活 (世田谷区の一部) 立憲民主党 2 選挙区 自由民主党 4 比例復活 2013年の区割変更に伴い、世田谷区のとは6区から5区に移行した。 歴代区長 [ ]• 桜井 敏雄 (10月 - )• 岡野 民徳 (11月 - )• 加藤 清七 (10月 - )• 高田 賢次郎 (2月 - )• 入江 操 (9月 - )• 大倉 勝馬 (7月 - )• 河野 光星 (9月 - )• 富田 繁 (12月 - )• 田村 保 (4月 - )• 長島 壮行 (9月 - )• (9月 - )• (4月 - )• (4月 - )• (4月 - ) 姉妹都市・提携都市 [ ] 国内 [ ] () 群馬県の北部、の隣に位置しており、人口は4,051人(2003年現在)、面積は約85km 2、スキー場と温泉で有名な観光地である。 世田谷区とは1980年代初めから交流を続けており、1986年には村内に「世田谷区民健康村」が開村、すでに100万人を越える世田谷区民が宿泊するなど着実に成果を挙げている。 また、小学5年生の宿泊学習の場としても活用されている。 2002年には同村役場の研究会が世田谷区との合併について検討していることが新聞で報道され、大きな話題となった。 国外 [ ]• 市( )• ウィニペグ市議会議場にて姉妹都市提携調印• 区( )• 世田谷区議会議場にて姉妹都市提携調印• 市( )• 世田谷区議会議場にて姉妹都市提携調印 文化施設 [ ] 図書館 [ ] 世田谷区立中央図書館が入る世田谷区立教育センター(世田谷区・弦巻) 生涯教育の一環として1970年代から徒歩圏内に図書館を設置する方針を立てた。 その後の時代変化と行政コスト改革の一環で計画の統廃合が行われた。 中央図書館と地域図書館を合わせて16館、他に補完施設として「地域図書室」が5室、「図書館カウンター」が2か所ある。 2006年7月26日、小田急線経堂駅前の高架下に経堂図書館が開館し、世田谷区立図書館では初の長時間開館(9:00-21:30・による節電配慮により平日21:00まで短縮)。 また、これにより至近にあった「経堂まちかど図書室」は閉鎖された。 中央図書館の地下には保存庫があり、蔵書検索では中央図書館蔵書と保存庫蔵書は区別して表示される。 2011年1月より経堂・烏山図書館の通年開館がスタート、翌2012年6月より砧・尾山台図書館の通年開館がスタートした。 も開いている図書館を区内各地域ごとに1館設ける、という施策の下で中央図書館(昭和62年の開館当初より月曜開館)のほか、世田谷図書館・代田図書館・尾山台図書館・砧図書館・烏山図書館の計6館が開いている。 2012年12月3日、喜多見まちかど図書室が開館。 「世田谷区立図書館ビジョン第2期行動計画」に基づき、まちかど図書室初のコンピュータネットワークを導入。 そのため他のまちかど図書室と開館時間や利用点数が異なっている。 2015年4月22日、二子玉川ライズ・ショッピングセンターテラスマーケット2階に、窓口機能に特化した「図書館カウンター二子玉川」を開設。 区立図書館ホームページなどから予約した資料の貸出・返却、利用登録、簡易なレファレンスサービスを行っている。 また、区内障害者施設で作った「はっぴいハンドメイド」製品の販売や、デシタルサイネージを使って世田谷区の様々な情報を発信している。 同年10月16日には、キャロットタワー隣にも「図書館カウンター三軒茶屋」を開設している。 2016年4月1日、「まちかど図書室」(池尻、松沢、希望丘、喜多見)が「図書室」と名称変更された。 2016年9月1日、世田谷図書館が移転(1階)に移転開館した。 中央図書館 - 桜丘図書館 - 下馬図書館 - 世田谷図書館 - 梅丘図書館 - 代田図書館 - 奥沢図書館 - 尾山台図書館 - 玉川台図書館 - 深沢図書館 - 鎌田図書館 - 砧図書館 - 粕谷図書館 - 上北沢図書館 - 烏山図書館 - 経堂図書館• 池尻図書室 - 松沢図書室 - 希望丘図書室 - 野毛図書室 - 喜多見図書室• 図書館カウンター二子玉川 - 図書館カウンター三軒茶屋 スポーツ施設 [ ]• 世田谷区総合運動場• 世田谷区千歳温水プール 主な公園 [ ]• :旧・砧ゴルフ場で、園内に世田谷美術館を備える東京都立の自然公園。 運動施設区域と、家族向けの芝生や樹林で構成されたファミリーパーク区域がある。 :竣工当時、区最大の蔵書数であった区立梅丘図書館に隣接する小高い丘全体を公園にしている。 図書館設立時に地名に因んで植樹された700本の梅の木から梅の公園として知られている。 また、可能な限り子どもたちが自由に遊べる場を目指した発祥の地である。 :スポーツ施設として屋外プール・テニスコート・野球場・洋弓場などを備え、低学年児童を対象とした野外教育用の焚き火ゾーンを備えたプレーパークがある。 交通遊園には実大のが設置してあり、1周300mを周回するミニSLがある。 :現在の日本中央競馬会 JRA の前身である帝国競馬協会が5万坪の用地を取得して開いた60年以上の歴史をもつ馬事普及の拠点。 東京オリンピックで競技の会場となった。 から5日にホースショー、秋分の日にを行う他、週末には馬術競技会が開催される。 :建設当時、世界一横幅のある階段として話題になった。 五重塔をイメージしたオリンピック記念塔(通称:管制塔)と都営の・・体育館など、各種運動施設がある。 はシーズン途中からまでの本拠球場として使われた。 学校 [ ] 大学・短期大学 [ ]• 世田谷区立三宿小学校• 世田谷区立太子堂小学校• 世田谷区立桜小学校• 世田谷区立松丘小学校• 世田谷区立桜丘小学校• 世田谷区立多聞小学校• 世田谷区立世田谷小学校• 世田谷区立松沢小学校• 世田谷区立駒沢小学校• 世田谷区立旭小学校• 世田谷区立中里小学校• 世田谷区立上北沢小学校• 世田谷区立駒繋小学校• 世田谷区立池之上小学校• 世田谷区立経堂小学校• 世田谷区立弦巻小学校• 世田谷区立中丸小学校• 世田谷区立代田小学校• 世田谷区立三軒茶屋小学校• 世田谷区立松丘小学校• 世田谷区立池尻小学校• 世田谷区立笹原小学校• 世田谷区立城山小学校• 世田谷区立深沢小学校• 世田谷区立二子玉川小学校• 世田谷区立奥沢小学校• 世田谷区立東玉川小学校• 世田谷区立桜町小学校• 世田谷区立九品仏小学校• 世田谷区立瀬田小学校• 世田谷区立中町小学校• 世田谷区立烏山小学校• 世田谷区立塚戸小学校• 世田谷区立砧小学校• 世田谷区立明正小学校• 世田谷区立烏山北小学校• 世田谷区立八幡山小学校• 世田谷区立船橋小学校• 世田谷区立砧南小学校• 世田谷区立喜多見小学校• 世田谷区立希望丘小学校• 世田谷区立千歳台小学校 国立• その他の学校 [ ]• 東京都立光明養護学校そよ風分教室• 東京都立青鳥養護学校• 東京都立青鳥養護学校梅ヶ丘分教室• 東京都立青鳥養護学校久我山分校• 東京都立久我山盲学校• (日本におけるの学校)• 昭和校() 国の機関 [ ]• (池尻に所在)• 電子装備研究所• 防衛装備庁先進技術推進センター• (上用賀に所在)• 用賀支処 警察 (警視庁) [ ] 世田谷区には4つのが存在し、いずれも管内に属する。 (三軒茶屋二丁目4-4)• (松原六丁目4-14)• (中町二丁目9-22)• (千歳台三丁目19-1) 消防(東京消防庁) [ ]• (三軒茶屋二丁目33-21)・1• 北沢出張所(北沢二丁目3-1)救急隊無• 宮の坂出張所(宮坂二丁目15-3)救急隊1• 松原出張所(松原六丁目26-21)・救急隊1• 三宿出張所(三宿一丁目14-5)消防活動二輪部隊・救急隊1• 上北沢出張所(上北沢一丁目14-2)救急隊1• (中町三丁目1-19)救急隊1• 奥沢出張所(奥沢三丁目29-3)救急隊1• 用賀出張所(玉川台一丁目13-10)救急隊1• 新町出張所(新町一丁目22-11)特別消火中隊・救急隊1• (成城一丁目21-14)救急隊1• 千歳出張所(千歳台四丁目29-9)救急隊1• 烏山出張所(南烏山六丁目14-12)特別消火中隊・救急隊1 主な医療機関 [ ]• :に世界初の小児専門の総合医療を目的として開院したが統廃合を経て、新たに分野開拓して生まれた成育医療の観点から、にハード・ソフト両面のモデルとして国立成育医療センター・同研究所の名称で開院した小児総合医療機関。 2010年4月1日、化により改称。 :上野公園に設立された東京府癲狂院が起源。 、に移転したことにより東京府松沢病院となる。 現在の名称となる。 設立当初から日本の精神科医療の中心となり、大きな役割を果してきた。。 :、、およびの共同施設として設立。 自衛隊関係者以外も受診することができる。 郵便 [ ] 区内の郵便物の集配は区内にある4つので行っている。 - 〒154(北沢、代田、代沢は 〒155)の区域を担当。 三軒茶屋に所在。 - 〒156の区域を担当。 経堂に所在。 - 〒157の区域を担当。 成城に所在。 - 〒158の区域を担当。 等々力に所在。 無集配郵便局• 世田谷深沢郵便局• 世田谷深沢一郵便局• 尾山台駅前郵便局• 世田谷等々力郵便局• 世田谷奥沢郵便局• 世田谷奥沢一郵便局• 世田谷九品仏郵便局• 東玉川郵便局• 世田谷中町郵便局• 世田谷野毛郵便局• 世田谷上野毛郵便局• 二子玉川郵便局• 世田谷瀬田郵便局• 世田谷用賀郵便局• 用賀駅前郵便局 (廃止された郵便局) 世田谷羽根木郵便局は、2016年3月18日をもって廃止され、東松原駅前郵便局に引き継がれるようになった。 電話 [ ] 市外局番は全域が「03」であり、これはの他の全区や、の大部分、との各一部とも共通である。 世田谷区内には世田谷局、弦巻局、松沢ビル2局、上北沢局、東京烏山局、成城局、砧局、東京瀬田局、東京玉川局のNTT交換局があり、区内をカバーするほか、世田谷区内の一部では区外(隣接地域)にある交換局となっている代々木局、目黒本館局、自由ケ丘局、田園調布局、狛江局、雪ケ谷局がカバーする。 世田谷区内の多くの交換局に窓口が設けられていたが、窓口が三軒茶屋に集約されてから廃止された。 交通 [ ] 道路 [ ] 幹線道路として、東西に、が、南北に、が走っている。 上記4路線の幹線道路が通っているものの、それを補完する幅員15mクラスの都市計画道路や各種生活道路の整備が近隣の他区に比べて遅れており、細く入り組んだ狭隘な区道が多い。 それゆえ、整備が区政の重要な課題の一つである。 交通事故発生件数は都内でも突出してワースト1となっている。 高速道路は、首都高速3号渋谷線、4号新宿線および、、が通る。 また、も都市計画決定されているが、現在は実際の事業化へ向けて調整中の段階である。 主要な道路 [ ]• 高速道路• (東京都道首都高速3号線):、、、、• (東京都道首都高速4号線)• 一般国道• 玉川通り():渋谷と玉川を結ぶ幹線道路。 上を首都高速3号渋谷線が通り、地下は東急田園都市線が通る。 三軒茶屋・駒沢大学駅付近をはじめとして商業地が沿線に形成されている。 環七通り():(昭和2年)に計画着工し、関連道路・の関連事業を経て、(昭和60年)1月に全線開通した。 環八通り()• 世田谷通り():世田谷ののは沿線で催される。 多摩堤通り()• 吉祥寺通り()• 目黒通り()• 駒沢通り():時代末期に東京ゴルフ倶楽部であった跡地に建設された、東京オリンピック第二会場の現・駒沢オリンピック公園への東京オリンピック関連道路として整備された。 自由通り()• 荒玉水道道路():砧浄水場からの上水道管が入っているため、ほぼ直線の区間が多く、進入できる車両の積載量や幅が制限される区間がある。 すずらん通り()• 三宿通り()• 淡島通り()• 旧大山街道()• その他の主要道路• 鉄道 [ ] 鉄道はほぼ東西方向にしか走っておらず、南北方向のは東急世田谷線しかない。 そのため、やと同じく南北方向のはに頼ることとなっている。 放射状に広がる各線を環状方向に結ぶ路線は地理的に偏っており、場所によっては区内であっても一旦渋谷駅等、区外に出ての移動を強いられるなど、鉄道で1時間以上要する場所が多い。 そのため、区では環八通りに沿っての構想を持っており、環八通りの沿線区とともに計画を推進しているが、着工の目処は立っていない。 なお、区内を走行している路線は全て「」であり、東京23区で唯一もも通っていない区でもある。 前述の通り、と世田谷区のみ東京23区で地下鉄が通っていない(乗り入れ先を含まない)が、地下を走行する鉄道路線はある(東急田園都市線 ・小田急小田原線の一部区間)。 なお、JRの路線が存在しないのは練馬区と世田谷区のみであるが、世田谷区は小田急小田原線にJR東日本の車両が乗り入れている。 駅 [ ]• - - - - - - - - -• (世田谷区にはJR東日本の路線はないが、2016年3月26日小田急線ダイヤ改正より、世田谷区内に初めてJR東日本の車両が走行するようになった。 ) バス [ ] 区内では、、、、の各事業者により運行されている。 時間帯には2分〜5分間隔でバスが運行される地区がある。 しかしながら、世田谷区内の各は、都市計画道路の多くが未整備であり、現況が非常に狭いために、の通行が困難、あるいはの通行によりかえってを招くケースが少なくない。 そこで、玉堤、宇奈根、祖師谷、成城、八幡山地区では、小型車両によるコミュニティバス路線の運行が実現して改善が模索されている。 東急バスは一部地域で「」と呼ばれる中型のも運行していたが、現在は一般路線に組み込まれている。 区内にある営業所 [ ]• (による受託)• 渋11 渋31 渋32 渋51 渋55 都立34 都立35• 黒09 中目01• 渋05 渋21 渋23 渋24 渋52 等11 都立01 反11 黒06 黒07 森91• 渋82 園01 玉05 玉07 玉11 玉21 玉31 玉32 玉35 用01 用06 用21 用22 等01 等12 恵32 自01 自02 自11 自12 多摩01• 永福町営業所世田谷車庫(担当は高速バスのみ) - 一部区内から利用できる路線もあり(下記参照)• (より受託)• 渋54 下61 梅01 梅02 経01 経02 歳22 歳24 歳25 祖師谷・成城循環• 本社・経堂営業所(担当は高速バスのみ) - 区内からの利用も可能(下記参照) 区内路線を担当している営業所 [ ]• 東98 黒02• 渋12 玉06• 歳23 丘22• 八01 経02 渋66• 歳20 歳21 成01 成02 成04 成05 成06 渋24 渋26 玉07 玉08 狛11 狛12• 吉02• 荻54 荻58 烏01• 渋66 宿91 高速バス・空港バス [ ] 二子玉川駅(二子玉川ライズ)を拠点として、羽田空港・成田空港への空港リムジンバスがあるほか、高速バスが発着している。 (東急トランセ・)• (東急バス・)• (東急トランセ・)• (東急トランセ・京王バス東・・)• (東急トランセ・京王バス東・、夏季限定) 池尻大橋駅からは、小田急箱根高速バスの・方面行がある。 ただし、乗車停留所は目黒区に所在する。 到着停留所は池尻にあり、こちらには、などの高速路線も一部停車する(乗車は不可)。 その他のバス [ ] 周辺を無料巡回する「サンクスネイチャーバス」が一部世田谷区にもまたがり、深沢地区からも利用可能。 名所・旧跡 [ ]• 世田谷城址公園:世田谷の跡を公園として利用しており、土塁・空堀の跡が見られる。 :区指定史跡• 世田谷代官屋敷:彦根藩世田谷領20ヵ村の代官を世襲した大場家の役宅。 ボロ市通りにある。 :約1kmほどの長さの渓谷斜面に武蔵野の面影を今なお残す鬱そうとした木々や四季折々の自然が楽しめる地域で、古墳もある。 岡本民家園:江戸時代中期に建てられた萱葺きの農家があり、江戸時代当時の農家を再現しており、季節によりホタル鑑賞ができる。 :でされた大老の墓があり、井伊家の菩提寺として知られる。 招き猫発祥の地との説あり。 :九体の像の安置される寺。 無形文化財の「お面かぶり」が有名。 、財団法人:1階エントランスには、技術展示コーナーや技研ギャラリーがある。 (芦花公園):の旧宅や記念館などがある。 祖師谷大仏• :妙法寺。 :を祭る神社。 松陰の墓所がある。 駒沢配水塔:1924年(大正13年)竣工。 、日本の近代土木遺産に選ばれている。 住宅 [ ] 大規模マンション [ ]• 世田谷喜多見ザ・テラス• ブランズシティ世田谷中町• 二子玉川ライズタワー&レジデンスタワーイースト• プラウドタワー二子玉川• グランドヒルズ三軒茶屋ヒルトップガーデン• パークシティ成城• 上馬マンション• パークホームズ世田谷梅丘• ガーデンヴィラ芦花公園• コスモグランリュクス世田谷• 成城アンバサダー• プラウド桜新町• シティハウス成城• クラッシィハウス世田谷公園• ザ・パークハウス三軒茶屋タワー• コスモグランリュクス世田谷• パークシティ弦巻サウス・レジデンス• ラ・コルダ弦巻フォレストコート• 芦花公園プレスティージュ• グランシティ上用賀ラ・アヴェニュー• 東急ドエルアルス弦巻• 若林ハイホーム• 芦花公園プレスティージュ• 東急ドエルアルス千歳烏山• パークハウス成城• ニュー池尻マンション• 駒場ネオパレス• 上野毛ハイム• パークハウス砧レジデンス• シティハウス世田谷桜丘• グランフォート用賀• ザ・パークハウス二子玉川ガーデン• ウエリス世田谷砧• 桜上水ガーデンズ• グレンパーク駒場• グローリオ芦花公園• ザ・パークハウス千歳烏山グローリオ• グランドメゾン三軒茶屋の杜• 団地 [ ]• 国家公務員共済組合連合会用賀三丁目団地 - 昭和42年:東京都市計画事業(一団地の住宅施設)• 首都圏不燃建築公社池尻団地 - 昭和38年:東京都市計画事業(一団地の住宅施設)• 都市再生機構桜上水団地 - 昭和39年、平成17年廃止:東京都市計画事業(一団地の住宅施設)• 東京都住宅供給公社芦花公園前団地平成17年廃止:東京都市計画事業(一団地の住宅施設)• 東京都住宅供給公社烏山松葉通団地 - 昭和40年:東京都市計画事業(一団地の住宅施設)• 東京都住宅供給公社烏山北団地 - 昭和53年:東京都市計画事業(一団地の住宅施設)• 東京都住宅供給公社久我山団地 - 昭和42年、平成20年廃止:東京都市計画事業(一団地の住宅施設)• 東京都住宅供給公社祖師ケ谷団地 - 昭和33年:東京都市計画事業(一団地の住宅施設)• 東京都住宅供給公社大蔵団地 - 昭和39年:東京都市計画事業(一団地の住宅施設)• 東京都住宅供給公社用賀団地 - 昭和42年:東京都市計画事業(一団地の住宅施設)• アクティ三軒茶屋 (三軒茶屋)• 二子玉川団地(玉川、賃貸296 1959年)• 千歳桜ヶ丘団地(桜丘、分譲156 1958年)• 東経堂団地(桜上水、賃貸304 1958年)• 世田谷真中第一団地(上馬 市街地住宅 賃貸77 1964年 現存現上馬二丁目。 譲渡返還)• 世田谷真中第二団地(上馬 市街地住宅 賃貸32 1963年)• 上野毛団地(上野毛 市街地住宅 賃貸28 1963年 現存 譲渡返還)• 西経堂団地(船橋、賃貸660 1959年)• 芦花公園団地(芦花団地、南烏山、1958年 建替工事中)• 烏山第一団地(南烏山、分譲94 1958年 建替え工事中)• 用賀団地(用賀、分譲56 1957年)• 桜上水公団希望が丘団地• 上高井戸団地• 用賀団地• 都営烏山アパート(北烏山 2-9、1964 - 1966 年)• 都営烏山西団地 - 昭和42年:東京都市計画事業(一団地の住宅施設)• 都営下馬アパート(下馬 2-33、1960 - 1970 年)• 都営下馬五丁目アパート(下馬 5-41、1989年)• 都営喜多見二丁目アパート(喜多見 2-10、1975 - 1978 年)• 都営砧一丁目アパート(砧 1-11、1986年)• 都営玉川四丁目アパート(玉川 4-2、1990年)• 都営玉川台一丁目アパート(玉川台 1-5、1982年)• 都営玉川台二丁目アパート(玉川台 2-6、1980年)• 都営駒沢三丁目アパート(駒沢 3-22、1975年)• 都営弦巻五丁目アパート(弦巻 5-3、1970年)• 都営弦巻五丁目第2アパート(弦巻 5-12、1982年)• 都営弦巻三丁目アパート(弦巻 3-10、1980年)• 都営弦巻三丁目第3アパート(弦巻 3-8、1984年)• 都営弦巻二丁目第2アパート(弦巻 2-32、1994年)• 都営豪徳寺アパート(豪徳寺 1-34、1960年)• 都営桜一丁目アパート(桜 1-53、1972 - 1973 年)• 都営桜一丁目第2アパート(桜 1-30、1975年)• 都営桜二丁目アパート(桜 2-14、1984年)• 都営桜丘二丁目第2アパート(桜丘 2-4、1977年)• 都営桜丘二丁目第3アパート(桜丘 2-22、1991年)• 都営桜丘二丁目第4アパート(桜丘 2-6、1995年)• 都営桜丘二丁目第5アパート(桜丘 2-7、1997年)• 都営桜丘三丁目アパート(桜丘 3-4、1978 - 1980 年)• 都営桜丘五丁目アパート(桜丘 5-10、1987年)• 都営桜上水三丁目第2アパート(桜上水 3-4、1985年)• 都営若林四丁目アパート(若林 4-41、1968年)• 都営住宅団地 - 昭和36年、平成18年廃止:東京都市計画事業(一団地の住宅施設)• 都営住宅上北沢アパート (五丁目)• 都営上祖師谷一丁目アパート(上祖師谷 1-13、1986年)• 都営上北沢アパート(桜上水 5-3、1959年)• 都営上北沢一丁目第2アパート(上北沢 1-32、2005 - 2006 年)• 都営上北沢五丁目第3アパート(上北沢 5-47、1982 - 1989 年)• 都営上北沢五丁目第4アパート(上北沢 5-20、1988年)• 都営上野毛団地 - 昭和38年:東京都市計画事業(一団地の住宅施設)• 都営上用賀一丁目アパート(上用賀 1-24、1981年)• 都営上用賀三丁目アパート(上用賀 3-8、1982 - 1983 年)• 都営上用賀六丁目アパート(上用賀 6-30、1978年)• 都営上用賀六丁目第2アパート(上用賀 6-28、1983年)• 都営新町二丁目アパート(新町 2-23、1979 - 1989 年)• 都営深沢アパート(新町 1-15、1961年)• 都営深沢団地 - 昭和37年 : 東京都市計画事業(一団地の住宅施設)• 都営成城アパート(成城 8-28、1990年)• 都営成城八丁目アパート(成城 8-25、2006年)• 都営赤堤三丁目アパート(赤堤 3-1、1981年)• 都営千歳台一丁目アパート(千歳台 1-10、1984年)• 都営船橋一丁目アパート(船橋 1-51、1981年)• 都営船橋五丁目アパート(船橋 5-26、1998年)• 都営船橋四丁目アパート(船橋 4-30、1970年)• 都営祖師谷四丁目アパート(祖師谷 4-28、1988 - 1990 年)• 都営代沢一丁目アパート(代沢 1-24、1992 - 1993 年)• 都営代田一丁目アパート(代田 1-23、1971年)• 都営代田一丁目第2アパート(代田 1-10、1973年)• 都営大原一丁目第2アパート(大原 1-39、1990年)• 都営池尻二丁目アパート(池尻 2-3、2004 - 2005 年)• 都営等々力六丁目アパート(等々力 6-34、1975年)• 都営南烏山四丁目アパート(南烏山 4-15、1988年)• 都営南烏山六丁目アパート(南烏山 6-32、1980年)• 都営梅丘一丁目アパート(梅丘 1-37、1972 - 1975 年)• 都営八幡山アパート(八幡山 3-37、1961年)• 都営八幡山三丁目アパート(八幡山 3-6、1973 - 1977 年)• 都営八幡山町団地 : 東京都市計画事業(一団地の住宅施設)• 都営北烏山一丁目アパート(北烏山 1-44、1981 - 1982 年)• 都営野毛町アパート(野毛 1-24、1961 - 1962 年)• 都営用賀一丁目アパート(用賀 1-17、1981年) 名誉区民 [ ] 区民の生活・文化に貢献し、また、区民から敬愛される人物を世田谷区名誉区民条例に基づき、世田谷区名誉区民として顕彰している。 世田谷区民会館ロビーの壁に肖像画と功績を記したパネルが展示されている。 (東京有隣会元理事長)• (俳優)• (美術評論家)• (病院長)• (「せたがやの民話」編纂)• (常徳幼稚園名誉園長)• (元世田谷区長)• (俳優)• (聖路加国際病院名誉院長)• (北里大学特別栄誉教授)• (東京工業大学名誉教授)• (シンガーソングライター) なお、かつてが選定されていたが、不祥事のため返上している。 居住者(元居住者・地方出身者含む)・出身有名人 [ ] (順不同)• (プロボクサー、元世界チャピオン)• (プロボクサー、元二階級日本チャピオン)• (写真家)• (・・)• (アナウンサー)• (ジャーナリスト)• (俳優)• (作曲家)• (俳優)• (俳優)• (女優)• (女優)• (俳優)• (元)• (女優)• (音楽家、メンバー)• (参議院議員、医師)• (元衆議院議員、財務副大臣)• (衆議院議員)• (東京都議会議員)• (長)• (長)• (創業者・社長)• (ブルーハーツ、ベーシスト)• (ギタリスト、リーダー)• (キーボーディスト、元メンバー)• (漫画家)• (イラストライター)• (リーダー)• (作家)• (作家)• (歌手)• (歌手)• (編曲家、音楽プロデューサー)• (作曲家)• (ジャズ・ギタリスト)• (、)• (作家)• (元トップスター)• (元宝塚歌劇団宙組トップスター)• (宝塚歌劇団男役)• (宝塚歌劇団娘役)• (宝塚歌劇団男役)• (宝塚歌劇団花組娘役)• (宝塚歌劇団花組男役)• (宝塚歌劇団月組娘役)• (プロレスラー)• (落語家)• (プロ棋士)• (元メンバー)• (俳優、名誉区民)• (エコノミスト)• (旧・光野栄里、声優)• (声優)• (声優)• (声優)• (声優)• (声優)• (声優)• (編集者)• (ゲームクリエーター)• (ゲームクリエーター)• (哲学者)• (子役、女優)• (女優)• (フリーアナウンサー、司会者、タレント、実業家)• (アナウンサー)• (フジテレビアナウンサー)• (アナウンサー)• (漫画家)• (アナウンサー・所属)• (静岡放送アナウンサー)• (アナウンサー・所属)• (タレント、女優)• (タレント、女優)• (歌手)• (俳優)• (女優)• (タレント)• (タレント、お笑い芸人、歌手、俳優、司会者)• (JRA)• (お笑い芸人)• (JRA)• (JRA騎手)• (競艇選手)• (モーターサイクル・ロードレーサー)• (タレント)• (歌手・グラビアアイドル)• (俳優)• (・元リーダー)• (落語家・お笑い芸人)• (歌手)• (プロレスラー、所属)• (元女子選手、元プロスケーター、タレント)• (医師、選手、選手。 の昆孫)• (プロ、所属)• (フリーアナウンサー、ダンサー、歌手)• ()(ミュージシャン、)• (野球評論家、かつて上馬に居住した、現在は在住)• (政治家 )• (歌手)• (女子バレーボール選手、所属)• (プロボクサー、青木ボクシングジム所属)• (小説家)• (女優)• (歌手・女優)• (元女子陸上競技、長距離走・マラソン選手)• (アマチュア、学生時代世田谷区に居住)• (ミュージカル俳優)• (気象予報士、元ミュージカル俳優)• (元)• (元)• (元、度第8回世界大会優勝者)• (、)• (映画監督)• (女優)• (女優)• (音楽ライター)• (作曲家)• (ラグビー選手、所属)• (女優、政治家)• (岩手県知事)• (憲法学者) ゆかりのある人物 [ ]• (軍人、上馬に居住)• (アナウンサー・司会者、奥沢に居住)• (女優)• (俳優、歌手、映画監督)• (ミュージシャン・俳優)• (漫画家)• (俳優、タレント)• (作家)• (政治家)• (映画監督)• (官僚、政治家・首相、瀬田に居住)• (政治家、に居住)• (指揮者)• (俳優・歌手)• (野球評論家)• (作家、下記宮脇俊三の隣家に移住していた)• (漫画家)• (官僚、政治家・首相、に居住)• (法学者、に居住)• (俳優)• (女優)• (政治家・首相)• (雅楽師)• (政治家)• (政治家、に居住)• (俳優)• (芸術家)• (現代美術家)• (軍人、政治家・首相 )• (タレント・ミュージシャン、に居住 )• (女優、タレント)• (女優、声優、に居住)• (野球選手、上北沢に居住 )• (俳優・歌手)• (歌手)• (アナウンサー)• (俳優)• (漫画家)• (ミュージシャン)• (政治家・首相)• (政治家・首相)• (俳優、ミュージシャン)• (官僚、政治家)• (ホリプロ創業者)• (歌手)• (ミュージシャン)• (ミュージシャン)• (元野球選手・監督)• (俳優)• (映画監督)• (女優)• (俳優)• (歌手)• (タレント・ミュージシャン)• (紀行作家)• 浜田雅功 ダウンタウン :成城に在住• 木梨憲武 とんねるず :祖師谷出身• みのもんた 司会者 :祖師谷出身• 椎名誠 作家 :三軒茶屋出身・幕張に移住• 高城亜樹 元AKB48 :梅ヶ丘出身・ジャカルタ在住 世田谷区内で発生した主な事件 [ ]• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 国勢調査では年齢不詳のものが東京都だけで16万人いる。 昼夜間人口では年齢不詳の人物が数値に含まれないため、誤差を含んだ数値となる。 最寄駅はだが所在地は世田谷区• 東急田園都市線の渋谷 - 二子玉川間(旧新玉川線)は、都市交通審議会により地下鉄東京11号線の一部として整備されたため、定義によっては「地下鉄」とする場合がある。 を参照。 目黒区ともJRの駅が存在しないが、JRはとが僅かに区内を通っている(なお、の所在地は)。 旧邸を借りて入居していた• 東京裁判被告として逮捕される直前まで用賀に居住• 同じ成城には所の個人事務所「ティービークラブ」兼遊び場の・通称「世田谷ベース」もある。 また、『』なる番組は主に同所を撮影場所として進行されている。 上北沢の旧邸を中曽根康弘に貸していた。 出典 [ ]• 気象庁. 2017年8月20日閲覧。 (東京都)• 平成17年国勢調査による東京都の昼間人口:2005. 東京都総務局統計部人口統計課. 2008. 128,129ページ. 構想ではから10以内の土地をに編入することとしており、砧村・千歳村はこの範囲内にあったが、北多摩郡に属しているという理由で当初は東京市への編入が見送られた(は大東京構想に反対していた)。 しかし1936年には両村も世田谷区に編入された。 『せたがや百年史』上、世田谷区、1992年、83頁。 榊原淳司『東京不動産大暴落』 イースト・プレス、2017年、P140〜145• PRESIDENT2018年12月7日• 朝日新聞2018年3月2日• (警視庁)• (警視庁)• Retrieved on 8 March 2015. 1-7-57 Taishido Setagaya-ku Tokyo 154-8533"• 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 に関連するメディアがあります。 オープンストリートマップに があります。

次の

世田谷区

世田谷区岡本 芸能人

最近はビッグカップルの結婚が多く、 令和婚なんて言われたりしていますよねっ! 記憶に新しいのは 山里亮太さんと蒼井優さんの電撃ゴールインではないでしょうか? 芸能人同士の結婚が話題になる中、2017年に入籍し、2018年5月に第一子の妊娠が発覚したV6の岡田准一さんと宮崎あおいさん夫婦が再度話題になっています! なんと夫婦の新居の家が完成し、 5億円にもおよぶ 豪邸だそう! 岡田准一さんは大が付くほどの建築マニアということもあって、こだわるあまり 新居完成が 7カ月も遅れてしまったんだとか… 笑 新居の建設は2017年の入籍発表より4カ月前からはじまっています。 今回は岡田准一さんと宮崎あおいさん夫婦の家について「 岡田准一の新居は豪邸!場所は世田谷区岡本3丁目?写真や建築家を調査!」と題してお届けしていこうと思います。 新居の豪邸の総工費は5億円!• 建築費が2億円!• 報道によると200坪!• 土地価格だけで3億円!• 建坪100坪以上で 地下1階地上2階建ての豪邸!• 樹林数百年クラスの木材をふんだんに使用!• 純和風の木造建築• 戦国時代の武家屋敷風 この情報でも建築マニアの岡田准一さんがこだわり抜いた新居であることは分かりますね。 また新居の屋根のデザインは目視できるだけで 大木が20本以上が土台に使用されていて、家というよりも 神社のような外見なんだそう! 一階部分は高い黒堀で表面が鉄柵を格子のように編み込んだデザインで、2階の外壁はグレーの土壁! これだけでも十分に 重厚感があることは伝わってきますね。 そして報道によると武家屋敷というより、 砦のような印象もあるそうで、よく見ると 下の方からツタが絡まっているんだとか。 見事な夕焼けが一望でき、敷地の半分を締めているといわれる庭からは、 遠方に富士山と夕焼けがセットになって一望できる眺めのよい傾斜のある高台に建てられているそうです。 しかし、高級住宅街に建てられた武家屋敷スタイルの豪邸ということで、この地域でも 異彩を放ってすでに観光地のような状態になってしまっているとか…! 報道もされていますし、聞いただけでファンや歴史好きな方は、観に行きたくなっちゃいそうですよね 笑 そんな岡田准一さんと宮崎あおいさんの新居の豪邸の写真や画像は、現在探したところ出回っていませんでした。 かなり大きな土地ですよね! さすが芸能人の新居と言わざる得ませんねっ! 完成した新居の豪邸写真は入手できましたら、追記でご紹介いたします! 岡田准一の新居は豪邸の場所は世田谷区岡本3丁目? Google検索をすると「 岡田准一 岡本3丁目」というキーワードが出現していました。 土地だけでも3億円の場所ですけど、高額なのは 高級住宅街が立ち並ぶ一等地であることと、 敷地面積が広いことが理由として、この金額になっているようです。 世田谷区に自宅がある芸能人は…• 2004年 - 日本商環境設計家協会JCD賞2004 準大賞 Lanvin Boutique Ginza• 2006年 - 日本商環境設計家協会JCD賞2006 大賞 Edge Lotus• 2008年 - GOOD DESIGN AWARD 2008金賞 Dancing trees,Singing birds• 2008年 - 日本建築家協会賞• 2010年 - 第26回新建築賞• 2011年 - 第22回JIA新人賞• 2012年 - JIA環境建築賞 最優秀賞• 2013年 - 日本商環境設計家協会JCD賞2013大賞(東急プラザ)• 2014年 - 日本商環境設計家協会JCD賞2014大賞(リボンチャペル)• 2015年 - JIA優秀建築賞• 2015年 - LEAF AWARDS 2015 Overall Winner• 2016年 - WAN Sustainable Building Award 2016 Winner• 2016年 - JCD Design Wawrd 2016 金賞・銀賞• 2016年 - 日事連建築賞• 2016年 - 第57回BCS賞• 2016年 - ARCASIA建築賞 ビルディング・オブ・ザ・イヤー• 2017年 - 日事連建築賞• 2017年 - World Architecture Festival 2017, House - Completed Buildings 建築の賞には詳しくないのですが、これだけの多数の賞を受賞されていることから凄い方であることは分かりますし、その確かな建築知識と技術に岡田准一さんも新居を任せたということでしょうね。 中村拓志さんの有名な設計建築された建物が「 成田空港第二ターミナルの増築棟」や「 表参道の東急プラザ」です。 fashion-press.

次の

岡田准一の新居は豪邸!場所は世田谷区岡本3丁目?写真や建築家を調査!

世田谷区岡本 芸能人

岡本三丁目にある「東京富士見坂」。 撮影日もうっすらと富士山が望めた。 2007年4月 岡本三丁目27番と28番の間にあるの急坂に、「岡本三丁目の坂」と呼ばれる坂がある。 この坂は坂上から方面を臨むと、視界を遮る高い建築物が無く、晴れた日にはを望める。 の一つで、にも選ばれており、「東京富士見坂」の名を与えられている。 現地にの案内柱が設置されている。 坂を下るとに架かる西谷戸橋。 坂下にある玉川幼稚園はの別邸跡である。 歴史 [ ] (2年)の開削関係の文書に初出する。 (22年)の大字となる。 (11年)より世田谷区岡本町。 (昭和43年)が実施され、岡本一丁目~三丁目が成立した。 近代において国分寺崖線沿いには政財界重鎮の別邸が多く建てられたが、岡本にも、、などの別邸が存在した。 地名の由来 [ ] 村内の長円寺の山号からとった、あるいは配下の岡本成勝の出身地であることに因むなどと伝えられているが、実際は地形的な命名と考えられる。 世帯数と人口 [ ] (令和元年)現在の世帯数と人口は以下の通りである。 岡本一丁目 1,408世帯 3,179人 岡本二丁目 903世帯 2,164人 岡本三丁目 1,234世帯 2,974人 計 3,545世帯 8,317人 小・中学校の学区 [ ] 区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる。 丁目 番地 小学校 中学校 岡本一丁目 全域 岡本二丁目 全域 岡本三丁目 全域 施設 [ ]• 世田谷観測所 関連項目 [ ]• 脚注 [ ].

次の