韓国 ニュース ヤフー。 ■社会|何故か、ヤフーニュースでは中国、韓国の情報が多い

韓国政治の関連情報

韓国 ニュース ヤフー

世界は広いはずだが… ヤフーニュースをニュースサイトのデフォルトにしている訳ではないが、それでも見ることはある。 そのとき以前から気になっていたことがある。 ヤフーニュースには、レコメンドニュースというものがあり、そこで紹介される記事が何故か中国、韓国絡みのものがやたらと多いことである。 そんなに興味はないので、ほとんど見ることはなかった。 それでもなんだか妙に気になっていた次第である。 同じ系統(経営者が)にあるライブドアはそんなに目立ったことはない。 グーグルはバランスが取れている。 ヤフーだけ異常に多いのは何故なのか?。 とにかく伝えるニュースは、世界中にもっとたくさんあるはずである。 それなのに、何故、中国、韓国ばかりなのか。 とても、とても不思議に思う次第である。 なんでだろー?。 たまたまなのだろうか。 そう思って本日のヤフーニュースのレコメンドニュースの中から中国、韓国に関するニュースを抜粋して以下の様に紹介します。 ちなみにトップページのものです。 (全46記事、中・韓の記事は28個あった) ヤフーニュース/レコメンドニュース 2014. すごいと思いませんか。 上記したのは全46記事のうち、中・韓に関する28記事を抜粋したものです。 これでは、レコードチャイナやサーチナとそう違いはない。 いやはやと言うしかありません。 いったい誰を対象としたものでしょうか。 そんなに日本人が興味を持つ記事とは思えませんが、如何に。 冒頭にも記したようにニュースは世界中に溢れています。 地域で言えば、大きく分けても欧州、米国、中東、アジア、南米、ロシア、など世界は広いはずです。 それなのに何故?、ホワイ?としか言いようがありません。 レコメンドニュースに掲載される記事は、以下のような仕組みになっているとか。 Buzzについて(レコメンドニュース提供元) Buzzではインターネット上で話題になっているニュースやコンテンツ(Buzzニュース)を自動抽出しています。 注目度の高い情報は、タイトルの横の数値が高くなります。 (ヤフーニュースより) また、ユーザーが過去に読んだ記事を分析し、それぞれに合ったニュースが表示されるそうです。 要するにユーザーのニーズと注目度の高さから自動的に抽出されて掲載されているとか。 しかし、ほんとにそうなのか?という疑問が拭えません。 それは自分だけでしょうか。 ユーザーのニーズであれば、中・韓の記事を頻繁に読んでいるということになる。 しかし、自分にはそんな記憶はありません。 注目度が高いのであれば、アクセスランキングの上位にないのも不思議である。 とにかく如何せん多過ぎやしませんか?。 ということである。 そんな素朴な疑問に集約される。 これはどんな仕掛けになっているのかと。 当該ユーザーは、ITの専門家でもなく、その仕組みには疎いほうである。 したがって、素人の初歩的な認識不足かもしれませんが、どうにも不思議に感じたのでこのように書いたまでです。 ちなみにヤフーIDは持っていますが、普段はヤフーにログインしていません。 当然ニュースも同じくである。 また、ヤフー検索も使用していません。 追記:新聞と同じく、ネットで見るニュースも他のサイトと比較し、自分で判断してねということだろう。 これは今更言うまでもないことであったか。 <ニュースの読み方使い方> 政治経済から生活情報まで、どんなに難しそうなニュースも、イケガミ父さんが説明すればたちどころに分かりやすくなる。 閲覧数の多い記事• パリ万国博 1900年 時は移ろい、時代は変わる! トキ・コト・モノの運命... 日本の黄金時代は、夢幻の彼方へと消えた... 80年代を顧みて、時代の変... 大阪万国博覧会 太陽の塔 1970 冷戦から融和の時代へ! 1950年代(... ミニスカートは、時代も流行も超えた! それは、60年頃のロンドンのストリート... まさに、これは酒池肉林である! 中国の膨大な富が、大奢侈となって降り注ぐ... 80年代のディーバ、NOKKOの躍動感が溢れんばかり 1986年のある日... 愛と平和とフリーセックス ヒッピーの思想と哲学 ヒッピーは、... 恋するパスワードは、一万年愛す! 恋するときめきを永遠に 映画「恋する... 「傷だらけの天使」、修と亨は時代を駆け抜けた。 そして、それは伝説となった!... スピード、巨大さ、遠方への憧憬の視覚化 曲線から直線へと時代の美の表現は変わ... 戦後復興を経て、日本の次代の夢がひらく 1970年、日本万国博覧会が開かれた... 広告が時代を超越して文化となる 80年代(昭和後期)、広告が華麗に花ひらく... 一言でいえばクールな映画、それがパルプフィクション 「レザボアドッグス」... 80年代、アートはエモーショナルに ニューペインティング(別称トラ... 純朴さと下町情緒が切なくも愛しくなる 「前略おふくろ様」は、失われゆく情緒が... 赤坂の夜を彩ったゴージャスなナイトクラブ 昭和のセレブが集った夜の社交場... ファーンズワース邸 巨匠、愛人?に訴えられる! さて、いよいよ20世紀... ペンギンカフェという異端の雑貨店 前回、80年代の雑貨店について書きました... ラブホテルを記憶遺産に 日本には、「ラブホテル」という不思議空間がある。 懐かしい未来とは、此れいかに その世界観は、人間的であり有機的でもある?...

次の

韓国絡みのニュースがウンザリする程多いのは何故?ヤフーニュ...

韓国 ニュース ヤフー

世界は広いはずだが… ヤフーニュースをニュースサイトのデフォルトにしている訳ではないが、それでも見ることはある。 そのとき以前から気になっていたことがある。 ヤフーニュースには、レコメンドニュースというものがあり、そこで紹介される記事が何故か中国、韓国絡みのものがやたらと多いことである。 そんなに興味はないので、ほとんど見ることはなかった。 それでもなんだか妙に気になっていた次第である。 同じ系統(経営者が)にあるライブドアはそんなに目立ったことはない。 グーグルはバランスが取れている。 ヤフーだけ異常に多いのは何故なのか?。 とにかく伝えるニュースは、世界中にもっとたくさんあるはずである。 それなのに、何故、中国、韓国ばかりなのか。 とても、とても不思議に思う次第である。 なんでだろー?。 たまたまなのだろうか。 そう思って本日のヤフーニュースのレコメンドニュースの中から中国、韓国に関するニュースを抜粋して以下の様に紹介します。 ちなみにトップページのものです。 (全46記事、中・韓の記事は28個あった) ヤフーニュース/レコメンドニュース 2014. すごいと思いませんか。 上記したのは全46記事のうち、中・韓に関する28記事を抜粋したものです。 これでは、レコードチャイナやサーチナとそう違いはない。 いやはやと言うしかありません。 いったい誰を対象としたものでしょうか。 そんなに日本人が興味を持つ記事とは思えませんが、如何に。 冒頭にも記したようにニュースは世界中に溢れています。 地域で言えば、大きく分けても欧州、米国、中東、アジア、南米、ロシア、など世界は広いはずです。 それなのに何故?、ホワイ?としか言いようがありません。 レコメンドニュースに掲載される記事は、以下のような仕組みになっているとか。 Buzzについて(レコメンドニュース提供元) Buzzではインターネット上で話題になっているニュースやコンテンツ(Buzzニュース)を自動抽出しています。 注目度の高い情報は、タイトルの横の数値が高くなります。 (ヤフーニュースより) また、ユーザーが過去に読んだ記事を分析し、それぞれに合ったニュースが表示されるそうです。 要するにユーザーのニーズと注目度の高さから自動的に抽出されて掲載されているとか。 しかし、ほんとにそうなのか?という疑問が拭えません。 それは自分だけでしょうか。 ユーザーのニーズであれば、中・韓の記事を頻繁に読んでいるということになる。 しかし、自分にはそんな記憶はありません。 注目度が高いのであれば、アクセスランキングの上位にないのも不思議である。 とにかく如何せん多過ぎやしませんか?。 ということである。 そんな素朴な疑問に集約される。 これはどんな仕掛けになっているのかと。 当該ユーザーは、ITの専門家でもなく、その仕組みには疎いほうである。 したがって、素人の初歩的な認識不足かもしれませんが、どうにも不思議に感じたのでこのように書いたまでです。 ちなみにヤフーIDは持っていますが、普段はヤフーにログインしていません。 当然ニュースも同じくである。 また、ヤフー検索も使用していません。 追記:新聞と同じく、ネットで見るニュースも他のサイトと比較し、自分で判断してねということだろう。 これは今更言うまでもないことであったか。 <ニュースの読み方使い方> 政治経済から生活情報まで、どんなに難しそうなニュースも、イケガミ父さんが説明すればたちどころに分かりやすくなる。 閲覧数の多い記事• パリ万国博 1900年 時は移ろい、時代は変わる! トキ・コト・モノの運命... 日本の黄金時代は、夢幻の彼方へと消えた... 80年代を顧みて、時代の変... 大阪万国博覧会 太陽の塔 1970 冷戦から融和の時代へ! 1950年代(... ミニスカートは、時代も流行も超えた! それは、60年頃のロンドンのストリート... まさに、これは酒池肉林である! 中国の膨大な富が、大奢侈となって降り注ぐ... 80年代のディーバ、NOKKOの躍動感が溢れんばかり 1986年のある日... 愛と平和とフリーセックス ヒッピーの思想と哲学 ヒッピーは、... 恋するパスワードは、一万年愛す! 恋するときめきを永遠に 映画「恋する... 「傷だらけの天使」、修と亨は時代を駆け抜けた。 そして、それは伝説となった!... スピード、巨大さ、遠方への憧憬の視覚化 曲線から直線へと時代の美の表現は変わ... 戦後復興を経て、日本の次代の夢がひらく 1970年、日本万国博覧会が開かれた... 広告が時代を超越して文化となる 80年代(昭和後期)、広告が華麗に花ひらく... 一言でいえばクールな映画、それがパルプフィクション 「レザボアドッグス」... 80年代、アートはエモーショナルに ニューペインティング(別称トラ... 純朴さと下町情緒が切なくも愛しくなる 「前略おふくろ様」は、失われゆく情緒が... 赤坂の夜を彩ったゴージャスなナイトクラブ 昭和のセレブが集った夜の社交場... ファーンズワース邸 巨匠、愛人?に訴えられる! さて、いよいよ20世紀... ペンギンカフェという異端の雑貨店 前回、80年代の雑貨店について書きました... ラブホテルを記憶遺産に 日本には、「ラブホテル」という不思議空間がある。 懐かしい未来とは、此れいかに その世界観は、人間的であり有機的でもある?...

次の

韓国政治の関連情報

韓国 ニュース ヤフー

・動作環境 Android 4. ・「App Store」ボタンを押すとiTunes (外部サイト)が起動します• ・アプリケーションはiPhone、iPod touch、iPadまたはAndroidでご利用いただけます• ・Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc. の登録商標です• ・iPhone、iPod touch、iPadはApple Inc. の商標です• ・iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています• ・Copyright C 2020 Apple Inc. All rights reserved. ・Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です• ・スマートフォンでバーコードを読み取るには、専用のアプリケーションが必要です(参考:)• Copyright C 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

次の