じゃがいも 時期。 キタアカリの特徴・旬の時期は?甘みが強いじゃがバター向きのほくほく系じゃがいも

じゃがいもの旬とは!産地や品種で美味しい時期はそれぞれ違う

じゃがいも 時期

「新じゃが」って普通のじゃがいもとどう違うの? まずは、新じゃがと普通のじゃがいも、何が違うのかを見ていきましょう。 秋の味覚というイメージもありますよね! でも、 新じゃがは冬に植えたものが、基本的に春先から初夏(3月~6月ごろ)にかけて収穫されます。 北海道では少し時期がずれて、7月ごろに収穫されるものが多いです。 そして、 貯蔵されることなくすぐに出荷されます。 つまり、 新鮮なんです! 生産地は主に九州 じゃがいもと言えば北海道!と思う人も多いはず。 実際、 じゃがいもの約8割は北海道で生産されています。 でも、実は新じゃがに関しては、 多くは九州の鹿児島産や長崎産です。 ちょっと意外ですよね。 水分が多く、足が早い 新鮮な分、普通のじゃがいもに比べて、 新じゃがのほうが水分が多めです。 そのため、実は 悪くなりやすいので注意しましょう。 じゃがいもは日持ちするイメージがありますが、新じゃがの場合は出来るだけ 1~2週間程度で食べきることをオススメします。 栄養が豊富! 新じゃがは、 栄養的にも優れています! 特に、 ビタミンCが豊富に含まれているので、 美容や疲労回復などにいいんですよ。 デンプン質のおかげで熱に強いので、 加熱してもビタミンCが壊れにくいという嬉しい特徴もあります。 しかも、野菜は 皮の近くのほうが栄養が多いと言われていますが、 新じゃがは皮が薄いため、皮ごと食べられるという特徴も! より 栄養を摂取しやすいというわけです。 保存方法に注意して ただし、保存には気をつけなくてはいけません。 冷たくし過ぎても、日光に当てすぎてもダメなんです。 日当たりがいいところに置くと発芽しちゃう! 日光に当ててしまうと、 発芽して「ソラニン」という有害物質が出てきてしまいます。 よく、 「緑色のじゃがいもは食べちゃいけない」とか 「じゃがいもの芽には毒がある」なんて言われますよね。 これは、このソラニンのせい。 食べると、 吐き気や頭痛、めまいといった症状が出ることがあります。 決して迷信ではないんですよ。 でも、冷蔵庫はNG じゃあ、出来るだけ涼しく、ということで冷蔵庫ならOKなのかというと、これもよくありません。 デンプンの一部が「糖」に変わってしまいます。 そうすると、例えばフライドポテトのように 高温加熱する料理を作ると、反応して アクリルアミドという 発がん性を持つと言われる化学物質が出来てしまうのです。 十分に注意したいですね。 新じゃがいももじゃがいもも、 新聞紙などでくるんで、常温の涼しいところで保存しましょう。 ちなみに、 リンゴと一緒に保存すると、より悪くなりにくいと言われていますよ。 子どもが喜ぶ!超簡単レシピ3選 最後に、 簡単かつ子どもが喜ぶ新じゃが料理をご紹介します。 新じゃがは、素材の味を活かした料理のほうが美味しく食べられるので、とっても簡単に一品完成しちゃいますよ。 丸ごとフライドポテトに! じゃがいもの素材の味を活かした料理といえば、やっぱり 定番のフライドポテトですよね。 元々手軽な料理ですが、新じゃがならさらに簡単! レンジでチンして中まで過熱した後、 丸ごと油で周りがカリカリになるまで揚げるんです。 塩だけの味付けでもいいですし、クレイジーソルトを使ったり、カレー粉を少しまぶしたりしてアレンジしてもOK。 手軽ですよね! 2. みんな大好き!じゃがバター そして、じゃがいもと言えば じゃがバターも有名です。 こちらはフライドポテトよりさらに手軽。 レンジで加熱した後半分に割って、常温に戻しておいたバターと、お好みで塩やこしょうをふります。 通常のじゃがいもはホクホク感が楽しめますが、新じゃがは水分が多いので、どちらかというと しっとりした美味しさが味わえますよ。 ジャーマンポテトも美味しい ジャーマンポテトもオススメです。 材料も、 (新)玉ねぎとソーセージやベーコンを用意するだけなので手軽。 茹でるかレンジで 新じゃがを過熱したあと、 オリーブオイルを敷いて焼き色をつけます。 大きさはお好みですが、半分に切る程度で大丈夫です。 一旦じゃがいもをとりだしたら、 にんにく、玉ねぎ、ソーセージ or ベーコンを炒め、最後にじゃがいもを戻して 塩・こしょうします。 パセリなどで彩を加えたら完成です! この時期だけの食材を味わって 子どもと「新じゃがと普通のじゃがいもは何が違うかな?」と一緒に考えてみるのも、食育になっていいですね。 調理が簡単な料理が多いので、子どもの年齢に合わせてお手伝いも出来そう! 包丁やコンロには近づけさせられない小さい子でも、じゃがいもを洗うお手伝いなら危なくないですよね。 食べられる時期が限られる新じゃが。 じゃがいもが嫌いな子は多くないと思うので、ぜひ親子でしっとりみずみずしい味を堪能してくださいね!.

次の

ジャガイモ/じゃがいも/馬鈴薯/ばれいしょ:旬の野菜百科

じゃがいも 時期

もちろん、暖地や中間地、寒冷地という風に、 栽培する地域の気候によって、植え付けの適期は前後します。 けれど、植え付け適期の間に植え付ければ、 それだけ栽培成功の確率は上がります。 では、もしジャガイモの植え付け時期が遅い場合、 どのような不都合が起こるのでしょうか。 地中から芽を出すのには時間がかかります ・発芽が遅れる ジャガイモのタネイモを植え付けた後、 なかなか地上に芽が出てこずにやきもきすることがあります。 3月上旬にタネイモを植えたのに、 実際に芽が出てきたのは4月に入ってから、ということも多いです。 植え付けから1ヶ月も経っていると、気温も上がってくるので、 温度が高くなったら芽が出るように思えますが、実はそれほど単純ではありません。 もちろん、温度の変化によるところが大きいですが、発芽のスイッチが入った後、 すぐにタネイモから芽が出てくるとは限りません。 タネイモの上には土がかぶっているということもあり、 タネイモから芽が出始めてから地上に顔を出すまで、 どうしてもある程度の時間がかかるのです。 タネイモから芽が出て地上に出てくるまでにかかる時間は、 気温が上がってもそれほど変わらないので、 植え付け時期が遅いと、それだけ芽が地上に出るのが遅くなります。 タネイモの植え付けが遅いと収量も落ちます ・収量が落ちる 芽が地上の出るのが遅くなれば、その後の生育も少しずつ遅れていきます。 生育スピードがピークの時期は、植え付け時期が極端に遅くなければ、 他の適期に植え付けたジャガイモとそれほど生育に差がないように見えます。 けれど、実際に収穫してみると、その差が目に見えて分かる場合があります。 地上部の生育にそれほど大きな差が見られなくても、 地上で茂った葉で光合成して作った養分の量は、芽が早く出た方が多くなります。 作られた養分が多ければ、その分地下のイモにたくさんの養分が回りやすくなり、 イモ1個が大きくなりすいです。 つまり、早くに葉が展開して光合成を始めた適期に植えたジャガイモの方が、 植え付けが遅かったジャガイモに比べ、収量が増える傾向にあるのです。 家庭で栽培して消費する分であれば、 多少の収量変化で死活問題になることはありません。 けれど、せっかく育てるのであれば、きちんとした時期に植え付けを行い、 順当に生育させた方が収量も上がり、栽培の楽しみも増えます。 それは、催芽処理=芽だしがうまくいかなかった場合です。 催芽(育芽)は、植え付ける1ヶ月ほど前から、 タネイモに光を当てて芽出しを促す方法です。 通常であれば、1ヶ月もあればタネイモから芽が出てきますが、気温や気候、 光の当たり方、ジャガイモの品種や状態によっては、 なかなか芽が出てこないことがあります。 催芽処理をしておくと、すでに芽が出た状態のタネイモを植え付けることができるので、 欠株が少なくなり、植え付け後の発芽もスムーズに行えるのがメリットです。 タネイモから芽が出たらすぐに植え付けようと、畑の準備も万端にしておいたとしても、 芽がなかなか出てこなければ植え付けることができません。 個人の判断によって、芽出しを待たずに適期内に植え付けるか、 それとも少し遅れたとしても芽出しをしてから植え付けるかが変わります。 どちらにしても成功する可能性と、失敗する可能性があるので、 どちらが良いということはいえません。 けれど、きちんとした環境で芽出しを行っているのに芽が出ないタネイモは、 芽が出ない何らかの原因があると考えて良さそうです。 その場合は、急いで変わりのタネイモを準備し、植え付けた方が良いでしょう。

次の

ジャガイモ 植え付け時期 遅い

じゃがいも 時期

16世紀にヨーロッパに伝わり、それ以来世界各地で親しまれるようになった野菜です。 今では、ロシアやドイツなどそれぞれの国々で、ジャガイモが主役になっている名物料理もたくさん見られるようになりました。 日本には江戸時代には既に入ってきていて、甲府などで栽培が奨励されていたという記録が残っています。 「男爵」は粘りがなく、火を加えるとホクホクする反面、荷崩れしやすいですね。 一方メークインは粘りがあり、煮崩れしにくいからなんです。 今日では、いろいろと品種改良がなされ、「キタアカリ」など、より美味しいジャガイモが登場しています。 2016(平成28)年産で見ると全国の78%を占めています。 北海道では主に春に植え、秋口に収穫されます。 長崎や鹿児島も多くこのあたりでは年に2回収穫期があります。 冬に植えられた物が春4月から5月頃に新じゃがとして収穫され、夏の終わりに植えられた物が冬に収穫されます。 あえて、主産地に関して言えば、北海道の様に春に植え付けて夏過ぎに収穫されるものと、暖かい地方で栽培される冬に植えて夏前に収穫される物とあります。 基本的に寒い土地の野菜なので、北海道が全体の7割ほどを占めています。 貯蔵されずに、収穫後すぐに出荷され、皮が薄くみずみずしいジャガイモです。 これは春3月頃から鹿児島や長崎など九州産を中心に出回り始め、収穫前線が北上し6月頃まで続きます。

次の