ネズミ 講。 プロに頼まず自分でできるねずみ駆除の方法まとめ

クイーンズヘナはマルチですか?

ネズミ 講

再回答です。 結論的には「理論的には訴えることは可能だが、現実的には不可能」ですね。 まず、この手合いの会社は資産や資力がない場合がほとんど残っていないので、訴えたところで無駄ですね(この場合恐らく祇園などに消えてる事かと…) 次に、被害額が小額なので集団訴訟で勝訴しても数分の一から数十分の一返って来たら御の字ですね。 仮に個人で提訴しても、回収額及び弁護士費用等から考えても効率的ではなく弁護士が受諾しないので現実的には不可能でしょう。 (よほど奇特な弁護士と深い親交があるなら不可能ではないでしょうが…) ですから、集団訴訟の被害者弁護団に任せるか、勉強代だと思って諦めるしかないでしょう。 マルチに注ぎ込む位なら、宝くじでも買う事をお勧めします(笑) 取り急ぎ回答まで。 ANo. で、それは誰ですか? 会社なら会社が対象になりますし、 >また、知人を勧誘したネズミ講組織では中間位の人 >(ある意味被害者であり加害者)の人を訴える事は可能なのでしょうか? という話がありますが、払った相手がその人ならその人が対象です。 で、第二に… 断定はできませんが、どちらにしても、難しいんじゃないかなと思います。 というのも、たぶんその友人も 言葉を知っていたかどうかはともかく それがねずみ講だと知っていて 「一発儲けたれ」と思ってお金払ったんじゃないでしょうか? 結果として自身は誰も誘わなかったとしても……。 そうだとすると、友人もまた違法なことを加担してお金を払っていることになるので、 そういう風に払ったお金を返せという権利はないとされています。 民法708条・不法原因給付 法律は「自分も不法なことをした結果した損なんぞ知ったことか」という姿勢なんです。 今回がそうかどうかはなんとも言えませんが…可能性はあると思います。 A ベストアンサー >どんなに証拠があろうとも通常は逮捕されないということでしょうか? 「逮捕」というのは、違法行為が明らかであっても、現場に駆けつけた警察官が証拠を確認したとしても、令状がなければ実行できません。 令状無しに逮捕出来るのは、司法警察職員が犯行を現認し現行犯人を逮捕する場合(現行犯人をその場で逮捕。 俗に言う「現行犯逮捕」)と、逃走や証拠隠滅の恐れがある為に逮捕令状の発行を待っていては手遅れになる場合(「緊急逮捕」)に限られます。 貴方が警察官を呼び、警察官に犯罪の証拠を提示しても、警察官は「任意同行を求めて事情聴取する」しか出来ません。 逮捕令状が出てませんから。 >それと逃亡する可能性というのはどのような状況ですか? 身分や氏名を明かさずに、正当な理由なく任意同行を拒否し、その場から逃走しようとした場合です。 「任意同行を拒否し、逃走しようとした」のであれば「犯行を自供したも同然」です。 悪い事をしていないなら、身分を明かし、堂々と任意同行に従って警察へ行って弁明すれば良いのですから。 犯罪行為を行ったと自覚しているから逃げようとした訳で、被疑者が逃げようとした場合は司法警察職員が逮捕令状無しに緊急逮捕する事が出来ます。 なお、科料になるなどの軽微な犯罪の場合、被疑者が住所不定か、任意出頭に応じない場合しか、逮捕する事は出来ません。 なので住所氏名が判明していて任意出頭に応じた場合、逮捕する事は出来ません。 そういう訳で「たとえ警察官が、覆しようがない確固たる証拠を確認しても、裁判所に逮捕令状を請求し、逮捕令状が発行されるまでは、逮捕できない」のです。 それに「証拠や捜査資料をもとに、逮捕令状を出すかどうかを判断するのは、裁判官の役目」であって、警察官には逮捕して良いかどうかの判断は出来ません。 警察官が逮捕して良いかどうか判断して良いのは「現行犯逮捕」か「緊急逮捕」の時だけです。 >どんなに証拠があろうとも通常は逮捕されないということでしょうか? 「逮捕」というのは、違法行為が明らかであっても、現場に駆けつけた警察官が証拠を確認したとしても、令状がなければ実行できません。 令状無しに逮捕出来るのは、司法警察職員が犯行を現認し現行犯人を逮捕する場合(現行犯人をその場で逮捕。 俗に言う「現行犯逮捕」)と、逃走や証拠隠滅の恐れがある為に逮捕令状の発行を待っていては手遅れになる場合(「緊急逮捕」)に限られます。 貴方が警察官を呼び、警察官に犯罪の証拠を提示し... Q 夏頃から、身内がマルチ商法にはまってしまっているようです。 部屋にはサプリメントが山ほど置いてあり、買っているみたいです。 商品名・社名からネットで色々調べた結果、マルチ商法だとわかりました。 貯金もないのにいつか借金をしてしまうのでは…と心配です!! 月々いくらかわかりませんが口座から引き落としもあるようです。 本人は頑固でひとの言うことを素直に聞きません。 ですがこのまま放っておくわけには行かないのでどうしても辞めさせたいのです。 マルチ商法にはまっている人を辞めさせる説得は難しいとわかりました。 こうやって説得した方がいいとか、こうやって辞めたなど、 どんなことでもいいので教えてもらえませんでしょうか? どうぞよろしくお願いします。 A ベストアンサー #2です。 私が書いた方法?経験談は、私が勧誘された会社?の場合であって、その社のセミナーには多少イカツイ人間もいましたが、全く眼中に無かったです。 マルチ社は、今や色んな社があって、方法や儲かる理由付け、メンバー構成も変わってきます。 顔見せ(社の存在を明らかにしない)のない社は無いと思ってます。 もしあったとしたら、そこに手を出す人間は、勝手にどうぞ、痛い目にあって絶対知らないよ!ですよね? 「ねずみ講」・「マルチ」が、今や「ネットワークビジネス」と綺麗に名前(呼び名)が変わってきています。 しかし、月額があるというのは解りません。 」という事ですよね…?。 それはメンバー全員に当てはまる事ですので…、この望みにかける人間達の集まりです。 質問者様の身内の方も、今の段階でもうすでに誰かのネットワークの一部になっているので、やめる事にも追手は必ず来ます。 「みんなに広がる前に、ネットワークの頭的存在になっておきましょう!」も、勧誘文句の一つです。 マルチ社内にもランキング(役職?)があり、そのランクのよって収入(自分の下の人が買った金額のバックマージン)も変わってきます。 ここで一番危険?なのは、あと*ポイント(??円誰かが購入すれば)で自分や、自分のネットワークの上にあたる人がランクアップする!という場面に接した時です。 自分のネットワーク内での事なら収入アップは間違いありませんが、自分の上にあたる人のランクアップによって、自分の収入にも変化のある社もある様なのです。 こうなった時、マルチにはまってる人で、今後行き詰った人の、今後の借金…これは間違い無い事だと思いますよ。 借金額の倍以上の収入を得られる(可能性?)を信じてやってますから…。 こういう事の成功者がいなければマルチは成り立ちませんし…。 一種の「夢物語」ですよね。 「夢」から覚めるのは、コレは「夢」だった…と、本人がしっかりと認識しなければ出来ません。 要するに本人が「やめよう!」と思わなければ成立しない事なんです…。 借金や友達を無くす等、痛い目に会うとか…。 質問者様も、騙されたと思って、この身内の方のネットワークの一部になって、痛い目を見てみますか?でも、もし成功した時は、あなたはこのネットワークを紹介してくれた身内の方を神様と思うでしょうね…?成功の可能性はある話なんです。 あなたががんばれば! それとも、こんな夢からはやく覚めて欲しい・どうしてもやめて欲しいから、ちょっと怖いかもしれないけど、身内の為に体張ってセミナーがあるなら体験して決断(否定)してみます? こんな感じになってくると思います。 WEB上を調べれば、何処が危ない社?かも解ると思います。 悪質なネットワークビジネス社でない事を願いますが…。 #2です。 私が書いた方法?経験談は、私が勧誘された会社?の場合であって、その社のセミナーには多少イカツイ人間もいましたが、全く眼中に無かったです。 マルチ社は、今や色んな社があって、方法や儲かる理由付け、メンバー構成も変わってきます。 顔見せ(社の存在を明らかにしない)のない社は無いと思ってます。 もしあったとしたら、そこに手を出す人間は、勝手にどうぞ、痛い目にあって絶対知らないよ!ですよね? 「ねずみ講」・「マルチ」が、今や「ネットワークビジネス」と綺麗に名前(... Q 消費者センターについて教えてください。 以前に似たような質問をして、法的な訴えはムリだとわかったのですが、とあるセミナーを受け、途中でやめてしまったため、悪質業者に名簿が流れてしまいました。 そのセミナーに苦情を言って一度は返事が帰って来ました。 名簿流出の事態について緊急会議を行い、対応について返事をすると言ったっきり、4~5ヶ月経っても一向に返事が来ません。 消費者センターにこのセミナーの事を訴えたいと思っているのですが、消費者センター側では、このセミナーに警告などをしてくれるのでしょうか? 法的な訴えはムリなのはわかりましたが、このまま野放しでは他にも名簿を流されてしまう人が出ると思いますし、「このまま何も言って来ないので放っておこう」という相手に対して、怒りを表したいのですが。。。 A ベストアンサー 消費者センターでは、まずあなたが何をして欲しいのかを聴きます。 訴えることや法的な規制力はないはずですが、企業側はかなりびびることが多いです。 一番簡単な例としては、返事をすると言ってこない、いつ来るのか、とプッシュする、ということはしてもらえます。 ただ自分でも何度か連絡すると言う努力が必要です。 一度電話しただけと言うのでは、もう一度掛ければ返事がもらえるのではないですか、と言われることも。 消費者センターから電話が行くと、企業側としてはかなりびびってすぐに何らかの動きが出ることが多いです。 私の場合、センターから電話を受けた企業が、内容を確認すると言って電話を切り、すぐに私に電話をしてきてその件はすぐに対応する(もしくはいついつ行く)からと言い訳をし、そのあとで企業が消費者センターに電話をして「あの件はもう解決してます」と言うケース。 センターからは企業さんは解決してるって言ってますが本当ですか、と電話が入ります。 解決はしていないがそれに向けての動きがあったと言うことを話すと、ではこの件は解決と考えていいですか、と聴かれるのでOKであればセンターの仕事は終わりです。 企業側にもっと具体的な対応を望む場合は(何らかの保障など)、センターの人に相談してください。 ちなみにセンターの人はお悩み相談室ではないので、非常にドライな対応ですがめげないで相談すれば大丈夫です。 その際は、いつどんなことがあっていつ誰に電話をし、ということを詳しく聞かれますのでわかる範囲で思い出しておいてください。 消費者センターでは、まずあなたが何をして欲しいのかを聴きます。 訴えることや法的な規制力はないはずですが、企業側はかなりびびることが多いです。 一番簡単な例としては、返事をすると言ってこない、いつ来るのか、とプッシュする、ということはしてもらえます。 ただ自分でも何度か連絡すると言う努力が必要です。 一度電話しただけと言うのでは、もう一度掛ければ返事がもらえるのではないですか、と言われることも。 消費者センターから電話が行くと、企業側としてはかなりびびってすぐに何らかの動き... A ベストアンサー 訴訟費用負担は、判決に書かれます。 誰が全額負担・誰が何割など 請求できる訴訟費用は、 民事訴訟費用等に関する法律・規則 で決まっています。 あなたが原告で全面勝訴の場合をお答えします。 印紙代、 裁判所が使用した切手代、 訴状や準備書面・証拠の提出費用 確か一回1000円程度 、 裁判所に出廷した日当 一回4000円弱・遠隔地だと2日分 、 交通費 直線距離で算出 、 証拠 医師の診断書とか の取得費用 実費+160円 宿泊費 遠隔地の場合 などです。 弁護士費用は訴訟費用としては、もらえません。 損害賠償の場合のみ判決でもらえますが、裁判所が認定した額だけとなります。 判決確定後、 「訴訟費用額確定処分申し立て」を 第一審の裁判所に申し立てます。 相手が異議申し立てをすると、また裁判です。 民事訴訟法121 その後、 「訴訟費用額確定処分」の正本が送られてきます。 これでも強制執行可能です。 民事執行法22 全面勝訴でない場合、申し立てる人は皆無です。 たとえば半々の判決が出ても、相手が遠隔地だと払う必要があるため。 申し立てる人の割合は、簡裁で0. 私は全面勝訴で「訴訟費用額確定処分申し立て」 やったことがありますが、そこそこもらえます。 平成16年より前でしたので、今よりもらえました。 当時は、日当は8050円・交通費も実費でした。 訴訟費用負担は、判決に書かれます。 誰が全額負担・誰が何割など 請求できる訴訟費用は、 民事訴訟費用等に関する法律・規則 で決まっています。 あなたが原告で全面勝訴の場合をお答えします。 印紙代、 裁判所が使用した切手代、 訴状や準備書面・証拠の提出費用 確か一回1000円程度 、 裁判所に出廷した日当 一回4000円弱・遠隔地だと2日分 、 交通費 直線距離で算出 、 証拠 医師の診断書とか の取得費用 実費+160円 宿泊費 遠隔地の場合 などです。 弁護士費用は訴訟費用とし... Q 最近、株で儲ける系の本とか雑誌が氾濫し、株式市場が賑わっているようですが、実際のところファンダメンタルズだのテクニカル分析など学んで儲けている人ってどれだけいるんでしょう? ファンダメンタル的な指標は、あくまで過去のデータの蓄積にすぎないし、テクニカル分析は現実の株価の動きに適合しずらい気がします。 ボクはこういった本全般は、ただひとえに証券会社が儲ける為の大規模な宣伝活動でしかなく、また、一部の株で運よく儲けた人達の思い込みで構成された、印税目当ての出版にすぎない気がするのです。 だれか、ファンダメンタルズ、もしくはテクニカル分析を駆使して本当に儲けている人がいれば、教えて下さい。 また、逆にそれらを使っても全くダメでした、こんなに存しちゃいましたという人にも体験談をいただければと思います。 A ベストアンサー 経済産業省のホームページにアースウォーカーに対する取引停止命令と行政処分についての発表があります。 どういう違反があったか、どのような勧誘事例があったか等、この件について色々と記されており参考になると思います。 meti. pdf また、被害者がアースウォーカーに対して起こした損害請求の裁判の判決が2006年7月に埼玉地裁で出ており、ここの判決文も参考になると思います。 courts. pdf Q マルチ商法をしている友達の誘いの断り方・・・ 十数年来の友達が最近マルチにはまり、周りからそれマルチでしょ?と言われても一向に冷めず、突き進んでいるのですが、その友達が私を誘います。 普通に食事と思っていたことものちのちセミナーへと連れて行く手順のうちだったこともありました。 そんなことがあり、しばらく疎遠にしていたのですが、去年の暮れに他の共通の友達も含めて会いました。 もともと世話好きのお誘い好きのいい人なのですが、まだ夢から覚めておらずセミナーには誘わないもののいろいろ商品を勧めてきます。 遊びに行こう セミナーとかではないと思う・・・ と誘われたのですが、気が進みません。 しかし、いつが空いている?または10日間ほど候補日を提示されど日がいい?というような誘い方で断り方が難しいです。 この場合どうやって断りますか?断り文句を教えてください。 決して嫌いではないのです。 気が進みません。 共通の友達もそれぞれその友達と距離を置いている感じです。 A ベストアンサー どこの会社か教えてください。 マルチ(連鎖販売取引)か否か以前に、その友人さんは完全に違法行為をしています。 騙してセミナーに連れていくのは違法です。 普通はしつこい勧誘も違法だからしないんですけど、そんな異常な状態だと聞く耳持たないですよね。 「あなたのしつこい勧誘が迷惑だ。 その勧誘内容に興味はないし、今後は一切その勧誘はするな」とはっきり言いましょう。 「忙しい」とか「お金が無い」「誰かに反対されている」「体調が・・・」などと理由をつけて断ると、相手はその理由になっていることを解決しようとしてきます。 そういうマニュアルが出来ているのです。 へんに理由はつけずに「興味ない」「やらない」と言えばいいのです。 上記の断りでも、相手が洗脳状態なら通じません。 そのときは「あなたの勧誘は特定商取引法に違反もしている。 」と指摘しましょう。 距離をおくのが一番です。 消費生活センターに相談の上、マルチの会社に苦情を言って行動を改めさせる方法もあります。 でも、それは相手の家族のやることかなって思います。 友人さんは犯罪行為を重ねて周りから人が去り、経済的にも逼迫してきて、時間がたてば目がさめると思います。 どこの会社か教えてください。 マルチ(連鎖販売取引)か否か以前に、その友人さんは完全に違法行為をしています。 騙してセミナーに連れていくのは違法です。 普通はしつこい勧誘も違法だからしないんですけど、そんな異常な状態だと聞く耳持たないですよね。 「あなたのしつこい勧誘が迷惑だ。 その勧誘内容に興味はないし、今後は一切その勧誘はするな」とはっきり言いましょう。 「忙しい」とか「お金が無い」「誰かに反対されている」「体調が・・・」などと理由をつけて断ると、相手はその理由に... Q どの段階から恐喝罪になるのか? わけが合って、相手がものすごい理不尽なことをしてくるのに対して、こちらは法的な手段では勝つことができないのですが、その理不尽なことに対して受け入れるのが無理で、逃げることもできないのですが、 どうしても受け入れられないため、このままでは頭がおかしくなって、相手に対しても危害を加える 下手したら事件になるようなレベルのことになってします可能性も ことになってしまうでしょう。 こうならないためにも、理不尽なことをしてくるのに対して、脅かしてできないようにするしか双方の利益になる可能性がないので遠回しに脅かそうと思っているのですが、恐喝罪に問われるような脅かし方はするべきではないと思っているので、恐喝罪に問われない方法についてどなたか法律に詳しい方回答お願いします。 A ベストアンサー 恐喝罪は、財物の交付を目的とします。 ですから、あなた様が相手方に財物を交付させるつもりなのであれば恐喝罪の前提が出来ます(刑法第249条)。 財物の交付が伴わないのであれば、別の犯罪の可能性があります。 生命身体自由名誉もしくは財産に対して害を加える旨を告知して脅迫し義務無きことを強いる、権利の行使を妨げるのであれば強要罪(刑法第223条)。 生命身体自由名誉又は財産に対して害を加える旨を告知して脅迫すれば脅迫罪(刑法第222条)です。 判例では 「必ず不幸が起こる、君も妻子があるから、よく考えたらどうか」や、「出火御見舞申し上げます、火の元にご用心」等は、脅迫罪の成立が肯定されています。 相手方が実際に畏怖しなくても上記犯罪が未遂となる場合もあります。 そういった行為は自重するべきでしょう。 あなた様が加害者になると社会的地位は失墜します。 相手が理不尽なことを言っているのであれば専門家に相談するべきでしょう。 想像もしなかった解決手段を提示してくれるはずです。 A ベストアンサー 広い意味では脅し文句にはなるとは思いますが、 質問の趣旨は脅迫罪になるかどうかという意味ですか? Wikipediaの脅迫罪の記事を見ると、 (脅迫)第222条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、2年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する。 2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。 とあり、さらに、 Wikipedia引用 「一般人が畏怖するに足りる」ものであればよい。 「殺す」という言葉のほかに、「刺す」「しばく」「どつく」「殴る」「埋める」なども該当し、「何をするかわからない」などと暗に加害行為をすることを告げる場合でも成立する。 必ずしも犯罪行為に限られないというのが判例である。 正当な行為を告知して脅迫になるのはおかしいという学説もある。 「お前の不正を告発するぞ」と言った場合、真実の追究が目的ではなく、単に畏怖させる目的であれば脅迫罪は成立する(大判大正3年12月1日刑録20輯2303頁)。 という記事もあり、状況や内容にもよる気がします。 wikipedia. 2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。 とあり、さらに、 Wikipedia引用 「一般人が畏怖するに足りる」ものであればよい。 「殺す」という言葉の...

次の

ねずみ算

ネズミ 講

コンテンツ• フォーデイズはネズミ講なの? もしもフォーデイズがネズミ講なのであれば、知らないうちに違法なビジネスに勧誘されていた…なんて事になります。 もし知らずに参加していたらと思うと、怖くありませんか? 私なりに色々と調べていくと、フォーデイズはネズミ講ではなく「マルチ商法」だとも言われています。 「フォーデイズは違法なビジネスではないですよ」といった情報もあったりします。 どれを信じていいのか分からなくなってしまいますよね。 もしあなたがフォーデイズに誘われたら、どうしますか? そんな時のために 「マルチ商法」とはなんなのか、「ネズミ講」とはなんなのか フォーデイズは本当に「違法なビジネスをしているのか?」 それとも「真っ当なビジネスなのか?」というところを解明してみました。 ネズミ講っていったい何? 世間では、フォーデイズなどのネットワークビジネスは詐欺まがいのビジネスだと思っている人が多いですよね。 特に今の40代以上の方のほうが、ネットワークビジネス=詐欺 だと思っている人が多いのではないでしょうか。 でも、ネズミ講とマルチ商法、この二つは全く違うものなのです。 「ネズミ講」は、商品は一切介さず「金品のみの受け渡し」が目的となります。 ネズミ講というのは俗称のことで、正式には「無限連鎖講(むげんれんさこう)」といいます。 「無限連鎖講」とは、下記のように定義されています。 組織の会員になるには、(紹介者への)金品の支払いが必要であり、自分が会員になると次は、一人会員を増やすごとに、紹介料として「一部の金品」を得ることができる。 そうやって、親会員から子会員へ、子から孫へと無制限に増殖していき、一番上の親が最も儲かるシステム 上から下へ、どんどん「会員」を増やしていき、入会金として徴収したお金は、半分は紹介者へ・もう半分は「創始者や初期のメンバー」で山分けするといった分配方式を取ります。 分配方式は、組織によって色々なパターンがありますが、ピラミッドの一番上が儲かり、下にいけばいくほど儲からないことは共通しています。 日本では、ネズミ講(無限連鎖講)は、法律によって禁止されています。 この法律によって、ネズミ講を開設・運営することはもちろん、ネズミ講に加入することや、加入することを勧誘すること、また、これらの行為を助長する行為も禁じられています。 「無限連鎖防止法」の第三条 何人(なんぴと)も、無限連鎖講を開設し、若しくは運営し、無限連鎖講に加入し、若しくは無限連鎖講に加入することを勧誘し、又はこれらの行為を助長すること(行為)をしてはならない。 つまり、ネズミ講は犯罪です! フォーデイズは『マルチ商法』 真っ当なビジネスだった! フォーデイズなどのネットワークビジネスは『マルチ商法』といいます。 広告費や店舗の人件費をかけずに、口コミで販売をします。 ネズミ講は無限連鎖講という名の通り、無限にトップレベルが末端まで収入を取ることができるため、先に始めた人が必ず儲かります。 それに対して、フォーデイズなどのマルチ商法は範囲が決まっているため、後から始めた人でも収入を抜かすことができるのです。 範囲は、その会社によってまちまちですが、トップレベルが儲かるビジネスと、初心者でも頑張りしだいで儲かるビジネスがあります。 しかし、特定商法取引の中でマルチ商法にも厳しい規制は入っています。 マルチ商法の違法な勧誘方法 ・不実の告知 ・事実の不告知 ・脅迫したり困惑させる ・公衆のいない場所での勧誘 ・誇大広告 ・断定的判断を提供した勧誘 ・迷惑を覚えさせる勧誘 ・書面交付義務違反 ・判断力不足に乗じた勧誘 ・取引停止命令に違反する行為 フォーデイズの勧誘であることを告げず、友人知人をカフェに呼び出して勧誘行為をすれば、それは違法になるということです。 また、「これを飲めば、がんが治る」などと言うのは、断定的判断を提供した勧誘といえます。 マルチ商法の勧誘行為は、きちんと理解して行わないと、犯罪になってしまいます。 マルチまがい商法も違法です! 実はマルチまがい商法という言葉は、今ではあまり使われていないようです。 かつて特定商取引法で規制しきれなかった悪質なものが、「マルチまがい商法」と呼ばれていたということです。 一見マルチ商法のように見えるビジネスですが、実はマルチまがい商品は原価と価格が釣り合わない設定なっています。 例えば、 100円の原価のサプリメントを3万円で売る 原価3,000円の美顔器を20万円で売る いわゆる、ぼったくりのビジネスは、マルチ商法には入りません。 結局は一見マルチ商法に見せかけた、違法なネズミ講と分類されます。 マルチまがい商法で扱う商品は高額なことも多く、販売員が購入してもなかなか転売できません。 販売数のノルマがあることもあり、末端の売れない販売員が大量の在庫を抱えることがありますよね。 彼らがいくら損をしようが借金をしようが、トップレベルだけが得をするようになっています。 販売する商品があるかないかが違うだけで、末端から巻き上げたお金で儲けている点では、実質的にマルチまがい商法とネズミ講は同じということです。 まとめ ・ネズミ講は、完全に犯罪(違法)である ・マルチ商法は商品の販売を目的としている ・マルチまがい商法はネズミ講と同じ犯罪です フォーデイズなどのネットワークビジネスは、『ネズミ講』ではなく、『マルチ商法』だということがわかってホッとしていると思います。 ですが、販売方法を間違ったり、強引な勧誘を行えば、違法行為となりますよね。 ほんの一部の人が違法行為を行うことで、ネットワークビジネスが詐欺まがいのビジネスだと思われるのは、とても残念なことです。 ネズミ講とマルチ商法の違いを理解して、違法なビジネスをやらないように気を付けたいですね。 声をかける人がいなくなって、困っていませんか!? ネットワークビジネスで一番怖いこと・・世の悪いイメージ「友達の信用すら失ってしまう」と言う事。 ビジネスを切り出せない。 勧誘する相手が友達以外に簡単に見つからない。 なら、もう稼ぐことをあきらめるしかありません。 でももし、その人脈が無限に増えていき、しかも相手の方から「話を聞かせてほしい」と言ってくる方法があるとしたら、あなたは興味ありますか?.

次の

効果的なネズミ駆除の方法は?正しい手順で家のネズミを簡単・安全に退治する!

ネズミ 講

「ネズミを駆除したい!」 「できれば家にあるものを使って、自分で駆除できないかな?」 こんにちは!みんなのネズミ駆除屋さんの中村です。 ネズミが家に現れたら一刻も早く駆除したいですよね。 そしてできれば、 そんなにお金をかけずに、 家にあるものを使って駆除したいところだと思います。 「でも家であるもので駆除なんてできるのかな…」 結論から言うと… できます! この記事では、• ネズミ駆除の罠の作り方• 罠を作るときの注意点• 罠の設置場所 について、お話していきたいと思います。 合わせて、お客様にも聞かれることの多い 「捕獲したネズミはどうしたらいいの?」という質問についても解説します。 読み終えたらすぐに駆除を始められますよ。 「まずは手軽に駆除したい!」という方は必見です。 では早速、お話ししていきましょう。 誰でも作れる!とても簡単な罠の作り方 では早速、罠の作り方を紹介していきます。 こちらの記事で紹介する罠は二つです。 ちょっと少ないなと思われるかもしれませんが、どちらも• 自分で簡単に作れる• 捕獲効率がいい(一度の設置で何匹も捕獲できる) という点でとても優秀な罠です。 ぜひ試してみてください。 と、その前に。 ネズミ駆除の罠を自分で作るとき、二点ほど 注意してほしいことがあります。 罠を素手で触らない• 捕獲後の処分方法を考える この二つです。 これらを守らないと、せっかく作った罠が 十分な効果を発揮しないことがあります。 まずはこちらの注意点について紹介していきましょう。 素手で触ると 箱罠に人間の匂いがつき、ネズミに警戒されてしまうからです。 ネズミは非常に 警戒心が強い動物です。 嗅覚も人間の3倍ほど発達していると言われており、罠についた人間の匂いを簡単に嗅ぎ分けてしまいます。 作業がしにくくなるとは思いますが、せっかく作った罠がしっかり効果を発揮できるよう、手袋をして作業するようにしましょう。 使い捨てのゴム手袋が作業がしやすく、オススメです。 ネズミが出没している場所、通り道にされていそうな場所の壁際にピッタリくっつけて置きます。 ネズミのフンや足跡など、痕跡を手がかりに置く場所を決めましょう。 これらの痕跡をラットサインといいます。 ラットサインについては、こちらの記事の『侵入口をふさぐ - 家の中と外から防鼠する -』で詳しく解説しています。 ぜひ合わせて読んでみてください。 もみ殻の燃えかすを容器に入れ、ネズミがいそうな場所に置いておきましょう。 ネズミに限らず、野生動物は 火を連想させる匂いをとても嫌います。 山火事から逃げるために、本能的にこのような匂いを怖がるんです。 燃やしたもみ殻はまさに植物の燃えた山火事のような匂い。 忌避剤としてはうってつけなんです。 燃えかすを忌避剤として使うときは、火の気がないことを充分に確認して、本当に火事にならないように注意してくださいね。 バケツとペットボトルの罠 「捕獲したネズミはどうしたらいいの…?」 お客様からもよく聞かれる質問ですが、ネズミを捕獲したら自分で処分するか、山の深いところなどで逃すことになります。 そのとき、どちらにするにせよ 早めに決断をすることが必要です。 糞尿で家の衛生環境が悪化する可能性がありますし、ネズミは早いと2日エサを食べないだけで 餓死してしまうので、余計な苦しみを与えることになってしまうからです。 守るべき家族や家はもちろん、ネズミに余計な苦しみを与えないよう、早めに決断するようにしましょう。 まずは処分するときの注意点についてお話しして行きます。 ネズミの身体や糞尿を絶対に素手で触らない• 生きている場合は、噛まれないように注意する• 道具は捨てるか、洗浄・殺菌する ネズミの身体や糞尿を絶対に素手で触らない ネズミを処理するとき、 ネズミの身体は 絶対に手で触らないようにしましょう。 ネズミに限らず、野生動物の身体には ダニやノミ、細菌などがたくさん付いています。 直接触れると 健康を害する可能性があるので注意が必要です。 また、身体だけでなく 糞尿にも注意が必要です。 ネズミの糞尿には、発熱、腹痛、下痢、嘔吐などを引き起こす サルモネラ菌や、黄疸や出血、腎障害を引き起こす レプトスピラ菌など、危険な菌も潜んでいます。 作業をする時は手で直接触れてしまうことがないよう 必ず手袋やマスクをしましょう。 生きている場合は、噛まれないように注意する ネズミが生きている場合は、 噛まれないように注意しましょう。 ネズミに噛まれると、 鼠咬症(そこうしょう)や破傷風になる危険性があるからです。 作業をするときは必ず厚手のゴム手袋を着用し、噛まれることを防ぎましょう。 万がいち噛まれてしまったら… 噛まれないことが一番ですが、万が一噛まれてしまったときの対処法を紹介しておきます。 こすったりせず、傷口に刺激を与えないようにします。 清潔なタオルをあて、水分を拭き取ります。 柔らかい脱脂綿などに消毒液を染み込ませ、やさしく当てましょう。 ここでもこすったりしないように注意します。 噛まれてすぐは何ともなくても、時間が経って症状が出ることもあります。 自分で判断することなく、病院で診てもらいましょう。 道具は捨てるか、洗浄・殺菌する ネズミの駆除に使用した道具、つまり ネズミに触れた道具は 捨てるか、しっかり洗浄消毒しましょう。 先にも紹介した通り、ネズミの身体には 健康を害するようなものがたくさん付着しています。 被害を広げないためにも、捨ててしまうのがいちばん安全です。 まだまだ捕獲をする必要がある場合は、 しっかり洗浄し、次亜塩素酸ナトリウム系の消毒液で消毒しておくと安心です。 殺処分の方法 殺処分は心が痛むところだと思いますが、そうすると決めたならば迷わずに行いましょう。 迷いやためらいがあると、ネズミに余計な苦しみを与えてしまうことになります。 「ごめん」と手を合わせ、苦しむのが最小限で済むようにしっかりと処分します。 ここでは一番簡単な方法を紹介します。 バケツに水を貯めるか、または川や沼へ行き、ネズミを水につけて水死させます。 通常1分程で水死しますが、3分〜5分くらい水に浸けておきましょう。 中途半端なところで水から上げてしまうと、何度も苦しませることになってしまいます。 ここは徹底的にやるのが優しさです。 そうは言っても、ネズミが家を荒らして生活を脅かす害獣とはいえ、気の引ける作業であることは確かです。 「どうしてもできない!」 「やりたくない…」 という方のために、別の方法もこのあと紹介しています。 ぜひご覧になってみてください。 野山に放置する方もいらっしゃるようですが、他の人の土地にネズミの死体を放置するのは不法投棄になってしまいますので絶対にやめましょう。 どうしても自然の中へ返したいのであれば、自分の敷地内に死体を放置します。 ただし、カラスやヘビが近くにいないと餌になることなく、そのまま腐敗していきます。 衛生状態が悪化し、新たな被害を産む可能性もあるので早めに処分されることをオススメします。 どうしても自分で処分できないときは… ここまでは捕まえたネズミを処分する方法を紹介してきましたが、 「害獣とはいえ、ネズミを殺さなきゃいけないなんて…」 「罠の中にたくさんいたらどうしよう」 「自分で処分するなんて無理…」 と思われる方もいらっしゃると思います。 この記事で紹介した方法は捕獲効率の良い方法なので罠の中にたくさんネズミが捕まっているということは充分に考えられます。 そのようなときは捕獲したネズミを逃す、というのもひとつの方法です。 ただし、家のすぐ近くで逃すと、ネズミに再び侵入され、被害が再発することが目に見えています。 近くに民家などがなく、絶対に他の人の迷惑にならないような山の深い場所などに逃すようにしましょう。 お車での移動になると思いますが、おそらく移動中にもネズミは暴れ、色々なものを撒き散らしてしまいます…。 お車が汚れないよう ビニールシートを敷いたり、ゴミ袋で覆って空気穴を開けるなど、 対策はしっかりしてください。 または、はじめから 駆除を業者にお願いする、という手もあります。 駆除業者であれば、電話一本でネズミの駆除・処分、再発の防止まで全てやってくれます。 私が伺ったお宅でも、 「ネズミを捕まえるたびに逃がしていたんだけど、もうイタチごっこになってきたから駆除をお願いしたの」 というお客様がいらっしゃいました。 自分で駆除することや、捕獲したネズミの処分に少しでもストレスや不安を感じていたら、まずは相談だけでもしてみるとよいかもしれません。 私たち『みんなのネズミ駆除屋さん』でもネズミ駆除のご相談を承っています。 調査・見積もりまでは無料ですので、どうぞお気軽にご相談いただければと思います。 ネズミを駆除する罠の作り方や、ネズミの処分の方法をお話してきましたが、いかがだったでしょうか? この記事が、みなさんの手助けになれば幸いです。

次の