クック フォーミー。 電気圧力鍋「T

失敗なし!クックフォーミーで炊飯、ウマウマな米を炊くヒケツ大公開!

クック フォーミー

クックフォーミーは 圧力調理 ホットクックは 無水調理 クックフォーミーは圧力調理が出来るので、調理時間が圧倒的に短縮出来ます。 ホットクックは無水調理で水を使わずに料理を作ることが出来ます。 それにより素材の旨みを引き出し、栄養を逃しません。 予約調理が優秀なホットクック ホットクックの予約調理はかなり優秀。 朝セットして帰宅後にアツアツの料理が出来ているなんてことも出来ます。 さらにホットクックには予約開始時に一度熱を通し、食材の腐敗を防ぐと言う機能があるので夏場も安心です。 さらに上位機種(KN-HW16D、KN-HW24C)ではスマホアプリで外出先から出来上がり時間を変更することも出来ます。 クックフォーミーは予約調理機能が使えるのが白米・玄米のみ。 予約調理がしたいならホットクックを選びましょう。 スポンサーリンク クックフォーミーとホットクックの味を比較。 美味しいのは? どっちの方が美味しく出来るのか・・・ 私の個人的な意見では、ホットクックの方が美味しいです。 圧倒的にホットクックが美味しいという訳ではなく、クックフォーミーももちろん美味しいのですが、どちらか選ぶならホットクックです。 無水調理は本当に野菜の甘みが引き立ち、素材の美味しさを存分に味わえました。 こちらはホットクックで作った無水カレーですが、ハヤシライスかと思ってしまう位にトマトの旨みがギュッと濃縮されています。 ホットクックのまぜ技ユニットはやっぱりすごい ホットクックにはまぜ技ユニットという機能があり、調理中のかき混ぜると言う作業を自動でやってくれます。 写真はまぜ技ユニットで、こちらを本体に取り付けると自動でかき混ぜてくれます。 この機能により、味が均一に仕上がるのです。 クックフォーミーにはこの機能はありません。 クックフォーミーの方が美味しい料理もある ホットクックの無水調理を絶賛している私ですが、クックフォーミーの方が美味しい料理もあります。 こちらはそれぞれで作った肉じゃがです。 ホットクックは無水調理ですが、材料を一気に入れてスタートボタンを押しただけ。 具材を最初に炒めないからか、お肉がくっついてしまいました。 その点、クックフォーミーは圧力調理の前に具材を油で炒めたのでよりお肉がジューシーに仕上がりました。 肉じゃがはクックフォーミーの方が美味しかったです。 このように圧倒的に美味しさに差があるかと言うとそうではないんですよね。 作れるメニューの数が多いのはどっち? 内蔵されているレシピ数はどちらが多いのでしょうか? やはり作れるレシピのバリエーションが多い方が嬉しいですよね。 クックフォーミー クックフォーミー 60レシピ クックフォーミーエクスプレス 150レシピ クックフォーミーとクックフォーミーエクスプレスでは内蔵レシピ数が倍近く違います。 両者の違いについては以下の記事をご参照ください。 ホットクック KN-HW24C(2. 4L無線LAN対応) 155レシピ KN-HW16D(1. 6L無線LAN対応) 145レシピ KN-HT24B 143レシピ KN-HT99B 131レシピ ホットクックは現在4機種発売されています。 無線LAN対応の2機種はクラウドサービス『COCORO KITCHEN』に接続してメニューを増やすことが出来ます。 これからもメニューが増えるのでこれは嬉しい。 いずれもクックフォーミーよりホットクックのほうが、内蔵されているメニュー数が多いです。 操作しやすいのはどれ? 操作性はホットクックのKN-HW24C、KN-HW16Dとクックフォーミーは液晶画面で操作しやすい。 使いにくいのはホットクックKN-HT24B、KN-HT99Bです。 上の写真右下のものなのですが、表示が番号のみ。 材料や番号を確認してからでないと調理を始められないのが非常に面倒くさいです。 無線LAN対応ホットクックはスマホと連携 無線LAN対応のホットクック(KN-HW24C、KN-HW16D)は家族の嗜好や利用状況をサーバーに蓄積し、ぴったりのメニューを提案してくれます。 専用のスマホアプリ「COCORO KITCHEN」では• レシピ検索• 買い物リストの作成• 予約調理の時間変更 など様々な便利機能を使うことができます。 クックフォーミーには無線LAN機能がないので、ホットクック(KN-HW24C、KN-HW16D)の方が操作性が高いです。 時短家電として優秀なのはどっち? どちらの商品も時短家電というくくりですが、より時短効果があるのは クックフォーミーの方です。 ほとんどの内蔵レシピ・マニュアルレシピが、材料を切るところから料理完成まで1時間とかかりません。 15分や30分位で出来るものも多く、圧力調理の力を感じます。 上の写真のスペアリブは全部で30分かからず完成しましたよ! カレーも20分位で出来ます。 本当に早いです。 予約調理機能はないのですが、あっという間に出来上がるので予約する必要があまりないんですよね。 角煮はトロトロに仕上がるのはもちろん、なんと卵も一緒に入れて圧力調理出来ます。 ホットクックの調理時間はやや長め 一方のホットクックはクックフォーミーに比べて調理時間は長めです。 ホットクックは、「朝セットして出かけて帰ってきたら料理が出来ている!」と言うのが売りです。 腐敗しないように一度火を通すので衛生的にも安心なのは間違いないのですが・・・。 調理時間が長いレシピもある 無水カレーはホットクックでの調理時間だけで1時間5分。 材料を切る時間を入れたらもっとかかります。 他のレシピもクックフォーミーより時間がかかるものがほとんどです。 確かにホットくだけで出来ると言われれば時短・・・なのかな?と思うけど、待ち時間が長いです。 すぐに食べたい時には向いてない。 お手入れが簡単なのはどっち? 使うたびに洗う調理家電なので、お手入れの簡単さも選ぶ基準になります。 どちらも使ってみたのですが、若干ホットクックの方がお手入れが楽な気がします。 あんまり差は感じないのですが、クックフォーミーは小さい部品が多く、無くさないように気を遣うんです。 どちらも食洗器で洗えるのでそこはとても楽ですね。 どちらがおすすめ?比較してみた結果はこうなった 今一番最先端なのはホットクック(KN-HW24C、KN-HW16D)でしょう。 クックフォーミーよりも、無線LAN対応のホットクックの方がリードしていると言わざるを得ません。 これからもどんどんメニューが増え、それを本体に追加出来ると言うのは便利です。 ただし、これは上位機種のみでKN-HT24BとKN-HT99Bにはこの機能が備わっていません。 無水調理がしたい• 圧力鍋をすでに持っている• 圧力鍋ほど時短じゃなくても良い• 朝セットするのが苦にならない• 無線LAN機能が欲しい(KN-HW24C、KN-HW16D) こう思ったあなたはホットクックを選びましょう。 今買うなら絶対に無線LAN対応のKN-HW16DとKN-HW24Cがいいですね。 KN-HW24C こちらは2. クックフォーミーは忙しいあなた向け 私はホットクックもクックフォーミーも持っていますが、クックフォーミーの方が使用頻度が高いです。 ホットクックの魅力である予約調理ですが、子供がいると朝の時間はバタバタしていてセットするのが面倒くさい。 調理時間は約1時間くらいはかかるのでセット出来なければ時短家電のうまみはあまり活かせないのです。 このために朝早く起きるなら帰って来てからクックフォーミーで短時間で作る方が楽でした。 また、なべの中で炒めてそのまま圧力調理まで出来るのが嬉しいです。 洗い物も少なくてすむし、美味しく出来るのでこちらが良いですね。 ホットクックは朝セットして予約調理をするのが面倒くさい• 圧力調理の時短が魅力的• 炒める~煮込むまでやりたい このように忙しいあなたはクックフォーミーがおすすめです。

次の

ホットクック VS クックフォーミー ワーママの視点から徹底検証【保育園入園準備】

クック フォーミー

コンテンツ• クックフォーミーのメリットを二年使った私が教えます まず、一番のメリットはやはり何といっても 調理時間の早さ です。 これは時短家電の中でも群を抜くスピードだと思います。 クックフォーミーは圧力調理がメインなので、時短料理を作るには抜群の能力を発揮しますね。 調理時間だけ見て「肉じゃが3分!炊き込みご飯1分!」という訳にはいきませんが、トータルで見ても本当にめちゃくちゃ早いです。 【超速】こんなに早く料理が出来る! 以下、私が実際に作ってかかった完成までの時間です。 チキンのココナッツカレー 約20分• やわらかスペアリブ 約30分• 肉じゃが 約20分• 黒豆 約25分 これは、ほんの一例ですがほとんどの料理がトータル30分以内で出来上がります。 メインをクックフォーミーの中にぶち込んで、その間にお味噌汁やサラダなんかを作っていれば約30分ほどで献立が出来ます。 ただ早く作るだけではなく一見手の込んだ料理が美味しく早く作れるんですね。 こんな風にトロトロの角煮もあっという間に作れますよ!煮物系はクックフォーミーの得意分野。 和食好きの方いかかでしょうか? 調理法が4つも出来ると、マニュアル調理が活きてきます。 自分でレシピを探したり、考えて作ることも楽しいのでアレンジの幅が広がります。 人数に合わせて材料が変わる&調理工程をナビしてくれる まず、内蔵レシピで調理する時は写真のように2~6人前の中から量を選びます。 そうすると人数分の食材や調味料を表示してくれるんです。 また、ディスプレイで調理工程をナビしてくれます。 これが本当に助かる! 内蔵レシピで作るなら、他にレシピ本を見たりスマホでクックパットを見る必要もなく、作業が中断されないので楽ちんなんですよ。 珍しい・難易度の高い料理を簡単に作れる クックフォーミーの内蔵レシピは約60種類。 クックフォーミーエクスプレスは約150種類。 この中には作ったことがない・食べたことがないような珍しいレシピも数多くあります。 タコとオリーブのトマト煮• グヤーシユ• ビーフのブルゴーニュ風煮込み• エビのコリアンダー煮込み 例えばこんな料理、私は知りませんでした! たぶんクックフォーミーを買わなければ知ることもなかったと思います。 「なんか献立がマンネリ化してきたな~」と思ったら、珍しい料理に挑戦すると面白い。 新しい味の発見があり、レパートリーがぐんと広がります。 そしてなんとデザートも作れちゃうのです。 プリンやブリュレなどの手作りスイーツを簡単に家庭で楽しめるので、お子さんがいらっしゃる方には特に嬉しいポイントかと。 圧力の力で簡単にトロトロの煮込み料理が出来る スペアリブ、豚の角煮、チャーシュー等の料理を柔らかく美味しく作るのは結構大変です。 でも、クックフォーミーの圧力調理なら材料を入れてボタンを押すだけでトロトロの煮込み料理が簡単に作れます。 圧力鍋って、火加減を見て調節したり時間を測ったりする必要がありますが、こちらは全くそんな必要ありません。 圧力鍋の「シューシュー」する蒸気がなんか怖くて使って来なかったのですが、クックフォーミーなら自分で手をかけずに出来るので全然怖くないですよ。 お肉好きな方、トロトロ柔らかいお肉食べたくないですか? ちなみにこちらはクックフォーミーで作ったチャーシューを乗せました。 お肉が本当に柔らかく、トロトロですごく美味しいです。 クックフォーミーは肉好きの方はかなりハマるかも。 ローストポークを作ってみたレビュー記事はこちらです。 クックフォーミーのデメリットを正直にぶっちゃけます とにかくデカい、そして重い デメリットを一つだけ挙げるとするならば私は間違いなくこれを挙げます。 デカい!そして重い! 皆さんがクックフォーミーを買うか迷う理由のトップではないかと思います。 写真のようにティッシュと比較するとよく分りますが、高さ・奥行きともに大きいのです。 本体重量 6. 5kg 内容量6. ホットクックのようにサイズが選べればいいなとは思う。 これだけの大きさなので、設置場所に悩むところです。 購入前に設置場所の確保はマストです。 内蔵レシピは予約調理が出来ない クックフォーミーで予約調理が出来るのは、マニュアル調理の「圧力調理」のみです。 しかもそのマニュアル調理も、肉・魚介類・卵・牛乳などの生ものは悪くなるおそれがある為出来ません。 だから、朝準備して帰ってきたらカレーが出来てる!とかは出来ないのでご注意を。 毎回分解して洗うのが面倒くさい クックフォーミーは使い終わった後にパーツを分解して洗う必要があります。 金属ふた• バルブカバー• ボールキャップ• 減圧ボール• 蒸気口• 水受け これらの他に当たり前ですがなべも洗いますよ。 分解と言ってもすぐに付けたり外したり出来るし、簡単なんですが毎回洗うのはちょっと面倒くさいかも。 あと、パーツが小さいから失くしそうで怖い(汗) ただ、大幅な時短が出来るのでパーツを洗う1~2分など惜しくも何ともないのですが、お手入れが嫌いで一切したくない人は厳しいかも。 コンセントが本体に収納出来ない これ、地味に不満です。 家電ってコンセントを引っ張ると「シュルルルル」っと本体に戻って収納できるものが多いじゃないですか。 でもクックフォーミーは出来ません。 電気コードの長さは1. 5mあるので、使わない時は邪魔ですね。 差しっぱなしにしていれば気にならないかもしれませんが、私は使ったら抜いているのでコードがごちゃっとするのが気になります。 私はクックフォーミーを手放せない。 こんなあなたにはおすすめ 実際に使ってみた私の正直な感想を書きました。 どんな商品にもメリットとデメリットがありますが、クックフォーミーはメリットの方が大きい。 帰宅後に夕食を手早く作りたい• 圧力調理を自動でしたい• 家族が多いから一度に沢山作りたい• 手の込んだ煮込み料理を簡単に作りたい こんな方には特におすすめです。 クックフォーミーは大きいので一人暮らしの方には私はあんまりおすすめ出来ないかな。 収納場所に困りそうな気がします。 クックフォーミー、クックフォーミーエクスプレス共に値段は下ってきており、今では2万円代で手に入ります。 私が購入した時より1万円程お安くなっており羨ましい。 この価格ならコストパフォーマンスが最高です。 少々値は張りますが、日々の暮らしは間違いなく楽になるのでおすすめですよ。

次の

クックフォーミーとホットクック比較。買うならどっち?両方使ってみた口コミ

クック フォーミー

クックフォーミーを準備 私が使っているのは、クックフォーミー エクスプレス 6. 0L CY8511JP クックフォーミーで作る肉じゃがのレシピ• 牛肉切り落とし(一口大 200g• じゃがいも 4等分 4個• 玉ねぎ(6等分くし形切り 2個• サラダ油 大さじ1• だし汁 100ml• 砂糖 大さじ3• 酒 大さじ2• しょうゆ 大さじ3• Cook4me expressに鍋をセットする。 「4人分」を選択しOKボタンを押す。 調理時間が表示されるので、OKボタンを押す。 「下準備」の一覧が表示されるので、準備が整ったらOKボタンを押す。 確認画面が表示されるので、「はい」を選択しOKボタンを押す。 じゃがいも4個を4等分に切る• 玉ねぎ2個を6等分にくし切りにする• だいたい3分後くらいに予熱が完了したら ピロリ~とアラームが鳴る 、• サラダ油 大さじ1• 牛肉 200g• じゃがいも 4個 4等分• 玉ねぎ 2個 6等分程度にくし切り を入れ、肉の色が変わるまで炒める。 肉の色が変わったらOKボタンを押す• 続いて下の材料を入れる• 水 100mg• 砂糖 大さじ3• 酒 大さじ2• しょうゆ 大さじ3• OKボタンを押す。 確認画面が表示されるので、「はい」を選択しOKボタンを押す。 フタを閉めて固定し、予熱が完了したら圧力調理スタート。 ・・・ここで15分経過してしまった。 肉じゃがが完成!! 4分ほど経過し、圧力を抜いているのかすごい勢いで蒸気が上がった。 ただ、鈍くさい私にとっては20分でも良くやった方だと思う。 早速食べてみたが、じゃがいもや玉ねぎにもちゃんと火が通っていた。 味の染みについてはさすがに浅いが、これはこれで結構美味しい。 しかし、まさか自分で肉じゃがを作る日が来るとは思わなかった。 まとめ クックフォーミーが頑張った時間としては、予熱3分、圧力調理5分の8分くらいだったが、 私がじゃがいもと玉ねぎの皮をむくのに手間取ったので、このタイムとなった。 クックフォーミーが予熱している間に材料を切り終わっていなかったのが、最大の敗因 ? だった。 肉を炒める時間があるので、8分はちょっと無理だが、 手慣れた方なら10分ちょっとくらいでできるのではと思った。

次の