ブランチ 博多。 フロアガイド1階・2階|ブランチ博多パピヨンガーデン

ブランチ博多店|店舗情報|アウトドアライフストア WILD

ブランチ 博多

WILD-1ブランチ博多店は「テンマクデザイン」の商品が充実 店内に入るとテンマクの「炎幕DX EVO」がディスプレイされていました。 そう、WILD-1は「テンマクデザイン」というオリジナルブランドを展開していることで有名です。 テンマクデザインは、「野営こそアウトドアの神髄」をコンセプトに、日本の気候やキャンプスタイルを考慮し、素材や材質にこだわったアウトドアギアをリリースしています。 また、独自開発だけではなく、アウトドア界や料理界の著名人とのコラボレーションギアも人気になっています。 当然、店内にはテンマクデザインの商品が所狭しと展示してあります。 テンマク商品がずらりと並んでいます。 普段なかなか見る機会が少ない商品なだけに、店内でも1番賑わっていました。 サーカスTC DXが展示してありました。 初めて幕内に入りましたが、大き過ぎず小さ過ぎず絶妙のサイズ感です。 TC素材で雰囲気もあるし、ソロ用として大人気なのも分かります。 DXは サイドフラップが付いていて、 ファスナーで開けることもできるので、タープの様に張り出して使うこともできますね。 これが39,800円(税別)ですからね~ テンマクさん凄いです。 今、ソロ用のテントを探してますが、価格、デザイン、品質、設営の容易さ、全てにおいてトップレベルです。 唯一のマイナスポイントは人と被るということ・・・ まぁ~それだけ素晴らしいテントということです。 店内ぐるりと見渡すとオープンセール品もちらほら。 ノースフェイスのジオドーム4も特化で販売されています。 隣には・・ ニーモ ヘキサライト エレメント6Pが積んでありました。 今、1番欲しいテントです。 思わず手が伸びそうになりましたが、そこはグッと我慢… なぜかと言うと、今回は別の目的があるんですよね。 目的はこれ ナンガのダウンバッグ600STDです。 オーロラライト400と少し悩みましたが、大は小を兼ねる観点で600を選びました。 これがあれば、冬キャンプも安心です。 レビューは改めてしますね。 目的のシュラフをGETしたあとは、店内をぶらりとひと回り。 気になった商品を少しだけご紹介します。 というより個人的なメモですね(笑) WILD-1ブランチ博多限定のご当地シェラカップ。 なんでも、そのお店に行かないと買えない店舗限定のシェラカップとのこと。 写真では分かりづらいですが・・・ 解説によると、博多三大祭りをモチーフに、春の「博多どんたく港まつり」、夏の「博多祇園山笠」、秋の「筥崎放生会」がデザインされています。 地元愛の強い福岡県民にはウケそうですね。 特に戦前の北米鉄道会社で使われてきたランプを模した「レイルロードランタン」は大人気でなかなか入手できないランタンです。 エジソン球タイプのLEDがおしゃれな雰囲気を醸し出しています。 調光可能なのでキャンプはもちろん自宅で使っても良さそうですね。 もちろん本家クラシックランタンといえば「フュアハンドランタン」ですね。 100年以上、世界中で愛され続けてるドイツ製の灯油ランタンです。 この「フュアハンドランタン276」というモデルはサイズ感、つや消しオリーブの色合いといい。 かなり好みです。 ナイフコーナーは「オピネルナイフ」や「モーラナイフ」、「レザーマン」などの定番はしっかり押さえながら、「ベアボーンズのフィールドナイフ」や「テンマクの炎斬」など珍しいナイフもありました。 それにしても炎斬は29,800円もするんですね。。 WILD-1メンバーズカードは入会して損なし お得だったのでメンバーズカードも作りました。 最初に500円必要ですが、500円分の買い物券と500ポイントが戻ってきます。 買い物すればポイントも溜まるのでお得だと思います。 支払いは「クレジットカード」「商品券」「電子マネー」も使えますが、「PayPay」や「LINE Pay」などのいわゆるペイ払いには対応していないようです。 ここは出来るだけ早く対応して欲しいですね。 外に出ると店の前のステージにテントを設営していました。 テンマクの「パンダTC」と「大炎幕」です。 「大炎幕」は初めて実物を見ましたが、想像以上に大きく感じました。 ただ、天井が低いですね。 腰に爆弾を抱える私に軍幕系は厳しそうです。 最後に、ブランチ博多パピヨンガーデンの施設駐車場は入庫後最初の1時間が無料です。 施設利用でも最大3時間までしか無料にならないので注意しましょう。 それから事前精算時に車のナンバーを入力する必要があるので覚えておきましょう。 覚えてないと車まで走る羽目になりますよ… WILD-1は「キャンプ用品」だけでなく、 他にも「フィッシング用品」や「トレッキング用品」、「アパレル」なども充実していました。 WILD-1ブランチ博多店の出店でさらに九州、福岡のキャンプシーンが熱くなりそうですね。 今後に期待しましょう! では、また! もしよければ応援クリックをお願いします! みなさんのひとポチが励みになります! 今回ご紹介したキャンプギア.

次の

ブランチ博多パピヨンガーデンオープン!見どころと注目のお店4選

ブランチ 博多

WILD-1ブランチ博多店は「テンマクデザイン」の商品が充実 店内に入るとテンマクの「炎幕DX EVO」がディスプレイされていました。 そう、WILD-1は「テンマクデザイン」というオリジナルブランドを展開していることで有名です。 テンマクデザインは、「野営こそアウトドアの神髄」をコンセプトに、日本の気候やキャンプスタイルを考慮し、素材や材質にこだわったアウトドアギアをリリースしています。 また、独自開発だけではなく、アウトドア界や料理界の著名人とのコラボレーションギアも人気になっています。 当然、店内にはテンマクデザインの商品が所狭しと展示してあります。 テンマク商品がずらりと並んでいます。 普段なかなか見る機会が少ない商品なだけに、店内でも1番賑わっていました。 サーカスTC DXが展示してありました。 初めて幕内に入りましたが、大き過ぎず小さ過ぎず絶妙のサイズ感です。 TC素材で雰囲気もあるし、ソロ用として大人気なのも分かります。 DXは サイドフラップが付いていて、 ファスナーで開けることもできるので、タープの様に張り出して使うこともできますね。 これが39,800円(税別)ですからね~ テンマクさん凄いです。 今、ソロ用のテントを探してますが、価格、デザイン、品質、設営の容易さ、全てにおいてトップレベルです。 唯一のマイナスポイントは人と被るということ・・・ まぁ~それだけ素晴らしいテントということです。 店内ぐるりと見渡すとオープンセール品もちらほら。 ノースフェイスのジオドーム4も特化で販売されています。 隣には・・ ニーモ ヘキサライト エレメント6Pが積んでありました。 今、1番欲しいテントです。 思わず手が伸びそうになりましたが、そこはグッと我慢… なぜかと言うと、今回は別の目的があるんですよね。 目的はこれ ナンガのダウンバッグ600STDです。 オーロラライト400と少し悩みましたが、大は小を兼ねる観点で600を選びました。 これがあれば、冬キャンプも安心です。 レビューは改めてしますね。 目的のシュラフをGETしたあとは、店内をぶらりとひと回り。 気になった商品を少しだけご紹介します。 というより個人的なメモですね(笑) WILD-1ブランチ博多限定のご当地シェラカップ。 なんでも、そのお店に行かないと買えない店舗限定のシェラカップとのこと。 写真では分かりづらいですが・・・ 解説によると、博多三大祭りをモチーフに、春の「博多どんたく港まつり」、夏の「博多祇園山笠」、秋の「筥崎放生会」がデザインされています。 地元愛の強い福岡県民にはウケそうですね。 特に戦前の北米鉄道会社で使われてきたランプを模した「レイルロードランタン」は大人気でなかなか入手できないランタンです。 エジソン球タイプのLEDがおしゃれな雰囲気を醸し出しています。 調光可能なのでキャンプはもちろん自宅で使っても良さそうですね。 もちろん本家クラシックランタンといえば「フュアハンドランタン」ですね。 100年以上、世界中で愛され続けてるドイツ製の灯油ランタンです。 この「フュアハンドランタン276」というモデルはサイズ感、つや消しオリーブの色合いといい。 かなり好みです。 ナイフコーナーは「オピネルナイフ」や「モーラナイフ」、「レザーマン」などの定番はしっかり押さえながら、「ベアボーンズのフィールドナイフ」や「テンマクの炎斬」など珍しいナイフもありました。 それにしても炎斬は29,800円もするんですね。。 WILD-1メンバーズカードは入会して損なし お得だったのでメンバーズカードも作りました。 最初に500円必要ですが、500円分の買い物券と500ポイントが戻ってきます。 買い物すればポイントも溜まるのでお得だと思います。 支払いは「クレジットカード」「商品券」「電子マネー」も使えますが、「PayPay」や「LINE Pay」などのいわゆるペイ払いには対応していないようです。 ここは出来るだけ早く対応して欲しいですね。 外に出ると店の前のステージにテントを設営していました。 テンマクの「パンダTC」と「大炎幕」です。 「大炎幕」は初めて実物を見ましたが、想像以上に大きく感じました。 ただ、天井が低いですね。 腰に爆弾を抱える私に軍幕系は厳しそうです。 最後に、ブランチ博多パピヨンガーデンの施設駐車場は入庫後最初の1時間が無料です。 施設利用でも最大3時間までしか無料にならないので注意しましょう。 それから事前精算時に車のナンバーを入力する必要があるので覚えておきましょう。 覚えてないと車まで走る羽目になりますよ… WILD-1は「キャンプ用品」だけでなく、 他にも「フィッシング用品」や「トレッキング用品」、「アパレル」なども充実していました。 WILD-1ブランチ博多店の出店でさらに九州、福岡のキャンプシーンが熱くなりそうですね。 今後に期待しましょう! では、また! もしよければ応援クリックをお願いします! みなさんのひとポチが励みになります! 今回ご紹介したキャンプギア.

次の

ブランチ博多パピヨンガーデンに生食パン専門店「ラ・パン」期間限定オープン

ブランチ 博多

この記事の内容• 施設概要について それではまず、「ブランチ博多パピヨンガーデン」の施設概要をみてみましょう。 施設名称 ブランチ博多 パピヨンガーデン 建設場所 福岡県福岡市博多区 千代一丁目2-1 階数 地上2階 敷地面積 44,458. 71㎡ 構造規模 鉄骨造2階建 店舗数 44店舗 延床面積 20,543. 51㎡(予定) 店舗業態 スーパーマーケット、 ドラッグストア、 飲食、家電、衣料など 地権者 三井住友信託銀行株式会社 事業者 大和リース株式会社 設計・監理 株式会社淺沼組 施工者 株式会社淺沼組 解体されたショッピングモールの「パピヨンプラザ」は延床面積が 16,950㎡でしたが、「ブランチ博多パピヨンガーデン」は 20,541㎡へと増床されています。 再開発後はテナントも大幅に増えます! ブランドコンセプト 施設コンセプト やイメージは? 「ブランチ博多パピヨンガーデン」のコンセプトは、• 多世代が出合い、くつろげる施設づくり• 地域の人々の『欲しい』がそろう施設づくり• 人と緑が触れ合える空間づくり の3つということです。 地域の人のために考えられたことが分かる、良いコンセプトですね! ブランチ(BRANCH)ってなに? 商業施設の名前は「ブランチ博多パピヨンガーデン」ですが、ブランチとは大和リース株式会社が全国展開する複合商業施設のブランド名です。 施設の共通コンセプトは、• つどう• つながる• ひろがる です。 ブランチのロゴは上記のコンセプトを反映したもので、枝が大きく広がった木をイメージして作成されています。 ちなみに、BRANCHは「樹の枝」という意味です。 ブランチの複合商業施設は、現在以下の場所でも運営されています。 ブランチ神戸学園都市(兵庫県)• ブランチ茅ヶ崎(神奈川県)• ブランチ仙台(宮城県)• ブランチ福岡下原(福岡県)• ブランチ松井山手(京都府)• ブランチ横浜南部市場(神奈川県)• ブランチ札幌月寒(北海道)• ブランチ岡山北長瀬(岡山県) また、下記の施設が近々オープン予定です。 ブランチ大津京(滋賀県) 続々と新しいBRANCH(ブランチ)施設がオープンしています。 そして、それぞれの施設でイベントやワークショップが行われています。 例えば、ブランチ茅ヶ崎、仙台、岡山北長瀬、神戸学園都市、福岡下原、大津京では2019年7月〜12月にかけて下記のイベントが開催されています。 入居予定のテナント一覧 ブランチ博多パピヨンガーデンには、下記の業種が入居します。 スーパーマーケット• ドラッグストア• 飲食店• 家電量販店• 衣料品店 現在公開されている35店舗を、ジャンルごとにご紹介します! グルメ・食品店 店舗名 ジャンル ハローデイ スーパー コメダ珈琲 喫茶店 ケンタッキー フライドチキン ファーストフード いっかく食堂 食堂 ワンカルビ 焼肉ダイニング MKレストラン ビュッフェ レストラン 回転寿司 すしえもん 【4月OPEN予定】 回転寿司 エピシエール ベーカリー 辛麺屋 桝元 ラーメン 無邪気 ラーメン マクドナルド ハンバーガー はなまるうどん うどん タピキング ピオカドリンク ロイヤルホスト ファミリー レストラン ハローデイは、福岡県(福岡、北九州、筑豊)、熊本県、山口県などで展開しているスーパーマーケットです。 福岡県内には多くの店舗があるので(20店舗)あるので、福岡県在住の方にとってはお馴染みのスーパーですね。 今後もわかり次第、更新していきたいと思います。 ちなみに旧ショッピングモールである「パピヨンプラザ」には下記の17店舗が入居していました。 マックスバリュ吉塚店• ドコモショップ• ミスタードーナツ• ロイヤルホームセンター• アフラックサービスショップ• ケンタッキーフライドチキン• マクドナルド吉塚店• リンガーハット• オートバックス吉塚店• ソフトバンクパピヨンプラザ吉塚• タイトーステーション• とんかつ処浜田屋• カジュアルアウトレットSHOT• 焼肉 龍王館 パピヨンプラザ店• ロイヤルホスト フロア構成は? フロア構成は下記のようになっています。 BRANCHは全国に展開するショッピングモールですが、どの店舗も緑に囲まれた気持ちの良い空間になっています。 「ブランチ博多パピヨンガーデン」も例外ではなく、敷地の中央には緑がいっぱいの庭園が設置されるようです。 お店からお店への移動も、ちょっとしたお散歩気分を楽しむことができますね。 お買い物の途中に休憩するのにもぴったりですね! また、建物は地上2階で 44店舗が入居予定です。 アクセス情報 駐車場情報 について 「ブランチ博多パピヨンガーデン」は、福岡県立福岡高校、博多青松高校、東公園などに囲まれた場所に位置しています。 所在地:福岡県福岡市博多区千代1丁目486 最寄駅は、• JR 吉塚駅 徒歩8分• 西鉄バス 妙見(みょうけん) 徒歩3分 となっています。 天神、博多、福岡市内のベッドタウン、県外など、どこからでもアクセスしやすい立地ですね。 駐車場・駐輪場の料金は? また「ブランチ博多パピヨンガーデン」には専用の駐車場と駐輪場が完備され、それぞれ下記の台数を収容することが可能です。 駐車場台数:685台• 駐輪場台数:自転車235台 (内原付20台) バイク40台 駐車場の利用料金 駐車場は有料ですが、 入場後1時間は無料、その後60分ごとに200円かかります。 (施設ご利用で追加2時間無料) 最大料金は、• 昼間最大(8:00~20:00 ):900円• 夜間最大(20:00~翌8:00):400円 駐輪場は無料 駐輪場は 無料で、24時間営業です。 (バイクも無料) オープンはいつ? 2019年6月に着工され、第一期 オープンは2020年3月13日金曜日です! まとめ ファミリー層と独身世代の両方の必要なものがすべて揃う施設になるということなので、人で賑わう楽しい場所になりそうです。 前身の「パピヨンプラザ」は、約15年も地域に親しまれたショッピングモールだったので少し寂しい気持ちもしますが、アップグレードされて戻ってくるのは楽しみですね! サトウ 13年間の社畜生活を経て2014年独立した広告屋。 Webを中心としたマーケティング全般に携わっています。 IT・Web・ガジェット大好き。 キッズにお金がかかる今は「安くて上質」をモットーに。 女性としてもママとしても楽しい人生を送っていけるよう、節約しつつほどよく消費して、いい感じの30代を送っていけたら幸せです。 カテゴリー• 112• 124•

次の