ここ から 近い 婦人 科。 クリニック・診療所・医院・病院検索 【病院なび】

名古屋市久屋大通・栄駅すぐの婦人科|女医が診療のココカラウィメンズクリニック

ここ から 近い 婦人 科

横浜市で評判のよい産婦人科リスト 横浜で人気の産婦人科を一覧にまとめています。 評判の高い横浜の産婦人科一覧 気になる産婦人科があったら、一度問い合せをしてみてくださいね。 聖マリアクリニック 条件はありますが、無料の送迎サービスがあったり、保育室が完備されているなど、受診時もストレスなく、快適に通い続けることができます。 エコーも丁寧に見せてくれますし、入院時は完全個室、さらにはエステもついてくるという、口コミでも高評価のクリニックです。 外来休診日:日曜、祝日• 住所:横浜市戸塚区品濃町 509-3 最寄り駅は横須賀線「東戸塚駅」で、駅を出てから徒歩で8分、またはバス乗り場5番の神奈川中央交通バス東戸塚駅東口行きにて「坂下バス停」から徒歩2分です。 聖マリアクリニックの駐車場は第1駐車場と第2駐車場の2つで、合計35台分あります。 これだけあれば車での通院もしやすいですね。 常勤の女医1名、非常勤1名のほか、多数の助産師が対応しており、安心して通院できます。 院内は、受付や診療室のインテリアや内装も、病院の独特な雰囲気ではなく、明るくリラックスしやすい環境です。 また、患者はもちろん、付き添いやお見舞いにきた家族も気軽にお茶が飲める 無料のティールームがあります。 麻酔科の先生が常駐しているため、無痛分娩も信頼して任せられる点がポイントです。 またお産が素敵な思い出になるように、入院中の食事は一流ホテル出身のシェフが手がけていたり、院内にパン工房があるので焼き立てのパンがいただけるなど、食事にもとてもこだわっています。 入院するお部屋もとてもかわいいインテリアで、産後の入院期間をとても気持ちよく過ごすことができます。 思い出に残るお産をしたい方、分娩を自由に選びたい方におすすめのクリニックです。 小川クリニック 100年もの歴史があるので、親・子・孫の3代に渡ってお世話になっている人も多いクリニックです。 信頼性も厚く、子育てのうえでも良いパートナーになってくれます。 外来休診日:土曜午後、日曜、祝日• 住所:横浜市戸塚区舞岡町29番地 最寄り駅はJR「戸塚駅」で、東口を出て22系統舞岡行きバスにて「舞岡町入り口」または「舞岡商店街」を下車徒歩2分、もしくはJR「東戸塚駅」より戸塚駅東口駅バスにて、「ブリジストン前」または「不動坂」を下車徒歩5分です。 このほか、無料巡回シャトルバスが1時間に1、2本出ており、分娩する妊婦さんの為に、 無料の個別送迎サービスにも対応しています。 クリニック専用の駐車場が第1〜4駐車場まで用意されており、計45台分あるので、車でのアクセスもしやすい環境ですね。 女医はいませんが、16人の経験豊富な助産師や看護師がいます。 また助産師相談室では、妊娠中から出産後まで疑問や不安なことについて相談できる場所があることも、安心できるポイントです。 その間多くのお産を手がけ、豊富な実績があることから、ママさん方は信頼して小川にお産をお願いしている様子。 さまざまな講座を開講しており、産後の育児をスムーズにできるよう配慮しているほか、講座を通して同じ時期に出産をするお母さんと知り合いになれるなど、いろいろな面で心強いクリニックです。 助産院と提携しているため、産前産後にいろいろな相談ができるのも魅力。 実績の多いクリニックで安心して出産したい方や、産後のサポートを受けたい人におすすめのクリニックです。 マザーズ高田産医院 5年前にできた産科クリニックで、出産のプロフェッショナルが集った安心安全な産医院です。 個室で家族に見守られながらの出産が可能で、アットホームな環境が好きな方におすすめです。 外来休診日:水曜、日曜、祝日• 住所:横浜市港北区高田西2-5-27 最寄り駅は、横浜市営地下鉄グリーンライン「高田駅」で、北口を出て徒歩2分程で到着します。 バスの場合は、東急東横線「綱島駅」からバスで10分「高田駅停留所」下車、徒歩4分です。 駐車場は医院専用が10台、提携パーキング30台を用意しています。 女医はいませんが、 常勤のベテラン助産師が18人在籍していますので、食事指導や母乳指導など必要なアドバイスを受けられます。 入院の間は24時間体制で母乳ケアがありますし、退院後のフォローも経験豊富な助産師がマンツーマンで行うので、気兼ねなく疑問や質問をすることができます。 経験の豊富な助産師がお産を取り上げてくれるほか、妊娠中の不安や産後の母乳相談など、幅広いサポートをしてくれます。 こちらのクリニックにはLDRが設置されているため、リラックスしてお産に臨むことが可能です。 個室にはシャワーやトイレなど必要な設備がすべて揃っていますので、入院期間を赤ちゃんと一緒に落ち着いて過ごすことができます。 また、予約を独自のシステムで管理しており、予約時間が近づくとメールで教えてくれるなど、待ち時間でストレスを感じることがないという点も魅力です。 自然なお産を希望されている方、助産師など近くに出産や育児について相談できる人にいてほしいという方におすすめのクリニックです。 レディスクリニック フォレスタ ヴェルデ このクリニックでは、安全に赤ちゃんを産むために超音波胎児スクリーニングや羊水検査を積極的に取り入れています。 無痛分娩も行っており、院長の人柄や技術の高さに惚れ込んでいる人がたくさんいます。 外来休診日:水曜・土曜日の午後、日曜、祝日• 住所:神奈川県横浜市都筑区中川中央2-5-11 最寄り駅は、横浜市営地下鉄グリーンラインとブルーライン「センター南駅」で、5番出口を出てセンター北駅方面に徒歩6分で到着します。 バスの場合は、東急バス「区役所通り中央」または「境田」にて下車徒歩3分です。 専用駐車場は5台ありますが、クリニック周辺は有料パーキングも多いので、車でのアクセスもしやすいです。 女医や助産師も常勤でいますし、身体の負担を減らせられるように、衛生面にも気を配り明るく清潔な環境です。 また 産後のサポートとして母乳外来がありますから、出産前のおっぱいケアから産後の母乳についての悩みや育児などに関しても相談できます。 羊水染色体検査はまだ横浜で行っているクリニックは少ないので、検査を希望している人はとても助かると思います。 また、超音波検査に4D超音波検査を取り入れていて、とてもリアルな胎児の様子を見ることができます。 また有料で胎児の様子をDVDに残すサービスも提供していますので、出産の思い出をできるだけ多く残したい人におすすめです。 みなとみらいレディースクリニック 今時珍しい、予約なしの産婦人科です。 個人医院なので、こじんまりとしたアットホームな雰囲気を持ち、なんでも話せる気さくさも人気の理由です。 外来休診日:木曜、土曜午後、日曜、祝日• 住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい4-7-1 みなとみらいミッドスクエア2F 最寄り駅は、みなとみらい線「みなとみらい駅」で、1番出口を出て徒歩1分です。 また、バスでのアクセスは桜木町駅前バスターミナルより「パシフィコ横浜行き」で「横浜美術館」にて下車、徒歩2分です。 クリニック専用の駐車場はありませんが、近くに有料パーキングがたくさんありますので、車での通院もしやすいです。 また分娩は行われないこともあり女医は在籍していませんが、経験豊富な助産師がいます。 プライバシー保護に重きをおいているので、おちついた雰囲気でゆっくりと診療を受けることができるというのもポイントです。 急に容態が変わったときなどに備え、予約制度を導入していないので、体調に異変があったときでも「予約でいっぱいだから」と診察を断られてしまうことがない点もポイントです。 こちらのクリニックでは分娩を行っていないため、健診のみとなるため、里帰り出産を希望している人におすすめのクリニックです。 的野ウィメンズクリニック お産は行っていないのですが、提携先の病院を紹介してくれるので、安心して検診に通えます。 4D超音波検査が無料で受けることもできるのも人気の理由のひとつです。 外来休診日:水曜、日曜、祝日• 住所:神奈川県横浜市 神奈川区六角橋1-6-14 白楽メディカルセンター4F 最寄り駅は、東急東横線「白楽駅」で、西口を出て徒歩1分です。 東神奈川方面からの場合、38系統や39系統のバスで通院も可能で、「六角橋バス停」下車し徒歩5分程で到着します。 クリニック専用の駐車場はありませんが、ビック・ライズヒル六角橋「食品館あおば」六角橋店の駐車場に車を停められます。 その場合、クリニックより1時間分の駐車券がもらえますので、会計の際に駐車券を提示しましょう。 お産自体は行われていませんので女医はいないようです。 約32週までの健診を受けられますので、 里帰り分娩を希望している人にも対応しています。 現在のクリニックではお産は行わず、妊婦健診のみ行っています。 お産はできませんが、お産までの期間をできるだけ充実させるように尽力してくれ、お産は提携先の病院を紹介してくれるので、不安なくお産に望めます。 ワキタ産婦人科 横浜で40年以上の歴史をもち、親の代からお産に関わっているクリニックです。 アットホームな雰囲気で、多くの入院セットを用意してくれるので、非常に人気が高くなっています。 外来休診日:木曜午後、日曜、祝日• 住所:横浜市青葉区藤が丘2-6-1 最寄り駅は東急田園都市線「藤が丘駅」南口で、ここから徒歩1分です。 クリニック専用の駐車場はありませんが、周りにコインパーキング等も多いので車での通院もしやすいです。 女医は常勤が1人在籍しており、妊婦健診も担当していますので安心ですね。 またワキタ産婦人科では、バースカウンセリングを行っているので、初産の方は分娩のメカニズムのレクチャーから、2回目以降の人は最適な分娩になるようなバースプランなど、妊婦の方それぞれに合わせたサポートをしています。 また毎月第二木曜日には プレママカフェという、お茶とおやつを食べながらおしゃべりをする会が開かれています。 助産師も参加しているので質問や相談にも対応しており、予定日の近いプレママさんと知り合いになれますよ。 現在の院長は2代目で、2006年には全館リニューアルを行っているので、新しい設備が整ったとてもきれいなクリニックに生まれ変わっています。 出産後の入院は完全個室となっているのが特徴で、母子同室で赤ちゃんとゆっくり過ごすことができます。 産後の肥立ちが悪いなど、事情があれば赤ちゃんを預かってくれるので、体に無理なく赤ちゃんと過ごせます。 病室にはWi-Fiが完備されているなど、かゆいところに手が届く設備を導入している点もポイントです。 サンマタニティクリニック 入院で必要なグッズの多くをクリニックで用意してくれるうえに、豪華で美味しい食事がでるので、まるでホテルみたいだと評価の高いクリニックです。 指導や相談も柔軟に対応してくれます。 外来休診日:木曜午後、土曜午後、日曜、祝日• 住所:横浜市磯子区洋光台6-1-10 最寄り駅は、根岸線「洋光台駅」で、徒歩10分程で到着します。 バスの場合、洋光台駅から45番、69番、100番のバスで「洋光台第四小学校入り口」、または洋光台駅行きで「南公園前」を下車します。 クリニック専用の駐車場が11台分あります。 女医は常勤が1人、婦人科と産科外来の両方を担当しており、 女性医師に対応してもらいたい方におすすめです。 この他に助産師外来がありますので、妊娠中から出産後まで個別に面談などをして不安や疑問に答えたりなど、サポート体制も充実しています。 産後は母子同室が原則ですが、体調が悪ければすぐに赤ちゃんを預かってくれるので、無理なく産後の入院期間を過ごすことができます。 病室は3人部屋や個室など、複数のタイプを用意しているため、好みや経済面に合わせて選ぶことが可能です。 沐浴指導やおっぱい相談など、産後わからないこともしっかり教えてもらえるので、近くに知り合いがいない人でも不安なく育児に臨めます。 磯産婦人科 個人医院のアットホームさに加え、最新の機器も用意しているため、安全性も高いクリニックです。 要望に柔軟に対応してくれたり、入院中の洗濯サービスが人気を集めています。 外来休診日:木曜、日曜、祝日• 住所:横浜市保土ヶ谷区和田1-19-3 最寄り駅は相鉄線「和田町駅」で、駅を出て徒歩3分程で到着します。 駐車場はクリニック専用が8台あり、1時間無料券を出してもらえるアスト駐車場とその他有料駐車場があります。 女医はいませんが、小規模のクリニックだけに院長や副院長が親身なって対応してくれます。 また妊娠中の方には栄養士による栄養指導もしているので、妊娠中に必要な栄養素についてのレクチャーから、 栄養管理や体重管理など一人ひとり合わせたアドバイスをしてくれます。 切迫流産などでお産に不安のある方も安心して出産に臨めます。 その上でアットホームな雰囲気なので、わからないことは何でも相談でき、また立ち会い出産などさまざまなお産に対応しているので、お産をより思い出深いものにしたいという人におすすめのクリニックです。 事情で上のお子さんを一緒に宿泊させたいという希望も、条件を満たせば可能ですので、近くに頼れる人がいない人にとって、とても心強いと思います。 あおばウィメンズホスピタル ホテル並みのホスピタリティを実感できる産婦人科です。 世界初で導入した癒しの出産部屋「コクーン」や退院日のヘアメイクサービスが特徴的です。 外来休診日:土曜午前、日曜、祝日• 住所:横浜市青葉区青葉台1-29-15 最寄り駅は東急田園都市線「青葉台駅」で、そこから徒歩8分です。 また妊娠している方の無料送迎車の用意があり、青葉台駅からクリニックまでの区間は平日に限り往復運行しています。 ただし、利用する際は予約が必要ですので前日までに連絡するようにしましょう。 駐車場は、第1〜3駐車場があり合計14台分が車を停められます。 女医は常勤が1人、入院中に 必要な物があった場合は、コンシェルジュが代わりに買ってきてくれたりなどのホテルのような充実したサービスがあります。 同じ時期に出産されたママさんと一緒にフルコースのお料理を楽しんだり、アロママッサージのプレゼントがあるなど、頑張ったママさんに対するご褒美をたくさん用意してくれるのが特徴です。 さらに、プロのカメラマンが撮影した赤ちゃんの写真を、写真集にして家族からのメッセージ付きでプレゼントしてくれるなど、さまざまなおもてなしをしてくれます。 やすこレディースクリニック 女医の先生がひらいている個人クリニックです。 そのため、分娩は行っていませんが、院長先生のサバサバした対応や的確な診察が人気を集めています。 外来休診日:木曜、土曜午後、日曜、祝日• 住所:横浜市都筑区茅ヶ崎中央17-26 ビクトリアセンター南201号 最寄り駅は、横浜市営地下鉄ブルーラインとグリーンラインの「センター南駅」で、1番出口を出て徒歩で5分ほどです。 専用の駐車場はありませんが、周辺にはコインパーキングがありますので、車での通院もしやすいです。 クリニック名からわかるように、院長自身が女性医師ですから、 男性医師では聞きにくい質問や相談も気軽にできます。 このため、大きな病院での出産を決めている人で健診のみクリニック通いたいというケースや、里帰り出産をしたいという人に適しています。 女医が診察を担当してくれるので、できれば女医さんに診てほしいという人にもおすすめです。 美しが丘ウィメンズクリニック 医院は新しいとは言えませんが、院内は清潔で、院長先生もベテラン。 スタッフ全員の能力が高く、多少のトラブルも安心して任せられると信頼の厚いクリニックです。 外来休診日:水曜、祝日、第2・4・5日曜• 住所:横浜市青葉区美しが丘1-23-4 最寄り駅は東急田園都市線「たまプラーザ駅」で、駅を出て徒歩8分です。 たまプラーザ駅からバスも出ており、その場合は「団地前停留所」を下車して徒歩1分です。 専用の駐車場が7台分あるので車でのアクセスもしやすいです。 女医はいないようですが、経験の豊富な助産婦がいますので安心ですね。 また女性の「かかりつけ医」として気軽に通院してもらえるように、産婦人科クリニックを目指されているので、 負担を減らしたお産をしっかりとサポートしてもらえます。 入院するための病室は多くないので、こじんまりとした運営ですが、その分アットホームな雰囲気で落ち着いたマタニティライフを過ごすことができます。 経験の豊富な先生にお産を取り上げてほしいという人におすすめのクリニックです。 横浜市のクリニック比較 こちらではご紹介する産婦人科で、横浜市が管理している出産後の妊婦検診補助券や乳幼児健康診査、その他の医療サービスが利用できるかどうかを比較してみました。 また、横浜市健康福祉局による子供の予防接種対応状況についてもまとめています。 予防接種のヒブ感染症は、小児用肺炎球菌、四種混合、不活化ポリオ、麻しん風しん、日本脳炎1期、水痘、B型肝炎の予防接種を含みます。 さらに詳しい情報は以下の各ページをご参照くださいね。

次の

岩朝 しのぶ氏コラム「紡がれた命~0日の運命」

ここ から 近い 婦人 科

あたりまえの事だけれど、この世の全ての人に、母がいて父がいる。 その母と父にも母がいて父がいる。 受け継がれてきた命。 しかし、あたりまえに生きているわけではない。 あたりまえの事だけれど。 46年前の深夜。 仙台市のとある産婦人科で生まれた赤ちゃんは、産声を上げなかった。 身体がみるみる紫色に変わっていく様子を見て看護師が慌てた。 ドクターが救急車を指示する……。 東北大学附属病院は東北一の大病院で、大病の子どもからお年寄りまで多くの患者が入院・通院している大病院だ。 救急車はこの世に誕生したばかりの紫色に変色した赤ちゃんをこの病院に運んだ。 そして、すぐに内臓が不完全である事が診断され、オペ室に運ばれる。 この世に生まれて数時間後の大手術の末、命が繋がった。 皆さん初めまして。 日本こども支援協会の岩朝しのぶです。 私が生まれた日、誕生して「0日」の出来事からお話しさせていただきました。 これが私の人生の始まりで、ここから私は小学校4年生までの多くの時間を病院で暮らしてきました。 10月4日里親の日One Love全国一斉里親制度啓発キャンペーンでボランティアさん達と。 虐待や貧困など様々な理由で擁護されている子どもは、現在全国に約45,000人います。 この子ども達の中で親権者がいない、いわゆる「孤児」という皆さんがイメージしているような子どもは、ほんの1割にも満たず、ほとんどは父または母など親権者がいます。 しかし様々な理由で共に暮らせない親権者……。 そのような子ども達の助け舟となる制度が、皆さんご存じの「特別養子縁組」です。 特別養子縁組は戸籍に養子としてではなく「子」として記載され、実子と同じ権利を持つのですが、日本で特別養子縁組として新しい家族に迎えられる子どもは年間約500人程度しかいません。 特別養子縁組というのは、親権者が「親権を手放して」初めて成立します。 親権者が「いつか自分が育てたい」「誰かには渡したくない」という意思があれば特別養子縁組は出来ません。 社会的に擁護されている子ども達、約45,000人のその多くは施設または里親家庭で暮らしています。 里親家庭では約7,000人が暮らし、その他の子ども達、約38,000人は乳児院、児童養護施設、母子生活支援施設といった、いわゆる「施設」といわれるところで養育されています。 私は「子どもは出来るだけ家庭的な環境で育って欲しい」と思っています。 なぜなら社会的に擁護されている子ども達の7割近くが虐待等による保護だからです。 そういう背景を考えると保護されてくる時点で一般的な「家庭」というものや「生活習慣」がわからない子ども達が多く、この子ども達が施設で暮らすとなると、集団生活の中でどうしても「自己選択」の機会がなくなってしまう事が多い。 自分の好き嫌いにかかわらずみんなに配膳される食事を食べ、そしてその食事は衛生管理上、当日廃棄される。 だから子ども達は2日目のカレーを食べた事がない。 今は施設での環境を出来るだけ「家庭的」に改善してあるけれど、家庭に近い、というだけで、そこは家庭ではありません。 職員さんも結婚退職や産休などで子どもとの関係が切れてしまう事もあります。 施設で働く、というのはハードなお仕事なので職員さんの離職率も高いのが現実です。 職員さんの情熱、思いだけではどうにもならない事もあります。 そして何より、子ども達は「親心」に触れた事がありません。 大切な乳児期、幼少期を育んでいく時に一番大切なものは物質的なモノではなく、しっかり自分だけを見てくれる『特定の人とのかかわり』だと思うのです。 里親家庭の必要性 暴力的な環境から保護されてくる子ども達は、同じように暴力的であったり自暴自棄だったりします。 でも、里親家庭で「自分だけをしっかり見てくれる大人」の存在に出会い心身共に安定してくると、勉強や様々な事に興味を持つようになります。 児童養護施設で暮らしている子ども達の大学等の進学率は約16%。 しかし、里親家庭で暮らす子ども達は約28%。 約12%も改善される事がわかっています。 そうすると、安定的な生活が出来ないリスクが軽減されるので、その後の人生においても永続的に影響があります。 『里親制度は次の世代の虐待防止になる』のです。 里親家庭で「親の背中」を見て育ち、モデルとなる「暮らし」を知り自立出来る大人になる。 そして自分が大人になった時には我が子を愛せる大人になる。 子育て・教育が出来るようになる。 しかし、そのためには「しっかりとした里親」の存在が大切なので、里親支援にも力を入れています。 活動のきっかけ 大阪市の里親ボランティアというものに参加したのがきっかけでした。 1週間に1人の割合で虐待によって命が奪われているという事。 そして、その内3分の1が『0日虐待死』といって、生まれたその日に殺されている、という事だった。 驚きと、ショック、戸惑い……、多くの感情を持って帰ってきた日でした。 七五三のお祝い。 自宅療養中で外に出られなかったので、写真だけを自宅で。 私の乳幼児期は病室という狭い世界で、検温、採血、レントゲン、回診……。 ベットの上でただ寝ているだけの日々。 でも、それでは退屈だろうからとたくさんの本や玩具に囲まれ、笑顔のナースや面会者に囲まれ、多くの愛情に支えてもらっていた、日々。 しかし、一方で暴力に怯え、ご飯ももらえずに親の顔色を窺いながら空腹を凌ぐ……。 そんな生活をしている子どもがいると思うだけで、胸が張り裂けそうになる……。 虐待事件の裁判をニュースで見ていると、ごめんなさい、ごめんなさい、と泣きながら謝っている子どもの様子が流れる。 この子は一体どんなに辛かっただろうか……。 本来ならば愛情いっぱいに育っているだろう歳に怯え、痛みに堪えるだけの日々……、その冷たい世界の中で亡くなっていく。 想像するだけで堪らず涙が込み上げます。 きっと、皆さんもそうですよね……。 度重なる幸運によって生かされてきた命は、次の世代の、この子ども達の命を救う事に使いたい!10年前、そう思って立ち上がりました。 愛されない命なんてない。 泣きながら死んでいく命なんてあってはならないのだから。 PROFILE 岩朝 しのぶ(いわさ しのぶ) 特定非営利活動法人 日本こども支援協会 代表理事 1973年宮城県生まれ。 先天性内臓障害児として生を受け、16度の手術を経験。 虐待防止活動、里親・社会的養護にあった子どもの自立支援、震災で親を失った子ども達や里親の支援活動を行う。 主にアドボカシー活動に力を入れており、2018年には31回の講演を行い、2019年までの9年間で14,551名に伝えてきた。 2019年には67自治体、一般団体37団体、全国104カ所にて約800人規模で実施。 自身も養育里親として12歳女児と暮らし、2017年NHK奈良放送局「なら この人」として特集される。

次の

大久保駅周辺(JR神戸線) 婦人科の病院・クリニック 8件 【病院なび】

ここ から 近い 婦人 科

一般的に、乳がん検診と子宮がん検診の2つのがん検診を行う検査コースを「婦人科検診」、婦人科検診に法定健診(健康診査)を併せた検査コースを「レディースドック」といいます。 しかし、それぞれに明確な定義はなく、医療機関によって検査内容やコース名のつけ方はさまざまです。 そのため、検査コースの名称だけでは、あなたが本当に必要とする検査が含まれているかを判断しにくいといえます。 女性特有のがん検診は、30歳以上の女性には毎年受けてほしい検診です。 それぞれの検査のメリット・デメリットをチェックして、あなたに必要な検査を組み合わせましょう。 また、年に1回、会社や自治体などで行う一般的な法定健診(健康診査)を受けていない人は、併せて受診することをおすすめします。 検査名 メリット デメリット• 小さな、特に石灰化のある乳がんの発見に適している• 乳房の良性疾患の診断が可能• 多少の痛みを伴う• 20~30歳代の乳房は乳腺が発達しているので、十分に病変を検出しにくい• わずかながらX線による被ばくがある• しこりの良性、悪性の診断が可能• 乳腺の発達した乳房、20~30歳代の乳房の検査に適している。 痛みを伴わない• 被ばくがないので何度でも受診できる• 検査を行う医師・技師の技量に左右される部分が大きい• 石灰化の形状や範囲がわかりにくい• 痛みを伴わない(造影剤を用いる場合は注射を行う)• あらゆる方向から詳細な断層画像を撮影できる• 被ばくがない• 病巣の広がりや位置の確認も可能• 撮影に時間がかかる• マンモグラフィ、乳腺エコーに比べて検査費用が高額• 心臓ペースメーカーなど体内に金属が存在すると、検査ができないことがある• 単独での検診効果なし• 医師の技量・経験に左右される 子宮がん検査のメリット・デメリット 一般的な健康診査の項目は以下の通りです。 会社勤めの人は、定期的に受診している健診です。 既往歴、業務歴の調査• 自覚症状と他覚症状の有無の調査(問診)• 身長、体重、視力、聴力の検査• 胸部X線検査• 血圧の測定• 貧血検査(血液検査:血色素量、赤血球数)• 血中脂質検査 (血液検査:LDLコレステロール、HDLコレステロール、血清トリグリセライド)• 血糖検査(血液検査)• 尿検査 (蛋白、鮮血、糖の有無)• 安静時心電図検査• イーク丸の内の場合は、乳腺科の当日結果説明も対応しています)。 検査の結果、精密検査が必要な場合は、改めて乳房または子宮の疑わしい部位の細胞を採取して調べる生検を行います。 婦人科検診を提供するすべての医療機関のメニューに該当するわけではありません。 ご了承ください。

次の