長寿祝い 贈り物。 長寿祝いの贈り物の基本~一般的な予算相場と用意する時期〜

長寿祝いの贈り物の基本~一般的な予算相場と用意する時期〜

長寿祝い 贈り物

60代・70代の方は、今ではとても若々しく、老人という言葉が似つかわしくないほどです。 そのため現在では、長寿祝いで連想されるような伝統的なアイテムではなく、より実用的な物として衣服やお酒、アクセサリー、食器類などを贈ることが増えてきています。 長寿祝いの贈り物については特に決まりごとはないため、ご本人が喜んでくれることを最優先に考えて、柔軟に選んでいただいて構いません。 お祝いの色に関しても強くこだわらず、ご本人の趣味に合わせるのが良いでしょう。 ただし、長寿のお祝い品として適切でない物がいくつかあるため、その点は注意が必要です。 長寿祝いに適さない贈り物 長寿祝いには、櫛などの「苦」や「死」を連想させる物や、老眼鏡や補聴器などの「老い」を感じさせる物は贈らないようにします。 また、 お花をプレゼントする場合は、椿の花は避けておきましょう。 椿は花ごとボトリと地面に落ちます。 その様子が首が落ちるようで、死を連想させると言われることがあり長寿のお祝いには不向きなものとされています。 他にも、お茶を好む方は多くいらっしゃいますが、 お茶は弔辞によく用いられる物のため、避けた方が無難です。 さらに、「勤勉さ」を表す時計やかばん、 「足で踏みつける」意味がある靴や靴下などは、敬意を表すべき長寿の方に贈るプレゼントとしては、適切ではないと言えます。 もしプレゼントしたい場合には、長寿のお祝いの品として選ぶことは避け、別の日にプレゼントしましょう。 めでたい場である長寿のお祝いですが、中にはトラブルになってしまったという失敗談もあります。 ご本人が喜ぶお祝いにするため、お祝いの日が素敵な思い出となるために、以下のケースを参考にしてみましょう。 贈り物を喜んでもらえなかった… 長寿を迎える方を思って一生懸命に選んだ贈り物も、場合によっては喜ばれないことがあります。 贈り物を用意する前には、 できるだけご本人の趣味や嗜好をリサーチしておくことも大切です。 また、長寿のお祝いの場合は、サプライズというかたちは取らないほうが無難なケースもあります。 日取りを決めて事前に知らせたほうが、ご本人も安心できその日を楽しみに待つこともできます。 また、旅行や外食を計画する場合も、 ご本人を交えて話し合いをしたほうが、みなさんで楽しめるお祝いの場になります。 兄弟・姉妹間でもめてしまった… お父様やお母様の長寿祝いを一緒に計画する兄弟・姉妹間では、特に予算の面でトラブルになることがあります。 長寿祝いの贈り物は2~3万円が相場ですが、旅行などを計画する場合は、5万、10万と金額が大きくなることもあります。 負担できる金額はそれぞれの家庭で異なるため、ご本人が喜んでくれることだけでなく、 どの家庭も無理のない範囲で贈り物を用意することが理想です。 事前によく話し合い、互いの合意を得てから準備を進めましょう。 どうしても考え方や金額の面で折り合いがつかない場合は、 それぞれの家庭で個別にお祝いの品を用意することも1つの方法です。 本人から長寿祝いを断られた….

次の

長寿祝い】長寿の祝い文例言葉・スケジュール・名称一覧・メッセージカード

長寿祝い 贈り物

長寿祝いの種類 長寿を祝う節目の年齢には、還暦や古希、喜寿などの名称があります。 本来は数え年で祝いますが、現在では満年齢で祝うことが多くなってきています。 ただし、還暦だけは数え年で61歳、満年齢60歳でお祝いします。 以下、主な長寿のお祝いをご紹介します。 還暦(かんれき)…61歳(満60歳) 生まれた年の干支に還ることから、「還暦」と呼ばれるようになりました。 赤いちゃんちゃんこの風習があり、赤が長寿祝いの色とされています。 古希【古稀】(こき)…70歳 中国の唐時代の詩人、杜甫の詩の一節である「人生七十古来稀なり」に由来しています。 現代では還暦よりも本格的な長寿の祝いと考えられているようです。 紫が長寿祝いの色とされています。 喜寿(きじゅ)…77歳 「喜」という字の草書体が七を3つ重ねた形になり、七十七と読めることに由来しています。 紫が長寿祝いの色とされています。 傘寿(さんじゅ)…80歳 「傘」の略字が八と十を重ねた形になり、八十と読めることに由来しています。 黄(金茶)が長寿祝いの色とされています。 米寿(べいじゅ)…88歳 「米」の字をくずすと八十八と読めることに由来しています。 黄(金茶)が長寿祝いの色とされています。 卒寿(そつじゅ)…90歳 「卒」の略字である「卆」が九十と読めることに由来しています。 白が長寿祝いの色とされています。 白寿(はくじゅ)…99歳 百から一を引くと「白」となることに由来しています。 白が長寿祝いの色とされています。 紀寿(きじゅ)または百寿(ひゃくじゅ)…100歳 100年が一世紀ということから紀寿、また100歳であることから百寿と呼ばれています。 白が長寿祝いの色とされています。 100歳を超えた長寿祝いには、108歳の茶寿や111歳の皇寿、120歳の大還暦があります。 また、250歳で天寿というものもあります。 長寿祝いの祝い方 お祝いをされる方が主催となりお祝いの会を開いていましたが、現代では家族や身近な人がお祝いの会を開くことが一般的なようです。 特に決まった祝い方はありませんので、お祝いされる方の意向に沿った形がよいでしょう。 健康状態によっては長時間の祝宴や旅行の招待などは負担になる場合もありますので、祝い方に配慮する必要があります。 長寿祝いのお祝い品&金額の相場は? 人生の区切りとなるお祝いなので、消耗品以外がおすすめ! 還暦では赤い頭巾やちゃんちゃんこを贈る風習がありますが、その他の長寿祝いでは特に決まったものはありません。 人生の区切りとなるお祝いなので、消耗品ではなく記念になるプレゼントや思い出に残る旅行や食事会などを贈るのがおすすめです。 もし迷ったときは、傘寿で傘を贈るなど、長寿祝いの名称にちなんだものや長寿祝いの色の品を選ぶとよいでしょう。 プレゼントの金額の相場は、贈る相手が両親の場合は2~3万円、祖父母の場合は1~2万円、親戚などの場合は1万円前後、それ以外の場合は数千円程度とされています。 少し高価なプレゼントを贈りたい場合は、家族や兄弟などと共同購入するのがよいでしょう。 おすすめのギフト「を贈る体験型ギフト」 ギフトを贈るときに特別な気持ちをしっかり伝えたいなら、リンベルのスペシャルラッピングサービスを利用することもできます。 このサービスで使用される和紙や紐は、ラッピング技能士の資格を持ったプロの講師やデザイナーにより共同で開発されたものです。 デザインは3種類あり、贈る相手の好みや届けたい気持ちに合わせて選ぶことができます。 包装は、ラッピング職人がひとつひとつ手作業で丁寧に担当しています。 「おめでとう」の気持ちを届けるにはぴったりの美しい仕上がりに、受け取った相手もきっと喜んでくれるはず。 メッセージカードもついているので、気持ちをしっかり伝えることができます。 大切な人へギフトを贈る際には、ギフトを紐解くときの感動まで届けられるスペシャルラッピングサービスをぜひ利用してみましょう。 長寿祝いで喜ばれるギフトを贈ろう 人生の区切りとなる長寿祝いでは、後からでも思い出せる記念に残るものを選びながら、「おめでとう」の気持ちをしっかりと伝えることが大切です。 後で「あのときやっておけばよかった」と後悔することのないように、長生きをお祝いする心のこもったギフトを選びましょう。 ギフトを選ぶときのポイントは、相手の好みや状況に合わせたものを贈ることです。 両親や祖父母など身近な人に贈るときは、相手の嗜好やライフスタイルをよく知っているので、それほど迷わずに選べるかもしれません。 しかし、相手のことをそれほどよく知らない場合はどうでしょうか。 贈り先が何を必要としているのか、普段どのような消耗品を使っているのかなどがよくわからない場合は、ギフト選びがなかなか決まらず困ってしまうこともあります。 そんなときは、カタログギフトを贈るとよいでしょう。 カタログギフトには、グルメやグッズ、体験型チケットなどさまざまなアイテムが掲載されており、好きなものを自由に選ぶことができます。 受け取った人が一番欲しいものを選べるので、贈るものに迷ったらぜひカタログギフトを利用してみましょう。

次の

最高のお祝いにするために「長寿祝いのマナー」を学ぼう!

長寿祝い 贈り物

長寿祝いには満60歳を祝う還暦から始まり、70歳の古希、77歳の喜寿、80歳の傘寿、88歳の米寿、90歳の卒寿、99歳の白寿、そして100歳の紀寿または百寿と様々あります元々数え年で祝うものでしたが、最近では満年齢でお祝いすることが多くなっています。 元々長寿祝いは、中国の儒教思想により敬老精神が広く浸透していた為、長寿の方に詩を贈る風習がはじまりと言われています。 そして平安時代に日本へ伝わり、そして長寿祝いとして広く一般的に広まったとされています。 昔は人生50年とも言われており、干支が一周して生まれた干支に戻る60歳を長寿として祝うために行われているとされています。 最近では還暦は第二の人生のスタートとして、お祝いする方が多いです。 長寿祝いには年齢による種類があるため、よってその長寿祝い毎に異なった方法でお祝いする必要があります。 例えば、長寿祝いには年齢ごとに決まった色があるため、その色に合わせたプレゼントを贈ると良いです。 長寿祝いは長生きという事をお祝いしますが、高齢の方であっても年寄り扱いするようなプレゼントは失礼に当たります。 実用性が高いプレゼントは喜ばれてはいますが、露骨に年齢を感じる様なプレゼントは選ばないようにしましょう。 また、お祝いのプレゼントにふさわしくない悪いことを連想するような物や不吉な物は避けて選び、贈り物にぴったりな縁起物など贈ると良いでしょう。 どうしても相手からの希望などで贈る場合には、相手に意図を伝えてから渡すと安心です。 そして、お祝いの気持ちを込めて選ぶと同時に、相手にとって喜ばれるような物をプレゼントする必要があります。 明らかに気分を害する様な失礼なアイテムは避けて、快適に生活を送れるような便利で実用性が高いプレゼントを選ぶと喜ばれます。 またメッセージカードなどをプレゼントに添えて渡すことで、よりお祝いの気持ちがこもった贈り物となります。 日頃の感謝の気持ちや、これからも長生きして欲しいという願いを込めて書きましょう。 ベストプレゼント編集部が「長寿祝いのプレゼントを贈ったことがある男女200人」に「長寿祝いのプレゼントを贈る場合の予算」について2020年2月にアンケート調査を実施しました。 長寿祝いのプレゼントを贈る場合の全体的な相場は、「5,000円~30,000円」という結果になりました。 関係性によって金額が異なり、両親や祖父母へ贈る場合は20,000円程度という意見が最も多く、全体の48%を占めていました。 そして、叔父や叔母など親戚関係や恩師などお世話になった方への場合は、5,000円程度が最も多い意見で全体の52%という結果でした。 親子や孫などから贈る場合、家族で盛大にお祝いをする為、予算は少し高めになるようです。 また、金額でお祝いを決めるのではなく、相手に喜んでもらえる心のこもった物を贈ることが重要です。 比較的安価な長寿祝いのプレゼントは「あったかグッズ」「名入れギフト」「アルバム・フォトフレーム」は1,000円前後から購入が可能です。 比較的高額な長寿祝いのプレゼントは「お酒」「花・フラワーギフト」「似顔絵ギフト」など、10,000円を超える贈り物が贈られています。 アルバムやフォトフレームは思い出の写真をいつまでも大切にしまったり、飾ったりできるプレゼントとして長寿祝いにピッタリのプレゼントです。 長寿を祝う思い出をいつまでも残し、そしてこれからも元気で過ごして欲しいという気持ちを込めて贈ることができます。 家族や孫との思い出はいつまでも大切に保存しておきたい方は多く、いつでも好きな時に思い出を振り返る事ができるアイテムです。 写真を大切に保管しておくアルバムやインテリアの用に飾っておくことができるフォトフレームはプレゼントに喜ばれています。 また、名入れのフォトフレームも特別感があることから人気があるプレゼントです。 アルバムもメッセージを書き込むなどオリジナリティがある贈り物として贈ることができます。 比較的手頃な価格帯から展開しており、予算も10,000円程で記念に残る品を贈ることができます。 健康グッズは、日々とともに身体の衰えが目立ち始めるご高齢の方に、身体の疲れをとってリフレッシュできる素敵なプレゼントです。 これからも長生きしてもらうために健康で居て欲しいという願いを込めて贈られています。 健康グッズを使うことで、毎日を健やかに過ごすことができ、そして身体を健康に保てると喜ばれています。 年配の方を労り、気遣ったプレゼントとして人気があります。 健康グッズは手軽に使えるものが重宝されています。 例えば定番のマッサージ器を始め、日常使いできる枕やクッション、そしてアクセサリーにもなる磁気ネックレスなどは人気のアイテムです。 予算も控えめなアイテムが多く、5,000円から10,000円で購入できるアイテムが多いです。 長寿祝いとして人気が高いお酒ですが、元々お酒は縁起物として扱われており、お祝いの席には欠かせない飲み物でもあることからプレゼントにピッタリです。 節目の長寿にお酒をお祝いとして贈ることで、さらなる長寿を祝いプレゼントとなります。 高齢の方でもお酒が好きな方は多く、いつもお酒を嗜んでいる方には特にオススメの贈り物です。 相手の好みに合わせたお酒を選んでも良いですが、誕生日の年号や名入れラベルのお酒など記念品となるお酒も人気があります。 また、長寿をお祝いする毎に、年代に合わせたお酒を贈っても良いでしょう。 いつもは口にしない高級なお酒がお祝いのプレゼントとして選ばれており、10,000円程度を予算を目安とされています。 高齢の方にとってお祝い事に贈るイメージが高いお菓子は、お祝いの席で食べることもできる為、喜ばれているプレゼントです。 特に和菓子は縁起物ともされており、長寿を祝いプレゼントにピッタリです。 甘い食べ物は充実したお茶の時間を過ごすことができ、またお祝いの日に出されるお菓子も数多く揃っているため、相手の健康と長生きを願うプレゼントとして人気があります。 メッセージを入れたケーキや、お祝いの言葉の焼印が付いたまんじゅうなどがお店によっては展開されており、特別な時を祝うプレゼントとして最適です。 高齢の方へお菓子を送る場合には健康に気を遣った食べ物を選ぶと良いでしょう。 普段口にしないような高級なお菓子がプレゼントには選ばれており、予算も10,000円程で購入している方が多いようです。 名入れギフトはお祝いや記念をより印象深く思い出として残ることができるプレゼントとして人気があります。 名前入りの祝いの品は、使う度に当時を思い出し、嬉しい気持ちで使うことができると喜ばれています。 普段使いするアイテムであっても、使う時の気持ちもまた異なり、これからもずっと使い続けたいと長生きする活力へとつながります。 名入れサービスを行っているショップやメーカーも増えてきている為、比較的簡単に入手して贈ることができるようになりました。 日常使いできる実用的なアイテムから記念に残るアイテムまで品物を選んでから名入れサービスを利用する必要があります。 大体予算10,000円前後で食べ物から日用品までプレゼントが選ばれています。 今までの感謝の気持ちと長寿のお祝いを込めたプレゼントとして似顔絵ギフトは贈られています。 写真では表すことができない手作りの似顔絵ギフトは、記録としてもそして記憶にも残る素敵なプレゼントになります。 そして、似顔絵と共にメッセージも入れることができるため、より気持ちが篭ったプレゼントになります。 色紙に書いた似顔絵ギフトは他の記念品と一緒に渡す方も多く、名入れギフトとは異なった長寿祝いを贈りたい方に選ばれています。 また、長寿の記念毎に贈る方も多く、記念に残る素敵なプレゼントになります。 プロのイラストレーターに頼む場合には少し高額になりやすいですが、平均的な予算は5,000円から10,000円程で選ぶ方が多いようです。 フラワーギフトは彩り鮮やかに祝福の日を演出し、そして場も華やかにすることができると、長寿祝いに最も人気があるプレゼントです。 綺麗な花は長寿祝いを演出するプレゼントとして、ストレートに感謝とお祝いの気持ちが篭った贈り物として喜ばれています。 長寿祝いにはそれぞれ年代で決まった色があり、還暦には赤い花、古希や喜寿には紫色などを選ぶことが正式な長寿祝いとしてオススメです。 また、縁起物の花でもある胡蝶蘭などもどの年代にも贈ることができるため人気があります。 長寿の方を祝うために、花言葉もそれに似合う様な花を選んで贈るとより、気持ちが伝わって良いでしょう。 お祝いのプレゼントとして高級でボリューム感を出すために10,000円前後で贈るとよいでしょう。。

次の