ハイキュー 376。 ハイキュー376話最新話のネタバレと感想!|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

ハイキュー!!【第377話】 最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

ハイキュー 376

スポンサードリンク ブラジル最後の試合に勝て日向! ブラジルで日向が挑む最後の試合 ここまで1-1で3セット目は10-9で日向たちが1点リード。 最初に日向たちが1セットとるも、次のセットを取られ、最終セット。 日向がポーキーショットを決めたところでルシオが到着。 その後、サンタナがサーブをミスし10-10の同点に追い込まれるが… コートチェンジ後、相手もサーブをミスし、11-10の熾烈な争いが繰り広げられていた。 13-11となり、日向は相手の行動を把握しているような動きを見せていた。 まるで忍者のような… 日向は相手スパイカーに、自分はカット側を守ると見せかけて、ライン川に攻撃を仕向け、そっちにすばやく移動するという戦略。 日向はその駆け引きが抜群にうまいとルシオからは高評価。 しかし、日向が忍者なら、相手も仙人と呼ばれ、容易い相手ではなかった。 スポンサードリンク 経験と技術がモノを言う サントスが風を思うがままに操っているかの如く、ボールを決めていく。 アウトだと思われたボールも、風で勢いが死にインとなり、相手の得点に。 あっという間に13-14で追い越されてしまったサンタナ・日向ペアはあることに気づく。 相手は最終局面で自分たちのペアがグッドサイドに行くよう誘導していたということを… サントスが日向たちを研究していた。 シーソーな点の取り合いになると予想し、点の流れをあらかじめ計算して、最終局面で自分たちにグッドサイドが来るように仕向けていたのだ。 ルシオは言う。 ビーチバレーは二人という人数、自然を相手にするという点などから、「経験と技術がモノを言う」と。 サントスのような経験者が本当に強い。 風は思い通りにならないから、徹底して風に従うと考えていた。 今すぐお得に漫画やアニメ を楽しみたいなら U-NEXTがオススメ!• お得に漫画やアニメを楽しみたい…• 過去の漫画やアニメを一気に見たい…• 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい… このような悩みを あなたは持っていませんか? かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

次の

最新ネタバレ『ハイキュー!!』376

ハイキュー 376

まずは先週のおさらい 砂の上でのドンジャンプ! 日向「ちゃんと跳べば」 「空中は不自由じゃない」 さぁ、今週のハイキュー!! はどうなる!? では376話の感想を 第376話 ビーチバレーボール 巻頭は現在の対戦対戦相手、 ・ルーカス サントス(37) 身長:181cm 得意なプレー:レシーブ・ショット ・カルロス カルバリョ(19) 身長:192cm 得意なプレー:サーブ・ブロック 煽り ブラジルで挑む最後の試合は佳境へ!! 日向が猫パンチのようなアタックで点を取る。 現在1-1の3セット目 得点は サンタナ・日向ペア サントス・カルバリョペア 10-9でリード そこへルシオが到着 「日向君達勝ってる?」 先程の猫パンチのようなアタックは「ポーキーショット」というらしい。 ルシオ「ビーチバレーでは指の腹を使ったフェイントは禁止、強打以外では指先や指の背を使って攻撃するんだ」 「ポーキーショット」は指の背を使った攻撃 「コブラショット」は指先を使った攻撃 サンタナのサーブ これはアウト 10-10 コートチェンジ 最終セットは15点マッチで合計点数が5の倍数の度にコートチェンジ サンタナ・日向ペア グッドサイド(風下) サントス・カルバリョペア バッドサイド(風上) カルバリョのサーブ これもアウト 11-10でサンタナ・日向ペアリード 続いて日向のサーブが決まり12-10 (日向がサービスエースなんて・・・、泣けます) サントスが上げたボールをカルバリョ、日向がいないスペースへプッシュ がこれを日向がレシーブ! カルバリョ「こいつほんっとどこにでも出てきやがって・・・!! 」 これをサンタナが決め13-11 あと2点で勝利です。 これは予想もしていなかった動きに全く反応できず点をを取られてしまいます。 またもサントスは余裕の笑み これで同点に追いつかれてしまいます。 」 でました!日向のわくわく! カルバリョサーブ(3回目) これはサンタナがレシーブするが直接相手コートへ!! そこへカルバリョが走ってきてダイレクトでスパイク!! 不安定な砂 ボールをさらう風 どんなボールでもどんな体勢からでも これをなんと日向がレシーブ!! これをサンタナが必死に追いかけコート内へ戻す!! 煽り バレーの重みは違えど この瞬間は等しく 第376話 おわり 第377話はどうなるのか いよいよ試合も大詰め! この試合に勝ってエイトールはプロポーズできるのか?! 結婚を見届けて日向は日本へ!という流れになりそうですね! 日本に帰った日向はすぐにプロ? それともインドアでは無名に近いのでプロテストか何かを受けるのでしょうか。

次の

ハイキュー376話最新話のネタバレと感想!|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

ハイキュー 376

2019年12月9日(月)週刊少年ジャンプ2号 発売 376話のネタバレ 日向のブラジルでの武者修行は2年。 その武者修行での最後の試合が始まった! ちなみにビーチバレーでは2人組でペアを組むのだがペア組みに関しては至ってシンプル。 個人で契約することが多く電話一本で契約をしたり、はたまた切られたりもする。 日向はブラジルに来てから親切に接してくれていて、よくペアを組んでいたサンタナとの試合を最後の試合に選んだ。 しかも彼は勝てば付き合っているニースにプロポーズするよう! 気合いが入る日向とサンタナ!試合状況は1セット取って1セット取られ、つまりドロー。 3セット目も1点差で勝っていていい勝負。 及川さんの相手にどう見られるかも計算に入れるというアドバイスを早速生かし、相手を欺く日向が一枚上手に見られたが相手ペアも一筋縄では行かない。 ビーチバレーは自然を相手にするから技術と経験がものを言う。 風を徹底的に利用し、日向が思っていた以上に勝利へと緻密に計算されたプレーの数々! 風を読み、終盤で有利になるように仕向けた相手チームの思惑に気付いた2人。 サンタナは崖っぷちにビビりだすが楽しんでいる日向を見てふっきれた様子。 2人しかいない仲間と繋ぐバレー。 ニースのことしかあまり必死にならないというサンタナも、日向とならもっとバレーをしていたいと思いから劣勢崖っぷちの必死のサーブへ! 「ハイキュー!! 」376話の感想(ネタバレ含む) 「ハイキュー!! 」376話を読んだ感想(ネタバレ含む)1 ブラジル最後の試合となるビーチバレーで、「仙人」と呼ばれるベテランプレーヤー・ルーカスと対戦する事になった日向。 ルーカスの年齢は37歳だそうですからその経験の差は圧倒的なものなんでしょうね。 ただ、そこで気づいたのですが、学生時代の試合と違って今後はそうした5年とか10年以上も早く生まれた年長者達とも戦っていく事になるんですよね。 高校バレーは15~18歳という限られた年齢の者達で争っていましたけど、そうした枠が取っ払われて皆が同じ土俵で競い合うわけです。 ただでさえ体格で劣る日向にとってはさらに厳しい事でしょう。 それを考えると最後の試合でそうした一回り以上も年上のベテランプレーヤーとフルセットで密に戦えたというのは大きな経験になるのではないかと思いました。 漫画「ハイキュー!! 」376話を無料で読む方法 「ハイキュー!! 」376話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。 ですが「ハイキュー!! 」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

次の