封筒 返信 書き方。 返信用封筒の行・宛の消し方と正しい直し方・封筒への書き方

【返信用封筒】返信の仕方を解説!宛名は御中?様?書き方のマナー

封筒 返信 書き方

相手に返信を求める書類と一緒に入れる「返信用封筒」。 存在を知っているものの、正しい使用方法やマナーを知らなくて、送るときに困るっという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで今回は、返信用封筒の書き方や折り方についてご紹介していきます。 また、サイズや色の選び方についても記載していますので、ぜひ最後までご覧くださいね! 返信用封筒の書き方や折り方のマナーを教えて! 書き方 返信用封筒の折り方の前に、まずは返信用封筒にあらかじめ書き込んでおく事項をご説明していきます。 そうする事で、相手が手紙を出す際に「様」や「御中」が書きやすくなるという気遣いですね。 切手を貼る際は、相手が送ってくるもののサイズや重さをあらかじめ予測して送料を算出し、その金額よりも少し多めに貼っておきましょう。 ちなみに、裏面に相手側の住所や名前を書き込んでしまうのは失礼にあたりますので、何も書かずに送るようにしてくださいね。 折り方 返信用封筒の記入が終わったら、次は折り方です。 ここでは使用される事が多い4種類の返信用封筒の折り方をご説明していきますね。 角型A4&角型2号 同じくらいのサイズの封筒に入れる場合・・・上下の両辺を合わせ、真ん中で2つ折りにする 小さいサイズの封筒に入れる場合・・・上下の両辺を合わせ、真ん中で2つ折りにした後、さらに3つ折りにする 長型3号&長型4号 封筒に書類を入れる時と同じ要領で、等間隔に3つ折りにする 上記が返信用封筒の折り方です。 ビジネスシーンにおいて郵便物に関わる書類は、基本的にすべて3つ折りです。 これには「書類を入れた時に封筒が分厚くならない」「書類を広げた時、折り目が少ないから綺麗に見える」という2つのメリットがある為です。 ですので、返信用封筒を折る際も 3つ折りが基本という事がポイントです! 返信用封筒のサイズや色に決まりはあるの? サイズ サイズに関しては、必ず 「返信してほしい書類が入るサイズの封筒を選ぶ」ようにしましょう。 大きいサイズの書類を返信してほしい場合は「角型A4」や「角型2号」等を、小さいサイズの書類を返信してほしい場合は「長形3号」や「長型4号」等を選ぶようにしてください。 小さいサイズの書類の返信に大きめの封筒を同封するのも、大きいサイズの書類の返信に小さめの封筒を同封するのも、ビジネスシーンでは不適切です。 返信用封筒は、返信してほしい書類のサイズに合わせて臨機応変に対応するようにしましょう。 色 返信用封筒で一般的に使用されているのは 「白封筒」と「茶封筒」です。 白封筒は「応募書類送付用」に用いられる事が多く、茶封筒は「ビジネス用・事務用」に使われる事が多いです。 シーンに合った色を選ぶようにしてくださいね。 返信用封筒の折り方・サイズ・色を理解し相手に好印象を与えよう! 今回は、返信用封筒の書き方・折り方、そしてサイズや色についてご紹介してきましたが、ご参考になりましたか? 「社会人になるまで返信用封筒なんで使った事がなかった」という方も、マナーを把握できたと思います。 人と人とのやり取りでは、気遣いが大切になってきます。 ですので、返信用封筒を同封する際も、相手の事を考えて準備するようにしましょう。 返信用封筒の書き方・折り方・サイズ・色を理解し、気持ちのよいやり取りができますように!•

次の

返信用封筒の返信の仕方!裏に住所や差出人名を書く?宛名の御中・様の直し方も解説!|つぶやきブログ

封筒 返信 書き方

返信用封筒を使ったことはあるでしょうか。 返信用封筒は、相手からお返事をもらうために、こちら側から同封する封筒のことを言います。 普段はあまり使いませんが、就職活動中やビジネスシーンではよく使われるものですので、その書き方について覚えておきましょう。 この記事では、返信用封筒を同封する際のマナーについてと書き方について紹介します。 返信用封筒とは 返信用封筒を知らないという方もいらっしゃるでしょう。 また、返信用封筒の書き方がわからないという方も少なくありません。 返信用封筒とは、返信用はがきとは違い、何か特別な形で販売されているものではありません。 一般的な封筒を使って、相手側に送る封筒の中に入れる封筒のことを言います。 返信用封筒は、あらかじめ受け取る方の住所や氏名が書かれており、切手もすでに貼られていますので受け取った方が切手代を支払う必要はありません。 返信用封筒を使う目的とは なぜ返信用封筒を使うのかというと、「お返事をいただくにあたり相手の方の手間を省くということ」、「間違った住所に送られることを防ぐため」、「相手の方から確実にお返事をもらえるようにするため」といったことのためです。 個人宛のお手紙で、友人や知り合いに郵送するものであれば、それほど書き方に気を使う必要はありませんが、就職活動中に使うものや企業宛てに使うものの場合は基本的な書き方をしっかりと身につけておく必要があります。 いつ返信用封筒が使われるのか 就職活動中やビジネスシーン以外でも返信用封筒は使われることがあります。 例えば何かの申込書類やクレジットカードの申請書、銀行口座の申込書、保険の申込書を取り寄せた場合に、返信用封筒が同封されてくることがあります。 そのほかにも、結婚式などの出欠を確認する場合も返信用封筒や返信用はがきが同封されてくる場合があります。 就活 就職活動中は、さまざまな書類を企業側に提出する必要があります。 そのため、書類を提出する際に返信用封筒を使わなければならない場合があります。 ご自分で封筒を提出する場合もマナーが必要になりますが、企業側が用意してくれた返信用封筒を使う場合にもマナーがありますので、正しい書き方になるよう注意しましょう。 返信用封筒を使用する場合にも、きちんとしたマナーが守られていないとにかかわる場合がありますので、正しい書き方を覚えておきましょう。 封筒の大きさ 就職活動中に返信用封筒を使う場合は、大きさに合わせた封筒を選ぶ必要があります。 返信用封筒を受け取る場合は、自分で封筒の大きさを選ぶことはできませんので送られてきた封筒をそのまま使用することになります。 ご自分で返信用封筒を選んで相手側に郵送する場合は、履歴書の大きさに合わせてA4サイズのものを選びましょう。 履歴書の大きさに合わせた封筒の大きさは角形2号サイズになります。 また、企業側に資料を請求するために返信用封筒が必要になった場合は、サイズの指定がありますのでその指示に従って封筒の大きさを選びましょう。 教員採用 教員採用試験でも、返信用封筒を使ってやりとりする場合があります。 教員採用試験では、企業に返信用封筒を送るわけではありませんので、その書き方がどうなるのか分からないという方も少なくありません。 教員採用試験では、事務員が文書の処理を行うことになりますが、その手間を省くためにも正しい書き方をしましょう。 教員採用試験での返信用封筒の書き方も、そのほかの企業に就職試験を受ける場合と同じく、返信用封筒の書き方から社会的なマナーが守られているかどうかをチェックされていますので、間違った書き方をしないよう注意しましょう。 敬称の使い方に注意 「敬称」と聞いてまず思い浮かぶのは、「殿」や「様」ですが、「殿」や「様」は個人宛てに使われる敬称になります。 また、「殿」とは、目上の方に使ってはいけない敬称になりますので、教員採用試験など、就職活動中に企業宛てに使っていい敬称ではありません。 各位とは 敬称の中には「各位」と付ける場合もあります。 「各位」とは、複数の相手に対して用いる敬称になります。 例えば、案内状やビジネス文書などに多く使われる言葉で、封筒やはがきに用いるものとしてはふさわしくありません。 「各位」には「皆様」という意味があり、「各位」と書く場合も「様」や「御中」と同時に使うことはできませんので注意してください。 教員採用試験のために返信用封筒を使う場合は、一般企業の採用試験に用いるものと同じく「御中」を使います。 「御中」とは、相手の方が団体である場合に用いる敬称になりますので、教員採用試験の場合も宛名には「御中」と付け加えるのが正しい方法です。 返信用封筒は横書きにする書き方もあります。 返信用封筒が横向きになっている場合の書き方は、左から右側へ向かって読むようにして、上から下の行に向かって書いていきましょう。 また、「御中」や「様」を書き方についてですが、「絶対にこうしなければいけない」という決まりはありません。 左から右へ読めるように書ければ問題ありませんが、横書きにする場合は、訂正した後で名前の右側か下に書くのが一般的です。 横書きにする場合の差し出し人の書き方 返信用封筒は宛先が間違った書き方をしていなければそれでいいというわけではありません。 返信用封筒の裏面には受け取った方の住所や氏名を書きませんので、ご自分で書く必要があります。 そのため、郵便トラブルがあった際にも、きちんと手元に戻って来るよう、正しく書く必要があります。 同封されている書類が重要なものであればあるほど、正しい書き方である必要がありますので、郵送する前にしっかりと確認しましょう。 差し出し人の名前の名前の書き方は、横書きにする場合は封筒の裏面の右下に書きます。 宛名を書くときと同じように、左から右に向かって読めるように書きましょう。 返信用封筒の書き方 次に、一般的な返信用封筒の書き方についてご紹介しましょう。 返信用封筒は受け取った方の手間を省くために書くものですので、間違った書き方をしてしまわないよう注意して下さい。 表 返信用封筒の表側には郵便番号と住所、会社名、またはお名前を書いて切手を貼ります。 返信用封筒は確実に相手側からお返事がもらえるよう同封するものですので、切手の料金を間違えないよう注意して下さい。 切手の料金が不足している場合には、郵便物が戻ってきてしまったり、相手の方が切手代を支払わなければならなくなる場合があります。 一度封をしてしまうと、もう一度封筒を開けて切手を貼り直さなければならなくなったり、相手の方のご迷惑になってしまいますので、郵便物の重さを調べ、料金がどの程度かかるのか調べておきましょう。 宛名にはさまざまな敬称が用いられますが、敬称は文章を受け取る相手によって書き方が異なりますので、それぞれの書き方についても覚えておきましょう。 まずはそれぞれの敬称についてご説明しますので、返信用封筒にはどういった書き方がふさわしいのか覚えておいてください。 「様」と「御中」の使い方 「御中」とは、団体や企業、学校名、組織に対して使う敬称です。 そのため、文書を郵送する場合に、会社名の下に「様」と書かないよう注意して下さい。 また、個人に手紙を郵送する場合には、「御中」とは書きません。 「御中」とは組織名や団体名の後に付け加える言葉になりますので、この場合は「御中」ではなく「様」と書きましょう。 また、書き方を間違えて「御中」と「様」を同時に使う方がいらっしゃいますが、これは間違いです。 「御中」と「様」を同時に使うことはできませんので覚えておきましょう。 「殿」とは、目上の方が目下の者に対して使う言葉になりますので、目下の者が目上の方に宛てて「殿」と使うことはできません。 「殿」は使い方が難しく、企業内での文書には「様」と使うことが多いので、「様」と「殿」のどちらを使ったらいいのか迷った時は「様」と書いておきましょう。 また、「部長」や「課長」など、役職名で郵送する場合には、「殿」といった書き方はしません。 役職名には、それだけで敬称の意味が含まれていますので、役職名のみを書いて文書を送る場合には、「様」や「殿」などの敬称をつける必要はありません。 また、役職名の後に個人名を書く場合には「様」を書いておきましょう。 行 「御中」の書き方について覚えていただけたでしょうか。 返信用封筒には「御中」のほかにも「係」、「宛」と書かれている場合があります。 「行」は敬称ではありませんが、「様」や「御中」と同じように宛名の後ろに付け加える言葉です。 「行」は返信用封筒を使って郵便物を送った方が、自分宛にお返事を返してもらう時にだけ使われます。 そのため、返信用封筒を受け取る側の立場であった場合には、この「行」を二重線で消す必要があります。 「行」と書いてある文字に二重線を引き、その横、または下に「御中」または「様」と書き入れましょう。 これは、一般的によく知られている書き方についてのマナーになりますので、間違えてそのまま返信してしまわないよう注意して下さい。 「行」と書くときのポイント 「行」は、個人に宛てた郵便物にも企業に宛てた郵便物にも使うことができます。 ご自分が返信用封筒を送る立場にあった場合には、宛先がご自分の名前になっていますので敬称を書くのではなく、「行」と書くのが一般的な書き方です。 ご自分のお名前に「様」や「御中」などの敬称を使うのはマナー違反になりますので覚えておきましょう。 行の消し方 行の消し方については二つの方法があります。 返信用封筒の場合は二重の斜線を引いて消すのが一般的な方法です。 縦書きの封筒の場合には、縦にまっすぐ二重線を引くか、右上から左下に向けて斜めに二重線を引くかどちらかの方法を選びます。 また、「行」を消そうとして、修正液や修正テープを使ってはいけません。 修正液や修正テープを使うということは、相手のミスを指摘する行動になり、マナー違反にとなります。 「行」の文字を消すときは定規で線を引く必要はありませんが、あまり線が曲がってしまわないよう注意しましょう。 横書きの場合 横書きの封筒の場合は、横に二重線を引きます。 ただし、横書きの封筒の場合は、二重線を引いても消しているのかどうかが分からない場合があります。 この場合は、斜めに線を引いて、消したことがしっかりとわかるようにしましょう。 その後で「様」や「御中」と書き直す場合は、右側かその下に書き直して下さい。 封筒の入れ方 返信用封筒を入れるときはどうしたらよいかわからないという方も多いでしょう。 返信用封筒を入れるには、小さい封筒を選び、折らずに入れるか、二つ折り、または三つ折りにして封筒の中にいれます。 封筒の入れ方についても厳密な決まりはありませんので、どの方法を選んでもかまいません。 とはいえ、形が崩れていたり折れ曲がった状態で封筒に入れないよう注意して下さい。 返信用封筒は、受け取った方が不快感を覚えないようきれいに折り畳み、封筒の中に入れてましょう。 返信用封筒が入らなかった時は 返信用封筒を三つ折りにしてもなかなか封筒に入らないという場合には、さらに上下を折り畳み、形を整えてから封筒の中に入れましょう。 しかし、返信用封筒はきれいな状態で入れる必要がありますので、あまりにもシワシワにならないよう注意する必要があります。 折り方についての決まりはありませんが、相手を気遣い、手間を省くために同封される返信用封筒ですので、相手の方が取り出しやすい方法で折り畳むようにましょう。 返信用封筒を速達にする場合の書き方 急いでお返事を受け取りたい場合は、返信用封筒を速達にして郵送する場合があります。 返信用封筒を速達にして郵送する場合は、封筒の一番上に「速達」と赤いインクのサインペンなどを使い、書き加えておくと良いでしょう。 縦書きの封筒を用いる場合の書き方も横向きの封筒を用いる場合の書き方も、右側に「速達」と書き加えます。 速達は通常の料金とは異なりますので、料金が不足しないよう注意しておきましょう。 簡易書留の場合の書き方 返信用封筒を「簡易書留」で受け取りたいという場合もあります。 この場合は、封筒の左側に赤い文字で「簡易書留」と書いておけば大丈夫です。 「簡易書留」と書く位置は左側の中央か、それよりも少し下に書き入れます。 返信用封筒を使いこなしてマナーをアピール.

次の

簡易書留の封筒の書き方はコレ!正しい出し方!料金と支払い方!

封筒 返信 書き方

Contents• 返信用封筒は、中身が空の状態で書こう! 返信用封筒の返信の仕方についてですが、 まず一番基本的なことを抑えておきましょう。 それは、「封筒の中身が空の状態で書く」です。 返信用封筒は中に入れる書類が大事なので、 先に書類の記載をすると思います。 そして、「うっかり中身を入れ忘れて封をしないように」 中に書類を入れてから返信用封筒の宛名などを書く人がいます。 ですが、それでは返信用封筒が中の書類で膨らんで 字が書きづらくなってしまいます。 返信用封筒で大事なのは中の書類なので 書類さえしっかりしていれば問題ないですが、 宛名などの文字ががぐにゃぐにゃよがんでいるとそれはそれで失礼です。 ですから、返信用封筒に宛名などを書く時は 書きやすい中に何も入っていないぺったんこの状態で書きましょう。 スポンサーリンク 関連記事: 返信用封筒の宛名の「御中」・「様」の直し方 返信用封筒と普通の封筒で一番違うのは、 「すでに宛名が印字されていること」です。 ですが、印字されているからと言って 「だったら宛名については何も書く必要ないね」と思うのは早急ですよ。 予め指定して書いてある宛名には、とある部署名だったり個人名だったりしますが、 ほとんどの場合その部署名や個人名の下に「〇〇行」と書いてあります。 普通、宛名の下には御中や様をつけますよね。 でも、送り主が自分宛ての郵便に御中や様と書くのはおかしいので 印字では「行」と書かれてあるんです。 ですからこちらから送る場合は当然「行」のままでは失礼になりますので、 御中や様にしなければいけません。 でも、すでに「行」と書いてあるのに どうやって御中や様に変えるのでしょうか。 ではここではすでに印字されている行を 御中や様に変える直し方を説明します。 まず「行」の上にボールペンで2行線を書き、行を消します。 この場合横線で消すのか縦線で消すのかという問題ですが、 基本的にはどちらでもかまいません。 ですが行という字は縦線が多いので、 縦線で消すと字に紛れ込んでしまい消しているのか分かり辛いという欠点があります。 相手に分かりやすくするなら、横線で消す直し方がオススメです。 また、2行線はフリーハンドではなく 定規などでキレイに平行に書くのがマナーです。 行の字を消したら、次は御中か様を書きます。 ここで注意ですが、御中と様はどちらでも良いという訳ではありません。 「御中」は、係や部署、会社など組織や「グループ」の宛名に送る時に使う言葉です。 一方「様」は、個人名など「個人宛て」に送る時に使います。 ですから印字された宛名を見て、 組織名だったら行を消して御中に、 個人名なら行を消して様を書き足すのが正しい直し方です。 ちなみに「〇〇担当者」という宛名もありますよね。 これは組織の宛名なのか個人の宛名なのか迷う所ですが、 「担当者」だけなら組織ということで「御中」にする直し方になります。 もし「担当者」の後ろに「〇山〇太」のような具体的な名前が来れば、 当然「様」の直し方になります。 また、返信用封筒の宛名が縦書きの場合と横書きの場合がありますが、 縦書きの場合は消した行の左側か下側に、 横書きの場合は消した行の右側か下側に書くのが無難な直し方です。 スポンサーリンク 続きは次のページへ.

次の