ダックスフンド カニンヘン。 カニンヘン・ダックスフンド(Kaninchen Dachshund) ダックスフンド 子犬 ブリーダー「フジアースフィールド」ミニチュアダックス カニンヘン mダックス 静岡県富士宮市

カニンヘンダックスフンド 人気ブログランキングとブログ検索

ダックスフンド カニンヘン

カニンヘンダックスフンドの歴史 中世の頃に作出されたと言われるは、当初は体重10kg以上あり、15kg程度のものもいたとされ、現在のよりさらに大きかったと推測されています。 この当時のサイズや体系の類似から、と共通の祖先ではないかとする説もあるようです。 オーストリアとドイツの国境付近の山岳地帯で固定化が始まったとされるダックスフンドは、嗅覚を使って獲物を追い詰めるハウンドドッグであり、アナグマやキツネ、ウサギなどを狩る猟犬としてその性質を高められてきました。 ダックスフンドには3つのサイズと3パターンの毛質がありますが、これらはルックスの趣味で選抜されてきたのではなく、ワイアーヘアーは水にも強いように、ロングヘアーはアナグマが反撃の際に使う爪によって体を傷つけないように、スムースは狭い巣穴や薮の中でも引っかからずに進めるようにと、地域や目的に応じて変化をつけられてきたものです。 カニンヘンダックスフンドが小さく作られたのは、愛玩用にそうしたのではなく、獲物の中で最も小さいウサギを狩るために作られた犬だからなのです。 カニンヘンダックスフンドは原産国ドイツではラピット(ラビット)ダックスフンドとも呼ばれています。 小さいことで愛玩犬向きと思われがちですが、21世紀の現代もダックスフンドを猟犬と考えている原産国ドイツのダックスフンド(テッケル)クラブでは、カニンヘンこそが最も「猟に対して情熱的」としているほどで、小さな体に大きなエネルギーを持ち、活発に動くことこそカニンヘンらしさであるというわけです。 とカニンヘンダックスフンドのサイズ固定が始まったのは、19世紀になってからと言われています。 19世紀末から20世紀初頭までの戦時中、戦争国では多くの犬たちが犠牲になり、純血種の作出が止まりました。 ダックスフンドもまた人気が下降するとともに、雑な繁殖や極端な近親交配が目立つようになり、犬質が低下していきました。 そこで1910年頃から、ミニチュアとカニンヘンの改良を目的として、犬種クラブの合意により他犬種による交配(アウトクロッシング)が行われることとなりました。 一時的とはいえ、犬種固定のためのアウトクロッシングは大変珍しいことで、スタンダードダックスフンドを土台にして、スムースにはを、ロングヘアーにはを、ワイアーヘアーにはを交配することになりました。 異なる毛質の基礎となった犬種の影響はダックスフンドにも少しずつ表れており、スムースは気が強く繊細で、ロングヘアーは活発で愛想よく、ワイアーヘアーは賢く服従性が高いという傾向が出ているとされることも多いようです。 カニンヘンダックスフンドの飼い方 カニンヘンダックスフンドは活発で体を動かすのが大好きな犬種ですので、運動不足は不健康であるばかりでなく、ストレスによる問題が起きてしまいます。 サイズが小さくても、特に若犬のあいだは、1日に合計で1時間程度の散歩をしてあげたいものです。 遊びも大好きですので、気候の厳しい季節は室内でのボール遊びやゲームなどの時間をたっぷりと取ってあげるのも良いでしょう。 やや保守的な傾向があり、家族に対しては愛情深く、それ以外の人や犬に対しては距離を置くなどの態度を示すことが多いようです。 相性が悪い相手には吠えるなど、けんかっ早い面を見せることがありますが、子犬の頃からドッグランや公園などに連れ出し、社会性を育むことで、過度の興奮が抑えられ飼いやすくなります。 愛玩犬ではなく猟犬であることを念頭にしつけや訓練を行いましょう。 賢いので飲み込みもよく、しつけは難しくありません。 カニンヘンダックスフンドの被毛の質は3タイプありますが、基本的にほとんどがダブルコートですので、被毛は抜けます。 ワイアーとロングヘアーは週に2回以上はブラッシングをお勧めします。 スムースも抜け毛はありますが、ほかの2種類よりは手入れが楽でしょう。 サイズが小さいだけに冬の寒さや夏の暑さの影響を受けやすいため、特にスムースタイプでは、衣類の着用も検討しましょう。 カニンヘンダックスフンドの毛色 カニンヘンダックスフンドは、単色ではレッド、レディッシュ・イエロー、イエロー(クリーム)。 バイカラー(2色)ではブラック&タン、ブラウン&タンまたはブラック&イエロー、ブラウン&イエローとなります。 混色ではダップル(大理石模様)、タイガーブリンドル(縞目)、ブリンドル(縞目)となります。 ワイアーについては、上記の色のほかにワイルドボア、または枯葉色の単色も公認されています。 ブルー(かなり明るい灰色)やパイボールド(白の多い2色以上)と呼ばれる珍しい色の場合、あるいは両親犬の毛色がダップルで子犬がダップルの場合(ダブルダップル)の場合では、白い毛色の遺伝子が原因とされる疾患を持つ確率が高くなります。 健全な犬の作出が難しくなることから、このようなレアカラーは公認されていません。 カニンヘンダックスフンドの気を付けたい病気 ダックスフンドは短足胴長であるため、椎間板ヘルニアが起こりやすい犬種です。 若いうちは運動でしっかり筋肉をつけ、中年齢以上になったら無理はさせずに太らないことに気を付けてあげましょう。 歩くのを嫌がって寝てばかりという様子があれば、よく注意して早期発見に努めましょう。 カニンヘンダックスフンドは、特に脚が短く地面に近いため、夏季は熱くなったアスファルトの影響を受けて熱中症にかかりやすくなります。 散歩は朝晩の涼しい時を選んで、短く済ませましょう。 カニンヘンダックスフンドの価格相場 グループサイト、『』における、カニンヘンダックスフンドの直近1年間の子犬ご成約時の平均価格は約 27万円、最高価格は 56万円、最低価格は 10万円です。

次の

カニンヘンダックスフンドの特徴や飼いやすさ、価格相場、飼育方法

ダックスフンド カニンヘン

・サイズ: 小型犬• ・体高:15cm~25cm• ・体重:2kg~3kg• ・起源・歴史・系統: カニンヘン・ダックスフンド(カニンヘンダックス)は、ダックスフンドの中ではもっとも小型の犬種になります。 ドイツを原産としており、ミニチュア・ダックスフンドを小型化して改良されているため、 ミニチュア・ダックスフンドと同様にスタンダード・ダックスフンドからの派生種にもなります。 具体的な小型化する際の配合としては、パピヨン、 ミニチュアピンシャー、 ミニチュアシュナウザー等の小型犬と掛け合わされています。 もともとは、直接の派生元となるミニチュア・ダックスフンドが、 ウサギやイタチなどの小動物を狩る猟犬としての役割があったのに対して、 カニンヘン・ダックスフンドはウサギ狩りを専業とする目的で開発されました。 ヨーロッパでは今でも狩猟犬として活躍しており、別名『ラビット・ハウンド』とも呼ばれています。 名前の由来ですが、まず『カニンヘン(Kaninchen)』については、 ドイツ語で『ウサギ』の意味を持つ『カニンヘン』から来ており、 『ダックスフンド』のほうはドイツ語で『アナグマ(=dachs(アナグマ)』と『犬(hund)』が組み合わされています。 これは、ダックスフンド(スタンダード・ダックスフンド)という犬種が、 もともとはアナグマを狩るための狩猟犬として活躍していたことに起因しています。 ・しつけは根気強く、しっかりできる方 ・運動量は少ないこと歓迎(ただし、遊ぶときはきちんと一緒に遊んであげられる) ・子供との同居において心配を少なくしたい方 ・病気のリスクを把握した上で、普段の予防をしっかりできる 病気・けがへの強さ カニンヘン・ダックスフンドの平均寿命は14? 17年ぐらいです。 比較的、長生きな犬種と言えます。 また、胴長の体型をしていることから、腰を痛めやすく、椎間板ヘルニアにも注意が必要です。 滑りやすい床や、高い所からの昇り降りは避けることが安全です。 椎間板ヘルニアは、最悪の場合、下半身麻痺・歩行困難になったりするほどの重い病気で、 特にダックスフンド系の犬種に共通して高い発症リスクがあります。 太りやすい体質でもありますので、肥満になると椎間板ヘルニアや糖尿病を引き起こしやすくなってしまうことからも、 肥満にも予防が必要です。 耳が垂れ耳の形状をしていることから、耳の中に汚れがたまりやすく、 きちんと清潔に保てていない場合、外耳炎になるリスクも高めになってきます。 また、『進行性網膜萎縮症』という、ダックスフンド系の犬種特有の遺伝性の目の病気があります。 これは、網膜が徐々に縮小することで、初期症状では暗いところで見えづらい状態、最悪では失明に至ります。 それ以外のかかりやすい目の病気として、目が大きく、外気に触れている面積も広めであるため、 ドライアイ(乾性角結膜炎)もなりやすい犬種です。

次の

カニンヘンダックスフンド 人気ブログランキングとブログ検索

ダックスフンド カニンヘン

ダックスフント 原産地 特徴 出産数 4-8 匹 寿命 12. の登録名は読みによる ダックスフンドだが、では文節末尾の d は濁らないため「フント」。 ドイツ語のアナグマを表すダックス(Dachs)と、を表すフント(Hund)を合わせた「アナグマ犬」を意味する。 巣穴の中にいるアナグマを狩る目的で手足が短く改良された。 なお、ドイツ語フント(Hund)は で猟犬を表すハウンド(hound)と同根。 フランス語ではteckel。 Teckelもドイツ語(北部ドイツ語)でダックスフントのこと。 ドイツ語ではDackel(Dachshundの短縮形)とも言う。 ジャパンケネルクラブ登録頭数は、記録の残るからまでは1位、以降は3位。 また、でも人気があり、での登録頭数は常に10位以内に入る。 容姿・性格 [ ] 特徴的な容姿は胴長短足の体型。 は面長で、は長く、耳は下に垂れる形をしている。 鼻孔が開いて空気を取り入れやすい形状で、が長く鼻腔内の面積が広いため、に優れている。 鼻の色は基本的には黒だが、一部はレバー色、淡いピンク色もいる。 また、胸が十分に発達している。 骨端が突き出ているので、前から見ると楕円形をしている。 あばらはよく張って腹部につながっている。 短脚で、体長は長いが、引き締まった体格である。 非常に筋肉質であり、向う気が強い頭部の保持と、警戒心に富んだ表情を見せる。 長い体に対して短い脚であるため、モタモタしたりする場合もあるが、歩様が制限されるほどではない。 生まれつき友好的で落ち着きがあり、神経質であったり攻撃的であったりということはない。 情熱的で辛抱強い。 ただ元々が猟犬であるがゆえに、時として攻撃的・負けず嫌い・頑固・活発・やんちゃ・遊び好きといった性格を見せる。 毛質 [ ] 毛質は大きく分けて スムースヘアード、 ロングヘアード、 ワイヤーヘアードの3種類がある。 スムースヘアード 毛質は堅く、短いのが特徴である。 また、毛の流れは滑らかで光沢もあり、密生している。 ロングヘアード 毛質は柔らかく、光沢があって長い。 わずかにウェーブした毛は、顎の下部、胴の下部に比べて、耳の先端、前肢のうしろ側が特に長く、尾のうら側が最も長い。 ワイヤーヘアード 被毛は顎と眉、耳を除いて、全体に密生した短い粗い剛毛が、下毛とともに全身を覆っている。 顎にはひげがなければならず、眉は毛深く、耳はスムーズな短毛である。 ワイヤーヘアード 毛色 [ ] ダックスフントは、多くの毛色があることで知られている。 また、毛質ごとに分類される。 スムースヘアードとロングヘアードについては2色と単色、その他のカラーに大きく分けられる。 2色は濃いブラウン(チョコレート)又はブラック。 それぞれにタン又はイエローの斑が、目の上、マズル及び下唇の側面、耳朶の縁の内側、前胸部、脚の内側及び後部、足の上、肛門の周り、そこから尾の下側の3分の1又は半分に見られる。 また、単色(ソリッド)は、レッド、レディッシュ・イエロー、イエロー(クリーム)、チョコレート。 非常に散在した黒の毛(シェーデッド)がある犬でも単色として分類される。 その他の色はダップル(斑)とブリンドル(濃い縞)等がある。 ワイヤーヘアードについては、上記以外にもワイルド・ボアー・カラー(野猪色)、デッド・リーフ(枯葉色)、ソルト・アンド・ペッパー(ごま塩色)などもある。 近年はパイボールド、ソリッド、ブルーなど新しく毛色が作出されている。 これらは特殊色、レアカラーとも呼ばれる。 異毛種間での交雑は認められておらず、本来は血統書は発行されない。 また、血統書以外にも後述の「乱繁殖」や「遺伝性疾患」と直結する問題とされることもある。 サイズ [ ] ダックスフントのサイズは、スタンダード・ミニチュア・カニンヘン カニーンヘン、カニヘン の3つに分かれ、各国の協会において、理想のサイズが定められている。 なお、仔犬時の血統書において、ミニチュア・カニンヘンと明記されていても、成長するにつれて、各協会の規定とする体型と異なることはある。 スタンダード ミニチュア カニンヘン ジャパンケネルクラブ 体重9 - 12キログラム 生後15か月を経過した時点で測定 体重5. 0キログラム以下 胸囲35センチメートルが理想 生後15か月を経過した時点で測定 胸囲30センチメートル以下 体重3. 2 - 3. 5キログラムを理想 ドイツテッケルクラブ 胸囲35センチメートル以上 9キログラムまで 胸囲30 - 35センチメートル以内 3 - 4キログラムまで 胸囲30センチメートル以下 3キログラム以下 7. 3 - 14. 5キログラム 5キログラム以下 イギリスケネルクラブ 雄11. 25キログラム(25ポンド)以下 雌10. 35キログラム(23ポンド)以下 雄雌とも5キログラム(11ポンド)以下 歴史 [ ] ダックスフントの起源は古く、最も古いものではの壁画にダックスフントと酷似する犬種が刻まれている。 現在のダックスフントは、ののが祖先犬と言われ、12世紀頃、ドイツやの山岳地帯にいた中型との交雑によって今日のスムーズヘアード種の基礎犬が作られたと伝えられている。 当時は体重10 - 20キログラムと大きかったようで、を配して、更に他のによってワイヤーヘアード種ができた。 またロングヘアード種は15世紀頃、との交雑によって作出されたが、どこでなされたのかは定かではない。 本来、ダックスフントは名前の表す通り、体重15キログラム程もあるアナグマを猟るため、また、負傷した獲物の捜索及び追跡のために農夫などによって改良された犬種で、「Bracken(狩猟)」の時代から特に地下での狩猟に適するよう繁殖されてきた歴史がある。 当時、ダックスフントはドイツ国内においてはテッケルやテカル、ダッケルと呼んでいたと言われている。 19世紀頃、ミニチュアとカニンヘン(兎という意味)がスタンダードが入ることのできない小さな穴に入って、のみならず、ネズミや、を猟るために改良されて誕生したようである。 また、この頃からアメリカや他の国へも少しずつ輸出されるようになったらしく、そのダックスフントの繁殖に尽力していたと言われる最古のクラブは、に創立されたドイツテッケルクラブ(Deutscher Teckelklub)である。 ではドイツ語での呼び方が嫌悪され、英語で「バジャードッグ」と呼ばれていた [ ]。 飼育上の注意 [ ] 胴体が長く、腰や股関節などへの負担が大きいため、を代表とする関節疾患にかかりやすい。 ジャンプ、高所や階段の昇降、滑りやすい床や路面の走行、肥満、抱え方等には注意が必要である。 脚が短いことから、地面と腹部が近いため、腹部を傷つけてしまったり、地面が熱い時はになりやすい。 垂れ耳であることから、蒸れやすく、ダニの寄生や細菌によるになりやすい。 肥満(ヘルニア)防止のダイエットや小型化を目的として、素人による餌の制限が安易に行われており、その個体に対する適度な分量の餌を与えられず、 から諸疾患を引き起こすケースも存在する。 また、ペットブームの影に行われた 乱繁殖により、経験及び知識不足のや素人繁殖が問題になっている。 この犬種は毛色の掛け合わせが等の疾患と関係があることはよく知られているが、、、PRA()等の を受け継いだり、障害を持って生まれてくる場合も少なくない。 そして、飼い主の事情で、保護施設等に持ち込まれる問題も重なり、動物愛護の観点から「 繁殖を行う者は充分な経験と知識を有するべきである」「 素人は繁殖させてはいけない」という考えが広まっている。 より、の改正によって動物取扱業未登録の者は有償での犬の譲渡ができなくなった。 脚注 [ ]• 社団法人 ジャパンケネルクラブ JKC. 2011年1月4日閲覧。 社団法人 アメリカンケネスクラブ AKC. 2012年5月25日閲覧。 織田淳嗣 2010年9月28日. 産経新聞. MSN産経ニュース. 2011年1月4日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の