ケイト ブラン シェット。 エミール・ブランドックヴィスト Emil Brandqvist Trio 「SEASCAPES」: 灰とダイアモンドと月の裏側の世界

ケイト・ブランシェット

ケイト ブラン シェット

女性同士のラブシーンを演じたケイトとルーニーにヌードに関する質問が飛んだ。 本作は、『』のヘインズ監督が『』の原作者としても知られるのベストセラー小説を映画化した作品。 1950年のニューヨークを舞台に、離婚訴訟中の気品あふれる人妻キャロル(ケイト)とクリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で働くテレーズ(ルーニー)の恋と逃避行、そしてそれが二人にもたらす結果を洗練された圧倒的に美しい語り口で描き、今年の有力作品と目されている。 [PR] ケイトは本作に参加したことでヌードシーンに対する考え方が変わったか、と問われると「子供を生んでから変わったわ。 たくさんの知らない人に裸を見られるわけだから」とコメントして笑いを誘い、本作におけるラブシーンについて「とてもとても重要なシーンよ。 映画の構造上でも物語を語る上でも。 トッドは素晴らしく、どのように撮影するのかを説明してくれた。 だからこれは一つのシーンなのよ。 ほかのシーンと同様にね」と説明。 一方のルーニーは「わたしはよくヌードになるから、大した問題じゃないわ」とさらりと答え、会場を爆笑の渦に巻き込んだ。 また、会見の前にはVarietyのインタビューでケイトが女性と性的関係を持ったことがあると明かしたとして話題になっていたが、ケイトは「わたしの記憶では『女性と関係を持ったことがある?』と聞かれたから、『ええ何度も。 もし性的な関係という意味なら答えはノーだけど』と答えたの。 でもその部分は掲載されなかったわね(笑)」と否定。 「でも今は2015年よ。 そんなの誰が気にするの」と続けていた。 (編集部・市川遥) 映画『キャロル(原題)』は2016年初春、全国公開 第68回カンヌ国際映画祭は24日まで開催.

次の

![CDATA[『ホビット』ケイト・ブランシェット&『CHUCK』イヴォンヌ・ストラホフスキー、故郷の豪ドラマで共演]

ケイト ブラン シェット

生い立ち [編集 ] で生まれる。 父親のロバート・ブランシェットは人の広告会社の重役であり、ケイトが10歳の時ににより他界している。 母親のジューン・ブランシェットはオーストラリア人の元教師、現会社員。 兄のロバートはコンピュータープログラマー、妹のジェネヴィーヴはクイーンランド・シアター・カンパニー所属のセットデザイナー。 で美術史と経済学を学んでいたが中退し、で演劇を学ぶ。 1992年に同演劇学院を卒業、舞台女優としてキャリアを始める。 キャリア [編集 ] 1993年に『 Kafka Dances』でシドニー劇場批評家協会賞の新人賞を受賞。 と共演した『』で最優秀女優賞を受賞した。 これはシドニー劇場批評家協会賞で史上初のダブル受賞でもあった。 1994年に『 Police Rescue』で映画デビューし、1996年公開の『 Paradise Road』で進出を果たす。 1997年公開のと共演した『』で国際的な評価を得る。 1998年公開の『』でを演じを受賞。 にもノミネートされ、一躍トップ・スターとなる。 翌年の『』誌の「最も美しい50人」のひとりに選出された。 2001年からの『』シリーズではを演じ、演技派・実力派女優としての地位を築く。 2004年公開の『』でアメリカの大女優を演じ、を受賞、2007年公開の『』でを演じ、を受賞した。 2008年1月に夫のアンドリュー・アプトンとともにオーストラリアで最も権威ある劇団(Sydney Theatre Company、STC)の監督に3年の任期で就任することが決定している。 また、同年4月に行われる「オーストラリア2020サミット」の文化芸術会議「Towards a Creative Australia(創造的なオーストラリアを目ざして)」の委員長に任命された。 2008年12月5日にこれまでの功績が称えられ、に名前が刻まれた。 2013年に公開された監督の映画『』において、結婚生活が崩壊したために妹のもとで倹約生活を送らざるを得なくなった女性を演じた。 この演技が彼女のキャリアの中で最も素晴らしい演技だと称賛され 、、を獲得した。 2017年にはオーストラリア勲章第二位「Companion of the Order of Australia(AC)」を受勲。 私生活 [編集 ] 1997年12月29日にのとで結婚。 2001年12月3日に長男(ダシエル・ジョン)、2004年4月23日に次男(ローマン・ロバート)、2008年4月13日には三男(イグナティウス・マーティン)を出産。 2000年代前半まではイギリスで暮らしていたが、現在は家族と共に・で暮らしている。 「」と「」のグローバル・アンバサダーを務めている。 評価 [編集 ] は雑誌『』2014年5月号でので、ブランシェットの演技について「常に彼女は素晴らしく、偉大なのです。 "偉大"というのは、自分がづけできないようなのことです。 が上手い、けれどそれをぴょんと飛び越えてしまうような素晴らしい豊かさ。 理解したり、文章でできる範囲を遥かに超えている。 ケイトにはその深さや複雑さがあります」と評した。 主な出演作品 [編集 ] 公開年 邦題 原題 役名 備考 1994 Police Rescue: The Movie ヴィヴィアン 1996 Parklands ロジー 1997 Oscar and Lucinda ルシンダ 主演女優賞ノミネート Thank God He Met Lizzie リジー 助演女優賞受賞 オーストラリア映画批評家協会賞助演女優賞受賞 Paradise Road スーザン・マッカートニー 1998 Elizabeth ノミネート 受賞 受賞 ノミネート 主演女優賞受賞 主演女優賞受賞 主演女優賞受賞受賞 主演女優賞受賞 主演女優賞受賞 新人賞受賞 主演女優賞受賞 女優賞受賞 クロトゥルーディス賞主演女優賞受賞 オンライン映画&テレビジョン協会賞主演女優賞受賞 1999 Bangers ジュリー=アン The Talented Mr. 脚注 [編集 ].

次の

エミール・ブランドックヴィスト Emil Brandqvist Trio 「SEASCAPES」: 灰とダイアモンドと月の裏側の世界

ケイト ブラン シェット

概要 外画のにおいてFとして定着したり染みのあるもしくはの組み合わせを紹介した。 一部、者の個人的にハマった、という組み合わせもあり、が納得する組み合わせとは限らない。 左側がで、右側がたもしくはのが並べられる。 また、その組み合わせのも流れる。 映画解説者 者のが流れた後、番組でお染みだった解説者のが入り、組み合わせが流れる。 すべて終わった後、最後にも解説者のが入る。 「音の効果の怖さ。 これにも存分にを傾けていただきたいと思います」 (荻:「」より) 「それではまた、お会いしましょうね」 (:「」より) 「」 (:「ー・ラ」より) 「いやぁ~って本当に面いものですね」 (:) 「、、」 (:「」より) 組み合わせ• その他:担当()以外で多い• 備考のその他欄に記載されている可性もあり。 作品だとわかっていても、のどれから音をとったのか不明な場合は記載していません。 順番はの順番に従っています。 その他: 新作、、・、ント・リー その他:、(3作品) 大脱走 (、8日「」) 晩年、に というまで営業していた。 その他:大脱走、麗なる賭け、、、 その他: 本人認F その他:燃えよ、五福 、七福、、、Z その他:、 、 ・ストーン その他:、&デッド、・ウーマン その他:、、、 ・マン その他:、、 その他:、、 ・ 美しき獲物たち (版) その他:、・、、、・ その他:、 ・ペック アラバマ (「」) その他:、、大いなる、恐怖の岬、、オーメン その他:(2作品) リーナ・ジョリー 湯屋 ツー その他:、&. デュー・ 〜まであと5日! 史上最悪の横断〜 その他:(初)、、路上のソ、ジャッジ 裁かれる判事 その他:、、(の評価が高い) プリシラ・プリー 裸のを持つ男 (版) その他:裸のを持つ男 その他:特になし ・ーン ナッ・ 本人認F のはーンがという繋がりで担当。 その他: ・シェット ・ 数奇な その他:、アビー、 その他: ・ その他:サー、、・ その他: ・ビ 事件 (「」) その他:の女、崩壊の、長、ご用心 その他:特になし ユル・ンナー 荒野の七人 (、7ビ「洋画劇場」) 「と私」はので一部担当。 その他:戦うョ・ビラ、、追想 その他: ・ス その他:お熱いのがお好き、2 麗な冒険、成功の甘き香り その他:特になし ジェス・メス 耕 2 その他:、 その他:(追加収録)、() ・クナ (「」) その他: その他:、 ・ディス・. その他:、と十一人の、暗の その他:特になし ・ザ・スメン その他:、、・ その他:、 ・パース その他:、をもう一度、事件 その他:特になし その他:ルMをせ! その他: サー その他:、・、・リ その他: ・エドワーズ その他:ン その他:特になし ・ーマンド ーゴ その他:、、の その他:特になし ・ 望郷 (「」) その他:地下室の、暗のふたり、現に手を出すな その他:特になし ・デンプ 泰! 、 その他:特になし 一朗太 その他:ズ、は色に、 その他:、、 その他: その他:特になし ・マッケラン 有博 その他:、 その他:(有氏死去による後任。 その他:一獲千を夢みる男、モガンボ、荒と女 その他の: ・ブッフホルツ 荒野の七人 (、7ビ「洋画劇場」) その他:特になし その他:特になし ヴィック・ー コン! 2ではなくなった)• 画像の変更は含まない• 意図的にされたのか、抜けてしまったのか不明なので、あえてという言葉は使わない• 2では「」のに変更された。 ・バネン 飛べ! (「」) ver. 2ではなくなっている。 その他:特になし その他: さまよう魂たち その他:特になし その他: オーソン・ウェルズ 正男 (「」) ver. 2ではなくなっている その他:特になし その他: オド・トトゥ アメリ ver. 20世紀はにてこのを紹介し絶賛している。 もまたの宣伝に合わせてにてこのを紹介し絶賛している。 もにてこのを紹介し絶賛している。 、もにてこのを努賞と賞賛している。 、もにてこのに自分が登場してる事に歓喜している。 、 美もにてこのに自分が登場してる事に歓喜している。

次の