えら てん 宗教。 【YouTuber】えらいてんちょうの経歴や本名は?正体は何者?仕事(本職)は?

「宗教学者が教えるやばい宗教5選・・・日本会議に異変?靖国神社が崩壊!?」の感想

えら てん 宗教

もう、嫌な仕事をするのはやめませんか。 会社辞めたい人、会社に入れなかった人、起業したけど失敗した人、 アルバイトが続かない人……。 みんな、大丈夫です。 巻末対談: 『ニートの歩き方』Pha氏、 『発達障害の僕が「食える人」に変わったすごい仕事術』借金玉氏 家入一真氏、推薦!! 「会社で働いて、お給料をもらって、それで生活をする」、 いくら多様化社会だと言っても、 いまの日本ではそういったいわゆる「サラリーマン」としての生き方が「普通」とされています。 ですが、日本人全員が会社で働くのに適しているとは限りません。 もう会社組織の中で生きていくのが嫌な人、そもそも会社に入れなかった人、会社を辞めてしまった人、 みんな大丈夫です。 しょぼい起業は、「事業計画」も「資金調達」も、「経験」もいりません。 嫌なことから逃げてもやっていける生存戦略を紹介します。 「会社員」でも、「ニート」でも「意識高い系起業家」でもない、新しい生き方です。 やっていきましょう。 内容は悪くない。 私も起業して数年が経つが、本質の部分では賛同できる部分もある。 しかし、この本に書かれている内容を実践していくには「覚悟」が必要。 自分で責任を持ち、個で考え、個で生き抜くという覚悟が。 全体を通して「起業なんて、ハードルを下げてやれば、簡単ですよ」という語り口であるし 書かれていることに偽りはないだろう。 しかし、本当に起業して成功をするためには 「圧倒的に継続する力」が必要。 それと同時に、「見込みがない」と判断した時に 損切り(やっていることを潔くやめること)も必要。 自分で判断して、決めていく決定力がない人が起業すると不幸になる。 それ(上記に書いた決断力や実践力)がないならば、 思考停止して労働している方が楽。 労働する代わりに、約束さえた給料をもらって入れば安心できるのではないか? 「その安心と引き換えに失うものの方が大きい」 「雇われなんてクソッタレだ」そう思う人だけ起業すれば良い。 起業するのは決して楽ではない。 だれも指示をしてくれない。 自分で判断し、決断し、実行を続けられなければ 死ぬことはないまでも、時間を無駄にして終わりだ。 例えば「ユーチューブがおすすめ」とある。 ・確かに、初期費用は0に等しい ・誰でも始められる(アカウントがあればオーケー) ・在庫がない 上記のメリットは同時にデメリットになることを考えなければならない。 一つのデメリット(リスク)としては「時間がかかること」などがある。 ヒカキン氏でさえ、世に出るまで7〜8年かかっている。 最低でも3年間毎日コンテンツを作っていく覚悟がなければ収益化すらできないだろう。 または、工夫をして最大のレバレッジなどをかけるして戦略をもって臨まなければならない。 いすれにしても、思考停止して継続してできない人はこの手の本を読んでも無駄。 この本を読めば、「なんとなく自分にもできるかも・・・」という気持ちになってしまうかもしれないが それだけに危険な内容となり得る。 警鐘の意味を込めてこの評価にしている。 異論は認める。 私は自分の意見を書いたまでだ。 参考になれば幸いである。 若い人をターゲットにしているようだ。 しかし、生きていくのは長い、子供も育て、病気もし、リスクも考えないといけない。 そんなこと考えなければ、誰でもしょぼくても起業できる! それなら誰でもできるだろう。 街の商店街のほとんどがしょぼいし、逆に立派なお店なんかほとんどない。 近くの野菜売りの人なんか、バラックでブルーシートを覆って、仕入れ商品は決して良くないが、それなりに販売している。 この人なら、バラックでも起業できる本が書けるかもしれない。 と、まあ、いままで億稼いだ人しか書かなかった、起業本をただ書いただけ。 カリスマのない若い人が実行したら、まず無理だと思う。 この著者はカリスマがあるから成功したんだと考えます。 著者の豊富な実体験を踏まえてしょぼい起業について解説した本だ。 この本の骨子は、巷にありふれている「これが起業で成功する方法だ!」というキラキラした主張ではない。 むしろ、もっとずっと地道な、「生き抜く方法」を語っている。 第一章の構成がそのことを物語っている。 第一章では「日本にいるかぎり飢え死にはしない」だの「お金を使わなくても、楽しいことはたくさんある」だのという小見出しが並ぶ。 つまり、起業の本なのに、「失敗は実は怖くないですよ。 失敗しても生きていけます」というところから始まっている。 これこそが、著者の愛であり、本書が「生き抜く方法」を語った本であることを示している。 また、全体で一貫しているメッセージの一つとして「自分の生活をベースにして、ついでに余剰を事業にしよう」というものがある。 「生活から賢く事業を発生させる」という話なのだが、見方を変えれば「したたかに生き抜く」という話ともとらえることができる。 この本は、現代社会をしたたかに生き抜く方法を語った本だ。 起業したい者だけではない。 現代を生きる全ての人にとって、非常に実りのある内容だと思う。 現代社会を、したたかに生き抜くために。 あなたは社会に馴染めていますか? 言いたいことも言えないこんな世の中じゃポイズンしながら、常識という先人が敷いたレールやルールの上で、我々は様々な理不尽を強いられています。 例えば、仕事一つとっても多くの時間を我々は仕事に割いていますが、上手く行かなければ上司に怒られたり、自分である必要のない仕事を黙々と続けさせられ、満員電車に揺られながら朝早くから夜遅くまで仕事をし、十分とは言えない稼ぎに甘んじつつも、うん、仕事ってそゆもんじゃん。 こう割り切っていませんか? これって人間らしい生き方なんですかね・・・。 子供の頃に夢に描いていた自分の生き方なんですかね・・・。 仕事で自己実現を果たしたり、仕事を面白いと思えたり、仕事に熱中できる、努力できる人は幸せな人だと思います。 しかしながら、多くの人は特に目的や大義もなく、ただ何となくお金が必要だから嫌々仕事をしているのが実情ではないでしょうか。 えらてんの「しょぼい起業で生きていく」は、私達に大きな選択肢の存在を教えてくれます。 ロボットみたいに働く、血の通っていない人間としての生き方、働き方ではなく、しょぼくたって人間らしい生き方、働き方があるこもをしょぼい起業という手段で教えてくれます。 社会に馴染めなくたって、様々な選択肢がある。 嫌な仕事なら我慢して自分を殺す必要なんてない。 私達に本当に必要なのは、自分の逃げ場なのではないでしょうか? 攻める必要も、稼ぐ必要も、成長する必要も、努力する必要も、本当に自分が必要だと感じた時に、自分を主語にして行動していけば良いのだと思います。 あなたの逃げ場は、ありますか? この本を読んで、是非とも知って下さい。 この本を読んで、是非とも考えて下さい。 この本を読んで、是非とも自分を大切にして下さい。 この本を読んで、是非とも同じように苦しんでいる人に、様々な選択肢があることを教えてあげて下さい。 一人でも救われる人が増えることを祈ります。 この本は所謂自己啓発と言うジャンルに属し、また、タイトルと表紙を見ると、「誰でも出来る!」と謳って開業資金のいらない趣味の延長の様なスモールビジネスを始めてそれなりに上手くいったものを漠然と紹介していくだけのありがちな起業本に見えなくもないが、この本はそう言ったものではなく経済学的根拠をもとに書かれたかなり使える実用書である。 「もう、嫌な仕事をするのはやめませんか。 会社辞めたい人、会社に入れなかった人、起業したけど失敗した人、 アルバイトが続かない人……。 みんな、大丈夫です。 」 と言う紹介文があるがこれが何故「みんな、大丈夫です。 」と言えるのかと言うと、この本に書かれているものは大きな利益を残す為の拡大や成長を目的とした起業ではなく自らの「生存」を目的とした起業であるからだ。 本当に、自分に出来る事をしていって食べて行くという事が徹底して書かれている。 この本の著者であるえらいてんちょう氏はTwitterやYouTubeで活躍している若きインターネット芸人なのだが、この本を読んでいると、彼は決して勢いや運の良さで成功したのではないのだと実感する。 初めての店舗であるリサイクルショップの開業から、そのリサイクルショップの顧客の経営する学習塾の事業承継、後にヒットするイベントバーの開業とそのフランチャイズ化まで、著者がやってきた事を知ると、それくらい著者が実践してきた事には説得力がある。 要約するとこの本に書かれている事は昔ながらの個人商店主が当たり前の様に行っているものだと思うのだが、なかなか同じような事を書かれた本を見た事がない。 10人中9人がサラリーマンである今の時代にはむしろ新しさを感じさせる。 また更に、1990年生まれの著者はSNSやクラウドファンディング、個人間カーレンタル仲介サービスのanyca等新しいツールを巧みに使いこなしており、しょぼい起業は現代向けにアレンジされた個人商店主の処世術であると言えるだろう。 そして、バブル崩壊から20年を過ぎ、サラリーマンと言う選択を選ぶことが若者にとって必ずしも最適解であるとは言えなくなってきた昨今ではしょぼい起業がその穴を埋める一つの解として浸透していくのかもしれない。

次の

路上で勧誘する謎の宗教団体とは?

えら てん 宗教

えらいてんちょう(以下、えらてん)さんの宗教について紹介する動画などを見ても頭が良いのが伝わってきますよね。 頭の良さを感じると小さい頃から何か特別なことをしていたのではないかと思うこともあります。 えらてんさん曰く 小さい頃はどこにでもいる普通の少年であった と語っています。 しかし、慶應大学経済学部を卒業する際に就職が決まらず、就職したくないと思っていたそうです。 そんな時に東京都豊島区に店舗が付いていて生活できるところが月8万円で借りられることを発見し、 リサイクルショップの経営を開始しました。 最初は「 リサイクルショップ店で少し稼げれば家賃の足しになる」位にしか思っていませんでしたが、 ここで月40万円を売り上げることに成功! その経験をブログに書いてみたところ、反響が大きく「ショボい起業」という考え方で多くの人に経営コンサルタントをすることになりました。 「ショボイ起業」という響きだけを見てしまうと良い響きには聞こえませんが、実際は会社員として浪費するくらいだったらショボくても良いから起業をしてしまおうという考えです。 これは本当に面白い考え方ですので、興味がある人は一度本を読んで見るのもいかがでしょうか! えらてんさんは元々はバー、学習塾、リサイクルショップの経営をしていました。 しかし、 現在では実務からは身を引いています。 実務からは身を引きましたがオーナーとしてバーの経営に携わったり経営のコンサルタントをしています。 これらのことから えらてんさんの本職は経営コンサルタント兼YouTuber ということですね! 宗教系の動画が人気が出た為に宗教系YouTuberと一部では呼ばれていますよね。 元々、YouTubeを始めた理由は金髪起業家ヒカルさんが祭りくじの闇を暴くを動画を見た時に 「 自分の方が社会の闇を暴けるのではないか」 と思ったのがキッカケでした。 その為、 えらてんさんのYouTubeスタイルは「起業系&社会の闇を暴く系」と言った感じですね。 社会の闇を暴くというところでは東大卒でアムウェイYouTuberのマズザワ内閣さんと似ていますね! 正体は一体何者!? えらいてんちょうと一緒に検索されるキーワードについて調べてみると「正体」というものがあります。 なぜこのように検索されているのか気になりますよね。 調べてみたところえらてんさんが自分で書いたブログが見つかりました! そのブログを見てみると 2012年1月にえらてんさんは「唯一神からのメッセージを受け取った」と宣言して宗教団体を形成していたということが発覚しました。 その宗教団体は15人ほどの信者しか集まらず、親からの反対もありましたが活動を続けていました。 この宗教活動があったからこそ「正体は何者なんだろう」と気になっていた人が検索をしていたのかもしれませんね。 えらてんさんは宗教のことを語っていますが、それは 自分が宗教家として活動していたからこそ語れること ということですね。 この過去のことを恥じているというのをブログでは語っていましたが、その経験をもとに私たちに社会の闇を暴いてくれているので恥ではないと思います。 えらいてんちょうについてまとめ! いかがでしたでしょうか。 えらてんさんは就職をせずに起業したことがきっかけで現在は経営コンサルタントをしていることがわかりました。 また、21歳の頃には宗教家として活動していることもわかりましたね! この様々な経験があるからこそ楽しい動画を届けてくれているのでこれからもえらてんさんの動画が楽しみですね。

次の

顕正会の勧誘についていったらこうなった【池袋の街なかで突然声をかける宗教団体】

えら てん 宗教

えらてん えらいてんちょう とは何者? バーや本名・年齢等のプロフィール! しかし、動画の内容的には従来のyoutuberっぽさはなく、初期の動画で既にすごそうな投資家さんや弁護士さんのような方々と一緒になって動画を出していますw 一体 えらてんさんの正体って何者 なんだって感じですよねw リサーチの結果、えらてんさんは今現在 起業家や 起業コンサルタントとして働かれているようです!! careerconnection. そんなブログを読んだ結果なんと、1人の 人生に行き詰まった青年がカフェの店長になるという普通では考えられない実績があったようなので、その動画を貼っておきます! 多少の運要素もあったようですが、実際にえらてんさんのブログが 1人の人生を変えたのは事実でしたね!! それではえらてんさんが若くしてそこまで上り詰めた実績を知るために、 経歴について見ていこうと思います! スポンサーリンク えらてんの大学や経歴、年収とは? careerconnection. えらてんさんは年齢の割には肩書きが素晴らしいので、子どものころからすごいことをしていたかのように思えますよね?? 大学は 慶應大学の経済学部を卒業されたようなので、それはすごい経歴なのですが、なんと大学3年生 当時22歳 の時に 起業に成功したそうなのです!! また、えらてんさんですが、2016年7月に当時から経営しているBarにやってきたお客さんと 出会って2日後に婚約し、 出会って2週間後に結婚するという見事なスピード婚をされております! これにはえらてんさんなりの考えがあり動画として出していたのですが、晩婚化が叫ばれる昨今では 非常に有益な動画なのではないかと僕は思いました!! yahoo. 正直なところ、現在の年収自体は公開されていなかったため詳しいことは 不明でしたが、2017年の9月にこんな投稿がされていました! twitter. さすがにこの年収ではなかなかポルシェには手を出せないので、きっと何かポルシェを資産運用できる策があったのでしょうが、、、 きっと現在の年収は普通に考えれば当時と比べ増えているような気がしますが、収入情報がないので確かなことはなんとも言えませんね・・・ ちなみに youtubeの収入は予想サイトによると、開設当初から 約97万円いただいているようです! 簡単に言いますと、このファンクラブは先ほど少しだけ説明した ショボい起業を金銭的にバックアップするパトロン 支援者 のことを言います! そんな大事なことを無料で教えるって時点ですごいですよねw しかし 無料ってところがなんか胡散臭いな・・・なんて思った方も数多くいるかと思います! 実際普通は無料でそんな大事なことを教えないので、そう思うあなたは正常でしょう! ではどうして無料なのかというと、 『ショボい起業をやろうとされる方の多くはお金がない方が大半』という理由があるそうです! 確かにお金があればわざわざ人を通す必要はないので、必然的にそうなってくるのでしょう! 1番安くて 月額500円、1番高くて 月額10万円まであるのですが、パトロンの割合的に月額500円のファンクラブメンバーが1番多いですかね! そして月額の金額が大きくなるほどえらてんさんから受け取ることができるリターンも異なります! 月額1万円から直接えらてんさんとお話しできるリターンもありましたので、何か相談したいことがあればパトロンになるというのも1つの手段ではないでしょうか!? スポンサーリンク えらてん えらいてんちょう の創価学会等の宗教動画の内容と批判のその後とは? えらてんさんが話題として取り上げられた背景にこちらの 宗教批判の動画があります それがこちらですね! 過去に投稿した 『入ってはいけない宗教ランキング』というかなり際どい、、、というかタブーに近いようなタイトルで動画投稿したことが話題となり、その説明をするためだけに投稿した動画ですね! ただ、実際問題として僕も含め日本人には 宗教についての知識が少なすぎるため、僕も日本では少しでも宗教批判するとこがタブー視されている社会であると認識していました。。。 確かに今でもそういう現状なのですが、宗教好きなえらてんさんにとってはそれが 残念な現象であるようですね・・・ えらてんさんの言いたいことはすごくよくわかるので、これを機に少しでも宗教に対する偏見がなくなればいいなと思いました! 実際に僕の周りの友人でも、少ないながら宗教に属している友人が何名かいます! しかし、変な勧誘をしてくるわけでもなく昔から一緒に遊んでいても宗教系なことで不自由することは全くありませんでした! ちなみに宗教好きなえらてんさんがおすすめする宗教についてはこちらの動画で確認できます! 創価学会など有名な宗教の名前がたくさん出てきますが、案の定けっこう評価欄が荒れています。。。 ただ非常に論理的に説明されていますので、動画としては楽しめると思いますよw 最後までご覧いただき本当にありがとうございました!! 関連記事情報としてえらてんさんとビジネス的な相談でコラボしたことのある マスザワ内閣さんの記事と、経営者であり講演家でもある人気youtuber 鴨頭嘉人 さんの記事、年収チャンネルというyoutubeチャンネルを運営している若き凄腕経営者 株本祐己さんの記事をご紹介させていただきます! 【関連記事】 【関連記事】 【関連記事】.

次の