青楼 オペラ 12 巻 ネタバレ。 【青楼オペラ】最新刊・12巻の発売日情報とあらすじ・価格など

【青楼オペラ】最新刊・12巻の発売日情報とあらすじ・価格など

青楼 オペラ 12 巻 ネタバレ

スポンサードリンク 「青楼オペラ」11巻 あらすじと感想 夢のような一夜 惣右助と最初で最後の生涯忘れられない夜を過ごした茜は、夜が明ける前、彼が目を覚まさないうちに帰ってしまいました。 目を覚ました惣右助は、「最後まで夢みてェなことを・・・」と空の布団を見て辛そうにつぶやきます。 朝明野姉さんとの別れ 翌日は朝明野姉さんが身請けされる日です。 総籬(そうまがき)のお職の身請けとあってそれは盛大なものとなり、楼内ははもちろんのこと芸妓、幇間(ほうかん)に至るまで赤飯や祝儀が配られ、茶屋で宴会が催されました。 当の朝明野姉さんは祝言は挙げずに、そのまま家に入ることにしたので普通のお内儀さんのような着物を着ています。 茜を手招きした姐さんが、 「まさかお前が間夫をこさえる日がくるとはね」と耳打ちしながらも、茜のこれから行く辛い道を思い、 「昨夜の事は行火(あんか)になる。 懐に抱いて行きなんし」と、最後のはなむけの言葉をくれて大門の外へと歩んでゆきました。 朝明野姉さんの代わりに茜と紫の面倒をみてくれることになったのは嬉野姉さんですが、紫が年越しを待たずに殿様のお側に上がることから、「茜の突き出しを世話すればいいだけじゃな」と。 そこへ茜が「あ・・あの・・・」とおずおずと言いかけたので、「なに? もしやあんたもかえ?ま 近江屋の若旦那なら女房に金を惜しまんじゃろ」と笑ってくれました。 中村の詮議の進み方次第とはいえ、家の再興さえ叶えばおそらくは遠からずあかねも吉原を去ることになります。 それから数日、茜の胸のうちでは行火というよりも、まるで消えないままの熱い埋火のようで、ふとした風にさえも燃え上りそうな想いに苛まれていました。 それこそ風の匂いにさえ惣右助の匂いがするような気がする茜ですが、目の前に本物が立っているのを見て目眩さえ感じるのでした。 振り出しに戻る ふたりで団子屋で団子を食べているところに、真木村が中村のお裁きの仔細を報告しに現れました。 お目付け役の新美様が自ら詮議に当たり、全ての罪を認めた中村は切腹となりましたが、永倉家当主暗殺については最後まで否認したと言います。 死を前にした中村が今さらウソをつく意味もなく、事態は振りだしに戻ってしい、悔しくてたまらない一同に真木村はさらに酷な事実を突きつけました。 「もしもご当主の死が中村様の件とは関係がなく、ただの賊に襲われただけということになれば、残念ながら永倉家の再興は叶うことはないでしょう」 ところが大きなショックを受けている茜の傍で、惣右助は一瞬喜んでしまった自分に驚き、誰にも気づかれなかったことにホッとしていました。 以前から当主である父が死んだことで永倉家がお取り潰しになるという重い処分に疑問を持っていた茜に真木村は、 「永倉様はお背中に刀傷を負われていたそうです」と答えました。 つまりそれは「武士が敵に背を向けて逃げた」という武士にあるまじきことと見なされたようです。 あの父に限ってそんな事あるはずないと抗議してもそれを証明する手立てもありません。 「さらに永倉家に跡継ぎがいないことも合わせて、そういうお沙汰が出ても致し方ないかも」という真木村の言葉に、茜は誠二郎と正式に婚約していたから跡取りはいたはずと反論しますが・・・。 別に犯人がいる! その後、惣右助は利一郎と事件の晩のことを話していた時に妙なことに気づきました。 門番や中間たちに声を上げさせることもなく斬り捨てたその賊は、その後どうやって当主の部屋まで行き、斬った後すぐに逃げずにのんきに衣を着替えていたのか?妙なことだらけです。 惣右助のプロポーズ 一方、茜はお内儀さんから「嬉野さんから聞いたよ」と、惣右助との身請け話のことを聞かれました。 永倉家再興を一途に望んでいた自分が、ついさっきあんなに打ちのめされながらも、惣右助と添えると気づいたとたんにそこに希望を抱いてしまう・・・。 『もう終わりにしよう・・・』そう思いました。 そして惣右助に言ったのです。 「私たちはこれまで精一杯力を尽くしてまいりました。 これで本願叶わぬならそれも天命なのでしょう」 「もう心の求めるままに歩んだとて、なんの後ろめたさがありましょうか・・・」と。 「そんときゃ俺ンとこに来い!俺と一緒になってくれ」 と惣右助が求婚し、2人は固く抱き合うのでした。 なぜ父は婚約を破談にしたのか? ところがその後、真木村の調査で事態は急変します。 朱音と誠二郎の婚約は正式ではなく、一度整った婚約を父上が破談にするべく動いていた事が分かったのです。 武家同士の婚約は、たいへん重いものなのでそう簡単に覆すことはできず、破談にするにはそれ相当の理由があったと考えられます。 茅島家との間で何か問題が起こっていたのだろうか・・・? それなら誠二郎が何か知っているはずなのに、なにも言わないのも気になるが・・・。 あれこれ考えてみてもなぜ破談にしたのかは、今はもう知りようもないことです。 「跡継ぎのいない永倉家の再興は断念せざるを得ないかと・・・」 苦し気にそう言う利一郎に茜は、惣右助から求婚されたことを告げました。 そしてその時は利一郎も一緒に来てと言うと、 「仕方ないですね」といかにもイヤそうに言いながらも心の中では、 「私の姫君 請われずとも一生お側におりますよ」 その夜、改めて惣右助の求婚にOKした茜に、 「夢の続きじゃねぇかと・・・」と、嬉しすぎてどうしたらいいのか困ってしまう惣右助でした。 ところがそんないいムードをぶち壊すとんでもないお客が来たのです。 誠二郎のプロポーズ 茅島誠二郎が再び茜に求婚するためにやって来ました。 誠二郎は先ごろ、兄を病気で亡くし、父もまた体調が思わしくなく図らずも自分が茅島家を継ぐことになったと言いました。 そして当主となった今なら、茜を身請けする金子くらいは用意できるから自分の元へ来ないかと言ってきたのです。 「朱音様や神谷様(利一郎)には町方の暮らしなど無理なのですから」と、まるで自分が茜を手に入れることが当然のような口ぶりで言います。 ところがその時、誠二郎の口から出た 「破談になったとはいえ我らは一度はお上に許された許嫁なのだぞ」という一言が、茜に疑惑を持たせることになりました。 誠二郎への疑惑 真木村の話から、二人の婚約が正式に解消されたのは茜の父が殺されたその日だったのです。 つまり破談になったことを知っているのは人間は父の他おらず、お取り潰しになった時にも知らされなかった・・・。 なのになぜ誠二郎が知っている? 誠二郎が犯人・・・そう考えれば納得のいくことばかりでした。 そこで茜は誠二郎の身請け話を受けると言っておびき出す作戦に出たのです。 部屋に通された誠二郎は奥の座敷に床が延べてあるのを見て驚きますが、 「女郎を落籍するのは馴染みの客のみという決まりから略式ながらこういう形でわっちの客人になってもらうように言われました」 その言葉で、茜が近江屋ではなく自分を選んでくれたと知って、 「ああ 夢のようだ・・・」と大喜びします。 証拠の痣が・・・! やがて茜が帯を解いて襦袢姿になると、誠二郎も着物を脱いで褌姿になりました。 半裸の誠二郎の体を見つめる茜は辛そうに告げました。 「息子に毒を盛られたことを知った誠二郎のお父上がすべてを白状したのです。 あの夜、永倉家から消えた父の刀の一振りがあなたの部屋の床下から見つかったそうです」 「貴方だったのですね」 「何故父上が婚約を解消なさったのか?・・・中村の不正に加担した家のものを婿に迎えるわけがない!貴方なら、貴方ならすべて説明がつく!」 信じたくはないけれど、彼の脇腹には忘れもしない三日月型の痣が! 永倉家に出入りしていた誠二郎ならどこをどう歩けば家のものに見つからずに当主に部屋へ行けるのか、そこに置いてある刀を使って不意打ちすることも、賊の仕業に見せかけて塀の破れ目から逃げおおせることもできるのです。 誠二郎の本性 旗本の当主になりたかった誠二郎は、婚約解消を上伸されていることを知ってその前に何とか手を打とうと思い、それならいっそ殺そうと考えたようです。 茜の父が苦しい息の下で「おぬしの鬼畜の本性を見抜けなかったのは私の落ち度・・・だが間に合って良かった・・・」というのを聞いて、自分の方が一歩遅かったことを知った誠二郎・・・。 そして今、このような恐ろしい話をしながらも、 「悪いのは我らを引き裂いたあなたの父上、私の妻になるというなら女郎あがりでも大切にし、その爪と牙を抜いて躾けてやりましょう」とニコニコ顔で言うのです。 初恋の相手の誠二郎の本性を知った茜は悲しみのあまり、 「正気ですか?」と聞いてしまいました。 すると、 「あなたが惑わせたくせに!この疫病神。 あなたは私に取り付いた美しい疫病神だ!!」そう言って、茜の首を絞めようと手を伸ばしたのです。 そこへガラッと襖が開いて、飛び込んできた惣右助と利一郎に取り押さえられ、すでに真木村が待機させておいた同心たちに引っ立てられていきました。 引っ立てられていきながらもなお、茜に「愛している、処刑された後も草葉の陰から見守っている・・・愛しい疫病神・茜!!」と呪いの言葉を吐き散らしていくのでした。 棄捐令で近江屋にも危機が! ショックを受けてる茜の傍にいてやりたかった惣右助ですが、いったん店に戻らなければならないと、利一郎に彼女を頼んで戻ってみると、そこでも大問題が起こっていたのです。 幕府の一方的はお沙汰で『棄捐令(きえんれい)』が出されたのです! これによって武家の借金が帳消しになってしまうと札差屋は大打撃を受けることになり、近江屋も倒産の危機に陥ってしまいました。 それこそ茜の身請けどころじゃなくなってしまった惣右助は・・・!! 番外編 茜を身請けしたいと言った惣右助は、今以上に店を盛り立てようと張り切っています。 そんな息子を嬉しそうに見つめる大旦那。 そして周りも惣右助を応援してくれますが、利一郎だけは渋い顔をしてムカつかされます。 でも茜の顔を見ればこの夢が消えちまわないようにと祈るのだけ、なのです。 このマンガってあと一歩のところで悔しい想いをするというけっこう ド Sなお話ですが、今回はとくにハラハラさせられましたね~。 それにしても誠二郎だとはね・・・! あいつが怪しいとは思ってましたけどね。 茜に対してスゴク執着してるし、飴と鞭の使い分けが普通じゃないし・・・ってやっぱりラストでサイコパスなことを証明してしまいました。

次の

青楼オペラ 最終回

青楼 オペラ 12 巻 ネタバレ

青楼オペラ12巻(最終巻)の結末ネタバレ感想と、漫画を無料で読む方法を紹介しています。 真犯人が誠二郎だったと判り、長きに渡る因縁は終焉します。 全てを終え、惣右助が茜の身請けの準備を始める中、幕府から棄捐令が下ってしまいます。 茜の突き出しが迫る中、2人の未来は一体どうなってしまうのでしょうか!? では結末のネタバレです! 12巻|ネタバレ 棄捐令が下され惣右助は茜の身請け金を用意することができなくなってしまいました。 新年まであとふた月もなく、惣右助は寝ずに茜を出してやる手段を考えていました。 一方の茜は、誠二郎にかけられた呪いの言葉のせいで自分を責め続けています。 自分のせいで不幸にしてはいけないと惣右助の元から離れようとするのですが、惣右助は諦める気などありません。 菊之丞の招待を受け、芝居小屋に足を運ぶ茜。 気晴らしにと言ってくれた菊之丞には悪いですが、茜はとてもそんな気分にはなれませんでした。 そんな茜の隣に惣右助がやってきます。 惣右助は茜の手を強く握り、茜もそれに応えるように肩に寄り添います。 ほんの束の間、今この時だけでもという想いで茜は惣右助とキスをします。 そしていよいよ年が明け、茜の突き出しが決まりました。 そんな中、茜は紫に人気のない場所へ呼び出されます。 茜自身気づいていませんでしたが、勘の良い紫は茜が妊娠していることに気づいたのです。 心当たりがあった茜は、すぐに惣右助の子供だと分かります。 喜んだのも束の間、振新が産めるはずがないという現実を突きつけられ絶望する茜。 茜はお腹の子を産むために、吉原を抜けることを決意。 茜はさっそく利一に使いを出し親戚筋の家に請け出してくれるように頼みます。 ただ永倉の分家であるその家はさほど家禄が高くなく、さらに茜は厄介になっている身でありながら勝手に飛び出して来てしまった故無理も言えず、自分でどうにか工面しようと先生に助けを求めます。 しかしそうなれば茜はまた武家娘に戻り、惣右助の顔を見ることも叶わなくなってしまいます。 茜はそれでもいいと覚悟を決めていました。 お腹の子のことを惣右助に知らせるつもりもありません。 この先二度と会えなくてもどうかあの人が幸せに誰かと笑い合っていますように。 なんて心にもないことを願う茜。 そんな茜の前にまだ諦めていない惣右助が現れます。 惣右助は松坂屋に200両借りる約束を取り付けたと話をし納得しない茜を抱きしめます。 「なんでわかんねぇんだ。 おまえと一緒になれるんなら世間を敵に回そうがそれは不幸じゃねぇんだよ・・・。 」 茜も分かっていました。 惣右助が自分のいないところで幸せにはなれないことを。 茜は涙を流しながら惣右助に口づけをします。 誰かに願うのではなく自分の手で惣右助を幸せにしたいと心から思います。 そして茜はあることを決意します。 数年後、あの棄捐令で札差たちはたいそうの痛手をこうむりました。 潰れた店も2つや3つではありません。 しかし近江屋が随分と仲間内を盛り立てて立て直しを図りました。 近江屋は代替わりをし惣右助がお店を継ぎます。 一時入れあげていた吉原の女郎とはすっぱり手を切って、もう大門をくぐることもないのだとか。 松坂屋の遠縁の娘を嫁に貰い、次々と子宝にも恵まれ夫婦仲も良いと評判です。 あれから茜は自分でお金を工面するために、己の半生を売りました。 芝居小屋の太夫元や狂言作者に本当にあったことを語り、芝居にする権利を売ったのです。 太夫元との間を取り持って熱心の説き伏せてくれたのは菊之丞でした。 大門を出た後、松坂屋たっての好意で養女となり、茜は近江屋に嫁ぎました。 曙楼の新造・茜も、永倉家長女・朱音ももうどこにもいません。 利一郎は寺に戻らず近江屋の奉公人となりました。 紫は宣言通りとうとう天辺をとり番付で一番を取ることが出来ます。 幸せそうに惣右助と娘と一緒に歩く朱音。 娘の顔が誰かに似ていると惣右助は感じるのですが、それが朝明野であることは気づいていません。 朱音は子供たちがもう少し大きくなったら家族で朝明野に会いに行く予定です。 今こうして幸せに暮らしている姿を見てもらうために。 完結 感想 一難去ってまた一難で、どんな結末を迎えるのかとても楽しみにしていました。 最後の最後までどうなるか予想できずページをめくる手が止まりませんでした。 辛い展開が続いていたので、幸せなハッピーエンドが見れてとても大満足! 密かに利一と紫の2人がくっつくことを期待していましたが、これはこれで2人らしくて良かったかな。

次の

青楼オペラネタバレ最終話/12巻!最新話の感想&あらすじもチェック!

青楼 オペラ 12 巻 ネタバレ

青楼オペラ47話ネタバレ 近江屋が大変な中、惣右助が会いに来ました。 利一郎に現状を話す惣右助。 その話を聞いた利一郎は、身請け金が無理なことはすぐにわかりました。 怒りを露にする惣右助。 茜のことをどうにかしようと考えている惣右助がまともに寝ていないことも顔を見ればわかります。 話が一段落し、茜の様子を尋ねる惣右助。 利一郎は案の定、惣右助に会いたくないと言ってると伝えました。 そして惣右助の前に茜が現れます。 顔を合わせるなり、惣右助に謝る茜。 謝りたいのは惣右助の方です。 ですが茜は聞く耳も持たず、近江屋に惣右助に迷惑をかけたのだと自分を責めていました。 茜「わっちのことはもう捨て置いてくださんし 金輪際関わってはなりんせん」 そう言い残して、部屋を出て行きました。 利一郎の話も全く聞かず、呪いをかけられたかのようです。 惣右助はボーッとして歩いています。 するとそのふ抜けた様子を見ていた菊之丞が声をかけました。 菊之丞はどうにか茜を連れ出せないのかと話をします。 そこで足抜けを提案した菊之丞ですが、そんなことしても行く場所は惣右助の家しかありませんのですぐに捕まってしまうでしょう。 菊之丞の気持ちだけは有難く頂きました。 納得いかない菊之丞は、松阪屋や三橋に頼めないのかと必死で言います。 惣右助は恥も外聞もないと思い、泣きついてみようと決めました。 一方、利一郎は茜と話をしていました。 松阪屋と三橋の申し出を断った茜は、お金の都合がついても今の状態で近江屋が女郎を請け出すことは無理だと考えています。 こんな茜の姿を見ているのはつらい利一郎を、茜は自分から離れさせようとしました。 本気で離そうとする茜ですが、利一郎は茜がその気なら茜を連れて逃げようと言います。 ですが利一郎をこれ以上不幸にするわけにはいきません。 利一郎「・・・離れませんよ お嬢が行こうとなさるのなら 地獄までもお供します」 茜の着物の裾を掴む利一郎に涙を流しながら答える茜。 茜「おまえまで道連れにしてしまったら 私は真実の疫病神だわ・・・」 そう言って抱き合いました。 菊之丞の気遣いで、芝居を見に行くことになった茜。 ですがそんな気分にはなれません。 考え事をしながらただ芝居を眺めている茜、すると茜の隣に惣右助が現れました。 菊之丞が二人を会わせてくれたのです。 芝居に熱中する観客たちの中で、二人は手を握り、寄り添いキスをしました。 そして芝居が終わり、二人のひと時の時間も終わります。 二人は握っていた手を離し、それぞれの帰るべきところへ帰って行きました。 より新しい話を読みたい場合は雑誌の方を、以前の話を読みたい場合は単行本の方で楽しめるのですがお金がかかってしまいますよね。 「青楼オペラ」は以下の動画配信サービスや電子書籍サービスを利用するとお得に読むことができますよ。 サービス名 特典・ポイント 2週間無料トライアルで 最大900円分のポイントがもらえる。 電子書籍購入で20%のポイント還元。 30日お試し無料で 600円分のポイントがもらえる。 (動画は1500円分)10%のポイント還元。 31日間お試し無料で 600円分のポイントがもらえる。 継続で毎月1200円分のポイント付与。 最大40%ポイント還元。 会員登録無料で登録すると半額クーポンが必ずもらえる。 ポイント還元や来店ポイント付与あり。 期間限定で無料作品、特価作品が増えることも。 会員登録無料で半額クーポンがもらえる。 ポイント還元、まとめ買い・セット割引あり。 期間限定で100%割引も。

次の