どんなときもwi-fi 評判。 【どんなときもWiFi】速度の評判・完全無制限の口コミレビュー!|WiMAXの最安値を比較!

どんなときもWiFiの速度は?口コミ・評判まとめ|やさしくねっと.

どんなときもwi-fi 評判

提供エリアが狭い• 回線が不安定で速度遅い• 通信制限に陥ってしまう 私自身、WiMAXを使い続けて5年になりますが、場所によっては速度が遅かったり、動画を見すぎて通信制限に陥ってしまったことが多々あります。 その度にストレスを溜めていたのですが、今回「どんなときもWiFi」が登場し、これらのデメリットが解消されました! どんな場所でも繋がりやすく、どんなエリアでも高速で、完全無制限の仕様となっています。 しかも月額料金は、WiMAXよりも安い! 今回は、新登場したどんなときもWiFiについてスペックをご紹介し、評判や口コミレビューを見ていきます! どんなときもWiFiとは? そもそもどんなときもWiFiとはどんなモバイルルーターなのでしょうか? どんなときもWiFiは2019年3月に開始された新しいサービスです。 従来のポケットWiFiやWiMAXとは違う画期的な特徴を持っており、主な特徴は以下の3つです。 データ制限なし• クラウドSIMを採用• 海外でも使える データ制限なし これがどんなときもWiFiを選ぶ一番の理由になるのではないでしょうか。 スマホやポケットWiFiのように月間のデータ量に制限がなく、WiMAXのようの3日間で10GBまでという制限がありません。 つまり唯一、正真正銘使い放題でネット接続できるモバイルルーターです。 一日何本もの映画や動画を見ても制限なし! 仕事でどんなに重いファイルをやり取りしても速度が遅くならない! ゲーム機で更新ファイルをダウンロードしてもOK! データ量を毎回気にせず、調整しなくても良いのでかなりストレスが軽減されます。 大容量通信によるネットワークの占有、違法ダウンロードを行った場合は制限を受ける可能性がありますが、一般的な利用をしていれば制限がかからないので安心ですね! クラウドSIMを採用 そしてどんなときもWiFiの大きな特徴として、「クラウドSIM」を採用していることです。 クラウドSIMって?SIMカードとどう違うの?と思う方も多いと思います。 クラウドSIMとはSIMカード差し込まなくてもインターネットに接続できる技術です。 クラウドSIMにすることで、どんなときもWiFiを利用している地域で一番最適な回線を自動で選択してくれます。 選択してくれる回線は、(ソフトバンク・ドコモ・au)の大手キャリアのどれかなので、通信も安定しています。 クラウドSIMは幅広いエリアで利用することができ、複数の回線を使い分けることができるので、どのエリアでも使えてデータに制限がないのです。 海外でも使える このどんなときもWiFiは、実は海外へ端末を持っていってもそのまま使うことができます。 これは、従来のポケットWiFiやWiMAXにはできなかった機能です。 利用できる国の数は、なんと107国! 電源を入れるだけで利用することができるので、海外用の特別なプランを申し込みしたり、海外専用のポケットWiFiをレンタルする必要がありません。 帰国してもそのまま国内で使い続けることができるので、面倒な端末の返却等もありません。 海外で利用する場合、別途利用料金が発生しますが、どんなときもWiFiは現地で利用した日数のみの請求です。 一般的なレンタルの場合、端末を借りてから返すまでの日数が請求されることが多いのですが、使った日数だけの請求であれば安心ですね! 料金は、他社のレンタルと比較してもお得です。 他社のレンタルの場合、利用料の他にも端末保障は別途請求されてしまうので、どんなときもWiFiよりも割高になります。 海外旅行へ毎年行く方や、今後新婚旅行で海外へ行く予定のある方は得におすすめです! どんなときもWiFi月額料金プラン どんなときもWiFiは、「データ使い放題、エリア広い、海外で使える」と三拍子揃ったポケットWiFiです。 月額料金は高いのではないかと心配になるかもしれません。 しかしどんなときもWiFiの月額料金は、2年間ずっと月額3,480円で利用できます。 使い放題にも関わらず、この料金で使えるのはかなりお得です。 他社のWiMAXやポケットWiFiと月額料金を比較してみます。 どんなときもWiFi UQ WiMAX Yahoo! pocket wifi 月額料金 3,480円 4,380円 4,380円 いかがでしょうか。 WiMAXや他社のポケットWiFiよりも、月額が約1,000円安いことがわかります。 2年間だと24,000円も安い計算になります。 WiMAXや他社ポケットWiFiのように、3日で10GB制限がないにも関わらず、これだけ安いのはうれしいですね! 月額料金の安いポケットWiFiを持ちたい方は、どんなときもWiFiがおすすめです。 キャンペーン適用で安い どんなときもWiFiは通常月額4,410円となっていますが、2年割が適用され毎月930円割引されます。 さらに25か月以降もキャンペーンが適用されて月額3,980円で利用できます。 3年目以降もWiMAXやポケットWiFiよりも400円安い月額料金で利用できます。 契約期間は2年 そしてどんなときもWiFiは、とても良心的なモバイルルーターです。 なぜなら契約期間が「2年」に設定されているからです。 先ほど月額料金を比較したWiMAXやポケットWiFiは、契約期間が3年になっています。 契約期間が長いと解約したいときに解約できず、月額料金を1年長く払い続けることになります。 更新月以外で解約した場合は、違約金が必要となるので、できるだけ契約期間に短いルーターを選ぶと安心です。 どんなときもWiFiは契約期間が2年なので、WiMAXや他社ポケットWiFiより安心して契約することができます。 どんなときもWiFiのエリア どんなときもWiFiが利用できるエリアですが、ほぼ日本全国で利用できます。 クラウドSIMのところで少し触れましたが、どんなときもWiFiはクラウドSIMを利用しており、3大キャリア(ソフトバンク・ドコモ・au)の回線から最適なもの選んで接続しています。 すなわち、ソフトバンク・ドコモ・auのエリア内であればどこでも利用できるということです。 また4G LTE回線を利用しているので、地下や高層ビルなどの障害物に囲まれたエリアでも繋がりやすくなっています。 エリアの広さと繋がりやすさを、どんなときもWiFiとWiMAX、他社ポケットWiFiで比較しましたので、参考にしてみてください。 また地下やビルの中に入ってしまうと、電波が通りにくく、通信が安定しません。 ポケットWiFiはソフトバンクの4G LTE回線を使っており、エリアは広く、地下やビルでも電波が通りやすいので比較的使いやすいです。 どんなときもWiFiはソフトバンクに加え、ドコモ・auの回線を利用しているのでエリアはほぼ日本全国です。 また各社の4G LTE回線を利用しているので、地下やビルに入った際には一番安定する回線を選んでくれます。 やはり、この3つのモバイルルーターの中で使いやすいのはどんなときもWiFiです。 初期契約解除制度も利用可能 それでも万が一利用する場所が提供エリアでなかったり、電波が通りにく不安定な場合には、初期契約解除制度を利用することができます。 初期契約解除制度とは、WiMAXや他社ポケットWiFiを契約したときでも使える制度で、クーリング・オフに似た制度です。 どんなときもWiFiを契約して使ってみたけど、思うように速度が出なくて使いづらいと感じたとき、解約金なしで解約できる制度です。 端末を受け取った日から数えて8日以内に電話申告、または書面で申請することが可能です。 万が一、思うように使えなかったという場合には解約することができるので安心して契約することができます。 どんなときもWiFiの速度 「どんなときもWiFiはデータ使い放題で、エリアも広いし料金も安い。 でも速度はどうなの?」 やはり料金が安くても速度が遅いのでは意味がありませんよね! ここからはどんなときもWiFiの速度を見ていきます。 下り最大速度は150Mbpsだが どんなときもWiFiの下り最大速度は下り最大速度150Mbpsとなっており、WiMAXの440Mbpsより劣ります。 しかしWiMAXの場合、速度が安定しにくいため、障害物に囲まれた場所で使うと実測値は10~20Mbpsくらいになります。 どんなときもWiFiは回線が安定しているので、障害物のある場所でもある程度速度を保つことができます。 下り速度43. 6Mbpsというかなり速い速度が出たケースもあるので、速度については心配しなくて良いでしょう。 端末のスペック 製品名 U2s 重量 151g サイズ W127 x H65. 7 x W14. 2 mm 連続使用可能時間 12時間 バッテリー容量 3,500 mAh 最大通信速度 下り最大:150Mbps 上り最大:50Mbps Wi-Fi規格 IEEE802. ディスプレイ表示がなく、操作も電源をONとOFFに切り替えるだけのシンプル設計となっています。 しかし、3,500 mAhの大容量をバッテリーを搭載しているため、長時間インターネットに接続することができます。 仕事で使うサラリーマンやノマドワーカー、ゲームや動画を長時間楽しむ方におすすめです。 また端末の大きさもWiMAXで一番新しい「W06」とほぼ同じ大きさです。 ストラップもつけることができるので、持ち運び易い仕様になっています。 どんなときもWiFiの評判・口コミ どんなときもWiFiは2019年3月に発売されたモバイルルーターですが、すでに評判や口コミがでていたのでチェックしてみましょう。 最初の評判・口コミはこちらです。 どんなときもWiFiを購入しました。 使ってみると、携帯キャリアの電波が届くとこであれば快適に使用できて、地方に所在し、また地方への出張が多い私にはピッタリです。 携帯キャリアが届くエリアであれば、快適に利用できるので地方に住んでいる方に特におすすめできるモバイルルーターです。 Wimaxからどんなときもwifiに変更しました。 田舎なのでエリアが広がり、今のところ回線速度も申し分ないです。 WiMAXよりも通信速度が速くなったと満足されています。 6Mbpsも下り速度が出ていれば、YouTubeなどの動画視聴でストレスを感じることはないでしょう。 上り速度も23. 5Mbps出ているので、動画をたくさんアップロードするYouTuberの方にもおすすめです。 どんなときもWIFI 使ってみた ダウンロード19. 86mbps アップロード4. 22mbps あとはどれくらい使ったら 通信規制がくるかだな — RINO1610 rino1610 こちらの方は、下り速度約20Mbps出て納得されている様子です。 通信制限を心配されていますが、大容量のファイルをやり取りして回線を占有したり、違法に使わなければ制限がかかることはありません。 一般的な使い方をしていれば、通信制限に陥ることはないので安心して利用できます。 ネガティブな評判や口コミはなかった どんなときもWiFiの評判や口コミを検索した結果、ネガティブなレビューはありませんでした。 3月からサービスが開始されたにも関わらず、これだけレビューが出ているということは、すでにたくさんの方が契約されているのではないでしょうか。 これから評判や口コミが出てきたとしても、月額料金が安く、使い放題でエリアも広いのでネガティブなレビューは出にくいと考えます。 今後どんなときもWiFiの評判や口コミが出てきたら、随時更新していくので参考にしてみてください。 どんなときもWiFi申し込み方法 どんなときもWiFiを申し込みする場合、こちらの公式サイトで申し込みできます。 公式サイトのトップページに入ったら、お申込みボタンをタップしましょう。 申込みフォームに進むので、まず最初に支払い方法を選択します。 クレジットカードもしくは口座振替での支払いが可能です。 口座振替の場合、月額料金は以下のようになります。 クレジットカードでの支払いがお得なので、クレジットカード決済を選択しましょう。 支払い方法を選択したら、料金プランの確認と端末の選択を行います。 料金プランと端末は決まってしまっているので、チェックする項目はありませんが、確認だけしておきましょう。 料金プランと端末を確認したら、端末の色を選び、オプションの選択を行います。 充電器はMicroUSBが付属されており、iphone等のACアダプタに接続して充電できるので必要ありません。 サポートオプションについては、端末を壊してしまいそうな方や、過去にスマホを壊してしまった方は入っておくと良いでしょう。 後から加入することはできませんが、後から解約することは可能なのであらかじめ入っておくのも良いです。 絶対に加入しなければならないものではないので、必要ない方は外してしまって構いません。 オプションの選択が終了したら、お客様情報、クレジットカード情報を入力し、確認ボタンを押しましょう。 確認したら申し込み確定ボタンを押して終了です。 セキュリティ対策はしっかりされているので、個人情報を入力しても安心です。 申し込みにかかる時間は5分程度なので、忙しいサラリーマンや学生の方でも簡単に申し込みできます。 最短で申し込みしたその日に発送され、翌日到着します。 簡単な設定を行えばその日から、インターネットに接続することができます。 まとめ 今回、どんなときもWiFiをご紹介しました。 どんなときもWiFiは、WiMAXよりも安い月額料金で利用でき、データ容量も使い放題の革新的なモバイルルーターです。 クラウドSIMを搭載しており、利用場所に最適な回線を使うので、通信速度も安定します。 エリアも3大キャリアが使える場所であればどこでも利用でき、海外へそのまま持っていくことも可能です。 どんなときもWiFiを利用して、快適なインターネット生活を楽しんでくださいね!.

次の

どんなときもWiFiの評判|口コミと使って分かる使用感を辛口レビュー

どんなときもwi-fi 評判

4月6日現在、通信障害の復旧のめどがたたず、販売が停止されています。 現状では「どんなときもWiFi」の契約をオススメできません。 「どんなときもWiFi」の運営会社は 「グッド・ラック」というあまり聞いたことがない会社だから、「なんだか怪しい・・・」って思う人もいると思います。 契約する前に、グッド・ラックが怪しくないか調べたところ、 モバイルルーターの専門会社であり、親会社もネット回線販売の大手企業「オールコネクト」でした。 実際の運営でも、 電話、チャット、Twitterアカウントなどがあり、お客様対応がよさそうだったので申し込みをしました。 インターネットサービスで運営会社は重要。 グッド・ラックは怪しくない? インターネットサービスを契約する場合、運営会社はとても重要です!どのサービスも、 申し込みで行きづまったり、利用し始めてからも回線や電波の不具合の恐れがあるからです。 そういうとき迅速に対応してくれる カスタマー・アフターフォローが欠かせないし、そういう人材を確保できる運営会社であることが大事なんです。 「どんなときもWiFi」の運営会社である 株式会社グッド・ラックはモバイルルーターを専門に扱う企業で、他にも「モバレコAir」「NEXTmobile」などを販売・運営しています。 オールコネクトは、ガチャピンとムックの広告でも有名な「 BroadWiMAX」やメイプル超合金がCMする「 WiFiストア」の運営もしています。 通信系のサービス会社としてはかなり大きな会社なんですね!2005年に設立しているので通信系会社としてはもう老舗ですね。 Twitterなんて炎上する可能性もあるし、できるだけユーザーとのコミュニケーションは公表しないほうが身のため。。。 なのに、こうやって誰にでも見える形で運営しているのはすごいですね。 返事も翌日にはしているし、説明の仕方も丁寧で好感が持てました! お問合せありがとうございます。 ご不便をおかけし大変申し訳ございません。 端末の通信速度はあくまでも最大値となっておりご利用いただく環境や時間帯、通信の安定性、ご利用のデバイスなどに左右される可能性がございます。 現在は在庫切れも解消しておりますので即日発送を行っております。 通常ですと商品の発送後に、商品の発送メールをご登録頂いたメールアドレス宛にお送りしております。 また、お申込内容に不備がございましたらお電話、メールにてご確認の連絡をいたしております。 ただ、オールコネクトやグッド・ラックはモバイルルーターに特化した企業なので、結果的に問い合わせ内容がモバイルルーターにしぼられます。 そのためか、スタッフの対応が迅速で、カスタマーによる認識のずれも少ない印象でした。 また、大手キャリアでありがちな、無理な営業をされることもなく、オプションを進められることがなく、好感が持てました! 質問、疑問があれば 一番早いのが「」です。 専任のオペレーターが直接質問に答えてくれます。 気になるアフターフォローや保証 ここからは「契約した後」の話です! どんなときもWiFi(株式会社グッド・ラック)でも、大手キャリアと同様に、契約者専用のサポートサイトやカスタマーセンターなどが充実しています。 使い始めてから不具合があったり、支払い方法を変更したりする場合はこちらに問い合わせてみましょう。 契約後の各種問い合わせ先• donnatokimo-wifi. donnatokimo-wifi. これは大手キャリアと同じですね。

次の

どんなときもWiFiの速度は?口コミ・評判まとめ|やさしくねっと.

どんなときもwi-fi 評判

無制限使い放題 購入型のポケットWi-Fiには利用できる通信量に制限がありました。 LTEのポケットWi-Fiの場合は月に7GB、WiMAXの場合は3日間で10GBが上限でした。 しかしながらどんなときもWiFiには基本的に利用できる通信量に上限が設けられておりません。 外出先で動画を沢山見たりする人にとっては非常に大きなメリットであるといえます。 とは言えレンタル型のポケットWi-Fiは無制限プランを提供している会社もそれなりに多いので、無制限であることだけをもってしてどんなときもWiFiが優れているとは言えません。 3キャリア回線対応 現在ほとんどのレンタルWiFiは「ソフトバンクのLTE回線」にしか対応していない会社がほとんどです。 しかし、どんなときもWiFiの場合はソフトバンク回線のみならず、auとドコモのLTE回線にも対応しております。 つまり、ソフトバンク回線が弱いエリアであったとしてもau回線とドコモ回線に切り替えることが可能なのです。 ちなみに切り替えに関してはエリアによって端末が自動で最適化してくれるので、自分でごちゃごちゃ切り替えたりする必要もありません。 筆者が住んでいるエリアでもソフトバンクだけが速度が低下し、auやドコモは普通に繋がったりする場所があったりするので、3キャリアすべての回線に対応しているというのは非常にありがたいです。 国内・海外で使える 個人的に筆者が一番スゴいなーと思ったのが「海外でも使える」という点です。 通常であれば国内向けのポケットWi-Fiをレンタルしていたとしても、それはあくまでも国内でしか使うことができないため、海外で利用しようと思ったら• 海外向けのレンタルWiFiを借りる• 契約しているキャリアでオプション手続きする といったことを検討する必要があります。 しかし、どんなときもWiFiの場合は面倒な手続き等は不要で、かんたんな設定をするだけで世界107か国の海外で利用することができてしまうのです。 海外によく行く人ならわかると思いますが、空港で端末の受け取り手続きをしたり、郵送で返却手続きをしたりと、海外向けレンタルWiFiは何かと煩わしい手続きがあります。 どんなときもWiFiなら引き続き国内でも利用できるので、そんな煩わしい手続きは一切不要なのです。 海外へよく行く人なら「国内・海外で使える」というメリットだけで、どんなときもWiFiを利用する十分な理由になるでしょう。 料金が安い どんなときもWiFiのメリットを紹介してきましたが、どんな特徴があれ皆さんが一番気になるのは恐らく「月額料金」でしょう。 以下のレンタルWiFi各社の料金をご覧ください。 レンタルWiFi会社 月額料金 どんなときもWiFi 3,280円 SAKURA WiFi 3,680円 STAR WiFi 3,680円 WiFiレンタルどっとこむ 4,980円 KING WiFi 5,000円 いずれもレンタルWiFi会社の「無制限プラン」で比較した場合の料金ですが、以上の通り月額料金だけ見てもどんなときもWiFiが他社より安い料金であることがお分かりいただけると思います。 口座振替が選択できる 購入型のレンタルWiFiにしろ、レンタルWiFiにしろ、たいていのモバイルルーターは決済方法としてクレジットカードしか選択できません。 以下の表をご覧ください。 クレジットカード 口座振替 どんなときもWiFi 以上の通り、どんなときもWiFiではクレジットカードのほかに口座振替も選択することができる数少ないレンタルWiFiなんです。 クレジットカードを持っていない人、諸事情により使用できない人も銀行口座があれば契約できるというのは大きなメリットといえるでしょう。 どうしてもクレジットカードが使えないという人以外は基本的にはクレジットカード払いを選びましょう。 口コミ・評判が良い サービス内容がいかに優れているといっても、やはり「実際の利用者の声」というのは気になるでしょう。 一部ですが、どんなときもWiFiを利用した人の声を紹介します。 どんなときもWiFiを購入しました。 使ってみると、携帯キャリアの電波が届くとこであれば快適に使用できて、地方に所在し、また地方への出張が多い私にはピッタリです。 田舎なのでエリアが広がり、今のところ回線速度も申し分ないです。 86mbps アップロード4. 22mbps あとはどれくらい使ったら 通信規制がくるかだな — RINO1610 rino1610 「どんなときもwifi」に切り替えた結果。 ソフトバンクエアーに比べ、コンセントから解放された上にdocomo au softbank のLTE回線を使える上に月額料金下がるという。 上に下がるという。 登録方法 どんなときもWiFiの契約方法は簡単で、どんなときもWiFiの公式サイトにて「申し込みボタン」をクリックします。 申し込み画面では「お支払い方法」「料金プラン」「端末カラー」「端末オプション」「サポートオプション」を選択していきます。 「端末オプション」と「サポートオプション」は任意なので選択しない事も可能です。 次に申し込みフォームで自分の情報を入力していきます。 入力が完了すれば、あとは契約内容を確認して「この内容で申し込む」というボタンを押せば契約が完了します! 5分程度で申し込みが完了するのですごく簡単ですし初期費用はどのくらいかかるのか、2ヶ月目以降は月額料金がどのくらいかかるのか等分かりやすく表示してくれるので安心して契約が結べます。 次に申し込みが完了すると登録したメールアドレスに「申し込み完了のお知らせ」「発送完了のお知らせ」が届きますのでメールをチェックしておきましょう。 レビュー それでは早速「どんなときもWiFi」が届いたのでレビューをしていきたいと思います! 筆者は北海道に住んでいますが、申し込みをしてから大体1週間ほどで届いたので、意外と早くて驚きました。 箱を開けると端末と契約内容、説明書などの書類が入っていました。 今回筆者は登録時に、端末オプションであるACアダプタの選択をしなかったので端末の箱の中には「ポケットWiFi本体」「ストラップ」「USBケーブル」が入っている状態で届きました。 端末を確認してみるとWiMAXのようにディスプレイがないのが特徴で、「WiFi表示」「電波表示」「バッテリー表示」のみのシンプルなデザインです。 電源ボタンは横で、3秒ほど長押しすると電源がつきます。 カチカチ電源ボタンを押すと、電波の状況やバッテリーの状況を確認する事が出来ます。 ちなみに裏にシールが貼っており、そこに「SSID」と「パスワード」が書かれています。 次に回線速度が速いのか自宅 集合住宅 でスピードテストを行ってみると以下のような結果になりました。 この数値であれば、特に高画質な動画がモタつくという事はありませんし、SNSやWEBサイトもスムーズに読み込む事が出来ます。 まとめ 以上がどんなときもWiFiのメリットです。 なんでしょう、正直レンタルWiFiの会社っていくつもあるんですが、結局どれも 「料金が高いか・安いか」しか違いがなかったんですよね。 ですがどんなときもWiFiには「3キャリア回線が使える」とか「海外でも使える」といった分かりやすい強みがあります。 そういった意味でもどんなときもWiFiは他人にオススメしやすいレンタルWiFiですね。 以上、まとめますと.

次の