日本 郵政 株 どうなる。 配当金重視。ゆうちょ銀行・日本郵政を上場してから持ち続けた結果とは?

日本郵政株に浮上する投資家への背信疑惑 「追加売り出し」の頓挫でさらに困る人が......(鷲尾香一): J

日本 郵政 株 どうなる

アフラックといえば、アヒルのCMでおなじみの保険会社。 アフラックは世界で初めてがん保険を開発し、医療保険などのパイオニアとしても有名だ。 業績拡大とともにアフラックの株価は長らく上昇してきたが、2019年7月に下落に転じた。 今アフラックに何が起きていて、今後の株価はどうなるのだろうか。 本記事では、アフラックの株価動向を振り返るとともに、今後の株価を見通すためのポイントについて解説していく。 アメリカのニューヨーク証券取引所(NYSE)では、引き続きアフラック株(ティッカーコード:AFL)を取引できる。 本記事では、ニューヨーク証券取引所に上場しているアフラック(AFL)のデータを使って解説する。 アフラックの最近の株価動向 アフラックの株価チャート(引用:YAHOO! ファイナンスのホームページ) 2018年のアフラックの株価は、1株あたり45ドル前後で横ばいが続いた。 しかし、2018年末には株価が上昇し始め、一時は57ドルを超えた。 ところが、2019年7月にアフラックの株価は一転して下落基調となっている。 2019年9月13日の終値は51. 75ドルで、直近高値からの下落率は約10%だ。 上昇・下落の起点となった2018年12月と2019年7月に何があったのか、またその原因を探っていこう。 過去のアフラックの株価変動要因は何だったのか? 2018年12月の上昇と2019年7月の下落は、どちらも日本郵政グループが関係している。 以下で詳しく解説する。 2018年12月にアフラックの株価が上昇を始めたきっかけ 2018年12月、日本郵政がアフラックの発行済株式の約7%を取得することを発表した。 アフラックの戦略提携発表資料の抜粋(アフラックの開示資料より) アフラック株は、取得から4年経過すると議決権が10倍になる規定がある。 したがって、4年後の日本郵政の議決権は20%を超える予定であり、日本郵政は持分法適用によりアフラックの利益の一部を連結決算に反映させることを目指している。 アフラックは米国企業だが、実は日本での利益が全体の約63%を占めている。 それだけアフラックにとって日本市場の重要度は高い。 アフラックが日本郵政と提携する狙いは、日本市場における新商品開発や販路拡大などだろう。 投資家にとっては、この提携で大事なポイントがもう一つある。 それは、日本郵政による出資の方法が、新株発行ではないことだ。 日本郵政は市場内外での取引によって既存のアフラック株式を取得することになっている。 したがって、提携に伴ってアフラック株式が希薄化することはなく、日本郵政による買付が直接的にアフラックの株価を上昇させる要因となるのだ。 自社株買いに似た効果があると言えるだろう。 提携の発表後、アフラックの株価は徐々に上昇し、2019年7月初旬の株価は一時57ドルを超えた。 2019年7月にアフラックの株価が下落を始めたきっかけ 次に、2019年7月にアフラックの株価が下落し始めた理由を見てみよう。 2019年6~7月、日本郵便が保険商品を不適切に販売していたことが問題になったのは記憶に新しいだろう。 日本郵便は、日本郵政傘下であるかんぽ生命の商品を、顧客にとって不利益となる契約乗換や二重払い契約などをさせていたと言われている。 不適切販売があったと報じられたのはかんぽ生命の商品だったが、日本郵便では郵便局員が以前からアフラックの保険商品も販売している。 2019年7月からアフラックの株価が下落し始めたのは、日本郵便の不適切販売の影響がアフラックにも及ぶことを懸念したためと考えられる。 アフラックの業績は日本市場にかかっており、日本郵便の問題がアフラックの業績に与える影響は大きい。 したがって、今後のアフラックの株価動向を予測する上でのポイントは、以下の2点と言えるだろう。 不適切販売を嫌った保険解約の行方• 日本郵政による保険販売の行方 不適切販売を嫌った保険解約の行方 保険契約は、基本的に長期継続を前提としている。 したがって、保険会社の収益は新規契約の獲得とともに安定的に増加していくことが多い。 しかし、今回のような報道があってイメージが悪化した場合、保険契約を解約する、または乗り換える人が増えることが予想される。 下表は、アフラック日本法人の第1四半期の決算報告書の一部だ。 アフラック日本法人の第1四半期の決算報告書の抜粋 日本郵便の不適切販売が報道されたのは2019年7月であり、それ以降の期間の決算報告はまだ出ていない。 そのため、今回の問題でどの程度の解約件数が出ているかは、今はまだわからない。 解約件数が多い場合は、直接的な業績悪化要因になるほか、ブランドイメージも低下していると考えられる。 その場合、今後のアフラックの新規契約件数にも悪影響が出るだろう。 今後のアフラックの株価動向を考える上で、2019年度第2四半期の決算報告は特に重要だ。 日本郵政による保険販売の行方 日本郵政との提携後、アフラックは郵便局という販路によって、保険契約件数増と収益向上を見込んでいた。 しかし、不適切な保険販売が問題になった後、日本郵便ではノルマ廃止などを含む保険販売体制の見直しが検討されている。 その行方は、アフラックの保険販売にも大きく影響するはずだ。 今後のアフラックの業績は、日本郵便の販売体制がどのように変わり、その影響がどの程度になるかによって変わるだろう。 現在のアフラックの株価は直近高値から約10%下落していて、買い時に見えるかもしれない。 しかし、日本郵便の問題がアフラックにどれだけ波及するかはわからないので、さらに株価が下落する可能性も十分ある。 アフラック株に投資するなら、日本郵便の不適切販売の問題がどのように落ち着くか、またその影響がアフラックの業績にどう表れるかが明らかになってからでもいいように思える。 アフラックの株を購入するには アフラック(ティッカーコード:AFL)は、アメリカのニューヨーク証券取引所の上場銘柄である。 アフラック株を購入するには、米国株を取引できる証券口座を用意する必要がある。 米国株を取引できる大手ネット証券には、SBI証券・楽天証券・マネックス証券がある。 これら3社は外国株も特定口座に対応しており、手数料も安いので使いやすいだろう。 上記3社の米国株の取引手数料は、以下のとおりだ。 SBI証券 約定代金の0. 45%(税抜) 楽天証券 約定代金の0. 45%(税抜) マネックス証券 約定代金の0. 45%(税抜) このように、3社とも取引手数料は横並びだ。 なお、米国株取引では為替手数料も必要になる。 ただしSBI証券の為替手数料は、住信SBIネット銀行を経由することで安くなる。 少し手間がかかるが、手数料の安さを優先するならSBI証券を選ぶといいだろう。 上記3社は、手数料以外にも取扱銘柄数や注文方式のバリエーション、操作性などに違いがある。 それぞれのメリット・デメリットを把握したうえで、自分に合う証券会社を選んでほしい。 アフラックの今後の株価見通しのポイント 本記事では、アフラックの最近の株価動向を振り返るとともに、今後の株価を見通すためのポイントについて解説した。 アフラックの重要な販路の一つである日本郵便は、保険の不適切販売の問題で揺れている。 この問題は、アフラックの業績にも少なからず影響を与えそうだ。 アフラックの株価は直近高値から約10%も下落しており、買い時に見えるかもしれない。 しかし、今後のアフラックの株価は日本郵便の問題による解約や、新規販売件数によって大きく変わる可能性があるので注意したい。 もしも業績悪化が現実になった場合、アフラックの株価はさらに下落する可能性がある。 現在、アフラック株は慎重に買い場を探っていきたい局面と言えそうだ。 今後のアフラックの決算報告にも注目していきたい。

次の

なぜ、郵政3社の株価は大幅下落してしまったのか?2015年11月の上場からの1年間を振り返って、公開価格より下落した郵政3社の今後の展望を探る!|ダイヤモンドZAi最新記事|ザイ・オンライン

日本 郵政 株 どうなる

スポンサーリンク 日本郵政の株価 株価:1,240 PER:11倍 PBR:0. 日本郵政の事業内容 参照: 日本郵政グループの持株会社。 グループの内容は以下です。 ・日本郵便 ・ゆうちょ銀行 ・かんぽ生命 日本郵政(6178)は上の3つをまとめたホールディングスみたいなイメージです。 「ゆうちょ」と「かんぽ生命」はそれぞれ上場していますが「日本郵便」は上場してないですね。 郵便事業、銀行事業、生命保険事業がメインです。 郵便事業は厳しそうです。 最近はIT化が進んでいるので郵便じゃなくてメールで完結しますからね。 日本郵政は公募価格1,400円に対して「初値1,631円」でした。 しかしながら現在もだらだらと日本郵政の株価は下げ続けています。 日本郵政の株価が下落する理由としては、やはり財務省が発表した日本郵政株式売却のニュースでしょう。 2022年までに政府が保有する日本郵政の株式を1. 2兆円分売却するらしいです。 23%(10億株)の売出しです。 かなりインパクトはでかいですね。 日本郵政の経常利益の推移 業績は過去最低の予想。 2015年:1兆1,158 億円 2016年:9,662 億円 2017年:7,952 億円 2018年:9,161 億円 2019年:7,800 億円(会社予想) とはいえ現在3Qの時点で進捗率80%あるので、予想よりは良い利益になりそうですけどね。 気になる配当金は2018年実績で「57円」でしたが、2019年の予想は「50円」と、減配予想です。 まとめると ・業績微妙 ・政府も売り出し ・配当金減配 これでは日本郵政の株価が上がる要素がありません。 笑 日本郵政の財務状況 自己資本比率:4. 97円 財務状況は問題なし。 自己資本比率が4. 傘下にゆうちょ銀行があるので、基本的に財務は健全です。 銀行が財務状況が危なかったら話になりませんからね。 笑 まとめ 日本郵政の株価が下落するのは政府のせい。 やっぱり50%ほど保有している政府が株式売却はインパクトがでかいですね。 規模もかなり大きいのでなかなか買いにくいです。 この銘柄を買うなら他の優良企業の高配当銘柄を買ったほうがいいんじゃないかと考えるのが普通ですね。

次の

日本郵便(6178)株価下落!政府に株を売られる

日本 郵政 株 どうなる

日本郵政のみんかぶ目標株価は「1,042円」で【買い】と評価されています。 みんかぶリサーチによる株価診断では【割安】 理論株価 1,048円 、証券アナリストによる予想では【中立】 予想株価 1,028円 、個人投資家による株価予想では【買い】 予想株価 1,069円 と判断されています。 日本郵政は、【宅配、3PL、生命保険】などのテーマ銘柄です。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の