便秘茶。 便秘茶口コミランキング@いま一番スッキリ満足度が高い便秘茶はこれ

ドラッグストア(薬局)で買える市販の便秘におすすめのお茶は?

便秘茶

活性酸素を除去する• ホルモンバランスを整える• ストレスによる抜け毛やシミやシワの予防• 血管やリンパ管を正常化• ダイエット効果• 便秘の解消• 胃腸の不調を改善 ルイボスティーの凄いところは、活性酸素を除去できるところ。 活性酸素を除去できるということは、紫外線から肌を守り、肌や内蔵の老化防止、 白髪、シミやシワの改善など身体の老化を防いでくれます。 また血管やリンパなどの老化を防ぎ元気にするということは、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞、コレステロール低下、 血圧の上昇を抑えるなどの効果があるのです^^ 他にも 妊娠中のホルモンバランスを正常化したり、飲むことで妊活にも効果がありますので、妊娠中には便秘対策以外にもかなりおすすめのお茶なのです。 また茶殻は植木の肥料にしたり、ガーゼなど目の細かい袋に入れてお風呂に入れると肌がすべすべになりますよ^^ ごぼう茶の効果効能 ごぼう茶はここ数年、かなり人気になってきたお茶ですが、妊娠中、出産後もおすすめです。 味はごぼうの香ばしい香りがするお茶ですが、商品によってはごぼうのえぐみが凄くて飲みにくいものも。 まずは効果効能をみてみますね。 内蔵脂肪を落とす• 便秘解消• 血流をよくする 杜仲茶はどちらかといえばダイエット効果の高いお茶のイメージですが、 自立神経に作用して便意や腸の運動を促す効果もあるのため、便秘に効果があるのです。 しかし独特な味のため、好みが分かれるので好きな人にはいいのですが、妊娠中にダイエット効果は必要ないためちょっとどうかなぁと思います。 そしてこの3つに含まれるタンニンの量ですが、100ml飲んだとしてその中に含まれるタンニンの量ですが、下記のようになっています。 タンニンは便秘になったり、鉄の吸収を妨げるといわれていますので、少ないほうがいいのです^^ コーヒー 紅茶 緑茶 ルイボスティー ごぼう茶 杜仲茶 110mg 100mg 18mg 3. 3mg 入っていない説アリ 微量 ルイボスティーとごぼう茶、杜仲茶はほとんど入っていないため、タンニンに関してはそこまで神経質になる必要はありませんが、 飲み過ぎには気をつけが方がいいですよ。 上記3つのお茶の中では、杜仲茶は好みがわかれる、ルイボスティーも味の好みはあるが身体にはいい、ごぼう茶も味の好みはあるが、タンニンもほぼなく安心ということで、ルイボスティーかごぼう茶がおすすめです。 他にも便秘にいいお茶はありますがお腹が痛くなったり、タンニンが多かったり、カフェインが入っているため、安心な3つを選んでいます^^ でも3つとも味が好みでない場合は、こちらのお茶もおすすめです。 妊婦さんに必要な栄養素がしっかり入った抹茶風味の「するっと抹茶」 抹茶はタンニンが多いのですが、これは桑の葉から作られたお茶なので、タンニンは入っていません。 しかも抹茶味なので、ラテにしたりヨーグルトに入れたりしてもOK。 飲みやすいのでおすすめです。 妊娠中のカフェインがダメな理由は? カフェインは食品成分の1つで 、コーヒーや紅茶、お茶、カカオ チョコレート 、コーラなどに含まれています。 もともとカフェインには、中枢神経を刺激し血流や筋肉を収縮する働きをもっているため基礎代謝を上げたり、アドレナリンを出すことでリラックス効果や興奮作用などがあります。 しかし妊娠中のママがカフェインを摂取すると、 妊娠初期には血流や筋肉が収縮する作用で流産しやすくなり、低酸素状態、発育障害、低体重児、流産・早産・死産など胎児の発育に影響を与えます。 さらに ママには貧血や高血圧などの影響もでてくるため、摂取したい場合は1日コーヒー1杯程度か摂取しない、ノンカフェインのコーヒーなどがおすすめです。 カフェインを含まなデカフェなら、コーヒーやカフェオレ、紅茶、生茶、ジャスミン茶など市販のペットボトルもコンビニなどでも売っていますよ^^ また 出産後も母乳で育てる場合は、カフェインを摂っていると赤ちゃんが眠らない、興奮しやすい、落ち着きがないどの影響がでてしまいます。 そのためカフェインは妊娠がわかった初期から、母乳で育てる場合は授乳が終わるまで控えてくださいね。 まとめるとカフェインは赤ちゃんの発育が悪くなる、発達障害が起こる、流産なや早産などのリスクが増える、ママの体調も貧血や高血圧、むくみ、吐き気などが起こりやすくなるためとらない方がいいのですね^^ つわりが酷くてどうしてもノンカフェインのものが飲めないけれど、カフェインの入っているものは飲めるなら、薄める、デカフェが飲めないか試してみる、炭酸水なども試してみるなどしてみてくださいね。 また 便秘に関係なくお茶でノンカフェイン、低タンニンなのは、ルイボスティー、むぎ茶、柿の葉茶、杜仲茶、黒豆茶、ごぼう茶などがおすすめです。 まとめ 妊娠中の便秘は辛いものです。 薬も飲めないし、食べ物や飲み物も制限される、飲み物もつわりがあるときは気持ち悪く感じるものもあるし・・。 またカフェインが含まれるものも控えた方が良いため、どうしようかなと困ることも多いと思いますが、デカフェなどカフェインが入っていないものもありますし、ノンカフェインのお茶で便秘にも効果があるものの幾つかあります。 それらを上手く使いながら、生まれてくる赤ちゃんもママも元気なように焦らず、うまくリラックスして過ごせるようにしてほしいなと思います。

次の

便秘のお茶ランキング【1週間本当に飲んでガチ実験!その結末は】

便秘茶

管理人のレビュー 原材料が22種類と多いので、味はどうなのかな? と思いましたが、とても飲みやすいです。 ローズヒップやラズベリーが入っているので、少しフルーティーな味わい。 スッキリ効果をゴールデンキャンドルだけに頼らず、体に優しいという点も気に入りました。 愛飲者のレビュー ・・・・正直申し上げてあまり期待していませんでしたが、御見それいたしました。 私の場合、濃く煮出しすぎると下してしまうことがあったので、濃さと飲む量を調節しました。 生姜の力なのか、飲んだ後は体がぽかぽかします。 ・・・・電話で相談させてもらったところ、飲む時間や普段の生活習慣の改善アドバイスをいただきました。 スタッフの方の温かい対応に本当に感謝しています。 ・・・・いままでいろいろ試してきたんですが、デルモッティは違いました。 しかも成分全部天然素材。 すっきりってこういうことだったのか!って感激しました! 公式サイトから抜粋 デルモッティ販売サイト 比較一覧 当サイト、Amazon、楽天の価格等を比較してみました。 管理人のレビュー 1包に入っている茶葉が一般的なブレンド茶より多いので、その分効果も高いはず。 まずは抽出する時間を短くした薄目のものから試してみると良いと思います。 380円で5日間お試しができるのがgood。 味は、ほうじ茶とそっくりなので、飲めない人は少ないはず。 愛飲者のレビュー ・・・・モリモリスリムを始めて注文しました。 どのお茶を飲んでもあまり効かなかったのですが、これは効きました! 私は30分以上パックを出さずに、しっかりと濃い色になるまで待って飲みました。 翌朝、出ただけでなく2回も出ました。 ・・・・自分に合った調整がわかると、毎日飲まなくてもうまくコントロールできるようになりました。 今では3. 4日に1度の割合で飲んでいるので、コスパも良く、おなかが痛くなったりもしません。 ・・・・このお茶一杯で12時後から催してきます。 毎日続けるかどうかも判断が分かれるところです。 袋から適量を分けて使うか個人差があると思います。 管理人のレビュー 茶葉は一種類のみで作られていますが、強い成分を含んでいないため、体の持つ元々の排泄能力を取り戻すことができるはず。 妊婦さんに必要な栄養素をたくさん加えてありますが、化学添加物は一切使っていないので、妊娠してない人にもオススメしたいお茶です。 抹茶風味なので、日本人が好きな味だと思います。 愛飲者のレビュー ・・・・妊娠をきっかけに、お通じの回数が減っていきました。 今回、試してみて、私の場合は10日を過ぎたころから、スッキリを実感しました。 ・・・・妊娠初期の今の時期は、特に、気を使って生活しています。 葉酸を含んでいるという所が気に入っています。 ・・・・最初は、ちょっと甘いかも?と思いましたが、おやつのかわりに飲んだりして、けっこうお菓子を食べる量が減ったかも(笑) から抜粋 すっきり贅沢抹茶販売サイト 比較一覧 当サイト、Amazon、楽天の価格等を比較してみました。 当サイト Amazon 楽天 通常価格( 30包) 3,702円 販売なし 販売なし お試しサイズ 600円 販売なし 販売なし 会員特典 有 販売なし 販売なし 便秘改善にブレンド茶を選ぶメリット ブレンド茶とは、複数の茶葉を混ぜて煮出したお茶のこと。 一種類の原料から作られたお茶ではなく、複数の茶葉・原料でできたお茶で得られるメリットは3つあります。 ブレンドすることで、効能が偏らない まず挙げられるブレンド茶のメリットは、効能のアンバランスさが無くなって、より安全に飲みやすくなること。 1つの原料から作られるお茶は、その成分が持つ効能が100%発揮されますが、人によっては成分が効きすぎて、体に合わない場合があります。 例えば、便秘解消効果の高いハブ茶には、下剤に使われるほど緩下作用(排便を促す作用)が高い成分が含まれていて、単独で飲み続けると下痢になる可能性があります。 また、ブレンド茶にもよく使われるゴールデンキャンドル(キャンドルブッシュ、カッシアアラタとも言う)というハーブも下剤として使われる成分を含んでいるので、国民生活センターが過剰摂取に注意を喚起しています。 (参照:) これらの緩下作用が強力なお茶やハーブは、他の茶葉とブレンドすることでその効能が適度に抑えられ、腸内環境を乱すことなく排泄を促す作用が期待できます。 つまり、 複数のお茶をブレンドすることで、便秘解消力を適切な強さにし、飲み続けても体に負担のないお茶になるのです。 ブレンドすると、味がマイルドで飲みやすくなる 1つの原料から作られた健康茶には、効能は大きいけれど味にクセがあったり、苦みが強かったりして飲みにくいものも多くありますが、ブレンド茶はそのほとんどが飲みやすく、どんな人の味覚にも合うように作られているのが特徴。 特に便秘解消用のブレンド茶には、香りや味が独特のハーブ草が使われているものが多いのですが、ほうじ茶やプーアル茶などとブレンドすることで、ハーブ特有の香りと味が消え、誰もが飲みやすいお茶に仕上がっているのです。 お茶は嗜好品なので、どんなに効能が大きかろうと、美味しくなければ飲み続けることは難しいもの。 日本人の味覚に合うように作られたブレンド茶は、 美味しくて、しかも有効成分がきちんと含まれているので、費用対効果も優れた健康飲料と言えます。 便秘解消作用の強いお茶で気を付けるべきことは、便秘解消を通り越して、下痢になること。 個人的な話になりますが・・・ 管理人は下痢をしやすい体質なんですね。 で、便秘体質の人に「私は便秘になったことがない」と言うと、必ず「うらやましい」とおっしゃる。 いえいえ、下痢も便秘に負けず劣らずキツイです。 下痢になると、腸で栄養分が吸収されないので、栄養不足で身体がフラフラになることも。 そんなわけで、あまり排泄作用の強力なお茶(例えばハブ茶)を単独で飲み続けることは、下痢を引き起こす可能性があるので怖いなと思っています。 人によって体質や代謝の違いもあるので一概には言えませんが、 そういった副作用を心配するならば、いろいろな成分がバランスよく含まれているブレンド茶をおすすめします。 便秘解消用ブレンド茶の注意点 どの健康茶にも言えることですが、お茶は食品といえども、薬効のある自然の植物を原料としているので、体質によって合う合わないといった相性があります。 もちろん、健康茶はクスリではないので副作用が起きることもほとんどなく、あったとしても症状は軽いものであるはず。 ただ、人によっては腹痛や下痢などの症状が現れる場合があるので、 始めて飲むときは薄目に作って体調を見ながら飲用するようにしてください。 とくに、便秘解消用のお茶で、がブレンドされているものについては、下剤成分が含まれているので、長期間の服用はおすすめできません。 あくまで、 便秘がツライときに一時的に利用するようにしてください。 便秘解消用ブレンド茶一覧• 女性にうれしい成分がたくさん入っているのも高ポイント。 以下の便秘解消茶は、下剤成分センノシドを含む「キャンドルブッシュ(ゴールデンキャンドル)」がブレンドしてあるので、飲む量に注意。 詰まりが気になる時だけ利用すれば、問題ありません。 飲めば必ず出るので、人気があります。 脂肪や糖質の吸収を防ぐ茶葉も入っていて人気の商品。 茶葉の成分から考えると、美肌効果も期待できます。 美味しいので、飽きずに続けられます。 西洋ハーブが多く配合されています。 「ローズヒップ」や「ルイボス」配合で、美味しく仕上がっています。 便秘解消効果のある健康茶一覧 ア行 お茶の種類 期待できる効能 アンチエイジング、むくみ解消、便秘改善、美肌、貧血改善、高血圧予防、疲労回復 疲労回復、老化予防、貧血予防、アンチエイジング、ダイエット、便秘解消 便秘解消、胃腸病予防、水虫改善、痔の改善、おでき・吹き出物改善 カ行 お茶の種類 期待できる効能 糖尿病予防、便秘解消、アレルギー症状緩和、むくみ解消、アンチエイジング 糖尿病予防、肥満予防、虫歯予防、膵臓機能向上、便秘解消 便秘改善、腰痛改善、関節炎・リウマチ改善、水虫改善、皮膚湿疹改善 骨粗しょう症、便秘解消、デトックス、ダイエット、腸内環境改善、高血圧改善、糖尿病予防、リラックス作用 貧血予防、便秘解消、高血圧改善、むくみ解消、冷え性改善 便秘解消、下痢改善、むくみ解消、冷え性改善、美肌、肥満予防 デトックス、ダイエット、消化機能向上、アンチエイジング、免疫力アップ、ガン予防 サ行 お茶の種類 期待できる効能 糖尿病改善、ダイエット、便秘解消 花粉症改善、アトピー改善、アレルギー性鼻炎改善、心臓病予防、整腸作用、むくみ改善、ストレス緩和 タ行 お茶の種類 期待できる効能 高血圧改善、アレルギー症状改善、腸内環境を整える、皮膚の健康を保つ ハ行 お茶の種類 期待できる効能 ダイエット、むくみ解消、便秘解消、美肌、高血圧改善、動脈硬化予防、肝機能改善、免疫力アップ 糖尿病予防、ダイエット、むくみ解消、便秘解消、肝機能向上 便秘解消、眼精疲労改善、目の充血解消、肝機能向上、肥満予防 マ行 お茶の種類 期待できる効能 ガン予防、免疫力強化、糖尿病予防、便秘改善、アレルギー症状緩和 糖尿病予防、高血圧予防、動脈硬化予防、ガン予防、胃炎・胃潰瘍予防、免疫力アップ、美肌、便秘改善 ヤ行 お茶の種類 期待できる効能 糖尿病予防、便秘解消、むくみ改善、整腸作用、消化促進、ダイエット ラ行 お茶の種類 期待できる効能 美肌、便秘解消、関節炎の痛み緩和、心臓病予防、ガン予防•

次の

便秘に効くお茶ランキング10選!お茶を飲めば即効で便秘解消?!

便秘茶

私たちが摂取した食べ物や飲み物は、胃を通って、小腸、大腸へと運ばれ、肛門から便として排泄されます。 食べ物や飲み物は、いわゆる「便の元」となり、腸を通っている間に、栄養分と水分が吸収されます。 そして最終的に吸収されずに残ったものが、便として肛門から出ていきます。 このとき、便の元が水分を多く含むほど流れ(腸内の動き)が良くなります。 夏場に水分を一気に摂り過ぎて、下痢気味になった記憶がある方もいるのではないでしょうか? これは、便の元の水分が多くて、便の動きが良くなり過ぎたために起こった現象です。 逆に、 水分摂取量が少ない(=便の元の水分量が少ない)と便が硬くなりやすいです。 硬くなると、便の動きがますます悪くなり、最終的に肛門近くまで下りてくるのにかなりの時間がかかってしまいます。 時には2、3日以上かかることもあります。 その結果、数日間便がでないこともあります。 そうです、これが便秘の起こるメカニズムの一つです。 『腸内細菌のバランスが崩れている』について少し説明すると、ご存じかも知れませんが、私たちの腸の中には数多くの細菌が住んでいます。 状況によっては、100兆個も住んでいると言われるこれらの細菌をまとめて、腸内細菌と呼んでいます。 そして、この腸内細菌は、それぞれの特徴で3グループに分けることができます。 私たちの身体にとって有用な働きをしてくれる善玉菌(有用菌)、身体に悪影響を及ぼす悪玉菌(有害菌)、そして普段はおとなしくしていて腸に棲息しているだけの日和見菌です。 善玉菌や悪玉菌は、テレビなどで聞いて知っているという方も多いでしょう。 善玉菌には、よく耳にする『乳酸菌』や『ビフィズス菌』の仲間がいて、腸内の環境を整えようと働いてくれています。 善玉菌は、食事の消化を手伝ってくれたり、ビタミンなど身体に必要な栄養素の生成をしてくれたりしています。 一方、悪玉菌には、私たちにとって有害となる物質やガスを発生する細菌の種類が該当します。 この有害物質が腸の動きを妨害するために便秘を引き起こしますし、肌荒れを引き起こすこともあります。 また、ガスを発生するために、お腹が張った状態やおなら(特ににおいが強いおなら)が出るようになります。 便秘の時に肌荒れやおならが気になるのは、悪玉菌の影響が大きいと考えられています。 善玉菌の多くは、この悪玉菌の増殖を抑える働きも持っています。 そのため、善玉菌が腸の中に十分な数生きていれば、悪玉菌は少数で細々と生きることになります。 逆に、善玉菌が減ってしまうと、悪玉菌が増えてしまい、形勢が逆転してしまうイメージです。 このような状況の時に、悪玉菌が産生する有害物質やガスが身体に悪影響を与え始めます。 そうです、『腸内細菌のバランスが崩れている』とは、善玉菌が減ってしまい、悪玉菌が増えた状態のことです。 そして、『腸内環境を整える』と耳にすることが多いですが、これは善玉菌を増やして、悪玉菌を減らしていくことを意味します。 そうすることで、便秘になりにくくなりますし、肌荒れやその他の症状を抑えることができることが分かってきています。 便秘のメカニズムから、以下の原因がお茶と関係することが分かります。 ・水分摂取量が少ない(便の元の水分量が少ない) ・善玉菌が少ない ・食物繊維が足りない ・腸の動きが遅い ・ストレスが溜まっている ・食事量が少ない これらの原因については、お茶の飲用によりある程度は改善することができますので、便秘を改善もしくは和らげてくれることが期待できます。 便秘になる原因は人それぞれですので、これらのうちのどれか、もしくはいくつかが該当する場合が多いと思います。 まずはご自身の生活スタイルや食事内容を考えてみてください。 そして、便秘の原因と思われるものに効果がありそうなお茶を選んで飲むと、効果が高いと考えられます。 どのお茶がどういう効果を持つかについては、「おすすめのお茶ランキング10選」の項で説明します。 ただ、便秘には今回挙げた以外の原因もいくつかあります。 腸などの病気が原因となる便秘や神経の障害による便秘もあります。 そういうタイプの便秘についてはお茶では改善できませんので、原因の病気の治療を行う必要があります。 もし、お茶を試してもまったく効果が出ない場合は、これらの病気の可能性もありますので、一度病院を受診されてみてはどうでしょうか? 上で挙げた原因を改善できる様々な種類のお茶があります。 どの効果を有するかはお茶の種類で異なりますので、希望する効果を持っているお茶を選ぶことが重要です。 例えば、「水分摂取量が少ないなぁ」と感じる方は、お茶はほとんどが水分ですので、お茶を飲むだけでも水分摂取量は増えることになります。 普段の生活スタイルにお茶を飲む時間をプラスすると良いでしょう。 「食事の際にコップ半分のお茶を毎回飲むようにする」などでもOKです。 ただし、利尿作用(トイレが近くなる)があるお茶の場合は、逆に水分が失われる可能性もありますのでご注意ください。 緑茶の成分の一つである、カフェインを多く含むお茶が当てはまります。 健康状態や食生活から「善玉菌が少ない」、「食物繊維が足りない」と感じた方は、善玉菌が配合されているタイプのお茶や、善玉菌の栄養分となる水溶性食物繊維を多く含むお茶を選ぶと良いでしょう。 腸内環境を整えてくれますので、「腸の動きが遅い」にも効果があります。 その他、腸の動きを活発にするハーブや香辛料の成分もありますので、そのような成分が配合されているお茶は、「腸の動きが遅い」場合に効果が期待できます。 また、「最近ストレスが溜まっている」と感じる方は、ストレス解消効果を示すハーブティーを選ぶのがお勧めです。 そして、食べたくてもあまり量が食べられない方も多いと思います。 食事量が少ないことが原因となっている場合は、食欲増進効果を持つハーブティーがお勧めとなります。 緑茶以外のお茶でもスーパーなどで売っている種類も多いですし、最近はインターネット販売を用いればマイナーな種類のお茶も簡単に手に入るようになりました。 その中でご自身の症状や状態に合ったものを探すのは大変でしょうが、お茶の味や香りを比べながら探してみると楽しいかもしれません。 マグネシウムは、簡潔に言うと、水を呼び込む働きを持っています。 そのため、腸の中にあるマグネシウムは、便に水分を集めてくれます。 マグネシウムを含むお茶を飲むことで、便に水分が集まります。 その結果、腸を通過する時間が長くなっても便が硬くなりにくく、便秘が起こりにくくなります。 ただ、マグネシウムを取り過ぎると、便が軟くなりすぎて、下痢になることがありますのでご注意ください。 善玉菌を増やすためには、善玉菌そのものや、善玉菌の栄養分となる水溶性食物繊維を摂取することがポイントになります。 これらを含むお茶を飲むことにより、腸を整える効果が期待できます。 続いて、腸の動きを活発にする『センノシド』ですが、これは医薬品として認められている成分です。 大腸の動きを活発にすることで、便秘を改善します。 ただし、効果が強いため副作用が出ることもありますので、飲む量を守って使う必要がありますし、長期間続けて飲むことは避けましょう。 また、妊婦は飲んではいけないことになっています。 妊婦や妊娠している可能性がある方は、センノシドを含む成分が配合されていないか確認して使いましょう。 ストレスを解消する成分である『テアニン』は、「リラックス効果」、「睡眠改善効果」などが認められています。 そのため、リラックスや睡眠のサポート目的でのテアニン配合サプリメントが数種類発売されています。 ストレスが原因の便秘に悩んでいる方は、このテアニンを含むお茶がお勧めです。 また、ハーブ、香辛料の成分は、数多くありますし、どの成分が効果を発揮しているか詳しく分かっていないものも多くあります。 そのため、今回はまとめて記載しています。 そして、ハーブ・香辛料の中には、漢方薬に配合されているものもあります。 漢方薬にも使われていると考えると、効果が信頼できるのではないでしょうか? カフェインに眠気覚ましの覚醒作用があることはご存じのことと思います。 そのため、カフェインを含む飲料を寝る前に飲用すると、寝つきが悪くなることがあります。 カフェインは、その他にも心臓の働きを強くする強心作用や、おしっこの量を増やす利尿作用なども持っています。 お茶やコーヒーを飲むとトイレが近くなるという方も多いと思いますが、これにはカフェインの利尿作用も関係しています。 このようにカフェインには様々な身体に対する作用がありますので、子供、高齢者は、カフェインの摂取に気を配る必要があります。 さらに、胎児に影響する可能性があるとされていますので、妊娠している方はカフェインの摂取を控えた方が良いでしょう。 続いて、ここから紹介するものは、「健康茶」と呼ばれる種類になります。 健康茶とは、いくつかの種類の植物、ハーブ、香辛料などを配合してある症状に対する効果を高めるように作られているお茶のことです。 緑茶などをベースにして、それに特定の成分を配合しているものもありますし、中には20種類以上の植物などが配合されている商品もあります。 基本的にはインターネットでの購入となりますが、一部の商品はドラッグストアでも購入できます。 一般的に、他のお茶と比べて便秘に対する効果は高いのですが、高価ですので、他のお茶を飲んでも効果がほとんど感じられなかった場合に試してみるのが良さそうです。 また、第2位に挙げている「センノシド含有タイプ」の商品は、使用方法に注意が必要ですので、十分に理解してお使いください。 健康茶の中で、便秘に対する効果を高めている商品は、別に『便秘茶』と呼ばれることもあります。 その便秘茶の多くは、『センノシド』を含有しています。 センノシドは、医療用の下剤としても使われているくらいですので、効果は強力です。 大腸を刺激し、腸の動きを活発にすることで便秘を解消します。 特に腸の動きが遅くなったことが原因の便秘に強い効果を発揮します。 ただ、センノシドを長期間飲み続けると、その効果が弱くなっていくことが分かっていますし、下痢などの副作用が出ることもあります。 また、医療現場では、妊娠中はセンノシドを原則として使ってはいけないことになっています。 妊娠中の方は控えるか、事前に産婦人科医に相談することをお勧めします。 このようにセンノシドが入っている便秘茶は、便秘に対する効果は高いのですが、注意しながら飲用する必要があります。 ちなみに、センノシドは、カッシアアラタ(別名:キャンドルプッシュ、ゴールデンキャンドル)、センナの茎といった植物に含まれます。 つまり、これらの植物が配合されている便秘茶には、センノシドが含まれるということです。 商品のホームページや商品の外箱に、配合されている植物などが記載されていますので、そちらで確認することができます。 具体的な商品としては、「楽々するり温茶」、「モリモリスリム」、「お通じダイエットウルトラスリムアップルティー」、「デルモッティ」、「なかったことにするっ茶」、「ハーバルデトックティー」、「本草製薬のスッキリ茶」、「ヨーデルっ茶」、「でるでるW」などがあります。 それぞれの商品で工夫されており、配合されている成分や味に違いがあります。 ただ、センノシドが効果の中心という点で同じで、効果については明確に区別できませんので、今回はひとまとめにしました。 これらの便秘茶の効果は強力ですので、頑固な便秘の時やどうしても出したい時に限って飲用するようにすると良いでしょう。 長期間飲用を続けなければほとんど問題ありませんので、適切に使って便秘を解消しましょう。 このように便秘に効果があるといわれているお茶にはかなりの種類があります。 効果や特徴に違いがありますので、ご自身の便秘のタイプに合ったものをお選びください。 また、効果や特徴が似たような商品であれば、味や香り、飲みやすさ、値段で選ぶのが良いでしょう。 継続して飲む必要がある商品もありますので、そういう場合は味や値段が重要になってくるためです。 水分補給という点から考えると、日常生活のどこかのタイミングでプラスしてお茶を飲用することが効果的です。 普段飲んでいる水分にプラスすることで、便の水分を増やすことができるためです。 一般的なお茶の場合は、「朝起きた時」、「昼食後」、「休憩時間」、「お風呂上がり」、「寝る前」などどこでも構いません。 ただ、カフェインを含んでいるお茶は、夜に飲用すると眠れなくなることもありますので、その点にご注意ください。 続いて効果に注目すると、カモミールティーは寝付きを良くする効果も期待できますので、寝る前が適切だと考えられます。 また、センノシドは効果が出るまでに8時間程度かかるとされていますので、朝に排便したい場合は、前日の夜にセンノシドを含む便秘茶を飲むと良いでしょう。

次の