女王蜂 ボーカル。 女王蜂のアヴちゃんの生い立ちは?年齢や性別が不詳?カッコよすぎる!

女王蜂アヴちゃんやルリちゃんは兄妹!年齢や性別は?ハーフ?ライブ画像も

女王蜂 ボーカル

優れた歌唱力と抜群の存在感を放つボーカル・アヴちゃんを中心に、ベース・やしちゃん、ドラム・ルリちゃん、ギター・ひばりくんの4人で活動している女王蜂。 活動休止やメンバーの脱退・新メンバーの加入などの紆余曲折を経て、今なおより魅力的になっていくバンドだ。 女王蜂はメンバーの性別・年齢・国籍・本名などの基本的なプロフィールをすべて伏せているが、そんなことはどうでもいいと思わせてしまうくらい楽曲やライブパフォーマンスが圧倒的で、永遠にぶれない独自の世界観は多くのファンの心を鷲掴みにしている。 恥ずかしながら個人的に知っていたのは初期の楽曲『デスコ』だけで、しかも初めて聴いた時はその強烈なインパクトをうまく受け入れることができず「苦手な音楽」とカテゴライズしてしまっていた。 しかしその意識は後にひっくり返ることになる。 そのきっかけが、女王蜂が2017年にリリースした『DANCE DANCE DANCE』のMVだった。 2017年、『DANCE DANCE DANCE』• 【MV】 耳に残るキャッチーさ、歌の聴きやすさ、80年代を彷彿とさせる衣装、そしてフロントマンであるアヴちゃんの動作や目線の使い方、MVの世界観、カメラワークや光の使い方の妙。 それは、女王蜂を勝手に「苦手な音楽」と思い込んでいた自分に平手打ちをかましたいほど格好良く本当に衝撃的だった。 それからは『デスコ』後の空白を埋めるように今までのMVを観て、楽曲をさかのぼり、アヴちゃんのInstagramをフォローし、インタビューを読み、女王蜂の魅力にすっかりハマっていくのだった。 完全復活から現在まで ここからは少しだけ女王蜂の歴史をさかのぼっていく。 2015年リリースの『ヴィーナス』は活動を再開させてから発表された最初の楽曲だ。 【MV】 復活後の第一弾にこんなにパワフルな楽曲をリリースするのは流石としか言いようがない。 印象的なギターフレーズはこの楽曲から正式にメンバー加入したギター・ひばりくんが自分で考えてきたと、後にインタビューでアヴちゃんが語っている。 歌詞もメロディーも転調の仕方も「ザ・女王蜂」な楽曲で、この「女王蜂らしさ」はここから更に磨かれ純度を高めていく。 次にリリースされたのは思わず踊りたくなる『スリラ』。 【MV】 高音と低音を自在に操るこの曲での歌は、アヴちゃんにしか歌えなく、女王蜂でしか成り立たない、とリスナーに思わせるほど唯一無二な楽曲であると言える。 そして2017年にフルアルバム『Q』を発表。 MVで打ちのめされた前述の『DANCE DANCE DANCE』、2015年の『スリラ』を更にブラッシュアップした『超・スリラ』、2016年の『金星』に新たに女性アーティストのDAOKOを迎えた『金星 feat. DAOKO』など、聴きごたえのあるアルバムになっている。 2018年にはEP『HALF』をリリースし、表題曲は同年放送のテレビアニメ『東京喰種トーキョーグール:re』のエンディングテーマとして多くのリスナーの耳に届いた。 【MV】 2019年に『火炎』がテレビアニメ『どろろ』のオープニングテーマになり、そして同年リリースのフルアルバム『十』に収録されている楽曲『聖戦』は映画『貞子』の主題歌として、『Introduction』は映画『東京喰種【S】』の主題歌としてそれぞれ起用された。 【MV】• 【MV】• 【MV】 女王蜂の「芯」 以前、ボーカル・アヴちゃんが「情熱を持ち、何事にも全力で取り組む」という内容のことを言っていたのをネットで見てハッとした。 この人は「自分を追い詰める系の」頑張りではなく、自ら進んで頑張ることを選んでいる。 そういった気持ちで物事に向かう人を知ったのは初めてだったので驚いた。 10代でデビューした女王蜂は様々なことを乗り越えてここまで走ってきた。 楽曲に関する評価は勿論、バンドとしての動向やその在り方に対する批判は、恐らく我々普通の人間には想像もできないものだったと思う。 だがそういった砂嵐のような評価や批判、活動休止やメンバーの脱退など多くの困難や苦悩があっても、女王蜂は折れなかった。 後にアヴちゃんはインタビューで「歌うことを諦めきれなかった」と語っており、絶対に折れないしなやかで強靭な「芯」が女王蜂には存在していることがその一言で充分に伝わってきた。 そして、『アウトロダクション』 『アウトロダクション』は伸びやかな歌声と心に刺さる歌詞の印象的な、どこまでも広がっていく光のような力強く美しい楽曲だ。 【MV】 生きていくことは簡単ではなくて、自分らしく生きていくことはもっと難しい。 全ての人間はそれぞれしんどさや孤独感を抱えていて、それは絶対に他の人間に理解されることはない。 何故ならみんな、誰もが自分とは「違う人間」だからだ。 それでも女王蜂は音を鳴らし歌う。 「あなたのしんどさはわたしたちには理解できない。 でも、わたしたちはあなたをそのまま受け入れる。 だから生きていこう。 わたしのままで。 あなたのままで。 」 女王蜂が多くのファンに支持される理由はアイコン的な存在感や歌唱力、楽曲やライブパフォーマンスの素晴らしさだけではなく、そういったメッセージを真っ直ぐに表現しているからであると感じている。 女王蜂は、次はどんな世界を見せてくれるのだろう。 ひとりのファンとして、今を生きる同じ人間として、新しく目の前に現れるであろう優しい光を、とても待ち遠しく思っている。

次の

女王蜂『火炎』のTHE FIRST TAKEに対する海外の反応「やばすぎっしょ」

女王蜂 ボーカル

どうも、自分の好きなアーティストをダイレクトする企画第二弾です。 今回は女王蜂というアーティストについてやっていきます。 今(2018年春)アニメでやってるじゃないですか、あれのエンディングテーマを女王蜂がやっているんですよね。 それきっかけで女王蜂を気になっている人を見かけるので、そういう人たちに聞いてもらえたらなぁと思います。 マジかっこいいから聞いてくれ。 女王蜂とは 女王蜂は、ボーカルのアヴちゃん、ギターのひばりくん、ベースのやしちゃん、ドラムのルリちゃんの4人で構成されてるロックバンドです。 なんと全員本名、年齢、性別、国籍が不明です。 (誕生日は公開しているらしい。 ) 「いや、お前そんなん言うたって性別は見たらわかるやんw」って思った人へ、次の写真を見ていただきたい。 …わかるかいな。 まあ大体2〜3人まではギリギリわかるけど、1人ほんとに分からねえ…って感じだと思います。 ちなみに4枚目の写真で紹介すると、左からベースのやしちゃん、ボーカルのアヴちゃん、ドラムのルリちゃん、ギターのひばりくんです。 「さっすがに歌声聴けばわかるやろ〜〜〜〜〜」って思った人、 このMVを見てください。 いや分からねえ。 とまぁ、性別、国籍を超越した上で果てしなくかっこいい曲を作るバンドが女王蜂なのです。 女王蜂が作る曲について この人達作曲のセンスが高すぎるんですよ。 ボーカルの音域がくらい広いってのもありますが、一曲一曲で世界観が孤立してます。 そしてくらい広い音域を持ったボーカルの書く曲の守備範囲はくらい広いんです。 先ほど貼ったデスコ、スリラにつづいて追加でリンク貼っときます。 とにかくかっこいい。 それぞれ曲によってMVを通じて曲の世界観を映像としてしっかり表現してるんですよ。 こんな感じでキャッチーでポップで人を躍らせる曲を作るアーティストか〜って思うが、これはまだ女王蜂の一つの一面である。 これから女王蜂というアーティストの本質に少し踏み込めるんではないでしょうか。 もうね、重い。 本当にお前同一人物かよってくらい重いし、さっきと同じ女王蜂か?と疑うレベルです。 一体この人どういう人生過ごしてきたんだろうかって心配したくなるような曲です。 ちなみに売春の映像ですが、2人居るように見えますが歌ってる人同一人物です。 これを全部見てくれたら分かるんですけど、最近のバンドって基本「キャッチーな曲だろ!!!お前ら踊れ!!!!」って感じのハイテンションな曲をつくり、箸休め程度にちょっと落ち着いた曲を作ってアルバムにするってのが主流だと思います。 女王蜂はそんな甘っちょろくないです。 すっごいハイテンションで踊らせた後、突然葬儀が始まるくらいの落差がありすぎる曲を作っては1枚のアルバムにする化け物です。 そんなこんなでくらい広い音域とくらい広い作曲センスを混ぜ合わせた結果銀河くらいの迫力を持った曲ができてると思います。 女王蜂のライブについて バンドと言えばライブですよ。 日頃好きで聞いてる人たちに対して4〜5000円積むだけで生で歌ってる姿をみれ、至近距離で本人たちに会える素晴らしいイベント。 本当に4000円とかいう破格で見ていいんだろうか。 女王蜂のライブ、特徴的なことがいくつかあるんですよ ざっと箇条書すると ・客入れ(ライブ始まるまで会場で待ってる時)BGMの選曲センス ・観客 ・実際に歌われる歌 ・ライブパフォーマンス それぞれ説明します。 客入れBGMについて ライブの客入れBGM、大体流行ってる曲流したり、そのアーティストが好きな曲とかを流されることが多いんですけど、女王蜂は違う。 とか、タッチとか流れてた。 一体ここはいつだ。 観客について 観客って大体バンドTとかツアーT着て首にタオル巻いて、演奏が始まったら腕を突き上げてると思う。 だけど女王蜂は違う。 なぜかチャイナ服来てるお姉さんが20人くらいいる。 そして6割位の観客がジュリ扇持ってきてる。 まあ百聞は一見にしかずと昔の人は言った。 今にも通じる。 この動画を見てくれ。 観客が当たり前のようにジュリ扇を振り回しているんですよ。 ライブ行く度に「ジュリ扇買っとけばよかった〜〜〜〜〜〜〜」って後悔する。 マジで。 みんなライブ行くときはジュリ扇持って行こうな。 ドンキで買うと高いからとかで買うといいらしいぞ。 実際に歌われる歌について さっきの動画を見てもらったら分かるんですけど、一般的なライブだとCD音源からちょっと音外れたり、音が伸びたり程度。 だが女王蜂は違う。 (n度目) まず音程が行ったり来たりが多すぎる上に、CD音源だと高音で歌ってるところを平気で低音で歌ったりする。 しかも、その裁量がすべてステージ上のアヴちゃんが決めている。 つまり、会場が違えばで聞ける歌声の音程も異なるし、本当にこの歌声で歌われる歌はここでしか聞けないという会場ごとのプレミアを存分に出すアーティストです。 ライブパフォーマンスについて あの動画。 実は女王蜂のライブで特徴的なパフォーマンスを詰め込んでいて、あれを見れば女王蜂のライブが一体なんなのかすべてが分いう素晴らしい動画です。 まず、アヴちゃんが毎回毎回どっかで脱ぎます。 んでその脱ぎ方がえっっっっっっっっっっっっっっっっっっっろいの。 ライブ見てるつもりが実はストリップみてるようなもん。 そして前方でジュリ扇を振り回してたら、アヴちゃんに取り上げられて、散々振り回され戻ってくる。 これ、このご時世なかなか見ないパフォーマンスだと思う。 そもそもジュリ扇を振り回すアーティストとか女王蜂くらいしか知らない。 ライブを見に来たつもりが実はディスコにも行ってるようなもん。 総括すると、ロックバンドのライブ見に行ったつもりがストリップ見ながらジュリ扇を振り回すというバブルみたいなライブやってるんですよ。 これが4〜5000円でできる。 破格すぎる。 ストリップだけでいくら取られると思ってんだ。 そして終演後、楽しかった一時は一瞬にして終わって余韻に浸るんですけど、みんながジュリ扇を振り回しすぎてるので、文字通りジュリ扇の羽が抜け散らかっているんですよ。 とかの終演後ってこんなだったんだろうかと、二度と日本人があそこまで浮かれる日が訪れるとは思えない今日このごろに、あの散らかってる羽を見ることはそう出来ないであろう。 これがとにかくエモい。 最後に 後半、話がかなり脱線した気もするが、この普通という枠に絶対収めれないアーティストが女王蜂だ。 実は女王蜂は一度活動を休止していた時期があるが、それ以前の女王蜂は今の女王蜂以上に激しいものである。 音程はめちゃくちゃに変わり、ギターは歪みまくり、ロックの代表例とも言えるだろう。 バンドのMVのくせに楽器を誰一人として演奏しないのも特徴的だ。 そんな女王蜂というバンドに魅了されたなら、是非聞いて欲しい。 追記:スリラのMVのアヴちゃんの足めっちゃエロくないですか dst0m.

次の

【食わず嫌い?】女王蜂にハマらせるおすすめ6曲【ロックバンド】

女王蜂 ボーカル

Contents• 女王蜂メンバーが5人に増えた? 女王蜂メンバーが5人に増えたって本当? 女王蜂メンバーが5人に増えたといううわさはどこから来たのでしょうか? どうも、 ライブ会場での演奏は5人で活動しているようなのです。 2018年11月11日のアヴちゃんのツイートから引用 これは2018年11月11日のライブの日の写真です。 確かにメンバーが5人いますね!! アヴちゃんの横にいる女性は誰なのでしょうか?そしてこの子は女王蜂のメンバーなのでしょうか? ということは女王蜂の正式なメンバーは4人から増えて5人ということになるのでしょうか? 実は、 アヴちゃんの隣に写っている女性は女王蜂の5人目のメンバーではなく、 サポートメンバーということです。 ということで、 女王蜂の正式メンバーは5人に増えたわけではなく4人のままです。 女王蜂メンバーが5人に増えた真実 国内でも評価が高く、ファンも多いロックバンド 『女王蜂』ですが、どんなロックバンドか簡単にまとめてみます。 『女王蜂』は絶望と希望というまるで正反対なものを抱いた強靭な音と、はかなさを醸す歌詞が特徴です。 主に20代から30代の若者に、男女問わず人気のあるグループです。 そして何よりも特徴的なのは、『女王蜂』という不思議なバンド名に負けない個性的なメンバー達です。 メンバーについてはとてもミステリアスで、メンバー全員の本名や、生年、性別、国籍などすべて公式には分っていません。 唯一わかっているのは誕生日だけです。 今までのインタビュー内容などから、 現在のメンバー全員が20代前半ではないかと思われていますが、はっきりしたことは分っていません。 ロックバンド『女王蜂』は、2009年に兵庫県神戸市で結成されました。 当時のメンバーはアヴちゃん、やしちゃん、ルリちゃんの3人でした。 2015年にはサポートメンバーだった ひばりくんが、正式にメンバーとなり現在に至ります。 ひばりくんが正式メンバーとなったように5人目のメンバーも正式メンバーになるかもしれませんが・・・ 現在はあくまで1人はサポートメンバーということで、5人に増えたのではなく、 正式メンバーは4人です。 女王蜂メンバーの性別が気になるプロフィール 女王蜂メンバーアヴちゃん(薔薇園アヴ)のプロフィール 名前:薔薇園アヴ(通称 アヴちゃん) 担当:ボーカル 誕生日:12月25日 性別:女?(男) ボーカルの他に作詞作曲も担当 別バンド「獄門島一家」のボーカルも担当 作詞・作曲を担当する アヴちゃんの気になる性別は基本的には男の子だそうです。 見た目が中性的で、前衛的なファッションを好む彼女?は、表現のカリスマとして「女王蜂」の中心的人物です。 アヴちゃんは日本人とイスラム系黒人のハーフだそうです。 女王蜂メンバーやしちゃん(赤鳥居ヤシ)のプロフィール 名前:赤鳥居ヤシ(通称 やしちゃん) 担当:ベース 誕生日:9月3日 性別:女 ボーカル アヴちゃんの親友 実力派女性ベーシストにしてアヴちゃんと大親友。 高校生のときからのお友達だそうです。 力強い目力と女性も憧れるほどの魅力的な曲線が素敵です。 大好きなものは「魚」で、お魚をさばくことができるとか。 自称『水族館ソムリエ』や自称『温泉ソムリエ』など、いろいろなことに造詣が深いそうです。 女王蜂メンバールリちゃん(虹ヶ峰ルリ)のプロフィール 名前:虹ヶ峰ルリ(通称 ルリちゃん) 担当:ドラム 誕生日:2月7日 性別:女 アヴちゃんの実の妹で、プライベートでもいつも一緒に行動するほどアヴちゃんと姉妹?の仲が良いそうです。 かわいらしい小柄な体格なのに、激しいドラムパフォーマンスを見せる小悪魔的な存在です。 顔立ちは姉妹?でとても似ていますよね?ルリちゃんも女性でも憧れる魅惑的な曲線を持っていらっしゃいます。 女王蜂メンバーひばりくんのプロフィール 名前:不明(通称 ひばりくん) 担当:ギター 誕生日:4月5日 性別:男 「女王蜂」唯一?の男の子。 「バンドに入れてください、どんなことでもするんで!」とひばりくん自ら懇願して、2015年から「女王蜂」のメンバーになったという経歴の持ち主です。 「美形がはいったな(笑)」と、後にアヴちゃんがインタビューで語るほどの美形な男の子です。 端正な顔立ちで、肌が驚くほど白いのです。 その上細マッチョなので、筋肉の写真をインスタにアップすると、ファンから 「マジで白いの?」とか 「塗ってる?」といったコメントがどんどん来ます! スポンサーリンク 女王蜂の5人目メンバーにつて 女王蜂の5人目のメンバーって誰? 調べてみたところ5人目のメンバーとうわさされている人物は 「みーちゃん」だということがわかりました。 また、みーちゃんは 女王蜂専属のキーボードを担当するサポートメンバーだということが判明。 みーちゃんはキーボードだけでなく、曲のアレンジ面でも女王蜂に関わっているようです。 女王蜂と深い関わりがあることは確かですが、 あくまでサポートメンバーとして参加しているということですね。 なので みーちゃん女王蜂の正式メンバーではないということです。 しかし、こうして5人で写真に写っているのを見ると、バンドの一員に見えてしまいますよね。 正式な女王蜂のメンバーだと誤解されてしまうのも無理はありません。 女王蜂の5人目のメンバー?のプロフィール 名前:不明(愛称 みーちゃん) 担当:キーボード 誕生日:4月5日 性別:女 女王蜂のサポートメンバーとして活躍中。 まとめ 今回は 「女王蜂メンバーが5人に増えた?性別が気になるプロフィールを調査!」ということでお伝えしました。 女王蜂のメンバーが5人に増えた?については、 キーボードのサポートメンバーみーちゃんがライブなどで参加しているため、そのようなうわさが流れたのだとわかりました。 また 性別が気になるプロフィールを調査!では ボーカルのアヴちゃんは基本的には男の子だということもわかりました。 でも、外向きは女の子?になっているようです。

次の