きのこ 作り置き。 【みんなが作ってる】 作り置きおかず キノコのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

【みんなが作ってる】 作り置きおかず キノコのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

きのこ 作り置き

作り置きおかずの定番、きのこのマリネ。 フライパンでさっと炒めてからマリネ液に漬けるレシピが一般的ですが、ベチャッと水っぽくなったり、くたっと食感がイマイチだったりと意外に難しい……。 そんな失敗の原因は、きのこの炒め方にあったんです! きのこが汗をかくまで、じっくり焼きつける 「炒める=ジャジャッと常にかき混ぜる、と思い込んでいる人が多いのですが、それは間違い。 とくにきのこを炒めるときは、焼き色がついて表面にきのこの汗(=エキス)が出てくるまで、じっくり待つことが最大のポイントです」と教えてくれたのは、伊勢丹新宿店・フレッシュマーケットの鈴木理繪シェフ。 この炒め方だと、きのこのうまみや香り、シャキシャキした食感がグンとアップして、レンジ加熱や蒸し炒めでは出せない美味しさになるんです! シャキシャキ食感! 「ミックスきのこの炒めマリネ」 レシピ 材料(作りやすい量)• 長ねぎ(斜め薄切り)…1本分• 塩…ひとつまみ• ミニトマト…5~6個• <マリネ液>• めんつゆ(ストレート)…大さじ4• サラダ油…大さじ1 1)きのこは食べやすい大きさにほぐす 舞茸は石づき(=軸の茶色くかたい部分)を薄く削ぎ落とし、小房に分ける。 エリンギは食べやすい大きさに縦に割く。 えのき茸は石づきを切り落とし、小房に分ける。 「舞茸の軸(=白い部分)はいちばん香りがあって味も濃い部分です。 茶色くかたくなっている部分がなければ、すべて食べられます。 きのこは包丁を使わないで手で割くと、香りが出て味がよく入ります。 食感が楽しめるように、大きめにざっくりほぐすといいでしょう」 2)舞茸、エリンギを強火でじっくり焼く。 汗をかくまで触らない! フライパンにサラダ油を入れ、舞茸、エリンギを広げて入れてから強火にかける。 表面に汗が出て、きのこの香りが立ち、焼き色がついたら上下を返す。 「焼き色がついてから、ようやく箸で触るのが大きなポイント! ほどよく余分な水分を出してから、表面をしっかり焼くことで、仕上がりがベチャッとせず、うまみと食感がアップします」 3)えのき茸とねぎを加え、蒸し焼きにして、ボウルに取り出す えのき茸、長ねぎを順に広げて、重ねるようにしてのせる。 ねぎがしんなりしてきたら、塩をふって全体を混ぜてさっと炒める。 ボウルに取り出し、ミニトマトを加えてざっと混ぜる。 「えのき茸は火の通りが早いので、最後に加えます。 長ねぎをのせて蒸し焼きのようにし、触らずにじっくり加熱します。 このタイミングで加える塩は、味付けのためではなく、きのこと長ねぎの余分な水分を出し、うまみを引き出すためです」 4)きのこのうまみが残ったフライパンで、マリネ液を作る マリネ液を作る。 フライパンに酢、麺つゆを加えて火にかけ、フライパンに残ったきのこのうまみをこそげ落としながら、軽く煮立てる。 3のきのこにマリネ液を加えてざっくり混ぜる。 粗熱がとれたら保存容器に移し、冷蔵庫で保存する。 「酸味を弱めたければ、先に酢だけを軽く火にかけて酸味を飛ばすといいでしょう。 マリネ液を作る代わりに市販のポン酢100mlで代用してもOK」 シャキシャキ&コリッ! きのこの個性が見事に共演 食べて驚くのはきのこの食感と香り! 舞茸は濃厚な香りとシャクシャクした歯ごたえ、エリンギは甘い香りとコリコリ食感、えのきはシャキシャキ……。 今まで作っていたマリネは、ベチャッとしてぼんやりした味でしたが、きのこの個性がググッと前面に出ています。 マリネといっても油はたくさん使っていないので、さらりとした仕上がり。 「冷蔵庫で3~4日保存可能です。 オムレツや卵焼き、うどんやそばにのせたり、ハンバーグのつけ合わせにしたり、細かく切って餃子の具にするのもおすすめ。 大人向けには青唐辛子をきざんで加えると、ピリッとしてお酒のつまみにもよく合います」.

次の

【みんなが作ってる】 作り置きおかず キノコのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

きのこ 作り置き

作り置きおかずの定番、きのこのマリネ。 フライパンでさっと炒めてからマリネ液に漬けるレシピが一般的ですが、ベチャッと水っぽくなったり、くたっと食感がイマイチだったりと意外に難しい……。 そんな失敗の原因は、きのこの炒め方にあったんです! きのこが汗をかくまで、じっくり焼きつける 「炒める=ジャジャッと常にかき混ぜる、と思い込んでいる人が多いのですが、それは間違い。 とくにきのこを炒めるときは、焼き色がついて表面にきのこの汗(=エキス)が出てくるまで、じっくり待つことが最大のポイントです」と教えてくれたのは、伊勢丹新宿店・フレッシュマーケットの鈴木理繪シェフ。 この炒め方だと、きのこのうまみや香り、シャキシャキした食感がグンとアップして、レンジ加熱や蒸し炒めでは出せない美味しさになるんです! シャキシャキ食感! 「ミックスきのこの炒めマリネ」 レシピ 材料(作りやすい量)• 長ねぎ(斜め薄切り)…1本分• 塩…ひとつまみ• ミニトマト…5~6個• <マリネ液>• めんつゆ(ストレート)…大さじ4• サラダ油…大さじ1 1)きのこは食べやすい大きさにほぐす 舞茸は石づき(=軸の茶色くかたい部分)を薄く削ぎ落とし、小房に分ける。 エリンギは食べやすい大きさに縦に割く。 えのき茸は石づきを切り落とし、小房に分ける。 「舞茸の軸(=白い部分)はいちばん香りがあって味も濃い部分です。 茶色くかたくなっている部分がなければ、すべて食べられます。 きのこは包丁を使わないで手で割くと、香りが出て味がよく入ります。 食感が楽しめるように、大きめにざっくりほぐすといいでしょう」 2)舞茸、エリンギを強火でじっくり焼く。 汗をかくまで触らない! フライパンにサラダ油を入れ、舞茸、エリンギを広げて入れてから強火にかける。 表面に汗が出て、きのこの香りが立ち、焼き色がついたら上下を返す。 「焼き色がついてから、ようやく箸で触るのが大きなポイント! ほどよく余分な水分を出してから、表面をしっかり焼くことで、仕上がりがベチャッとせず、うまみと食感がアップします」 3)えのき茸とねぎを加え、蒸し焼きにして、ボウルに取り出す えのき茸、長ねぎを順に広げて、重ねるようにしてのせる。 ねぎがしんなりしてきたら、塩をふって全体を混ぜてさっと炒める。 ボウルに取り出し、ミニトマトを加えてざっと混ぜる。 「えのき茸は火の通りが早いので、最後に加えます。 長ねぎをのせて蒸し焼きのようにし、触らずにじっくり加熱します。 このタイミングで加える塩は、味付けのためではなく、きのこと長ねぎの余分な水分を出し、うまみを引き出すためです」 4)きのこのうまみが残ったフライパンで、マリネ液を作る マリネ液を作る。 フライパンに酢、麺つゆを加えて火にかけ、フライパンに残ったきのこのうまみをこそげ落としながら、軽く煮立てる。 3のきのこにマリネ液を加えてざっくり混ぜる。 粗熱がとれたら保存容器に移し、冷蔵庫で保存する。 「酸味を弱めたければ、先に酢だけを軽く火にかけて酸味を飛ばすといいでしょう。 マリネ液を作る代わりに市販のポン酢100mlで代用してもOK」 シャキシャキ&コリッ! きのこの個性が見事に共演 食べて驚くのはきのこの食感と香り! 舞茸は濃厚な香りとシャクシャクした歯ごたえ、エリンギは甘い香りとコリコリ食感、えのきはシャキシャキ……。 今まで作っていたマリネは、ベチャッとしてぼんやりした味でしたが、きのこの個性がググッと前面に出ています。 マリネといっても油はたくさん使っていないので、さらりとした仕上がり。 「冷蔵庫で3~4日保存可能です。 オムレツや卵焼き、うどんやそばにのせたり、ハンバーグのつけ合わせにしたり、細かく切って餃子の具にするのもおすすめ。 大人向けには青唐辛子をきざんで加えると、ピリッとしてお酒のつまみにもよく合います」.

次の

秋の香り!10分でカンタン作り置き「きのこのブレゼ」

きのこ 作り置き

旨味がたっぷりのきのこ、美味しいですよね。 美容と健康のためにも、きのこをたっぷり食べて腸が喜ぶ菌活生活始めてみてはいかがでしょうか。 きのこは菌から育つので、実は菌そのものを食べていることになります。 きのこの魅力はなんといっても低カロリーで栄養があること。 そして年中出回っており価格が安定していることではないでしょうか。 体にも家計にも嬉しいお助け食材ですね。 きのこは100gで約20kcalと、とても低カロリーでシャキシャキとした食感も楽しめるので、食べ応えも十分です。 お弁当で冷めてしまってもしょうがを入れることで味のアクセントになりおいしくいただけます。 アレンジしたらあっという間になくなってしまうはずので、たっぷり作りおきしておきましょ。 アレンジに使う場合は、きのこから出た水分にも旨味があるので一緒に使うようにしましょう。 ・しいたけの石づきはスライスして使うようにしましょう。 いろいろきのこのジンジャーきんぴらをつかってアレンジレシピ〔1〕 雑穀でとろ〜り温まろう 〜豆乳きのこポタージュ〜『きのこをつかった作り置きおかず』 きのこに味が付いているので、材料を入れて攪拌するだけで絶品スープの出来上がり。 豆乳の優しい味わいと、ほのかに香るしょうがで体の芯から温まります。 もちきびの自然なとろみで冷めにくいのもこの時期は嬉しいですね。 スープジャーにいれてお昼に温かく召し上がりましょう。 無い方は入れなくてもおいしくいただけますが、とろみをつけることで全体の味がまとまります。 ・ 雑穀はまとめてゆでておき冷凍保存しておくと、今回のようなスープやサラダに使えて便利です。 いろいろきのこのジンジャーきんぴらをつかってアレンジレシピ〔2〕 きのこの旨味を移して 〜きのこチキングリル〜『きのこをつかった作り置きおかず』 そのままでも十分おかずになるけれど、鶏肉に揉み込んで旨味を移して焼いてしまいましょう。 しょうがのもつタンパク質分解酵素がお肉を柔らかくしてくれます。 前日に仕込んでおけば朝は焼くだけ。 一晩寝かせたらちょっぴり洋風テイストなレストラン弁当の出来上がりです。

次の