クローン 病 コロナ。 クローン病(指定難病96)

クローン病(指定難病96)

クローン 病 コロナ

前回のあらすじ の影響で仕事の在り方が変わってきたのでその事を書いた。 今回は2020年の秋はが騒がしくなると言う事を書きたい。 インフルエンザは型は違えど毎年流行しますね。 2020年初頭はが頑張ったのでインフルエンザはそれほど騒がれなかったです。 インフルエンザの種類ってご存じですか? A型、B型、C型、D型とあるそうです。 A型:ウイルス自体が進化するので抗体が出来ても再度かかる事がある。 人だけでなく動物等も感染する。 が有名ですね。 B型:毎年のように流行するけどA型程変化しない。 C型:A型、B型と比べると感染力は弱く、症状も軽く済む。 変化はしないので一度抗体を持つと長時間効果を持続する。 D型:人には感染しなく動物のみ感染する。 インフルエンザの流行期は12月から3月ですけど、早い人は11月頃からインフルエンザになるとの事です。 でも、今年はも待っているんですよ。 第二波が来ると言っています。 夏場は北半球では取り合えず大人しくなり、南半球で暴れてくる。 南半球で十分力を付けて来るから第二波の時には今よりも進化している可能性もあるとの事。 それでどうなのか? まずはインフルエンザの予防接種はした方が良いらしいです。 何でだと思いますか? これにはちゃんと理由があるのです。 予防接種って何のためにしますか? 感染しないためにしますよね? と言う事はインフルエンザの予防接種をするとインフルエンザに感染しづらくなる。 それなのに、高熱が出て、が出て等々症状が出たら、の可能性が高くなるという事です。 秋までにはワクチンや特効薬が出来るのか疑問らしいのです。 なのでインフルエンザの予防接種をしてインフルエンザになるのは止めましょう。 それでも風邪に似た症状が出たらですよ。 って話になるみたいです。 消去法なので、建設的では無いのが残念ですけどね。 患者等の免疫を下げるのが治療の病気の人は風邪だろうが、インフルエンザだろうが、だろうが何だろうが自体が危険なのですけどね。 免疫力が無い人はどれになっても残念な結果になりますから。 って最近、長いなって思う様になってきました。 秋にはCOVID-19とか言っているのでしょうかね?.

次の

新型コロナで自粛中

クローン 病 コロナ

クローン病の理解に必要な情報 【消化管とは】 私たちは食物を消化し栄養を吸収することで生命を維持するために必要なエネルギーを得ています。 食物を体内に取り込み、消化、吸収し、最終的には不要物を排泄するまでの役割をになう器官が消化器です。 消化器は、胃や腸はもちろん、食物を取り込む口(口腔)や栄養素を貯蔵・加工する肝臓なども消化器に含まれます。 消化器のうち、食物や水分の通り道となる部分が消化管です。 消化管は口腔にはじまり、咽頭、食道、胃、小腸(十二指腸、空腸、回腸)大腸、肛門までを指し、全長は約6mです。 食物はこの消化管を通り消化・吸収されますが、消化吸収されなかった残りかす(不要物)が糞便となり排泄されます。 【消化管の働き】 1)口:食物が口内で咀嚼される間に、唾液と混ざり、唾液中のアミラーゼによりデンプンの消化が始まります。 2)食道、胃、十二指腸:食物は食道を通過し胃に到達すると、一旦胃内に貯留し撹拌され、胃液中のや酸によってタンパク質の消化が始まります。 3)小腸:胃で撹拌された食物は十二指腸に流れ込み、そこで膵液や胆汁と混ざり、さらに各種酵素の消化作用を受けつつ、小腸内を移動していきます。 この移動の間に各種栄養素が吸収されます。 4)大腸:大腸では水と電解質が吸収され、消化吸収されなかったものや老廃物を肛門まで運搬します。 概要 大腸及び小腸の粘膜に慢性のまたは潰瘍をひきおこす原因不明の疾患の総称を腸疾患(Inflammatory Bowel Disease:IBD)といいます。 クローン病も、この炎症性腸疾患のひとつで、1932年にニューヨークのマウントサイナイ病院の内科医クローン先生らによって限局性回腸炎としてはじめて報告された病気です。 クローン病は主として若年者にみられ、口腔にはじまり肛門にいたるまでの消化管のどの部位にも炎症や潰瘍(粘膜が欠損すること)が起こりえますが、小腸と大腸を中心として特に小腸末端部が好発部位です。 非連続性の病変(病変と病変の間に正常部分が存在すること)を特徴とします。 それらの病変により腹痛や下痢、血便、体重減少などが生じます。 原因 クローン病の原因として、遺伝的な要因が関与するという説、結核菌類似の細菌や麻疹ウイルスによる感染症説、食事の中の何らかの成分が腸管粘膜に異常な反応をひきおこしているという説、腸管の微小な血管の血流障害説などが報告されてきましたが、いずれもはっきりと証明されたものはありません。 最近の研究では、なんらかの遺伝的な素因を背景として、食事や腸内細菌に対して腸に潜んでいるリンパ球などの免疫を担当する細胞が過剰に反応して病気の発症、増悪にいたると考えられています。 統計 わが国のクローン病の患者数は特定疾患医療受給者証交付件数でみると1976年には128人でしたが、平成25年度には39,799人となり増加がみられています。 それでも、人口10万人あたり27人程度、米国が200人程度ですので、欧米の約10分の1です。 罹患数 10歳代~20歳代の若年者に好発します。 発症年齢は男性で20~24歳、女性で15~19歳が最も多くみられます。 男性と女性の比は、約2:1と男性に多くみられます。 世界的にみると、先進国に多く北米やヨーロッパで高い発症率を示します。 衛生環境や食生活が大きく影響し、動物性脂肪、タンパク質を多く摂取し、生活水準が高いほどクローン病にかかりやすいと考えられています。 喫煙をする人は喫煙をしない人より発病しやすいと言われています。 遺伝 クローン病は遺伝病ではありません。 しかし、人種や地域によって発症する頻度が異なり、また家系内発症もみとめられることから、遺伝的な因子の関与が考えられています。 クローン病を引き起こす可能性の高い遺伝子がいくつか報告されていますが、現在のところ、単一の遺伝子と関連して発症するのではなく、いくつかの遺伝子と環境因子などが複雑に絡み合って発症していると考えられています。 症状 クローン病の症状は患者さんによってさまざまで、侵される病変部位(小腸型、小腸・大腸型、大腸型)によっても異なります。 その中でも特徴的な症状は腹痛と下痢で、半数以上の患者さんでみられます。 さらに発熱、下血、腹部腫瘤、体重減少、、貧血などの症状もしばしば現れます。 またクローン病は、、などの腸管の合併症や関節炎、虹彩炎、性紅斑、肛門部病変などの腸管外の合併症も多く、これらの有無により様々な症状を呈します。 診断 まず、上記の症状や貧血などの血液検査異常からクローン病が疑われ、画像検査にて特徴的な所見が認められた場合に診断されます。 画像検査としては主に大腸内視鏡検査や小腸造影、内視鏡検査などが行われます。 内視鏡検査や手術の際に同時に採取される検体の病理検査の所見や、肛門病変の所見などが診断に有用な場合もあります。 治療法 クローン病の治療としては、内科治療(栄養療法や薬物療法など)と外科治療があります。 内科治療が主体となることが多いのですが、腸閉塞や穿孔、膿瘍などの合併症には外科治療が必要となります。 【栄養療法・食事療法】 栄養状態の改善だけでなく、腸管の安静と食事からの刺激を取り除くことで腹痛や下痢などの症状の改善と消化管病変の改善が認められます。 栄養療法には経腸栄養と完全中心静脈栄養があります。 経腸栄養療法は、抗原性を示さないアミノ酸を主体として脂肪をほとんど含まない成分栄養剤と少量のタンパク質と脂肪含量がやや多い消化態栄養剤があります。 完全中心静脈栄養は高度な狭窄がある場合、広範囲な小腸病変が存在する場合、経腸栄養療法を行えない場合などに用いられます。 病気の活動性や症状が落ち着いていれば、通常の食事が可能ですが、食事による病態の悪化を避けることが最も重要なことです。 一般的には低脂肪・の食事が奨められていますが、個々の患者さんで病変部位や消化吸収機能が異なっているため、主治医や栄養士と相談しながら自分にあった食品を見つけていくことが大事です。 【内科治療】 症状のある活動期には、主に5-アミノサリチル酸製薬(ペンタサやサラゾピリン)、副腎皮質ステロイドや免疫調節薬(イムランなど)などの内服薬が用いられます。 5-アミノサリチル酸製薬と免疫調節薬は、症状が改善しても、予防のために継続して投与が行われます。 薬物治療ではありませんが、血球成分除去療法が行われることもあります。 【外科治療】 高度の狭窄や穿孔、膿瘍などの合併症に対しては外科治療が行われます。 その際には腸管をできるだけ温存するために、小範囲の切除や狭窄形成術などが行われます。 【内視鏡的治療】 クローン病の合併症のうち、狭窄に対しては、内視鏡的に狭窄部を拡張する治療が行われることもあります。 経過 クローン病のほとんどの患者さんが、一生のうちに一度は、外科手術が必要になると言われてきました。 近年の治療の進歩により、将来は、手術をする患者さんが減ってくる可能性があります。 多くの患者さんで、導入は難しくなくなっていますが、症状が落ち着いていても、病気は進行すると言われています。 治療を継続しつつ、定期的な画像検査などの病気の状態を把握することはきわめて大切です。 日常生活 おなかの調子がよい時期でも食事には注意が必要です。 動物性脂肪はおなかの炎症を悪化することを忘れないことが大切です。 また、おなかの調子が良くても病気が悪化していることもありますから、定期的に内視鏡などの検査を受けることが大切です。

次の

新型コロナウイルス【国内感染者数増加】

クローン 病 コロナ

内容の誤りによって何らかの損害が生じた場合、当方は皆様に対して責任を取ることは出来ませんので、ご了承ください。 医学的内容および薬学的内容につきましては、必ず複数の専門家にご確認をなさってください。 また、医学は日進月歩の分野ですので、投稿から年月が経ってしまいますと記事の内容は古くなり、徐々に正確性が損なわれてきます。 従いまして、各記事をお読みになる際には、最初に必ず投稿の日付をご確認になってください。 また、医学的内容を解説するにあたって「黒人」「白人」「黄色人種」などの分類名称を使用する事がありますが、これは医学分野では疫学的解明においてどうしてもそのようなデータ分類が必要だからであり、決して人種差別的意味合いを含めてのものではありません。 一般的には、この段階が終了した時点で国へ認可を求める申請がされる。 その結果は厚生労働省に報告される。 草はみプロフィール 男。 50歳台。 大阪在住。 大阪生まれで、たこ焼きソースの産湯につかったコテコテの大阪人。 大学生の時に発症。 潰瘍性大腸炎だと診断されたのは発症から9年後。 その間、無治療で苦しむ。 2006年の夏に検査で「抗フソバクテリウム・バリウム抗体」が陽性と出、ATM療法を実施して体調は良好に。 しかし、2008年3月に再燃。 生薬(しょうやく)の青黛(せいたい)を取り寄せて実験的に使用してみて著効がみられ、再び緩解。 2010年1月に再燃。 生薬の板藍根を2週間服用。 7月に寛解。 趣味は水泳など。 座右の銘は「塵も積もれば山となる。 山も砕けば塵となる」。 このブログを人類が潰瘍性大腸炎とクローン病を克服するまで続ける予定。 なお、目標達成後はタイトルを『草はみの雑記帳』に変える予定(笑)。 Welcome! I'll continue to pile up my articles on this blog until we humankind overcome UC and CD. Since Oct. 2005. All Rights Reserved. Copyright by Kusahami. フランスのIBD患者団体であるafaが、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎とクローン病)患者向けに、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対処法に関する簡潔なアドバイスをホームページに掲載していましたので、その概要を皆さんに紹介したいと思います。 疫病に対する防御の国家的方策、IBD治療の標準などが日本とは多少異なります。 日本における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対処法に関しましては、主治医に意見をきいてください。 「Laurent Beaugerie」という名前は、炎症性腸疾患関連の論文の著者欄でたまに目にします。 インタビュー日時は2020年3月17日となっています。 ) パリ市のサン・アントワーヌ病院の消化器科部長、ロラン・ボージュリー教授が質問に答えます。 2 - ほとんどの症例(80%以上)は軽症です。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による死亡率は、以前のコロナウイルス感染症(SARS、MARS)の率よりも低いです。 また、軽症者や無症状者は恐らく実際より少なく報告されていますので、重症者の割合は過大評価されている可能性があります。 3 - (新型コロナウイルス感染)予防の目的で、免疫抑制剤あるいは生物学的製剤による治療をやめる事は推奨できません。 やめても感染のリスクは下がりませんし、クローン病や潰瘍性大腸炎を再燃のリスクにさらします。 慢性炎症性疾患に対する治療のために投与された免疫抑制剤や生物学的製剤が新型コロナウイルスに感染するリスクを増大させるというデータは今のところありません。 慢性炎症性疾患に対する治療のために投与された免疫抑制剤や生物学的製剤が新型コロナウイルス感染症の重症度や期間を増大させるというデータは今のところありません。 (草はみ注:「というデータは今のところありません」とありますので、つまり、今後、常に最新情報を得続ける事が大切ですというニュアンスも含まれているように感じます。 ) 4 - (クローン病と潰瘍性大腸炎の)患者は、病気を診てもらっている消化器科の医師と共に、過去の予防接種記録を見返す事を、機会を逃さずにするべきです。 特にインフルエンザは、現在明らかにリスクがより高いです。 (草はみ注:免疫が関係する病気にかかっている人にとっては、過去に受けた予防接種の記録は重要であるという事を、今回改めて感じました。 何型のインフルエンザに対する予防接種をしたかという記録も大切かも知れません。 また、結核に対する予防接種であるBCGを過去に受けた人は新型コロナウイルスに感染しにくい、または感染しても症状が比較的軽いのではないかという事が医学界で言われていまして、現在盛んな議論がされているようですが、そのような視点からも接種記録は大切かも知れません。 ) 5 - 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)にかかるリスクを低くする最も良い方法は、(ほかの)全てのウイルス感染症に対する毎日の実践と同じです。 アルコールを主成分とした手用の消毒剤または水と石鹸で手を清潔にする、咳またはくしゃみをする時にはティッシュペーパーまたは袖(手のひらではなく)で口と鼻を覆う、インフルエンザや上気道感染症の症状がある人とは近い接触を全て避ける、具合が悪い場合は家に留まる、などです。 (草はみ注:「袖(そで)でおおう」というのは、衣服の肘(ひじ)の内側あたりで口と鼻を覆うという事のようです。 宇宙刑事ギャバンがサイバリアンの上に乗っている時のポーズのような感じでしょうか。 もちろんティッシュペーパーが間に合わない場合の緊急の対処です。 できれば、掛けているマスクを手で押さえながらするほうがいいと思います。 ) 6 - 新型コロナウイルスに感染した、または接触した(クローン病と潰瘍性大腸炎の)患者は、場合に応じて診てもらっている消化器科の医師にすぐに連絡を取って、持っている疾患と行っている治療を考慮に入れて、仕事を休むかどうかを検討すべきです。 (草はみ注:「仕事を休むかどうかを検討すべきです」とあるのは、このインタビューがなされたのが1か月近く前だったからだと思います。 今の時点では、「新型コロナウイルスに感染した、または接触した」場合は「必ず仕事を休むべきである」となると思います。 政府の決定によりますと、該当者は強制的に家に留まらなければならず、もし在宅勤務という解決法を取る事が不可能ならば、仕事を休まなければなりません。 長期の療養が必要な疾患にかかっている患者達が容易に手続きができるように、またこのような外出禁止の状態から助け出すために開業医を動員しなくて済むように、健康保険は3月18日からオンライン申告、declare. ameli. frを、このような新しい分類の被保険者達のために開設しました。 良くできた文だと思います。 (季節流行性ウイルスの幾つかはコロナウイルスに属します)。 中国で確認されたウイルスは新型のコロナウイルスです。 このコロナウイルスが引き起こす疾患は「COVID-19」と命名されました。 gouvernement.

次の