風疹 の 追加 的 対策。 風しんの追加的対策について(医療機関、医師会向けページ)|風しんの追加的対策について|感染症関連情報|医師のみなさまへ|日本医師会

風しんの追加的対策に伴う抗体検査・定期予防接種について

風疹 の 追加 的 対策

更新日:2020年4月1日 風しんの追加的対策に伴う抗体検査と予防接種の実施について 厚生労働省が、風しんに関する追加的対策を示したことを受けて、1962年(昭和37年)4月2日から1979年(昭和54年)4月1日までの間に生まれた男性を対象に、抗体検査と予防接種を実施します。 1 対象者 1962年(昭和37年)4月2日から1979年(昭和54年)4月1日までの間に生まれた男性 2 期間 2019年(平成31年)4月1日 から 2022年(令和4年)3月31日まで(3年間) 3 費用 抗体検査・予防接種ともに無料 4 実施方法 1 対象者の方にはクーポン券をお送りします。 令和2年度のクーポン券発送対象者は1962年(昭和37年)4月2日から1979年(昭和54年)4月1日に生まれた男性です。 ただし、令和元年度に送付したクーポン券を使用した方は発送対象外です。 クーポン券の発送は4月下旬から5月中旬を予定しています。 発行いたします。 (お電話で発行の手続きができます。 ) 2 指定の医療機関または健診等で抗体検査を受けてください。 【持参するもの】 「クーポン券」「健康保険証、運転免許証など住所が確認できるもの」「抗体検査の結果」 5 抗体検査及び予防接種が受けられる医療機関 市内の医療機関 全国の医療機関については、厚生労働省のホームページをご覧ください。 制度に関するQ&Aについても、こちらをご覧ください。 6 令和元年度に送付したクーポン券をお持ちの方へ 令和元年度に送付したクーポン券の有効期限が2021年3月31日に延長されました。 7 お問い合わせ 抗体検査・クーポン券について 福祉健康部 保健所 保健予防課 電話番号:0466-50-3593(直通) ファクス:0466-28-2121 予防接種について 福祉健康部 保健所 健康増進課 電話番号:0466-50-8430(直通) ファクス:0466-28-2121.

次の

風しんの追加的対策業務について

風疹 の 追加 的 対策

群馬県では、麻しん・風しん対策として以下の取組を行っています。 群馬県風しん抗体検査事業 県では、先天性風しん症候群の発生の防止及び風しんのまん延防止のために、平成26年度から風しん抗体検査費用の助成を行っています。 対象者は、県内に住所を有する方で、妊娠を希望する女性とその同居者及び風しんの抗体価が低い妊婦の同居者です。 詳細はをご覧ください。 麻しん・風しん対策会議 「麻しんに関する特定感染症予防指針」(平成19年12月28日付け厚生労働省告示第442号最終改正平成31年)及び「風しんに関する特定感染症予防指針」(平成26年3月28日付け厚生労働省告示第122号最終改正最終改正平成29年)に基づき、群馬県麻しん・風しん対策会議が設置されています。 目的:麻しん及び風しんのまん延防止のために関係機関の連携を強化し、積極的な取り組みを図ることで、県民の健康を守ることを目的とする。 委員:県、市町村、医師会、学校、労働関係の関係者等 所掌事務• 麻しん及び風しんについての正しい知識の普及• 95%以上の定期予防接種率の達成とその維持のための対策• 積極的な感受性者対策及び任意接種の推奨• 麻しん及び風しん発生時の公衆衛生対策の検証• 麻しん及び風しん排除とその維持に向けた活動方針の決定、実施市町村等への支援、評価、提言 令和元年度群馬県麻しん・風しん対策会議 概要 日時:令和元年7月3日(月)19時~20時30分 場所:県庁295会議室 出席者:委員13名、事務局6名 計19名 議事 麻しん及び風しんの発生動向について 麻しん・風しんの特徴、患者報告数の推移、成人男性に対する風しんの追加的対策について、事務局から説明。 小児に対する第1期・第2期定期予防接種の実施状況について 平成30年度における第1期(1歳児)、第2期(小学校就学前1年間に相当する児)の定期予防接種率、市町村における接種率向上の取組について報告。 各機関の取り組み状況 各委員から所属における昨年度の取組と今年度の取組予定について報告。 令和元年度群馬県麻しん・風しん対策会議の取り組み 麻しん・風しん対策会議の所掌事務に沿って、事務局から今年度の取組を提案した。 一部修正の上、以下のとおり取り組むこととした。 第1期・第2期定期予防接種について、95%以上の接種率を維持する。 接種率の低い市町村に対する支援、助言• 第2期未接種者に対する勧奨の強化• 成人男性に対する「風しんの追加的対策」を推進する。 対象者に対する事業周知• 任意接種の啓発を強化する。 医療関係者、児童福祉施設等職員、学校等職員、海外渡航者、公共交通機関、観光業関係者に対する予防啓発• 妊娠希望女性及びその周囲の者に対する風しん任意接種の啓発強化• 平常時から患者発生に備える。 患者発生時は迅速に対応する。 疑い段階からの情報収集• 遺伝子検査による確実な診断• 麻しん患者発生時の感染拡大防止措置の強化(患者行動歴の公表、地域医師会等への迅速な情報提供)• 麻しん・風しんに関する正しい知識を普及する。 外国人労働者受入れ企業に対する予防啓発• 事務局:今年度、優先的にクーポンが発送される世代(昭和47~54年生まれ)の男性は、約10万人いる。 来年度のクーポン券発送対象者を市町村に対して早期に示すよう、厚労省に伝えていただきたい。 来年度当初予算編成のためには、8月には対象者を示していただきたい。 また、実績報告様式を早期に示すよう、併せて厚労省に要望していただきたい。 事務局:市町村が円滑に事業を進められるよう、機会をとらえて厚労省に要望する。 事務局:市町村別の実績は、事業の進捗状況を知る上で重要なデータと考えている。 集計後、県医師会や各市町村と共有したい。 事務局:第1期では、未接種者への勧奨をしていないところが6市町村あった。 このうち、1村は接種率が95%を下回っている。 その他の5市町村は接種率が95%を超えており、1歳になってすぐ接種している児が多いと考えられる。 第2期では、1村1町が未接種者への勧奨をしておらず、接種率95%を下回っている。 ただし、町村内の対象者数が少ないため、1人接種していないだけで接種率が急激に低下することがある。 事務局:第1期は平成30年10月1日時点の1歳児の人口、第2期は平成30年4月1日時点の人口を「対象者数」としている。 また、平成30年4月1日~平成31年3月31日までに接種した者を「接種者数」としている。 転入が多いと接種率が100%を超えることがある。 外国人にも確実に情報が届くように御配慮いただきたい。 事務局:以前は東南アジアや中国などで麻しんが多いと言われていた。 しかし、近年は先進国であっても反ワクチン派コミュニティを発端に流行していることがあるため、注意が必要。 委員:アメリカでは反ワクチン派へのアプローチは進んでいるのか。 事務局:海外の状況は現時点で把握していない。 日本で感染症予防の取組を進めている先生方が、ワクチンの勧奨の仕方について検討している。 良い事例があれば医師会や市町村と共有したい。 今後、新興・再興感染症が発生した際は、麻しん・風しんの取組が活きると思われる。

次の

京都市:風しんの追加的対策(抗体検査・定期予防接種)について

風疹 の 追加 的 対策

クーポン券について 風しんの追加的対策の対象者は、『昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性』となります。 (クーポン券が届くまで1週間程度かかります。 ) 1 電子申込 下記のリンクより、電子申請フォームに必要事項を記入して送信してください。 受付完了後、クーポン券を郵送させていただきます。 費用 無料 抗体検査の受け方 市から送付したクーポン券を持参し、医療機関にて受診票を記入の上、抗体検査を受けてください。 受検後、医療機関から検査結果が記載された書面が交付されますので大切に保管してください。 抗体検査・予防接種実施医療機関一覧について 対象者 接種時において、茨木市に住民登録があり、 風しんの抗体価が低い(HI法8倍以下、EIA法で6. 0未満、その他については次の抗体価基準参照) と判定された昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性 【風しんの第5期の定期接種の対象となる抗体価基準】 測定キット名(製造販売元) 検査方法 抗体価(単位等) 風疹ウイルスHI試薬「生研」 (デンカ生研株式会社) 赤血球凝集抑制法 (HI法) 8倍以下 (希釈倍率) R-HI「生研」 (デンカ生研株式会社) 赤血球凝集抑制法 (HI法) 8倍以下 (希釈倍率) ウイルス抗体EIA「生研」 ルベラ IgG (デンカ生研株式会社) 酵素免疫法 (EIA法) 6. 費用 無料 予防接種の受け方 市から送付したクーポン券、風しんの抗体検査の結果がわかるもの及び本人確認書類(健康保険証・運転免許証など)を医療機関に持参し、医療機関にて予診票を記入し、予防接種を受ける。 風しん第5期予防接種について 接種するワクチンは、麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)のみとなります。 麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)は、麻しんウイルスと風しんウイルスを弱毒化して作られた生ワクチンです。 接種を受けた人の95%以上に感染予防に必要な抗体ができると言われています。 このワクチンを接種後、違う種類のワクチン(インフルエンザ等)を接種する場合は、27日間以上の間隔をあける必要がありますので、ご注意ください。 予防接種は、当日の体調や基礎疾患等で受けれらない可能性があります。 5度以上の発熱がある場合は接種できません。 予防接種を受けた後の注意事項 接種後、発熱や発疹等の副反応が発生するおそれもありますので、接種後24時間は症状の出現に注意し、特に接種後30分程度は医療機関で様子をみるようにし、医師とすぐに連絡がとれるようにしてください。 接種後は接種部位を清潔に保ち、接種当日は激しい運動を避けるようにし、接種部位の異常反応や体調の変化があれば、必ず医師の診察を受けてください。 予防接種により、重篤な健康被害が生じた場合は、予防接種法に基づく救済制度が使用できる場合がありますのでお問い合わせください。 その他 ・医療機関等の窓口では、風しん抗体検査及び風しんの予防接種を受ける際にクーポン券が必要となります。 クーポン券がない場合、無料で受けることができません。 ・茨木市外へ転出された場合には、茨木市のクーポン券は、ご利用いただけません。 転出先の市区町村へ新しいクーポン券の発行を依頼してください。 ・風しんの抗体検査は、事業所健診の機会にクーポン券を提示することで受けられる場合があります。 希望される人は、勤務先の企業(事業所健診)の担当者にお問い合わせください。 ・昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性は、本市が実施しております「大人の風しんワクチン等接種費用助成事業」及び大阪府の「大阪府先天性風しん症候群対策事業(風しん抗体検査)」ではなく、 本市が発行するクーポン券をご使用いただき、風しん抗体検査・予防接種を受けてください。 関連情報 対象者が 茨木市が送付したクーポン券到着前にクーポン券を使用せずに、自費で風しん抗体検査または風しん第5期予防接種を受けた場合は、償還払い制度をご利用いただけます。 〈ご注意ください〉 クーポン券を使用し、無料で風しん抗体検査または風しん第5期予防接種を受けることができた場合は、償還払いの対象外となります。 償還払いの対象者 昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性で、 平成31年2月1日から茨木市が送付したクーポン券到着前までの間にクーポン券を使用せずに自費で風しん抗体検査または風しん第5期予防接種を受けた人 詳しくは、保健医療課(こども健康センター)までお問い合わせください。 予診票の写しがなければ提出不要ですが、必要に応じて医療機関に確認させていただくことがございますので、ご了承ください。 医療機関の皆様へ.

次の