青楼 オペラ 最終 回。 【青楼オペラ】漫画は全巻無料で読める?試し読みでは物足りない|女性まんがbibibi

青楼オペラのネタバレと最終回結末!2巻無料試し読みができる!

青楼 オペラ 最終 回

また、歌舞伎役者の菊之丞は、とある芝居で大当たり。 近江屋も大打撃をうけた棄捐令で、つぶれた店も2つや3つではありませんでしたが、近江屋が仲間を盛り立て、みなの立て直しを図り平穏を取り戻しています。 更に近江屋は代替わりして若旦那だった惣右助が材木問屋松阪屋の遠縁にあたる娘と結婚して店を切り盛りし、毎日のように通っていた吉原からもとんと足が遠のいているのでした。 場所は近江屋の台所 勢いよく戸が開き、血相を変えた惣右助が飛び込んできます。 昔と変わらず頭に血が上りやすい惣右助の気性は大店の主になっても健在です。 内儀は娘と散歩に行ったことを女中に告げられた惣右助は、自分も散歩に行くといって店を後にします。 俺は捜してるワケじゃない・・・ 街中で妻の行方をあちこち聞きまわりながら心の中で言い訳するあたりも、昔と同じです。 そうこうしていると、茶店に座っている妻の後ろ姿を見つけ、声をかけます。 振り向いた妻は、あの朱音ではありませんか。 しかし、二百両の身受け金は当時の近江屋では用意することはできず、松阪屋に借金することは朱音が許しませんでした。 どのようにして朱音は吉原から出ることができたのでしょう。 朱音を見つけた茶屋の前を、女の子を誘拐しようとした男が走って逃げようとしています。 懐に刃物を忍ばせていた男に惣右助も容易に近づけません。 そこへ天秤棒を薙刀代わりにして、男が手にする刃物を打ち落とした朱音を見て「まるで朱姫じゃねぇか」と褒める人々。 朱姫とは歌舞伎役者菊之丞が大当たりした芝居の主人公で、武家の出でありながら不幸が重なり苦界に落ちて親の仇を見つけ出して仇討ちを果たすという話。 なんと、朱音は芝居小屋の太夫元に自分の半生を売り、自分で身受け金を作ったのでした。 このとき、太夫元と朱音の間を熱心に取り持ってくれたのが他でもない菊之丞。 大門を出たあとの朱音は松阪屋の好意でその養女となり、近江屋に嫁ぎました。 今の朱音は曙楼の新造茜でもなく、武家永倉家長女の朱音でもなく、一人の町娘として惣右助と共に生きています。 影になり日向になり朱音を助けてきた利一郎も寺に戻ることなく、近江屋に奉公し朱音を支え続けていました。 では、番付で一番を取った深雪野花魁は誰だったのでしょうか。 何を隠そう、深雪野花魁はあの紫だったのです。 新造だったころから吉原一の花魁になると言っていた紫でしたが、その言葉通りになったのでした。 娘・初音の顔をまじまじと見ながら惣右助が初音は朱音に似ていないと言い出します。 父親似なのでしょうという朱音ですが、納得できない様子の惣右助。 それを見て朱音はハッとします。 子供たちがもう少し大きくなったら遠出がしたい、川越にいきたいという朱音。 川越に何があるのかという惚右助に、姉さんが、とこたえます。 今幸せに暮らしている姿を、姉さんに見せたい朱音。 それを聞いて惣右助も、川越に行こうといってくれます。 太鼓橋の上に立つ三人の頭上には、澄み切った空が広がるのでした。 青楼オペラ最終回 50話 が入った12巻は、U-NEXTで読めますね。 青楼オペラ最終回 50話 が収録されている12巻を無料で読みたい、そんな時におすすめなのが、です! は、 31日間の無料トライアルがあります。 しかも、 600円分のポイントがもらえるんです! この600円分のポイントを使って、U-NEXTで 「青楼オペラ最終回 50話 が収録されている12巻」 が読めるということ。 これなら、お金をかけずに「青楼オペラ最終回 50話 が収録されている12巻」を読むことができますよ! しかも、U-NEXTの31日間無料トライアルは U-NEXT31日間無料トライアル 600円分のポイントプレゼント 見放題対象動画の作品が無料視聴できる 雑誌読み放題サービス(70誌以上の最新号) 31日間無料(日数計算) と、こんなにお得なサービスなんです。 31日間ずっとこのサービスは続きます。 本当に良かったです。 まさか、自分の半生を売り渡し、芝居にすることで身受け金を朱音自身が作るとは。 さすが、不正を嫌い、真面目で潔癖な永倉家の娘です。 最後の最後まで、自分の信念を曲げずに、それでも自分の生きたい道を必死に切り開いてゆく朱音の姿には心打たれます。 全49話、作者の気持ちがぶれることなく、絵も崩れることなく描き続けられた青楼オペラは長編ながら一気読みしたくなる傑作です。 その集大成の最終話は、48話までの一連の流れの中で生じた色々なエピソードを丁寧に拾っていて、作者は真面目な性格の方なのだろうなと思わされます。 消化不良が起きることなく、「いい話を読んだなぁ」と心から思える最終話でした。

次の

「青楼オペラ」12巻最終巻 ネタバレ感想・朱音と惣右助の未来

青楼 オペラ 最終 回

読んで面白かった恋愛少女漫画を紹介しています。 永倉 朱音 ながくら あかね は武家出身の15歳の女の子。 ある夜、両親を何者かに殺されてしまった朱音は、横たわる両親の側で刀を持った血まみれの男がいることに気が付きます。 その男は血のついた服を脱ぎ捨て、腰のあたりに三日月のような形のアザがあり…。 吉原で頂点を極めればその男の情報も得やすくなるはず…と考えた朱音は、自らこの世界へ飛び込んでいきます。 先輩として朱音に仕事を教える役になったのは、朝明野 あさけの という花魁で、女も魂消る美しさと言わんばかりの本当に美しい女性です。 朝明野は朱音の面倒を見るのはお断りと意地悪な発言ばかりしますが、負けん気の強い朱音はつい反論してしまい…朝明野から、外で客引きに成功したら面倒を見てやるとの勝負に応じてしまいます。 客を探し回っていると突然、神社でお参りをしている男に出会い、その男は朱音を見るなり腕を掴み、形相を変えて話しかけます。 そんな男になぜか気に入られてしまった朱音。 お金の力で吉原から自分を買われそうになりますが…吉原のしきたりに違反をしようとする近江屋惣右助に朝明野は、朱音の馴染み客になってから足を洗わせてやれば良いと提案します。 朝明野の妹分となり吉原にて過ごすようになった朱音ですが、子供の頃から笑う事が苦手でさっそくつまづきます。 同じ妹分である紫 ゆかり は、男でなくても心を掴まれてしまう程の笑顔が武器の女の子。 笑顔だけでなく心まで優しい…と思われる紫に支えられる日々の朱音。 朱音の運命と揺れ動く心…!近江屋惣右助の正体は? そんなある日、吉原に朱音が婚約していた誠二郎 せいじろう が現れ、朱音を連れて帰ろうとしますが、そこへ近江屋惣右助まで現れ大騒ぎに…。 吉原にいる自分を、1番見られたくない相手に見られてしまった朱音は深い悲しみに落ちそうになりますが、誠二郎への想いに蓋をして、女郎になりきり誠二郎を追い帰します。 そんな一部始終を見ていた朝明野は、朱音の心を察し優しい嘘をついて朱音が涙を流せる場所を作ってあげます。 誰もいない押入れの中でひっそりと涙する朱音…。 突然、ふすまが開くとそこに現れたのは、かつて朱音の家に仕えていた利一郎 りいちろう でした。 朱音を吉原から連れて帰ろうと、吉原へ潜り込み下働きとして働いていた利一郎。 またまたイケメンの登場ですねw 朱音が幼き頃からずっと側にいて、からかいながらも優しい兄のような存在であった利一郎は朱音の固い意志に負け、側で働き続けながら見守ると宣言します。 ここで少し、朱音がどうして吉原に来たのかが少し過去が見えますね。 朱音と利一郎の関係に気づいた近江屋惣右助は、利一郎と内密に話をします。 利一郎に心の内を見透かされた近江屋惣右助は、朱音と利一郎との関係は秘密にしておく事、そして朱音を陰で助けていくと断言しますが、交換条件として利一郎にある頼みごとをします。 このシーンをみている限り、やはり近江屋惣右助は絶対に、朱音の味方ですね。 近江屋惣右助は常に乱暴で冷たい言葉ばかり投げかけますが、自分をめぐり囲碁の真剣勝負をしたり、お金をかけ素晴らしい着物を用意してくれたり…朱音のほうも、次第に彼がどんな人物なのか知りたくなっていくのです。 しかし朱音は、武家が嫌いで有名な近江屋惣右助は、やはり自分が武家娘であった為に貶めたいだけなのではないか…と悲しみにくれます。 朱音の運命のお披露目の日。 その道中、きれいに着飾った朱音の帯に何者かが刃物を入れたと思われる裂け目があり、帯が壊れ始めてしまいます。 たくさんの人が冷やかしはじめますが、笑う事が苦手なはずの朱音は負けじと笑顔をつくり、その強く美しい姿に人々は魅了されていく…。 帯が限界に達したその時、近江屋惣右助が現れ朱音の為に作った素晴らしい仕掛けをそっと肩にかけてくれ…またもや彼の矛盾する行動に心が揺れ動いてしまいます。 そんな朱音の姿を見つめ、何やら企む謎の男…。 朱音の帯に刃物を入れたのは、まさかの紫なのか?! そして、近江屋惣右助が利一郎に頼んだ事とは…?! 最終話までまだまだ連載中ですが、ここから先どんどん利一郎や、惣右助との関係は密接になっていくラブストーリー。

次の

青楼オペラ 全巻一覧 ネタバレ 最新話

青楼 オペラ 最終 回

スポンサーリンク 青楼オペラ48話のネタバレ まるで夢のような 火鉢に角がはいってひと月余り…もうすぐ師走ーーーー…外では雪も降っていた。 姉さんたちは火鉢にあたりながら、「昨日の客がしつこかった」「あんたに間夫はどうしてんだい」「客がつくだけ重畳 重畳」など談笑する。 それを少し離れたところで聞きながら朱音は、若旦那…惣右助が自分の間夫になるような真似なんてするはずもないわね…と辛そうに目を瞑る。 なんという鮮烈な日々だったんだろう それこそ 一本の芝居を観ていたようだわ しかしどうしようもないことはお互いわかっている…『終わり』なのだ、と朱音は自分に言い聞かせるのだった。 そして朱音に水揚げの話が出る。 水揚げの話を聞いた朱音はなんだか気分が悪かったーーーー…というか近頃あかねが胸が悪く、朝餉を残すことも度々あった。 こんな体たらくでやっていけるのかーーー…朱音に不安が募る。 いつかまた惣右助と会える…客としてきてくれるーーーー… そう思って待っていなければ耐えられない…そんな気が朱音はしていた。 近江屋の景気が戻った後なら叶わないかしら…捨て置けなんて自分で言っておいて身勝手すぎる…けどそう思わずにはいられなかったのだーーーー…。 朱音の身体 「茜ちゃんちょいと」 思いつめた様子の朱音に声をかけたのは紫ーーー…朱音を外へ連れ出し、利一郎と合流する。 「どういうこと…?」と、戸惑う朱音に紫は切り出す。 「腹にやや子がいるんじゃないかえ?」 近頃の朱音が、前に見世にいた姉さんがしくじったときとよく似ている…と紫は気づいたのだ。 朱音には心あたりがあったーーーーそれは惣右助との子どもーーーー…本当にあの人の子どもが自分のお腹に…と、朱音は何とも言えない嬉しい気持ちになった。 「まずいことになったわいな」 しかし紫と利一郎は表情は困り顔ーーー…それは振新が子を産めるはずがないからだ。 紫の知るしくじった姉さんは、曙楼と比べようもない小見世に替えさせられ…結局 年季明けを待たずに投げ込み寺行きだった。 「悪いことは言いんせん 流すんじゃ」 紫の言葉を受け、朱音は利一郎の顔も見るーーー…が、利一郎も「無念ですが」と紫の意見に賛成だった。 紫と利一郎は中条流に相談しようと話し始める…が、朱音はお腹の子を失うのは嫌だと叫ぶ。 「では 吉原を抜けますか」 それなら従うと利一郎は話した。 紫は「阿呆が2人もおる」と鼻で笑い、自分らしくもないことして損したとその場を去ろうとする。 そんな紫に朱音は「ありがとう」と伝える。 それは紫が親切で言ってくれていたことが伝わっていたからだ。 朱音は、惣右助と体を重ねた日… 今後惣右助と会えなくなっても、生きていける支えが欲しいと願ったーーーー…それが今 叶ったのなら、またあのときと同じ道を選ぶ…と朱音は考えた。 朱音は利一郎に、使いに立つようにお願いをするのだったーーー…。 お願い 「200両 ですか…」 真木村先生は振新1人の身請代の高さに驚いた声を出す。 今後朱音が稼いだであろう分も入っているから、見世としてはふっかけもするだろうと先生は話す。 朱音は利一郎を使いに出して、親戚筋の家に自分を受け出してくれるように頼んだ、と先生に話す。 ただ永倉の分家であるその家はさほど家禄が高くなく、親元請けだから半額になるとはいえ少し厳しい。 さらに自分は厄介になっている身でありながら、勝手に飛び出して来てしまった故に無理ももうせない状況ーーーー…なので朱音は先生に助けを求めるのだった。 それは新見の殿や三橋様に、お力添えを願いたいということ。 しかしそうなれば朱音はまた武家娘に戻るーーーー… 惣右助の顔を見ることも叶わなくなるのだ。 少し悲しそうな表情をするが、なにも答えない朱音。 先生は惣右助が朱音のお腹の子のことを知っていのかを尋ねる。 「知りません 知らせるつもりもありません」 もとより、家の再興が叶った時にはこうなるはずだったのだから…朱音はそう話した…それはまるで自分に言い聞かせているようにーーーー…。 この手で 朱音は夜、神社にお参りにやってくる。 朱音の耳には今でも残っているものがあるーーー…それは惣右助の闊達な笑い声。 この先二度と会えなくても、どうかあの人が幸せにーーー…誰かと笑いあっていますようにーーーーー… なんて心にもないのにーーーーー…朱音が涙を流すと、後ろから人がやってきた。 朱音が振り返るとそこにはーーー…、 「また暗ェ道を一人歩きしやがって…」 惣右助がいた。 偶然…ではなく、朱音に会える機会を狙って見世を窺っていたのだ。 ようやく顔が見られた…と惣右助は朱音の顔を触ろうとする…が、朱音はその手をはじく。 「別れる気などさらさらねェってことは この前 芝居小屋で伝えたつもりだが…」 こんなになっても、まだ 惣右助が諦めていない…それは朱音にとってすごく嬉しいことだった。 しかし身請け金の200両を、松坂屋殿に借りる約束なのだと惣右助は話す。 そんなことをしたら近江屋はどうなる…朱音は自分のためにそんな…と惣右助の願い出を頑なに拒否する。 しかしそんなことは惣右助は御構い無しーーーー…むしろ怒っていた。 「なんだって そう容易く 俺の手を離すんだ…!!」 惣右助は朱音と出会ってこうなって、苦しい思いも随分したが一度だって不幸に思ったことなんてなかった。 朱音と一緒になれるのなら、世間を敵に回そうが、それは不幸じゃないーーー…なんでそれがわからないんだ…、と惣右助は辛そうな表情で朱音を抱きしめる。 わかって いたのに この人は 私のいないところで 幸せにはなれない 朱音は泣きながら、わかっていたけど認めなくなかったことを受け止めようとするーーーー…。 もう誰かに願って幸せにしようなんて思わない… 惣右助を幸せにしたい 私に この手で 朱音はそう決意し、惣右助に口づけをする。 しかし口づけを交わしたあと、朱音は吐き気をもよおしそっぽを向く。 自分との接吻が嫌だったのか…とショックを受ける惣右助だったが、朱音の様子で自分の子を身篭っていることに気づく。 言葉にならないよろこびで溢れかえる惣右助は、今すぐにでも金を工面して朱音を身請けしようとするーーーー…が、朱音に引き止められる。 「じゃあどうしようってンだよ!」 そう振り返ると、朱音はさっきとは打って変わって何か強い瞳で惣右助を見つめる。 自分たちの新たな物語を始めるために、諦めないーーーー…朱音の覚悟はいかにーーーー…。 素直に嬉しいですよね、こんなに恋い焦がれている相手の子供がお腹の中にいるって。 しかしそんな簡単な話ではないですよね…。 なんたってここは吉原ですもの…。 始めてしったのですが…この時代にも中絶するような医者がいるんですね…。 それを先生や殿の力を借りて…など朱音は切りぬけよう…としますが、やはり朱音を救うのも、そして惣右助を救うのもお互いでなければいけないですよね。 それが最後、朱音がしっかり解り覚悟を決めるのシーンはとてもよかったです。 最後の決意のこもった朱音の表情も素敵でした。 はたして、2人の結末はどうなるのかーーーーー…。

次の