エグザイル 愛 の ため に。 EXILE / 愛のために ~for love, for a child~ (Music Video)

EXILE

エグザイル 愛 の ため に

「愛される女になった感想は?」 「わかりません」私はいった。 「正直、モテるモテないって、どうでもいいなって。 そう思います。 なんていうか、仕事も楽しいし。 休日も充実してる」 「その通り。 モテる女ってのは、なにも男に食事を奢らせて、週末はデートで埋まってる女のことじゃない。 モテるなんて人生のなかで、大したことじゃないっていえる女のことをいうの」 「そうかも。 前は、ずっとこのまま孤独なのかなとか、私なんかに恋愛は無理だって気持ちもあったけど、そんな不安はなくなりました」 「それで、まわりの男に愛されはじめた女が、わざわざ報告って?」 「ええ」私はとなりで笑みを浮かべる女性をみた。 彼女との時間は、まさに人生を変える、めくるめく魔法の旅だった。 「たったひとりの人をみつけました」 彼女と出会うまで、私は、いわゆるモテない女の一人だった。 いや、そんなこと認めようともしなかった。 気軽に男性を誘うこともできず、受け身でいることを、女の子らしいと言い訳していた。 そして流行の雑誌を読んで、流行のファッションをして、流行のグルメの列にならんだ。 一年前、この町で彼女と出会った。 彼女に教わった 〝恋愛認知学〟の数々は、この私をあっというまに別の人生に招待してくれた。 何人もの男性に愛をささやかれ、憧れの目をむけられるのは、こんなにも満たされることだと知らなかった。 私は大勢から愛される術を身につけて、たった一人から愛される幸せを学んだ。 だから、もう私には必要なくなった、この経験が、かわりに誰かの役にたてばいいのにと思う。 付き合って四年のヒロミツは温泉旅行で、露天につかって、宿の夕食のあと「俺、東京に転勤になった」とビールに口をつけた。 それを聞いたとき、私は、ついに30歳にして結婚を申しこまれたのだと思った。 けれど実際に彼の口からでた言葉は「だから、もう付き合えないかも」だった。 「忙しくなるし」だとか「お互い年齢もあるから」だとか、なんだかんだとヒロミツは理由をいった。 私は脂っこい宝石みたいな、お刺身の上に、お箸を浮かせて「ようするに捨てるってことでしょ」という言葉を飲みこんだ。 その夜、布団にもぐりこんでこようとするヒロミツに背中をむけながら、なんで明日も観光しなきゃいけないこのタイミングでいうんだろう、そういう無神経なところが嫌いだったのにと泣いた。 四年と二ヶ月ぶりに、三十代で、恋愛に取り組むはめになった。 まず何年も「私には彼氏がいるから」と胡座をかいているまに、恋人の作り方がわからなくなっていた。 どこで、いい歳した女は彼氏をみつけるのだろう? そう考えると京都という街は広くて冷たかった。 毎朝通勤で乗る京阪電車のなかでも、職場近くの三条駅の地下道でも、休日に河原町通りを歩くだけでもステキな男性はいる。 なのに、彼らと知り合う術はなかった。 二月に一度くらい、合コンに呼ばれることもあった。 そんな日は朝から気分がよかった。 この美術品販売会社の営業総務の平社員に、たまった書類を一気に押しつけてくる上司や、取引先の壁に車をぶつけた同僚の男子にもやさしくなれた。 でも大抵、気になった男性は、みんな自分以外のものだった。 そんな夜は、とぼとぼ三条大橋の上から、鴨川のほとりに等間隔に腰かけては愛をささやく男女たちの群れをみて、さみしさで一杯になった。 この寒さだというのにカモップルめが、と叫びたくなった。 次に盛りあがる席のすみでニコニコしていた自分が恥ずかしくなった。 なにかあるかもと髪や服装に気をつかったぶんだけ余計みじめだった。 飲み会のあと、たまには男性からLINEがくることもあった。 しかし一通目で返事がなくなれば、一日一通、夜にやる気ない返信があって、いつのまにか既読スルーで終わることもあった。 むこうから連絡して、どうして男は無視するのだろうと、そのつどスマホをにらんだ。 ある日、いいなと思っていた、オクムラさんから、LINEがきた。 商工会議所の職員だった。 合コンでは口数も少なかったけれど、よくいる男子のように自慢話もなかった。 細身なのに「たまに自転車で琵琶湖を一周するんです。 考えごとも整理できるし」という話が印象的だった。 ほかの女性陣は興味なさそうで、その話題はそこまでだったけれど、私は、彼がどんなことを考えるのか知りたかった。 次の水曜日、高瀬川沿いのイタリアンに誘われたときは、もう告白されたような気分だった。 お店で、私が上手く話せずにいると「僕も緊張してるから大丈夫です」とフォローしてくれた。 そのとき、私の頭のなかに北白川通りの教会のベルが鳴った。 なのに、なぜLINEよ、こない? 二月の上旬。 私は職場のパソコンに伝票を打ちながら、なにげなく机の影においたスマホをのぞいた。 返信はなかった。 『昨日はごちそうさまでした! 御馳走してもらったイタリアンすごく美味しかったです(絵文字)(絵文字) 緊張して、うまく話せませんでしたが、お会いできてうれしかったです(絵文字) こんど私も自転車に乗ってみたいなって思いました(絵文字)(絵文字) 来週からの出張でお忙しいと思いますが、ぜひぜひ、また誘ってください!』 その下についた〝既読〟を何度にらんだだろう。 この歳で、ふられた女に温かいのはトイレの便座くらいだった。 厳しい風にコートをひきしめて、とたんに酔っ払いたくなった。 目についた建物の二階、アイリッシュパブ〝HUB〟の扉をあけた。 めずらしく客は少なかった。 ビールを買った。 テーブルの上にスマホをおいた。 壁のモニターに、外国のサッカーの試合を映していた。 一人の選手がみごとにゴールを決めたのをみて「恋愛もこれくらい単純だったらいいのに」と思った。 また手癖でスマホをとった。 Facebook をみると、地元の友人が、二人目の子供の出産報告をしていた。 そもそも一人目がいたのも知らなかったのに。 そのキラキラした写真に耐えられなかったので、いいねも押さず画面をふせた。 大きく息をついた。 これからも、ずっと一人なのかもしれない。 鞄からビーチミントをだして、その粒をがりっと噛んだ。 いや、そうだ。 一人で海外旅行にいくのはどうだろう。 人生のペースなんてそれぞれだ。 恋人なんかいなくても生きていけるし、正直、しばらく恋愛をしないのもいいかも。 そのとき、店内に、二人組の男がやってきた。 なぜ気になったかというと、どちらも高身長イケメンだったから。 年下だろう。 そんな気分でなくともつい目がいってしまう。 悲しい女の性だ。 イケメンコンビは、ドリンクができるのを待つあいだ周囲をみわたした。 どの席に声をかけるか物色しているのがわかった。 私は直感的に、まんなかのテーブルで買い物袋をひろげている、二十代前半くらいの女子たちのところにいくだろうと思った。 事実、彼らは、その方向に歩きはじめた。 しかし数秒後、そのテーブルの横をとおりすぎた。 その足で、吸い寄せられるようにむかったのは壁際の席だった。 その席の主に「すいません」と声をかける。 目を疑った。 そこにいたのは、可愛い子でも美人でもなかったから。 ずんぐり体型、ブラックスーツ、立てたシャツの襟。 ワンカールした黒髪ボブ、赤い唇、濃い眉とアイメイク。 まさにアメリカ映画のキャリアウーマンという雰囲気だった。 どんな魔法を使ったというのだろう? 数分すると、彼女は、ようやく左右にイケメンを座らせた。 彼女が発言するたびに彼らは大げさに笑った。 途中、彼女はグラスからサクランボをつまんで、長い爪で、ひとりの男の口にくわえさせた。 私はいけないものでもみるようにドキドキした。 その男はうれしそうにしていたし、もらえなかった方はうらやましそうにしていたから。 やがて男の方からスマホをだして、連絡先を交換したがるのがみえた。 彼女は、この三十分ほどで人生のプレミアムチケットである、イケメンの連絡先を二つゲットしたことになる。 二人組は壁の時計をみると、なごりおしそうに外に消えた。 私は自分と彼女のグラスが空になっていることに気づいた。 その瞬間、財布と鞄を手に、バーカウンターにむかった。 自分でも理由はわからなかった。 「エレガント・ルージュ」 勇気をだして、購入したビールと、そのサクランボ入りのレッドカクテルを手に壁際の席にむかった。 彼女は、なにか私の知らない人生の秘密を知っているようにみえた。 私は、どんとテーブルにグラスを二つおいた。 すると彼女は、おどろきもせずに私をみあげた。 その海外風の濃いメイクは微動だにしなかった。 けれど、不思議と拒まれている気もしなかった。 むしろ、さきほどのイケメン二人組のように、私も彼女の魔法に吸いよせられただけで、すべて彼女の計画通りなのではと感じた。 次に私の口をついたのは、なんともなさけない言葉だった。 この歳になって、あっさり彼氏にふられた。 合コンも上手くいかない。 どうにかデートできた男性からはLINEの返信もない。 そんなありさまだった。 でも、だからこそ、だれにもいえなかった、とうに大人の年齢になった女の叫びだった。 「私、さみしいんです。 この歳になって、どうしたら愛されるかもわからないんです」 その女は微笑むと、脚の長いカクテルグラスから、サクランボをつまんだ。 「とにかく黙って座りなさい。 』の小説化・漫画化が決定しました。 作品化を盛り上げていくべく、バックナンバーを1日2話、12時15分、22時に1話ずつ『DRESS』トップページに再掲します。

次の

わたしは愛される実験をはじめた。第1話「黙って座りなさい、モテる女にしてあげるから」

エグザイル 愛 の ため に

ただ・・・愛しくて・・・涙も枯れて キミの居ない世界をさまよう。 忘れたくない・・・キミの香りをまだ 抱き締め眠る夜がAh~孤独にさせる・・・。 19枚目のシングルで、EXILE第1章(ヴォーカルがATSUSHI&SHUN)の時の曲です。 作詞はSHUNちゃん。 EXILEを代表する名バラードの1つで、切なさあふれる失恋ソング。 もう涙が出ないぐらい泣いたのに、どうしても愛しい人の香り、愛しい人がいた世界を求めてしまう・・・そんな自分に気づき愛していた人を失った孤独を感じる・・・そんな毎日の繰り返し。 失恋した曲の中の男性の気持ちがストレートに伝わってくる曲です。 第2位. 「We Will 〜あの場所で〜」 J-Pop ¥250 provided courtesy of iTunes 発売日:2003年2月5日 収録アルバム:「Styles Of Beyond」「PERFECT BEST」 作詞:SHUN いつでも側にいる 海の様な広い心で 君だけ守りたくて 今日まで歩いてきた 3位でご紹介した「ただ…逢いたくて」と同じくEXILE第1章の時の曲で、7枚目のシングルです。 「EXILE BALLAD BEST」と「EXTREME BEST」に第2章バージョンが収録されています。 好きな女性に捧げるラブソング。 今日まで生きてきたのは君を守るため・・・なんて男性に言って(思って)もらえたら、もう・・・嬉しくて涙、涙、涙ですよね。 しかも「海の様な広い心」で受け止めてくれるなんて・・広い心を持った男性、というかこの曲に出てくる男性が素敵! 大切な人がいる人は「まさしく自分たちはこんな関係」とか「こんな関係になろうね」なんていう気持ちになると思いますし、フリーの人は、「こんな人に出逢いたいな」と思うこと間違いなしのラブソングです! 第1位. 「運命のヒト」 J-Pop ¥250 provided courtesy of iTunes 発売日:2004年5月12日 収録アルバム:シングル「Carry On/運命のヒト」「PERFECT BEST」 作詞:ATSUSHI 君以外の 他の誰かをまだ 好きになれずにいる こわれそうで 今は 別々の道だけど 僕はすべてをうけとめる 14枚目のシングル。 この曲もEXILE第1章の曲で、EXILE名義のオリジナルアルバムには収録されていません(ベストアルバムには収録有り)。 「EXILE BALLAD BEST」と「EXTREME BEST」には第2章バージョンが収録されています。 ・・・なんだか3曲とも第1章の曲になってしまいましたが、第2章以降が嫌というわけではないですよ 笑 そのぐらい第1章に名曲が多いということです。 ・・・別に第2章以降に名曲が少ないなんて思っているわけではないですよ、本当に 笑 こちらの曲、「運命のヒト」というタイトルからラブソングだと思いませんか? 正反対の悲しい失恋ソングです。 失恋した相手の人のことが好きすぎて他の人を好きになれない・・・こんな経験した人は男女問わずたくさんいるのではないでしょうか。 好きな人を忘れられず今でも想っている、いまさらだけどいつかこの気持ちを伝えたい・・・でもそんな資格は自分にない、そんな思いで苦しんでいる・・・そんな切なくて悲しい失恋ソングは歌詞の内容に共感する人も多いと思います。 ファンの間でもかなり人気の高い曲です! またひとつ強くなれた時は またひとつ弱さを認めた時 キリンビバレッジ「大人のキリンレモン」のCMソングだったので、もしかしたら耳にしたことがある方もいるかもしれません。 この歌詞逆に考えると「弱さを認めることは強くなること」というふうに捉えられます。 夢や目標に向かっていると壁にぶつかるときありますよね? 自分が情けなくて、自分って何もできないんだな・・・なんて思ったり、諦めそうになったりときに、「弱くてダメな自分を認めて受け入れられる、それはつまり強くなったこと」なんて言われたらなんだか心が軽くなると思うんです! 私は実際に、自分に自信が持てなくて、なかなか前向きになれなかったときに、毎朝通勤時に聴いていました。 アップテンポですごく爽やかな曲調に、この背中を押してくれる歌詞が重たい足を毎朝会社へと運んでくれていました 笑 その繰り返しで何度もこの曲を聴いていると、いつの間にか「今のダメな自分に気づくことが大事なんだ」っていう気持ちになって、気づくと1歩踏み出せていた、なんて経験があります。 ぜひ同じような気持ちでいる人には聴いてみてほしい1曲です! 第2位. 「Everything」 遠回りしてもいい 近道しても結局 最後には大丈夫 大事なもの見えるよ 今新しいドアを開けて また一歩 歩き出すよ いつになっても悩みは消えないけど 生きてることで すべてはOKさ! これまでグループを支えてきたヴォーカルのSHUNちゃんが脱退して、新メンバーのヴォーカルTAKAHIROくん、パフォーマーAKIRAさんが加わった第2章スタートのシングルでもあります。 自分の進んでいる道が思うように進めなかったり、遠回りしているような気がして落ち込んだりするときもあるけど、どんな道だって歩いていけば最後は自分にとって大事なものを見つけられるんだから大丈夫だよ、というような曲です。 そもそも「生きていればすべてOK!」なんです!!! 新しい1歩を踏み出す人に向けた曲ですが、私たちは日々過ごすことで常に1歩1歩進んでいるわけなので、日々の生活の中で悩んだり落ち込んだりしたときにぜひ聴いてほしい曲です! 悩んでいるときってなかなか明るい曲を聴く気になれなかったりもしますが、この曲は心に響いて救われますよ! 2位の曲に続き、突然環境が変わってどうしたらいいのかわからなくて落ち込んでいたときに、この曲の「生きてることで すべてはOKさ!」というフレーズが耳に入ってきて、すごく救われたのを覚えています。 運転中だったので泣くのは我慢しましたけれど 笑 第1位. 「道」 道、君と歩いた今日まで かすかに 動くくちびる 特別な時間をありがとう 「心」「勇気」「友」「笑顔」 嬉しすぎて 溢れ出した 涙が とまらない この曲はEXILEを代表する曲として、また「卒業ソング」として多くの方が知っている曲だと思います。 ATSUSHIさんとTAKAHIROくんの優しい声が心に響く壮大で温かいバラード。 これから広がる新しい未来への希望、新しい道を歩き出す不安な気持ち、ともに過ごした大切な友達への感謝や別れからくる寂しさ、という学生の「卒業」に対するちょっと複雑な気持ちも感じてなんだかちょっぴり切なくなったりもしますが、大切な友達、その友達と過ごせた時間や思い出に感謝して未来へ歩き出す前向きな曲です。 「学生なんて何年前だ!?」なんていう方でも、この歌詞と自分の学生時代を思い出してみてください。 思わず目頭がジーンと熱くなるのは私だけではないと思います。 誰もが皆 願いを今 手に手をとりあい 生きてゆく この命が 遥か遠く この風に乗り いつの日か 誰かのために・・・ 花咲く 東日本大震災があった後に、自分がなにかしら力になれないかというTAKAHIROくんの気持ちと、彼自身がこうでありたいという気持ちが込められた歌詞。 ピアノの音から始まるきれいで静かで「和」の雰囲気も感じる曲です。 歌詞と同じく、メロディもどこか強さがあって心に訴えかけるものがあります。 「この生命がある限り精一杯生きて誰かのためになりたい」「当たり前だと思っていたことを失ったときに、大切なことに気づく」、というような「命」や「生きること」に対するメッセージを強く感じる曲。 詞を書くイメージがあまりないTAKAHIROくんが「こんな歌詞を書くんだ」という発見にもなるのでぜひ聴いてみてください! 本当に素敵な曲です。 第2位. 「愛すべき未来へ」 笑顔を持つことが 僕らの喜びだと信じて 誰もが幸せであることを 願いたいから ハイチ大地震復興支援チャリティソング。 配信限定シングルとして発売され売上は日本赤十字社に全額寄付されました。 この曲はATSUSHIさん、TAKAHIROくん、NESMITH、SHOKICHIの4人で歌っています。 「生まれた場所さえ 違う僕らも 同じひとつの命」という歌詞もあり、この世界中に生きている人はみんな同じ人間、1人1人が笑顔でいられれば世界中が幸せになる、というような壮大な愛を綴った歌詞。 曲も歌詞と同じく壮大で、喜びや平和を感じます。 聴いていると幸せな気持ちになって、笑顔があふれる世界を願わずにいられなくなる曲です。 ここまでEXILEの好きな歌詞を「Love」「Dream」「Happiness」編に分けてご紹介してきましたが、この3つのテーマの集大成のような、まさにEXILEを象徴する曲があるのでご紹介します! この場所であなたと出会えた感動 この時代に一緒に生まれた奇跡 全ての人たちへ このLove,Dream & Happiness 僕たちのつないだ笑顔が 未来へと続いていく みんなのやさしさが 世界中をつなぐ 愛になりますように All our love 歌詞をちょっと変なところで区切って紹介しています 笑 「ASIA」というアルバムにも収録されているのですが、そちらは「EXILES(EXILEやEXILEに関連したアーティストの集まり)」名義になっていて、参加しているメンバーも違っています。 歌詞そのものは脱退したヴォーカルのSHUNちゃんに向けて作られていますが、LIVEのアンコールでも歌われることも多く、まさに「Love」「Dream」「Happiness」を掲げたEXILEを始めとするグループたちを象徴する曲。 優しさを持って笑顔で生きていくことが、世界中の人たちをつなぐ愛になりそれが自分たちの未来になる。 同じ時代に生きて出会えたことは奇跡なのだから、みんなで愛と夢、そして幸せがあふれる世界を作っていこうというような、とても大きな愛を歌った曲です。 歌は「EXILE」「COLOR」「 二代目 J Soul Brothers」「Love」「Dream」各グループのヴォーカルがパートごとに参加していて、ラストは子供たちのコーラスも入っています。 とにかく「Love」「Dream」「Happiness」が詰まった、優しくて愛にあふれた曲です。 ランキングまとめ それでは、EXILEの心に響く歌詞ランキングの結果です! まとめ 【Love編】 1位. 運命のヒト 2位. We Will 〜あの場所で〜 3位. ただ…逢いたくて 【Dream編】 1位. 道 2位Everything 3位. Miracle 【Happiness編】 1位. One Wish 2位. 愛すべき未来へ 3位. メンバーみんなが「愛」「夢」「幸せ」を持って活動しているEXILEだからこそ、歌詞1つ1つに説得力があり聴いている人の心に強いメッセージを届けるのだと思います。 今回3つのテーマに分けてご紹介させていただいたので、これからEXILEの曲を聴いてみようかな・・・と思っている方は、「今の気持ちに近いこの曲を聴いてみようかな」なんていうような曲選びの参考にしてみてくださいね!• 運命のヒト• ただ…逢いたくて• Lovers Again• ki・mi・ni・mu・chu• We Will 〜あの場所で〜• もっと強く• Ti Amo• Your eyes only 〜曖昧なぼくの輪郭〜• Turn Back Time feat. FANTASTICS• My Star• song for you• 愛すべき未来へ• Pure• NEW HORIZON• VICTORY• 時の描片• Heavenly White• ふたつの唇• I Wish For You• Carry On• 優しい光• Someday• ライジングサン• 愛のために 〜for love, for a child〜• Angel• together• Dream Catcher• I believe• 君がいるから• 時の欠片〜トキノカケラ〜• あなたへ• 青い龍• No Limit• BOW & ARROWS• Choo Choo TRAIN• 掌の砂• Flower song• Bloom• SUPER SHINE• Melody• OneLOVE• One Wish• change my mind• Over• 愛のために ~for love,for a child~• STEP UP• kissyou• Everything• EXIT• Distance• awakening• theRevolution• yeah yeah yeah• Giver• あの空の星のように• 幾度でも繰り返されるゲーム• summer time love• 空から落ちてきたJazz• はんざーどあっぷ• shootingstar• まーくん• All night long•

次の

EXILEの楽曲一覧

エグザイル 愛 の ため に

ただ・・・愛しくて・・・涙も枯れて キミの居ない世界をさまよう。 忘れたくない・・・キミの香りをまだ 抱き締め眠る夜がAh~孤独にさせる・・・。 19枚目のシングルで、EXILE第1章(ヴォーカルがATSUSHI&SHUN)の時の曲です。 作詞はSHUNちゃん。 EXILEを代表する名バラードの1つで、切なさあふれる失恋ソング。 もう涙が出ないぐらい泣いたのに、どうしても愛しい人の香り、愛しい人がいた世界を求めてしまう・・・そんな自分に気づき愛していた人を失った孤独を感じる・・・そんな毎日の繰り返し。 失恋した曲の中の男性の気持ちがストレートに伝わってくる曲です。 第2位. 「We Will 〜あの場所で〜」 J-Pop ¥250 provided courtesy of iTunes 発売日:2003年2月5日 収録アルバム:「Styles Of Beyond」「PERFECT BEST」 作詞:SHUN いつでも側にいる 海の様な広い心で 君だけ守りたくて 今日まで歩いてきた 3位でご紹介した「ただ…逢いたくて」と同じくEXILE第1章の時の曲で、7枚目のシングルです。 「EXILE BALLAD BEST」と「EXTREME BEST」に第2章バージョンが収録されています。 好きな女性に捧げるラブソング。 今日まで生きてきたのは君を守るため・・・なんて男性に言って(思って)もらえたら、もう・・・嬉しくて涙、涙、涙ですよね。 しかも「海の様な広い心」で受け止めてくれるなんて・・広い心を持った男性、というかこの曲に出てくる男性が素敵! 大切な人がいる人は「まさしく自分たちはこんな関係」とか「こんな関係になろうね」なんていう気持ちになると思いますし、フリーの人は、「こんな人に出逢いたいな」と思うこと間違いなしのラブソングです! 第1位. 「運命のヒト」 J-Pop ¥250 provided courtesy of iTunes 発売日:2004年5月12日 収録アルバム:シングル「Carry On/運命のヒト」「PERFECT BEST」 作詞:ATSUSHI 君以外の 他の誰かをまだ 好きになれずにいる こわれそうで 今は 別々の道だけど 僕はすべてをうけとめる 14枚目のシングル。 この曲もEXILE第1章の曲で、EXILE名義のオリジナルアルバムには収録されていません(ベストアルバムには収録有り)。 「EXILE BALLAD BEST」と「EXTREME BEST」には第2章バージョンが収録されています。 ・・・なんだか3曲とも第1章の曲になってしまいましたが、第2章以降が嫌というわけではないですよ 笑 そのぐらい第1章に名曲が多いということです。 ・・・別に第2章以降に名曲が少ないなんて思っているわけではないですよ、本当に 笑 こちらの曲、「運命のヒト」というタイトルからラブソングだと思いませんか? 正反対の悲しい失恋ソングです。 失恋した相手の人のことが好きすぎて他の人を好きになれない・・・こんな経験した人は男女問わずたくさんいるのではないでしょうか。 好きな人を忘れられず今でも想っている、いまさらだけどいつかこの気持ちを伝えたい・・・でもそんな資格は自分にない、そんな思いで苦しんでいる・・・そんな切なくて悲しい失恋ソングは歌詞の内容に共感する人も多いと思います。 ファンの間でもかなり人気の高い曲です! またひとつ強くなれた時は またひとつ弱さを認めた時 キリンビバレッジ「大人のキリンレモン」のCMソングだったので、もしかしたら耳にしたことがある方もいるかもしれません。 この歌詞逆に考えると「弱さを認めることは強くなること」というふうに捉えられます。 夢や目標に向かっていると壁にぶつかるときありますよね? 自分が情けなくて、自分って何もできないんだな・・・なんて思ったり、諦めそうになったりときに、「弱くてダメな自分を認めて受け入れられる、それはつまり強くなったこと」なんて言われたらなんだか心が軽くなると思うんです! 私は実際に、自分に自信が持てなくて、なかなか前向きになれなかったときに、毎朝通勤時に聴いていました。 アップテンポですごく爽やかな曲調に、この背中を押してくれる歌詞が重たい足を毎朝会社へと運んでくれていました 笑 その繰り返しで何度もこの曲を聴いていると、いつの間にか「今のダメな自分に気づくことが大事なんだ」っていう気持ちになって、気づくと1歩踏み出せていた、なんて経験があります。 ぜひ同じような気持ちでいる人には聴いてみてほしい1曲です! 第2位. 「Everything」 遠回りしてもいい 近道しても結局 最後には大丈夫 大事なもの見えるよ 今新しいドアを開けて また一歩 歩き出すよ いつになっても悩みは消えないけど 生きてることで すべてはOKさ! これまでグループを支えてきたヴォーカルのSHUNちゃんが脱退して、新メンバーのヴォーカルTAKAHIROくん、パフォーマーAKIRAさんが加わった第2章スタートのシングルでもあります。 自分の進んでいる道が思うように進めなかったり、遠回りしているような気がして落ち込んだりするときもあるけど、どんな道だって歩いていけば最後は自分にとって大事なものを見つけられるんだから大丈夫だよ、というような曲です。 そもそも「生きていればすべてOK!」なんです!!! 新しい1歩を踏み出す人に向けた曲ですが、私たちは日々過ごすことで常に1歩1歩進んでいるわけなので、日々の生活の中で悩んだり落ち込んだりしたときにぜひ聴いてほしい曲です! 悩んでいるときってなかなか明るい曲を聴く気になれなかったりもしますが、この曲は心に響いて救われますよ! 2位の曲に続き、突然環境が変わってどうしたらいいのかわからなくて落ち込んでいたときに、この曲の「生きてることで すべてはOKさ!」というフレーズが耳に入ってきて、すごく救われたのを覚えています。 運転中だったので泣くのは我慢しましたけれど 笑 第1位. 「道」 道、君と歩いた今日まで かすかに 動くくちびる 特別な時間をありがとう 「心」「勇気」「友」「笑顔」 嬉しすぎて 溢れ出した 涙が とまらない この曲はEXILEを代表する曲として、また「卒業ソング」として多くの方が知っている曲だと思います。 ATSUSHIさんとTAKAHIROくんの優しい声が心に響く壮大で温かいバラード。 これから広がる新しい未来への希望、新しい道を歩き出す不安な気持ち、ともに過ごした大切な友達への感謝や別れからくる寂しさ、という学生の「卒業」に対するちょっと複雑な気持ちも感じてなんだかちょっぴり切なくなったりもしますが、大切な友達、その友達と過ごせた時間や思い出に感謝して未来へ歩き出す前向きな曲です。 「学生なんて何年前だ!?」なんていう方でも、この歌詞と自分の学生時代を思い出してみてください。 思わず目頭がジーンと熱くなるのは私だけではないと思います。 誰もが皆 願いを今 手に手をとりあい 生きてゆく この命が 遥か遠く この風に乗り いつの日か 誰かのために・・・ 花咲く 東日本大震災があった後に、自分がなにかしら力になれないかというTAKAHIROくんの気持ちと、彼自身がこうでありたいという気持ちが込められた歌詞。 ピアノの音から始まるきれいで静かで「和」の雰囲気も感じる曲です。 歌詞と同じく、メロディもどこか強さがあって心に訴えかけるものがあります。 「この生命がある限り精一杯生きて誰かのためになりたい」「当たり前だと思っていたことを失ったときに、大切なことに気づく」、というような「命」や「生きること」に対するメッセージを強く感じる曲。 詞を書くイメージがあまりないTAKAHIROくんが「こんな歌詞を書くんだ」という発見にもなるのでぜひ聴いてみてください! 本当に素敵な曲です。 第2位. 「愛すべき未来へ」 笑顔を持つことが 僕らの喜びだと信じて 誰もが幸せであることを 願いたいから ハイチ大地震復興支援チャリティソング。 配信限定シングルとして発売され売上は日本赤十字社に全額寄付されました。 この曲はATSUSHIさん、TAKAHIROくん、NESMITH、SHOKICHIの4人で歌っています。 「生まれた場所さえ 違う僕らも 同じひとつの命」という歌詞もあり、この世界中に生きている人はみんな同じ人間、1人1人が笑顔でいられれば世界中が幸せになる、というような壮大な愛を綴った歌詞。 曲も歌詞と同じく壮大で、喜びや平和を感じます。 聴いていると幸せな気持ちになって、笑顔があふれる世界を願わずにいられなくなる曲です。 ここまでEXILEの好きな歌詞を「Love」「Dream」「Happiness」編に分けてご紹介してきましたが、この3つのテーマの集大成のような、まさにEXILEを象徴する曲があるのでご紹介します! この場所であなたと出会えた感動 この時代に一緒に生まれた奇跡 全ての人たちへ このLove,Dream & Happiness 僕たちのつないだ笑顔が 未来へと続いていく みんなのやさしさが 世界中をつなぐ 愛になりますように All our love 歌詞をちょっと変なところで区切って紹介しています 笑 「ASIA」というアルバムにも収録されているのですが、そちらは「EXILES(EXILEやEXILEに関連したアーティストの集まり)」名義になっていて、参加しているメンバーも違っています。 歌詞そのものは脱退したヴォーカルのSHUNちゃんに向けて作られていますが、LIVEのアンコールでも歌われることも多く、まさに「Love」「Dream」「Happiness」を掲げたEXILEを始めとするグループたちを象徴する曲。 優しさを持って笑顔で生きていくことが、世界中の人たちをつなぐ愛になりそれが自分たちの未来になる。 同じ時代に生きて出会えたことは奇跡なのだから、みんなで愛と夢、そして幸せがあふれる世界を作っていこうというような、とても大きな愛を歌った曲です。 歌は「EXILE」「COLOR」「 二代目 J Soul Brothers」「Love」「Dream」各グループのヴォーカルがパートごとに参加していて、ラストは子供たちのコーラスも入っています。 とにかく「Love」「Dream」「Happiness」が詰まった、優しくて愛にあふれた曲です。 ランキングまとめ それでは、EXILEの心に響く歌詞ランキングの結果です! まとめ 【Love編】 1位. 運命のヒト 2位. We Will 〜あの場所で〜 3位. ただ…逢いたくて 【Dream編】 1位. 道 2位Everything 3位. Miracle 【Happiness編】 1位. One Wish 2位. 愛すべき未来へ 3位. メンバーみんなが「愛」「夢」「幸せ」を持って活動しているEXILEだからこそ、歌詞1つ1つに説得力があり聴いている人の心に強いメッセージを届けるのだと思います。 今回3つのテーマに分けてご紹介させていただいたので、これからEXILEの曲を聴いてみようかな・・・と思っている方は、「今の気持ちに近いこの曲を聴いてみようかな」なんていうような曲選びの参考にしてみてくださいね!• 運命のヒト• ただ…逢いたくて• Lovers Again• ki・mi・ni・mu・chu• We Will 〜あの場所で〜• もっと強く• Ti Amo• Your eyes only 〜曖昧なぼくの輪郭〜• Turn Back Time feat. FANTASTICS• My Star• song for you• 愛すべき未来へ• Pure• NEW HORIZON• VICTORY• 時の描片• Heavenly White• ふたつの唇• I Wish For You• Carry On• 優しい光• Someday• ライジングサン• 愛のために 〜for love, for a child〜• Angel• together• Dream Catcher• I believe• 君がいるから• 時の欠片〜トキノカケラ〜• あなたへ• 青い龍• No Limit• BOW & ARROWS• Choo Choo TRAIN• 掌の砂• Flower song• Bloom• SUPER SHINE• Melody• OneLOVE• One Wish• change my mind• Over• 愛のために ~for love,for a child~• STEP UP• kissyou• Everything• EXIT• Distance• awakening• theRevolution• yeah yeah yeah• Giver• あの空の星のように• 幾度でも繰り返されるゲーム• summer time love• 空から落ちてきたJazz• はんざーどあっぷ• shootingstar• まーくん• All night long•

次の