鹿児島 弁 を しゃべる 猫。 特別定額給付金の申請書が未だに来ない!もっとスピード出そうよ

特別定額給付金の申請書が未だに来ない!もっとスピード出そうよ

鹿児島 弁 を しゃべる 猫

youtube. 今回は、後半が難しい! 鹿児島発!コロナ注意喚起の話題動画に私も大賛成😀心から感謝しています。 全国の方々にも伝わるように、日本語(標準語)に完全翻訳させていただきました。 * 『鹿児島弁の字幕』も付けています。 YouTubeの日本語字幕モード(動画をタップ。 1番右上の、点が3つ縦に・・・と並んでるところを押して)をONにすれば出てきます! 標準語字幕と比べると、鹿児島弁の難しさに改めて気づかされます。 また、歴史的なことが出るので、鹿児島の人でも間違った翻訳をしやすいです。 少し解説します。 鹿児島独自の伝統教育です。 地域の先輩が後輩(6歳〜)を教育するシステム。 薩英戦争後、イギリスは、当時14歳の東郷平八郎(日露戦争では世界最強のバルチック艦隊を撃破)を含む鹿児島の青年たちの大活躍に驚きました。 その秘密をこの郷中教育にみて、自国に持ち帰りボーイスカウトをつくりました。 郷中教育では、剣術(示現流)や学問(陽明学)、ライフハックなどなど全て学びました。 わずかな兵で家康の本陣めがけて敵中突破(島津の退き口)を敢行し、軍神として慕われる島津義弘公。 その祖父、島津忠良公(日新斉)が完成させた、薩摩武士、薩摩隼人の士道教育の精神的支柱といわれる47首の歌です。 郷中教育で暗唱しました。 鹿児島人は屁理屈を嫌います。 超実践主義の源となる歌です。 実践、実行することがもっとも大切である。 これも超実践主義。 「泣くのか?翔ぶのか?泣くより翔んでしまえ!」 (泣いてる暇があったら、やってみろ!)という意味。 徳川幕府は鎖国制度を敷きましたが、薩摩藩はさらに厳しい国境管理で、「2重鎖国」と言われるほどの警備をしました。 厳しい見張りで、徳川方の密偵はことごとく捕縛されています。 鹿児島市在住。 両親共働きで、幼少期から祖父母に預けられ育つ。 生粋の鹿児島弁(薩摩弁)の飛び交う中で、自然と鹿児島弁マスターに。 高校生の頃には、ほぼ大正時代生まれネイティブレベルまで上達。 日本語と鹿児島語のバイリンガルとなる。 現在、大好きな鹿児島で、鹿児島弁の研究を続けながら、鹿児島方言を守り伝える。 YouTubeチャンネルには、翻訳や話者でボランティア協力、参加中。 鹿児島弁の保存と普及を願う。

次の

「外出自粛解除だけど動物たちのぼやきが止まらない。」nobutaCGのブログ | Mazda3と物見遊山

鹿児島 弁 を しゃべる 猫

自分の地域は未だに特別定額給付金申請書が届かず 特別定額給付金の申請をオンラインで受け付け開始されたのが、5月1日からで5月中旬からは順次給付金の支払い開始となっているみたいですが、即座にオンライン申請した知人曰く、「まだ振り込まれてないよ!」との事。 そりゃそうですね。 役所のHPを見たらオンライン申請した人への支給は、現段階で約1,600件程度。 何のためのオンライン申請なのか分かりません。 たぶん役所の方でも一生懸命頑張っているのでしょうが(それが仕事なので当たり前ですが)、他の市区町村と比べて危機感が無いのか遅すぎますね。 今日、ニュースでみた記事の中で、を採用してくれれば、手間も省けて処理も早くなるかと。 対象人数が多いから処理が遅くなるのは分からなくもないですが、自分の実家がある地域は約60万人と自分の住んでいる地域の約倍の人口で、既に申請書は届き5日から支給が順次開始されるみたいです。 1世帯当たり2枚なので、もうマスクがいたるところで購入する事が出来るようになった今、郵送する事自体も止めて無駄なお金を使わないようにして貰いたいところ。 ただこれも、必要無いタイミングで届くのでしょう。 一生懸命配達する配達員さんには悪いけど。 実家のある地域では、5月中旬には使い捨てマスクも配布され、独自に事業継続支援金を給付する策も5月上旬から申請を受け付けて、順次支給を開始しているみたいです。 しかし、自分の住んでいる地域では世帯に対してマスク配布等も無く、独自に事業継続支援金を給付申請も6月上旬からと。 こんなにスピード感の無い地域なら、実家の地域へふるさと納税しようかと考え中。 他の地域と比べて危機感を持って欲しい 市区町村によって多少の早い遅いの違いがあるのは分かりますが、あまりにも遅いのは危機感の差だと思います。 年金や国民健康保険料は、口座引き落としになっているので、その口座に振り込んでくれればいいのに。 我が家の特別定額給付金は、いつになったら支給されるのでしょうか。

次の

カゴンマ弁をしゃべる猫

鹿児島 弁 を しゃべる 猫

youtube. 鹿児島弁ネコからの新しいメッセージですね。 今回は、後半が難しい! 鹿児島発!コロナ注意喚起の話題動画に私も大賛成😀心から感謝しています。 * 『鹿児島弁の字幕』も付けています。 YouTubeの日本語字幕モード(動画をタップ。 1番右上の、点が3つ縦に・・・と並んでるところを押して)をONにすれば出てきます! 標準語字幕と比べると、鹿児島弁の難しさに改めて気づかされます。 また、歴史的なことが出るので、鹿児島の人でも間違った翻訳をしやすいです。 少し解説します。 鹿児島独自の伝統教育です。 地域の先輩が後輩(6歳〜)を教育するシステム。 薩英戦争後、イギリスは、当時14歳の東郷平八郎(日露戦争では世界最強のバルチック艦隊を撃破)を含む鹿児島の青年たちの大活躍に驚きました。 その秘密をこの郷中教育にみて、自国に持ち帰りボーイスカウトをつくりました。 郷中教育では、剣術(示現流)や学問(陽明学)、ライフハックなどなど全て学びました。 わずかな兵で家康の本陣めがけて敵中突破(島津の退き口)を敢行し、軍神として慕われる島津義弘公。 その祖父、島津忠良公(日新斉)が完成させた、薩摩武士、薩摩隼人の士道教育の精神的支柱といわれる47首の歌です。 郷中教育で暗唱しました。 鹿児島人は屁理屈を嫌います。 超実践主義の源となる歌です。 実践、実行することがもっとも大切である。 これも超実践主義。 「泣くのか?翔ぶのか?泣くより翔んでしまえ!」 (泣いてる暇があったら、やってみろ!)という意味。 徳川幕府は鎖国制度を敷きましたが、薩摩藩はさらに厳しい国境管理で、「2重鎖国」と言われるほどの警備をしました。 厳しい見張りで、徳川方の密偵はことごとく捕縛されています。 鹿児島市在住。 両親共働きで、幼少期から祖父母に預けられ育つ。 生粋の鹿児島弁(薩摩弁)の飛び交う中で、自然と鹿児島弁マスターに。 高校生の頃には、ほぼ大正時代生まれネイティブレベルまで上達。 日本語と鹿児島語のバイリンガルとなる。 現在、大好きな鹿児島で、鹿児島弁の研究を続けながら、鹿児島方言を守り伝える。 YouTubeチャンネルには、翻訳や話者でボランティア協力、参加中。 鹿児島弁の保存と普及を願う。

次の