ギャラドス種族値。 【ポケモン剣盾】ギャラドスの育成論と弱点・対策まとめ【自信過剰物理アタッカー型】

【ポケモン剣盾】ギャラドスの育成論と対策【ソードシールド】

ギャラドス種族値

図鑑説明 、 ひじょうに きょうぼうな せいかく。 くちからだす は すべてのものを やきつくす。 、、 めったに すがたを あらわさないが ひとたび あばれだすと おおきな としが かいめつする ときもある。 やばんで はかいてきな せいかく。 おおむかし まちを やきた きろくがある きょうふの。 、 むかし いくさに なるたびに ギャラドスが あらわれ あちこちを ひのうみに していったと いう。 、 いちど すがたを あらわすと まわりを すべて やきつくさないと いかりが しずまらない という。 よのなかで あらそいが おおくなると どこからともなく あらわれて あたりを やけのはらに していく。 、 から ギャラドスに しんかする とき のいぼうの こうぞうが くみかわる ために せいかくが きょうぼうに なると いわれている。 、 いちど あばれはじめると すべてを もやさないと きょうぼうな ちが おさまらなく なってしまう。 ひとつき あばれつづけた きろくが のこる。 にんげんが あらそいを はじめると あらわれて しゃくねつの ほのおで すべてを やきつくす。 ひじょうに きょうぼうな。 ひとたび すがたを あらわすと のやまの すべてを やきつくすまで いかりが しずまらない。 、 あらそいの った むらを やきたという きろくが こもんじょに のこされている。 、、 いちど あばれだした ギャラドスは が ふきすさんでいようとも どんなものでも やきてしまう。 通常 ギャラドスを らせた あるまちは ひとばんの うちに やきつくされ あとかたも なくなったと いわれる。 メガギャラドス が のうにも さよう。 すべてを やきつくす はかいの ほんのうしか のこっていない。 通常 ギャラドスが あらわれる ばしょは はかいされる さだめに あると ている ひとも いる。 メガギャラドス からだの わきの ふんしゃこう から みずを ふきだし すいめんへ とぶ。 そのは を こえるぞ。 通常 を はきまくり あたり いちめんを やきつくす。 はかいのかみと よぶ ちほうもある。 メガギャラドス で からだに ふたんが かかっている。 で いっそう きょうぼうに あばれまわるのだ。 ムーン 通常 しんか が のいぼうを つよく しげきした けっか とても きょうぼうな せいかくに へんかした。 メガギャラドス の そくどで すいちゅうから とびだす。 まきこまれれば おおきな ふ まっぷたつに へしおれるぞ。 が20になるとする。 はったも多いと思われる。 実際だったが一気に6. 5mになるのだから間違いなくさせたもはると思われる。 が「」であることからか、が追加され、が等倍、が4倍になった。 にはいギャラドスが出てくるがある。 以前からのの大半は初のはなのではなかろうか。 初代では特攻も級にあり、技の範囲も広く、実質合計0相当と、何気にとんでもないだった。 とはいえ当時のはがしく、4倍、等倍のギャラドスはお呼びではなかった。 ニンテンドウ99にも出場できなかったので、再評価の機会も与えられなかった。 第代では念願の一致技「(ひこう)」を習得。 くさ・むし・の地位向上に伴い役割を持てる相手も増えたが、とくしゅ分化による特攻大幅のが大きく、不足もあり対して活躍できなかった。 第3世代で優秀「いかく」の獲得と「のまい」「」習得によってかなり始まった感がある。 「」「ちょうはつ」といった補助技習得もここから。 序盤でを入手できる為、させておけば中役に立つ。 また、でありながら当時は技の一致(ひこう)でなどのくさポケを狩れる存在だった。 第4世代で特殊の判定が技ごとになりは実質没収されたものの、待望のみず技を獲得。 その他、相性補と威に優れた「」習得に「ちょうはつ」の強化も加わり、攻守に優れた強ポケへと成長を遂げた。 一方有用なひこう技がくなったために、だったが敵へと逆転した。 一応ひこう技としては「とび」があるが、実用性は怪しい所。 第5世代ゅうのまいやーフと相性の良い「かじょう」を獲得。 元の「いかく」が優秀なだけに、のある裏択として機する。 その他の使い勝手はほぼ変わらないが、周囲の強化に合わせて少し落ち着いた印。 第代ではできるの1体となり、がに、が「かたやぶり」に変わる。 なぜにならなかった。 「のまい」を1回しておくと、対戦でもの(振り)を「」の一撃で葬る事ができる。 すると基本的にがため、なるべくめにさせるがよく見られるが、ギャラドスの場合はが変化する事で相性による耐性が大きく変わるので、戦況をしする最善のを見極めるのも重要かもしれない。 第4世代では、それを逆手に取ってでんき技で繰り出すとのが有名だった。 また、特防はわりと高いのでソクノ持ちだと一致でも結構耐える。 前であるの孵化歩数が非常に短い点、また遺伝技がくても(そもそもには遺伝技がいのだが)上記の通り技のが豊富かつ、やにもている点から厳選にはお勧めの一匹であると言える。 町を焼き尽くす悪性を持つにもかかわらず、 のほぼ全域で凄い釣で釣ることができる。 の手持ちに入ってることが多い。 (初代、、)• 稼ぎのために多くの個体がされている(後述)。 でもからさせることが出来るのだが、何と 必要なアメの数が0。 捕まえたときに3個+交換で1個得られるので、素体となるを含めて 匹捕まえなければならないことになる(もちろんから孵ったときにはアメはかなりの数もらえるし、開催時にアメが増量されることもあるので、その分短縮は可)。 ではが捨てたがした。 「」を放ち達をアオプへと吹っ飛ばす。 「」でも登場した。 に飼われていたがし巨体になってしまう。 あまりの迫に、今まで暴れていたもひるんでしまった。 ギャラボム 番にいるタツオさんのギャラドスをしまくる第4世代の代表的な稼ぎのこと。 用意するもの• 育てる1匹• だいばくはつが使える45匹(標的のがギャラドスを2匹使うので4匹推奨か)• サーチャー やり方• 育てるをに出す• 持ちに交代• だいばくはつ こうすることでギャラドスのがすべて育てるにいく。 は産のが一番てっとりい。 育てるのに少々時間がかかるがを使えるもオススメ。 タツオさんのギャラドスはのまいを使ってくるが攻撃技はとのみなので大した脅威ではない。 なおタツオさんのにいるおゃまのヒコは(だと)を持っているので攻撃稼ぎの名所でもある。 関連動画 関連商品 関連静画 関連項目•

次の

【ポケモン剣盾】ギャラドスの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

ギャラドス種族値

いいつりざお• ノモセだいしつげん エリア1 DP• ノモセだいしつげん エリア2 DP• ノモセだいしつげん エリア3 DP• ノモセだいしつげん エリア4 DP• ノモセだいしつげん エリア6 DP• すごいつりざお• どこでも釣れる• サファリゾーン 検証不足あり• なみのり• いかりのみずうみ• いいつりざお• いかりのみずうみ• シロガネやまどうくつ 1F• セキチクシティ• すごいつりざお• いかりのみずうみ• ふたごじま B4F• シロガネやまどうくつ 1F• セキチクシティ• ハナダのどうくつ 1F• ハナダのどうくつ 2F• など 主な入手方法• 進化で入手• 1 あばれる ノーマル 物理 90 100 20 2〜3ターン連続で攻撃し、その後自分は『こんらん』状態になる。 23 りゅうのいかり ドラゴン 特殊 - 100 10 40の固定ダメージを与える。 26 にらみつける ノーマル 変化 - 100 30 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 相手がわざ『そらをとぶ』『とびはねる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 35 アクアテール みず 物理 90 90 10 通常攻撃。 38 あまごい みず 変化 - - 5 5ターンの間、天気を『あめ』にする。 41 ハイドロポンプ みず 特殊 120 80 5 通常攻撃。 44 りゅうのまい ドラゴン 変化 - - 20 自分の『こうげき』『すばやさ』ランクを1段階ずつ上げる。 47 はかいこうせん ノーマル 特殊 150 90 5 使用した次のターンは行動できない。 05 ほえる ノーマル 変化 - 100 20 必ず後攻になる。 野生のポケモンとの戦闘を終了する。 トレーナー戦の場合はポケモンを強制的に交換させる。 06 どくどく どく 変化 - 85 10 相手を『もうどく』状態にする。 07 あられ こおり 変化 - - 10 5ターンの間、天気を『あられ』にする。 10 めざめるパワー ノーマル 特殊 - 100 15 自分の個体値によって『タイプ』と威力が変わる。 12 ちょうはつ あく 変化 - 100 20 2〜4ターンの間、相手は攻撃『わざ』しか出せなくなる。 15 はかいこうせん ノーマル 特殊 150 90 5 使用した次のターンは行動できない。 17 まもる ノーマル 変化 - - 10 必ず先制でき、そのターンの間、相手の『わざ』を受けない。 連続で使うと失敗しやすくなる。 18 あまごい みず 変化 - - 5 5ターンの間、天気を『あめ』にする。 21 やつあたり ノーマル 物理 - 100 20 ポケモンがなついていないほど威力が高くなる。 最高102。 相手がわざ『そらをとぶ』『とびはねる』を使っている時でも命中する。 26 じしん じめん 物理 100 100 10 相手がわざ『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 27 おんがえし ノーマル 物理 - 100 20 ポケモンがなついているほど威力が高くなる。 最高102。 32 かげぶんしん ノーマル 変化 - - 15 自分の回避率を1段階上げる。 37 すなあらし いわ 変化 - - 10 5ターンの間、天気を『すなあらし』にする。 41 いちゃもん あく 変化 - 100 15 使用後、相手は同じ『わざ』を連続で出せなくなる。 42 からげんき ノーマル 物理 70 100 20 自分が『どく』『まひ』『やけど』状態の時、威力が2倍になる。 地形が草むらと水たまりの時は『ねむり』状態、沼の時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、その他は『まひ』状態にする。 44 ねむる エスパー 変化 - - 10 『HP』と状態異常を全て回復した後、2ターンの間『ねむり』状態になる。 45 メロメロ ノーマル 変化 - 100 15 相手を『メロメロ』状態にする。 自分と相手の性別が同じ時は失敗する。 55 しおみず みず 特殊 65 100 10 相手の『HP』が最大『HP』の半分以下の時、威力が2倍になる。 58 こらえる ノーマル 変化 - - 10 必ず先制できる。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けても『HP』が1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 59 りゅうのはどう ドラゴン 特殊 90 100 10 通常攻撃。 66 しっぺがえし あく 物理 50 100 10 自分が後攻の時、威力が2倍になる。 68 ギガインパクト ノーマル 物理 150 90 5 使用した次のターンは行動できない。 71 ストーンエッジ いわ 物理 100 80 5 急所に当たりやすい。 72 ゆきなだれ こおり 物理 60 100 10 そのターンに相手の『わざ』のダメージを受けると威力が2倍になる。 必ず後攻になる。 73 でんじは でんき 変化 - 100 20 相手を『まひ』状態にする。 78 ゆうわく ノーマル 変化 - 100 20 相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時は失敗する。 82 ねごと ノーマル 変化 - - 10 自分が『ねむり』状態の時のみ使用可能。 自分の持っている『わざ』のうち1つをランダムで使う。 『PP』が減少するのはこの『わざ』のみ。 83 しぜんのめぐみ ノーマル 物理 - 100 15 持っている『きのみ』によって『タイプ』と威力が変わる。 『きのみ』はなくなる。 87 いばる ノーマル 変化 - 90 15 相手を『こんらん』状態にするが、相手の『こうげき』ランクを2段階上げてしまう。 分身は状態異常にならない。 03 なみのり みず 特殊 95 100 15 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 04 かいりき ノーマル 物理 80 100 15 通常攻撃。 05 うずしお HS みず 特殊 15 70 15 2〜5ターンの間ダメージを与え、その間相手は逃げられない。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 水中にいる間はほとんどの『わざ』を受けない。 相手がわざ『そらをとぶ』『とびはねる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 空中にいる間はほとんどの『わざ』を受けない。 ただし『わざ』の『PP』は5になる。 交換すると元に戻る。 分身は状態異常にならない。 E いびき ノーマル 特殊 40 100 15 自分が『ねむり』状態の時のみ使用可能。 E こらえる ノーマル 変化 - - 10 必ず先制できる。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けても『HP』が1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 E いばる ノーマル 変化 - 90 15 相手を『こんらん』状態にするが、相手の『こうげき』ランクを2段階上げてしまう。 E ねごと ノーマル 変化 - - 10 自分が『ねむり』状態の時のみ使用可能。 自分の持っている『わざ』のうち1つをランダムで使う。 『PP』が減少するのはこの『わざ』のみ。

次の

【ポケモン剣盾】新世代でもギャラドスは強い!抜きエースギャラドスの育成論と対策【種族値と育成論】

ギャラドス種族値

これらのポケモンに全てを倒せるポテンシャルがあるポケモン ローブシン最強説!!! まさかの脳筋 格闘単タイプのこのポケモンは、鈍足ながら広い技範囲と高い攻撃力、物理耐久を兼ね備えているが、特殊方面はからっきしのいわゆる脳筋である。 なぜこの脳筋ポケモンが、この環境トップ達に太刀打ちできるのだろうか。 鈍足のローブシンでも上から叩ける。 カビゴンのHP種族値が高いため、ドレインパンチでの回復量がとても高い。 カビゴン側の勝ち筋 耐久が高すぎるため、一撃で落とせない。 カビゴン側の勝ち筋は「カウンター」か「のろい」を先に積んでおく事。 特性「こんじょう」補正込みの「マッハパンチ」は、無振サザンドラなら7割近くダメージを入れれる。 サザンドラの勝ち筋 他ポケモンで削りを入れれば、マッハパンチで縛れるが、対面で「りゅうせいぐん」を打たれると一撃で落ちてしまう。 トリックルームがないと負けてしまうが、トリックルームがあれば良いので有利です。 トゲキッスの勝ち筋 トリックルームが展開されていない状況。 対面で「ダイジェット」を打ち込まれたら負けてしまうが、こちらも「ダイサンダー」を打てば、相手のダイジェットを耐え、対面でも勝てるため有利。 またギャラドス入りの構築を相手にする場合、有利対面では、積極的に「かみなりパンチ」を押して行きたい。 ギャラドスの勝ち筋 「いのちのたま」を持たせれば、ダイマックスしたHAローブシンならば確定1発。 あとトリックルームがなければ「じしんかじょう」で攻撃力を上げていれば勝てる。 無振ドリュウズなら、特性「こんじょう」補正込みの「マッハパンチ」で7割近く。 「ドレインパンチ」ならば確定1発をとれる。 高い確率で引いてくるので、裏を考えて交代読みするのはあり。 ドリュウズの勝ち筋 もはや無い。

次の