コナン 夢小説 赤井秀一。 赤井秀一

名探偵コナン 松田陣平 夢小説

コナン 夢小説 赤井秀一

赤井秀一の身長は、他のキャラクターと比較してみたり、公式グッズなどから推測した数値となっています。 安室透 降谷零 よりは数センチ高いようですね。 スポンサーリンク 赤井秀一の車種やナンバーについて 赤井秀一が初登場から59巻まで乗っていた愛車は「 シボレーピックアップトラック」という真っ黒な車です。 車両ナンバーは「 新宿800た1202」です。 この車両は、黒の組織と対決した際に燃やされてしまいました。 その次に赤井が乗っている現在の愛車が「 フォード・マスタングGT500」という真っ赤な車です。 車両ナンバーは「 新宿330た1202」です。 上記のナンバー【1202】は赤井の声優さん「池田秀一」さんの誕生日12月2日からきています。 また、沖矢昴として乗っている車両は日本のスバルの乗用車で、色は赤です。 車両ナンバーは「 新宿88す2080」です。 スポンサーリンク 赤井秀一の家族構成は? 赤井秀一の家族構成についてご紹介します! 赤井秀一の家族構成は、父・母・弟・妹です。 それでは詳しい情報をご紹介します。 赤井秀一の父は? 赤井秀一の父は、 赤井務武(つとむ)です。 17年前、棋士の羽田浩司四冠 当時 と資産家のアマンダ・ヒューズがアメリカで殺害された事件に関与していた際に、事件に巻き込まれ亡くなったとされています。 死体はまだ見つかっていません。 子供達が赤井秀一、羽田秀吉、世良真純と名字が違うのは、彼の死が関係しているそうです。 実の母親で、父親が不在になってからは赤井秀一に秀吉や真純の父親代わりになることを望んでいました。 当初は彼がFBIを目指すことに反対していましたが、最終的にはFBI加入を承諾しています。 現在メアリーは幼少の姿になっています。 娘である真純が、母が幼少の姿になった謎 薬 を追求するためコナンに迫っています。 赤井秀一の弟は? 赤井秀一の弟は、 羽田秀吉です。 実の弟で、プロの将棋棋士です。 秀吉は羽田家の養子に入っているため、赤井秀一と名字が違います。 秀吉の彼女は、警察官で交通課の由美タンこと、宮本由美です。 赤井秀一の妹は? 赤井秀一の妹は、 世良真純です。 実の妹ですが、赤井秀一が渡米後に生まれたために真純が7歳になるまで会ったことがありませんでした。 赤井秀一のことを「秀兄(しゅうにい)」と呼んで慕っており、彼の影響で截拳道(ジークンドー)を覚えています。 スポンサーリンク 赤井秀一の親戚!? 実は、赤井秀一の親戚が原作でも登場しています。 それは、なんとコナンの同級生でもあり元黒ずくめの組織の一員・ 灰原哀です! そして灰原が親戚ということは、灰原の姉の宮野明美とその母エレーナも親戚ということになります。 それでは詳しくご紹介しましょう! 赤井秀一とエレーナ・宮野明美・灰原の関係 赤井秀一の母メアリーと、灰原の母エレーナは姉妹ということがわかっています。 それは、メアリーと灰原が似ているという本編からの描写から推測されたものです。 メアリーとエレーナが姉妹であるということは、その二人の子供の赤井秀一と、宮野明美、灰原哀(宮野志保)は 従兄弟ということになります。 赤井秀一や灰原哀がこの事実を知っているのかはわかっていません。 赤井秀一は沖矢昴?その経緯とは? 赤井秀一は、現在「 沖矢昴」に変装し生活しています。 その経緯をご説明します。 頭を拳銃で撃たれ、その後車ごと燃やされました。 しかし、実は黒の組織の目を欺いて生きていたのです! コナンが考えた策で黒の組織の目をすり抜け生き延びた赤井は、沖矢昴として生活し黒の組織の対決を狙っています。 スポンサーリンク 赤井秀一の声優について つづいて、それぞれのキャラクターの声優さんをご紹介します。 赤井秀一の声優は、 池田秀一さんです。 池田さんは「機動戦士ガンダム」のシャアの声優を担当しており、作者の青山先生がそのファンであったため赤井秀一の声優を依頼したそうです。 赤井秀一の「秀一」は、池田さんの名前から取っているそうです。 まとめ 今回は赤井秀一の紹介をしました。 黒の組織と対決する上で、FBIの赤井秀一はとても頼りになる存在です。 赤井秀一が生きていることがわかり、コナンたちの心強い味方が増えました。 黒の組織のボスの正体がわかり、ますますコナンVS黒の組織との対決から目が離せません! 赤井秀一もとても重要なキャラクターですので、今後の活躍が楽しみですね! スポンサーリンク•

次の

名探偵コナン 松田陣平 夢小説

コナン 夢小説 赤井秀一

WEBアンソロジー 【参加サイト一覧】• 「「I feel... 」」 有沙さん• 「empty song」 硝子さん• 「きくるの森」 椎名憂希さん• 「戯言」 逢沢吉良さん• 「蝶の檻」 沙耶さん• 「Tears Virsin」 ゆこまむさん• 「天空の その上で…」 高村恵美さん• 「天使のザレゴト」 和泉かづささん• 「Heartful Days」 瀬奈みらくさん• 「rawra」 レイカさん• 「ラブノット」 まどかさん• 「ROOM BECAUSE OF BECOMING SALACIOUSLY」 高羽紅さん•

次の

『名探偵コナン 緋色の弾丸』ビジュアル解禁 赤井秀一が家族と共に登場 /2019年12月4日 1ページ目

コナン 夢小説 赤井秀一

pixiv. php? 1本目:ガチの夢小説 がっつり赤井秀一とからんでます 2本目:安室透のなんか オリ主名前:千奈津 ちなつ [newpage] 「秀一」 呼べば彼は、ん?と首だけ振り返った。 呼んだら返事をしてくれること、目の前に彼がいることが嬉しくって、私はなんでもない、と笑った。 幸せ、幸せ、幸せだ。 彼が、秀一が私の傍にいてくれることが幸せだ。 初めて出会ったのが数年前、たった一度出会っただけの彼にひとめぼれをしたのが始まりだった。 それから数年、彼に会うどころか、彼を見ることさえ出来なかったあの日々。 秀一に再会してから、こうやって付き合うまでいろいろなことがあったけれど、こうして今一緒にいられるから私は幸せだ。 「どうした、嬉しそうな顔をして」 「秀一が好きなのが嬉しくて」 「可愛いことをいう」 煙草を吸い終わった秀一が ベランダから戻ってき た。 部屋で吸ってもいいと言っているのだが、臭いがつくから、と毎回わざわざベランダに出て吸っている。 携帯灰皿を胸ポケットにしまうと、秀一は私の座っているソファまでやってきてキスをくれた。 漂ってくる煙草の香りは嫌いじゃない。 むしろ秀一の香りだと思うと好ましいほどだ。 離れていくのが惜しいな、と思っていたら、秀一はソファに座ることなく私をひょいっと持ち上げた。 お世辞にも小さくて軽いとは言えない私を、こうも軽々持ち上げるのは男の人の中でも秀一が鍛えている方だからだろうか。 秀一はくるりと半回転して自分がソファに座ると、私を横抱きにして自分の膝へと座らせた。 「贅沢なソファだね」 「贅沢か?」 「贅沢なんだよ」 秀一の背中に手をまわし 、髪に頬を寄せる。 黒いくせ毛が頬をくすぐる。 ああ、幸せだ。 くるくると彼の髪を指に巻いて遊んでいると、すとんと膝の上から膝の間へ落された。 先程までは秀一の顔より高くあった私の顔が、急に秀一の顔に近づく。 機嫌の良さそうな秀一がなんだか嬉しく感じて、今度は首に手をまわして正面からキスをした。 ちゅ、ちゅ、と秀一もキスを返してくれる。 暫くキスを堪能すると、顔を上げて秀一の胸に頭を預けた。 ゆっくりと、骨ばった大きな手で頭を撫でてくれる。 「このまま時間が止まればいいのに」 「それはもいいが、俺としてはもっといろいろな千奈津を見たいところだな」 頭を撫でていた手が私を抱きしめ、そのまま二人してソファに倒れる。 「ほら、こっちの方がよく 見える」 「本当だ」 クスクスと笑いあって、 またキスをした。 [chapter:助手席から見る世界] 「マニュアル車の免許も持っているから大丈夫」 送っていくと宣言された通り、運転は彼女がするらしい。 さすがにそれは、というと「送るって言ったんだから、運転させて?」と頼む様に返された。 気付けばキーを渡していた自分の行動に驚いた。 エンジンをかけ、シフトレバーを操る彼女はとてもサマになっている。 本来ならば自分の愛車を他人に運転させるなんて 考えられないが、彼女なら、と思ってしまったのだ。 助手席から彼女を見るのは新鮮で、誰かの運転する車の助手席に座ったのは子供の頃以来だということに気づいた。 「かっこいい車だね、ちょっと緊張するな」 「運転、とてもお上手ですよ」 「トールくんに言われると嬉しいな」 クラッチを踏み、シフトを3速に入れる所作がかっこいい。 …かっこいい?女性に対する評価としてはどうかと思うが、かっこいいと思ってしまったのだから仕方ない。 シートにもたれて、車が動いているのに何もしていない自分に違和感を感じつつ、シートに体を預けた。 閉店後、締め作業が終わり店内の明かりを落とし。 バックヤードに二人して入った時だった。 『左肩だね。 よかったらちょっと見せてくれないかな?』 『まったく、どうしてわかったんですか?』 『なんとなく、かな?いつもトールくん見てるし』 いつも、僕を見てる。 その言葉の意味を考えていたら、失礼するよ、とシャツをめくられた。 『うわぁ、トールくん、よくこれで仕事できたねぇ』 『か、勝手に服脱がせないでくれます!?』 『ごめんごめん、いやしかし、これだと腕を上げるのもつらいでしょう』 痛そう、と顔を顰める彼女の僕を心配する気持ちがくすぐったくて、そうですね、と適当に返事を返した。 その生返事を「腕を上げるのがつらい」の返事ととった彼女が、僕を送ると言い出したのだ。 気付いたら借り家の近くだった。 「ごめん、駐車場がわからなくって」 「いえ、寝てしまってすみません」 「いいよ、疲れてるんでしょう。 ごめんね、起こして」 暗い車内、周囲の明かりだけでうっすらと浮かび上がる彼女の顔が、こちらを向いているのがわかる。 申し訳なさそうに眉をひそめているのも。 さらり、と顔色を窺うように前髪をはらわれて、不覚にも胸が高鳴った。 駐車場の場所を言うと、わかった、と短い返事が返ってきて車が動く。 駐車場について、車から降りるとキーを返された。 「部屋まで送ろうか?」 「いえ、そこまではさすがに…」 「わかった、今日は怪我に気づかなくてごめんね」 「僕が隠してただけです、気にしないでください」 「従業員を大切にするのも私の仕事だからね。 辛かったらしばらく休んでもいいんだよ」 その言 葉にゆるく首を振った。 ポアロで働くのが息抜きになっている。 「御迷惑でなければ、シフトはそのままでお願いします」 「そう?助かるけど、無理はしなくていいんだよ」 「千奈津さんに会いたいので」 彼女の手を取り、指先に口づける。 手を握ったまま彼女を見ると、困ったように笑っていた。 「トールくんは王子様なのかな?」 「えぇ。 貴女限定の、ね」 「それは困ったね、私はお姫様じゃないんだよ」 するりと手を抜かれ、今度は逆に手を取られる。 「おやすみ、王子様。 無理はしないようにね」 指先にキスこそないものの、僕の手が彼女の胸元まで引き寄せられ、ぎゅっと両手で握り込まれた。 特に、彼女に握られた右手が熱い。 先日、ちょっとした事故で左肩を痛めた。 出血を伴うもので、激しく動かすと血がにじむ。 ポアロでの給仕程度なら問題ないので気にせず給仕をしていたら、彼女に気づかれた。 普通ならなんでもないと言い切るが、彼女の「送っていく」という甘い誘いを断れなかった。 まさか僕自身の車のことまで考えて、車で送ってくれたのは予想外だったが。 スポーツカーの似合う女性がいるとは、考えたことがなかった。 加えて、あの仕草。 心配そうにこちらの顔を覗き込み、顔に触れてくる。 あれは男性が女性を慈しむための行為だ。 これまで多数の女性にしたことがあるが、まさか自分がされる側になるとは思わなかった。 なるほど、これは 、効果的だ…。 ずるい、あんなことされたら、ドキドキしてしまうに決まってる。 ぎゅっと自身の胸を掴み、通常よりも早く脈打つ心臓を落ちつけようと息を吐く。 熱く火照った体を冷まそうと、カーテンを開けて外を見る。 彼女がまだそこにいた。 どうして!と慌てて窓を開けると、こちらに気づいた彼女が一瞬だけ手を振って、くるりと背を向けて歩き出した。 もしかしなくとも、ちゃんと部屋に帰ったかどうかの確認だったのだろうか。 乱暴にカーテンを閉め直して、ゴン、と自分の意志で柱に頭をぶつける。 「あの人はどれだけっ!かっこつけたら気が済むんだ!!」 偶には僕のかっこいいところを見せさせろ!と両手で顔を覆った。 遠目だったが、安心した様にふ わりと笑い、手を振る彼女を思い出すと、またもや顔が赤くなった。 つまり、降谷君、きみはフられる運命にあるんだよ!!安室視点はもっとギャグテイストでお届けしたいのですが、いまいちギャグになりません。 赤井秀一夢ください。 お願いします。 [newpage] 後日談 彼女の熱に浮かされてすっかり忘れていたのだが、彼女はどうやって帰ったのだろうか。 慌てて外を見ても、彼女の姿はどこにもない。 電車か、タクシーか。 彼女の家がこの近くだとは聞いたことがないから、彼女に負担をかけたのは間違いなさそうだ。 お礼と、お詫びをしないとな、と思考を巡らせる。 きっと彼女は遠慮するだろう。 「自分が勝手にやった事だから、気にしなくていい」と。 ケーキや菓子類を渡したら、遠慮しつつも受け取ってくれるはずだ。 しかし、彼女の性格からして「みんなで分けてもいいかな?」とポアロのメンバーでつまむことになるのは容易に想像できる。 違う、違うんだ、貴女だけに特別を渡したいんだ。 買出しのついでにどこかに寄って、お茶をして、世間話ついでに彼女について訊ねてみるものいいかもしれない。 当然僕の奢りで。 いや、けれど彼女のことだ。 買出し中だと店を気にしてお茶に付き合ってくれるか怪しい。 ならば。 「おはよう、トールくん。 今日も宜しくね」 「おはようございます、千奈津さん。 今日も宜しくお願いします。 先日は送って頂き有難うございました。 よかったらそのお礼と、少し相談した いことがあるので仕事終わりでも付き合って頂けませんか?」 「相談?いいよ、いつがいいかな」 デートの約束を取り付ければいいのだ。 さりげなく手を取り、何が起こったのか考える前に指先に口づける。 そしてその後、柔らかく私に微笑みかけるのだ。 「ちーさん、どうしたんですか」 「なんでもない、なんでもないんだよ梓ちゃん」 想像しただけで耐えられなくなって、仕事中だというのにドキドキしすぎて動けなくなってしまった。 公安の姫だし 、王子様にときめくのもありじゃないかとおもってこうなった。 赤井秀一夢もっと増えないかな…。

次の