三井住友ゴールドカード。 三井住友カードゴールドVISA(SMBC) : 三井住友銀行

ゴールドなら三井住友カード ゴールド

三井住友ゴールドカード

今日は自分が取得したゴールドカードの中でも古い付き合いである三井住友VISAゴールドカードの取得時の話を。 国際ブランド重視でVisa、三井住友VISAゴールドカードを選択 30代半ば過ぎのときに取得した三井住友VISAゴールドカード。 自分が若いときから「Visaといえば三井住友カード」というのが頭にありました。 クレディセゾンでもニコスでもVisaのクレジットカードを発行していますが、若い時に見たCMの影響が大きいのでしょうか? Visaといえば三井住友カードであり、大手であっても他のカード会社を選ぶ気にはなりませんでしたね。 日本で初めてVISAカードを発行した会社ですから歴史もありますし、三井住友カードといえば知らない人はいない知名度の高いカード会社。 会員特典も充実しているだろ、そう勝手に思い込んでいたかもしれませんね。 これが三井住友VISAゴールドカードを選んだ1番の理由ですね。 三井住友カードはクラシックカードも含めて持ったことなかったのですが、新規にゴールドカードの申込み。 銀行系ですし、審査が厳しいことは分かっていましたが、当時は年収600万円あったし、ケータイを含めて支払いの致命的な遅延はなかったし、「審査は大丈夫だろ!」と大して心配をせずに申込みです。 なので、難なくパスしました。 年会費4,000円(税別)は大きい 入会した時は、知らなかったのですが、届いた郵便物をよくよく読むと年会費が次年度以降、税抜き4,000円なる優待情報がありました。 これは大きいですね。 自分が三井住友VISAゴールドカードを持った時、MUFGカードなど年会費2,000円程度のゴールドカードなんてなかった時代。 今の若い人なら、これらの年会費のとびっきり安いゴールドカードの選択肢もあるのでしょうが、やっぱり持つならスタンダードタイプのゴールドがいいです。 空港ラウンジサービスや旅行関連の優待特典、健康に関するサービス、補償内容などなど、やはり1万円のゴールドカードはそれなりの価値があります。 旅行にもいかないし、外食にお金をかけることも無い、会社での飲み会は参加しない、なんて方はゴールドカードなんかまったく興味ないでしょうが、飲み会や旅行などにお金を使うシーンが多いなら、年間でそれなりの恩恵を受けます。 その年会費1万円が誰でも税抜き4,000円まで落とせるなら、これはかなり大きなメリットです。 キャンペーンや期間限定優待情報も多い 大手カード会社ならキャンペーンが多いのですが、三井住友カードもキャンペーンが多いです。 電子マネーiD一体型のゴールドですが、一度、キャンペーンで1年間iD利用分はポイント2倍というのもありました。 基本のポイント還元率は0. 5%なのでiD利用分は1%ポイント還元ということです。 タバコだろうが自治体の有料ゴミ袋だろうがiDで購入すれば1%相当のポイントが付与されるのは大きかった。 タバコとゴミ袋だけで年間20万円以上はiDを利用していましたので。 そして優待情報ですが、ほぼ毎月送られてくる会員情報誌に載っているゴールドカード会員向けの優待情報の中に、気になるものが意外とあって何度か使っています。 唯一、お願いしたいことと言えばグルメ系の優待サービスをもっと充実させてほしいですね。 今の時代、グルメ系のクーポンサイトを利用する人もいますので、これを上回るJCBのような優待割引特典があればもっと他人にお勧めできるゴールドカードだと思います。

次の

三井住友カードゴールドのメリット・デメリット

三井住友ゴールドカード

三井住友ゴールドカードのインビテーションが届きました! 更に、この郵送によるインビテーションと同時に「三井住友VISAカード特製カレンダー」も届いております。 ただ、私はこのカレンダーを無料で頂くことができました。 イオンカードゴールドの時も、確かだいぶ遅れて封書のインビが届いていた気がします(笑) 今回は、三井住友ゴールドのインビについてまとめました! 目次• 三井住友ゴールドカードのインビテーションが届いたタイミング VISAクラシックの利用期間 三井住友VISAクラシックの利用期間は約16ヶ月でした。 一般的に言われる目安と比較するとちょい長めと言ったところでしょうか。 通算で20万円程度の利用なので仕方ありませんね( ̄ー ̄) VISAゴールドの申込み時期 VISAゴールドの申込みは2018年11月10日です。 そして、2018年11月13日に発行確定となりました。 単なる偶然とは思いますが、ゴールドインビと同時に到着しています。 ゆうメールで届いたので、ポストに投函されていました。 サイズは縦44. 5cm、横29. 5cmで丁度いい感じです。 風景写真メインではなく、実用性も考慮された素敵なカレンダーです。 今回のまとめ ゴールドカードのインビのタイミング 私の場合は、ネットからゴールドカードへのアップグレード申込みをして、実際にカードが自宅に到着した約2週間後に、郵送でインビテーションが届きました。 【11月10日】アップグレード申込み 【11月13日】審査通過 【11月18日】カード到着 【12月1日】ゴールドインビ到着 三井住友VISAクラシックの利用歴で言うと、約16ヶ月ほど利用した頃にゴールドカードのインビテーションが届いたことになります。 累計の利用金額はだいたい20万円程度です。 あとがき 三井住友ゴールドカードのように、いきなり申込めるゴールドカードのインビテーションに重要性はそれほどありません。 上手く利用していきたいと思います。 2017年9月に自動増枠で30万に。 2018年9月に自動増枠で40万に。

次の

三井住友ゴールドカードのインビテーションが到着!特製カレンダーと同時に届く謎の事態に!?

三井住友ゴールドカード

信頼と実績の三井住友カードのゴールドカード• 充実した付帯サービス• ボーナスポイントは一般カードの2倍• 年会費は初年度無料 信頼と実績の三井住友カードのゴールドカード 三井住友VISAゴールドカードはその名の通り、三井住友カードが発行しているゴールドカード。 三井住友カードはスタンダードカードでも信頼感のある銀行系のカードですが、ゴールドカードはさらにステータスのある一定以上のビジネスマンは誰もが持っていたいカードです。 充実した付帯サービス 最大の魅力は充実した付帯サービスで、付帯保険は海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険ともに最高5,000万円が補償されます。 さらに家族特約付きなので補償内容は異なりますがご家族も付帯保険の補償対象となります。 全国28の空港で空港ラウンジが無料で利用可能になる空港ラウンジサービス、ゴールド会員専用のゴールドデスクが利用可能になり、専任の担当者が会員の対応をすることになります。 その他、情報誌「VISA」、ハーツNo. 1クラブ・ゴールドなど年会費数千円するサービスが無料になるなど手厚い付帯サービスになっています。 ボーナスポイントは一般カードの2倍 前年度の利用金額に応じてもらえるボーナスポイントも一般カードの2倍もらうことができ、例えば前年の利用額が50万円の場合は、翌年50万円利用すると、一般カードは50ポイントですがゴールド会員は100ポイントがたまります。 年会費は初年度無料 これだけの付帯サービス、還元、ステータスがあり年会費は初年度無料、翌年度以降10,000円(税別)です。 WEB明細書とリボ払いコースの「マイ・ペイすリボ」に加入することで、最大6,300円引きの4,200円まで割引を受けることができますので年会費も格安。 さすが多くの人に選ばれているゴールドカードと思える充実のサービスが魅力で、王道のゴールドカードとしてゴールドカードを検討している人にぴったりのカードです。 結論(おすすめできるか) 結論:王道のゴールドカードが必要な人におすすめ 三井住友VISAゴールドカードは三井住友カードのスタンダードなゴールドカードです。 年会費は10,000円かかりますが、カードを所有したことによるステータスが欲しい人は作ると良いでしょう。 審査もありますのですべての人が作れるわけでもありませんが、ある程度の年齢以上のビジネスマンにとってはゴールドカードは持っていないと恥ずかしいと感じる人も多いので、王道のゴールドカードを検討されると良いと思います。 三井住友VISAゴールドカードはそんな人にもぴったりで、付帯サービスも充実しているのでおすすめです。 当サイトのおすすめクレジットカード.

次の