公務員ボーナスカット。 ワイ「公務員のボーナスカット!議員の給料削減!介護職、福祉職の待遇改善!」←ワンチャンあるやろ?

公務員の給料や年収について知っておきたい基礎知識まとめ

公務員ボーナスカット

国家公務員の給与は、2012年度から2年間、東日本大震災の復興財源を捻出するための特例措置として、手当を含めた総額から平均7. 8%引き下げられている。 ただ、そもそも現行の国家公務員の給与カットは、「復興財源の捻出」が唯一の目的ではなかった。 民主党政権時の野田佳彦首相が消費税の増税を決めようとしたとき、「まずは政治家や公務員は身を切れ」との大合唱が起こった。 野田首相としては「身を切る姿勢」を示すことでそういった声を封じ込めたかったし、民間企業でリストラによる給与削減が当たり前になるなか、公務員の高給批判が高まったこともある。 8%」の引き下げで、国家公務員の給与は人事院勧告による給与水準を大幅に下回っている。 2013年8月の人事院勧告によると、全職員の減額後の平均給与は月額38万4842円で、減額前に比べて2万9141円(7. 04%)の減少となった。 政府は現行の給与が特例であることに加えて、安倍政権が消費拡大のため、民間企業に賃上げを求めていることとの整合性もあって、給与削減を打ち切る。 また、国家公務員に連動して給与削減を求められる地方自治体の反発が強かったことも、「削減打ち切り」の原因の一つ。 政府は13年度、地方自治体に対して地方公務員の給与を、国家公務員と同じ水準に減額するよう要請し、地方交付税を削減した。 総務省によると、10月1日現在で全国1789の自治体うち、71. 5%にあたる1280の自治体が、政府の要請などに基づき地方公務員給与を削減したが、その一方で255自治体(全体の14. 3%)は「実施予定なし」と回答し、削減を事実上拒否した。 「交付税を削減し、職員の給与削減を迫るのは地方自治の根幹にかかわる」(北海道芽室町)といった反論は根強い。 国家公務員の給与削減の打ち切りに伴い、総務省は地方自治体に求めてきた地方公務員の給与削減を、14年度以降は要請しないことを通知。 国と自治体の公務員給与を減額前の水準に戻すことで、アベノミクスの恩恵が広く行き渡ることを期待する。 民間の平均給与は408万円で2年連続で減少 そうしたなか、みんなの党の江田憲司衆院議員は2013年11月08日付のブログで、「やれやれ身を切る改革はどこへいった?・・・議員、公務員の給与カット打ち切り」と、嘆いている。 是非はともかく、給与削減があった自治体となかった自治体があるのでは、給与カットされた公務員も、「納得できない」と言い出してもおかしくない。 一方、国税庁の民間給与実態統計調査によると、民間企業で働く会社員やパート従業員などが2012年中に得た平均給与は408万円で、前年を1万円(0. 2%)下回った。 2年連続で減少し、1989年の水準まで戻った。 いわゆるサラリーマンの平均年収は467万6000円。 人事院によると、民間給与と比較できる国家公務員・行政職俸給表(一)の職員の平均年収は、減額後でも616万円(13年4月時点)だった。

次の

大手企業・中小企業・公務員、それぞれのボーナス事情(2020年夏)-Manegyニュース

公務員ボーナスカット

給与カット• ボーナスカット• 新入社員不採用• 大リストラ時代 おそらく、そう遠くないタイミングで無情にもこのような状況に陥るのは確実でしょうね。 「給付金や助成金を受給しなければ事業が回らない!」 「固定資産税や消費税の支払いが出来ない!」 経営者がこう言っているのに、従業員に対してこれまで通りの報酬レベルを約束することなんてできるわけありません。 もう経営者は気付いている。 というかとっくの昔に気付いているのですが、今回のコロナ騒動によって、おそらく動き出すでしょう。 それは、 「リストラ」 1年・2年ほど前、経団連は政府から「 定年延長で雇用継続させなさい!」と言われていました。 トヨタの会長は「 定年延長はおろか、終身雇用なんて無理だよ!」って言っていたのですが、国の圧力に負け、制度整備などの策を講じていたはずです。 ところがコロナ禍で一変。 「定年延長なんて絶対に無理!終身雇用も諦めてもらうしかない。 」 きっとこうなっているでしょう。 完全に間違いです!この発想だとやばいですね。 その理由を解説します。 アフターコロナで公務員を目指すのは思考停止すぎる!その理由とは? 「給料がびた一文下がらない奴らに10万円なんて払う必要ないだろ!」 このフレーズは橋下徹元大阪市長が発言された言葉です。 コロナ禍で発言力をより一層高めている人ですね。 上記のフレーズは、コロナ不況によって給料や売上が減少した人を救う制度である10万円(特別定額給付金)が、給料が下がらない国会議員や地方議員、公務員に支払われるのはおかしいという主旨です。 まぁ、この発言は賛否両論ありますね。 個人的には橋下さんが主張していることも理解できます。 国民心理として、「公務員なんて給付金をもらうんじゃないよ!」って声はあると思いますが、一方で、 「公務員って良いよなー。 やっぱ安定している仕事は強いよな。 」 って思っている人はかなり多いのではないでしょうか。 少なくとも「アフターコロナのベストな職種は公務員だ!」というのはありえない。 その理由を解説します。 アフターコロナで公務員になるデメリット アフターコロナで公務員を目指している人、または自分の子供に「公務員になれ!」と言っている人には申し訳ありませんが、これより「アフターコロナで公務員になるデメリット」を書きます。 給料は民間に連動して下がる 公務員の給料は「人事院勧告(地方の場合は、人事委員会勧告)」によってほぼほぼ決まります。 人事院総裁が「公務員の給料を5%上げよう!」と勧告すれば、法律や条例が改正され、給料がアップします。 この人事院による勧告の基本的な考え方は、「 民間企業と公務員の給料(制度)の差」です。 つまり、公務員の給料って民間の給料の平均値に連動しているのです。 ということは、 民間の給料が下がると、公務員の給料も下がる仕組みというわけです。 もうわかりますね。 コロナによって給料やボーナスが減った会社が増えるほど、公務員の給料は同じように減少します。 民間が平均して30%カットになれば、公務員ももれなく30%カットになります。 それが公務員の給料決定の仕組みです。 コロナショックでリストラを断行した民間企業が公務員を雇うと思いますか? 世の中の風当たりがキツイ 不況になると公務員への風当たりは一層厳しくなります。 これは過去何度も繰り返されてきました。 官僚の役人や役所の公務員が不祥事すると叩かれるのは理解しますが、普通通り仕事を頑張っているのに、布教というだけで公務員がバッシングされます。 その理由は「 政治家が公務員を叩けば票になるから」 おそらく次の国政選挙や首長選挙では、演説内容に「公務員の風当たりが厳しくなる政策」が主張されるはずです。 そうなると、一層肩身が狭い思いをすることになるでしょうね。 やりがいがかなり少ない 行政という仕事でやりがいを持つことはかなり難しい。 「え?俺は役所の仕事にやりがいを持っているぞ!」 って思っている人も多いと思いますが、その発想はほとんどが洗脳されているだけです。 考えてみて欲しい。 「安定しているから。 定年まで仕事を続けられるから。 」 ただ、令和の時代は全く違う発想を持たないといけません。 会社(組織)に安定を求めるのではなく、個人のスキルに安定を求める時代 これは間違いないですね。 公務員を含め、全ての組織に安定はありません。 新型コロナの影響で大手企業にも倒産リスクがあり、公務員もその煽りを受けてズタボロになる。 もし、公務員にも副業が解禁されると、おそらくリストラが可能となることもありえるでしょう。 そんな時代に安定なんてあるのでしょうか。 これからの時代、大企業や役所に入ることに安定などありません。 安定を得る唯一の方法は、 「個人のスキルを磨き続けること」だけでしょうね。 個人のビジネススキルが他社よりも秀でているなら、仮に職が変わったとしても次の仕事は見つかりますし、そもそもクビを切られることはありません。 0〜10時間• 10〜50時間• 50時間以上 これは業務分担による引継ぎとかは勉強になりませんよ。 あくまでも、ビジネススキルのアップを目指した勉強です。 ほとんどの人が「 0時間」と答えるのではないでしょうか。 これ、日本人の典型的なビジネス習慣です。 大学に入るまでは死ぬほど勉強するのに、社会人になってからスキルアップのための勉強は全くしない人が多すぎる。 これだと、この先のアフターコロナで安定収益をあげることは難しいでしょうね。 スキルアップを目指さないサラリーマンなんて速攻リストラ対象ですよ。 まじで、そんな時代が来るでしょうね。 まとめ 最後は厳しいことを書きましたが、私が考える未来予想図では明確に感じています。 「スキルアップしないサラリーマンなんぞリストラ筆頭戦士である」 これは間違いない。 逆に言うと、常に目標を持ち、スキルアップのための自己投資を行うサラリーマンは強いでしょうね。 どんどん優遇されていく。 頑張らない人は下がっていき、頑張る人は上がっていく。 まさにビジネスにおける欧米スタイルが日本にも本格的に導入されるでしょう。 だから今からでも遅くないので、自分がたどり着きたい理想をイメージながら、スキルアップのための努力をしましょうね。

次の

公務員の夏のボーナスカットが決まりました。西日本新聞で私の地域は、公務員は...

公務員ボーナスカット

コロナの影響で経営悪化に拍車、ボーナス無し 看護師らの苦境に追い打ちをかけたのは、例年6月に振り込まれるはずだった夏季ボーナスの全額カットだった。 東京女子医大労働組合の「組合だより」には看護師らの怒りと悲痛な声が寄せられている。 (中略) 労働組合側の調査によると、約2000人いるという同病院3施設の看護師のうち、400名以上が退職の意思を示しているという。 あえて古臭い表現で、看護師のことを白衣の天使と呼びますが、東京女子医大の看護師が400人退職希望を出しているとのこと。 ボーナスカットを通知され、2000人の看護師の内400名以上が退職希望をだしたというニュースですがすごいですね、逆に言えば8割は残るのかという印象。 そりゃ堕天(退職)するわ。 国から医療従事者へ最大20万円の慰労金が支払われるというニュースを先日見かけて「そりゃ大変だもんなぁ」とか思ってたんですが、まさかここまで崩壊しかけている病院があるとは……。 もともと経営難だったというのもあって、どうやらコロナが直接的な原因ではないようですね。 コロナで心身ともに疲弊した上に、経営難から来るボーナスカットで堕天者続出という感じ。 現在の東京女子医大の採用ページをみると、看護師330名募集とのこと。 こりゃ400名退職は当然引き止められないと見て、ほぼ同数の看護師を募集しているのがわかりますね。 中途採用とかもあるのかな? 案の定ありましたね(笑) 急募&大募集ですが、こういうニュースが出て応募とかする人は居るのだろうか。 記事を見る限り定期昇給も消えてるようだし。 よくある手当が多めのパターンですね、民間大手平均や公務員より低かったら誰も来ないだろうし初任給にしては一応多めという感じですね。 記事を見た後に各種待遇を見ると「う~ん……」というものが多くありますね。 昇給:あり(定期昇給とは言ってない) 賞与:年2回(2019年度実績) まぁ嘘ではないにしろ、就職しようとしてる看護師志望の方はもうちょっとネットなどで調べたほうがいいでしょうね、今ならネット検索は必ず行われていると思いますが。 サジェストを見てある程度察してほしい部分がありますね……。 永久堕天出来るように私も頑張ろう 医療・介護系って職場としては辛い職場というイメージを持っていました。 しかし超高齢化社会が待っている日本において、医療・介護は需要が増大するばかりであるため公務員に次いで安定しているものとばかり思っていました。 新型コロナウイルス感染症の影響で病院経営は厳しく、全国の3分の2の病院が赤字に転落している。 コロナを受け入れなくとも感染拡大防止のために手術延期・受診控えなどで収入が悪化、コロナ患者を受け入れた病院はさらに対応に迫られている分だけコストが増大してしまったのが原因のようです。 公務員も来年のお給料は減給間違いなしですし、せっかくインフレし始めてきたのにまたデフレに元通りしそうです。 今年は厚労省・自衛隊・警察・地方公務員等を代表とする公務員もコロナ対応で辛い思いをしているので、公務員のお給料も下げないであげてほしいのですが、国民感情的にはどうなんでしょうか。 これでも日本は労働者に優しい国で、アメリカを見れば分かる通り失業は比較的まともな範囲内です。 とは言え減給・ボーナスカットをし放題ではないにしろ、こうやって収入が自分の属している組織に完全依存するのが労働という収入形態なのです。 もちろん副業で複数の会社に属するという方法もありますが、それも限界がある。 堕天という表現をあえてさせていただきましたが、こんな会社降りて正解ですよ、地上のほうが楽園だ。 おそらく退職後は他の病院で再び看護師として働く方が多いのではないかと思います。 私もボーナスゼロになったら流石に転職するかな……と言いたいところですが、看護師のようにつぶしが利くような職ではないので、会社にしがみつく可能性が高いです。 私は月々の収入を投資に回していますが、これだっていつまでもこの収入や昇給が保証されているものではないと思います。 今回の東京女子医大の件は、どの会社にだって当然起こりうる状況なんですよね。 頑張っても報われない、大変になってもお金が減る。 一刻も早いアーリーリタイアを決心させるには十分すぎる出来事だと思います。 人の振り見て我が振り直せ、明日は我が身だと思い日々の支出の倹約に努めたいと思います。 やりがい?クソくらえ。

次の